武田氏(甲斐・信玄他)

2024年4月10日 (水)

本・天下人の軍事革新 ②(2023/4)・本郷和人

Photo_20240408052701


第2部 豊臣秀吉 史上初の兵站システム、桁違いの規模とスピード
第3部 徳川家康 戦わずして敵を屈服させる、最大の軍事革新
終 章 なぜ天下を取れたのか

 

第2部 豊臣秀吉 史上初の兵站システム、桁違いの規模とスピード
〇 なぜ信長の目に留まったのか
司馬遼太郎のおかげで歴にの知識は付いた??
それが間違いだと???
司馬遼太郎は見てきたようにエピソードを書く!
「新史 太閤記」 
これは好きであるが、秀吉が信長に取り入る状況は面白い!
命がけである?

・15歳で家を出て針売りの行商で、諸国を放浪!
・草履を懐で温める???
・機転が利く知恵者!!
・台所の炭の利用を減らす!
・壁の修理を一日で!
・武功とは無縁である?
同僚の嫉みはかったようだが………

〇 奇襲成功、城持ちになる
・1567年 稲葉山城攻め!
竹中半兵衛が部下になっている?
・1570年 姉川の合戦!
・1573年 羽柴に改名
・仝  朝倉、浅井滅亡!
戦後、秀吉に「今浜」と改名!
信長の長を貰い「長浜」と改名!
人材を集める!! 石田三成………

〇 4つの軍事革新
「事上磨錬」
実際に行動や実践を通じて、知識や精神を磨き修養すること!
「事上」は行動や業務をしながらで、「磨錬」は磨きをかけること!
日常の業務をこなし、それを通じて修養することが真の学問だとする陽明学の基本的な考え方!

「好機、勝機は現実の中にある!
秀吉の優れていた点!
➀ 圧倒的な兵站力
② 大軍による機動戦
③ 攻勢限界点の見きわめ
④ 文民統制

要は食料などの補給に優れて、20万の兵の動員でも兵站が出来て、
攻撃していても優位の限界点を見極め、攻撃、講和も見極める!
文民統制、シビリアン・コントロールを重要視していた!!

〇 「干し殺し」と「渇え殺し」
「干し殺し」と「渇え殺し」???
前から思っていたが、どう違うのか?
兵糧攻めと言う意味では変わらないが………
・播磨三木「干し殺し」 別所長治
・因幡鳥取「渇え殺し」 吉川経家

どちらも城主が切腹し開城する??
秀吉側の死者は少ないが、城内は悲惨である!!

〇 前代未聞の奇襲
・備中高松「水攻め」 清水宗治
「新史 太閤記」によれば秀吉は大工を連れて来ている?
実際に高さを実測し水攻めになる!
成功するが、水攻めは悲惨か??
ウンコが水に浮いている???
誰も書かないが………
ここも土塁を積むのに百姓の欲に付け込んだ???

秀吉は信長に出馬を願う!
自分が大功を立てることを恐れる??

秀吉は城攻めが得意と言われる!
死者を減らすために包囲する?
が、秀吉が平和主義者ではない?
殺しも躊躇せずに行う??
籠城戦は飢餓で苦しみ地獄だと!!

〇 大軍移動を可能にするインフラ網
・1582年 本能寺の変!
この時、京は空白地帯である!
早いもん勝ちである!
北陸柴田勝家、家康もいる!
「中国大返し」である!
この時の毛利の反応は?
・吉川元春  追撃
・小早川隆景 講和
実際追撃すれば秀吉軍は壊滅か?
その後どうするのか??
・明智と協力するのか?
・それとも明智を撃った信長家臣と戦うのか?
ここは秀吉に恩を売った方が良いと!!

中国大返しは?
・インフラ整備
・恩賞
・退路を断つ! 金銀、兵糧米を分ける!
自ら動いて勝機をつかんだと言う!!

〇 再び動いて勝利する
・1582年 清洲会議
・1583年 賤ケ岳の合戦

にらみ合いとなり、動いた方が負ける?
小牧・長久手の戦いで秀吉が動いて負けた??

風雲! 大歴史実験「豊臣秀吉 驚異の大返し 天下人への秘策に迫る」
歴史の実験である!!! 果たして本当なのか??
検証している番組である!!
大垣から木之本への52キロを5時間で1万の兵と移動する!
アナウンサー 徳田 章
鶴見慎吾、本郷和人、小日向えり
これは見たが、本郷和人も出演している!

これは実証していた? 著者も絡んでいたが………
炊き出しと松明である!
圧勝か??

〇 戦闘に負けて、戦争に勝つ
・1584年 小牧・長久手の戦い
秀吉≒10万!
織田信雄・家康1万7千

ここは秀吉が先に動く!
中入れ! 池田恒興、森長可、秀次2万?
が家康が先手を打ち恒興らは敗退!
家康は直ぐに引き上げる?
秀吉は信雄と講和!
家康ははしごを外される!
秀吉は家康と和睦! が、家康は動かない!
妹を正室に送り込み、母親を人質に出す!

結局、秀吉の政治力と外交力が勝った??
戦闘に負けて、戦争に勝つ!!

〇 武士はつらいよ
司馬遼太郎が書いていたが、秀吉は、
謙信、信玄の古戦場を見て「田舎大名」と言った!!
要は、現場の投機者だと!
戦術家と言うべきか、現場での指揮官で、
戦いは、戦場に行くまでに勝てるように持って行かなければならないと!!

森長可は遺言を残す! 兄が蘭丸である!
・末弟は自分の跡を継いではならない
・娘は町人か薬師でもよい
武士は死と隣り合わせである??

〇 大軍による長征
以降、秀吉は大軍をもって遠征を行う!
・1585年 四国攻め 10万超の兵!
・1587年 島津降伏 20万で攻める!
・1588年 聚楽第で列席を求めるが、小田原北条は列席せず!
・1590年 北条征伐 21万の兵
3ヶ月で降伏! 伊達政宗らが参陣!

〇 なぜ短期間で天下を統一できたのか
兵站力?
長期の遠征が出来る体制を作れたと!
おかげで略奪などしなくてよかった!
これらを仕切ったのが「長束正家」
丹羽長秀の家臣を、秀吉が引き抜いた………

〇 武功よりデスクワーク
五奉行 政務を担当!
石田三成、増田長盛は≒20万石貰っている!
加藤清正、福島正則らと石高は変わらない!
行政能力を重視する!

秀吉は財務能力に行政能力を重視する!
加藤清正もそうである!
佐々成政が肥後で一揆に会い治めれず切腹!
跡は加藤清正と小西行長である!

〇 木を伐る武将
脇坂安治! 賤ケ岳7本槍の一人!
播磨龍野の領主である!
関ヶ原で裏切る??
が秀吉は木の調達を命じる!
具体的に命じる!
今一だったみたいで出世のスピードは遅い!
武断派より文治派を重要視する!
信長とは違う!!
西郷隆盛も信長に通じる!
大隈重信を評価しない? 戦乱から身を引いている?
秀吉は大将が剣を振り回す必要が無いと!

〇 「有能な吏僚=有能な武将」か
五奉行は軍事のプロではない?
加藤清正のように軍事も内政も出来る武将もいるが………
三成は兵站のプロだが、戦闘では??
島津義弘の夜襲案を用いず中立に追いやった??
・浅野長政 武功もあるが行政
・増田長盛 武功もあるが兵站、外交
・長束正家 内政、兵站
・前田玄以 朝廷との交渉、寺社の管理

〇 政治的革新性
・検地   荘園制が崩れる
・刀狩り  農民は農耕に専念すべき
・惣無事令 戦闘を禁じ、領土の確定は秀吉が行う

秀吉はバックボーンがない?
好きなことができる??
家康は帝王学を教育を受けている?

大阪城は、日本有数の巨大城郭で、秀吉の才能を感じる………

〇 兵農分離の真の目的
・1591年 身分統制令
農民が武士になる、武士が町民になるのを禁止する

・1592年 人掃令 戸籍調査である! 

朝鮮出兵に備えたもの?
実際に動員出来る兵の数、食料を確保のためだと?

キリスト教も認めていたが、危険だと感じる?
平和をもたらした???

〇 朝鮮出兵の謎
ほとんど成果がない!
薩摩焼に唐津焼か??

なぜ侵攻したのか??
・名誉欲
・家臣に与える土地の確保 家康を潰した方が良い??
・東シナ海の貿易権益の確保

実際に戦う意義を見つけれなかった?
秀長も亡く、意見できる人間がいなかった………

〇 秀吉は、自分の死後の情勢が見えていた!?
秀頼は実子でない可能性が高い!
妊娠したとされる時期に一緒に居なかった?
耄碌していた? 終活出来なかった?
律義者の家康なら秀頼を守ってくれる???
実際にやっていれば??
・淀君を人質に出す
・国替えを希望する 上総あたり………
・金銀を差し出す?
・出家する???  そうすれば殺せるか???

 

第3部 徳川家康 戦わずして敵を屈服させる、最大の軍事革新
〇 「苦難に満ちた人質生活」ではない
艱難辛苦? 
人質と言っても現在と将来の同盟国の当主である!
粗末にするなと!
親族衆の扱いだった!
太原雪斎に教えられる!
一門の有力家臣の関口親永の娘を貰う!
「元康」の「元」は「義元」の「元」を貰っている!
期待されて優遇されている!

〇 信長の罠、家康の成功 
・1560年 桶狭間の合戦!
家康は命じられる?
・丸根砦の攻撃と大高城へ兵糧を入れる!
・この5つの砦は信長の罠だと!
今川の兵を分散させる!
そのすきに義元を討つ??
成功する!
家康は?
・駿府に戻る
・岡崎に帰る
どうする家康?? 遊びがある??

〇 三河武士は忠義に厚くない!?
御家の狗! 本当はどうか?
三河兵は強い??
武田戦でも三方ヶ原めで連戦連敗である!
以降連戦全勝か?

岡崎に戻り大樹寺に入り攻撃される!
恐らく三河武士である!
この時期は信望があるわけでは無いと?
人質の11年間は主従関係は希薄だったと!
以降結びつきが形成されていく??

〇 人質を見捨てる
氏真は義元の弔い合戦に消極的である!
元康は妻と子供2人を人質に取られている!
1年後、今川を見限り人質を取り戻す!
重臣たちの子弟は殺される………

〇 「捨て石」にされた家康
家康に選択肢はなく、清洲同盟に走る?
家康は忠実に守る! 珍しい同盟だと!
甲相駿三国同盟は破られた………
家康に求められたのは武田の防波堤?
忠実に守る?
が信玄西上では3千の援軍しか送らなかった?
耐えたことが家康を「律義者」にした?

・1562年 鵜殿長照を討ち息子を人質に取り妻子と交換する!
以降屋敷が築山にあったことから、築山殿と呼ばれる!!
築山の両親は自害する!!

〇 騙す家康
家康の三大危機??
・三河一向一揆
・三方ヶ原の合戦
・伊賀超え

三河一向一揆?
本多正信も参加している!
家臣も相当数参加している!

どうする家康!! これは面白かった!!
歩き巫女、千世が煽っている!!
進むものは王土極楽!!
退くものは無限地獄!
みんな武器を持って集まれ!!

後に帰参を許すが、そうしなければ徳川が成り立たない???

〇 武士から武将へ
桶狭間の合戦の前の「結城家法度」
・5貫  徒で参戦
・10貫 馬で参戦
・15貫 侍 本人と従者2人

本多忠勝、榊原康政は50騎、歩兵100人である!
俺が真っ先に行くから続け!
こう言うのが10人はいた?
ここから出世していく!!
清正にしてもそうだが最初は一騎かけで、司令官になる!
鑓働きなどしない?
そんなのは「可児才蔵 笹の才蔵」である!!
「東の本多忠勝、西の立花宗茂」 一騎駆けの豪傑ではない!!

〇 ストレスで性欲減退
武田の攻撃に耐えているとき、子供が出来ていない!
16人の子供で築山殿は2人!
この時期武田のストレスがあったと?
が著者は「冷え切っていたと」
どちらとも言えるが、女無しではおられなかった???

〇 なぜ三方ヶ原の戦いに挑んだのか
そもそも信玄西上は何のためか??
・天下に号令
・信長と決戦
これらは無い??
著者は?
・家康の首
・家康の臣従化
・浜松と岡崎の分断
・三河を手に入れる

家康は信長の援軍を待つ! 3千である??
少ない………
要はじっとしておけと!
信玄は家康を無視する?
これに家康は反発し、三方ヶ原の戦いになった?
著者は単純に信玄が背を見せたから襲いかかっただけと!
浅井長政が信長に襲いかかったように………

信玄はよい時に死んだ! 53歳! 少し早い!
「運も実力のうち」

〇 信康切腹の真相
岡崎と浜松の家臣団の対立!
信康の武田との内通!
・1575年 信康の武田の内通???
未然に防ぐが、信長に連絡しない!
が娘五徳から12ヵ条の不行跡があり、酒井忠次は返事できない!
結局信康切腹、築山殿も殺す………
著者は夫婦仲は冷え切っていたと!

〇 「おまえも息子はかわいいか」
酒井忠次である!
徳川四天王の一人で、石高は少ない!
これを家康に訴えると「おまえも息子が可愛いのか」
信康の件で恨んでいる?
家康亡き後石高は増える!!
家康は我慢していた?
家臣との結びつきは徐々に作られたものだと?

〇 高天神城の戦いと武田氏滅亡
高天神城は武田との境目の城!
著者が重視する境目の城である!
軍事目的の城で状況により不要になる?
・1574年 勝頼はこの城を攻める!
奪取するが、翌年長篠の戦いで多くの名将を失う!

・1578年 家康の高天神城攻略!
信長の命で降伏を許さず、勝頼は家臣の離反を招く!
・1582年 武田氏滅亡!
家康は駿河を与えられる!
本能寺の変で関東は「天正壬午の乱」
上杉、北条と争い、信濃、甲斐を手に入れ、5ヶ国を得る!!

〇 家康には軍事的才能がない!?
努力の人? 実利を求めている!
・勉強好き
・乗馬
・水泳
・鷹狩り
・剣術

軍事に関しては平凡、優れた発想はには縁遠い?
が経験は豊富である!
武田との戦いで鍛えられた………
数年で2ヶ国から5ヶ国になった?
これは大きかったと!!

〇 唯一の名采配
小牧・長久手の戦いでは非凡なところを見せた!
局地戦での勝利を最大限に生かしたようだ!

〇 新たな「我慢」
秀吉は他家の家臣を引き抜く!
・島津 伊集院忠棟
・大友 立花宗茂
・丹羽 長束正家
・伊達 片倉景綱
で石川数正である!
数正出奔後、秀吉に臣従する!
秀吉は目的のためには手段を選ばない!
妹を嫁がせ、母親も人質に出す!
家康は今川、織田に忍従し、再び秀吉に忍従する?

〇 ついに天下取りへ
・1590年 関東に転封! 250万石!
・1592年 朝鮮出兵!
・1598年 秀吉死去
・1600年 関ヶ原の合戦

あったかどうか疑問視されている「小山評定」
・福島正則が真っ先に家康に味方する!
・山内一豊が城と兵糧米の提出を申し出る!
これが重要だったと!
【山内一豊の土佐一国はやり過ぎ??】
【家康は鑓働きなど誰にでも出来る、あの発言が重要だったと??】

〇 関ヶ原の戦に勝っても「勝ち」にはならない!?
家康は勝利を確信していた!!
戦場に側室を連れて来ている!
西軍でまともに戦ったのは、
・石田三成
・宇喜多秀家
・小西行長
・大谷吉継
毛利は動かず、小早川は裏切る!

戦場で勝ち、大阪城から輝元を退出させて、秀頼を手に入れる!
それに成功する!

〇 軍事政権としての統治
徳川は爺臭い??
・大老
・老中
・若年寄り………

大名を分ける?
・譜代
・親藩
・外様

分断して統治する!
本多正信は≒2万2千石でそれ以上貰わなかった?
息子は違ったが………
本多正信は三河一向一揆後出奔して世の中の人間を見てしまう!
権力争いであるが、それを避ける知恵がある??
もっとも大久保忠世を失脚させたようだが………

権力と経済力を分ける!
外様は遠方へ経済力を! 参勤交代で金を使わせる!
・加賀 前田
・仙台 伊達
・肥後 加藤・細川
・安芸 福島・浅野
・播磨・備前 池田 
・筑前 黒田………

譜代は、四天王、鳥居、酒井………
井伊は多いが、他はどうかな??
権力を与える!

〇 空白の14年間
関ヶ原後、大阪城落城までで14年間ある!
その間に何をしていたのか??
著者は分からないと!!
いちゃもんを付けて開戦に追い込む?
見事と言えば見事である!
【司馬遼太郎が言う! 歴史に残る例えを作った?】
【タヌキ親父と言えば家康、淀君と言えば女帝!】

家康は大砲を撃つ! 撃ち続けたようだ………
初めての大砲の大量使用か?
関ヶ原で三成は大砲を使ったようだが………

〇 政治より軍事
家康は軍事優先である!
文治派が低い!
代表が本多正信? 寝業師とも言われる!
家康が求めたのは軍政化?
敵が来た時に戦える統治を行う!
江戸、京、大阪などは信頼のおける武将を置く!
それが家康の政治だと!!

〇 家康の幕府防衛構想
➀ 江戸を含む関東と中部地方は譜代大名で固める
② 娘や嫡孫など近い血縁者を重んじる!

中部 
・加賀 前田は牙を抜かれる!
・西国方面 毛利、島津対策!
彦根・井伊、桑名・本多、津・藤堂、名古屋・尾張徳川、姫路・池田
・北国方面 伊達、最上、上杉、佐竹…………
会津・蒲生、宇都宮・奥平 (一応血縁)

徳川の先鋒は井伊と藤堂!
鳥羽伏見の戦いで藤堂は裏切る!
【司馬遼太郎 藩祖高虎の体臭が染みついている?】
秀吉は水戸―会津を重要視した?
水戸・佐竹、会津・蒲生に上杉!
徳川も水戸・御三家、会津・保科正之!

榊原康政は館林10万石!
行ったことがある!
詫びぶれた町であるが、風情がある!

〇 最大の軍事革新
家康は大名から3つのものを奪う!
「意思」「能力」「対抗力」
・一国一城令
・武家諸法度
・秀吉による刀狩り
・1615年 「元和偃武」の宣言!
武器を倉庫にしまって鍵をかける!

味方の犠牲を極小にして政治目的を達成する!
家康は優れた軍事指揮官であり、政治家である!

 

終 章 なぜ天下を取れたのか
〇 戦国最強の武将は誰か
ナンセンスな質問である!!
好きな武将ならすぐに言える!
・蒲生氏郷
・結城秀康

立花宗茂は上位に来る!
3人の天下人は特別だと?
比較にならないと??
最強は、信長、秀吉、家康になる???
秀吉は信長が死ぬまで、家康も秀吉が死ぬまで耐えた??
佐竹義宣がそう言って信長の名前を挙げた?

〇 信長なくして、戦国時代は終わらなかった
その通りである!
旧価値観を破壊し、社会を更地にした!
途中で倒れるが、秀吉、家康が後を継ぐ………

〇 天下人になるための三条件
・意思
・軍事力
・経済力

何をやったのか??
上記3項目である!!
信長
・各方面軍創設
・経済戦略を志向する
・楽市楽座
・貨幣の統一
・鉄砲の大量使用
・天皇、将軍を利用する
・安土文化

秀吉
・金山銀山の直轄化
・関白就任
・桃山文化

家康
・未開の土地の開墾
・江戸が中心になる!

〇 鉄炮が変えたこと
有効な武器であり、長篠の戦いで威力を見せつけた!
弓矢を操るプロフェッショナルから素人へと戦いが移った?
鉄砲を揃えるには金、経済力が必要である!
人が大量に死に、もういいやと言う話になる??
鉄砲でそれまでの常識が変わる?
・戦術 野戦築城!
・城  大きくなる!
しかし島原の乱で戦いは終わり幕末になる!

〇 統治の成熟
信長政権は信長のカリスマ性で政権は保障された!
死後統治秩序は崩壊した!
神君伊賀超えは、逃げ帰った?

秀吉は死んでも政権は崩壊しなかった!
が、後継者争いで失敗した?
家康に縦深が移るのは当然である!

家康は死後も混乱は起こらなかった?
軍事力、経済力、法律で大名の牙を抜いた!

天下統一は3人で完成・完結した!!

〇 上に立つ者は馬鹿でもいい
長子相続!
3代将軍 家光!
弟の忠長を後継者の動きを家康自らが潰す!
「上に立つ者は優秀でなければならない」
時代はそれより秩序を求めていると!
お家騒動のもとを絶っている??
上がバカでも優秀な家臣が補佐すればよい?

家康の後継者?
・秀康 ここでは出て来ない?
・秀忠
・忠吉
秀康が能力があるが、安定を重要視した!
長子と言うことなら信康、死んでいるので秀康であるが………

〇 圧倒的な軍事力による平和
江戸時代は幕府の圧倒的軍事力で保たれた?
パックス・トクガワ??
ヨーロッパは日本に手を出さなかった?
出せなかった?
やはり軍事力を恐れた!!
家康は周の文王を尊敬していた!
徳をもって国を治めた!
3人の軍事革新で天下統一がなされたと!!!

 


天下人の軍事革新 ②・本郷和人

 

2024年4月 9日 (火)

本・天下人の軍事革新 ①(2023/4)・本郷和人

Photo_20240408052701

群雄割拠の戦国時代、並み居る武将たちを従え、天下統一を成し遂げた織田信長、豊臣秀吉、徳川家康!
彼ら天下人は、いかにして軍事的・政治的勝利を収めるに至ったのか?
本書は、三人が成し遂げた軍事革新を明らかにして、戦争と統治の本質に迫るものである!
具体的には、織田軍の革新性、長篠の戦いで鉄砲よりも注目すべきこと、
秀吉の奇策や大軍移動を可能にしたシステム、なぜ秀吉はデスクワークを重んじたのか、
家康の性欲を減退させるほど苦しめた武将とは、家康の幕府防衛構想………
戦国時代はどのように推移し、終焉したのか? その答えがここにある!

 

著者も書き過ぎか??
内容はダブル??
洗脳しようとしている?
石高による動員数である!
言い方が、そう思わないですか?
結論を読者に判断させる??
金融機関みたい???
内容は下記の通りである!! ① ②と分けて紹介する!!

 


はじめに
序 章 戦国時代の真実
第1部 織田信長 戦国時代に革命をもたらした発想と行動


第2部 豊臣秀吉 史上初の兵站システム、桁違いの規模とスピード
第3部 徳川家康 戦わずして敵を屈服させる、最大の軍事革新
終 章 なぜ天下を取れたのか

 

はじめに
蒲生氏郷である! 好きな武将である! 知っている話は多い!
・陣屋で博打を奨励した? 緊張感を維持できる!
・秀吉が「蒲生氏郷の兵10万と、織田信長様の兵5千が戦えば、勝利するのは織田軍である
 蒲生側が織田兵4千の首を取っても、信長様は必ず脱出しているが、
 逆に織田側が5人も討ち取れば、その中に必ず氏郷の首が含まれているからだ。」と語った
・諸氏を酒宴に招く時に、自分で風呂を沸かして入れた
・家臣への恩賞として「蒲生の名字」と「郷」の偏諱を与えている! 前田利家にたしなめられる?
・西村左馬允は手加減せずに、一度ならず二度も氏郷に勝つが、西村の正直に感じ加増される!
・「銀の鯰尾の兜をかぶり、先陣するものがいれば、そいつに負けぬように働け」
 その銀の鯰尾の兜をかぶるものとは氏郷自身である!

蒲生氏郷は指揮官である!
戦場の鑓働きをしたのか??
そんなのは「槍才蔵」に任せておけばよいと!

源頼朝に義経、北条義時がそんなことしたか?
和田義盛か?? 八幡太郎義家、鎮西八郎為朝!
「三国志」の時代は、呂布、関羽らがいた!
楚の項羽!  自ら戦う!

鎌倉後期から戦法が変わる?
元寇がある?
ローカルから世界標準に変わる???
集団戦である!
兵站のことを考えるなら経済も政治も必要である?
軍事指導者は軍事革新が必要になる?
三人の軍事革新を明かにする!

 

序 章 戦国時代の真実
〇 軍事力とは経済力
・信長 父から貰った津島湊に熱田湊を押さえている!
楽市楽座に南蛮貿易!

・秀吉 経済交通の要所、鉱山を押さえ、南蛮貿易も盛ん!

・家康 250万石の財力に、金山銀山を抑える!

〇 合戦を変えた鉄砲と足軽

第一 室町時代は権力が不安定
・1467~77年 応仁の乱の始まり??
・1493年 明応の政変  これが戦国時代の始まりだと!!
第二 経済の成長に技術力の向上 金銀の産出、農業生産力の向上!
第三 地方勢力の台頭
第四 合戦の規模が大きくなる!

軍事の在り方が変わる!
・武士以外の戦闘員
・集団戦
・鉄砲の登場

〇 史料は信用出来ない!?
奥州17万騎???
それだけいてなぜ負けたのか?

・壬申の乱 両軍2~3万とあるが、実際は1/10で2,600??
・富士川の合戦 平氏7万? 実際は4千!
・承久の変 幕府19万??
せいぜい1万5千?  朝廷2700??

・太平記  幕府軍100万が千早城包囲、正成1千??
・湊川の戦い 足利兄弟50万 正成700????
・応仁の乱  両軍30万も京で戦えたのか?
実情は?????

〇 兵力10倍の常識
中国は10倍が暗黙の了解??
・赤壁の戦い 曹操83万?
・保元の乱  清盛300騎、義朝200騎、源義康100騎!
1日でかたがつく!

・明徳の乱  両軍で1万??

〇 信長と信玄がカチン子で戦ったら?
家臣だけではなく土豪に地侍も徴用する!
100石当たり2.5~3人?
石田三成≒20万石? 関ヶ原では6千と言われっる!

信長
・尾張  57万石
・美濃  60万石
・伊勢1/2 30万石
≒150万石

信玄
・甲斐、信濃60万石

信長は家康が同盟国である!
決戦にならない?

〇 集団戦法の始まり
一騎打ちが主流の戦いを変えたのは??
源義経??
水主梶取 操縦員を殺さない暗黙の了解があった!
これを殺して勝利する?

元寇である!
日本のローカルな戦いは、世界標準に通じない!
集団戦法が重視される!!

〇 致死率が高い一番槍
南北朝時代に一騎打ちはすたれる!
集団戦になる!!
・打ち物騎兵
・弓は歩兵の武器に
・なぎなたに変わり槍
戦いは
・矢合わせ 鉄砲
・槍合わせ
・槍を持った騎馬隊の突撃
・歩兵の突撃

先鋒 名誉とされるが死亡率も高い!
が武士の誉れである!
関ケ原の合戦で先鋒は福島正則!
が井伊直政が徳川が先鋒をと、忠吉と抜け駆けする?

〇 戦国武士の本質
「御恩と奉公」 生きているのか?
河越合戦! 日本三大奇襲攻撃の一つである!
北条氏康VS上杉憲政・上杉朝定・足利晴氏
8千VS8万 一桁違う………
これに北条が勝つ?
負けた方は家来にして欲しいと!
計算ずくで動いて、忠誠心はあるのか?
鎌倉武士は身命を賭している!

藤堂高虎は8人の主人に仕えている!

〇 世界最大の鉄炮生産力・日本
鉄砲の三大生産地!
・堺
・根来
・国友
世界最大の鉄炮生産力がある!
それだけの技術力があった!

鉄砲は長篠合戦で活躍した??
信長は三間半槍も作る! 6.4mもある!

〇 小大名は消え、大大名が残った
戦闘も常態化し、常備軍が必要になる!
ただし経済力が必要!
1年中合戦が出来る!
要は小大名は生き残れない!
次々消えていく!!

〇 なぜ戦争は起こるのか
・明確な目的
・大義名分
・相手に勝る武力

戦争は先に起こそうとする側が有る!
勝敗は何によって決まるのか?
川中島の合戦である!
謙信は北信濃の豪族が助けを求めたので戦った?
この目的が達成されれば謙信の勝ちである!
実情は武田の損害は大きいが、謙信の目的は達成できなかったので、
信玄の勝ちか???

〇 合戦の終わり方
「決着」と「勝敗」は違う!
負けた場合はどうなるのか?
・自刃
・処刑、断首
・島流し

自刃は
・播磨三木城 別所長治
・因幡鳥取城 吉川経家
・備中高松城 清水宗治

流刑は
・真田親子  九度山
・宇喜多秀家 八丈島

負ければすべて失う! 過酷なものである!!!

 

第1部 織田信長 戦国時代に革命をもたらした発想と行動
〇 なぜ絶対権力者になれたのか
織田家は内部対立がある!!
信長は??
・信秀の三男 一族の傍流?
・信秀は実力者で42歳で死ぬ!
・19歳で跡を継ぐ! 大うつけと言う!!
・美濃の道三の娘を正室に迎える!
・一族と争い、弟・信勝と争う!
・2度の戦いで信勝を殺す!
・信勝には柴田勝家、林秀貞が付き、信長には佐久間信盛、前田利家らである!
・信長を支持しなかったので、諫言できない!
・縛りもなく自分の考えで行動する!

〇 信長を救った三人の家臣
金ヶ崎の退き口で浅井に裏切られて撤退する!
逃げ出す!
殿は、木下秀吉、池田勝正、明智光秀である!
これに成功する………
家康にも知らせていなかった??

〇 不可解な軍事行動
果たして撤退は必要だったのかと??
著者の石高による兵力の検証である!
信長は?
・尾張、美濃  60万石
・伊勢北部   30万石
・近江北部   10万石 計160万石で4万の兵!
これに徳川がいる!

朝倉は越前50万石1万2千で、浅井が2千?
1万5千か?
逃げる必要があったのかと??
信長も編成途中なので逃げた??

〇 「間に合った」秀吉と光秀
経歴も不確かであったが、3人は成功した!
著者は「間に合ったと」????
命を懸けて評価される!!

〇 信長に好かれた男
誰か??
松永弾正である!!
2度裏切る!
先を見る能力がある??
そうなのか?
梟雄であり、信長に常人なら出来ぬことを3つもやった?
・主家の乗っ取り
・足利義輝を殺害
・東大寺大仏殿を焼く

好きな武将の一人である!!

〇 信長の能力評価基準
信長は武功を立てねば認めない!
・万見重元
・塙直政
いずれも優秀な官僚!
大事にされない?
戦場に出して死ねばそこまでである?
ちょっと冷たいが………

〇 抜擢は下剋上を生む
世襲?
朝倉家は重臣の子供が必ず重臣に慣れない??
戦国武将は抜擢人事をしない??
信玄は名家に養子として送り込む?
馬場信春がそうである?
しかし抜擢にはリスクがある??
荒木村重、松永弾正、明智光秀…………
世襲はそのリスクを軽減できると!!

〇 30年後の追放
六角氏の分国法「六角氏式目」
家臣の権利はこうして守る?
家臣あっての大名だと!
が信長はその意識に欠ける!
30年間我慢して追放する!
・佐久間信盛
・林秀貞
時機を選んで追放した!
使い道が無くなり追放した!!!
【松永弾正、荒木村重らは戦った? この二人は素直に追放された?】
【信長に見る目があった! 追放しても反乱まで行わない!】

〇 桶狭間の戦いは奇襲ではない
桶狭間の8年前に、鳴海城の山口教継が今川に寝返る!
その後、山口親子を殺し、岡部元信を送り込む!
信長は鳴海、大高城の奪回を目指して5つの砦を置く!
5つの砦は撒き餌?

著者の持論か?
石高で動員数を見る!
・今川 駿河15万石、遠江25万石、三河30万石の70万石!
そこから1万5千??
・信長 尾張57万石の70%として、1万か?
義元も分散して5千??
これも真実かどうか分からない?

奇襲か? 正攻法か??
どちらにしてもここがチャンスと信長は攻めて勝つ!
非凡な才能である!!
2度と奇襲作戦はしていない!!

〇 織田軍の規模
・1562年 清洲同盟!
信長は美濃攻略である!
美濃三人衆の裏切りで岐阜を落とす!
本拠地を小牧山から岐阜に移す!

・1568年 上洛
柴田勝家、佐久間信盛、森可成、丹羽長秀、木下秀吉である!

〇 最初の天下人は信長ではない!?
「三好長慶」だと!
現在信長は特別な戦国大名でない!
学者と言うものは………
著者は東大出である!
細川重男 出身大学を見下されて何度も馬鹿にされたと!
新しい学説は手柄になるのか???

証拠が無くても良い!
そんなこと後世に残せないと???
明智の子孫と立花京子は時間の無駄か??

三好長慶は京を抑えたが、数千の兵である!
著者の言う通り、やはり信長は特別だと!
特別でなければ戦国時代を終わらせていない!!!

〇 天下統一より自国ファースト
例えば
・毛利は中国、
・島津は九州
・長曾我部は四国
・北条は関東
皆地方で自国ファーストである!
朝倉義景も越前から出て来ない!
やはり信長は特別だと!!

〇 信長包囲網の真実
信長包囲網の主導できる人間はいない?
第一次包囲網 金ヶ崎の撤退時、朝倉、浅井、三好三人衆、六角、顕如
志賀の陣である!

第二次包囲網 信玄西上 朝倉、浅井、三好三人衆、六角、顕如、延暦寺、
三好義継、松永弾正、足利義昭………

第三次包囲網 足利義昭が鞆に逃れる!
毛利、上杉、石山本願寺………

〇 「戦国時代の終わり」はいつか
・1573年 足利義昭追放!
【鞆に逃れ、鞆幕府を開く?? 止めてくれんかのう??】
・1576年 安土城建設
以後各個撃破である!
・1577年 謙信死亡
・1580年 石山本願寺と和議
・1582年 武田氏滅亡

・関ヶ原と言う説は無いのか???
・1615年 大坂夏の陣!

〇 信長が一向一揆を敵視した本当の理由
信長は徹底して皆殺しである!
堺屋太一が書いていた、世界にあって日本にないもの?
・本格的な籠城戦
・ゲリラ戦
・計画的な皆殺し
ただ例外がある! すべてに信長が絡んでいると!

・伊勢長島
・越前一揆
殺しまくっている!!

「どうする家康」
寺では歩き巫女、千世が煽っている!!
進むものは王土極楽!!
退くものは無限地獄!
みんな武器を持って集まれ!!
現実に集まる?

この時代、「村落」は「惣村」に発展する!
一向宗はこれを取り込む!
「死ねば極楽浄土に行ける」

要は、一向宗を恐れる!!
一向宗は天下人を認めない?
所詮相容れない存在である!!

〇 武器と弾薬の独占
鉄砲の有効性である!
信長は?
・砲術家の橋本一巴を召し抱える!
・国友を専属化する!
・1559年 上洛!
堺、大津、草津の支配権を貰う!
鉄炮、硝石などの交易、ルートをモノにする!
敵に渡るのを制限出来る!!

〇 軍事スペシャリストの育成
信長は既成ではなく、自前の親衛隊を作る!
足軽隊を作るが、最初に導入したのは太田道灌!
家臣を城下に集め、常備軍を作るが、経済官僚も必要になる!

〇 富の源泉
「楽市・楽座」
「楽」 自由
「市」 交易・売買
「座」 商工業者の同業組合

これは信長が最初でない!!
各地でやっているので信長では無いと!
しかし信長は各地で行った!
これが経済力と軍事力を生むことになる!

〇 長篠の戦いの革新性は、鉄炮より○○にあり
・1575年 設楽原で織田・徳川と武田が激突!
馬防柵! 夜戦築城である!
最強と言われた武田の騎馬隊の突撃を阻止する!
塹壕、空堀、植林で防御を高める!
千挺か3千挺の鉄砲で狙い撃ちする!
武田1万5千 織田・徳川3万7千!
普通なら撤退する!
信長は攻撃するように仕向ける!
鳶ヶ巣山砦を酒井忠次が攻撃する!
武田は攻撃せざる得ない!
鉄砲の威力を見せつけたが、著者は野戦築城を評価する!!

〇 方面軍の編成
・1575年 信忠に家督を譲る!
それまでに方面軍を作っている!
・1573年 織田信忠軍団 川尻秀隆、森長可
・1575年 北陸方面軍  柴田勝家、佐々成政、前田利家
・1576年 大阪方面軍  佐久間信盛、松永弾正
・1577年 中国方面軍  羽柴秀吉、宇喜多秀家
・1579年 畿内方面軍  明智光秀、細川藤孝、筒井順慶
・1582年 関東方面軍  滝川一益
・仝    四国方面軍  織田信孝、丹羽長秀

・1578年 荒木村重は有岡城にて突如、信長に対して反旗を翻す!
村重も方面軍である!  畿内??

信長は本拠地を変えている!
勝幡、那古野、清洲、小牧山、岐阜、安土………
・1575年 17ヶ国
・本能寺の変前は、30ヶ国!

〇 本能寺の変がもたらしたもの
・1582年 天目山の戦で武田滅亡!
本能寺の変で混乱するが秩序はあったと思われる
・信長残党狩り
・難を逃れるために御所に押し掛ける
・神君伊賀超え?
・各方面軍は撤退! 北陸はまとまっていた!
・光秀も土民の襲撃で死ぬ!
・世情はアナーキーな無秩序状態になる!

〇 カリスマ支配の限界
信長はカリスマ支配で、信長の器量、名声で保たれる!
信長への反乱!
・弟 信勝
・織田家内部抗争
・松永弾正
・荒木村重
・明智光秀

追放は??
・佐久間信盛
・林秀貞
・安藤守就

光秀が失敗していても誰かが裏切る??
・柴田勝家
・徳川家康
・羽柴秀吉

秀吉、家康が死んでも無秩序にはならなかった!
信長の代わりは誰も出来ない!
異彩を発している!!!

 

天下人の軍事革新 ①・本郷和人

 

2024年3月21日 (木)

本・日本史を変えた八人の将軍 ②(2020/2)・本郷和人・門井慶喜

Photo_20240321002101


第5章 織田信長と豊臣秀吉 将軍権威を必要としなかった覇者
第6章 徳川家康 今も影響を与え続けている家康の選択
第7章 徳川吉宗 幕府中興の祖がなしえなかったこと
第8章 徳川慶喜 英明か、凡庸か。勝利者か、敗残者か
第9章 西郷隆盛 近代最初の将軍であり、封建制最後の将軍
結   将軍が日本史に果たした役割

 

第五章 織田信長と豊臣秀吉  将軍権威を必要としなかった覇者
「天下布武」とは??
この天下は??
・畿内周辺
・日本全国

信長は畿内の秩序回復を目指したと?
そうであればまず畿内の三好、細川、畠山を討伐したと!
丹波攻略も後に光秀に命じている!

ローマ帝国のローマは??
一大帝国からローマの周辺に縮んだ??
この天下も同じか??
日本全国から機内に縮んだ??
同じような意味か?? やはり全国である!!

信長は「井口」を「岐阜」に代えている!
周の時代「岐山」に都を置き、そこを拠点にして殷を滅亡に追い込んだ縁起のいい地名!
「岐山・岐陽・岐阜」という3つの地名を提案し、信長自身が選んだとされる!

年号も「元亀」が気に入らずに「天正」と改名している!
ここではないが「暦」の問題もある!

足利将軍は6代義教までは「討伐せよとの命令が届いている」
それ以降は流浪の将軍か?? 果たして将軍か??

・8代 足利義政  応仁の乱
・9代 足利義尚  近江で病没
・10代 足利義材・義稙 阿波・淡路と移り「島公方」  
・11代 足利義澄  近江亡命 堺幕府
・12代 足利義晴  近江亡命 桑実寺幕府
・13代 足利義輝  近江亡命 松永弾正に殺される
・14代 足利義栄  富田公方
・15代 足利義昭  追放 鞆幕府??

この鞆幕府とは、学者のマスターベーションか??

戦国時代の武将!
武田家四天王!
・馬場信房・信春 民部少輔・美濃守
・内藤修理亮昌豊
・山県三郎兵衛尉昌景
・高坂弾正左衛門尉、弾正忠昌信
素人であるが、美濃守は知っていたが、どう違うのか?
自分で名のっているだけだと! 違いは??
羽柴筑前守、明智日向守は朝廷から貰っている?
朝廷から貰っていない!
征夷大将軍に価値があったのか?
信長は実利を求めた?

信長は忙しい!! 
1575年の戦いは?
・4月 高屋城の戦い 三好康長を破る
・5月 長篠の合戦
・8月 越前の一向一揆攻め
・9月 越前・加賀に柴田勝家を、丹波に明智光秀を派遣
・11月 権大納言叙任、右近衛大将兼任 信忠に家督を譲る
1576年
・2月 安土城の築城開始
・4月 石山本願寺攻撃軍を派遣

信長に似ている現在人は??
・スティーブ・ジョブズ??
・イーロン・マスクは個人的な意見?
 部下に働くことを求める!

三職推任問題! どれか受けて欲しいと!
・太政大臣
・関白
・征夷大将軍
朝廷も忖度していると!
この1カ月後、本能寺の変が起こる!
どうも興味はなかったようだと???

現在の研究では、信長は普通の武将だと!
普通の人間が出来ることか??
・比叡山延暦寺焼討ち  生きていたら高野山も焼いていた
・一向宗の皆殺し
・石山本願寺攻め  普通ならとっくに妥協している

天皇家は、この時期一番危なかったと?
自分が天皇になろうとした??
恐らく、易姓革命も知っていたと!!
信長は政教分離を行った!!
それが最大の業績だった!!

安土城は見せる城である!
防御用の城ではないと!
清州、小牧山、岐阜、安土、次は大阪か??
水運事業が儲けになる!!
生き残ればどうなっていたか??


秀吉は信長の後継者か??
光秀の方がふさわしいと??
秀吉は信長の模倣か??
そうではないと?
信長なら朝鮮半島侵攻はあったのか??
それより京の再興は信長の事業を継いでいる!

征夷大将軍は源氏と言うのは、徳川の後付けのつくりだと!
秀吉もなる気ならなれていたと?
佐竹や小笠原の源氏もいた?
新田も源氏である!

秀吉は淀君の種は秀吉でないと落書きされて100人ぐらい殺している!
例えば源氏で無いとなんか言えば殺されるの間違いない!
誰も言わないと?
関白になり「豊臣」の姓を貰う!
甥の秀次に関白を譲り、大御所政治を行う??
豊臣秀頼は征夷大将軍に成れたか??
到底無理があるのでは………

 

第六章 徳川家康  今も影響を与え続けている家康の選択
新田義貞の末! 世良田、得川………
これは嘘っぱちと言うが………
しかし上野国・太田市は徳川発祥の地で町おこしをやっている………
この本には出て来ないが下記の本がある!!
「村岡素一郎著 『史疑徳川家康事蹟』 徳富蘇峰・主宰」
早く言えば、家康は成り替わったものだと??
偽物である! 世良田二郎三郎元信!!
これは南條範夫の「短編・願人坊主家康」「三百年のベール」が詳しい!
「戸部新十郎・戦国史譚 徳川家康」

これを生かした作品は「白土三平 カムイ伝」
「隆慶一郎 影武者家康」
なかなか面白いが………
徳川があれほどの身分を固定した理由である!!

関ケ原の合戦後の3年後、征夷大将軍になる!
家康が関東でなく、九州に流されていたらどうなるのか??
そう言う過程はあり得ないかも?
遅れていると言われる関東だから流した?
先進地帯の九州に流したら貿易立国になる??
秀吉がそんなことするかと??

関東では選択肢は二つ!
・小さいが完成された小田原
・大きいが未知の江戸
この選択は日本に影響を与えたと!!
東海地方は面積のわりに石高が少ない!
・駿河 15万石
・遠江 25万石
・三河 30万石 計70万石

・尾張一国で60万石

広大な江戸に惹かれた! 48歳である!
家康は健康オタクである?
が50歳を過ぎてからの子供が多い!
健康に自信があった?
49歳で死んだ信長は、十一男十女である!
北条も、時政、義時は子供が多い!
やはり有利である!! 秀吉を見れば分ると!

家康は藤堂高虎とウマが合う??
築城の名手である!
家康も若い時と比べて、土木技術は格段に進歩していると!
なので江戸の開発も進んだと!
江戸は伊奈忠次である!「家康、江戸を建てる」にも出ている!
家康はケチと言う!!
やり過ぎて大久保長安みたいになったら困る??
秀吉は大盤振る舞いか?? 増田長盛にも20万石である!

家康は「吾妻鏡」を整理する!
小田原・北条家から黒田官兵衛、長政から家康に渡ったと!
ではなく、家康が全国に人をやって集めたようだ!
学者にも学ぶ!
・藤原惺窩
・天海
・金地院崇伝
・ヤン・ヨーステン
・ウィリアム・アダムス

家康は歴史に学んでいる!!
学んだ初めての天下人だと!
なので敵対勢力、豊臣を滅ぼすまで安心できない!
秀頼の息子も処刑する!
頼朝の例がある

三家、御三家?
・将軍家
・尾張藩
・紀伊藩
水戸藩は紀伊藩の分家!!
秀吉は東海道に家康対策で、律義者を並べた!
ことごとく裏切ったが………

家康は??
・広島  浅野家
・岡山  池田家
・近江  井伊家
・伊賀・伊勢  藤堂家
・紀伊 最初は駿河  頼信
・尾張  義直
・箱根
ものの見事に似裏切ったのは藤堂家!!!
いざとなれば当てにならないのか?
それまで分からない??

南北朝正閏論???
南北朝正閏論は、南北朝時代において南朝と北朝のどちらを正統とするかの論争
閏とは
「本来あるもののほかにあるもの」
「正統でないあまりもの」

南朝が正統であるなら、北朝は閏統?
つまり現在の天皇は正統でない??
どうでもよいことだと思うが………
しかしこう言う話になると、暇なのかと思うが………

家康は統治システムを作る!
相続である!
竹千代を世継ぎとするエピソードは当てにならないが、
竹千代、家光を後継者にしたのは確かだと!
では春日局の話は??
儒学を重んじて、長子相続を堅固なものにするためだと!
家光までは、天下に号令する実績つくりの機関だったと!
大名も潰される!
が、4代将軍家綱から「人に優しい」政治を目指す!
保科正之が中心であると!

本郷和人は徳川幕府の成立は1603年でなく、1600年だと!
征夷大将軍に任命された時ではなく、小山評定で、
一同「家康様について行きます」
その時、主従関係が結ばれたと?
「家康とその仲間たち」から「家康とその手下たち」に変わったと!
それはそうだが、別に3年違える必要があるのか???

 

第七章 徳川吉宗  幕府中興の祖がなしえなかったこと
大名の跡取りは難しい!
・山内容堂!
嘉永元年(1848年)江戸で13代藩主・山内豊熈が死去する!
豊熈には嗣子がなかったため、実弟の山内豊惇が跡を継ぐが10日余りで急死し、
豊惇の後継としてまず候補に挙げられたのは長男寛三郎であったが、
病気のため擁立が見送られることとなった!
次に候補に挙げられた豊惇の実弟豊範も、まだ3歳と幼少であったため擁立は見送られ、
最終的に、南屋敷で部屋住の生活を送って豊信が、後継者として指名された!

これは幸運なのか??
徳川吉宗も、四男で部屋済みである!
長兄綱紀が死去、その後を継いだ三男頼職も病死!
22歳で第五代藩主を継ぐ!
その10年後、第七代将軍・家継が8歳で早世!
第8代将軍に就任!
これを幸運と言うのか??
これだけの話になると陰謀論がある!
まず兄二人は毒殺??
将軍家争いでは、尾張、水戸と対立する!!
伝奇小説にはもってこいである!!!

就任後、責任感を感じている!!
だから改革を進める!!
家臣も、将軍になれば美味しいことが多い!!
この本には出て来ないが、紀州から「御庭番」を連れてくる!
もはや将軍は飾りか??
システムが働く!!
「神輿は軽くてパーが良い」

醤油は関東でも作れるようになった!
酒は作れず、関西から下るのを待っていた!
まずい酒は受け入れられない、下らない!!

幕府も江戸城が燃えた時に、財政負担を考えて天守閣を再建しなかった!
将軍も軍事指揮官から政治家に変わる!
吉宗はよそ者になる!
当然旧勢力と対立する!
新井白石であるが、罷免されるが追放や処刑されることは無かった!

江戸時代の三大改革!!
・享保の改革  吉宗    幕府中興の英主(持ち上げている)
・寛政の改革  松平定信  聖歌は十分上がらなかった
・天保の改革  水野忠邦  失敗し、幕威を失墜させた

吉宗の注目すべき事績は
① 公事方御定書 成文法
② 足高の制 役職の石高を決めて在職中は足らなければ補填する!
③ 御三卿の設立 田安、清水、一橋! 皆吉宗の子か孫である!
吉宗は自身の後継者を選ぶとき、今一の長子・家重を選んで秩序を保ったと!!

外様大名に領地を与え、政治に参画させない!
逆に政治を行うものは領土が少ない!

天皇機関説ならず、将軍機関説!
制度の問題だと?
いてくれればよい???

吉宗は「米将軍」と言われた!
米価の安定に力を注いだと!!
それも限界がある!
当時、経済が分かっていたのは、田沼意次だと???

政治権力が崩壊する時は、内部崩壊だと!
大塩平八郎の乱がある!!
経済は進み、商人は自分の考えを持つ!
山片蟠桃!
自由経済政策を主張する!
商人も、紀伊国屋文左衛門や、淀屋辰五郎みたいなことはしない!
商売が世の中を良くする?
石田梅岩の心学!
幕府は、農本主義を採り、儒学を掲げて政治を行った!
吉宗は、農本主義のラストランナーであり、
それに則った改革を行い、幕府を延命させ、
太平の世を260年続かせたことが役割だったと!!

 

第八章 徳川慶喜  英明か、凡庸か。勝利者か、敗残者か
「神君家康の再来」
「家康以来の英傑」
水戸藩主斉昭の七男で、11歳の時一橋家を継いでいる!

尊王攘夷? 単なる祖国防衛である!
攻めて行こうとは言っていない!!

徳川家茂が将軍になったのは?
候補者は、家茂と慶喜!
・家茂  井伊直弼
・慶喜  松平春嶽、島津斉彬
世の期待は慶喜!
が、大老・井伊直弼が家茂を押す!
・井伊直弼は井伊直中の十四男!
父の死後、17歳から32歳までの15年間を300俵の部屋住みとして過ごした!
一生厄介者だったが………
弘化3年(1846年)、第14代藩主・井伊直亮(直中三男)の養嗣子となっていた
直元(直中十一男)が死去したため、
江戸に召喚され、直亮の養子という形で彦根藩の後継者に決定する!

「チャカボン 井伊直弼」
要は部屋住が長く、国学、和歌、茶、鼓もたしなむ!
幸運か、不幸か、藩主に就く!
政敵を倒す方向に向かう!
それが安政の大獄に至る!
「日米修好通商条約」を朝廷の意向を聞いた!
これが余計だったと!

慶喜は大政奉還を行った!
どうも「政権を返す」と言っても、朝廷は政治を行えないと高をくくっていた!
いずれ泣きついてくると!!
が、王政復古の大号令で慶喜の政権構想は否定される!

鳥羽伏見の戦いが始まる!
ポイントは二つ!
① 大阪城に入ったこと! 大阪城に入っては勝てない! 
② 自分だけ逃げた? どう見ても逃げたと!
「百才あって一誠なし」 そう言う評価のようだ!
 
天狗党では300人以上殺される!
天狗党と敵対したのが諸政党!
天狗党に負けて、天狗党の家族の家を放火する!
天狗党降伏後は、家族を殺して行く!
天狗党が復権した時には、諸政党の家族を殺して行く!
殺戮の荒野??

慶喜の敵前逃亡?
恭順後は一切弁明しなかった?
「貴人情けを知らず」
爵位がある!!
公爵、侯爵、伯爵………
・公爵 徳川、島津、毛利
・侯爵 御三家と15万以上の大名
・伯爵 御三卿と5万石以上の大名
朝敵でも差別されていない!
鎌倉、室町、江戸と、最後の将軍は殺されていない!
甘いと言うか、日本の歴史は穏やかだと!!

坂上田村麻呂は軍人で、最後の征夷大将軍・慶喜は政治家で将軍を降りたと!

 

第九章 西郷隆盛  近代最初の将軍であり、封建制最後の将軍
幕末、薩摩藩主・島津斉彬は慶喜を将軍に擁立する!
西郷隆盛はその命令で動く!
その15年後、慶喜を倒す側にいる!

西郷と似ている作家は??
太宰治???
外敵が無ければ力を発揮できない?
・禁門の変  長州藩
・幕府
・藩内では、島津久光

明治になり、外敵が無くなり、
・征韓論 朝鮮
・岩倉使節団 大久保利通に、岩倉具視

そうなれば生き生きすると?
ラスト・サムライ!
僧・月照と入水し、自分だけ助かる………
寺田屋事件! 同胞が殺し合う!

慶喜との違いは、命を捨てる覚悟があるかどうかだと?
西郷は自画像しか残していない! 写真は無い!

江戸城無血開城の下準備で、山岡鉄太郎の態度に共鳴し、
「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、仕末に困るものなり
この仕末に困る人ならでは、艱難を共にして国家の大業は成し得られぬなり」

西郷は守る人だと!
軍人と、政治家を経験している!

小御所会議! どう言う政権を作るか?
ここで山内容堂が、慶喜を呼ぶべきだと?
が球形でトーンが下がった??
西郷が後藤を通じて脅した??

状況に応じて行動が変わる!
岩倉使節団の時には、留守中「西郷内閣」で生き生きする!
・全国戸籍調査
・学制発令
・太陽暦の採用
・徴兵制発布
・国立銀行条例制定
・地租改正条例

征韓論!
出兵を主張したのは?
・板垣退助
・江藤新平
・後藤象二郎
・副島種臣
西郷は47歳で鹿児島に帰る!
長州は塩、薩摩は砂糖で儲けていた?
「薩長土肥」
語呂合わせ? 実際は「薩長」で、四字熟語の語呂合わせ?

士族の乱??
・佐賀の乱
・神風連の乱
・萩の乱
各個撃破である!
西郷はいつ死ぬか考えていた??
西郷は封建社会における最後の将軍だったと!
封建制が終わった………

 

結 将軍が日本史に果たした役割
将軍と幕府は相容れない??
      軍事  政治
・頼朝   50   50
・尊氏   尊氏  直義
・義満   一人に集約される
・慶喜   軍事が政治の中に入る

日本は穏やかである?
大虐殺もない!
が、太平洋戦争で、300万人も死ぬ!
・日清戦争 13,000人
・日露戦争 84,000人

研究者、学者は想像、創造に欠ける??
司馬遼太郎 作家として許される想像力?
どのように伝えたら歴史の面白さが分かるのか??

 

おわりに  歴史学の限界と、法則からの跳躍  本郷和人
歴史学者は人間の心理は補足出来ない??
それは小説家も分野か?

 


日本史を変えた八人の将軍 ②・本郷和人・門井慶喜

 

2024年3月19日 (火)

本・戦国武将の選択 ②(2021/4)・本郷和人

Photo_20240321000301


第6章 執権北条氏、粛清政治の手法 戦国前夜1
第7章 「大義名分」がない中世武士の感覚 戦国前夜2
第8章 利休は強欲だから秀吉に殺されたのか
第9章 「利休七哲」と徳川大奥
第10章 武将の名から人間関係が見える
第11章 家康と「信康切腹」と「長篠」

 

第6章 執権北条氏、粛清政治の手法 戦国前夜1
鎌倉幕府は質素倹約である!
朝廷は贅沢であると!
平清盛はその中間!!
交易が盛んになる!
がそれが継承されたのは、室町幕府である!

鎌倉幕府は「苛酷かつ陰惨」
北条氏か?
隙を見せれば即失脚、誅殺である!
北条氏内部での争いも多い!

元寇時、時宗は「名越時章」を誅殺する!
後で無実と分かり、実行犯5人を斬首する!

貞時は時村を殺し、実行犯12人を斬首する!
北条氏の得意技である!!

頼朝は決まった側室を置かなかった!
なので男は二人だけである!!
政子が嫉妬深かったとは言え、時政の子供多さは??
関東の武士を束ねるのに、必要だった??
旗揚げ以来の妻であると!!

政子は当時としては晩婚である!
子供は全部死ぬし、頼家は自ら殺す!
実朝に子供が出来ないので側室を勧めた??
「お前が言うか」
よく分からないと???

北条は伊豆の小さな土豪だった??
① 旗揚げ時、小数の兵しか用意できなかった!
② 系図がしっかりしていない?
③ 時政が官職についていない!
それが承久の変では19万騎である??
この数字はともかく、強大である!!

まず政敵を落とす!!
時政が陰謀をめぐらせる!!
・梶原景時!
・曽我兄弟の仇討ち時政か?
クーデター説がある!!
頼朝を殺し、範頼を将軍にする??
実際に、大庭景義、岡崎義実は失脚する?
立証は難しいが、後に範頼は誅される!!

 

第7章 「大義名分」がない中世武士の感覚 戦国前夜2
第5章での戦国武将で兄弟の争い!
・毛利元就
・今川義元
・織田信長
・伊達政宗
・足利尊氏
・大友宗麟
弟が兄を立てたのは、豊臣秀長、武田信繁か?
結束を謳われた島津四兄弟も義久と義弘の間は微妙だった………

義経を討ったのも普通のことである?
頼朝は北条氏以上に大事にしたのが比企家!
頼朝の乳母であり、流人時代に援助されている!
頼家の乳母でもあり、範頼、義経の正室は比企の血を継いでいる!

当時は比企の勢力は北条を上回る!
それではと陰謀である!
頼家が重病になり比企をおびき出して殺す!
仁田常忠である!
比企一族は滅亡するが、頼家が回復するが
後の殺されて、真相を知る仁田常忠も誅される!

日本は白兵戦が主流?
そんなことは無い!
・弓矢  鎮西八郎為朝
・大力  組打ち 畠山重忠
畠山重忠は鎌倉武士の鑑である!

北条義時は「江間義時」である!
「鎌倉殿の13人」では13人の紹介で、江間義時と名乗る!!
北条の跡継ぎでは無かった!
牧の方の生んだ政範が後継者である!
「時」が付かない?
政範は16歳で亡くなる!
時政は義時の次男・朝時を後継に、平賀朝雅を将軍にしようとする!

武蔵をめぐり、畠山と平賀が対立する!
どちらが頭になるかである!

時政が、畠山の謀叛をでっちあげて滅ぼす!
無実と分かり、責任を押し付け稲毛重成と榛谷重朝を誅殺する!
そのまま実朝を殺害し、平賀朝雅を将軍にしようとする!
これは無理があり、時政は隠退、平賀朝雅は討たれる!
義時は北条の跡継ぎになる!!

史料は誰が得したかで読む!
【そうなると本能寺の変で得をしたのは?? 秀吉か??】

北条時政引退で、義時は丸儲けである!!
畠山重忠の遺児がいたが殺している?
畠山重忠を持ち上げることにより、時政を悪者にして、
義時を持ち上げる!
時政追放も仕方がなかったと!!

「力が全てある」
鎌倉武士の強要は高くない!!
旗揚げ時、頼朝は大庭景親に言われる!
「昔は昔、今は今、恩こそ主よ」

承久の乱で、朝敵・義時を御家人たちが支持した!
義時は、新しい「東国の王」になる!!

 

第8章 利休は強欲だから秀吉に殺されたのか
秀吉と信長・家康は違う!
何が?? 家柄? 後記の出かそうでないか??
憧れか??
自己満足のため高貴な女が欲しい!
名前の明らかな側室は?? 6人挙げると………
・淀どの  お市の方の娘
・三の丸どの  信長の娘
・姫路どの   信長の弟・信包の娘
・まつの丸どの  京極高吉の娘
・三条どの  蒲生氏郷の姉妹
・加賀どの  前田利家の娘

普通主君の娘を側室にするかなと!!
家臣と言うか、親友でもある前田利家の娘!
蒲生氏郷も思い切った??

芸術家の処罰!
・足利義教と世阿弥  流罪
・秀吉と山上宗二   断首
。家康と吉田織部   切腹

利休は強欲だった!
・売僧?? あくどい商売をしている?
・鳫の塩引きなどより銀を送れと!
ただし切腹後に、無実と言うのは無理がある!!
恐くて秀吉が悪いなんて言えるのか??

まず大和の大名と言えば??
・筒井順慶
・松永弾正
・豊臣秀長
秀長と利休は仲が良い??
秀長と興福寺は対立している!
利休を悪く言っているのは、興福寺である!!
敵の敵は味方!!
敵の友は敵!!
この評価は疑ってみるべきであると!!

 

第9章 「利休七哲」と徳川大奥
「利休七哲」
・蒲生氏郷
・細川忠興
・古田重然
・牧村利貞
・高山右近
・芝山宗綱
・瀬田正忠

蒲生氏郷である!
著者も人が良くない!
蒲生氏郷と大島優子を比較する!
大島優子なんて名前だけ知っていて顔も知らない!
著者はミーハーなのか??
要は何をやってもそつが無いと!!
先頭に立って進む武将である!
イメージとしては、ナポレオン旗下のネイ将軍か??
サーベルを振るって突撃する将軍である!!

信長にも秀吉にも優遇されている!
もっとも信長の娘を貰っていて、氏郷亡き後、秀吉は手を出そうとした??
側室・三の丸どのは信長の娘である!

最終、会津90万石になるが、褒美が先で実績があとから付いてくる??
が、世間は納得している!
氏郷ならば………

氏郷は「鯰尾兜」? 「燕尾兜」??
どちらでもよいが………

牧村利貞の娘が「おなあ」さん!
著者の本ではよく出てくる!
おかげで名前を思えた??
6歳で前田利家に引き取られる!
前田利長の養女となり、前田直知へ嫁ぐ!
離縁されて膳を学ぶ!
縁あって蒲生忠郷の家臣、町野幸和に嫁ぐ!
が内部抗争で失脚し、浪人となり江戸に行く!
知識と教養を付けてスカウトされる!
スカウトしたのは春日局である!!

将軍家光は30過ぎても世継ぎがいない!
あなあさんは自分の孫を側室として送り込む!
三成の血を引いている??
家光は男色の傾向がある??
12歳の時に、家光33歳で男装させて近づける??
【この男装の話は本当なのか? 馬鹿にしている?】
娘を生むが、本人は健康を害しなくなる!

 

第10章 武将の名から人間関係が見える
武田大膳大夫源晴信!!
・武田   家の名前
・大膳大夫 朝廷から貰った役職名
・源    かばね
・晴信   いなみ

平安時代に鎌倉時代は?
太郎、次郎、三郎………
次の代は、次郎の三男なら、次郎三郎、
四郎の次男は、四郎二郎!!
では家康の影武者、世良田二郎三郎は??
親は次男で、本人は三男か??

官職で、通称の代わりになる! 勝手に付けている??
二階堂四郎が官職を手にして、二階堂左衛門少尉になる!
子供は、長男が左衛門太郎、次男が左衛門次郎となる?

かばねは姓! 名字と同じ!
代表は、「源平藤橘」
「かばね」+「いなみ」の時は、「の」を入れる!
ふじわらのみちなが」

何か都合よくごまかされている?
「豊臣」は「かばね」で家は「羽柴」
そうなるな………
豊臣政権ではなく、羽柴政権??
「かばね」は形がい化していると!!

地方は地名を家名として使い始める!
平家でも、三浦、上総、千葉………
中央では?
藤原本家は「近衛」と「九条」
「近衛」から鷹司!
「九条」から「二条」と「一条」

「ふじわらのていか」
「ふじわらていか」でいいじゃないかと?
と研究者は決める???
「の」が入る意味が分かったが………
恐らくすぐに忘れるが………

「偏諱」
「通字」
・北条は「時」
・足利「義」
・徳川「家」
・織田「信」………
家臣に対しては「一字」与える!
「偏諱」と言う!!

・室町時代の細川家!
将軍の偏諱プラス「元」「之」
・伊達家
 将軍の偏諱プラス「宗」
・豊前大友家
 大友義鑑 家臣に「鑑」プラス通字
 大友義鎮 家臣に「鎮」プラス通字
・武田信玄 「晴」「信」を与えられずに「昌」を使う!
 山県昌景、内藤昌秀、土屋昌続、武藤昌幸(真田)
・信玄の親父 武田信虎 「虎」を与える」!
甘利虎泰、春日虎綱………
・蒲生氏郷  蒲生の姓と「郷」を与える!!

徳川家康は元は松平元康で、「元」は今川義元からである!
今川家から離れる時に家康になる! 「元」を捨てる!
新田一門の「得川」から「徳川」に!
ただしこの「いなか大名」は藤原氏と思い込んでいた??
源家康でなければならないが…………
無理やりこじつけるが………

 

第11章 家康と「信康切腹」と「長篠」
華陽院!
家康の母の母! 祖母である!
三河・仮谷城主 水野忠政の妻!
松平清康と華陽院の婚儀があった!
略奪結婚である!! 年齢に問題があるようだが………
水野忠政との間にお大ら4人、清康との間に女子を生む!

ここで「九尾の狐」 ナルトである??
平安時代後期、玉藻前と呼ばれる美しい娘が鳥羽上皇の寵愛を受けた!
上皇は健康を害し、「九尾の狐」と分かる?
下野の那須にいることが分かり討伐隊が出る!
三浦義明、千葉常胤、上総広常らである!
悪女の代表、「妲己」の正体が「九尾の狐」???
著者のお遊びがある!

家康の正室・築山殿と信康である!!
両者とも殺される!!
築山殿と井伊直政の父はいとこ同士??

桶狭間の合戦ご、今川家から自立する>
二人は人質である!
これを人質交換で取り戻す!
この時期は家康の女性関係はあまりなかったようだが………
・1562年 信長と家康は同盟を結ぶ!
「清須同盟」
信康と徳姫は9歳で結婚する!
・1567年 家康は浜松城に移り、信康に岡崎城を譲る!
・1579年 信康切腹! 21歳である!

二俣城に「信康堂」があった!
ここで切腹した?
岡崎次郎三郎信康! の旗がなびいていた!!
次郎三郎??
著者の解説なら、家康は次男で、信康は三男???

十二ヵ条の徳姫の訴状がある!
武田家との内通などである!
酒井忠次が信長に弁明し無かったと!!
それで切腹である!!
これについては色々な小説のネタがある!!
家康がそう望んだ???
が結果がある!
① 酒井忠次の冷遇 徳川四天王でも下になる!
② 徳姫は女子を残して実家に帰るが、家康は冷遇する!

家康の後家好み??
子供の年齢を並べる!
・信康  1559年 築山殿
・亀姫  1560年 築山殿
・督姫  1565年 西郡局
・秀康  1574年 お万の方
・秀忠  1578年 西郷の局

もっと多くてもよさそうであるが………
家康の後家好みは本当か??
晩年のリストがある!!
・1590年 48歳 お梶の方 13歳
・1594年 52歳 お万の方 15歳
・1597年 55歳 お夏の方 17歳
・1600年 58歳 お梅の方 15歳
・1609年 67歳 お梅の方 13歳
ロリコン親父では無いか??

信康が切腹刺されたのは??
要は武田である!
長篠の戦いで武田は大敗する!!
兵数が全てではないが、大いに越したことはない!!
鉄砲は有利ではあるが、絶対ではないと!
信康は武田に近づいた!
大賀弥四郎事件!
武田に内通し、極刑になる!
勝頼は長篠を落として織田と徳川の分断を図る!
これに信康が絡んだ証拠を信長は掴む??
ちょっと陰謀論にはまり過ぎている!!!

 


戦国武将の選択 ・本郷和人

 

2024年3月18日 (月)

本・戦国武将の選択 ①(2021/4)・本郷和人

Photo_20240321000301

確実な史料を第一にしながらも、あえて「面白さ」を歴史に求めようと思うのです!
やわらかな語り口で最新研究を紹介しながら、通説にも疑問符?
歴史家による実情の読み解きで、真実の日本史が見えてくる!

 

最近は著者の本を読みまくっている!
大変申し訳ないが、少数をブックオフで買い、後は図書館である!
今、新システム導入による休館のため正月を挟んで最大70日借りれる!
20冊まで借りれる………
ここぞとばかりに借りまくったが、著者の本は多い!
書き過ぎだと思うが………
内容は重複すものも多いが、理解が深まると………
内容は下記の通りである!! ① ②と分けて紹介する!!



まえがき  史料とのつきあいはバランスが大事
第1章 あの兵力差で信長は本当に桶狭間を戦ったか
第2章 「天下統一」という新概念はどう生まれたか
第3章 部下・光秀が「本能寺」を決めた出来事
第4章 「戦国最強の武将」は誰か
第5章 武将たちが残した人生哲学


第6章 執権北条氏、粛清政治の手法 戦国前夜1
第7章 「大義名分」がない中世武士の感覚 戦国前夜2
第8章 利休は強欲だから秀吉に殺されたのか
第9章 「利休七哲」と徳川大奥
第10章 武将の名から人間関係が見える
第11章 家康と「信康切腹」と「長篠」

 

まえがき  史料とのつきあいはバランスが大事
時代の絵画は、世相の参考になる!
烏帽子帽が重要なようだ!
肉食と言い時代の制約があると?
日本人は「ゆるい」
適当だと!!

過去を知るには歴史資料が有難いと!
が「吾妻鏡」「信長公記」は全て信頼できない!
が、古文書だけを読み解くのもどうかなと?

武田信玄VS織田信長!
「点台座主」VS「大六天魔王」
ルイス・フロストが伝えているが、これは両者の仏教観か?
単なるブラックジョーク??

独りよがりな考えより、みんなで考えようと!
これは陰謀論を言っているのか???
バランス感覚を持って楽しみながら軽めに叙述したと!!

 

第1章 あの兵力差で信長は本当に桶狭間を戦ったか
もはや奇襲攻撃は否定されている!
2,000の兵で25,000に勝利した?
今川の目的は??
① 上洛??
② 奇襲説の否定?

上洛が目的ではない?
尾張、美濃、近江と侵攻する?
兵站は??
どう考えても無理である!!
せいぜい尾張制圧である??

今川方の戦死者は重臣が多い!
これほど重臣が死んでいるのは??
・長篠の戦い 
・日向耳川の戦い  日向後家?
・沖田畷の戦い

著者はどの本でも書いている!!
石高である! ただし想定である!
・駿河 15万石
・甲斐 22万石
・信濃 40万石
・上野 50万石
・遠江 25万石
・三河 30万石
・伊豆 7万石
・尾張 57万石

尾張は豊かである! 商業も交易も盛んである!
駿河・遠江・三河で70万石!
尾張57万石では、ほぼ互角では無いか?
信長は少なくとも10,000の兵がいたのではないかと?
「信長公記」では、この桶狭間を天文21年(1552年)としている!
これは8年早いと!
この頃だと2,000ぐらいの兵だと!
これは信長の親衛隊だと!
これを強調したかった???

 

第2章 「天下統一」という新概念はどう生まれたか
著者が良く言う、日本は現在のように全国一つではない!
小田原は関東一円、毛利は中国、長曾我部は四国、信玄は中部、
今川は東海、謙信は北陸、三好は畿内か??
信長は、そこから飛び抜けて全国を支配しようとした???
天下とは畿内???
とすれば、松永弾正、三好長慶は天下を取ったか?
自分の勢力配を守るのにせい一杯だった??

畿内の覇者と天下人の違いは?
源義朝を支えた相模の波多野氏!
その子孫が丹波の波多野秀治!
最初信長に降るが、反旗を翻す!
光秀が苦労して秀治の娘は別所長治に嫁いでいる!
つるんでいたのか??
波多野秀治、別所長治はともに滅びる!
が、この25年前に同じようなことをしたのが、
三好長慶に松永弾正!
両者は三好の支配下になる………
が足利にとって代ろうとは思わなかった?
三好長慶は、
阿波、讃岐、山城、河内、和泉、摂津、大和、丹波、播磨………
天下人では無いか??

戦国時代の村落は?
地侍←本百姓→脇百姓→下人
地侍は、農民、足軽、武士として活動する!!
この地侍は「小領主」である?
三好長慶が支配したのは国人領主までで、
信長の支配は地侍=小領主まで及んでいた?

戦国大名は、その地域の支配者である!
その前は、国ごとに守護を置いた!
守護は官人であり、土地、物産、人々を支配したのではない!」
官人の職務は「大犯三ヵ条」
① 謀反人の逮捕
② 殺害人の逮捕
③ 大番の催促 京都の警備

守護は任命される!
土地、人民は自分のものでない!
室町三代将軍義満の時代に顔ぶれが決まる!
戦国大名との違いは??
守護大名 幕府の権威を当てにする!
戦国大名 自分の才覚で、実力で支配する!
三好長慶は守護大名の性格を払拭出来なかった??
信長は違う!! 

中世では、九州、関東、東北は勝手にしろと!
中央の命令は聞かなくともよい??
そして京への義務を免除する代わりに政治に参画出来ない!
秀吉によって統一された??

小田原北条が滅んで、家康が関東に入る!
要は遠国、田舎のに放り出した!
そう言う事のようだ………
秀吉の直轄領より家康の方が多い!!

 

第3章 部下・光秀が「本能寺」を決めた出来事
仲立ち役は出世する!
鎌倉幕府と朝廷の間の意思疎通には一定のルールがある!
西園寺家を通す!
「関東申次」である!
このような立場から本能寺の変を考える!
中国は秀吉!
四国は光秀!
島津は秀吉に降伏後、三成を頼る!
最近の四国出兵説??
信長の方針変更、四国切り取りしだいを変える!
織田信孝、丹羽長秀が攻める!
斎藤利三である!
光秀に仕える時からややこしい!
信長を恨んでいると!!
ただ美濃斎藤家の嫡流である!
妹が元親に嫁いでいる!
著者は四国を再認識したと!
【それまでどう思っていたのか?】
今がチャンスだと!!
成算もある???
俺の立場はどうなる??
そう言う流れが背中を押したと!!

ただし、黒幕説と言うかどうでもいいことがある?
著者の本ではよく出てくる!!
・坂本龍馬暗殺の黒幕
・本能寺の変の黒幕
・邪馬台国の位置
・下山総裁の暗殺の黒幕

 

第4章 「戦国最強の武将」は誰か
日本では、謙信、信玄の名前が出てくる!
最強と言っても、戦略家に戦術家がいると!
著者は「毛利元就」だと!!
少ない兵で大軍に勝つ!
・桶狭間の合戦
・河越城の野戦の北条氏康
・秀吉の金ヶ崎からの撤退戦

こう言うのは運も味方しなければできない!
信長は、奇襲戦を2度と行わなかったと!!
が、毛利元就は3度行って勝った!!
・初陣 有田中井出の戦い
・吉田郡山城の戦い 尼子敗走!
・厳島の戦い
戦国随一の戦上手だと!!
どうかな???
毛利元就は謀略が好きである!!
調べてみた!! 著者は出していない!!
出典がはっきりしないからか………

元就は家臣に問うた!
「わしは昔の君主にたとえたら誰になるだろう?」
すかさずある儒臣が言った!
「周王朝を開いた文王・武王にくらべる事が出来ます」
元就は苦笑した!
「わしは今さらながら、周王朝の文王・武王及ばぬことを知ったワ!
周王朝の文王・武王には汝のように面と向かって追従を言う臣等いなかったからだ!」

『我が家は今10ケ国ある。一度の危機で半分になっても5ケ国残る!
更なる危機で半分になっても2ヶ国残る!
それでも生まれ故郷、吉田の荘よりはるかに大きい!』

① 我が毛利家は、版図の保全のみを願い、天下を望むなかれ (天下を競望せず)
② 当家の事、良かれと思う者、当国にも他国にも一人もいない!
③ 調略の工夫をすることこそ肝要である!
④ 謀多きは勝ち、少なきは負ける!

著者が挙げているのは?
・武略、計略、調略!
・自己の才能に溺れるな!

男のカッコよさ???
無駄話の気がするが………

軍師はいるのか??
劉邦の3人の軍師!

・韓信  将軍
・蕭何  名宰相  兵站
・張良  戦略 謀を帷幄の中にめぐらし、千里の外に勝利を決する!

三国志における軍師は?
・諸葛孔明
・荀彧
・司馬懿
・田豊
・魯粛
本質的には文官である!!

日本の軍師は?
・黒田官兵衛
・竹中半兵衛
・山本勘助
・宇佐美定行
軍師と過剰評価し過ぎではないか???

 

第5章 武将たちが残した人生哲学
石田三成である!
島左近を、近江水口4万石の半分を与えて勧誘した!
ではなく、召し抱えた時は佐和山19万石だったようだ!
渡辺新之亟 渡辺勘兵衛の方で知っている!
石田三成500石の時に500石で仕えて、三成は居候する!
10万石でなければ仕えない言っていたが………
三成が出世しても500石で仕えた!

天下の三勘兵衛の一人と言う!
江戸時代は
「忠臣は二君にまみえず」
「君、君たらずとも臣、臣たれ」
それ以前は、人間的な関係がものを言ったようだ!!

本多平八郎忠勝!
武士とは主君と一緒に死ぬことだと??

宇喜多直家!
死ぬときに家臣に殉死を求めて、殉死ノートを付ける??
が戸川秀安が最後に断る!
・若君の面倒を見なくてはならない
・坊主でも連れて行った方が良い
これで殉死ノートが信用出来ずに破り捨てる!!

斎藤道三の国盗りは親子二代で成し遂げたと!
「司馬遼太郎 国盗り物語」は???

越前朝倉家!
同じ生がある! 景が付き、孝景、敏景、教景………

伊達家は、足利将軍から一時貰う!
が、正宗は義昭からは貰わない!
昭宗とはならなかった………

斎藤義龍は、一色と改名する!
親殺しのイメージを逃れるためか??

戦国武将で兄弟の争いは多い!
・三好長慶
・毛利元就
・今川義元
・織田信長
・伊達政宗
・斎藤義龍
・足利尊氏
・源頼朝
・徳川家光

オスマントルコは兄弟殺しである!
日本では
・信玄弟 信繁
・秀吉弟 秀長

父を殺したのは斎藤義龍ぐらいか?
最後に父親の権利が強かったと!!

鎌倉幕府時代、安芸の小早川家は土地を一族の争いから幕府に取り上げられる!
これを建長寺に寄進する!
これを取り返そうとし代替地を与えるということになるが、
幕府が滅亡! 小早川は足利に付き取り返すが、争いになる!
「仏陀施入の地、悔い返すべからず」
仏が勝ったようだ………

松永弾正!! 面白い武将である!
この手紙がある!
信長への反乱時に、高槻(高山家)を味方に出来ずに、
不満を述べているが、負け押しみか???
楽しいが…………

 


戦国武将の選択 ①・本郷和人

 

2024年2月18日 (日)

本・「合戦」の日本史 : 城攻め、奇襲、兵站、陣形のリアル ②(2022/3)・本郷和人

Photo_20240218234601


■第三章 城  城攻め・籠城・補給・築城
■第四章 勝敗  勝利に必要な要素とは
あとがき


■第三章 城  城攻め・籠城・補給・築城
◇ なぜ城攻めをするのか
① 徳川秀忠  関ケ原の合戦時、中山道を35,000の兵で進む!
信州上田城を攻める! 街道の外にある!!
真田は約3,000の兵である!
秀忠は関ヶ原に急ぐ! 抑えの兵を置いて無視すればよかった??
が、果敢に攻めた!
何故なのか??
意地としか考えられないが………

② 前田利長  関ケ原の合戦時、金沢から南下する!
・小松城  丹羽長重
・大聖寺城 山口宗永

小松城は街道から離れていて攻め難い!
ここは素通りして次の大聖寺城は攻める!
1日で落城させる!
攻め易い城は攻めて、難しい方は残した!!
賢明な判断だった………

③ 源頼朝  常陸金佐城を攻める!!
佐竹である!
旗揚げに成功して関東を支配下に置くために攻める!
城と言ってもただの小山であると!
別にスルーしても良いが見せしめのために攻める?
佐竹氏も源氏である!
甲斐の武田もである!
足利、新田、木曽にもいる!!
叩いておく必要があった!!

城攻めはそこに生かしておけない敵がいるからだと!!!
前田利家、源頼朝は攻めて正解で、秀忠は誤っていたと!!


◇ 城郭とは何か
日本の城は城壁が無い!
ヨーロッパに中国はある!!
どちらも攻城用の兵器が発達する!
映画ではよく見る!
例えば「ロード・オブ・ザ・リング」
「ゲーム・オブ・スローンズ」
「キングダム・オブ・ヘブン」
これ等で城攻めは見る!!
投石器、攻城塔!
日本は必要としなかった?
城壁など無かった?
造る気になれば造れた!

中国は遊牧民族、モンゴルなどの侵攻がある!
撃滅戦も多い!

著者の解説!
モンゴル対策の防塁のお粗末さ! 日本はぬるい!!
人間の背丈ぐらいの高さに石を積んだだけだと!
堀も無い!!  粗末なものであると!!
外国に攻められたことも無かったからか??
元寇以降、一騎打ちから集団戦に変わる!

鎌倉時代は落城が早い!
籠城なんてとんでもない!
小規模な拠点である!

楠木正成は、赤坂、千早城で城を防御地点と使い、
有効だと示した!

最初に石垣を積んだのは織田信長だと!!
小牧山城である!
領土が広がるにつれて、拠点とする城が多くなる!

城も発達する!
山城から、平山城、平城となる!!
平城になると、防御も考えなければならない!

領国を治める城を攻めれば、その地帯が自国のものになる!
川中島の海津城がそうである!
謙信は奪えなかったが………

国境沿いの城! 境目の城!
海津城もそうである!!

武田と徳川の境目の城、高天神城!
信玄も落とせなかった? 手を出さなかった??
この城を勝頼は落とす!
街道沿いでも、城下町でも、田畑も無い!
どちらかと言うと重要な城ではない!
が勝頼は意味があると占領した!
城とは?
①  敵対する相手自身が守りを固めている居城
②  周囲に城下町などが発展した領地一帯を統治するための城
③  敵国とも国境を固める境目の城
城を攻めるのは?
①  敵の命を奪うための城攻め
②  経済的な利潤を奪うための城攻め
③  敵の領土に侵攻するために行う城攻め


◇ 籠城とは何か
籠城すると、攻める方は3倍、出来れば5倍は欲しい!
となると食料の問題がある!
秀吉は兵站を断つ!
・播磨  三木城 干し殺し
・因幡  鳥取城 飢え殺し
・備中  高松城 水責め

小田原北条!!
小田原城は城下町を城内に持っている!
再生産が可能だと!
【では城壁があったのか?】

上杉謙信も武田信玄も撤退した!
謙信10万、信玄3万と言う!
この数字もどうかなと思うが………

が秀吉は進んでいる???
城内の士気を下げる!
「石垣山城」を短期間で築く!
自分達より技術が進んでいる?
そう言う思いをさせ、士気を下げる!


先に出てきた、高天神城!! 山城である!!
ここは城下町ではない!
掛川城がそれを担っている!

この高天神城を勝頼は落とす!
慢心になる! 俺はやった!!!
が翌年長篠の戦いで負ける!
高天神城は孤立する!!
勝頼は?
救援に出れば信長と戦わなければならない!
ほっておけば信を失う!
信長は、高天神城の降伏を許さない!
武田をおびき出す???
勝頼は救援を諦め、落城する!!

「人は城、人は石垣、情は味方、仇は敵」
勝頼は新府城で籠城を考える!
が、家臣らは見捨てる!!
天目山で自害する!
高天神城に固執し過ぎた??
境目の城を守るより、本領を守ることを考えるべきだった………


◇ 「本城+1」の戦いとは何か
領国には本城がある!
それに領国支配の城、境目の城がある!
重要な拠点に兵は集中する!
小さく分散しても、各個撃破されるだけだと!!

◆ 信玄の西上作戦!!
山県昌景 先発 3,000
信玄   本隊 22,000
ここで信玄は亡くなったので目的は分からない!
・上洛
・設永との直接対決
・勝頼のために、織田・徳川を叩く
謙信を一向一揆で動けなくしている!
海津城の高坂昌信も参加している!

家康は?
浜松城が本拠地で、その前の二股城に兵を置く!
「本城+1」
二股城は「+1」になる!
ここが籠城で2ヶ月信玄は手間取る!
信長の救援が間に合う!
;家康  8,000
・信長  3,000
計11,000
・武田25,000
こうなれば11,000VS25,000で、籠城なら何とか戦える?

が、信玄は浜松城を無視する???
無視された家康は激怒!
三方ヶ原の戦いになるが、信玄の挑発に家康が乗った??

真相は分からないが、25,000の補給は??
常識であれば、11,000をほっとけない!
抑えの兵が必要である!
15,000は欲しい!!
となれば残りの10,000か15,000では何も出来ない?
やはり信玄は背中を見せて家康を挑発し、家康も乗ったと!
家康は大敗し浜松城に逃げ帰る!

信玄は亡くなるが、この時生きていればどうなったのか?
著者の推測である!
・野田城
・吉田城
・再度浜松城攻撃
・家康を降伏させるか、討ち取り、遠江を手に入れる!
・三河 信康を打ち取り、勝頼に任せる!!

◆ 上杉の最上攻め
小山評定で家康は引き上げる!
上杉は??
・小山着陣時 夜襲
・小山撤退時 追撃
・江戸攻撃
どれも取らずに、最上領へ侵攻した!
要は自国の領土拡大に走った?
【関ヶ原が長引くと考えた? 徳川も無傷ではない】
【上杉の領土拡大に走る】

山形城を攻める!
山形城の前に「長谷堂城」がある!
「+1」である!
時代遅れの難攻不落でもない城である!
ここを直江兼続が攻める!
落とせない!! ダラダラ攻めたのか??
関ヶ原が終わった連絡は入った時点でも落ちていない?
これに関しては?
・兼続が無能だったから
・西軍が負けたた場合を考えていた?
著者は兼続の能力を疑っている??
長谷堂城からの撤退は成功させている?
会津120万石から米沢30万石に減封される!
家臣を皆連れて行ったので、貧乏藩になったと!!
兼続の評価は著者から見れば低い???


◇ 兵站が勝敗の鍵を握る
山本七平が書いていた!
実体験であるが、馬を使っていた!
餌、肥料など補給は??
ましてや糞尿は?? 黄害だと書いていた!
「ロジスティクス思考とは何か 戦史から解明する戦略的物流革命 谷光太郎」
日本のええ加減さがある!
現地調達か?

「マーティン・ヴァン・クレヴェルト 補給戦 何が勝敗を決定するのか」
これは面白かった!!
日本版は無いのか???

明治の陸軍は兵站を考えていた!!
昭和の陸軍である!!
インパール作戦の牟田口廉也!!
畳の上でこの男が死ぬのは許せない!
「願望さえ持っていれば勝てる!!!」
「必勝の信念」
「断じて行えば鬼神も避く」
「他に類を見ぬ創意」
「潑溂たる指揮」

馬や牛を輸送に使う!!
モンゴルじゃあるまいし牛馬の扱いに慣れていない!
殺して食料にして食べる??
自分が考える分けではない!!

「NHKスペシャル・戦慄の記録  インパール」
見ていられなかった………
要は兵站を考えていない!!!

秀吉の兵站!
キチンとしている!
・三木城では、自軍のために金を出して米を買う
・【鳥取城では米を金を出して買う? 城内の米も売られる】

小田原城攻めに、謙信、信玄は失敗している!
秀吉は成功している!
兵站の問題か??
・四国攻め
・九州攻め
・小田原攻め
・奥州攻め
・朝鮮出兵
・家康の会津討伐
秀吉には補給のプロが付いている!
三成、長束正家、増田長盛らの官僚がいる!

明治以降、兵站は軽視されて、「神風」「奇襲」が強調されている!!
著者は秀吉を褒める!
築城、兵站の理解が深いと!!


◇ 築城戦を考える
秀吉は人使いが上手い!!

◆ 秀吉の野戦築城 ① 賤ケ岳の戦い
川中島の合戦は、武田の啄木鳥戦法は無理だと実証されている?
秀吉の大返しは2度ある!

・賤ケ岳の戦い  大垣大返し
・天王山の戦い  中国大返し

賤ケ岳の大垣大返しは、実証されている!
馬の速度や考えていて、出来たようだ!
1日のことである??

お互いに陣地戦になり、こうなると先に手を出した方が負け??
秀吉が留守を狙い、佐久間盛政が攻撃する!
直ぐに引き上げなければならないが、居座ったために秀吉が大返しである!
秀吉の実行力を褒める!!!

中国大返しは??
知る限り、実権はやっていない??
本当にどうだったのか??
やって欲しいが………

◆ 秀吉の野戦築城 ② 小牧長久手の戦い
陣地戦なのは変わらないが、賤ケ岳と反対になる!!
秀吉が動く!
池田輝政・元助、森長可らが攻撃し戦死する!
家康の方が一枚上手か?
秀吉は、兵站、野戦築城戦においても長けていたと!

 

■第四章 勝敗  勝利に必要な要素とは
◇ 合戦の勝敗を改めて考える
勝ち負けはどうやって決まるのか?
鎌倉時代は一騎討で、大将が討たれれば負けか??
大将は後ろで全体を見ている?
普通はそうである!
が、蒲生氏郷は「銀の鯰の尾」 銀色のとんがり帽子みたいな兜である!
こう言う兜は、目標になりやすい!
が大将がいないと、不安になる?
だから目立つ兜でここにいると安心させる!

大将に討ち死には少ない!!
・桶狭間の戦い  今川氏真
・沖田畷の戦い  竜造寺隆信
・戸次川の戦い  長宗我部信親
これ等は例外か??

・厳島の戦い   陶隆房
指揮系統が分散されると、統制が取れずに負ける!!!


◇ 敗戦は指揮系統の崩壊によって引き起こされる
情報伝達、指揮の徹底!!
連絡網がいる! 母衣武者であるが………
プロシア参謀本部ではないが、参謀が的確な指示をする!
軍が大きくなればどうしても軍を分ける!
この時、各軍に付けられた参謀が判断する!

ナポレオン戦争!
・ガルダ湖畔の戦い  20,000VS50,000
・ドレスデンの戦い  135,000VS214,000
・ライプニッツの戦い 195,000VS365,000
動員される兵も一桁違う!!
プロシア参謀本部が力を発揮した!

◆ 関ケ原の合戦
徳川方には、本多平八郎忠勝、井伊直政が監視、伝達に走る………
・小早川秀秋は西軍だったのか??
・この裏切り時、西軍は三成を戦場から離脱させれなかったのか?
・そうすれば大阪城で籠城と言う戦術が取れた
・大谷吉継は裏切りを予想し、土塁を積んでいた!
・が、脇坂安治らの裏切りまで想定していなかった!

西軍の敗北は指揮系統を維持出来なかったことにある!!

◆ 三増峠の戦い
武田信玄VS北条
信玄の駿河侵攻!
小田原城を攻め、引き上げ時に北条が襲いかかる!!
左翼の大将が討ちとられるが、代わりに指揮を執り、崩れなかった!
No2が機能した!!

戦国時代の指揮系統の乱れは、負けに繋がると!!!


◇ 農民たちの士気を上げる
戦っているのは生身の人間!
兵士は石高により決められる!
40万石で1万人!
農民も使われる?
セミプロである!!
この農民兵をどう戦わすのか?
撤退時、逃げる時にまとまって逃げる方が安全である??
逃げる時は、落ち武者借りに会う!
退却時は死者が多くなる!!
主君のために死ぬ??
農民には通じない!

・戦いは数である
・軍事とは経済である

生身の人間が戦う!!
つまり「人間とは何か」
どんな舞台装置を造れば、死を超越して戦えるのか?
それは何なのか???
宗教、政治、経済、文化、死生観、価値観………

戦場にいた人間は殺し合いなどしたくない??
著者は生身の人間は殺し合いなどしたくない!!
「合戦のリアル」は「人間のリアル」である!

 

あとがき
著者は格闘技のファンか??
著者にも貧弱とは言え野生の働きが秘められている!

戦いを悪とは決めつけず、自分の内なる闘争本能を理解し、
過去の合戦を科学的に分析することが必要だと!

 


「合戦」の日本史 : 城攻め、奇襲、兵站、陣形のリアル ②・本郷和人

 

2024年2月17日 (土)

本・「合戦」の日本史 : 城攻め、奇襲、兵站、陣形のリアル ①(2022/3)・本郷和人

Photo_20240218234601

戦後、日本の歴史学においては、合戦=軍事の研究が一種のタブーとされていた!
このため、織田信長の桶狭間の奇襲戦法や、
源義経の一ノ谷の戦いにおける鵯越の逆落としも「盛って」語られるが、
学問的に価値のある資料から解き明かされたことは無いようだ!
城攻め、奇襲、兵站、陣形……
歴史ファンたちが大好きなテーマだが、本当はどうだったのか??
本書ではこうした合戦のリアルに迫る!!

 

最近本郷和人はよく読んでいる!!
良く書く話題があるものだと思うが………
城攻め、奇襲、兵站、陣形はどうなのか?
城攻めの、水攻めでは食料はどうしたのか??
水面にウンコが浮いていたのか??
答えは無い!! 当たり前である!!!
内容は下記の通りである!! ① ②と分けて紹介する!!

 


はじめに
■第一章 合戦の真実
■第二章 戦術  ドラマのような「戦術」「戦法」はありえたか


■第三章 城  城攻め・籠城・補給・築城
■第四章 勝敗  勝利に必要な要素とは
あとがき

 

◎内容例
本当に軍師は存在したのか?
川中島の戦いの勝者を考えるポイントは?
奇襲は有効だったのか?
なぜ城攻めをするのか?
各城にどのくらいの兵力を置くか?
お粗末すぎる日本の城壁
合戦のコストを考える
大将の討死は実は少ない
関ケ原の戦いと指揮系統
ほか…

 


はじめに
・乱  応仁の乱
・変  本能寺の変
・役  前九年の役
・騒動 霜月騒動
西郷隆盛の反乱は西南戦争!
戦争である!!

日本では戦争の研究はタブーである!
過剰である??
日本学術会議みたいな組織になる!

が「失敗の研究」みたいな本も発行される!
現在のウクライナ侵攻、中国の帝国主義的動きに、
研究者はどう応えるのか??
そうさせないために外交はある???

戦国時代は農民兵が多く参加している!
農閑期しか兵を動かせない?
そう言う中で、どう兵を上手く使うのか??
リーダーの能力が発揮される!

城攻め、奇襲、兵站、陣形、戦法などから日本史における「合戦」を考える!
【ちょっとページが足りないか?】

 

■第一章 合戦の真実
◇ 合戦とは何か
合戦のリアル?? 合戦は人間が行う!
殺すことをためらう人間がほとんどである!
それを殺すように仕向ける?
白兵戦?? 鈴木眞哉
刃物を持って殺しあうことはなかなかできない?
弓矢が主で、鉄砲に変わる!!

佐藤優が書いていたが、民族紛争!
殺し合いをやっているが、重火器を与えない!
鉄砲にナイフ、素手で殺し合いをさせれば何処かで辞めたいと言うことになると?

南北戦争でもお互いにわざとそらして撃つ!

古代、平安時代、鎌倉時代、室町時代は専門家同士の戦いである!
戦国時代に農民が動員される!
兵の数も増える! しかし農閑期しか戦えない?
戦の最中も収穫のこと考えている!
それらを戦いに集中させる? アメとムチか??
【織田信長は銭で雇う兵を使い、常時戦える】

明治維新は兵が減る!!

武士は鎌倉、室町、戦国、江戸時代と権力の中心にいた!
この武士の存在抜きで、中世以降の歴史は語れないと?
著者の本はよく読んでいるので、何時も出てくる!
「将軍権力の二元論」 将軍は政治と軍事のリーダー?
・政治 統治的な支配権
・軍事 主従的な支配権

徳川吉宗は米将軍と言われている!
気候に注意する!
冷害などで農産物の出来を心配する!
政治家である!
大岡越前は名奉行だが、物価の安定に努めた有能な官僚だった!
政治で国を治める!

主従的な支配権!
ピラミッド型の支配!
江戸時代は忠義、忠節が義務付けられている!
「君君たらずとも臣臣たれ」
将軍ではなく、自分の主人、大名に忠誠を誓う!
「奉公」 主人のために命を懸けて働く
「御恩」 主人は見返りを与える

足利尊氏、直義兄弟!
・尊氏 軍事
・直義 政治
二人で分けて担当する!
結局は衝突するが………
軍事と政治?
優先されるのは軍事の方か??


◇ なぜ日本史では軍事研究はタブー視されたのか
どうも日本では真面目に戦争を研究していない?
「皇国史観」 神話??
それらが優先される??
マニアックな研究者研究している??
著者が藤本正行を評価している!
鈴木眞哉もいるが………
二人とも読んでいるがまともである??
要は光秀の子孫の本は読むに堪えなかったが………

・川中島の謙信と信玄の一騎討ちはあったのか??
・桶狭間の奇襲は?
・長篠の戦いの三段撃ちはあったのか?

「少数が多数に勝つ事を強調し過ぎる」
確かに多数を持って勝つのは当たり前だと!

戦争の反省で、左が優勢になる??
日教組である!
自衛隊員の子供をイジメる!
今なら大問題である!
自衛隊も災害救助で国民から認知されている!!
共産党でさえ現在は「国民の理解が得られた時点で廃止する」
本心は分からないが………
現在では、軍事研究だと言われれば排除される!
「日本学術会議」が出てくる!
国から金を貰って、国を批判する??

著者は外交の次に研究するのは軍事だと!!!
【著者も日本学術会議には嫌われる? NHKには好まれている】

 

◇ 合戦は人間の「命のやりとり」であることに立ち返って考える
三河武士と言えば本多平八郎忠勝!
忠節とは、主人と共に死ぬことだと!
鎌倉武士と同じだと!
軍事は人間の命と密接な関係があると!

神仏の存在を日本人は余り信じていない??
秀吉はキリシタン大名に信仰を捨てろと??
心の中で信じるのは構わない!
それでも棄教しなかったのは高山右近!

「遠藤周作 沈黙」
カトリックからは批判されている!
神は何故答えないのか??
踏み絵!!
形だけでも踏めと! 心の中までは問わない??
そんな事より殉教せよと!!
表向きキリスト教を捨てれるのは、信じていないからか??

ここまで書かれていることは、命を賭して戦うことが出来るには、理由付けがいる!
合戦もそうであり、これがリアルな姿だと!
合戦も英雄豪傑の、カッコイイ状況に傾く!
籠城戦の餓死の状況!
そう言う研究はなかなか行われない!
そこを考えて「合戦のリアル」を考える!!


◇ 合戦における勝敗の大前提
著者の持論か???
合戦には目的があり、目的を達成すれば勝ちである!

・川中島の合戦!
これは華やかであるが、何のための戦いだったのか??
越後と信濃は国境を接している!
北信濃の領有権の争いである!
当時信濃40万石、越後35万石??
江戸時代に越後は100万石になる!
北信濃は10万石で、ここを謙信が奪いに来る!
・謙信 北信濃へ侵攻
・信玄 奪われないようにする!
信玄の越後侵攻に対する防御のために手に入れたい!

この合戦、変に有名である??
・信玄、謙信の一騎打ち?    無かった?
・山本勘助提案の、啄木鳥戦法? 実証したら出来ない?
この戦いは、一般的には引き分けである!!
しかし目的を果たしたのは信玄の方である!
死傷者は多い!
武田は弟、典厩信繁を失っている!
武田は北信濃確保で、謙信は引き上げる?
信玄の勝ちだと!!


◇ 勝利の大原則 ① 戦いとは数である
面白い例えである!
・機動戦士ガンダム
 ジオン公国の総帥ギレン・ザビに弟のドズル・ザビが言う!
 「戦いは数だよ、兄貴」

知っている話?
・山本五十六が小澤治三郎に攻撃隊を見て「やはり数だね」
・信長は桶狭間以降、奇襲攻撃はしていない? 相手より多く集めた?

承久の変!
・幕府方19万騎?? かっては奥州17万騎と言った………
600年時  人口600万人!
1600年  人口1,200万人!
中世では1,000万人か??
中国でも兵は誇大表示されている!
1/10で考えたら合うんじゃないか??
19万騎?? 1万9千騎なら納得か?
19万と言うと兵站は??
鎧兜は???
特に弓矢は???
奥州藤原氏も1万7千騎なら合いそうである??

鎌倉武士の動員力?
有力武士でも300??
畠山重忠が謀殺された時、130~140の兵だった?
本気になれば倍? 300はいたと!

源頼朝も数を理解していた??
信長も佐久間信盛を責める時、贅沢になれていると言った??
・筑後権守俊兼も贅沢で責められる
・小山政光! 多数の家来を持っている!
 熊谷などは少数なので自分が戦わなければならない!
 自分は家臣も多く、十分に奉公していると!!

やはり数は必要だと!!!


◇ 勝利の大原則 ② 経済を制した者が勝利する
当然の話である!!

鎌倉時代は一騎討である!!
名乗りを上げている!
が、元寇があり、集団戦になる!!
「戦いは数になる」
その数には、農民を入れざるを得なくなる!!
薙刀は主戦武器であるが習得に時間がかかる!!
槍の方が戦力になる!!

財力は?? 兵に比例する!!
戦国時代の石高??
・甲斐  20万石
・信濃  40万石
信玄は20年で60万石手に入れる!
40万石で1万人?

・越後  35万石

川中島の合戦!!
・武田  15,000から20,000人
・上杉  8,000から10,000人

これに対して信長は??
30代半ばでである!
・尾張   57万石
・美濃   60万石
・伊勢半国 30万石
約150万石!

これから計算すると、
信玄 15,000 VS 信長 40,000!
後に信長は南近江を手に入れている!
堺も手に入れている!!

信玄は「甲相駿」の同盟で上杉を攻めるが、直江津をモノに出来ない!!
駿河に侵攻し、家康と分割する!
ポーランドみたいである!
が駿河は15万石である!
海には出れたが………
軍事は経済と結びついていると!!

明治の元勲はそれを理解していて、「富国強兵」に走る!
兵站も考えている!
昭和の陸軍とは違う!!!

明治の参謀本部は戦いの歴史書を編纂している!
石高により兵数を算出する!

が日本は少数が大軍を破ることを重要視する?
奇襲を常用の作戦としたい??

桶狭間の戦いの時は?
今川は?
・駿河  15万石
・遠江  25万石
・三河  30万石
計70万石!!
信長は?
・尾張  57万石
これから考えると
今川 15,000 VS 信長 10,000??
地の利を考えると、勝つべくして勝った??

昭和の陸軍は?
・精神論
・兵站無視  現地調達?

この反省をすべきであるが、日本の学者はしない!!
軍事のリアルをきちんと分析することが重要であると!!

 

■第二章 戦術  ドラマのような「戦術」「戦法」はありえたか
◇ 戦術のリアルを考える
軍師の存在である!! 実際にいたのか???
「籌を帷幄に運らし、勝ちを千里の外に決す」
日本に軍師はいたのか??
山本勘助である!
隻眼、ちんば、チビ………
肉体的に異常があるのが好まれる??

個人的見解! 日本人の異常な軍師好き!!
・戦国時代の軍師列伝
 山本勘助、竹中半兵衛、黒田官兵衛、直江兼続、本多正信、太原雪斎………
・何と言っても、諸葛孔明か?? 太公望、司馬仲達!
 しかし軍人であり政治家である!
・日清日露戦争
 川上壮六、田村怡与造続けて亡くなり、児玉源太郎が引き継ぐ
 海軍は秋山真之! 参謀、軍師が作戦を考える!
・太平洋戦争も参謀が重要である!
 黒島亀人、辻政信、瀬島龍三………
 作戦参謀の天下である!

戦国の陣形がある!!
・魚鱗
・鶴翼
・雁行
・偃月
・鋒矢
・衡軛
・長蛇
・方円

Photo_20240218234701

 


若い頃は純粋だった!
こう言う陣形があれば戦いに勝つ!
車がかり???
実際に考えてみれば、攻撃隊と引き上げ隊が交錯するので、
どんな風に訓練したのか???
しかし違いがあるのか???

戦国時代は家臣と郎党が一段となって戦う!
かってに兵を分断できない!
上杉謙信は分断しては位置出来たようだが………

三方ヶ原の戦い!!
徳川軍は鶴翼の陣、武田方は魚鱗の陣????
と言われている????

Photo_20240218234702


武将の配置はその場で決めるのか??
武将がみな理解しているとは思えない!
ましてや兵が………

平安時代から鎌倉時代初期は、動員兵力は300と言われている!
頼朝の旗揚げ時、石橋山の合戦では兵300と言う!
北条は二けたの動員力だと!
それぐらいであれば指揮官の統制が効くが………

南北朝時代は兵をたくさん集めた方が有利になる!
農民兵も集める!
シュミレーションゲームではない!
ボタン一つで兵の配置が出来るのではない?

有名な島津の「釣り野伏」
野戦において全軍を三隊に分け、そのうち二隊をあらかじめ左右に伏せさせておき、
機を見て敵を三方から囲み包囲殲滅する戦法である!
中央の部隊のみが敵に正面から当たり、敗走を装いながら後退する!
これが「釣り」であり、敵が追撃するために前進すると、左右両側から伏兵に襲う!
これが「野伏せ」であり、敗走を装っていた中央の部隊が反転し逆襲に転じる!!

Photo_20240218234703


絵にかいたような戦術である!
兵力、地形による!
また敵の指揮官の能力にもよる!
著者の分析!
陣太鼓で複雑な動きが出来るのか?
いかな島津と言えども、農民兵もいたはずである!
死の恐怖に勝てたのか??
この兵に対していかに士気を保つのか??


◇ いかに兵の士気を上げるか
・有田中井手の戦い
毛利輝元 1,000人 VS 武田元繁 5,000人!
これに毛利元就が勝つ!
兵の士気の差だと??

松浦静山!!
「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」
勝つと言うことは、何かの拍子、偶然で勝つ事もあると!
負けた時は要因をきちんと考える!
野村監督の好きな言葉である!

筑後柳川のの立花宗茂!
率いる兵は3,000人ほど!
その規模では強い!!
理由は、将校クラスが最前線で率先して戦う!
なので戦死率は高いが、強い??

負けると、死ぬと分かっていても戦わなければならない!
「宝治合戦」
北条VS三浦!
この時、大江季光は北条に味方しようとしたが、妻が三浦の人間で、
三浦に付き負ける!
縁を結べば最後まで行動は共にする!

勝敗が決して敗走する!
この時、追撃戦になるが、この時は農民兵も追撃する!
気が大きくなり頑張るので死者が増える??
人間欲で動くのか???


◇ 奇襲戦のリアルを考える
奇襲戦??
桶狭間の合戦であるが、どうもそうではなさそうである??
ただ信長には、悪ガキが付いている!
前田利家とか佐々成政である! 母衣衆になっている!
こう言う、意のままに動く家臣を子供の頃から育てている?
「NHK 風雲 大歴史実験」
面白味のない番組である!

合戦の状況!
戦国時代は、武将と配下ごとに戦う!
鉄砲隊だけ、槍隊とかまとまっていない!
兵種別の編成は出来ないと???
【そうなると、長篠の鉄砲三段撃ちは???】

挟み撃ちは効く??
信長は朝倉攻めで、浅井に裏切られる!
・朝倉  10,000
・浅井  5,000
・織田  30,000
挟み撃ちにあっても
信長 30,000 VS 朝倉・浅井 15,000
戦えない人数ではないが、一目散に逃げた!!
なぜ逃げたのか??
・兵站
・挟み撃ちは効く

河越夜戦! 有名である! 日本三大奇襲戦!
・桶狭間の戦い
・厳島の戦い
・河越夜戦

北条綱成が籠る河越城を、上杉の10万と言う兵が囲む!
北条氏康が救援に来て夜襲を仕掛ける!
「戦いは数である」
だから奇襲が成り立つ?
少数が多数に攻撃をかけるので奇襲になる!!

 


「合戦」の日本史 : 城攻め、奇襲、兵站、陣形のリアル ①・本郷和人

 

2024年1月24日 (水)

本・武士とは何か ②(2022/10)・呉座勇一

Photo_20240125090601


16 足利尊氏「この世は夢のごとくに候」
17 北畠親房「一命を以て先皇に報い奉る」
18 一条経嗣「愚身ひとえに諂諛をもって先となす」
19 山名宗全「例という文字をば、向後は時という文字にかえて御心得あるべし」
20 細川勝元「正体無き者は王とも存ぜざる事なり」
21 斎藤道三「山城が子供、たわけが門外に馬を繋ぐべき事、案の内にて候」
22 今川義元「自分の力量を以て国の法度を申し付く」
23 毛利元就「ただただ三人御滅亡と思し召さるべく候」
24 上杉謙信「信玄ははかりごとある人にて、法師武者を大勢仕立ておかれ候」
25 織田信長「日向守働き、天下の面目をほどこし候」
26 明智光秀「仏の嘘をば方便と云い、武士のうそをば武略と云う」
27 森蘭丸 「父が討死の跡にて候えば坂本を賜れ」
28 豊臣秀吉「秀吉若輩之時、狐と成て、信長公の幕下の属す」
29 黒田長政「今になりて、我らが分別、鑓先にあり」
30 徳川家康「万一負け候わば、弔い合戦すべしと人数を揃え上って能く候わん」
31 石田三成「大将をする者は命を全うして、後日の合戦右心に懸る也」
32 真田信繁「忠義に軽重無し、禄の多少によるべきや」
33 伊達政宗「奪うべき時期だに身に授からぬ天下なれば望みなし
終 章 中世武士から近世武士へ
主要参考文献

 

16 足利尊氏「この世は夢のごとくに候」
戦前は逆賊?
そんなものなのか!
それほど後醍醐天皇は正しいのか?
北条時行の「中先代の乱」
足利直義が敗走!
尊氏が救援に向かう!
征夷大将軍を求める!
単に戦いの都合である!!
が後醍醐天皇は自立を恐れて与えないが、出陣する!

尊氏は関東を治め棄教しようとするが………
が新田義貞、楠木正成を破り講和になる!
三種の神器の返還!
に対して後醍醐天皇は??
・太上天皇の尊号を贈られ
・息子が皇太子に
・京で上皇として生活できる
・院政をひける

尊氏は隠遁しようとした!
この行為は後醍醐天皇に伝わらず、三種の神器を渡しながら、
偽物と言い吉野に走る………
南北朝である!
これを読むと、混乱は避けられた??
が、いずれ対立する!!


17 北畠親房「一命を以て先皇に報い奉る」
北畠親房は「建武の新政」から政界に復帰している!
「神皇正統記」
顕家も活躍する!!
南朝の忠臣とされる!
官位で武士を釣る??
理由は分からないが、南朝に尽くした!!


18 一条経嗣「愚身ひとえに諂諛をもって先となす」
義満の天皇家簒奪!
これは「北方謙三」で知った!!
これは戦前から唱えられていた??

「准母」
義満の正室 日野康子である!
後小松天皇生母が危機になり、
義満は生母の代わりに「准母」を立てるべきだと!
一条経嗣らは忖度して、日野康子を推挙する!
実際に生母が亡くなり准母になる!
義満は「准父」になり、太上天皇になることだと?

一条経嗣らはのらりくらりかわした??
「准母」だけは認めた………
天皇家の危機は脱した!!
【実際に簒奪しようとしたのか???】


19 山名宗全「例という文字をば、向後は時という文字にかえて御心得あるべし」
著者には「応仁の乱」がある!
図書館で予約件数250か?
ただし在籍が20冊以上ある!
こうなれば予約は20件ぐらいになる?

山名宗全!
何事も前例で自説を強調する!
これからは「例」を変えて「時」を使えと!
「例」はその時の「例」である!
時代により変わる?
だから武家に天下を奪われた??
私のような賤しいものが高貴な方と対しているのは「時」である!

6代将軍義教が赤松満祐に暗殺される!
この討伐軍に参加する!
どうもクーデターを起こす!
下剋上の申し子??
保守的なところもあり、
古典的教養も備えている!
家柄や身分が重要な時代から実力本位の戦国時代に移行する、
過度軌を象徴する人物だと!
【ダラダラと応仁の乱で京を破壊した??】


20 細川政元「正体無き者は王とも存ぜざる事なり」
細川勝元ではない!! 息子である!!

「明応二年 1493年 明応の政変」
応仁の乱後、この明応の政変で幕府は止めを刺された!
この仕掛人である!
10代将軍 義稙と不仲である?
義稙が京を留守した時、日野富子と組んでクーデターを起こし、
義澄を新将軍に擁立する!
義稙逃亡!
政元は実力者である!

この時期幕府は金がない!
天皇崩御、新天皇即位の費用が出せない?
出さないのか?
政元は、
「即位式など無駄である、即位式を行っても実績が必要である!
 現状でも『王』と認めている! だから大金を投じて大掛かりな儀式は必要ない」
自身も家臣に暗殺される!!


21 斎藤道三「山城が子供、たわけが門外に馬を繋ぐべき事、案の内にて候」
「司馬遼太郎 国盗り物語」
これは親父の本棚から探して読んだ!
メチャメチャ興奮した!
もう冷めているが………

親子二代の国盗りだと!
歴史的には創作だと言うことが多い??
・油売り
・義龍は道三の実子ではなく、頼芸が実父
・「まむし」も坂口安吾が捜索した!

逆に本当なのは??
・正徳時の信長との会見
・たわけ??
道三は自分で信長を見て判断した!
「信秀ほどの武将が廃嫡していない」
「信玄は信長の日常生活を聞いて考え込んだ」
要は見る目のある人間しか分からない?
「英雄、英雄を知る」


22 今川義元「自分の力量を以て国の法度を申し付く」
桶狭間の合戦である!
果たして尾張侵攻の今川義元の目的は??
桶狭間の戦いも変わって来ている!
・奇襲
・兵力

要は今川義元は戦国武将だと!
「守護使不入」
有力寺社が徴税を拒否できる??
しかし義元は
「自力で法を定め領国を統治しているので、無効だと」
軟弱ではないと!!


23 毛利元就「ただただ三人御滅亡と思し召さるべく候」
元就の実像は残っている!
手紙が多く残っている!
「謀多きは勝ち、少なきは負ける」
これを実践したのか??

息子たちへの不満がある!
後継者 隆元への不満!
「無才無器量」
吉川元春、小早川隆景が弟である!
不満があり元就に手紙で訴える!
その返事を書いている!

三子教訓状!! 14箇条からなる!!
第一条  毛利の苗字を末代まで廃れぬように心がけよ。
第二条  毛利の二字を疎かにしてはならぬ
第三条  三人の間柄が少しでも分け隔てがあれば、とも滅亡すると思え
第四条  隆元は元春・隆景を力にして、すべてのことを指図せよ
第七条  亡き母、妙玖の供養も三人が仲良くすることと!


24 上杉謙信「信玄ははかりごとある人にて、法師武者を大勢仕立ておかれ候」
武田信玄の項目みたい??
「甲陽軍鑑」
どうも本物のようだ?
内容は別であるが………

著者は、本能寺の変で「立花京子」「明智………」を批判していた!
どちらも好きではない?
今回は井沢元彦である??
井沢元彦は、考えてみればおかしいじゃないですか?
そんなことあり得る??
そう言う言い方が多いと思う??
最近は読んでいない?? 【疲れる??】

甲陽軍鑑だけでなく「山本勘助」も実在を疑われていたが、史料で確認された!
川中島合戦 啄木鳥戦法!
これは出来ないと実証されている?
【夢が無くなる】
それでも他に史料が無いので使われる??
謙信、信玄の一騎打ち??
信玄には影武者がいた??
「甲陽軍鑑」の内容は確認されていないが、
無理やり使っている???


25 織田信長「日向守働き、天下の面目をほどこし候」
革命児?? 改革者??
・鉄砲三段撃ち
・兵農分離
・楽市楽座………

鉄砲三段撃ちは否定されている!
鈴木慎哉、藤本正行である! 著作を読んでいる!

兵農分離も完全ではない!
同様に「楽市楽座」の以前からあったと!
でも信長は上手く利用した!!

信長は世間体を気にし、空気を読む!
「外聞」「諸人」「世間」
本当かな??

佐久間信盛への弾劾状の追放理由!
・丹波は明智光秀が平定し、天下に面目をほどこした!
・羽柴秀吉は数カ国で比類ない功績を上げた!
・池田恒興は小禄ながら短期間で花熊を攻略し、これも天下の称賛を得た!
・柴田勝家は彼らの働きを聞き、すでに越前一国を領している身ながら、
天下の評判を気にかけて、今春加賀に進撃し、一国を平定した!
しかるに、五年間石山本願寺と戦かわず無駄に過ごした!
天下も面目を失った!


26 明智光秀「仏の嘘をば方便と云い、武士のうそをば武略と云う」
個人的には好きな戦国武将である!
要は出自もよく分からない!
庶民からは慕われる!
「仏の嘘を方便と言い、武士の嘘を武略と言う、百姓は可愛きことなり」『老人雑話』
天下を狙ったのか??


27 森蘭丸 「父が討死の跡にて候えば坂本を賜れ」
森蘭丸とは……… 武将と言うには実績がない!
光秀の敵??

初めて知る話である!
信長は蘭丸を光秀の娘の婿にしようとした!
が光秀は断り、忠興に与える!!
信長の縁談を断れるのか?

・森蘭丸   永禄8年(1565年)~天正10年(1582年6月21日)
・ガラシャ  永禄6年(1563年)~慶長5年(1600年8月25日)
・忠興と結婚 天正6年(1578年)
何時の話か??

まずガラシャは美人だったのか?
蘭丸も美男だったのか?
信長と男色関係は??

蘭丸は信長に父の遺領 志賀郡を望むが光秀領である!
取り上げる分けに行かずに縁談??
森可成は坂本で戦死している?
戦死は最大の戦功だと!!


28 豊臣秀吉「秀吉若輩之時、狐と成て、信長公の幕下の属す」
秀吉も出自は分からない?
説が多過ぎる??
乞食もしていた?
天皇のご落胤??
劣等感と自負心??
親類も家臣もいないが、のし上がる??
秀吉若輩之時、狐と成て、信長公の幕下の属す」

鶴岡八幡宮に参拝し、頼朝木像に言う!
「我と御身は共に微小の身から天下を平らげた!
しかし御身は天皇の後胤であり、父祖は関東を従えていた!
故に流人の身から挙兵しても多く者が従った!
我は氏も系図も無いが天下を取った!
御身より我の勝ちなり
しかし御身と我は天下友達なり」


29 黒田長政「今になりて、我らが分別、鑓先にあり」
関ヶ原では活躍した?
小早川秀秋を裏切らさせ、毛利も動かさなかった?
出典を研究すると、本当かなと!
秀秋が逆に徳川に襲いかかったら?
これを長政は、今さら知るか、戦うだけだと!!

家康の秀秋に対する「問鉄砲」は??
どうもなかったようだ………


30 徳川家康「万一負け候わば、弔い合戦すべしと人数を揃え上って能く候わん」
徳川は兵を二分した!
家康と秀忠である!
どちらが本軍なのとよく言われるが………
秀忠は中山道を行き真田を攻略する!
予定通りである!
家康は江戸を動かなかったが、正則らが岐阜城を攻めたので、出陣した!
秀忠にも急ぐように連絡した!
この使者が遅れ、あわてて秀忠は向かうがバラバラで向かう??
遅れて家康に叱責される!
榊原康政がとりなした?? どうもそれは無さそうである!
叱責の理由は、もし家康が敗れれば弔い合戦になのに、バラバラで来るとは?
流石と言うべきか!


31 石田三成「大将をする者は命を全うして、後日の合戦右心に懸る也」
「司馬遼太郎 関ケ原」
このイメージは大きい!!
個人的にはここから始まり、著者たちにより修正されて行った??
・かくまった百姓に罪が及ばないように突き出せた?
・戦い敗れて、東軍諸将に、もう一戦しようと生き延びたと!

司馬遼太郎では捕らえられて諸将の反応がある!
・細川忠興  会釈して通り過ぎる! 正解か?
・福島正則  罵倒のし合い!
・小早川秀秋 三成に罵倒される!
・黒田長政  勝敗は時の運と慰めて、自分の羽織をかける?

まず福島正則は、三成の言い分はもっともだと!
罵倒などしていない??

黒田長政である! 司馬遼太郎では最後のイメージ作りの演技に入った??
どうもそうでもなさそう………
【夢が無くなる………】

江戸時代から何も佞臣というイメージだけではなく、忠臣のと言われていたようだ?


32 真田信繁「忠義に軽重無し、禄の多少によるべきや」
確かに活躍したが、そんな大物ではない??
個人的には子供の頃、白戸三平の漫画に惹かれた??
真田忍群??

実戦は??? しょせん信濃の小領主である!
大阪の陣で徳川から「信濃一国」の条件を示された!
あり得ない話である!
誘いはあったが果たして条件は???
反徳川というべき家である!
兄信幸の、昌幸の幸を「信之」と変えている?
信濃の大名を何処に持って行くのか??
ついでに言うと、後藤又兵衛も同じような話があるが………


33 伊達政宗「奪うべき時期だに身に授からぬ天下なれば望みなし」
うわさが絶えない政宗である!
遅れてきた戦国武将?
したたかである!
絶えず陰謀をめぐらせている??
・小田原への参陣の遅れ? 家督争い?
・蒲生氏郷と葛西大崎一揆を平定するが、政宗自身が一揆を煽動!
・上杉領の旧領6郡49万石の領土の自力回復を許す旨の書状「百万石のお墨付き」
・大阪の陣でも疑われる??
なんやかんやと忙しい!
家康危篤時、謀犯を疑われて秀忠の軍が伊達領を攻める??
その時家康の見舞いに行き、誤解を解く?
最後の戦国武将か?


終 章 中世武士から近世武士へ
◆ 武士は京で生まれた?
関東などは傍流、セミプロだと!
がその傍流が主流になった?

◆ 「武士道」
ひたすら主君に尽くす?
中世では、畠山重忠の項で否定されている!
御恩と奉公!
見限ることは当たり前だと!
江戸時代とは違う!!

◆ 頼朝の時代………
河村義秀は、弓馬の達人で平氏方の大庭景親に従って石橋山の戦いで源頼朝を破る!
義秀もまた河村郷を没収されて大庭景義の預かりとなり、斬刑を言い渡される!
10年も経って義秀を密かに匿ってた大庭景義の推薦で流鏑馬神事に参加!
頼朝は斬首を命じたはずだと機嫌悪くなる!
が、義秀は全て達成したため頼朝もその罪を許す………
景義の進言があり、旧領の河村郷も還付する!
そう言う例が多いようだ!!
名誉感情がある!!

◆ 報復の連鎖! 「やられたらやりかえす」
チェチェン共和国みたいである!
報復の連鎖を回避するには?
・第三者による調停
・徹底的な殲滅
殺しの、そうした例は多い!
・清盛が頼朝を助けた
・頼朝は義経の男児を殺している
・頼朝は木曽義高を殺している
・頼朝旗上げ時、三浦は和田と戦っている!
和田合戦で三浦は遺恨、復讐した!

◆ 武士の教養!
平安時代は騎射出来ればよかった??
が、鎌倉幕が成立し武士も勉強しなければならない!
鎌倉時代の武士は字も読めない!
代筆屋もいたのか??
譲り状に遺産相続もある!
仮名しか読めない??

◆ 室町時代も変わらない?
応仁の乱も面子の問題か??

◆ 戦国大名
武士たちの一揆! 盟約、連合!
紛争を平和的に解決する!
がこれは戦国大名の分国法・裁判に変わる!!

喧嘩両成敗である!!
⑴ 喧嘩は理由を問わず、両者とも死罪
⑵ 攻撃されても自重する、さすれば非があろうとも勝訴である!

自力救済の論理を自力救済否定の論理が凌駕した時、
中世が終わり近世が始まる!!

◆ 太平の世の武士
・中世   主従関係は絶対ではない 離脱出来る!
・江戸時代 忠義を尽くす相手が主君個人から「御家」に変わる!
江戸時代に武士は牙を抜かれる!
覚醒は幕末になる………

 

あとがき
「名言」「名セリフ」を読み解く!
【創作が多いが………】
これが武士の本質的な問いにつながる!
歴史の新しい楽しみ方を発見してもらえれば、
これに勝る喜びは無いと!!

 

主要参考文献

 


武士とは何か ②・呉座勇一

 

2024年1月18日 (木)

本・謙信×信長 手取川合戦の真実 ③(2023/5)・乃至政彦

Photo_20240117071401


第三章 信長の「根切」と謙信の「悪逆」
終 章 そして手取川合戦
主要参考文献
上杉謙信・織田信長略年表


第三章 信長の「根切」と謙信の「悪逆」
第二五節 謙信の家中改革と加賀一向一揆
◇ なぜ景虎に上杉を名乗らせたか
・顕景 後に景勝 謙信の姉の子
・景虎 北条氏康の末子 越相同盟の人質

越後守護代、長尾家の惣領の実験を、景勝に
上杉家の名誉的称号を、景虎に
そういう思惑なのか???

◇ 同床異夢の越相同盟破綻
・元亀2年 北条氏康病死!
氏政は越相同盟を破棄!
上杉VS北条!
が人質の景虎は小田原に帰らず越後に留まる!

◇ 上杉弾正少弼景勝の誕生
謙信の後継者が氏政の弟ではいかにもまずい!
関東の諸士がどう思うか?
で景勝である!

・天正3年 1575年 正月 春日山城に国中の領主が集まる!
出家姿になっている!
顕景は景勝と改めて「弾正少弼」官途を引き継ぐ!
越後の新体制を引き継ぐ!
謙信は後見人になる!
謙信は著者の意見では?
景勝を次の「屋形」とする気がなく、
景虎との合意を得るために、景虎の嫡男 道満丸に相続させる!
この体制を後見しようとしたと?

◇ 馬廻増員の軍制改革「上杉氏軍役帳」
・天正3年 1575年 「御軍役帳」を作らせる!
軍制も改める!
国内領主からの人質を全員から取る!

謙信直属の軍隊が1000~2000が、「麾下8千」になった!
直属兵を増強した!
北条を撃破すれば関東はおとなしくなる?
北陸を攻撃出来る?

◇ 北陸と越後軍の因縁
・天正2年 1574年 義昭の謙信への書状
上杉、武田、本願寺が「三和」して上洛せよ!
謙信に諸国の仕置きを任せると?
ただ謙信には 加賀一向一揆の鎮圧には因縁がある?
越後は為景が一向宗禁止の令を発している!
要は戦っている!
信玄も扇動している??

◇ 長尾為景と加賀一向一揆の戦い
為景が越中に侵攻する!
本願寺 加賀まで攻撃すれば「法敵」だと!
加賀まで攻撃しないが、一向宗禁止の令は出す!
が、逆に加賀一向一揆が越中に侵攻!
為景苦戦! 一揆衆に味方する現地領主が多い!

◇ 上杉謙信と加賀一向一揆の戦い
越中は支配権をめぐる抗争である?
宗教、階級ではない!!
越中!
・神保長職
・椎名廉胤
これに上杉、反上杉、武田、加賀一向一揆が介入する!
一時的には謙信も上洛する時は友好的でもある??
が、一向一揆とは本格的な争いになる?
【坊主が何をしているのか? 狂信者の群れである? 根切りも仕方がない!!】


第二六節 上杉軍の越中平定
◇ 推名康胤から家督を譲り受けていた謙信の身内
・永禄5年 1562年  推名康胤は長尾小四郎を養子に迎えている?
・永禄11年 1568年 謙信加賀侵攻で、本庄繁長が挙兵!
謙信は東西に敵とする!
・永禄12年 1569年 謙信は5度目の越中侵攻を行う!
推名康胤は頑強に抵抗する!!

◇ 越中平定の仕上げ
・元亀2年 1571年 謙信は神保長職の要請で越中侵攻!
椎名廉胤が加賀一向一揆と共闘する!
が、謙信は強い!!
肝心の椎名廉胤が姿を消し息子長城は反上杉に立つ!
加賀一向一揆が味方になるが、朝倉・浅井と信長の戦いもあり、
戦意が無くなり、椎名廉胤は降参する!
越中は謙信が抑える!
加賀、能登を平定すれば上洛可能である!!
時代は謙信、信長を勝ち残らせたと!!!


第二七節 信長を見限った謙信
◇ 濃越同盟の硬直化
「敵の敵は味方」
謙信と信長を結んでいるのは?
・武田勝頼
・本願寺・一向一揆
お互い嫌でもまともに見なければならなくなる?

◇ 信長からの誠意
・天正元年 1573年 以降の両者の関係は?
・対武田同盟が生きている!
・謙信 武田攻撃を公言している!
・信長 伊達輝宗当て
北陸を自分の分国、北条征伐も考えていると??
破綻は目に見えている???

◇ 武田挟撃作戦の準備
・天正2年 1574年 越山するので、この時期に甲信に攻め込んで欲しい!
謙信の勝頼の評価は低い!
武田撃滅へと向かうが………

◇ 信長「洛中洛外図屏風」を謙信に贈る
信長は「洛中洛外図屏風」を謙信に贈る

Photo_20240117073601

Photo_20240117073701

謙信は関東を攻め、信長・家康と武田を挟撃する!
この時期信長は、蘭奢待の切り取りを申請している!
政権運用の正当性を獲得したい?
武田を滅ぼすと敵は本願寺だけか??
この時期は、足利幕府の廃止を積極的には考えていない??
義昭の若公を新将軍に??

◇ 不発に終わる武田挟撃作戦
が、この時期に予想外な出来事が………
・本願寺が挙兵!
・信長が武田攻めをできない
・謙信も引き上げる
・勝頼は高天神城を攻める………

◇ 謙信の詰問に弁明する信長
謙信は信長を激しく責め立てる!
次なる作戦への参加を要請する!
信長は謙信に7ヵ条の「覚」を出す!
言い訳である?

謙信は勝頼を油断してはいけないと!
五機内を捨ててでも甲信に兵を入れるべきだと!!
信長承諾??

◇ 一変した謙信の武田勝頼評
半年で勝頼の評価が変わる!!
謙信の心変わりか???
信長の地盤が約束を守れないほど脆弱か??
謙信は勝頼への積極攻勢を停止する………

◇ 謙信の戦略転換
信長と義昭の関係修復は無理である?
幕府再興は信長排除か?
謙信は方針変換である!
勝頼と本願寺との連携である??

謙信は?
・信長の兵力分散
・自身北陸制覇で、上洛の道を開く!!
・畿内情勢に介入する!
・武田も信玄以来の旧臣がいるので簡単には滅びない??


第二八節 長篠合戦の全容と勝因
◇ 関東への意欲衰えず
謙信の上洛の目的は??
幕府再興???
関東もどうするのか?
北条の景虎が重要なのか??
自ら幕府は開けない???

関東が落ち付き、越中は平定、
本願寺との和議が成り立てば、加賀も落ち着き、
能登を抑えれば、上洛可能である??

◇ 長篠城を攻めた勝頼の狙い
義昭の第三次信長包囲網?? 毛利輝元も参加?? 調べてみた!
松永久秀
上杉謙信
赤井直正 (丹波)
波多野秀治(丹波)
荒木村重 (摂津)
宇喜多直家(備前)
別所長治 (播磨)
本願寺  (摂津)
武田勝頼 (甲斐、信濃、駿河)
足利義昭 (備後)
毛利輝元 (安芸、備後)
大したものである!!

・天正2年 1574年 10万の兵で畿内を制圧??
勝頼が徳川攻撃!!
・岡崎城に内通者がいる 岡崎城制圧を目論む
・信康が出陣 内通がバレて処分されている!
・勝頼は長篠城を攻める!
・信長、信忠出陣 馬防柵設置!
・勝頼は、信長と家康が怯えていると???

◇ 信長は防戦を望んでいたか
信長は防御か? それとも攻勢か??
著者は攻勢と見ている?
「根切」 戦う前から宣言している?
意味がある??

◇ 勝頼の移動と信長の布陣地
いろんな意見があるようだ………
別動隊に鳶巣山砦を攻撃させている!
酒井忠次!

◇ 長篠の合戦開始
早朝より戦闘は始まる!
・馬場信春700VS佐久間信盛6000
・内藤昌秀1000VS滝川一益3000
・山形昌景1500VS徳川家康6000
寡兵の武田が善戦である!!

鳶巣山砦攻撃が効いてくる!!

◇ 武田の先衆別動隊による鉄床戦術
武田の突進があるが銃撃で崩されている!
「鉄床戦術」 これを採用したのか?
軍を二つの部隊に分け、一方が敵をひきつけているうちに
もう一方が背後や側面に回りこみ本隊を包囲、挟撃する戦術!

◇ 敗北の理由は先衆の壊滅
勝頼は早々と白兵戦を諦める!
数千の別動隊、精鋭を選抜し背面から攻撃させる!
これに成功しかけるが、これを鉄砲が狙い撃ちする!
これが「根切」になる!

この時の鉄砲の数は千? 三千??
もっと多かったのではないのかと?
この攻撃隊が壊滅し勝負あったと!

◇ 謙信、挟撃要請に応答せず
信長は謙信にも戦勝報告を行う!!
謙信にとっては武田と織田が共倒れになれば好都合か??
謙信は織田との関係を見直す!
武田の兵力分散を抑える必要がある!
お互い的とみなす!!!


第二九節 上杉・織田両軍の北陸進出
◇ 「安土幕府」の構想
・天正3年 1575年 もはや信長幕府しか考えられない!
・天正4年 1576年 信長は安土に築城する!
安土城は色々言われる!
仮に幕府を開いたとしても不便ではないか??
義昭の息子 5歳の「若公」を保護する目的か?

この時期信長は本願寺攻撃に足軽に交じって参加した??
負傷する!!
【歳を考えているのか???】

◇ 越前と加賀における一向一揆敗勢の影響
越前、加賀は一向一揆が激しい!
信長は越前の一向一揆を殲滅する!
皆殺しか??
信長と謙信の両方から攻撃される!
和睦もある!
信長の「根切」で加賀一向一揆は謙信と和する??

◇ 越後の真宗寺院
越後の門徒が本願寺救援に旅立った??
また支援物資を送ろうとした??
三河一向一揆がある!
妥協せず苦しんだ???
謙信は活動を妨げるよりは、加賀一向一揆との関係改善に使った方が良い??

◇ 本願寺と一向一揆衆の様子
一向一揆もおかしい?
と言うより人間も問題か?

本願寺から派遣された七里頼周が気に入らない人間を粛正する?
「法敵」と言えばよい?
が一揆衆も黙っていない?
連判状を本願寺に出す!
謙信は上手く立ち回り民意を獲得する!!

◇ 第一次能登七尾城攻め
・天正3年 1575年 七尾城主畠山重臣が謙信に出馬を求める!
・天正4年 1576年 謙信は越中平定 七尾城を攻める!

◇ 謙信と信長の義絶
越中も複雑??
後ろ盾を頼む??
欲の皮が突っ張っているが………
信長も嫌気を感じている??
信長は断行を決意!!

◇ 謙信、勝頼と和睦する
信長と断交の謙信の戦略は?
反織田勢力の本願寺と武田が継戦能力を維持することだと!
その間に上洛する!
が、謙信の想像を超えた信長の圧勝である!
勝頼と協調を図る!
・天正3年 1575年 「越・甲可被遂御和内々落書」?
勝頼と和睦、氏政にも連絡する!
甲越相協調???

勝頼は北条氏政の妹を貰っている!
謙信は景虎がいる!
謙信死後だが、勝頼の妹が景勝に嫁ぐ!

・天正5年 1577年 北条も信長の来春の関東進出に備える?
当然か???

◇ 信長の謙信対策・手取川合戦前夜
・天正5年 1577年 手取川合戦前、信長は伊達稙宗宛の密書!
「謙信悪逆」のために、謙信の背後を衝かせたい?
機能はしなかったようだが………

◇ 七尾城内の混乱
能登守護職畠山!
有力家臣「七人衆」
当然親謙信、親信長がいる!
「四人衆」に減り、謙信が乗り出さねば織田になる?
信玄にためらいはない!!
能登侵攻で七尾城を孤立させ一旦帰国する!
第一次能登七尾城攻めである!!

◇ 第二次能登七尾城攻め
この七尾城跡には行った!
車で上まで上がれる!
見降ろした湾内が印象的だった!

ここで謙信は「漢詩」を作った??
霜滿軍營秋氣淸
數行過雁月三更
越山倂得能州景
遮莫家郷憶遠征

霜は軍営に満ちて秋気清し
数行の過雁 月三更
越山 併せ得たり 能州の景
さもあらばあれ 家郷の遠征を憶ふは

有名であるが、「越山」が入っている!

七尾城は7つの尾根から成り難攻不落と言う!

◇ 落ちた巨城
城が落ちるのは人間である!
城内の対立、感染症………
墜ちる条件はそろっている………
謙信は制圧する!! 入場は??
「萌黄鈍子の胴肩衣を著し、頭を白布を以てかつら包」
信長VS謙信の代理戦争!
本格的な戦いが始まる!!

 

終章 そして手取川合戦
第三〇節 手取川合戦の全貌
◇ 交戦の記述がない『信長公記』
この戦いを強調する解説者も多い!
「信長公記」には交戦の記述がない??
秀吉の戦線離脱はある!
が、合戦の規模と実在を疑問視している!!

◇ 13点の軍記史料
二次史料である! 13もあるが……
著者が項目を分けて紹介している!
交戦記録があるかどう? それを抜粋する!!
・信長公記      無
・甲陽軍鑑      織田軍撤退 溺死者多数
・北陸七国志     無
・越後軍記      撤退 それを襲う
・謙信家記      撤退
・北陸軍記      撤退
・常山奇談      無
・前田家譜      無  謙信追撃 
・上杉米沢家家譜   無  謙信追撃 
・松隣夜話      無  溺死者多数
・管窺武鑑      無?
・甲陽軍鑑末下巻之上 無  撤退
・北越軍談      無  撤退  溺死者多数

著者の解説は、謙信を恐れた織田軍が撤退した?
その過程で小競り合いがあった程度か??
【司馬遼太郎は大げさに書いているが………】

古文書も当たっている!
しかし伝記証言が多いのでは??
ホラもある??
本願寺の言う「敵敗北」は撤退だけでも敗北になる??

◇ 謙信書状写の精度
これは筆写制度を問題にする?
間違いも多い??

◇ 『松隣夜話』における手取川合戦
小松松隣斉は謙信と同時代の人間!
信憑性がある??
手取川ではなく大聖寺川だと!
松任城を攻め落城させて、城主ら2600余人を撫ぜ斬りにしたと!
織田軍は撤退、数百人が溺死した!!
謙信は戦勝報告をあちこちに出し、拡散されたと!!

◇ 古史料による合戦の経緯再現
著者による合戦の状況である!
・閏7月8日  越中魚津城に着陣
・閏7月23日 信長 伊達輝宗、本庄繁長に共闘を求める
・8月8日   柴田勝家出陣 
・8月9日   謙信 加賀出陣 
・8月17日  松永弾正離反 
・9月10日  柴田勝家行軍が困難
・9月11日  両軍小競り合い
・9月15日  七尾城落城
・9月17日  上杉 能登末守を「入手」
・9月18日  織田軍 手取川戸河 
・9月19日  光秀 京都で連歌会に出席
・9月22日  信長 松永の知行を差し押さえる
・9月23日  手取川合戦 織田撤退 謙信追撃
・9月24日  謙信 決戦を求めるが………
・この頃までに 信長と馬廻が合流し謙信と対峙した可能性がある?
【これは無理だろうと思うが………】
【秀吉無断帰国】
・9月26日  謙信 七尾城に入る
・9月27日  信忠松永弾正討伐
・9月29日  謙信 織田を「案外に手弱」とあざける書状を出している!

謙信は直接対決を期待したが拍子抜けである?
事実は分からないが………
「信長公記」
桶狭間の年もおかしいようだ??
何らかの理由で太田牛一も忖度したか??

◇ 『信長公記』の大軍ワープ
空間を超えてワープした記述があるようだ??
おかしいが、何か理由があると?
「信長公記」には上杉と言う字句の記述がない!

◇ 信長の所在
信長も謙信も少数で移動している!
この時期、信長はどこいたのか??
手取川にいたとする意見もあるようだが………

◇ 謙信が信長出馬を確信していた理由
この頃信長は松永弾正対策をやっている!
著者は陰謀論主義者では無いが????
これは想像力があり過ぎると!
要は、輝宗が絡む!
本庄繁長は謙信に逆らい、許されていて以降謙信とは良好である!
輝宗が信長に謙信討伐を打診した!
本庄繁長に反意あり、自分も応じるので謙信を討伐したい!
保険をかけている輝宗は、信長が応じたのを確認して、謙信に伝える!
謙信は信長が出て来ると確信する!
【陰謀は共有する人間が多いほど漏れるが………】

◇ 秀吉の「帰陣」
合戦前に勝家と口論し勝手に引き上げて、信長に蟄居を命じられた!
と理解していたが………
だから戦っていないと??
が、離脱は合戦後?
上杉方から見れば、秀吉善戦である!
秀吉は頼りない味方と戦闘意欲の見えない信長への不満から???
【しかしそんなことをすればどうなるか分かっているはず?】
【そんなことをするかなと?????】

◇ 緒戦だけで終わった手取川合戦
・9月23日 上杉軍 加賀松任城に入る
織田軍動揺!
敵軍と接する前に崩れる!
豪雨で手取川は増水!
撤退するが溺死者が出る!
そこへ上杉が、おそらく秀吉軍を急襲する!
500とも1000と言われる犠牲者が出る!
謙信はこれは前哨戦で本戦が起こると思っていた??
が、織田軍は自主的に撤退!
本戦は無く、謙信は北陸を手に入れる!!

◇ 牛一は矛盾を直さず、黒塗り型で街頭分だけを削る
もとをたどれば丹羽長秀の祐筆出身で、信長、長秀死後前田領の加賀松任に隠棲している!
前田利家、丹羽長秀の忖度し、ごそっと抜いた??
桶狭間の合戦と同じである???

◇ 最後の凱旋
謙信はこの戦いで「車懸り」と言う近世型の用兵を以て信長の本陣を破滅させて、
大将首を取るつもりだった!
そのまま対峙させるように持って行っていたらと………
かってないほどの勢力か??
【ただし「車懸り」は他では使ったのか? 謙信の得意技??? 聞かないが………】

◇ 東国総仕上げと上洛作戦
通説では信長に天正6年3月15日に決戦を申し伝えている!
実際は関東に出馬予定である! 下総の結城晴友朝から要請されている!
越山である!

著者の謙信の今後である!
・天正6年正月19日 陣触」
・関東平定に着手する? 【これまでできなかったが………】
・武田勝頼に往年の力はなく、北条から妻を迎えている!
・上杉には北条から養子の景虎がいる!
・関東諸士は信長に出兵を要請している? 【遠交近攻?】
・越甲相は信長対策でまとまる??
・北条 徳川領へ
・勝頼 美濃織田領へ
・謙信 北陸から上洛

【司馬遼太郎 新史太閤記 対織田の毛利の戦略がある!】
【山陰、山陽、瀬戸内と3方向から攻める?】
【小早川隆景、吉川元春らは第一級の武将だが、これをまとめるにはその上の将がいる?】
【信長か自分、秀吉しかいないと?】
三方から同時進行しなければ、各個撃破される!
それに織田もであるがみんな不満分子を抱えている!!
この作戦では謙信が将である??
上手くいくのかと???

・天正6年3月13日 入滅する!
信長は謙信の死を悼む???
決戦しておけば??
川中島でも結着はつかない??
いずれ謙信の負けか???

 

おわりに
全力挙げての決戦など起こるのか???
桶狭間の合戦は珍しいのではないか??
謙信VS信玄!
それなりに時間がかかる?

謙信の用兵は
・軍隊の編成と機動?
・川中島、朝鮮出兵で実証されている?
・見晴らしの良い戦場でしか効果はない?

信長は
・陽動を多用して意表を突く忍耐力と判断力、物量!
・が博打的要素がある??
【桶狭間の合戦を二度とやらなかった!!】

どちらも後1年生きていたら………

 

主要参考文献

 

上杉謙信・織田信長略年表

 

謙信×信長 手取川合戦の真実 ②・乃至政彦

 

2024年1月17日 (水)

本・謙信×信長 手取川合戦の真実 ②(2023/5)・乃至政彦

Photo_20240117071401


第二章 織田信長という男

 

第二章 織田信長という男
第一三節 弾正忠信秀の台頭
◇ 勝幡城主・織田信秀
・永正18年 1511年 誕生!
尾張の守護は斯波氏!
守護代織田氏の一族で、尾張下四郡を支配する守護代「織田大和守家」に仕える庶流として、
清洲三奉行の一家で弾正忠を称した家を継いでいた!
津島を支配し裕福である!
もう一つは、上四郡を支配する守護代「織田伊勢守家」 岩倉城を主城とする!

◇ 那古野城主・織田信秀
・天文7年 1538年 信秀は那古野城に移転、父、信貞死去!
それまでは今川氏豊が居た!
尾張守護・斯波義達は、守護代織田伊勢守を内倒す!
尾張から駿河に逆侵攻し、失敗!
次の守護代は大和守・織田達勝で、信秀はその奉行!
信秀はやり手である!
独力で今川勢力を追い出し、熱田をモノにする!

ここに三河の内紛がある!
対外一族兄弟の対立である!
三河は?
・松平清康 信秀の弟 信光の守山城を囲む
・松平信定 信秀の姉が嫁いでいる
・天文4年 1535年 守山崩れで清康が殺される!

「司馬遼太郎 国盗り物語 信秀はマメな男だと」
三河、美濃に出兵している!
財力もある! 全国屈指か??
・伊勢神宮外宮の選管費用寄附
・禁裏の修理にも寄附
津島、熱田が金のなる木なのか???


第一四節 信秀の病死と信長の相続 
◇ 古渡城主・織田信秀
・天文4年 1535年 信秀は那古野城を信長に譲り、古渡城に移る!
三河を攻め、美濃から帰蝶を信長の嫁に迎える!
この頃、病気で動きが鈍い!
死期を感じている???

◇ 末森城主・織田信秀
・天文17年 1548年 その頃末森城に移る! 
信秀は居城を変えている!
・勝幡城  経済的拠点と地盤を固める
・那古野城 今川を追放した後の現地固め
・古渡城  信長の後見のため
・末森城  今川対策

◇ 大名重臣としての拠点移転
信秀の居城移転は、重臣としての移転である!
大名ではないと!

城には?
・防衛地点で、戦時のみ使用
・政治の中心地
末森城は後者で信勝が入る!
【信勝 昔は信行と思ったが】

◇ 守護代奉行・織田信長の誕生
信長を信秀は放任か??
教育したもようは無い??
肉体と兵士は激しく鍛えた!
武辺者になる??
しかし信秀は亡くなり独自の路線を取る!!


第一五節 又代・織田信長の尾張統一戦
◇ 失脚を狙われる又代・織田信長
信秀が亡くなると、織田から離れる武将も多い?
鳴海城主・山口教継が今川に奔り、戦うが引き分け?
同僚 坂井大膳が信長攻撃!
これには勝つ! 初勝利か?

◇ 村木砦攻め
・天文22年 1553年 信長と道三の会見!
ここで道三は信長を認める!
「うつけではない??」
人が良いのか信長を後見し、兵を送る!
村木砦を攻めるが留守兵を置かずに全軍で攻撃する!
留守兵は道三が派遣する?
泥棒に留守させる??
でも無く、背後を考慮に入れなくてよいと!!
1日で勝負あり?
援軍は美濃に帰る………

【噂など当てにならない! 見る人間が見なければ分からない!】
【信玄も考え込む! 何より信秀が廃嫡していない?? 見込みがあるからか?】

◇ 第一次清州攻め
尾張は? 対立している?
・守護  斯波義統
・守護代 織田勝秀 
・又代  坂井大膳

守護は清州に監禁されていて、信長が解放に向かうが出来なかった??

◇ 守護・斯波義統の暗殺と第二次清州攻め
・守護代 織田勝秀 
・又代  坂井大膳
斯波義統殺害を実行する!
警護の侍は切腹!
嫡男は信長のいる那古野へ奔る!
信長は清州城を攻める………
守護代は一挙に衰退する………

◇ 清洲への移転
信秀の弟 叔父信光を守護代は内通させる!
信光はこれに乗り、信長に報告?
・天文24年 1555年 乗ったふりをして逆襲!
守護代 織田勝秀は自害 
又代  坂井大膳は逃亡
信長は清州城に、那古野城に信光を入れる!!

◇ 実弟・織田信勝との確執
・天文24年 1555年 守山城の信光の弟 信次が入る!
この家臣が無礼な武士を殺し、死体を見て青ざめる??
信長の弟 秀孝である!
まず弟・信勝が守山城を攻撃する!
何か野心があった?
信長も駆けつけるが遅れる!
信次は行方不明! 信光の責任を問わないので不問か?
「従者を連れず、一騎で駆け巡るとは理のあることとは思えない」
それで収めた???
守山城を信勝は欲しく攻めるが抵抗が激しく、
新たな城主に、信長の異母兄・秀俊を送り込む!

◇ 度重なる身内の不幸
・天文24年 1555年 織田信光が不審死?? 暗殺か?
・弘治2年  1556年 斎藤義龍、長良川の戦いにて父の斎藤道三を討ち取る!
こういう時期に信勝を信長の代わりに立てようとする!
守山城主 織田秀俊が家臣に殺される!
全面戦争になる! 信長VS信勝!

◇ 実弟殺害による尾張平定
「稲生合戦」
信長700VS信勝1,700?
信長圧勝で、母土田御膳は信勝放免を願い出る!
信長23歳!

・弘治3年  1557年 斎藤高政が信勝にチャチャを入れる?
翌年から不穏な動きを行う?
信長はもはや国主である!
信勝は清州に招かれて殺害される!
この後、御隠居へ????


第一六節 斯波義銀と今川義元の協心
◇ 尾張平定後の守護・斯波義銀
・永禄2年 1559年 信長上洛!
尾張守護に斯波義銀を擁立!
今川と織田には緊張関係がある!
義元は三河に安定政権を築きたい!
斯波義銀を交渉相手に選ぶ?

◇ 主従関係の破綻
斯波義銀は信長を頼る!
が、今川を見て今川の方が良いと感じる??
この判断を誤ると、滅亡である!
斯波義銀には信長は「うつけ」に見える!
となれば義元に通じるほうが安全か?

・永禄3年 1560年 この前後に義銀幽閉、追放になる!

◇ 斯波義銀の計略と追放
吉良???
名門が絡む陰謀か?
三河の吉良氏、石橋忠義らと共謀し、今川軍を海路で尾張に引き入れる!
未然に防がれて首謀者は追放!!
この陰謀は大事件だと???

◇ 信長の守護追放の年次はいつか
この年号はいつなのか??
桶狭間合戦の翌年??
同年と見る!!
かりにも守護を追放である!
義元を打ち取りは大きな事件であり、
どさくさに紛れて追放した!
桶狭間後、信長は駿河に侵攻しなくて、美濃を攻める!
美濃の方が危険度が高い???


第一七節 桶狭間合戦の勝因と敗因
◇ 今川義元の作戦
著者による新たな解説である!
・尾張守護職 斯波義銀が政変を企んだ!
リアルに考えて信長は義元に勝てない!

義元の作戦は?
・兵力1万? 最大4万5千?? 補給を考えるとどうなのか?
【マーチン・ファン・クレフェルト 補給戦 
ヴァレンシュタインからパットンまでのロジスティクスの歴史】
これは面白かった!
このような本は書かれないのか?
・今川義元の西上
・信玄の上洛
・謙信の越山
・織田軍団の中国、四国、北陸、関東への攻撃!

・尾張大高城を救出、海路を使い尾張北部に侵攻!
・尾張一向宗と美濃の延暦寺系僧兵団と清州を衝く!
・斯波勢が同調する?
これはバレる! 義銀の家臣が漏らす??
信長は行軍中の義元を奇襲することを考える!
勝負をかける!!

◇ 桶狭間合戦の経緯
義元は桶狭間山(現在地不明)で休憩!
兵は≒3千??
信長は最前線「中島砦」に移動、桶狭間山に突撃を考える!
左右の者が反対する!
信長は??
「運は天にありと知らぬか、不利になれは退き、敵の背を見て襲えば崩せる!
 敵の首は討ち捨てよ、勝てば末代までの名誉となるぞ」

もう一つ別動隊を先行させている!
そして襲撃させている!
ここに豪雨が降る!
今川山地に居たので上から撃ち落とせる?
が豪雨で鉄砲が使えない!!

◇ 鉄炮使用の可否
信長勝利は?
・別動隊の陽動作戦
・豪雨で今川の一部武具と施設が使えなかった
【何よりも信長の決断力ではないか? 偶然と思えない?】

◇ 佐久間信盛の別動隊
佐久間信盛と言うのが面白い?
この別動隊は、信長に佐久間信盛が披露している!
ただし「信長公記」には記述がない!
佐久間信盛は後年追放されている!
なので、忖度して削除した???

◇ 信長勝利の要因と『甲陽軍鑑』の証言
軍鑑にも桶狭間の記述がある!
佐久間信盛の挑発に乗り、敵味方の判断がつきにくい状況で、
信長が乱入したと!

◇ 太田牛一の誤記の謎
太田牛一は斯波義統の家臣で、義銀と共に信長に仕える!
義銀と信長が主君?
細川藤孝、光秀と同じ立場か?

「信長公記」
桶狭間の合戦は?
・史実  永禄3年  1560年
・誤記  天文21年 1552年???
8年ずれている?

◇ 太田牛一が桶狭間を8年ずらす理由
天文21年は信長と義銀の関係は良好である!
要は旧主義銀への対応である!!

◇ 桶狭間最大の戦犯・斯波義銀
記憶違いと言うことは無いようだ!
天文21年は信長と義銀の関係は良好である!
しかし事実を書くと、義銀は最大の戦犯になる??
旧主思いなのか??
不慣れな嘘を言う!!
しかし足利義昭については、義理もなく裏切りを容赦なく書く!!


第一八節 美濃平定前の第一次上洛作戦
◇ ブランドゼロからの対外戦略
信長は対外政策を見直す!
・家康である! 同盟を結ぶ!
・美濃へ侵攻!
・守護を追放している! 一から信頼を作る?
・永禄6年 1563年 清州から小牧山に拠点を移す!
・永禄7年 1564年 織田信清を滅ぼす!

◇ 謙信と信長のファーストコンタクト
・永禄7年 1564年 謙信に接触する!
この時期は謙信の方がはるかに上である!
飛騨の三木良頼が仲介している!
信玄の侵攻に苦しみ謙信と結んでいる!

謙信から見れば「奇貨居くべし」である!
・義元を討ち果たした! 謙信がやりたいことである!
・甲相駿三国同盟を潰した!
・31歳
・信玄対策に有利になる!!
・信長の息子を謙信の養子に?

◇ 武田信玄と織田信長の接触
どうも信玄の方が先に関心を持つ?
尾張天永寺の天沢和尚に聞く?
・朝夕馬に乗る
・鷹狩り、弓、蹴鞠、鉄炮、剣術修業
・舞は幸若舞の「敦盛」を舞う
・小唄は「死なうハ一定、しのび草には何をしよ、その一定かたりのこすよの」

・永禄8年 1565年 信長は信玄の元に死者を送る!
勝頼に姪を嫁がす!
これは成功に終わるが、謙信との養子縁組は不首尾に終わる!

◇ 足利義輝の横死
・永禄8年 1565年 足利義輝殺害される!
旧臣細川藤孝が信長に上洛を依頼!

この時期に信長は花押を使う!

Photo_20240117072501

麒麟の「麟」字を象った???

信長の上洛は、美濃に近江の六角氏がジャマ!
藤孝らが動き講和??
・永禄9年 1566年
義昭は尾張、美濃、三河、伊勢の4ヶ国の軍勢を率いて上洛??
この第一次上洛は破綻する!!


第一九節 美濃制圧と義昭の美濃入り
◇ 絵に描いた天下餅の第一次上洛作戦
信長は大和の柳生宗厳に上洛の延期を伝えている!
美濃に侵攻する!
単なる手違いか??
大計画は絵に描いた餅になる??

◇ 織田信長の稲葉山城制圧
・永禄10年 1567年 稲葉山城制圧 
・永禄11年 1568年 義昭は朝倉が動かず信長に再度依頼する!
謙信も期待している??

◇ 第二次上洛作戦の布石
岐阜城に名称を変え「天下布武」の印文を使い始める!
藤孝は信長に使者を出す! 光秀である!
信長は謙信に協調して幕府再興に尽くしたいと!
両者の関係は良好である!

◇ 義昭・信長ともに動く
信長は上洛の連絡を行う!
・朝倉 不快 来ない
・浅井 快諾
・六角 拒否
敵がはっきりし上洛!
六角を粉砕!
謙信にも順調と連絡!
「天下之儀御馳走」を実行して欲しいと!!

◇ 「天下布武」の意味
・天下取りの野望!  これではないと言うのが主流になりつつある???
・幕府の権威を示す!
何か信長を矮小化している!

印文は自分のキャラクターを伝えるもので、
どうこうすると言うことではない?
当時は
・自分の下の実名  晴信、義元
・神様の名称    帝釈天
・心意気を示す   宝在心

北条「禄寿応穏」
平和な世の中を約束する言葉??
異論もある?

意匠である?
・謙信 獅子
・氏康 虎
・信玄 龍

「天下布武」を普通に読んで、
「天下に我が武を行き渡らせる」

天下は日本全国の意味か??
そう言う例は多い!
吉川元長が山中鹿介と「天下無双」と評価している!
中国地方であるが日本一と言う意味で良い!!
難しく考える必要はない???


第二〇節 第二次上洛作戦の成功
◇ 第15代将軍の誕生
・永禄11年 1568年 上洛!
義昭は征夷大将軍に就任!
義昭は信長に与えようとする?
・近畿管領
・副将軍
・三職之随一・勘解由小路家督  
・斯波氏の家職 武衛
・将軍家の旗と紋に用いる「桐」と「引両筋」の使用
当然の報酬か??

◇ 天下を望んでいたわけではない
幕府の参政意識はない!
生殺与奪の権は握っている!
さっさと美濃に帰国する!
美濃の統治の方が重要だと!!

◇ 三好三人衆らとの戦いに勝利した将軍
・永禄12年 1569年 1月 雪である!
三好三人衆などの抵抗勢力1万が攻めてくる!
雪で動けないと踏んでいる!
幕府方2千人!
とりあえず三好三人衆らは退く!
信長は直ぐに京に戻る!
二条御所を改築する!
が、幕府では話にならないと、妙覚寺に殺到する!
信長がいる!
人間正直なものである!!

◇ 畿内管領にならなかった信長と、関東管領になった輝虎
謙信は関東管領は失敗だった!
自身の戦いを私戦ではなく公戦と出来たが、自由な活動を制限される!
ただ関東諸士の意見で断れない??

信長は義昭一人に断ればよい?
役職に就けば謙信のようになる??
おかげで自由に動けたと!!


第二一節 幕政から逃れるための「殿中御掟」発布
◇ 「殿中御掟」作成の背景
・永禄12年 1569年 「殿中御掟」作成!
これは信長が義昭をコントロールするためだと??
そんなことはない!

◇ 信長の幕府への思い入れ
信長は私利私欲でなく、一命を捨てても将軍のために尽くした???
傀儡など考えていないと??

◇ 現代人にまで忠義を疑われる
報われない男だと??
「殿中御掟」はコントロールするものではなく、
幕府の基本的規定を明文化することだと!
機能回復に努めた??
が、やはり幕政に制限を与えるものだと!!!

◇ 「殿中御掟」の文章
9ヵ条ある!
一 普段から将軍近くで忠勤するのはこれまで通り、御部屋衆・定詰衆・同胞以下の者たちとすること
二 公家衆・御供衆・申次の者は、将軍の御用に応じて参勤すること。
三 惣番衆の面々が常勤すること  
四 幕臣が従者を将軍のお側近くに出仕させる場合、当番衆に就かせて、
交代で高給を得るように堅く申し付ける もし交代制を守らない場合、その藻の罪を問うこと
五 将軍のもとへ直接、訴訟を持ち寄るのは停止とする
六 奉公衆が出した結論に異を唱えないこと
七 将軍御前で行われる決済は、幕府の定めた式日に従うこと
八 当番の取次を無視して、都市が変わるたびに別の担当へ書類を提出することのないようにすること
九 諸門跡の坊官・山門の衆徒・医師と、陰陽師の輩などをみだりに祗候氏てはいけない
  追記として将軍に呼ばれた御足軽・猿楽はその限りでない!

そういうことが慣例化していた???
つまり利権が絡む??

◇ 「殿中御掟」を作った信長の真意
信長の心中は??
・幕府の権威が無いので、訴訟など畿内の実力者に持っていく例が多い!
三好政権である!
将軍を頼り、三好を頼る???
納得出来なければ納得するまでやりかねない!
・将軍に持ち込んだのが間違いだと! 別の担当者に持ち込もう!
・将軍の考えは間違っている 諫めて貰おう
信長もなりかねないと!
間違っても自分のところに持って来るなと!!

2日後の1月16日、信長はさらに以下の7か条を追加する 調べてみた!!
一 幕臣が 寺社本所領を押領することを停止すること
二 請取沙汰を停止する事
三 喧嘩口論の禁止、違反する者は法をもって成敗する。これに合力するものは同罪
四 理不尽に催促する事の禁止
五 将軍が訴訟を直接取り扱う事を禁止
六 もし訴訟をしたいのであれば奉行人を通すこと
七 占有地については関係を把握して差配すること
おかしくはないと思うが………

◇ 板挟みに苦しんだ信長
禁裏御大工惣官職??
要は誰を大工の棟梁にするのか?
義昭が認定するが、朝廷が異を唱える!
どちらも言い分がある?
あちら立てればこちら立たず?

謙信も訴訟問題で嫌になる?
これを避けるために「殿中御掟」を作成した??
幕府への意見は義輝、義昭政権のルールの従ってくれと!

◇ 幕府から政権運用を託された信長
信長は伊勢を攻める!
北畠具房に信長の息子を養子に入れる!
幕府は畿内政治を単独で動かすことの限界を感じて、
信長に政権を渡すことを考える!

・永禄13年 1570年 
「足利義昭・織田信長条書」
調べてみた!!
「第一条、諸大名らに御内書で命令をすることがある場合、まずは信長にその旨を告げること 御内書には信長の書状も添える」
「第二条、これまでの御下知はすべて無効とし、改めて考え直してから決めること」
「第三条、将軍に忠節を尽くす者に恩賞や褒美を与えたいが、土地が無いという場合は、信長に命令してくれれば分国から提供しよう」
「第四条、天下のことは信長に任せたのだから、誰であっても将軍の意思をうかがう必要はない。信長の意思どおりに行うこと」
「第五条、天下は鎮まったのだから、将軍は朝廷に関する儀式を油断なく行うこと」

義昭に相談される!
「私ではもう無理です」
で信長は
「天下之儀、何様ニも信長にお任せ置かれ」
後年、謙信にも同じこと行う!
しょせん有力大名頼りである!
幕府が自主性を発揮することはないと!!

◇ 信長、五ヶ条の条書を作成する
光秀、朝山日乗である!
一 将軍が御内緒を諸国へ発する際は、まず信長に下命して書状を添えてさせること
二 これまでに出された将軍の御下知は全て無効とし、御思案し定め直されること
三 幕府に忠節を尽くした者に恩賞・褒美を与える土地がない時は、
信長の分国の中から提供するのでご下命なされること
四 天下のことは、いずれも信長に委任された以上、のだから、
誰であっても将軍の裁可を得るまでもなく信長が意思どおり行うのを認めること!
五 天下が御静謐となったのだから、朝廷のことはいつも怠りなく行うこと

これをどう見るか??

◇ 幕府から信長への政権移譲があった
政権委任の返事と言う!
信長も受けるには条件を付けた!
これが「五ヶ条の条書」だと!!
【どうなっているのか??】


第二二節 将軍主導の金ヶ崎合戦と姉川合戦
◇ 将軍主導の浅井討伐作戦
この戦い、将軍義昭も参加予定だった?

◇ 足利義昭と織田信長の連合政権
諸大名に上洛を依頼する!
が、朝倉義景は来ない!
浅井長政も来ないが、茶々の件もあり安心している??

◇ 金ヶ崎合戦を生き延びる
朝倉攻めが始まるが、長政が裏切る!
松永弾正、荒木村重と同じく成算があって裏切る!
その判断は間違いかもしれないが………
並みと違うのは、さっさと逃げた!
信長の復讐戦である!!

◇ 野洲河原合戦
六角承禎との合戦で、信長勝利である!
この合戦前に「瓶わり柴田」がある!
真偽は不明!!

◇ 織田信長、小谷城を攻めて失敗する
小谷城を攻めて早々と撤退?
将軍が延期だと?
三好三人衆などの動きである?
要は動けない??
結局姉川には来れなくなる……

◇ 姉川合戦勃発
・朝倉 8千
・浅井 5千
織田、徳川は??
ともあれ信長の勝利である??
浅井朝倉の勢いは失墜する!

「言継卿記」も当てになるのか??
噂を書いているに過ぎないのでは???

◇ 姉川合戦における信長の特徴
・元亀元年 1570年 姉川合戦
当時は合戦日を申し入れする??
宣伝戦である??
信長は義昭の参加無くして勝利した!
が、幕府陣営の勝利に位置付けたようだ!!

 

第二三節 信長の比叡山焼討ち
◇ 近衛前久の反幕府連合結成
この男、陰謀めいた話に必ず登場する!
謙信の越山を支援して、京に帰り謙信と不仲になる!
京から大阪本願寺に逃げる?
この間、関白は二条晴良になる!
義昭と結びつきがある?

壮大な計画を立てるのが好きだと??
「第一次信長包囲網」
【誇大妄想狂か???】
近衛前久が裏でうごめく!!

◇ 志賀の陣勃発
・元亀元年 1570年 姉川合戦の翌々月 
摂津で三好三人衆が挙兵!
義昭・信長6万VS三好三人衆3万?
ただし雑賀、根来衆に本願寺の門徒が三好三人衆に援軍!

またまた朝倉、浅井、六角、比叡山が、近江坂本に迫る!
宇佐山合戦 織田大敗!

志賀の陣!
信長・近江坂本VS連合軍・比叡山!
信長窮地である!!

◇ 低姿勢な交渉
朝倉・浅井・比叡山!
これに関わっていると、三好三人衆、本願寺、雑賀、根来が向かって来る?
伊勢も長島の一向一揆がある!
家康は南近江で六角と交戦中!

しかしこの時期は信長は下手に出ている!
【耐える時は相手の足裏まで舐めるのか?】

比叡山に懇請する!
・信長に味方すれば、もとの領土をすべて返す
・どうしても味方できなければせめて中立よ保ってほしい
しかし転んでもただで起きない??
「もし敵につくなら延暦寺をことごとく焼き払う」
2ヶ月も対陣していると、大自然の問題がある!
雪である!!

◇ 豪雪による停戦
12月である! 補給の問題もある!
信長は朝廷に仲裁を依頼する!
信長は朝倉との私戦として扱う!
義昭も無責任である!
他人事か??

義昭、二条晴良包囲網は、第一次織田包囲網に塗り替えられる!
近衛前久はおとなしくなる………
豪雪の停戦など次の戦いの準備期間である!!!

六角は姿を消す!
本願寺は無事の状態であり、信玄は本願寺に近づく!
利用できる??? 流石と言うべきか??

◇ 第二次織田包囲網の始まり
元亀2年 1571年 信長は敵の排除に乗り出す!
・佐和山城を攻め降伏させる
・伊勢の長島一向一揆を攻めるが苦戦
・下坂本を焼き払う!
・比叡山は黄金500を贈り収めようとするが………
信長である! 『信長公記』では
「山本山下の僧衆、王城の鎮守たりといえども、行躰、行法、出家の作法にもかかわらず、
天下の嘲弄をも恥じず、天道のおそれをも顧みず、淫乱、魚鳥を食し、
金銀まいないにふけり、浅井・朝倉をひきい、ほしいままに相働く」

流石と言うべきか!

◇ 比叡山炎上
元亀2年 1571年9月12日 信長比叡山焼討ち! 
これはどの程度だったのか?
3万の兵で攻撃する!
3千人は死んでいる!
400の学堂が焼失する?
第一次織田包囲網から義昭が離脱し、独力で比叡山とかたを付けた??
比叡山天台座主 曼殊院覚恕!
信玄が近ずく………


第二四節 幕府崩壊と信長の困惑
◇ 織田信長の誤算
信長は公的な立場にいない!
延暦寺の遺領で幕府と対立する!
光秀に坂本を与え築城させる!
延暦寺につながる知行地は、将軍、幕府が行う!
これに光秀が手を付ける!
過失のようだが、光秀は信長をかばう!

◇ 光秀が引責するも義昭と対立
光秀の立場も微妙である!
・細川藤孝の中間
・将軍の御足軽衆
・信長に能力を認められて坂本を与えられる!

が幕府にご無体なことを命じている!
ただ信長は光秀を助けるために義昭に意見書を提出する!
この状況下で信玄の西上がある!

◇ 信玄死後の信長
早々と信玄死亡である!
耐えた信長の報復が始まる!
美濃 安養寺!
信玄に協力する!
ただし人質を信長に出している!
が、信玄の死で反織田作戦は破綻!
・元亀4年 1573年 信長は安養寺の人質全員殺害!
磔か??

義昭は山城槙島城に立てこもった義昭を追放!
謙信は義昭が信玄に呼応して反徳川連合に参戦したことを知ってからは、
義昭に失望している!

◇ 織田信長の異見十七箇条書
最初十五ヶ条??
これは将軍に問題点を明示して是正を求めた!
17ヵ条にアップデートさせたと!
ちょっと調べてみた! かってに抜粋する!
・信長に対して内密に事を進めるのは宜しくないと思います
・義昭様は幕府の忠臣に対しては恩賞を与えず、身分の低い新参者に恩賞を与えておられます
・何の落ち度も無いのに、全く恩賞を受けられない者達が信長に泣き言を言ってきます
・諸国から金銀を集めているにも関わらず宮中や幕府のためにお役立てにならないのは何故でしょうか。
・明智光秀が徴収した金銀をその地の代官に預けておいたところ、
その土地は延暦寺領だと言って差し押さえになったような行いは不当です
事実を並べている感じである!!

◇ 魔王信長の誕生
義昭挙兵で信長は恭順姿勢を示すが、義昭は拒否!
信長の娘を送り返す!
融和路線は絶たれて義昭攻撃である!
義昭は、紀伊→堺と動き、信長と交渉する!

信長は義昭追放後、朝倉義景を滅ぼし、続いて浅井長政も滅ぼす!
公的なバックもなく戦い続けて、勝ち続けなければならない!
敵は容赦なく叩き潰すことになる!
魔王信長の誕生である!!

◇ 信長の見せしめ
・天正2年 1574年 正月
浅井久政、長政、朝倉義景の髑髏を金箔塗りにしう、
身内の酒宴で飾る???
もっともこう言うことはこの時だけだったようだが………

同じく長島の一向一揆に対し降伏を許さず、根切りせよ!
一度降伏を願い出て、再度離反している!
信長の行為は理解出来る??
実際に長島一向一揆は殺しまくり、2万を焼き殺す!!
本願寺についても「大阪根切」を行う??

・天正3年 1575年
越前平定で府中で2千人殺す!
実行者は秀吉と光秀!
【効率的に殺しまくる??】
信長自身と言うより、環境のなせる出来事か?
それにしたら大きい!!!

 

謙信×信長 手取川合戦の真実 ②・乃至政彦

 

その他のカテゴリー

古代史 奈良時代 室町時代 幕末 平安時代 戦国時代 江戸時代 鎌倉時代 アイルランド アジア (インド・東南アジア) アフリカ アメリカ (カナダ・メキシコ) イタリア イングランド イングランド(イギリス) オセアニア オランダ オーストリア ギリシャ スウェーデン スコットランド スペイン スロバキア チェコ デンマーク トルコ ドイツ ノルウェー フィンランド フランス ポルトガル ポーランド ロシア (バルト3国 コーカサス ウクライナ) 中南米 中国 (モンゴル) 中央アジア 中東 台湾 名言格言 朝鮮半島  上杉氏(越後・謙信他)  中国 (毛利・宇喜多他)  九州 (島津・竜造寺・大友他)  会津 (蒲生氏郷・保科正之他)  北条氏(小田原・早雲他)  四国 (長宗我部他)  大谷吉継  徳川家康 (徳川関連)  戦国武将(武将)  明智光秀 本  明智光秀 (明智・細川)  東北 (政宗他)  武田氏(甲斐・信玄他)  真田一族  真田幸村 本  真田幸村 紀行  石田三成  織田信長 (織田関連)  藤堂高虎  豊臣秀吉 (秀吉関連)  黒田官兵衛  黒田官兵衛 本 インテリジェンス・国際情勢 エネルギー・原発・資源 コンサート テレビ番組 事件 山本五十六(第二次世界大戦前から) 政治・政局 映画 時事 書籍・雑誌 源平合戦 独り言(よもやま話) 科学 紹介、情報 経済・政治・国際 落語 金融 鎌倉殿13人 源平合戦

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ