黒田官兵衛

2024年4月10日 (水)

本・天下人の軍事革新 ②(2023/4)・本郷和人

Photo_20240408052701


第2部 豊臣秀吉 史上初の兵站システム、桁違いの規模とスピード
第3部 徳川家康 戦わずして敵を屈服させる、最大の軍事革新
終 章 なぜ天下を取れたのか

 

第2部 豊臣秀吉 史上初の兵站システム、桁違いの規模とスピード
〇 なぜ信長の目に留まったのか
司馬遼太郎のおかげで歴にの知識は付いた??
それが間違いだと???
司馬遼太郎は見てきたようにエピソードを書く!
「新史 太閤記」 
これは好きであるが、秀吉が信長に取り入る状況は面白い!
命がけである?

・15歳で家を出て針売りの行商で、諸国を放浪!
・草履を懐で温める???
・機転が利く知恵者!!
・台所の炭の利用を減らす!
・壁の修理を一日で!
・武功とは無縁である?
同僚の嫉みはかったようだが………

〇 奇襲成功、城持ちになる
・1567年 稲葉山城攻め!
竹中半兵衛が部下になっている?
・1570年 姉川の合戦!
・1573年 羽柴に改名
・仝  朝倉、浅井滅亡!
戦後、秀吉に「今浜」と改名!
信長の長を貰い「長浜」と改名!
人材を集める!! 石田三成………

〇 4つの軍事革新
「事上磨錬」
実際に行動や実践を通じて、知識や精神を磨き修養すること!
「事上」は行動や業務をしながらで、「磨錬」は磨きをかけること!
日常の業務をこなし、それを通じて修養することが真の学問だとする陽明学の基本的な考え方!

「好機、勝機は現実の中にある!
秀吉の優れていた点!
➀ 圧倒的な兵站力
② 大軍による機動戦
③ 攻勢限界点の見きわめ
④ 文民統制

要は食料などの補給に優れて、20万の兵の動員でも兵站が出来て、
攻撃していても優位の限界点を見極め、攻撃、講和も見極める!
文民統制、シビリアン・コントロールを重要視していた!!

〇 「干し殺し」と「渇え殺し」
「干し殺し」と「渇え殺し」???
前から思っていたが、どう違うのか?
兵糧攻めと言う意味では変わらないが………
・播磨三木「干し殺し」 別所長治
・因幡鳥取「渇え殺し」 吉川経家

どちらも城主が切腹し開城する??
秀吉側の死者は少ないが、城内は悲惨である!!

〇 前代未聞の奇襲
・備中高松「水攻め」 清水宗治
「新史 太閤記」によれば秀吉は大工を連れて来ている?
実際に高さを実測し水攻めになる!
成功するが、水攻めは悲惨か??
ウンコが水に浮いている???
誰も書かないが………
ここも土塁を積むのに百姓の欲に付け込んだ???

秀吉は信長に出馬を願う!
自分が大功を立てることを恐れる??

秀吉は城攻めが得意と言われる!
死者を減らすために包囲する?
が、秀吉が平和主義者ではない?
殺しも躊躇せずに行う??
籠城戦は飢餓で苦しみ地獄だと!!

〇 大軍移動を可能にするインフラ網
・1582年 本能寺の変!
この時、京は空白地帯である!
早いもん勝ちである!
北陸柴田勝家、家康もいる!
「中国大返し」である!
この時の毛利の反応は?
・吉川元春  追撃
・小早川隆景 講和
実際追撃すれば秀吉軍は壊滅か?
その後どうするのか??
・明智と協力するのか?
・それとも明智を撃った信長家臣と戦うのか?
ここは秀吉に恩を売った方が良いと!!

中国大返しは?
・インフラ整備
・恩賞
・退路を断つ! 金銀、兵糧米を分ける!
自ら動いて勝機をつかんだと言う!!

〇 再び動いて勝利する
・1582年 清洲会議
・1583年 賤ケ岳の合戦

にらみ合いとなり、動いた方が負ける?
小牧・長久手の戦いで秀吉が動いて負けた??

風雲! 大歴史実験「豊臣秀吉 驚異の大返し 天下人への秘策に迫る」
歴史の実験である!!! 果たして本当なのか??
検証している番組である!!
大垣から木之本への52キロを5時間で1万の兵と移動する!
アナウンサー 徳田 章
鶴見慎吾、本郷和人、小日向えり
これは見たが、本郷和人も出演している!

これは実証していた? 著者も絡んでいたが………
炊き出しと松明である!
圧勝か??

〇 戦闘に負けて、戦争に勝つ
・1584年 小牧・長久手の戦い
秀吉≒10万!
織田信雄・家康1万7千

ここは秀吉が先に動く!
中入れ! 池田恒興、森長可、秀次2万?
が家康が先手を打ち恒興らは敗退!
家康は直ぐに引き上げる?
秀吉は信雄と講和!
家康ははしごを外される!
秀吉は家康と和睦! が、家康は動かない!
妹を正室に送り込み、母親を人質に出す!

結局、秀吉の政治力と外交力が勝った??
戦闘に負けて、戦争に勝つ!!

〇 武士はつらいよ
司馬遼太郎が書いていたが、秀吉は、
謙信、信玄の古戦場を見て「田舎大名」と言った!!
要は、現場の投機者だと!
戦術家と言うべきか、現場での指揮官で、
戦いは、戦場に行くまでに勝てるように持って行かなければならないと!!

森長可は遺言を残す! 兄が蘭丸である!
・末弟は自分の跡を継いではならない
・娘は町人か薬師でもよい
武士は死と隣り合わせである??

〇 大軍による長征
以降、秀吉は大軍をもって遠征を行う!
・1585年 四国攻め 10万超の兵!
・1587年 島津降伏 20万で攻める!
・1588年 聚楽第で列席を求めるが、小田原北条は列席せず!
・1590年 北条征伐 21万の兵
3ヶ月で降伏! 伊達政宗らが参陣!

〇 なぜ短期間で天下を統一できたのか
兵站力?
長期の遠征が出来る体制を作れたと!
おかげで略奪などしなくてよかった!
これらを仕切ったのが「長束正家」
丹羽長秀の家臣を、秀吉が引き抜いた………

〇 武功よりデスクワーク
五奉行 政務を担当!
石田三成、増田長盛は≒20万石貰っている!
加藤清正、福島正則らと石高は変わらない!
行政能力を重視する!

秀吉は財務能力に行政能力を重視する!
加藤清正もそうである!
佐々成政が肥後で一揆に会い治めれず切腹!
跡は加藤清正と小西行長である!

〇 木を伐る武将
脇坂安治! 賤ケ岳7本槍の一人!
播磨龍野の領主である!
関ヶ原で裏切る??
が秀吉は木の調達を命じる!
具体的に命じる!
今一だったみたいで出世のスピードは遅い!
武断派より文治派を重要視する!
信長とは違う!!
西郷隆盛も信長に通じる!
大隈重信を評価しない? 戦乱から身を引いている?
秀吉は大将が剣を振り回す必要が無いと!

〇 「有能な吏僚=有能な武将」か
五奉行は軍事のプロではない?
加藤清正のように軍事も内政も出来る武将もいるが………
三成は兵站のプロだが、戦闘では??
島津義弘の夜襲案を用いず中立に追いやった??
・浅野長政 武功もあるが行政
・増田長盛 武功もあるが兵站、外交
・長束正家 内政、兵站
・前田玄以 朝廷との交渉、寺社の管理

〇 政治的革新性
・検地   荘園制が崩れる
・刀狩り  農民は農耕に専念すべき
・惣無事令 戦闘を禁じ、領土の確定は秀吉が行う

秀吉はバックボーンがない?
好きなことができる??
家康は帝王学を教育を受けている?

大阪城は、日本有数の巨大城郭で、秀吉の才能を感じる………

〇 兵農分離の真の目的
・1591年 身分統制令
農民が武士になる、武士が町民になるのを禁止する

・1592年 人掃令 戸籍調査である! 

朝鮮出兵に備えたもの?
実際に動員出来る兵の数、食料を確保のためだと?

キリスト教も認めていたが、危険だと感じる?
平和をもたらした???

〇 朝鮮出兵の謎
ほとんど成果がない!
薩摩焼に唐津焼か??

なぜ侵攻したのか??
・名誉欲
・家臣に与える土地の確保 家康を潰した方が良い??
・東シナ海の貿易権益の確保

実際に戦う意義を見つけれなかった?
秀長も亡く、意見できる人間がいなかった………

〇 秀吉は、自分の死後の情勢が見えていた!?
秀頼は実子でない可能性が高い!
妊娠したとされる時期に一緒に居なかった?
耄碌していた? 終活出来なかった?
律義者の家康なら秀頼を守ってくれる???
実際にやっていれば??
・淀君を人質に出す
・国替えを希望する 上総あたり………
・金銀を差し出す?
・出家する???  そうすれば殺せるか???

 

第3部 徳川家康 戦わずして敵を屈服させる、最大の軍事革新
〇 「苦難に満ちた人質生活」ではない
艱難辛苦? 
人質と言っても現在と将来の同盟国の当主である!
粗末にするなと!
親族衆の扱いだった!
太原雪斎に教えられる!
一門の有力家臣の関口親永の娘を貰う!
「元康」の「元」は「義元」の「元」を貰っている!
期待されて優遇されている!

〇 信長の罠、家康の成功 
・1560年 桶狭間の合戦!
家康は命じられる?
・丸根砦の攻撃と大高城へ兵糧を入れる!
・この5つの砦は信長の罠だと!
今川の兵を分散させる!
そのすきに義元を討つ??
成功する!
家康は?
・駿府に戻る
・岡崎に帰る
どうする家康?? 遊びがある??

〇 三河武士は忠義に厚くない!?
御家の狗! 本当はどうか?
三河兵は強い??
武田戦でも三方ヶ原めで連戦連敗である!
以降連戦全勝か?

岡崎に戻り大樹寺に入り攻撃される!
恐らく三河武士である!
この時期は信望があるわけでは無いと?
人質の11年間は主従関係は希薄だったと!
以降結びつきが形成されていく??

〇 人質を見捨てる
氏真は義元の弔い合戦に消極的である!
元康は妻と子供2人を人質に取られている!
1年後、今川を見限り人質を取り戻す!
重臣たちの子弟は殺される………

〇 「捨て石」にされた家康
家康に選択肢はなく、清洲同盟に走る?
家康は忠実に守る! 珍しい同盟だと!
甲相駿三国同盟は破られた………
家康に求められたのは武田の防波堤?
忠実に守る?
が信玄西上では3千の援軍しか送らなかった?
耐えたことが家康を「律義者」にした?

・1562年 鵜殿長照を討ち息子を人質に取り妻子と交換する!
以降屋敷が築山にあったことから、築山殿と呼ばれる!!
築山の両親は自害する!!

〇 騙す家康
家康の三大危機??
・三河一向一揆
・三方ヶ原の合戦
・伊賀超え

三河一向一揆?
本多正信も参加している!
家臣も相当数参加している!

どうする家康!! これは面白かった!!
歩き巫女、千世が煽っている!!
進むものは王土極楽!!
退くものは無限地獄!
みんな武器を持って集まれ!!

後に帰参を許すが、そうしなければ徳川が成り立たない???

〇 武士から武将へ
桶狭間の合戦の前の「結城家法度」
・5貫  徒で参戦
・10貫 馬で参戦
・15貫 侍 本人と従者2人

本多忠勝、榊原康政は50騎、歩兵100人である!
俺が真っ先に行くから続け!
こう言うのが10人はいた?
ここから出世していく!!
清正にしてもそうだが最初は一騎かけで、司令官になる!
鑓働きなどしない?
そんなのは「可児才蔵 笹の才蔵」である!!
「東の本多忠勝、西の立花宗茂」 一騎駆けの豪傑ではない!!

〇 ストレスで性欲減退
武田の攻撃に耐えているとき、子供が出来ていない!
16人の子供で築山殿は2人!
この時期武田のストレスがあったと?
が著者は「冷え切っていたと」
どちらとも言えるが、女無しではおられなかった???

〇 なぜ三方ヶ原の戦いに挑んだのか
そもそも信玄西上は何のためか??
・天下に号令
・信長と決戦
これらは無い??
著者は?
・家康の首
・家康の臣従化
・浜松と岡崎の分断
・三河を手に入れる

家康は信長の援軍を待つ! 3千である??
少ない………
要はじっとしておけと!
信玄は家康を無視する?
これに家康は反発し、三方ヶ原の戦いになった?
著者は単純に信玄が背を見せたから襲いかかっただけと!
浅井長政が信長に襲いかかったように………

信玄はよい時に死んだ! 53歳! 少し早い!
「運も実力のうち」

〇 信康切腹の真相
岡崎と浜松の家臣団の対立!
信康の武田との内通!
・1575年 信康の武田の内通???
未然に防ぐが、信長に連絡しない!
が娘五徳から12ヵ条の不行跡があり、酒井忠次は返事できない!
結局信康切腹、築山殿も殺す………
著者は夫婦仲は冷え切っていたと!

〇 「おまえも息子はかわいいか」
酒井忠次である!
徳川四天王の一人で、石高は少ない!
これを家康に訴えると「おまえも息子が可愛いのか」
信康の件で恨んでいる?
家康亡き後石高は増える!!
家康は我慢していた?
家臣との結びつきは徐々に作られたものだと?

〇 高天神城の戦いと武田氏滅亡
高天神城は武田との境目の城!
著者が重視する境目の城である!
軍事目的の城で状況により不要になる?
・1574年 勝頼はこの城を攻める!
奪取するが、翌年長篠の戦いで多くの名将を失う!

・1578年 家康の高天神城攻略!
信長の命で降伏を許さず、勝頼は家臣の離反を招く!
・1582年 武田氏滅亡!
家康は駿河を与えられる!
本能寺の変で関東は「天正壬午の乱」
上杉、北条と争い、信濃、甲斐を手に入れ、5ヶ国を得る!!

〇 家康には軍事的才能がない!?
努力の人? 実利を求めている!
・勉強好き
・乗馬
・水泳
・鷹狩り
・剣術

軍事に関しては平凡、優れた発想はには縁遠い?
が経験は豊富である!
武田との戦いで鍛えられた………
数年で2ヶ国から5ヶ国になった?
これは大きかったと!!

〇 唯一の名采配
小牧・長久手の戦いでは非凡なところを見せた!
局地戦での勝利を最大限に生かしたようだ!

〇 新たな「我慢」
秀吉は他家の家臣を引き抜く!
・島津 伊集院忠棟
・大友 立花宗茂
・丹羽 長束正家
・伊達 片倉景綱
で石川数正である!
数正出奔後、秀吉に臣従する!
秀吉は目的のためには手段を選ばない!
妹を嫁がせ、母親も人質に出す!
家康は今川、織田に忍従し、再び秀吉に忍従する?

〇 ついに天下取りへ
・1590年 関東に転封! 250万石!
・1592年 朝鮮出兵!
・1598年 秀吉死去
・1600年 関ヶ原の合戦

あったかどうか疑問視されている「小山評定」
・福島正則が真っ先に家康に味方する!
・山内一豊が城と兵糧米の提出を申し出る!
これが重要だったと!
【山内一豊の土佐一国はやり過ぎ??】
【家康は鑓働きなど誰にでも出来る、あの発言が重要だったと??】

〇 関ヶ原の戦に勝っても「勝ち」にはならない!?
家康は勝利を確信していた!!
戦場に側室を連れて来ている!
西軍でまともに戦ったのは、
・石田三成
・宇喜多秀家
・小西行長
・大谷吉継
毛利は動かず、小早川は裏切る!

戦場で勝ち、大阪城から輝元を退出させて、秀頼を手に入れる!
それに成功する!

〇 軍事政権としての統治
徳川は爺臭い??
・大老
・老中
・若年寄り………

大名を分ける?
・譜代
・親藩
・外様

分断して統治する!
本多正信は≒2万2千石でそれ以上貰わなかった?
息子は違ったが………
本多正信は三河一向一揆後出奔して世の中の人間を見てしまう!
権力争いであるが、それを避ける知恵がある??
もっとも大久保忠世を失脚させたようだが………

権力と経済力を分ける!
外様は遠方へ経済力を! 参勤交代で金を使わせる!
・加賀 前田
・仙台 伊達
・肥後 加藤・細川
・安芸 福島・浅野
・播磨・備前 池田 
・筑前 黒田………

譜代は、四天王、鳥居、酒井………
井伊は多いが、他はどうかな??
権力を与える!

〇 空白の14年間
関ヶ原後、大阪城落城までで14年間ある!
その間に何をしていたのか??
著者は分からないと!!
いちゃもんを付けて開戦に追い込む?
見事と言えば見事である!
【司馬遼太郎が言う! 歴史に残る例えを作った?】
【タヌキ親父と言えば家康、淀君と言えば女帝!】

家康は大砲を撃つ! 撃ち続けたようだ………
初めての大砲の大量使用か?
関ヶ原で三成は大砲を使ったようだが………

〇 政治より軍事
家康は軍事優先である!
文治派が低い!
代表が本多正信? 寝業師とも言われる!
家康が求めたのは軍政化?
敵が来た時に戦える統治を行う!
江戸、京、大阪などは信頼のおける武将を置く!
それが家康の政治だと!!

〇 家康の幕府防衛構想
➀ 江戸を含む関東と中部地方は譜代大名で固める
② 娘や嫡孫など近い血縁者を重んじる!

中部 
・加賀 前田は牙を抜かれる!
・西国方面 毛利、島津対策!
彦根・井伊、桑名・本多、津・藤堂、名古屋・尾張徳川、姫路・池田
・北国方面 伊達、最上、上杉、佐竹…………
会津・蒲生、宇都宮・奥平 (一応血縁)

徳川の先鋒は井伊と藤堂!
鳥羽伏見の戦いで藤堂は裏切る!
【司馬遼太郎 藩祖高虎の体臭が染みついている?】
秀吉は水戸―会津を重要視した?
水戸・佐竹、会津・蒲生に上杉!
徳川も水戸・御三家、会津・保科正之!

榊原康政は館林10万石!
行ったことがある!
詫びぶれた町であるが、風情がある!

〇 最大の軍事革新
家康は大名から3つのものを奪う!
「意思」「能力」「対抗力」
・一国一城令
・武家諸法度
・秀吉による刀狩り
・1615年 「元和偃武」の宣言!
武器を倉庫にしまって鍵をかける!

味方の犠牲を極小にして政治目的を達成する!
家康は優れた軍事指揮官であり、政治家である!

 

終 章 なぜ天下を取れたのか
〇 戦国最強の武将は誰か
ナンセンスな質問である!!
好きな武将ならすぐに言える!
・蒲生氏郷
・結城秀康

立花宗茂は上位に来る!
3人の天下人は特別だと?
比較にならないと??
最強は、信長、秀吉、家康になる???
秀吉は信長が死ぬまで、家康も秀吉が死ぬまで耐えた??
佐竹義宣がそう言って信長の名前を挙げた?

〇 信長なくして、戦国時代は終わらなかった
その通りである!
旧価値観を破壊し、社会を更地にした!
途中で倒れるが、秀吉、家康が後を継ぐ………

〇 天下人になるための三条件
・意思
・軍事力
・経済力

何をやったのか??
上記3項目である!!
信長
・各方面軍創設
・経済戦略を志向する
・楽市楽座
・貨幣の統一
・鉄砲の大量使用
・天皇、将軍を利用する
・安土文化

秀吉
・金山銀山の直轄化
・関白就任
・桃山文化

家康
・未開の土地の開墾
・江戸が中心になる!

〇 鉄炮が変えたこと
有効な武器であり、長篠の戦いで威力を見せつけた!
弓矢を操るプロフェッショナルから素人へと戦いが移った?
鉄砲を揃えるには金、経済力が必要である!
人が大量に死に、もういいやと言う話になる??
鉄砲でそれまでの常識が変わる?
・戦術 野戦築城!
・城  大きくなる!
しかし島原の乱で戦いは終わり幕末になる!

〇 統治の成熟
信長政権は信長のカリスマ性で政権は保障された!
死後統治秩序は崩壊した!
神君伊賀超えは、逃げ帰った?

秀吉は死んでも政権は崩壊しなかった!
が、後継者争いで失敗した?
家康に縦深が移るのは当然である!

家康は死後も混乱は起こらなかった?
軍事力、経済力、法律で大名の牙を抜いた!

天下統一は3人で完成・完結した!!

〇 上に立つ者は馬鹿でもいい
長子相続!
3代将軍 家光!
弟の忠長を後継者の動きを家康自らが潰す!
「上に立つ者は優秀でなければならない」
時代はそれより秩序を求めていると!
お家騒動のもとを絶っている??
上がバカでも優秀な家臣が補佐すればよい?

家康の後継者?
・秀康 ここでは出て来ない?
・秀忠
・忠吉
秀康が能力があるが、安定を重要視した!
長子と言うことなら信康、死んでいるので秀康であるが………

〇 圧倒的な軍事力による平和
江戸時代は幕府の圧倒的軍事力で保たれた?
パックス・トクガワ??
ヨーロッパは日本に手を出さなかった?
出せなかった?
やはり軍事力を恐れた!!
家康は周の文王を尊敬していた!
徳をもって国を治めた!
3人の軍事革新で天下統一がなされたと!!!

 


天下人の軍事革新 ②・本郷和人

 

2024年4月 9日 (火)

本・天下人の軍事革新 ①(2023/4)・本郷和人

Photo_20240408052701

群雄割拠の戦国時代、並み居る武将たちを従え、天下統一を成し遂げた織田信長、豊臣秀吉、徳川家康!
彼ら天下人は、いかにして軍事的・政治的勝利を収めるに至ったのか?
本書は、三人が成し遂げた軍事革新を明らかにして、戦争と統治の本質に迫るものである!
具体的には、織田軍の革新性、長篠の戦いで鉄砲よりも注目すべきこと、
秀吉の奇策や大軍移動を可能にしたシステム、なぜ秀吉はデスクワークを重んじたのか、
家康の性欲を減退させるほど苦しめた武将とは、家康の幕府防衛構想………
戦国時代はどのように推移し、終焉したのか? その答えがここにある!

 

著者も書き過ぎか??
内容はダブル??
洗脳しようとしている?
石高による動員数である!
言い方が、そう思わないですか?
結論を読者に判断させる??
金融機関みたい???
内容は下記の通りである!! ① ②と分けて紹介する!!

 


はじめに
序 章 戦国時代の真実
第1部 織田信長 戦国時代に革命をもたらした発想と行動


第2部 豊臣秀吉 史上初の兵站システム、桁違いの規模とスピード
第3部 徳川家康 戦わずして敵を屈服させる、最大の軍事革新
終 章 なぜ天下を取れたのか

 

はじめに
蒲生氏郷である! 好きな武将である! 知っている話は多い!
・陣屋で博打を奨励した? 緊張感を維持できる!
・秀吉が「蒲生氏郷の兵10万と、織田信長様の兵5千が戦えば、勝利するのは織田軍である
 蒲生側が織田兵4千の首を取っても、信長様は必ず脱出しているが、
 逆に織田側が5人も討ち取れば、その中に必ず氏郷の首が含まれているからだ。」と語った
・諸氏を酒宴に招く時に、自分で風呂を沸かして入れた
・家臣への恩賞として「蒲生の名字」と「郷」の偏諱を与えている! 前田利家にたしなめられる?
・西村左馬允は手加減せずに、一度ならず二度も氏郷に勝つが、西村の正直に感じ加増される!
・「銀の鯰尾の兜をかぶり、先陣するものがいれば、そいつに負けぬように働け」
 その銀の鯰尾の兜をかぶるものとは氏郷自身である!

蒲生氏郷は指揮官である!
戦場の鑓働きをしたのか??
そんなのは「槍才蔵」に任せておけばよいと!

源頼朝に義経、北条義時がそんなことしたか?
和田義盛か?? 八幡太郎義家、鎮西八郎為朝!
「三国志」の時代は、呂布、関羽らがいた!
楚の項羽!  自ら戦う!

鎌倉後期から戦法が変わる?
元寇がある?
ローカルから世界標準に変わる???
集団戦である!
兵站のことを考えるなら経済も政治も必要である?
軍事指導者は軍事革新が必要になる?
三人の軍事革新を明かにする!

 

序 章 戦国時代の真実
〇 軍事力とは経済力
・信長 父から貰った津島湊に熱田湊を押さえている!
楽市楽座に南蛮貿易!

・秀吉 経済交通の要所、鉱山を押さえ、南蛮貿易も盛ん!

・家康 250万石の財力に、金山銀山を抑える!

〇 合戦を変えた鉄砲と足軽

第一 室町時代は権力が不安定
・1467~77年 応仁の乱の始まり??
・1493年 明応の政変  これが戦国時代の始まりだと!!
第二 経済の成長に技術力の向上 金銀の産出、農業生産力の向上!
第三 地方勢力の台頭
第四 合戦の規模が大きくなる!

軍事の在り方が変わる!
・武士以外の戦闘員
・集団戦
・鉄砲の登場

〇 史料は信用出来ない!?
奥州17万騎???
それだけいてなぜ負けたのか?

・壬申の乱 両軍2~3万とあるが、実際は1/10で2,600??
・富士川の合戦 平氏7万? 実際は4千!
・承久の変 幕府19万??
せいぜい1万5千?  朝廷2700??

・太平記  幕府軍100万が千早城包囲、正成1千??
・湊川の戦い 足利兄弟50万 正成700????
・応仁の乱  両軍30万も京で戦えたのか?
実情は?????

〇 兵力10倍の常識
中国は10倍が暗黙の了解??
・赤壁の戦い 曹操83万?
・保元の乱  清盛300騎、義朝200騎、源義康100騎!
1日でかたがつく!

・明徳の乱  両軍で1万??

〇 信長と信玄がカチン子で戦ったら?
家臣だけではなく土豪に地侍も徴用する!
100石当たり2.5~3人?
石田三成≒20万石? 関ヶ原では6千と言われっる!

信長
・尾張  57万石
・美濃  60万石
・伊勢1/2 30万石
≒150万石

信玄
・甲斐、信濃60万石

信長は家康が同盟国である!
決戦にならない?

〇 集団戦法の始まり
一騎打ちが主流の戦いを変えたのは??
源義経??
水主梶取 操縦員を殺さない暗黙の了解があった!
これを殺して勝利する?

元寇である!
日本のローカルな戦いは、世界標準に通じない!
集団戦法が重視される!!

〇 致死率が高い一番槍
南北朝時代に一騎打ちはすたれる!
集団戦になる!!
・打ち物騎兵
・弓は歩兵の武器に
・なぎなたに変わり槍
戦いは
・矢合わせ 鉄砲
・槍合わせ
・槍を持った騎馬隊の突撃
・歩兵の突撃

先鋒 名誉とされるが死亡率も高い!
が武士の誉れである!
関ケ原の合戦で先鋒は福島正則!
が井伊直政が徳川が先鋒をと、忠吉と抜け駆けする?

〇 戦国武士の本質
「御恩と奉公」 生きているのか?
河越合戦! 日本三大奇襲攻撃の一つである!
北条氏康VS上杉憲政・上杉朝定・足利晴氏
8千VS8万 一桁違う………
これに北条が勝つ?
負けた方は家来にして欲しいと!
計算ずくで動いて、忠誠心はあるのか?
鎌倉武士は身命を賭している!

藤堂高虎は8人の主人に仕えている!

〇 世界最大の鉄炮生産力・日本
鉄砲の三大生産地!
・堺
・根来
・国友
世界最大の鉄炮生産力がある!
それだけの技術力があった!

鉄砲は長篠合戦で活躍した??
信長は三間半槍も作る! 6.4mもある!

〇 小大名は消え、大大名が残った
戦闘も常態化し、常備軍が必要になる!
ただし経済力が必要!
1年中合戦が出来る!
要は小大名は生き残れない!
次々消えていく!!

〇 なぜ戦争は起こるのか
・明確な目的
・大義名分
・相手に勝る武力

戦争は先に起こそうとする側が有る!
勝敗は何によって決まるのか?
川中島の合戦である!
謙信は北信濃の豪族が助けを求めたので戦った?
この目的が達成されれば謙信の勝ちである!
実情は武田の損害は大きいが、謙信の目的は達成できなかったので、
信玄の勝ちか???

〇 合戦の終わり方
「決着」と「勝敗」は違う!
負けた場合はどうなるのか?
・自刃
・処刑、断首
・島流し

自刃は
・播磨三木城 別所長治
・因幡鳥取城 吉川経家
・備中高松城 清水宗治

流刑は
・真田親子  九度山
・宇喜多秀家 八丈島

負ければすべて失う! 過酷なものである!!!

 

第1部 織田信長 戦国時代に革命をもたらした発想と行動
〇 なぜ絶対権力者になれたのか
織田家は内部対立がある!!
信長は??
・信秀の三男 一族の傍流?
・信秀は実力者で42歳で死ぬ!
・19歳で跡を継ぐ! 大うつけと言う!!
・美濃の道三の娘を正室に迎える!
・一族と争い、弟・信勝と争う!
・2度の戦いで信勝を殺す!
・信勝には柴田勝家、林秀貞が付き、信長には佐久間信盛、前田利家らである!
・信長を支持しなかったので、諫言できない!
・縛りもなく自分の考えで行動する!

〇 信長を救った三人の家臣
金ヶ崎の退き口で浅井に裏切られて撤退する!
逃げ出す!
殿は、木下秀吉、池田勝正、明智光秀である!
これに成功する………
家康にも知らせていなかった??

〇 不可解な軍事行動
果たして撤退は必要だったのかと??
著者の石高による兵力の検証である!
信長は?
・尾張、美濃  60万石
・伊勢北部   30万石
・近江北部   10万石 計160万石で4万の兵!
これに徳川がいる!

朝倉は越前50万石1万2千で、浅井が2千?
1万5千か?
逃げる必要があったのかと??
信長も編成途中なので逃げた??

〇 「間に合った」秀吉と光秀
経歴も不確かであったが、3人は成功した!
著者は「間に合ったと」????
命を懸けて評価される!!

〇 信長に好かれた男
誰か??
松永弾正である!!
2度裏切る!
先を見る能力がある??
そうなのか?
梟雄であり、信長に常人なら出来ぬことを3つもやった?
・主家の乗っ取り
・足利義輝を殺害
・東大寺大仏殿を焼く

好きな武将の一人である!!

〇 信長の能力評価基準
信長は武功を立てねば認めない!
・万見重元
・塙直政
いずれも優秀な官僚!
大事にされない?
戦場に出して死ねばそこまでである?
ちょっと冷たいが………

〇 抜擢は下剋上を生む
世襲?
朝倉家は重臣の子供が必ず重臣に慣れない??
戦国武将は抜擢人事をしない??
信玄は名家に養子として送り込む?
馬場信春がそうである?
しかし抜擢にはリスクがある??
荒木村重、松永弾正、明智光秀…………
世襲はそのリスクを軽減できると!!

〇 30年後の追放
六角氏の分国法「六角氏式目」
家臣の権利はこうして守る?
家臣あっての大名だと!
が信長はその意識に欠ける!
30年間我慢して追放する!
・佐久間信盛
・林秀貞
時機を選んで追放した!
使い道が無くなり追放した!!!
【松永弾正、荒木村重らは戦った? この二人は素直に追放された?】
【信長に見る目があった! 追放しても反乱まで行わない!】

〇 桶狭間の戦いは奇襲ではない
桶狭間の8年前に、鳴海城の山口教継が今川に寝返る!
その後、山口親子を殺し、岡部元信を送り込む!
信長は鳴海、大高城の奪回を目指して5つの砦を置く!
5つの砦は撒き餌?

著者の持論か?
石高で動員数を見る!
・今川 駿河15万石、遠江25万石、三河30万石の70万石!
そこから1万5千??
・信長 尾張57万石の70%として、1万か?
義元も分散して5千??
これも真実かどうか分からない?

奇襲か? 正攻法か??
どちらにしてもここがチャンスと信長は攻めて勝つ!
非凡な才能である!!
2度と奇襲作戦はしていない!!

〇 織田軍の規模
・1562年 清洲同盟!
信長は美濃攻略である!
美濃三人衆の裏切りで岐阜を落とす!
本拠地を小牧山から岐阜に移す!

・1568年 上洛
柴田勝家、佐久間信盛、森可成、丹羽長秀、木下秀吉である!

〇 最初の天下人は信長ではない!?
「三好長慶」だと!
現在信長は特別な戦国大名でない!
学者と言うものは………
著者は東大出である!
細川重男 出身大学を見下されて何度も馬鹿にされたと!
新しい学説は手柄になるのか???

証拠が無くても良い!
そんなこと後世に残せないと???
明智の子孫と立花京子は時間の無駄か??

三好長慶は京を抑えたが、数千の兵である!
著者の言う通り、やはり信長は特別だと!
特別でなければ戦国時代を終わらせていない!!!

〇 天下統一より自国ファースト
例えば
・毛利は中国、
・島津は九州
・長曾我部は四国
・北条は関東
皆地方で自国ファーストである!
朝倉義景も越前から出て来ない!
やはり信長は特別だと!!

〇 信長包囲網の真実
信長包囲網の主導できる人間はいない?
第一次包囲網 金ヶ崎の撤退時、朝倉、浅井、三好三人衆、六角、顕如
志賀の陣である!

第二次包囲網 信玄西上 朝倉、浅井、三好三人衆、六角、顕如、延暦寺、
三好義継、松永弾正、足利義昭………

第三次包囲網 足利義昭が鞆に逃れる!
毛利、上杉、石山本願寺………

〇 「戦国時代の終わり」はいつか
・1573年 足利義昭追放!
【鞆に逃れ、鞆幕府を開く?? 止めてくれんかのう??】
・1576年 安土城建設
以後各個撃破である!
・1577年 謙信死亡
・1580年 石山本願寺と和議
・1582年 武田氏滅亡

・関ヶ原と言う説は無いのか???
・1615年 大坂夏の陣!

〇 信長が一向一揆を敵視した本当の理由
信長は徹底して皆殺しである!
堺屋太一が書いていた、世界にあって日本にないもの?
・本格的な籠城戦
・ゲリラ戦
・計画的な皆殺し
ただ例外がある! すべてに信長が絡んでいると!

・伊勢長島
・越前一揆
殺しまくっている!!

「どうする家康」
寺では歩き巫女、千世が煽っている!!
進むものは王土極楽!!
退くものは無限地獄!
みんな武器を持って集まれ!!
現実に集まる?

この時代、「村落」は「惣村」に発展する!
一向宗はこれを取り込む!
「死ねば極楽浄土に行ける」

要は、一向宗を恐れる!!
一向宗は天下人を認めない?
所詮相容れない存在である!!

〇 武器と弾薬の独占
鉄砲の有効性である!
信長は?
・砲術家の橋本一巴を召し抱える!
・国友を専属化する!
・1559年 上洛!
堺、大津、草津の支配権を貰う!
鉄炮、硝石などの交易、ルートをモノにする!
敵に渡るのを制限出来る!!

〇 軍事スペシャリストの育成
信長は既成ではなく、自前の親衛隊を作る!
足軽隊を作るが、最初に導入したのは太田道灌!
家臣を城下に集め、常備軍を作るが、経済官僚も必要になる!

〇 富の源泉
「楽市・楽座」
「楽」 自由
「市」 交易・売買
「座」 商工業者の同業組合

これは信長が最初でない!!
各地でやっているので信長では無いと!
しかし信長は各地で行った!
これが経済力と軍事力を生むことになる!

〇 長篠の戦いの革新性は、鉄炮より○○にあり
・1575年 設楽原で織田・徳川と武田が激突!
馬防柵! 夜戦築城である!
最強と言われた武田の騎馬隊の突撃を阻止する!
塹壕、空堀、植林で防御を高める!
千挺か3千挺の鉄砲で狙い撃ちする!
武田1万5千 織田・徳川3万7千!
普通なら撤退する!
信長は攻撃するように仕向ける!
鳶ヶ巣山砦を酒井忠次が攻撃する!
武田は攻撃せざる得ない!
鉄砲の威力を見せつけたが、著者は野戦築城を評価する!!

〇 方面軍の編成
・1575年 信忠に家督を譲る!
それまでに方面軍を作っている!
・1573年 織田信忠軍団 川尻秀隆、森長可
・1575年 北陸方面軍  柴田勝家、佐々成政、前田利家
・1576年 大阪方面軍  佐久間信盛、松永弾正
・1577年 中国方面軍  羽柴秀吉、宇喜多秀家
・1579年 畿内方面軍  明智光秀、細川藤孝、筒井順慶
・1582年 関東方面軍  滝川一益
・仝    四国方面軍  織田信孝、丹羽長秀

・1578年 荒木村重は有岡城にて突如、信長に対して反旗を翻す!
村重も方面軍である!  畿内??

信長は本拠地を変えている!
勝幡、那古野、清洲、小牧山、岐阜、安土………
・1575年 17ヶ国
・本能寺の変前は、30ヶ国!

〇 本能寺の変がもたらしたもの
・1582年 天目山の戦で武田滅亡!
本能寺の変で混乱するが秩序はあったと思われる
・信長残党狩り
・難を逃れるために御所に押し掛ける
・神君伊賀超え?
・各方面軍は撤退! 北陸はまとまっていた!
・光秀も土民の襲撃で死ぬ!
・世情はアナーキーな無秩序状態になる!

〇 カリスマ支配の限界
信長はカリスマ支配で、信長の器量、名声で保たれる!
信長への反乱!
・弟 信勝
・織田家内部抗争
・松永弾正
・荒木村重
・明智光秀

追放は??
・佐久間信盛
・林秀貞
・安藤守就

光秀が失敗していても誰かが裏切る??
・柴田勝家
・徳川家康
・羽柴秀吉

秀吉、家康が死んでも無秩序にはならなかった!
信長の代わりは誰も出来ない!
異彩を発している!!!

 

天下人の軍事革新 ①・本郷和人

 

2024年3月18日 (月)

本・戦国武将の選択 ①(2021/4)・本郷和人

Photo_20240321000301

確実な史料を第一にしながらも、あえて「面白さ」を歴史に求めようと思うのです!
やわらかな語り口で最新研究を紹介しながら、通説にも疑問符?
歴史家による実情の読み解きで、真実の日本史が見えてくる!

 

最近は著者の本を読みまくっている!
大変申し訳ないが、少数をブックオフで買い、後は図書館である!
今、新システム導入による休館のため正月を挟んで最大70日借りれる!
20冊まで借りれる………
ここぞとばかりに借りまくったが、著者の本は多い!
書き過ぎだと思うが………
内容は重複すものも多いが、理解が深まると………
内容は下記の通りである!! ① ②と分けて紹介する!!



まえがき  史料とのつきあいはバランスが大事
第1章 あの兵力差で信長は本当に桶狭間を戦ったか
第2章 「天下統一」という新概念はどう生まれたか
第3章 部下・光秀が「本能寺」を決めた出来事
第4章 「戦国最強の武将」は誰か
第5章 武将たちが残した人生哲学


第6章 執権北条氏、粛清政治の手法 戦国前夜1
第7章 「大義名分」がない中世武士の感覚 戦国前夜2
第8章 利休は強欲だから秀吉に殺されたのか
第9章 「利休七哲」と徳川大奥
第10章 武将の名から人間関係が見える
第11章 家康と「信康切腹」と「長篠」

 

まえがき  史料とのつきあいはバランスが大事
時代の絵画は、世相の参考になる!
烏帽子帽が重要なようだ!
肉食と言い時代の制約があると?
日本人は「ゆるい」
適当だと!!

過去を知るには歴史資料が有難いと!
が「吾妻鏡」「信長公記」は全て信頼できない!
が、古文書だけを読み解くのもどうかなと?

武田信玄VS織田信長!
「点台座主」VS「大六天魔王」
ルイス・フロストが伝えているが、これは両者の仏教観か?
単なるブラックジョーク??

独りよがりな考えより、みんなで考えようと!
これは陰謀論を言っているのか???
バランス感覚を持って楽しみながら軽めに叙述したと!!

 

第1章 あの兵力差で信長は本当に桶狭間を戦ったか
もはや奇襲攻撃は否定されている!
2,000の兵で25,000に勝利した?
今川の目的は??
① 上洛??
② 奇襲説の否定?

上洛が目的ではない?
尾張、美濃、近江と侵攻する?
兵站は??
どう考えても無理である!!
せいぜい尾張制圧である??

今川方の戦死者は重臣が多い!
これほど重臣が死んでいるのは??
・長篠の戦い 
・日向耳川の戦い  日向後家?
・沖田畷の戦い

著者はどの本でも書いている!!
石高である! ただし想定である!
・駿河 15万石
・甲斐 22万石
・信濃 40万石
・上野 50万石
・遠江 25万石
・三河 30万石
・伊豆 7万石
・尾張 57万石

尾張は豊かである! 商業も交易も盛んである!
駿河・遠江・三河で70万石!
尾張57万石では、ほぼ互角では無いか?
信長は少なくとも10,000の兵がいたのではないかと?
「信長公記」では、この桶狭間を天文21年(1552年)としている!
これは8年早いと!
この頃だと2,000ぐらいの兵だと!
これは信長の親衛隊だと!
これを強調したかった???

 

第2章 「天下統一」という新概念はどう生まれたか
著者が良く言う、日本は現在のように全国一つではない!
小田原は関東一円、毛利は中国、長曾我部は四国、信玄は中部、
今川は東海、謙信は北陸、三好は畿内か??
信長は、そこから飛び抜けて全国を支配しようとした???
天下とは畿内???
とすれば、松永弾正、三好長慶は天下を取ったか?
自分の勢力配を守るのにせい一杯だった??

畿内の覇者と天下人の違いは?
源義朝を支えた相模の波多野氏!
その子孫が丹波の波多野秀治!
最初信長に降るが、反旗を翻す!
光秀が苦労して秀治の娘は別所長治に嫁いでいる!
つるんでいたのか??
波多野秀治、別所長治はともに滅びる!
が、この25年前に同じようなことをしたのが、
三好長慶に松永弾正!
両者は三好の支配下になる………
が足利にとって代ろうとは思わなかった?
三好長慶は、
阿波、讃岐、山城、河内、和泉、摂津、大和、丹波、播磨………
天下人では無いか??

戦国時代の村落は?
地侍←本百姓→脇百姓→下人
地侍は、農民、足軽、武士として活動する!!
この地侍は「小領主」である?
三好長慶が支配したのは国人領主までで、
信長の支配は地侍=小領主まで及んでいた?

戦国大名は、その地域の支配者である!
その前は、国ごとに守護を置いた!
守護は官人であり、土地、物産、人々を支配したのではない!」
官人の職務は「大犯三ヵ条」
① 謀反人の逮捕
② 殺害人の逮捕
③ 大番の催促 京都の警備

守護は任命される!
土地、人民は自分のものでない!
室町三代将軍義満の時代に顔ぶれが決まる!
戦国大名との違いは??
守護大名 幕府の権威を当てにする!
戦国大名 自分の才覚で、実力で支配する!
三好長慶は守護大名の性格を払拭出来なかった??
信長は違う!! 

中世では、九州、関東、東北は勝手にしろと!
中央の命令は聞かなくともよい??
そして京への義務を免除する代わりに政治に参画出来ない!
秀吉によって統一された??

小田原北条が滅んで、家康が関東に入る!
要は遠国、田舎のに放り出した!
そう言う事のようだ………
秀吉の直轄領より家康の方が多い!!

 

第3章 部下・光秀が「本能寺」を決めた出来事
仲立ち役は出世する!
鎌倉幕府と朝廷の間の意思疎通には一定のルールがある!
西園寺家を通す!
「関東申次」である!
このような立場から本能寺の変を考える!
中国は秀吉!
四国は光秀!
島津は秀吉に降伏後、三成を頼る!
最近の四国出兵説??
信長の方針変更、四国切り取りしだいを変える!
織田信孝、丹羽長秀が攻める!
斎藤利三である!
光秀に仕える時からややこしい!
信長を恨んでいると!!
ただ美濃斎藤家の嫡流である!
妹が元親に嫁いでいる!
著者は四国を再認識したと!
【それまでどう思っていたのか?】
今がチャンスだと!!
成算もある???
俺の立場はどうなる??
そう言う流れが背中を押したと!!

ただし、黒幕説と言うかどうでもいいことがある?
著者の本ではよく出てくる!!
・坂本龍馬暗殺の黒幕
・本能寺の変の黒幕
・邪馬台国の位置
・下山総裁の暗殺の黒幕

 

第4章 「戦国最強の武将」は誰か
日本では、謙信、信玄の名前が出てくる!
最強と言っても、戦略家に戦術家がいると!
著者は「毛利元就」だと!!
少ない兵で大軍に勝つ!
・桶狭間の合戦
・河越城の野戦の北条氏康
・秀吉の金ヶ崎からの撤退戦

こう言うのは運も味方しなければできない!
信長は、奇襲戦を2度と行わなかったと!!
が、毛利元就は3度行って勝った!!
・初陣 有田中井出の戦い
・吉田郡山城の戦い 尼子敗走!
・厳島の戦い
戦国随一の戦上手だと!!
どうかな???
毛利元就は謀略が好きである!!
調べてみた!! 著者は出していない!!
出典がはっきりしないからか………

元就は家臣に問うた!
「わしは昔の君主にたとえたら誰になるだろう?」
すかさずある儒臣が言った!
「周王朝を開いた文王・武王にくらべる事が出来ます」
元就は苦笑した!
「わしは今さらながら、周王朝の文王・武王及ばぬことを知ったワ!
周王朝の文王・武王には汝のように面と向かって追従を言う臣等いなかったからだ!」

『我が家は今10ケ国ある。一度の危機で半分になっても5ケ国残る!
更なる危機で半分になっても2ヶ国残る!
それでも生まれ故郷、吉田の荘よりはるかに大きい!』

① 我が毛利家は、版図の保全のみを願い、天下を望むなかれ (天下を競望せず)
② 当家の事、良かれと思う者、当国にも他国にも一人もいない!
③ 調略の工夫をすることこそ肝要である!
④ 謀多きは勝ち、少なきは負ける!

著者が挙げているのは?
・武略、計略、調略!
・自己の才能に溺れるな!

男のカッコよさ???
無駄話の気がするが………

軍師はいるのか??
劉邦の3人の軍師!

・韓信  将軍
・蕭何  名宰相  兵站
・張良  戦略 謀を帷幄の中にめぐらし、千里の外に勝利を決する!

三国志における軍師は?
・諸葛孔明
・荀彧
・司馬懿
・田豊
・魯粛
本質的には文官である!!

日本の軍師は?
・黒田官兵衛
・竹中半兵衛
・山本勘助
・宇佐美定行
軍師と過剰評価し過ぎではないか???

 

第5章 武将たちが残した人生哲学
石田三成である!
島左近を、近江水口4万石の半分を与えて勧誘した!
ではなく、召し抱えた時は佐和山19万石だったようだ!
渡辺新之亟 渡辺勘兵衛の方で知っている!
石田三成500石の時に500石で仕えて、三成は居候する!
10万石でなければ仕えない言っていたが………
三成が出世しても500石で仕えた!

天下の三勘兵衛の一人と言う!
江戸時代は
「忠臣は二君にまみえず」
「君、君たらずとも臣、臣たれ」
それ以前は、人間的な関係がものを言ったようだ!!

本多平八郎忠勝!
武士とは主君と一緒に死ぬことだと??

宇喜多直家!
死ぬときに家臣に殉死を求めて、殉死ノートを付ける??
が戸川秀安が最後に断る!
・若君の面倒を見なくてはならない
・坊主でも連れて行った方が良い
これで殉死ノートが信用出来ずに破り捨てる!!

斎藤道三の国盗りは親子二代で成し遂げたと!
「司馬遼太郎 国盗り物語」は???

越前朝倉家!
同じ生がある! 景が付き、孝景、敏景、教景………

伊達家は、足利将軍から一時貰う!
が、正宗は義昭からは貰わない!
昭宗とはならなかった………

斎藤義龍は、一色と改名する!
親殺しのイメージを逃れるためか??

戦国武将で兄弟の争いは多い!
・三好長慶
・毛利元就
・今川義元
・織田信長
・伊達政宗
・斎藤義龍
・足利尊氏
・源頼朝
・徳川家光

オスマントルコは兄弟殺しである!
日本では
・信玄弟 信繁
・秀吉弟 秀長

父を殺したのは斎藤義龍ぐらいか?
最後に父親の権利が強かったと!!

鎌倉幕府時代、安芸の小早川家は土地を一族の争いから幕府に取り上げられる!
これを建長寺に寄進する!
これを取り返そうとし代替地を与えるということになるが、
幕府が滅亡! 小早川は足利に付き取り返すが、争いになる!
「仏陀施入の地、悔い返すべからず」
仏が勝ったようだ………

松永弾正!! 面白い武将である!
この手紙がある!
信長への反乱時に、高槻(高山家)を味方に出来ずに、
不満を述べているが、負け押しみか???
楽しいが…………

 


戦国武将の選択 ①・本郷和人

 

2024年3月 7日 (木)

本・壬申の乱と関ヶ原の戦い なぜ同じ場所で戦われたのか ②(2018/2)・本郷和人

Photo_20240307213401


第三章 関ヶ原の戦い(1)その構造
第四章 関ヶ原の戦い(2)歴史的意義
終 章 歴史が転換する時

 

第三章 関ヶ原の戦い(1)その構造
◇ 将軍権力の二元論
・主従制的支配権  政治権力
・統治権的支配権  「奉公」と「御恩」

鎌倉時代は統治権的支配権
足利尊氏、直義は分担する!
尊氏 軍事
直義 政治

それらが足利義満の頃には一つにまとまる!

◇ 「都」と「鄙」
室町時代は明らかに分かれていた!
・「都」 将軍が支配 先進地帯  京  中部、近畿、中国、四国
・「鄙」 鎌倉公方  後進地帯、田舎  東北、関東、九州

鄙では有力な地方の有力な武士が守護になる!
・甲斐  武田
・下総  千葉
・豊後  大友
・薩摩  島津

都は足利一門である!
・細川、斯波、畠山、………
・一門ではないが、土岐、赤松………

応仁の乱は都の都の守護大名の争いである!
乱後、鄙の守護大名は戦国大名化する!
・秀吉の時代、蒲生氏郷は伊勢松阪12万石から、会津42万石に抜擢!
最終的には90万石と言うが、氏郷は喜ばない!
「こんな田舎では天下争奪時、何も出来ない」
・信長の時代、滝川一益は上野50万石になるが、喜ばなかった!
・秀吉は家康を256万石で関東に追い払う??
・織田信雄は、伊勢・尾張にこだわり、命令拒否で取り潰される!

◇ 関ヶ原の合戦
・本戦
・東北   上杉VS最上
・京・大津 京極VS立花宗茂 
・九州   黒田VS大友
それ以外もある!
・信濃  真田VS徳川
・伊勢
・伊予

では誰と誰が戦ったのか??
・東軍  徳川家康 
 大阪を支配下に置き、秀頼をいつでも殺せる状態
・西軍  毛利輝元? 石田三成? 著者は豊臣秀頼?
 家康の首を取る! 機内に入れない!

「司馬遼太郎 関ヶ原」
これは興奮した!!
その本から関ヶ原の知識を得た!
今では大分修正が入ったが………

◇ 石田三成の戦略は?
・小牧長久手の戦いで家康を臣従させた戦いを参考にする!
・家康の首が絶対条件では無い?
・岐阜城は一日で落城?
【こうなると直江兼続の長谷堂城攻めがだらしない】
・三成は、大垣城、南宮山、松尾山を考える!!
・関ヶ原になる!

◇ 家康の戦略は?
・豊臣家の乗っ取り? 言いがかりをつける?
・前田利長の謀反を言い立てる
・上杉景勝の謀反を言い立てる  
・言いがかりで諸将を見極める?
・戦争を欲し、豊臣家の秩序を破壊する!
・すでに恩賞の約束をしている??
・上杉討伐に付き添った諸将は最初から家康に従うつもりである!

◇ 三成の戦術は? 失敗??
・細川藤孝に田辺城 500ほどの兵に15,000の兵を向けた!
 はんぶんでも7,8000の兵である!
・京極高次の大津城に、立花宗茂、小早川秀包のエースを派遣した!
 二人とも戦意が高く、猛将である!
・島津義弘の夜襲の進言を受け入れなかった!
・鳥居元忠の伏見城には、小早川秀秋、島津義弘が援軍で入ろうとしたが………
・小早川秀秋は西軍とは言えない!!
・大谷吉継は笹尾山に向けて土塁を造っている!
・吉川広家は動かない? 家康は確信している!
・ドイツから来たメッケル少佐は、布陣を見て西軍の勝ちと論じた!
・小早川秀秋の裏切りで勝負あった!
・三成が生き延びれば、大阪城籠城と言う選択肢はあった!
 立花宗茂、小早川秀包、田辺城攻撃の残党、敗残兵、
毛利輝元の軍と合わせて50,000の兵はある!
 西軍に戦うエネルギーは無かった!!

 

第四章 関ヶ原の戦い(2)歴史的意義
◇ 戦後処理
輝元は騙されたのか?
所領安堵されると!!
黒田長政、福島正則が交渉である!
書面にはどこにも所領安堵は書かれていない?

◇ 誤解されている福島正則
酒飲みだったようだ?
改易された時は、家臣は引く手あまただった?
荒くれ大名??
改易されたので、好きに言われる!

◇ 幕府の成立時期!
・徳川幕府 席ガラで勝利した1600年か? 〇
 征夷大将軍の1603年か?
・鎌倉幕府
 1192年 征夷大将軍  イイクニ
 1185年 守護を任命  イイハコ 〇
 1180年 鎌倉入り
・室町幕府
 1388年 征夷大将軍
 1338年 建武式目    〇

あまり意味が無いと思うが………

◇ 家康の査定 ① 戦功重視 裏切りは許さない
小早川秀秋は事前に家康と密約があった?
脇坂安治、朽木元網、小川裕忠、赤座直保!
脇坂安治は家康に連絡を取っていたが、2家は取り潰し、1家は減封!
勝ちが見えてからの裏切りは許さなかった!
・福島正則  清州24万石~安芸・備後半国の49万石
・小早川秀秋 筑前35万石~備前52万石
・京極高次  近江大津6万石~若狭小浜92,000石

ここには出ていないが山内一豊 遠江掛6万石~土佐20万石?
戦場での槍働きは無いが、城を家康に差し出したから???

◇ 家康の査定 ② 一族に甘い
・家康次女・督姫  池田輝政 
・家康三女・振姫  蒲生秀行 亡き後浅野長晟
・秀忠次女・玉姫  前田利常

みんな優遇されているが………
蛍大名?? 妻の身分で出世する???

◇ 家康の査定 ③ 家臣に厳しい
・榊原康政  加増ゼロ
・本多忠勝  息子に加増
・鳥居元忠  加増は無かったが、時間をかけて加増される!
・井伊直政  高崎12万石~彦根18万石 最終35万石
 徳川の戦法は井伊と外様の藤堂である!!
 直政亡き後、直継が継ぐが、弟直孝に変わる!
 直継は上野の安中で3万石になる!

◇ 家康の査定 ④ 敵にも甘い!?
・長束正家  切腹
・前田玄以  安堵されるが改易
・増田長盛  改易 大阪に陣で切腹
・浅野長政  最終的に福島正則改易後、後に入る!
 一族から忠臣蔵が生まれる!

毛利家はなぜ生き残れたのか??
「司馬遼太郎 関ヶ原」
この計数に明るい三成にすれば、毛利の領土を削ら無ければ、
恩賞の土地が無いと!
どうも潰す気だったが、吉川広家が自分に与えられる長門、周防2カ国を、
毛利本家に譲った!!
ここらの家康は詐欺師であるが………
結局吉川広家は岩国3万石になる!!
関ヶ原での毛利秀元は合戦を見ている!
もし毛利の大軍が参戦していたらの思いがある!!
その為吉川広家にはきつかったようだ………
そうなれば長宗我部も参戦するはずである!
吉川広家は黒田官兵衛、長政と仲が良い!!!

◇ 家康の査定 ⑤ 東北と九州の軽視
上杉景勝は家康小山着陣時夜襲を行わなかった?
家康撤退時、追撃しなかった?
最上領を攻める!!
この時期、戦国時代の再来と見て領土拡張に走った!!
・最上義光  加増
・伊達政宗  少しの加増
・上杉景勝  30万石に減封 生かしたと??
東北はどうでもよかった??

九州も同じである?
・黒田官兵衛  長政に加増
・加藤清正   小西行長領を貰う
・島津義弘   本領安堵 攻めるには損害が多い?

家康は家名を残すことにより恩を売った!
上杉、毛利、島津………
佐竹もそうなのか??
・血縁を大事にする
・家臣に厳しい
・外様を優遇
・東北、九州は寛大

譜代には政治を担当させた!
政治と経済を分けたと??

◇ 家康は何故江戸で幕府を開いたのか?
・秀吉の朝鮮出兵の失敗!
・外交から内政重視に変わる!
・東北地方を開発したい! 江戸が都合が良い!
・つまり重商主義から重農主義へ

著者は政治の江戸と、経済の大阪に分かれて成長したと!
大阪都構想は、正しい???

 

終 章 歴史が転換する時
戦いから見えるもの??
◇ 壬申の乱
・「天皇」が生まれる
・国外重視から国内重視
・「日本」の国号を使う
・東の国境が定まる

◇ 青野ヶ原の戦い
・武士の世が生まれる
・将軍権力が確立

◇ 関ヶ原の戦い
・統一国家になる
・外交重視・重商主義から内需拡大へ
・関東・東北の開発が進む
・都が今日から江戸へ! 東に移る!

この後、不破の関は重要ではなくなる!
徳川の防衛ラインは??
・伊勢・藤堂、彦根・井伊で迎え討つ
・福井城に親藩
・尾張・名護屋城を築く
・箱根 小田原城
・越前、美濃、尾張が防衛ラインであると!!

日本もヨーロッパに比べると穏やかである!
こう言う場合は世襲が定着するようだ!
・多神教国家である!
・宗教的弾圧も無い???

◇ 日本は外圧で動く?
・白村江の戦いで負けて危機を感じる
・黒船来襲
・元寇
・朝鮮出兵

東の反乱分子が西へ攻める時に、不破の関、関ヶ原で戦いが起こる!

◇ 天皇は必要か??
・木か金て作れと言った高師直でも、逆に必要性を認めていた!
・天皇は仏教や振動の頂点に達している!

◇ 幕府の置かれた場所は何の理由があるのか??
・鎌倉幕府 一定の発展は出来たが都に劣る?
・室町幕府 なので尊氏は京に幕府を開く
・徳川幕府 東国中心の国造りを行った!

上方の元禄文化、江戸の化政文化が花開く!
関ヶ原が起こる可能性は無くなる!
東の劣等性が西の優等生に挑むことは無くなると!!

◇ 太平洋戦争? 日本は分かれる??
長引けば日本は朝鮮半島のように分断されていた???
その場合は不破関、愛発関、鈴鹿関が38度線か???
京都を首都とする象徴天皇制日本国と、
東京を首都とする共産党書記長の、東日本人民共和国に分かれる!!
この想像は無理がある!!!

 


壬申の乱と関ヶ原の戦い なぜ同じ場所で戦われたのか ②・本郷和人

2024年3月 6日 (水)

本・壬申の乱と関ヶ原の戦い なぜ同じ場所で戦われたのか ➀(2018/2)・本郷和人

Photo_20240307213401

古代最大の内戦・壬申の乱、室町幕府を確立させた中世の戦闘・青野ヶ原の戦い、
近世最大の会戦・関ヶ原の戦い

三つの戦いがいずれも同じ地(不破=青野ヶ原=関ヶ原)で行なわれたのはなぜか?
また、その結果が歴史を大きく動かしたのはなぜなのか?
この謎解きに、中世政治史を専門とする著者が挑む
考察の過程で、天武天皇が始めた「固関」の意図について、新説を導き出した
歴史の醍醐味を味わえる、スリリングな一冊

 


はじめに
序 章 なぜ関ヶ原(不破)だったのか
第一章 壬申の乱
第二章 青野ヶ原の戦い


第三章 関ヶ原の戦い(1)その構造
第四章 関ヶ原の戦い(2)歴史的意義
終 章 歴史が転換する時

 

はじめに
関ヶ原の古戦場!
疑問点がある??
1 桃配山に家康の兵の居場所はあったのか? 要は狭い??
2 石田三成VS黒田長政・細川忠興はどう戦ったのか?
3 宇喜多秀家VS福島正則は?
4 大谷吉継の陣から小早川秀秋の陣が見える!
  かなり距離があると思うが………
  司馬遼太郎 裏切りを見えぬ目で見たと!

壬申の乱     天武天皇の勝利
青野ヶ原の戦い  後醍醐天皇の敗北
関ケ原の戦い   徳川幕府

なぜこの地で戦うのか?
この戦いで、歴史が変わったと???
決まったと言うべきか???

 

序 章 なぜ関ヶ原(不破)だったのか
◇ 「固関」 律令時代のの朝廷の儀式!
京で何かあった時に、防衛のために関所を固める!
三ヶ所ある!
・越前 愛発関
・伊勢 鈴鹿関
・美濃 不破関

仮想敵は東にいると!!
つまりここから東は、関東と呼ぶ!
東海、中部も関東!!
関西は関東に対して作られ、それまで「上方」と言っていた?

著者の持論がある!
古来日本は一つではなかった?
現在の常識で考えるのでおかしくなる??

明治維新、明治の元老は中国をライバル視し、
日本もそれに負けない歴史があることにする!
そのため神武天皇が紀元前660年に即位したことにする?
・神武天皇 127歳
・崇神天皇 120歳
・垂仁天皇 140歳
でっち上げか??

◇ 秦の始皇帝!
いつも思っていたが、あれだけの広大な領土をどうやって命令を、
法律を行き渡らせるのか??? 読み書きできるのか??
言葉の違いもある!!

日本は中国ほどの広大な領土ではないが、どうやって支配したのか?
自分のまわりにしか興味がない?
古代の日本は隋や唐から学んで日本的にアレンジした律令で国を造った!
土地の私有は無かった!
全て天皇のものだった??
著者は全国津々浦々に支配は及んでいないと??

古代の中国からの玄関は、博多!!
なので瀬戸内の博多~大和、京へのルートがメインだった?
現在の東京~大阪ルート化?

◇ 西は先進で、東は遅れている?
当然文字など読めない?
西と東は当然対立する!
豊かな西国に、荒々しい東国が衝突する!
東から西へ攻める?
そこが不破、関ヶ原だと!!

◇ 著者の戦争の定義と目的??
①  誰と誰が戦うのか?
②  戦争を起こした側はどちらか?
③  何のための戦争か?

戦争には金がかかる!
得られるものは、かかる費用より少なければ戦争は起きない??
普通はそうだが、独裁者であればそうはならないと思うが??
意地がある???

19世紀以降は、敵の大将を討ち取っても勝利にならない!
それ以前は大将を取れば勝った?
・織田信長  今川義元
・毛利元就  陶晴賢
これは敵の大将を討ち取り勝ち!
取れなかった場合は?
・川中島の戦い 引き分け?? 武田の勝ち??

応仁の乱は?
日本を二分した割には印象が薄い!

・山名宗全 土岐氏、大内氏
・細川勝元 赤松氏、京極氏

「呉座勇一 応仁の乱」
では引き分けだと!
著者の分析は?
・山名氏の70年前のリベンジ
・室町幕府の実権を握る
・瀬戸内の交易の支配権を握る
将軍の無力さが暴露されて、実権を握ったのは細川氏!
つまり細川氏の勝ちだと!!

◇ 当時の人口と動員兵力??
よく言われる、奥州藤原氏17万騎???
それにしてはあっけなく滅んだ!!
だいたい人数なんて当てになるのか??

関ケ原の合戦では、20万と言われる兵は疑問が持たれていない………
日本の人口は?
・600年   600万人
・1600年  1,200万人

・1180年 源頼朝20万人VS平維盛7万人!
一桁違っているのでは??
著者の分析は??
・関ケ原  万単位
・青野ヶ原 千単位
・壬申の乱 百単位

◇ 不破 関ヶ原!
東から京へ攻めて来る時に通るのが関ヶ原?
西が防衛ラインをつくる!
地形に合わせる?
結局、突破できれば東の勝ち!
関ヶ原は、東の家康が防衛ラインを破ったので勝ちであると!!

 

第一章 壬申の乱
◇ 672年 天智天皇の崩御後、長子大友皇子と
天智天皇の弟、大海人皇子が争い、反乱になる!

著者の分析!
・645年 乙巳の変!
 中大兄皇子が中臣鎌足と、蘇我蝦夷、入鹿親子を滅ぼす!
 大化の改新で天皇集権体制が整う!
・663年 白村江の戦い 日本は朝鮮半島から撤退
・668年 天智天皇測位
・672年 天智天皇の崩御
 大海人皇子は身の危険を感じる!
 要は権力争いか??
 政敵は殺せ!!
 逆に、相手、大友の皇子を滅ぼせば勝てる!

大海人皇子は吉野へ逃げる!
近江朝廷と戦う!
では戦いの目的は??
・近江朝廷の所在を変えたい
・同時に体制も変えたい

・672年 朝廷は美濃・尾張の人の供出を命じる!
 これは大海人皇子討伐用か??
 大海人皇子は美濃の領地で兵を集める!

鈴鹿と不破をふさぐ!
兵は3,000と言いう!
著者は一桁間違っていると??
関ヶ原に本営を置く! 自分の領地がある!!
近江朝廷は百済救済で疲弊している!
尾張の国宰は2万の兵を、大海人皇子に帰順する!
不破の関が閉鎖されているので、仕方なく帰順した???
大海人皇子はこの国宰を戦い後、殺している?
信用していなかった?

西国は白村江の戦いで疲弊し、兵が集まらない!
大海人皇子の戦略は??
第一 自分の領地が美濃にある
第二 ここで兵を集める
第三 不破の関を塞ぐ

大海人皇子は物部雄君を称賛する!
戦闘行為には加わっていない!
・美濃・尾張で人を集めている情報
・吉野から美濃までの脱出ルートの確保

戦いは??
・大和方面
・琵琶湖東岸
・瀬田橋の戦い
・近江大津宮の攻略 大友皇子自害!

天武天皇は即位後、不破、鈴鹿、愛発に関所を置く!
この関が原が重要だと、著者は主張する!!

◇ 673年 天武天皇即位!
・「大君」から「天皇」に変る!
・神話が作られて、天皇の超越性の理論武装が行われる!
・仏教と神道を両輪とする王権の確立!
・東国への勢力拡大!
・「日本国」の国号も生まれる!
・遣唐使を廃止する!(これはのちに再開する)
・東からの敵に備える!!

 

第二章 青野ヶ原の戦い
◇ 1338年 青野ヶ原の戦い!

◇ 北畠家
・北畠親房 「神皇正統記」を書く!
・北畠顕家 親房の嫡男!
・北畠家は源道親に遡る  頼朝と渡り合う!
・土御門家、久我家、堀川家、中院家が起こる!
・久我家は久我美子の成果!
・中院家の分家が北畠家!

天皇家の家督の問題がある!
後鳥羽上皇は承久の変に敗れる!
幕府は後鳥羽上皇の血筋を天皇に就けたくない!
これからアクシデントが重なり、御嵯峨天皇になる!
北畠家は天皇の側近になる!

御嵯峨天皇から系統が分かれる!
・兄 後深草天皇  持明院統  北朝
・弟 亀山天皇   大覚寺統  南朝

後醍醐天皇は大覚寺統(南朝)である!

後醍醐天皇と北畠親房は相容れない?
・後醍醐天皇  武士を認めない
・北畠親房   武士と協調する


◇ 北畠親房・顕家は奥州に左遷される!
・1335年 尊氏と戦うために奥州の軍を率いて京に向かう!
・1336年 京都で両軍が戦い、尊氏は敗走!
 が、奥州には尊氏派の武士が多い!!
 尊氏は京を再占領する!
 北朝の天皇を担いで室町幕府を開く!
 後醍醐天皇は吉野で南朝を立ち上げる!
・1337年 顕家は本拠地を・移す!
・1338年 鎌倉を30万騎? 50万騎で進軍する???
 それこそ兵站は??
 鎌倉から美濃まで3週間の速度である?
 【これは著者の言う通り信用出来ない?】

◇ 青野ヶ原の戦い
両軍の勢力は分からない?
北畠軍には北条の残党も加わっている!
・北畠軍 結城宗弘
・尊氏軍 高師直

護良親王! 
悪党を支配下に治める!
楠木正成らである!
後醍醐天皇は権限を与えない!
不安があった? 自分にとって代る可能性がある??
結局、悪党は離れ、著者は高師直の下に走ったと??
高師直が言ったとされる??? どうもそう言う考えのようだ!!
これは著者は挙げていない?
「王(天皇)だの、院(治天の君)だのは必要なら木彫りや金の像で作り、生きているそれは流してしまえ」
これは書いている!!
「土地は実力奪え、文句を言われたら俺が何とかする」
悪党も高師直の下に集まる??
【個人的には好きな武将である!】
【変わっている人間なので、松永弾正、斎藤利三らのファンである】

美濃守護の土岐頼遠! 実力派であるが………
笠懸の帰りに行き会った光厳上皇の牛車に対して、
下馬を命じられるが、酒に酔った勢いに任せて
「いんだと? 『いぬ』のことか 犬ならば射てくれよう」
流石に断首されているが………

◇ 青野ヶ原の戦いの結果は?
著者の見解は、京へ行けなかった北畠顕家の負け?
目的は京への進軍である!
出来ていないから負けだと!
美濃を抜けずに、伊勢、伊賀、大和に行く!
ここで高師直に負け、吉野に行けず、堺自害、戦死と言う!

北畠親房は関東に逃れて「神皇正統記」を書く!
博学だと!
関東での再起は失敗し、後醍醐天皇が亡くなり、吉野に帰る!
後村上天皇と一時的には京を占領するが負けて吉野に戻る!
病死するが、顕家の死の果実をものにした………

「飛鳥尽きて良弓蔵れ 狡兎死して走狗烹らる」
高師直らも殺される!!

◇ その後………
尊氏の勝利であるが、尊氏側も内部で揉めている!
北朝の勝ちだが、負けた方が南朝を担ぐ!
使い道があった………

北畠家は戦国大名になる!
具教は信長と対立、塚原卜伝に従事し「一の太刀」を伝授される!

「神皇正統記」は後世
の歴史に影響を与えた!
天皇の正当性である!!

明治政府は南朝の正当性を主張する!
ところが明治天皇は北朝である!
と言うことは令和天皇も北朝か??
この回答は「神皇正統記」にある!
つまり、三種の神器を持つ天皇が正式な天皇だと!

著者は、三種の神器は複数あると??
① 後醍醐天皇が恒良親王に持たせた神器
② 後醍醐天皇は足利尊氏に降伏し、持っていた三種の神器を北朝の光明天皇に渡す
③ 嫌だと言って吉野逃げ「朕の持っている三種の神器こそ本物だと」

そして著者の主張は
「正式な天皇が持っている三種の神器こそ、本物の三種の神器である」

草薙剣は壇ノ浦の戦いで海に沈む………
今上天皇は草薙剣に代る剣を持っている!
熱田神宮には神宝として、草薙剣がある!
八咫鏡も伊勢神宮にもある?
本物はどれか???



壬申の乱と関ヶ原の戦い なぜ同じ場所で戦われたのか ➀・本郷和人


2024年2月22日 (木)

本・黒幕の日本史 ②(2023/4)・本郷和人

Photo_20240222095801


第七章 平頼綱 肥大化した側近エリートの末路
第八章 北畠親房 正統を追求しつつ上皇を拉致
第九章 三宝院賢俊 「錦の御旗」を持ち帰った尊氏の密使
第十章 細川頼之 室町王権の設計者
第十一章 三宝院満済 将軍への意見を突き返した「黒衣の宰相」
第十二章 黒田官兵衛 「軍師官兵衛」といわれるが……
第十三章 千利休 茶の湯と政治
第十四章 高山右近 前田百二十万石を救った「影のブレーン」
第十五章 伊奈忠次 家康から過小評価された民政家
第十六章 西郷隆盛 「維新の英雄」のウラの顔
おわりに

 

第七章 平頼綱 肥大化した側近エリートの末路
得宗家で台頭したのは「身内人」
側近グループである!
・1284年 平頼綱は身内人の最高位 内管領になる!
日蓮は幕府内の争いを批判する!
「城等 安達泰盛」「平等 平頼綱」 日蓮でも分かる?

安達泰盛は御家人トップである!
外戚VS側近! よくある話か??

・1274年 文永の役
・1281年 弘安の役
元寇で撃退するが、恩賞の土地がない!
安達泰盛が担当するが………
拳固で戦った武士を全部御家人にする!
第3回戦があるかも知れない??
源氏性将軍の復活も考える!
惟康親王に源惟康になって貰う?

これに平頼綱らは反対!
得宗家の否定、無力化につながると!
平頼綱は御家人の借金を棒引きにする徳政令を出している!
実際に安達泰盛が勝っていれば秀吉、家康の国家体制に近いものになっていた!

・1285年 霜月騒動 
平頼綱圧勝! 安達泰盛派は討ち取られる!
宝治合戦など常に先制攻撃の安達が油断した??

平頼綱は現体制維持派である! そうでなければ生き残れない!
が、安達泰盛は現体制を変更しても組織の利益を出そうとする!
が先制攻撃を許すとは………
ただこの争いは多くの御家人にとっては現状維持が良い?
その結果は平頼綱勝利か??
・1293年 平頼綱は独裁に走りやりたい放題か?
9代執権貞時の刺客に倒れる!!
【自業自得か?? 出る釘は打たれる???】

 

第八章 北畠親房 正統を追求しつつ上皇を拉致
信西と似ているが、下級貴族ではない!
羽林家上級貴族である!
「神皇正統記」を書く!
承久の乱以降、幕府は後鳥羽上皇の系統を排除しよとした!
後鳥羽上皇の兄の系統
86代・後堀河天皇、87代・四条天皇!
ここで断絶!
幕府は忠成王を推薦!
気に入らず83代・土御門天皇の子、邦仁王を皇位に就ける!
89代・御嵯峨天皇である!
これで北畠家が浮上する!
御嵯峨天皇の後継をめぐって分かれる!
・持明院統 北朝
・大覚寺統 南朝

・1318年 後醍醐天皇即位!
万里小路宣房、吉田定房と共に重用される! 三房??
親房はもともと後宇多天皇に仕えて横滑りで、武家容認である!
後醍醐天皇に干される??
親房は、顕家について後醍醐天皇の皇子義良親王(後村上天皇)と関東に行く!
軍才もあり、尊氏を追い出し、南朝の司令官になる!
関東を転々とし、この間に「神皇正統記」を書く!

・1339年 後醍醐天皇崩御、後村上天皇即位!
吉野に戻り南朝の司令官になる!
・1350年 足利兄弟が対立する! 観応の擾乱!
義直は南朝に帰順する!
尊氏は親房の条件を丸呑みする!
尊氏のいないスキに京を攻める!
攻められないように、尊氏は北朝を切り捨てたが……
約束違反であるが………
が逆襲されて吉野に帰る!
この時、北朝の3人の上皇と、直仁親王、三種の神器を持ち去る??
・1354年 北畠親房は亡くなる!
強引で解釈も自由に変える!
天皇も強引に正当化する?

 

第九章 三宝院賢俊 「錦の御旗」を持ち帰った尊氏の密使
北朝の3人の上皇と、直仁親王、三種の神器を持ち去る??
その苦境を打破したのは、三宝院賢俊!
三宝院賢俊は日野氏出身で、日野氏は持明院統だけに仕える!
が、三宝院賢俊は足利尊氏と関係が深い!

南北朝の戦いは分り難い!
・1333年 後醍醐天皇が隠岐から脱出! 足利尊氏が離反
鎌倉は新田義貞に攻められて北条は滅亡!
・1335年 「中先代の乱」 北条時行の乱!
尊氏は討伐に行き、「征夷大将軍」を要求するが拒否される!
それでも恩賞の約束をして乱を収める!
後醍醐天皇は「建武の新政」を始める!

後醍醐天皇は、幕府、武士政権を認めない!
武力は持たないので、ただ権威に頼る!!
武士はただ命令されたことをやればよいと!
・1336年 尊氏討伐を命じるが、後醍醐天皇は比叡山に逃れる!
北畠親房と顕家が上洛!
尊氏は九州に下るが、室泊(室津)で対策を考え
「錦の御旗」を得るために、
大覚寺統の後醍醐天皇に対抗する、持明院統を担ぐ!
【神輿は軽くてパーが良い】
光厳天皇との窓口は、三宝院賢俊!
格が上がる!
光厳天皇は息子の後光厳天皇を即位させるが、
「三種の神器」
「神器の鏡の入っていた唐櫃を見つけ、それを神器に見立てて天皇にする」
この案を出す!! 本物かどうか分からない???
いかさまか??

三宝院賢俊は、上皇の権力装置を室町幕府に移したと!
黒幕にふさわしそうである!
実家の日野家は、大物・日野富子がいる!!

 

第十章 細川頼之 室町王権の設計者
鎌倉幕府 農業が基盤
室町幕府 商業・交通の中心
朝廷との距離の差は大きい!
尊氏と義直の対立の繰り返しが室町幕府だと!

細川頼之である! 有能か?
足利義満に信頼されて、「室町王権」のグランドデザインを描いた!

義満の元服の役目を細川頼之は一人で担当する!
足利義満は細川頼之に育てられ、貴族としての教育も受けて出世する!
貴族としての教育は、儀式である!
義満は、明の皇帝から日本のトップとお墨付きを貰う!
日明貿易で儲ける!
武士も貴族も自分の部下にする!

頼之と対立したのは直義波!
斯波、山名!
人間的な対立である!!!

・1379年 「康暦の政変」 細川頼之失脚!
実力者 細川頼之は復権する!
細川頼之の著者の評価は高い!!
室町幕府のプランナーである!
① 明徳の乱  山名氏清を討つ
② 南北朝の合一 交互にはならない!
③ 東日本を切り離す
④ 幕府の京都支配の徹底 土地債務の裁判権に課税権を幕府直轄に置く!
過大な評価か??

・1392年 細川頼之死去!
出る釘は打たれる???
細川頼之亡き後、四代将軍義持の後ろ盾は、
反細川の斯波義将である!
義満の政策をひっくり返す!!!
室町幕府はこの繰り返しか??

 

第十一章 三宝院満済 将軍への意見を突き返した「黒衣の宰相」
義持が亡くなり、五代将軍の息子も亡くなり、弟4人からくじで決める!
これを手配したのが、三宝院満済 黒衣の宰相!
六代将軍義教である!
これを著者は、八百長だと! 満済がくじを用意した!!

醍醐寺を構成する寺院、三宝院の門跡を継ぐ!
「満済准后日記」をつけている!!

で、義持が亡くなり次期将軍は誰が決めるのか??
毛利家の家臣 志道広良は毛利隆元に「君は船、臣は水」と言う!

平家物語に、荀子の一節!
君は舟、臣は水、水よく舟を浮かべ、水はまた舟を覆す」

つまり家臣が決める??
能力と、母親で決まっているが、あとくされの無いようにくじにした??
実力者である?

この時、あらゆる仏教界で地位を得ている!
無かったのは「准后」
これがくじ引きの後与えられる!!
状況証拠はある!!!
六代将軍義教「申次」

「鎌倉公方」である!
鎌倉公方は持氏!
将軍家に色目を使う! 我こそは?
将軍に会いたいと!
起請文を書けと!
鎌倉にいる京都扶持衆に勝手に手を出すなと!
が守護大名は会えばいいじゃないかと?
が満済は拒否する!
それぐらいの権限が満済にはある!

義教は恐怖政治を敷く??
・1435年 満済死去! 生きているうちは歯止めが効いたが……
貴族も武士も弾圧し、島流し、所領の没収、暗殺である!
日野氏らの中堅実務貴族を弾圧!
59人の公卿、3人の神官、11人の僧侶、7人の女房が処罰される!
・1438年 鎌倉公方と戦争! 持氏を自害に追い込む!
・永亭6年 1434年 嘉吉の乱! 赤松満祐に暗殺される!

 

第十二章 黒田官兵衛 「軍師官兵衛」といわれるが……
黒田家は小寺家の家臣!
例えがあるが、面白い!
兵庫の姫路の地元企業 小寺産業に勤める官兵衛専務、
名古屋の織田カンパニーと広島の毛利カンパニーが進出!
官兵衛専務は織田カンパニーと提携を主張する!
織田に目を付けられて、秀吉率いる中国事業部に出向させる!
小寺産業が提携を破棄し、倒産!
織田カンパニーに入社し、社長が急死!
秀吉が後を継いで、官兵衛は経営戦略室長に収まる!
メチャメチャ分かり易い!

竹中半兵衛と並ぶ軍師だと!
軍師?? 
秀吉にそんなものが必要だったのか?
それよりアドバイザーではないか?
秀吉の意をくんで、確実に実行する!

本能寺の変で中国大返しである!
この時に実行力を発揮する!!
毛利との講和、中国大返しに山崎の合戦!
賤ケ岳の合戦、北条征伐後は用済みか??
これ以降は実務の世界になる!
秀吉は子飼いを実務に就ける!
石田三成、増田長盛、長束正家…………
最後に勝負をかける??
関ヶ原合戦である!
西の関ヶ原を戦うが、家康に評価されない!
魂胆がミエミエか???
秀吉配下で、竹中半兵衛、蜂須賀小六、秀長といた時が輝いていた??

 

第十三章 千利休 茶の湯と政治
堺の3人の茶人
・今井宗久  銀山、鉄炮、弾薬
・津田宗及  石山本願寺とのパイプ
・千利休   海産物
秀吉は千利休を選ぶ!!

秀長が大友宗麟に言う!
「内々のことは宗易へ、公儀のことは私に相談してくれと」

著者の持論、「申し付ぐ権力」
・1591年 千利休失脚!
秀吉が排除したい!
新しいシステムが生まれて利休は邪魔になる!
つまり三成らである!
朝鮮出兵になり、システム化された大量動員の時代になる??

 

第十四章 高山右近 前田百二十万石を救った「影のブレーン」
意外な名前であるが………
キリシタン大名である!
棄教せずマニラで死んだ?
キリシタン大名は多い………
黒田官兵衛、大友宗麟、蒲生氏郷………
荒木村重に仕え、反乱時信長に仕える!
本能寺の変では光秀の与力でありながら秀吉に付く!
・1585年 明石船上城6万石 城跡は田んぼのど真ん中?
・1587年 バテレン追放令! 秀吉はマイルドな対応をする!
これに官兵衛、蒲生氏郷らは従うが、高山右近は拒否!
大名の地位を捨てる!
前田利家に引き取られて、客将として1万5千石!
戦場にも出る!
・1598年 秀吉死去
・1599年 利家死去
ここから右近が黒幕になる?
家康はまず前田家に謀反の噂をまき、前田討伐である!
ここで前田は屈服、母親を人質に出す!

前田家も内紛はある!
利家側近は親豊臣か??
利長側近は親徳川か?
この時に右近が動いたと?

名城、高岡城の縄張りも行っている!
要は重要人物で25年前田家で過ごし、
最後は信仰に生きた??
が、毛利も上杉も減封になったが、前田は100万石になった!
これは右近の力だった!!!

 

第十五章 伊奈忠次 家康から過小評価された民政家
家康はケチだった???
そんなことはない!!
武断派に行政派がいる!
武断派は、四天王がいる!
本多忠勝、榊原康政、井伊直政らで10万石以上貰っている!
行政は他の人間は少ない!
本多正信、大久保長安、伊奈忠次、松平正綱………
いずれも小禄である! テクノラートか?

伊奈家は一向一揆で家康に逆らい復帰後信康に仕える!
信康自害で堺に逃げる!
本能寺の変で復帰!
・1590年 家康関東移封で代官頭を務める!
利根川の付け替え工事! 治水工事を担当する!
撫民の思想を持っていた!

大久保長安!
立場上、相当な悪???
石高は3万石? だから不正蓄財に走った??
死後、遺体は掘り返されて磔!
息子7人は切腹!

秀吉は文官、三成に増田長盛にも20万石近く与えている!
違いがある!!
伊奈忠次はかっての領土では慕われて、伊奈神社も建立されている!
「最初の民生家」

 

第十六章 西郷隆盛 「維新の英雄」のウラの顔
相当なワルか???
誠実な人格者???
薩摩藩邸にゴロツキを雇って狼藉を働かさせる!
「大政奉還」後に挑発する!
幕府も薩摩藩邸を攻撃する!
どうしても戦争したい!
・1866年 戊辰戦争始まる!
慶喜を切腹させろと!
が江戸城無血開城になり、東北がターゲットになる!
奥羽列藩同盟?
長岡藩 河合継之助の開戦に至る!
高潔な人格を持ち、陰謀家でもある!

 

おわりに
高校の教員は、教科書は原則覚えろと!
要は暗記である!
結縁史観 「歴史の主人公は名もなき庶民である」
【ではなぜマルクス、レーニン、スターリンの名前は残り、銅像が立つのか?】

著者は面白くしたが、文科省に日教組か??
必要ないと?
だから面白くなく、歴史を覚えない??
個人的には歴史は小説などで覚えて、著者のような研究者に修正して貰っている!
誰が教科書を社会人になってまで読むかと思うが………

 


黒幕の日本史 ②・本郷和人

 

2023年11月18日 (土)

本・戦国武将の現場感覚―戦略・外交・天下取り…乱世のリアルとは ②(2022/3)・西股総生

Photo_20231117231901


3章 天下統一をめぐるリアル
4章 築城と攻城のリアル
より深く知りたい方のために
あとがき

 

1章 天下統一をめぐるリアル
◇ 長篠合戦の勝敗を分けた真の要因とは?
鉄炮隊は、長篠の戦いの主役ではなかった?
徳川は織田と対等な同盟者でなく、子会社と大々企業か??
武田は三河に侵攻する!!
が信玄が病死し、勝頼が後継者である!
奥三河を争う!!
勝頼は奥三河を囲み、長篠城を包囲する!
武田は1万8千の兵?
家康は長篠城に500人、全軍あげて8千か?

勝頼は信長の真意を疑う?
織田は戦意が無いと?
家康だけ片づければよいと!!
織田は3万と言う?
3千の鉄炮だと10人に一人が鉄炮?

武田は家康を狙う?
その側面援護のために鉄炮千を配置する!
武田と徳川が争っていて、武田が疲れたところを攻撃し敗退させる??
濡れ手に泡??
家康は感謝しかない???
【これでは勝頼が馬鹿以下に見えるが………】

◇ 明智光秀の前半生は、なぜ謎なのか? 
「2020年 大河ドラマ 麒麟がくる」
その前半生は創作である?
要は分かっていない??

書状や「信長公記」などに名前が残るのは、重要な人物だけである?
どうでも良い人間は残らない!
信長に仕えるようになって、名前が出てくるようになる!
ここでは朝倉のアの字も出て来ない!
義昭の足軽衆と言うのはあり得る話だと!!

◇ 本能寺の変はなぜ起きた?
大きく分けると?
A 野望説  検証のしようがない!
B 怨恨説  根拠が貧弱
C 理念説  信長と政治的理念に価値観が違う! さっさと辞めればよい!
D 各種黒幕説  これは多い! 変後それらしい動きはない!
E 将来悲観説  短絡過ぎる  石見出雲の国変えも真実は?
F 突発犯行説  病気? 【これが理由ではないか?】
G 四国説  最近の本流?

黒幕説は百花繚乱である!
どれも都合よく考え過ぎである!!
記録に残っていないと言えば、残せるわけが無いと??

四国説は、大人気である!!
・光秀が交渉役であった!
・戦国の交渉はお互いの利益のために行う!
・家康は自己の利益のために信長と同盟を結ぶ!
 武田が滅亡したら北条? その後が危ない????
・信長と長宗我部元親はお互いの利益のために同盟を結ぶ!
 対本願寺である?
・この前提が崩れると同盟は不要になる?
・新しい関係が必要だと! 当たり前である!!
・光秀は領土を失ったわけでない!
著者によれば、怨恨説のニューバージョンだと?

◇ 明智光秀は謀反を、いつ決心したのか?
実行するには何が必要か?
・信長が無防備であること、安土城にいれば実行出来ない!
・軍勢を動かせる状況で、射手圏内にいること!

天正10年  武田勝頼を滅ぼす!
信長は??
・4月下旬に安土に帰る
・5月家康が上洛
・5月15日 秀吉から救援依頼
・光秀の饗応役を解き、出陣を命じる! 落ち度があったわけではない!
・信長の有力武将は各地に散っている!
・6月2日 本能寺の変

著者は5月29日に討てる状態が出来た!
それからは分からない??
光秀らしい周到な用意はない??
突発的なものなのか???
【重臣に打ち明けた話は無い】

◇ 中国大返しは、どうして実現できたのか?
秀吉は備中高松から自分の補給路を引き上げればよい!
襲撃などは、毛利が追撃しない限り無い!
著者は良く書かれている日数の検証は必要ないと考えている!

備中高松城水攻め→本能寺の変→中国大返し→山崎の合戦→天下取り!
備中高松城に劣勢な毛利勢が押し込まれて、
毛利は救援に来る!
著者の現場感覚??
秀吉は信長に援軍を求めている!
その為に光秀が派遣される!
高松城を水没させれば信長の出番は無くなる!
生殺しである!!
水没させる必要は無かった………
秀吉に必要なものは、信長らの動きの情報である!
当然、いつ信長が来るか気になっている!
それで作戦計画が変わる??

そんな時、光秀の密使が飛び込んできた?
こうなれば引き上げである!
こんなものが来ること自体、信長に何か起こっている??
秀吉の決心は姫路で行われた?
こうなれば待つことより攻撃である!
決断である!
情報収集、リスク計算、味方の人選などやっていれば勝機を逸する!
それこそ机上の計算である!!
ためらわず全力を尽くす!!

◇ 明智光秀はなぜ天下を取れなかったか?
光秀はそれなりに手を打っている!
誤算は多数派工作に失敗する!
なぜ失敗したのか??
下剋上は謀反につながる!
これを討つことは、「主殺し」と大義名分を与えられる!
又、光秀につくことは光秀の家臣になることになる?
「逆賊、光秀を討つ」
人は集まり易い! 人望があるかどうか??
【現実に有力武将は散っているが、各個撃破しなければならない】

◇ 豊臣秀吉は城攻めの名手だったか?
そう聞いている??
・播磨上月城
・播磨三木城
・因幡鳥取城
・備中高松城
・紀伊太田城
・伊豆小田原城

兵の損傷を避けるために兵糧攻めを行う?
小田原城の石垣山城の築城!
・3月29日  山中上突破
・4月3日   小田原進出、ここで石垣山城築城

小田原城から反撃されると、その防衛の拠点が必要である!
その為の城である!
ただ北条に見せつける場所に天守は建っていない?
伝説の一つか??

・1812年 ナポレオンのロシア侵攻!
補給が問題になる前に勝負を付けようとしたが………

秀吉は織田を囲み、まわりの城から落として行った!
余裕のある攻撃ではなかった………
臨機応変に対応できるのが、秀吉の強みだと!!

◇ 秀吉は秀次の側室を皆殺しにした理由とは?
秀次の妻妾、子女まで殺す!
最上義光の娘は18歳で側室に上がったと時に殺されている!
最上義光も下心があった??
助命嘆願も無視される!

文禄四年 朝鮮侵攻である!!
日本と明で講和が成立する!
この時期に秀頼が生まれている!

秀吉亡き後、後継者争いが起こる可能性がある!
その芽を摘んでおいた??
ただ普通はこれほど妻妾に子女はいない!!
多過ぎている!!
単に多かっただけ…………
将来を見据えた処置だった???
【映画 関ヶ原 この処刑場面を見ると他にやることは無かったのかと思うが………】

◇ 秀吉の遺言の裏にあった恐怖心とは?
秀吉は後継者争いを経験している!
清州会議である! 著者は清須でなく、清州である!
この会議の目的は、光秀の所領の分配である!
ワンランク下の池田恒興を参加させ、滝川一益を外す!

信長の後継者の指定である!
三法師が後を継ぐのは問題がないと?
当然か??

賤ヶ岳の合戦は?
秀吉・信雄VS勝家・信孝??

次に秀吉VS信雄・家康である!!
小牧長久手の戦いで、信雄は領地没収、三法師は美濃一国を与えられる………

つまり秀吉は死後の状況が予想出来た!!
関が原の合戦は、2年後である!!

 

2章 築城と攻城のリアル
◇ 武田信玄は「人は石垣、人は城」と考えていたか?
「人は石垣、人は城、情は味方、仇は敵」
ただ信玄の時代は石垣など無かったと?
基本は、土と木である!

要は後世の人間が、後世の状況から判断して創作した!
信玄ならありそうだと!
一種の都市伝説だと!!

◇ 水の手は城の生命線だったのか? 
結論 生命線ではない??
戦術上の要所を確保すると、築城は同じである!
確保するために拠点がいる?
これが簡単な城か?
長期の保存は考えない!
見晴らしの良い場所が良い!!
こう言うところは水が取り難い!!
要はバランスが必要だと!!

例えば、扇谷定正は
「水の手ばかりでなく地形を見定めろと」
・まずは守りやすい場所
・居城や作戦基地であれば水の手が必要である!

指揮官の判断が重要だと!!!

◇ 戦国時代は山城の時代だった?
戦国時代は山城が主流だった??
果たしてそうなのか?
関東平野に山城を築けるのか??
甲斐、信濃、越後、越中なら山城であろう………
岐阜城も山城である………

山城は攻め難い!!
が湿地帯の城も攻め難い!!
戦国時代の領主は複数の拠点で守る!
・居城
・作戦基地
・中継地点
・国境警備
・最前線の防御基地

拠点が多過ぎると兵の分散になる!
戦略拠点の城に集約される!
一概に山城、平山城、丘城、平城は同じように造られた?
意味合いが時代とともに変わり、ひとくくりに出来ないと!!

◇ 城主不在の城が珍しくなかった理由とは?
大阪城に二条城!
これらは豊臣滅亡後、徳川の持城になる!!
城代が置かれる!!
あくまで管理である!!

・城主 城のオーナー、自分の所領の中にある!
・城将、城代 主将から城を預かる!
権限はないようだが………

江戸時代 一国一城で城は一つになる!
「城=お殿様の居場所・政庁」
これは江戸時代に成立したので、戦国時代は城主がいないのは当たり前?
城跡の看板に書かれている城主は、あてはめた架空城主が多い!!
【よく分かる!】
【家康の上杉討伐 会津領内の防御の城は???】

◇ もっとも効果的な城の攻め方とは?
地形の差か??
「映画 キング・ダム・ヘブン」
「映画 ロード・オブ・リング」
「映画 大将軍」
城攻めには攻城兵器、投石機が登場する!
日本では出て来ない!
そう言う兵器の発達する必要が無かったのか??

日本と世界は違う?
堺屋太一が書いているが、海外の指摘で、日本無くて世界にあるもの?
・本格的な籠城戦
・計画的な皆殺し
・長期のゲリラ戦
ただし例外がある!
全てに織田信長が絡んでいると!!

石山本願寺の籠城は「宗教」が絡んでいる!!

日本は力攻めである?
・強襲
・弓、鉄炮でいかけながら前進
・一気に突入す・ハイリスク・ハイリターンる???

攻城戦には敵に対する数倍の兵が必要だと!

籠城の損得は??
・野戦で勝てなくて籠城する!
・籠城側は兵糧を持ち込まなくてはならない!
・攻城側は補給線を確保し運ぶ
・攻城中は兵は釘付けになる!

攻城の基本は力攻め!
それも一日で落とす!
途中で日が暮れて陣を張れない!!
引き上げである!
だから落とさねばならない!
大変よく分かる!!!

となれば秀吉は偉いのか?
・播磨三木城 三木城の干殺し
・因幡鳥取城 鳥取城の飢え殺し
・備中高松城 水攻め
包囲し飢えさせる!!
それだけの兵で包囲し、焦らず待つ!
味方の死傷者は少ないが、敵は多い!!!
残酷な話である!!

◇ 落とせなかった?  落とせなかった?
武田勝頼の長篠城攻め!!
勝頼は長篠城を攻めるが、落とさない!
家康をおびき出すエサにする!!
信長は本腰を入れないとの見込みである??
その為には落としては何にもならない??
エサとして置いておく??
【そうなれば、鳥居強右衛門の救援依頼の使者の話は???】
結局勝頼は負ける?
勝頼がアホに見える!!!

関が原の合戦! 東の関が原の合戦である!
上杉の最上攻めがある!
直江兼続の長谷城攻め!!
500の兵の普通の城を落とせていない!
司馬遼太郎もこの項は今一、口が重い!!
【本郷和人は兼続の武将としての能力を疑っているが………】
著者は、エサにして最上義光おびき出しと考える!!
【最上にその意気込みはあったのかと思うが………】
落とせなかったのか?  落とせなかったのか?
作戦全体を分析しなければ真相は分からないと?

◇ 難攻不落が裏目に出た城とは?
「雍闓」
的には攻め難く、守りやすい!
高天神城!! 徳川と武田の争奪の城である!
信玄亡き後、勝頼はこの城を陥落させる!

勝頼は長篠の戦いで負け、家康が侵攻を続ける!
5年に渡り攻撃する!
落城寸前である!
高天神城は降伏しようとするが、信長が許さない!
結局、高天神城は落城する!
降伏も出来ず、玉砕する!!
要は、勝頼はどんな言い訳をしても「見捨てたと」
武田頼りにならず??
それを狙ったと!!
これは落とした城になるのか???

◇ 徳川家康が入った頃の江戸は漁村だった?
司馬遼太郎が書いていたが、
明治維新で遷都がある!
結局江戸になったが、大久保利通に献策した人間がいる!
江戸は首都にならなければ元の寒村に戻ると??
「前島密」だと!!
江戸はその程度の場所なのか???

著者によれば、家康が江戸に入ったのであれば、それなりの都市でなければならない?
家康は、三河、駿河、遠江、信濃、甲斐の大勢力を移動する!!
北条にとって江戸は重要都市であった!!
流通の中心でもあった??
つまり京や大阪とは違い、地方都市の県庁所在地みたいなものか?
山形、秋田とか言う感じではないのか?
要は都市伝説で、家康は寒村に流されたと言いたい???
【夢が無くなる………】

◇ 天守を建てた本当の理由とは?
城は戦うためにある!!
権威の象徴ではない??
天主閣は松永弾正が造った???
そう言う話は無い!!
城は落城を遅らせるための設計がある!
天守はその為にある!
古い城の天守は、耐火性に耐弾性を追求した構造である!
・姫路城
・彦根城
・犬山城………

天守は嫌でも目立つからカッコよく造りたい??
時代感覚??
から言えば血と硝煙の中での武士は、天守に本来の顔を見せている!!

◇ お城ブームが戦国の城をわかりにくくする?
城めぐりは好きである!
行くと言っても歴史上の城である!
別に天守閣が残っていなくても良い!
どんなところにあったのか、歩いて実感したい!
「大河ドラマ 軍師官兵衛」
これは知っているところを行った!
・播磨 御着城 平地 模擬天守??
・播磨 妻鹿城
・播磨 上月城 山城 割と簡単に登れた!
・播磨 福原城
・播磨 山崎城 死ぬ思いで登る!
・但馬 竹田城 天空の城?
・因幡 鳥取城 吉川常家の像がある!
・因幡 羽衣石城 死ぬ思い!
・備中 高松城  備中七城
・石見 福光城 ここは登れなかった?

きりが無いが、
・小田原
・尾張
・摂津
・山城
・丹後
・淡路
・四国
・安芸
・豊前  多い!
・豊後  多い!
・筑前  多い!
・関ヶ原  (関ケ原町と垂井町では熱意が違う)
楽しかったが………

こう言う例もやり過ぎか? 私のブログの抜粋である!
近江・木之本 黒田家御廟所『木之本も官兵衛にかけている!いや長浜もか?』
休憩所もあり、この住民が手作りで案内、説明の展示物を作っている。 バスも止まる!
黒田家御廟所の前は池がある?????
琵琶湖をかたどっている。
瀬田の大橋もある。

休憩所は冷たいお茶を出してくれる。
ボランティアのおじさんはここが黒田家発祥と疑っていない。
信じる者は強い!
西脇市、黒田庄の名前なんか出せない!

手作りの案内説明なので温かみを感じる。
が間違いを?見つけてしまった。
説明に、『~有馬幽閉から関ヶ原へ~』
とあった。 有岡の間違いだろう!
言いにくかったがおじさんに、「間違い?勘違いではないか?」と言いました。

西脇市、黒田庄 荘厳寺(黒田庄町黒田)
ここも生まれだとの伝説がある??
誰もいない! テープが流れている!!

熱意が違った???
飾り立てているのはどうなのかなと???

で著者の意見がある!!
ブームに違和感があると!
城の格付け、ランキングが問題だと! 選定に参加している?
ベスト100??
放送局のインタビューがある!
必ずバランスを取って、反対意見と賛成意見を聞く!
そうして少数意見と言うことで、どうでもいい意見を聞く!!

城の選定もバランスを考える!
何も無いと言うわけにはいかない!
そう言う基準で選ぶ???
営業サイドから注文もある!!

城は全てオーダーメイドだと!
戦国の城はバラエティに富んでいる!!
一律に城といっても比較も何も出来ない??
姫路城と大阪城ならともかく、御着城を比較でき無いと!!


◇ より深く知りたい方のために
著者の宣伝?? 推薦本!!
・北条太平記  みかめゆきよみ  漫画
・1からわかる日本の城
・図解  戦国の城が一番よく分かる本
・「城取の」の軍事学
・鎌倉草創 東国武士たちの革命戦争

また読んでいきたい!!!


◇ あとがき
著者の本を読むのは?
・歴史の専門家
・歴史オタク

個人的には、小学校の時、伝記小説を読んだ!
夏休みに学校の図書館で借りてよく読んだ!
今から言うと、源平から戦国時代の武将である!
それから一番影響を受けたのは「司馬遼太郎」である!
衝撃だったが、今は冷ややかに見ている!
沢山の研究者の一般向けの本をよく読んだ!

著者は正直である!!
印税を稼ぐために書いている!
面白かったと思ってくれればよいと!!
【申し訳ないが図書館で借りている】
【先日はバーゲン本を買ったが………】

著者の現場感覚??
何を得ようが、得まいがあなたの勝手であると!!!

 


戦国武将の現場感覚―戦略・外交・天下取り……… 乱世のリアルとは ②・西股総生

 

2023年11月17日 (金)

本・戦国武将の現場感覚―戦略・外交・天下取り……… 乱世のリアルとは ①(2022/3)・西股総生

Photo_20231117231901

その時、武将は何を思い、どう判断したのか?
「本能寺の変」「中国大返し」などの一大事件から、人事や物資運搬まで、
彼らは何を見て判断し、行動を決していたのか? 
合戦や人事や物資運搬………
日々、判断を迫られた戦国武将!
歴史考証のプロが、下剋上の世という視点に立って数々の謎を鋭く読み解く!

 

西股総生は本郷和人の紹介があり、読むようになった!
何冊かあり、バーゲン本で買ってもいる?
読みやすいと思う本である!
・戦国大名  広い領地と大勢の家臣団、自立的に両国を納めている!
・戦国武将  一族、家臣、小さな半独立的領主!

内容は下記の通りである!! ① ②と分けて紹介する!!

 


まえがき 当時のリアルな感覚で出来事をとらえ直す
1章 武将の生きざまのリアル
2章 合戦と武器のリアル


3章 天下統一をめぐるリアル
4章 築城と攻城のリアル
より深く知りたい方のために
あとがき

 

まえがき 当時のリアルな感覚で出来事をとらえ直す
著者はアナログ人間と自認している?
時代により違うと思うが、伝達の時間である!
「司馬遼太郎 播磨灘物語」
備中高松での毛利の講和条件!
秀吉は講和を決めれない!
2週間待ってほしいと!
要は使者の往復の時間である!
「本能寺の変」の黒幕説に、共同謀議説!
いつも思うが、どうやって連絡したのか?
・誰が? 忍びか?? 
・方法は? 馬? 
・書状は残れば謀殺の対象になる?? 暗号か?
(だから残っていない)
この時、光秀は重臣5人に打ちあけた??
一旦口にした以上は必ず漏れる!
決行すべきと!!
【この時の重臣たちはみんな死んでいる! 誰が何時、誰に漏らしたのか?】

情報が、瞬時にリアルに伝わる時代ではない?
現在の常識では考えられないはずだと!!
そう著者は言っている!!
その時代をリアルに味わう???

 

1章 武将の生きざまのリアル
武将たちの価値観、常識感覚は現在の物差しで測ると見誤ると!


◇ あなたが戦国武将だとしたら?
著者は1961年生まれで、私とは10歳違う!
この差は大きい!!
オイルショックを実体験しているか、していないかである?
その誕生日から400年先に生まれたとしたら、1561年生まれで、
・織田と松平の同盟!
・出家して上杉謙信になる!
・同じ年の生まれは福島正則
・一つ下が加藤清正
・一つ上が石田三成、直江兼続
自分がどうなっていたか、時代感覚と年齢で想像する、
知的な遊びである!
1997年生まれなら500余年で、毛利元就と同じか??


◇ 下剋上で一発逆転は可能か?
北条早雲! 今は伊勢宗瑞と呼ばれる!
著者の意見!!
「愛は金で買える」
愛ではないと思う! 愛と偽ったもの!!
金の切れ目が縁の切れ目!
下剋上の時代??
本当か??
そう言う例は??
・太田道灌  野心家で天才肌で勢力を築いたが、主君を嗜虐したわけではない!
・伊勢宗瑞  北条早雲と呼べはおじんと思われる? 
 宗瑞も主君を嗜虐したわけではない!
下剋上とは言えない!
では下剋上の例は?
・長尾為景
・斎藤道三  親子二代の国盗りで、滅亡!
・朝倉孝景  信長に滅ぼされる
・尼子経久  毛利に敗れる
・陶晴隆   毛利に敗れる
明智光秀も10日ほどで滅亡する!
成功は一時的なものなのか?

ここで「愛」になる!
金で買った愛は、金で消える!
策謀によって得た権力は、策謀によって失う!!
メチャメチャ同意見!!
「映画 インタープリター」
改革を言って独裁者を倒し、倒して直ぐに自分が独裁者になる!!

◇ 好きな戦国武将は誰ですか?
・明智光秀
・蒲生氏郷
・石田三成
・秋山信友(虎繁)  武田信玄家臣  女城主
・松永弾正  戸部新十郎の影響が大きいが………
・遠藤直経  浅井長政の家臣

乱世の処世訓!
・「朝倉宗滴話記」
「武士は犬といわれようが、畜生といわれようが、勝つ事が全てだ」

・宮本武蔵 五輪書
「死ぬだけなら僧侶でも女性でも百姓でも、義理や恥を知るならば覚悟できるが、
 武士の兵法は相手に勝つためのものなのだ」

・山本常朝 葉隠
「博打を打て、嘘をいえ、一時の間に7回嘘が言えないようでは、
男としてものの役には立たないぞ」

・鎌倉時代 男衾三郎絵巻
「弓矢取る物の家よく作りてどうするのか?
庭草引くな、急な変事のあった時、乗の飼い葉にしろ!
馬庭の末に生首絶やすな、切り懸けておけ
此の門外通らん乞食・修行者めらは、捕まえて弓の的にせよ」
門前を通るだけで馬で追い立てられ弓矢の的にされる………

・勝手に追加するが、明智光秀である!
「仏のうそをば方便と云、武士のうそをば武略と云 土民百姓はかはゆき事也」

要は戦国武将は?
貪欲、傲慢、横暴、残忍、陰険、狡猾、独善的、
嘘つき、猜疑心が強く、プライドが高く、キレやすい!!
近づかない方が良いと!!!

◇ 信長や今川義元が「院政」を敷いた理由とは?
戦国時代も院政を敷いている??
・北条氏康  氏政
・北条氏政  氏直
・今川義元  氏真
・織田信長  信忠
院政と言う表現がいいのか??
裏でコントロールする!!

後継者への交代はリスクがある!
お家騒動??
それならば平安な時に譲っておき、その間に後継者と、家臣を教育した方が良い!
北条は5代100年にわたり内紛がない!
今川は急に義元が死に、氏真が無能過ぎた?
織田は、信長、信忠と同時に死んでいる!

戦国武将は領土を広げる?
その為には、いわるる譜代の家臣だけではなく、
防諜と共に味方になる群小兵力がいる!
これらを味方にする?
彼らを外様国衆と言う!
オリジナルの家臣と違い、主従関係の契約がない?
つまり恩賞を与えなければならない?
例えば、織田信長のカリスマ性に頼っている?
後継者を教育し、引き継ぐ時間を稼ぐ?

◇ 武将たちの意外な「転職」事情とは?
前章に通じるが、戦争時味方を集めるのに、小土豪に目を付ける!
協力するが家臣化されていく!
ましてや恩賞にありつける!

明智光秀は足利義昭に仕え、織田信長に出向し、家臣化される!
そう言う例は多いと言う!!
大兵力に庇護を求めると、存亡を他者にゆだねることになる??

◇ 北条家は民政化だった?
北条は今一人気がない!“
「民政化」として評価される!
北条は五公五民ではなく、四公六民だと??
これは怪しい??
著者は作り話と言う??
日本のハンコ行政は北条氏が造った??
北条は領内に発行した膨大な文書が残っている!
朱色も鮮やかな角判を押している!!
ハンコ行政である!!
小田原城は、信玄、謙信に攻められても守った??
信玄に攻められたときに、持ち場の死守を命じる!
要は武田の侵攻能力の限界まで待ち、反撃する!
その為の戦力温存である!

田畠が荒らされても出撃しない!!
この領主が、領民のためにじっとしとけと言う指令を出すのか??
軍事力には金がかかる!
税金を納めさすには生産、経済の安定が必要だから、民政に意を用いた!!
何も領民のことを考えていたのではない???

◇ 武田信玄がトイレを畳敷きにした意外な理由とは?
信玄は厠を山と呼ぶ!
6畳ほどの大きさがある!!
ゆったりと考えるため??
申し訳ないが、洋式ならともかく、和式でそんなことが出来るのか?
要は刺客を恐れてのことだと??
「ぼっとん式」ではなく、箱に入れて出すタイプか?
【夢が無くなる】

◇ 軍師・山本勘助は実在したか?
日本人の大好きな軍師!!
「籌を帷幄に運らし、勝ちを千里の外に決す」
片目、ちんば、小男???
どちらかと言うと、身体的に恵まれていない!!
山本勘助の存在は確認されている!
ただしどのような立場か??
子供のころは信じた???
たちどころに勝ちをモノにする策を授ける??
ようやくそんなものは無いと分かる??
【ギャンブル必勝があると信じたが…………】

だいたい信玄に軍師が必要なのか??
全ての戦国武将は自分で判断する!!
軍師列伝?
・黒田官兵衛
・竹中半兵衛
・太原雪斎
それこそ操り人形である!
著者は勘助を「軍配術」を身につけた傭兵隊長!!
信玄直属だと???

◇ 大名の遠隔地転封は左遷人事か?
北条を滅ぼして家康を東国へ流す!
他には?
・佐々成政  肥後
・蒲生氏郷  会津

乱世の原則!
敵に一番近いものが先鋒を務める!
秀吉VS光秀!
秀吉の先鋒は、高山右近・中川清秀!
高槻に茨木か?
一番近い!! それなりの目的がある?
・家康  奥州との戦いの先鋒
・氏郷  最上、伊達の抑え
・成政  朝鮮侵攻の先鋒、力量はある!!
だから地方に飛ばされたのではないと!
それは現代人の左遷人事のひがみではないと!!
【が、蒲生氏郷は松阪12万石が会津42万石よりいいと?】

◇ 戦国武将の寿命はどのくらい?
人間50年??
35歳 斎藤義龍
42歳 織田信秀
43歳 三好長慶
48歳 上杉謙信
54歳 今川氏親、北条氏綱、長尾景虎
56歳 朝倉孝景
57歳 北条氏康、
58歳 大友宗麟
62歳 豊臣秀吉
75歳 毛利元就

明らかに長生きしたものは??
・武田信虎  81歳
・今川氏真  77歳
・宇喜多秀家 84歳

こうなると、領国を失ったものの方が長生きか??
それなりに健康体だった!!
氏真は蹴鞠の名人で適当に運動もしていた!
そう言うことか??
緊張感は無いがどちらが幸せか??
信長も50にならないで死んだ!
本能寺の変が起こらなくとも先は長くなかった??

 

2章 合戦と武器のリアル
◇ 大名家当主は滅多に戦死しない?
大名家の当主クラスでの戦死者は意外に多い!!
・今川義元
・陶晴隆
・斎藤道三
・竜造寺隆信………
・中川清秀
・池田恒興
・森長可
・一柳直末  壮絶な戦死
・長宗我部信親………

他には
・浅井長政
・朝倉義景
・松永弾正………

指揮官突撃せよ!!
それくらいでないと部下は付いて来ない??

◇ 合戦は農閑期を選んでおこなわれた?
戦争は農閑期に行われた?
そう言う常識がある??
が信長は違う!
いつでも戦場に行ける??
上杉謙信が関東に出兵して引き上げる!
稲刈りが終わり兵を集めて関東へ行き、春先に帰る??
著者の解説によれば、そうではない!!
5月、6月、7月、8月、9月でも動員している!
川中島の合戦でも稲刈り期に戦っている!

要は農兵が主体だったとは考えにくい??
北条も、秀吉との戦いが避けられなくなって農民兵を招集した!
【では謙信の関東出兵は???】

◇ 戦場にはなぜ旗をたくさん立てたのか?
旗指物は多い!
理由がある!!
戦場では身体が低くなる!
状況が分からなくなる!!
その時、旗指物が役に立つ!
敵の旗指物が多ければ撤退か?
旗指物で活躍も分かる!
そのデザインは自己主張になる!
立派な実用武器である!!
ムシロ旗では相手にされない………

◇ 足軽は戦国日本の海兵隊か?
足軽は何者か??
・下っ端の兵士!
・傭兵
・ゲリラ
・コマンドー

アメリカ海兵隊!
非営利組織では最強か?
海兵隊は単独で戦える!
戦車、ヘリも持っている!
日本と太平洋で戦っていた!

海兵隊と比較すると「同じにするな」となりそうだが、
戦場に、特殊作戦に、土木、陣地築造に活躍する?
軽装の非正規兵で、金で動く???
必要な存在か???
応仁の乱で大量に生まれる!
正規軍に任せれないような仕事に従事する??
下っ端の軽装歩兵と言うイメージが定着した!

何かと定義や概念規定から出発したがる頭の固い歴史学者が、
足軽の実態を捉えきれなかった………
【細川重男の世界か??】

◇ 戦国の非正規雇用兵とは?
武士 
・自分で所領を持ち年貢収入で暮らしている!
・戦士として育てられている
・栄養も良く、体格も良い
・武芸と読み書きを教えられている
・武器、防具、軍馬も自分で育ている
・主君から所領の支配権を保障して貰い、家臣となる!
・その代償で軍務につく
・一種の終身雇用で、相続は認められる
・補償もある

足軽・雑兵
・金で雇われている
・指揮官は武士で、それ以外は被支配階級
・体格は貧弱、教養もない
・武器の扱いは自己流
・死んでもケガをしても補償はない
・命あっての物種

この人間はどういう人間か? 
何処から湧いてくるのか?
戦争で食い詰めた人間はいくらでもいると!
「戦争が戦争を養う」
悪魔のサイクルである………

◇ 「鉄砲」と「鉄炮」はどう違う?
著者の分類
・「鉄炮」 戦国時代で火縄銃  
前込め式で、弾込めには銃を立てる!
弾は球形!
有効射程距離は30m??
【これでは武田の騎馬隊を防げない?】

・「鉄砲」 
弾がロケット式で、ライフル銃である!

全然違うモノなので、区別した方が良いと!!!
戦術も変わってくると?
「鉄砲」と「鉄炮」である!!!

◇ 戦国時代の主力兵器とは?
鉄炮は数が不足している?
絶対量からすれば、槍だと!

もともとは弓矢である!
「弓馬の道」 「弓取り」
が、戦国時代は「槍働き」と言う!
槍は鎧に対して貫通力がある!
足軽が持つのは5~6mの槍だと!
それで密集隊形を保つ戦法になる!!
個としての力は劣るが………

◇ 欠点も多い「鉄炮」が、なぜ急速に広まったか?
「鉄炮」は急速に広がる!!
弓との違いは??

「鉄炮」は?
・貫通力はあるが、射程は30mと短い!
・弾込めに時間がかかる
・火縄を使うので雨、風に弱い
・誰でも捜査をマスターすれば同じ威力で打てる!
・コストがかかるが、人件費は安い

「弓矢」
・速射性に勝れている
・弾幕を張れる
・火矢
・強い矢を引くには鍛錬がいる

フリーターなどを格安で雇い、操作を教えれば戦力になる!
鉄炮足軽が出来上がる!

◇ 戦国武将はロジスティクスをどう解決したか?
秀吉の小田原攻めは、補給を考えている!
信玄、謙信も引き上げた!
秀吉も引き上げるはずだと??
ところが20万の大軍の補給を成功させたので攻略出来た?
ガダルカナル、インパールで無駄に兵を損傷した陸軍は、
爪のアカでも煎じて飲んでおくべきだった………

しかしルイス・フロイスに松平家定はそうではないと!
兵粮不足で士気が低下していたと!
ワクチンも行き渡らすのは大変である!
接種する医療関係者から打つ!
計画的に矛ばなければならない!

兵粮も同じで計画性がいる!
運ぶ人間も必要である!
「輜重輸卒が兵隊ならば、チョウチョ、トンボも鳥のうち 電信柱に花が咲く」
要は軽視である!!
ナポレオンもヒトラーも食料不足である!!
こうなれば現地調達か??
稲刈りシーズンは、現地調達しやすい時期なのか??
敵にダメージを与えて、自分達が食える?
一石二鳥と言う!!

 

戦国武将の現場感覚―戦略・外交・天下取り…乱世のリアルとは ➀・西股総生

 

2023年10月 9日 (月)

本・戦国の地政学 地理がわかれば陣形と合戦がわかる ②(2017/11)・乃至政彦

Photo_20231008000902



第四章 関ヶ原の戦いの真相はこうだった
第五章 戦国の“地政学的”基礎知識
さくいん
参考文献

 

第四章 関ヶ原の戦いの真相はこうだった
■ 関ケ原の戦い其の一 天下分け目の決戦の推移を資料と地形からつぶさに読み解く
何を信じるのか??
関が原の両軍の配置は正しいのか??

 

ただし関ケ原の合戦は、関ケ原町と垂井町にまたがっている!
ここに両軍18万の人間が集まったのか?
史跡も関ヶ原町はきれいな地図もあり、陣跡には旗がはためいている!
垂井町は説明の看板しかない???
見学は楽しかったが!
大物で戦死したのは大谷吉継だけか??
ここから小早川秀秋の松尾山が見える!
説明板がある!!
えらい遠いと思ったが………

1

2_20231008000901

3_20231008000901

桃配山に徳川本軍が布陣している??
実際に行った狭い??
「映画 関ケ原」では寺みたいな建物があったが………

Photo_20231008000901


知っている話である!
・福島正則と宇喜多秀家が戦端を開く!
・三成には黒田長政と細川忠興が当たる!
・家康は小早川秀秋に催促の鉄砲を撃つ!
・大谷吉継が小早川秀秋の攻撃を受ける!
・三成敗走!!

著者の解説!!
・午前8時ではなく早朝?? 【どう違うのか?】
・三成は小西行長、宇喜多秀家、亀井茲矩、島津豊久と布陣!
・福島正則と黒田長政らが攻撃する!
・大谷吉継は徳川本隊と干戈を交える!
・松尾山の麓の丘に布陣していた秀秋が攻撃する!
・小競り合いの連続である!!


■ 関ケ原の戦い其の二 「大阪方の勝利は必定なり」は嘘?
メッケルの慧眼は陣形論で覆る
ドイツ・メッケル参謀は関ヶ原の布陣を見て、西軍の勝利と言った!
その布陣は正しいのか??

・大阪方  鶴翼
・徳川方  魚鱗
どちらも寄せ集めの軍である!
軍形がちゃんと出来るのか?

関ケ原の合戦は、三成の「山中地区」と、大谷吉継が戦った「関ヶ原」の二つの戦場である!
メッケル参謀は、布陣図はどれを見たのか??
その布陣はメッケル以降に教育され生まれたもので、眉唾だと!!


■ 関ケ原の戦い其の三 毛利秀元の大軍・一万五千は
なぜ南宮山から動かなかったのか?
標高419mの天然の要害と言うべき山である!
毛利秀元、吉川広家、安国寺恵瓊、長宗我部盛親、長束正家ら、
総勢13,100と言う!!

吉川広家と福原広俊に対し、本多忠勝と井伊直政が、悪いようにはしないと!
これを信じて広家は動かない?
が実際は輝元の意志で攻撃しなかったと!
【この使者は??】

しかし徳川有利だから参戦しなかった?
もし三成有利だったらどうなっていたか??


■ 関ケ原の戦い其の四 秀秋の本等の寝返りタイミングと
戦いの推移へ与えたその影響
15,000の兵である!
どちらに付くか迷い、家康に「問鉄砲」で秀秋は大谷吉継を攻撃する!
【洞ヶ峠の順慶ではなく、松尾山の秀秋か】

実際は?
・松尾山の前、大谷吉継の後の小高い丘に布陣した??
・松尾山から降りたと言う!
・開戦直後から裏切っている!

夢が無くなり、三成の無念が分かる………
秀吉も見る目が無い??
【松野主馬の話はどうなるのか???】


■ 関ケ原の戦い其の五 三成はなぜ一度は籠った大垣城を捨て
野戦を選んだのか?
三成は大垣城で籠城しようとした!
大垣城は家康を迎え撃つには絶好の城だったと!
ところが家康の動きがダメにしたと!!
・福島正則と池田輝政が岐阜城を落として大垣城に迫る!
・徳川本軍が南宮山の毛利に矛先を向ける!
大垣城籠城が意味をなさなくなる!
それに秀秋の動向が分からない!
大垣城から出るが、守備隊は残している!
7,500人の兵を残すが、後に責められて開城する!
そのまま大垣城に籠っていても結果は………

結局、毛利が動かなければ結果は分からないと!!


■ 関ケ原の戦い其の六 本選の長期化を前提とした
稀代の策士・官兵衛の九州平定戦略
果たして天下を狙ったのか??
本当なら面白いが………
関が原は一日で終わった!
官兵衛は豊前を平定、九州は島津を残すのみとなる!
が、家康の停戦命令が来る!

もし長期戦になっていたら??
それでも現実通りに島津と対決するとこまで行く!
官兵衛は、野戦が少なく、攻城戦でも開城させるので兵の損傷も少ない!

肥後からと日向から攻める!
官兵衛は秀吉の島津攻めを経験している………
ちょっと都合よすぎるが………
島津を押さえて、毛利攻めか?
その後は書かれていない………

 

第五章 戦国の「地政学的」基礎知識
■ 生産力  天下人になれるかは出生地次第? 
重要なのは支配地の広さより石高
・1589年 太閤検地 美濃で最初に行われる!
太閤検地で全国の石高が分かる!!
三成は?
・六尺三寸 1メートル92センチ  一間
・一見四方 1歩

・それによると武田家は? 合わせて瞬間最大で120万石!
・毛利家  8ヶ国と言うが、石見11万石、長門13万石、出雲19万石………
 一国で20万石無い…… 効率は悪い!

・信長   尾張57万石、美濃54万石、伊勢57万石!
 150万石の大大名である!
 畿内のほぼ全域で約350万石?

・三好長慶 最盛期は100万石を越えていた?
 阿波20万石、摂津36万石………
 が内部対立、松永弾正で没落する………


■ 情報伝達 電話もメールもない戦国時代における遠方への連絡手段と到達日数の実態
これは嬉しいが………

・取次  外交交渉の担当者!
・伝馬制 馬を使ったリレー形式  伝馬手形がある
・取次以外は警戒されるのでただし書きがある!
 取り急ぎ連絡します!

・方言  和歌・狂言を使う? 書状で確認できる!
・速度  本能寺の変 京から備中高松 200km 1日
 京から越中魚津 300km 1日半

疑問に思う事??
・取り扱いの人間は何人ぐらいいるのか?
・途中で襲われないのか?
・暗号は?? シーザーでも暗号を使っている?

【本能寺の変の知らせは、毛利と秀吉の陣を間違う???】


■ 行軍速度 戦国時代の軍勢は1日でどれくらいの距離を移動できた
天正6年 家康の家臣 松平家忠!
・侍  85人
・中間 126人
・鉄砲 15ハリ
・弓  6張
・槍  25本
・槍使 3人

小田原攻めの行軍 200kmを2ヶ月!
普請しながらであるが、直行では10日か?
平均20~25km/日!

家康の関ヶ原のまでは?
江戸から関ヶ原までは1日~15日で、平均30km/日!
かなり早い!!
おもさ30kgの装備で、道も悪く、宿泊はどうしていたのか?
糞尿と食事は???


■ 輸送   陸路より迅速かつ大量に輸送  
海路を通して見る戦国日本
三津七湊
三津
・安濃津  三重県
・博多津
・堺津

七湊
・三国湊  福井県
・本吉湊  石川県
・輪島湊  石川県
・今町湊  新潟県
・土崎湊  秋田県
・十三湊  青森県
・岩瀬湊  富山県

他には
・坊津   鹿児島
・酒田   山形県
・鶴賀   福井県
・塩釜   宮城県
・六浦   神奈川県
・兵庫

日本海が多い! 太平洋より日本海の方が適していたのか??
海路は大量に輸送できる!
瀬戸内海は重要である!
福井県は京への物資の搬入か???

船は?
20~40mあり、100石~500石(一石は150kg)で1,000石積みもある!
兵糧、武器、軍勢も輸送する!
軍船もある!
・安宅船 全長50m
・関船  全長25m
・小早  全長11m

海賊衆?? 水軍ではないのか??
流通商人とともに船を扱う!

瀬戸内は流通の拠点か?? 水軍も多い!!
村上水軍! 大阪湾では九鬼水軍も参加している!
淡路水軍、小早川水軍、塩飽水軍………
毛利輝元は船で大阪城に入った!
8日で200艘程度の大移動である!
効率的には陸路より良かったと………

 


戦国の地政学 地理がわかれば陣形と合戦がわかる ②・乃至政彦

 

 

その他のカテゴリー

古代史 奈良時代 室町時代 幕末 平安時代 戦国時代 江戸時代 鎌倉時代 アイルランド アジア (インド・東南アジア) アフリカ アメリカ (カナダ・メキシコ) イタリア イングランド イングランド(イギリス) オセアニア オランダ オーストリア ギリシャ スウェーデン スコットランド スペイン スロバキア チェコ デンマーク トルコ ドイツ ノルウェー フィンランド フランス ポルトガル ポーランド ロシア (バルト3国 コーカサス ウクライナ) 中南米 中国 (モンゴル) 中央アジア 中東 台湾 名言格言 朝鮮半島  上杉氏(越後・謙信他)  中国 (毛利・宇喜多他)  九州 (島津・竜造寺・大友他)  会津 (蒲生氏郷・保科正之他)  北条氏(小田原・早雲他)  四国 (長宗我部他)  大谷吉継  徳川家康 (徳川関連)  戦国武将(武将)  明智光秀 本  明智光秀 (明智・細川)  東北 (政宗他)  武田氏(甲斐・信玄他)  真田一族  真田幸村 本  真田幸村 紀行  石田三成  織田信長 (織田関連)  藤堂高虎  豊臣秀吉 (秀吉関連)  黒田官兵衛  黒田官兵衛 本 インテリジェンス・国際情勢 エネルギー・原発・資源 コンサート テレビ番組 事件 山本五十六(第二次世界大戦前から) 政治・政局 映画 時事 書籍・雑誌 源平合戦 独り言(よもやま話) 科学 紹介、情報 経済・政治・国際 落語 金融 鎌倉殿13人 源平合戦

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ