鎌倉時代

2024年4月 2日 (火)

本・日本史を疑え ②(2022/5)・本郷和人

Photo_20240402043001


第4章 鎌倉時代
第5章 室町時代
第6章 戦国時代
第7章 江戸時代
あとがき

 

第4章 鎌倉時代
〇 東国の武士たちはなぜ流人の頼朝を担いだのか
武士は実力を重んじる!
その鎌倉武士が何故頼朝をリーダーとしたのか?
頼朝は、負けて領地も家来もなく、兄弟も死ぬか離れている!
看板があり、神輿には良い??

著者の本では飽きるほど出てくる!
千葉常胤は、義家の末っ子・義隆の息子、頼隆を育てていた!
頼朝に味方する時に差し出している!
頼朝と頼隆をはかりにかけた??
いざと言う時に頼隆を立てる、保険である!
求めたのは、自分達の土地を保証してくれるリーダーが頼朝だった!

頼朝はどのような力を持っていたか?
・1180年 旗上げ 石橋山の合戦で負け、房総で再起する!
 味方が多く集まり、富士川の合戦で勝つが、上洛には反対される!
 まずは東国で、常陸・佐竹を攻める!!
 
・1181年 後白河上皇に和平の使者を送る! 平家拒否!
・1183年 自ら土地を分配・新恩給付を進める!

まず関東の武士の土地の保証を行う!
朝廷との交渉、外交が出来ることを示した!
義経の処遇で揉めるが、朝廷との交渉は頼朝の一本化を目指す!
官位もかってに貰うなと!
これを理解出来なかったのが義経!

・1185年 時政を都に送り守護、持統の設置を認めさす!
・1190年 奥州藤原氏を制し上洛する!

東国武士を統制し、朝廷とも窓口を一本化し、
朝廷との距離を十分に取り、自分達の存在を正当化させる!
この統率力と外交力が求められたと!!


〇 「幕府」をどう捉えるかで成立年が変わる
いいくにつくろう!! 1192年!
が、最近は疑問視されている!
征夷大将軍に任命された年である!
この征夷大将軍が問題である!
・1194年には止めている!
・頼家の1202年に征夷大将軍に任官する!
・8年空位であるが何も困らない!
・征夷大将軍自体実態が伴わない!
・朝廷にとって東国はどうでもいい! 税だけ納めてくれればよいと!
・征夷は朝廷から与えられたものだと!
・将軍就任=幕府成立 天皇こそが日本の中心だと!

現在は1185年説が採用されている!
守護・地頭の設置権である!!
しかしこれも朝廷が認めたということで、1192年と変わらない?
著書は1180年派で、少数意見だと!
10月6日 鎌倉に入り、軍事政権を確立した日だと!!


〇 どうして源氏将軍が絶えたのに鎌倉幕府は続いたのか
三代将軍が暗殺されるが、後継の子供がいない!
候補者はいる!
阿野全成、その子供、頼家の遺児、特に公暁!
帯に短したすきに長し???
この暗殺時、黒幕がささやかれたが、調査は行っていない!
将軍なしでの主役は東国武士だと!

朝廷はこの状態を元に戻すべきだと!
「治天の君」後鳥羽上皇である!
敵代天皇の中でもトップクラスの実力を持つ!
これを元に戻そうとした??
まず何をしたか??
・武士団の強化 西面の武士を組織する!
・西国の有力御家人の切り崩し
・実朝の取り込み

実朝を優遇する!
・最上級の官位を与える
・和歌の教師を付ける
・次期将軍を親王将軍とする
【実朝の名付け親でもある】

が、実朝が暗殺される!!
そんなところに、親王をやれるかと??
将軍は「御恩と奉公」には必要だと!
次善の策で、摂関家から三寅を鎌倉に下向させる………


〇 鎌倉後期の天皇は名君ぞろい
承久の乱で負け、朝廷も窮する??
なんせ全面降伏である!
武力を破棄し、政治でも幕府の下に立つ!
天皇の人事に干渉される!
後鳥羽上皇の直系を排除される?

天皇は「徳」に目覚める!
人びとに行政サービスを行う!
「訴訟決断」
九条道家が主導する! 四代将軍の父親である!
特に「雑訴の興行」
一般の土地争いを裁判で解決する!

賢帝と評価される!
・花園天皇
・後宇多天皇

武力で負けているので、徳をアピールする必要がある!
天皇家も、持明院統と大覚寺統に分かれ、競争意識が働いたようだ?


〇 御成敗式目はなぜ必要になったのか
「徳政」に影響を受けたのが北条泰時!
承久の乱後、六波羅に留まる!
京文化に接する!
・1230年 寛喜の大飢餓で、伊豆、駿河の領民に米を配る!
「撫民」の思想である!

・1232年 「御成敗式目」を制定する!
誰にも分る形でルールを作る!
当初の51ヶ条から追加される!! 問題はあるが………
とりあえず法が必要だと!
競争が良い方面に働く!!


〇 元寇は本当は避けられた?
北条時宗は救国の英雄??
子供の頃はそう信じた!!
今では外交オンチで、日本に神風が吹くと思わせた責任者である!!
果たして海を越えてわざわざ攻撃してくるのかと!

・1268年 フビライから国書が来る!
これは丁寧なものだったと!
要は国同士交わろうと!!
ただし受けいられなかったら軍を送ると!
この国書は朝廷に送られるが、幕府が自分たちがやると!
それで使者をもてなおさずに、返書も書かない!

元寇の前、1年ほど日本を見た「趙良弼」 6回差遣されている!
レポートがある! 日本を攻めるなと!
・獰猛で礼儀知らずである
・山水が多く、田畑を耕すのに向いていない
・海風派予測不可能で軍船を差し向けるのは危険
底なしの深い谷を埋めるようなものである!

日本は無視である!!
・1274年 文永の役 あっさり撤退である! 神風ではない!
翌年、元から使者が来る!
この使節団を鎌倉に連行し、斬首する!
恐るべき外交オンチだと!!
著者は「救国の英雄」ではなく「亡国の暗君」と言う??
たまたま撃退出来た!
鎌倉が指示した石垣もちゃちなものだった??
避蹴られた元寇であると!!

この時期パンデミックは無い!
奈良時代には藤原四兄弟が天然痘で死ぬ!
・752年 奈良の大仏建立!
・1858年 ペリー艦隊来航でコレラが発生する!
中世の日本は発生していない! 外圧レベルが低かったと!!


〇 「銭」に負けた得宗専制
「徳政」と「徳政令」
朝廷の「徳政」は、一般人のトラブル解決である!
幕府の「徳政令」は、御家人の借金を棒引きにする?

日本は銭はつくれず、宋の銭を使う!
清盛の時代に貨幣経済は進むが、頼朝の時代で停滞する!
御家人は土地を担保に金を借りるしかないと!
これを保護するのが「徳政令」か??

・1285年 霜月騒動!
著者は御家人同士の争いではなく、
「御家人ファースト」VS「オール日本」
平頼綱VS安達泰盛!!
これは安達泰盛が負けるが、平頼綱も自害に追い込まれる!!
何より「得宗家」は一番偉いのである!
武士のための政権が、得宗家のための政権になる!
この時、幕府は滅亡に向かう!!


〇 名字に「の」が入らなくなった理由
ヤマト王権では「氏姓制度」を導入する!
・氏 蘇我、物部、大伴………
 血族で世襲する! 平氏、源氏、藤原氏  
 源頼朝  みなもとのよりとも
 源尊氏  みなもとのたかうじ

・性 臣、連、造  朝廷内の身分を表す!

鎌倉時代に「の」が入らない家を表す「苗字」が登場する!
平広常、平常胤、平義澄………
家が本拠としている地名!!
上総広常、千葉常胤、三浦義澄である!
「血」より「家=財産」が重視される!

鎌倉時代に「一子相続」が定着する!
相続には、分割相続、遺言相続もあり地方によって違う!
もっとも分割するにも土地が無くなる………

鎌倉幕府では、執権より得宗が上になるようだ!!!

 

第5章 室町時代
〇 鎌倉幕府を倒したのは後醍醐天皇ではない
「鎌倉殿の13人」で、よく本を読んだが分かったことがある!!
まず後鳥羽上皇は、失敗したとはいえ周到な計画があった!
流石歴代トップクラスの天皇だと!

歴史で習った時は、後醍醐天皇は有能な天皇だと??
そうでもなさそうである!!
たまたま倒幕に成功した???
その後の新政のプランはあったのか???
・1324年 正中の変
・1331年 元弘の変
後醍醐天皇が仕掛けたクーデターもずさんだったと!!
そもそも後醍醐天皇は、中継ぎの天皇である!
確たる基盤もない!!
その権力を保ちたいがために、倒幕を企てた!
貴族も後醍醐天皇を避けたようだ!

それが倒幕に成功するが、次々に離反される!
護良親王、尊氏である!!
自分がやることが先例になる!
土地は全て天皇が領有の決定権を持つ!
一所懸命の武士が従うのか??
そう言う人材もいない!! すぐに逃げ出す!!

鎌倉幕府を倒したのは足利尊氏!!
何故反旗を翻したのか???
要は、御家人たちの支持を鎌倉幕府は失っていた!
武士たちが求めたのは「朝廷政治」ではなく、
「もっとましな鎌倉幕府」である!

尊氏にリーダーの素質があった!!
今なら武士は付いてくると!!
新田義貞の鎌倉攻めに、尊氏の嫡男が合流!
手柄は4歳の嫡男に報告する!!
新田では人は動かない??
この現実を、後醍醐天皇は見ない??


〇 尊氏兄弟の引き裂いた「京都の二つの顔」
・1338年 足利幕府成立??
征夷大将軍に任じられた年!
鎌倉幕府と同じなので、そうとはいかない??

・1336年 建武式目の制定! ここが幕府成立であると!!
ただ幕府を何処で開くか?
北条は悪い政治をしたので滅んだが。鎌倉が悪いわけではない!
みんなが移したいのであれば移そう??

足利直義  京は朝廷に近い! 鎌倉に戻ろう!
が、京に向かうことになる!
足利体制は??
・尊氏 軍事
・直義 行政

兄弟は対立する!
・1350~1352年 観応に擾乱!
朝廷と経済で対立する!
経済では商人からも税を取る!
土地からは限界があると!!


〇 南北朝はなぜ50年あまりも続いたのか
尊氏は光明天皇を擁立する 北朝 持明院統!
後醍醐天皇は吉野で自分が正当な天皇だと 南朝 大覚寺統!

・1350年 足利直義が南朝に降伏する!
・1351年 尊氏も和睦し、北朝を廃する!
直義を制し、尊氏は北朝を復活させる!
南朝は最初の5年間で兵力を失う!
要は、正統性を不安定にして依存させる??
・1392年 南北朝統一 三代将軍義満である!!


〇 細川頼之がつくった「義満1392年体制」
義満を養育したのが細川頼之!
政権内の二グループ!
・尊氏派 朝廷融和派 細川、赤松、京極、一色
・直義派 朝幕分離派 斯波、山名、大内、土岐

足利義満 細川頼之は「室町王権」公武合体である!
・1391年 大内氏の内紛に介入する!
・さらに京都の完全は悪である!
・東国の切離し!
・南北朝の合一!

義満の死後、四代将軍義持は全てひっくり返す!
後ろ盾は、直義派の斯波義将である!
あまりに人間的ではないかと!!


〇 応仁の乱は尊氏派vs直義派の最終決戦だった
応仁の乱は、尊氏派VS直義派である??
・東軍 尊氏派 朝廷融和派 細川、赤松、京極、一色(西軍へ)
・西軍 直義派 朝幕分離派 斯波、山名、大内、土岐
とは言いながら、単なる主導権争いである!
10年あまりダラダラ戦い今日は荒廃した!

在地の武士がのし上がる!
応仁の乱の主要なメンバーは戦国大名として残っていない!
細川ぐらいか???

 

第6章 戦国時代
〇 戦国時代とは何か
足利幕府の滅亡は???
・1573年 信長に足利義昭が京を追われた!
・1568年 信長の入京

戦国時代は、古文書に日記などが少ない!
歴史書も「信長公記」「甲陽軍鑑」などの軍記物しかない?
ルイスフロイス「日本史」が信頼出来る??

戦国時代の開始は??
・1467年 応仁の乱
・1493年 明応の政変
細川政元が十代将軍義稙を廃し、義澄を将軍にする!
東国では、古河公方で鎌倉に公方がいない!
八代将軍義政が一人派遣する! 堀越公方である!
ここも後継者争いがある!!
義澄は堀越公方の息子である?
またこの時期、伊勢新九郎が争いを納めようとするが………
守護大名??
・鎌倉時代 兄貴分
・室町時代 親分

守護大名は足利将軍の代理であり、幕府の後ろ盾がある!
戦国大名は自分の力で支配する?

応仁の乱で京都で戦っている守護大名は戦国大名になれなかった?
二軍の守護大名は地方にいたので戦国大名になれた!
・駿河 今川
・甲斐 武田
・薩摩 島津
・豊後 大友

守護代が戦国大名になる!
・出雲  京極氏が尼子氏に
・越前  斯波家が甲斐氏の下の朝倉に
・尾張  斯波家が織田氏の下の織田に


〇 「信長=普通の戦国大名」説に反論する
信長は天下を目の前にした!!
信長の天才性、独創性がある???
・比叡山焼討ち
・足利将軍の京都追放
・楽市楽座

が、これに疑義を呈している?
・楽市楽座は他の大名もやっている!
・比叡山の焼討ちも手順を踏んでいる?
・将軍や天皇の権威を重んじている!
・「天下布武」の「天下」は畿内で、全国を目指していない!
要は確信的な武将とは言えない???
では天皇を殺せば確信的なのか???
松永弾正は将軍を殺しているが、革新的なのか?
弾正は確かに普通ではないが、革新的と言うより陰謀じみている??
「天下」は畿内だけなら、毛利、長曾我部、上杉、武田と敵対したのは??
いずれ小田原北条とも敵対する???
主君を殺した光秀は革新的だったのか??
定説は疑うべきと言うが、研究者のマスターベーションである!
「本能寺の変の真実???」
これほどつまらない本は無かった!!
救いはブックオフで100円だった………
割りと沢山出ているが、誰か買い占めて売ったのか??

小和田哲男が伊達政宗について書いていた!
本拠地を変えたと!!
武田、上杉、小田原北条、毛利、長曾我部、大友、島津、竜造寺………
本拠地は変えていない!
この変えることが重要なのか?
著者も清州、小牧山、岐阜、安土と本拠地を変えた異例さに注目している!
配下の武将もである!
・北陸 柴田勝家
・関東 滝川一益
・四国 信孝に丹羽長秀
・中国九州は 秀吉に光秀か??

・道、流通網を重視する! 経済面で考える!
・比叡山焼討ちも交通の要所を確保するためだと!
・信長は三好長慶と変わらない? 著者は否定する!
ただ前例があると言うなら、何故天下を取らなかったのか??


〇 信長最大のライバルは一向宗だった
堺屋太一が書いていた!
世界史にあって日本史にないもの!
・本格的な籠城戦
・計画的な皆殺し
・ゲリラ戦
日本史の例外は、織田信長!
どれにも絡んでいると言うか、積極的である!
一向宗である!! どれにも主役である?

・家康は戦う
・謙信は途中から手を握る
・信玄は融和的である
伊勢長島、越前、石山本願寺!
徹底的に戦う!
この過程で毛利水軍とも戦っている!

信長VS一向宗は異なる組織原理のぶつかり合いだと!!
信長は秀吉、光秀を取り立てているが、他には例が無い??


〇 西国大名のグローバル度
・薩摩 島津  九州統一
・中国 毛利  天下に色気を出すなと! 中国自体豊かである!
 石見銀山がある! 秀吉に奪われるが………
 
西国にはキリシタン大名が多い!
東国にはいない?
要は、西日本、九州は、外圧=グローバル度が高い!!!

 

〇 秀吉はなぜ家康を潰さなかったのか
朝鮮侵攻で20万の兵を集めた!
何故潰さなかったのか?
天下統一までは家康の協力が必要だった!

秀吉のやったことは有効だった!
・検地
・度量法の統一
・刀狩り
・「惣無事令」
・朝鮮侵攻も明の力が落ちていたと?
 ただ朝鮮の民衆のや明を過小評価していた!!
これは驚きだが、ゴア、マニラ、台湾にも服従と入貢を求めている!

秀吉は秀長が亡くなり身内で頼れる人がいなかった!
そうなれば実力者・家康に頼ざるえない!
そこで家康を潰さなかったと??
飛躍し過ぎると思うが………

 

第7章 江戸時代
〇 江戸時代 近代から見るか、中世から見るか
「カムイ伝」
・身分制度に縛られる
・女性の地位は低い
・飢餓
・農民は一揆で鎮圧されて処刑される
そう言う時代か??
ここでカムイ伝が出てくるとは??
そうなれば、何をやっても取り潰せない「日置藩」の秘密も書くべきだと?
当然、家康が新田の末かも書くべきだと思うが………

900年(86万町歩)から400年経った14世紀(96町歩)まで、田はほとんど増えていない!
17世紀初め(163万町歩)になり、18世紀(297万町歩)になる!

・出羽 32万石が150万石
・陸奥 160万石が300万石

人口は、
・飛鳥時代に600万人
・1600年 1200万人
・幕末で 3000万人

これだけの人口が養える時代になった!!


〇 「1603年幕府成立」説を疑う
またまた出てきている!
征夷大将軍に任じられた年である!!
著者は関ヶ原の合戦のあった1600年を
この戦後に、取り潰し、加増、減封、転封をおこなっている!
つまり天下人である!

研究者はこだわる!
豊臣が滅びるまで「二重公儀体制」だった??
「鞆幕府」と同じであると思うが………

朝鮮半島に日本の抵抗組織が上海にあったと!
勝ち組を狙っていた!
アメリカに一蹴されたようだが……


〇 徳川幕府の名君と暗君
徳川の長子相続は、名君が出にくい!
頼朝は三男でありながら母の身分で後継者になった!
しかし先に生まれたら後継者である!
この場合、女性の地位は下がる!
大奥をつくったのは徳川幕府である!
江戸幕府は、世継ぎを生めば実家も取り立てられる!
全国的に長子相続になる!!

徳川幕府の名君は??
・吉宗
享保の改革!
足高の制!
御三卿家を創設

・綱吉
捨て子禁止令

・家斉
「神輿は軽くてパーがいい」
側室40人 男子26人 女子27人!
実績はこれだけか??

・慶喜
人気は無いが………

徳川の家臣団は?
新井白石の分類!
・武勲の家  家格が高い 徳川四天王
・輔弼の家  政治を行う 本多正信

領国配置は??
西に備える? 毛利に島津か??
・安芸広島 浅野長晟
・備前岡山 池田輝政の子孫
・近江彦根 井伊家
・伊勢津  藤堂家(最後に裏切るが)

秀吉は実務、経営の際を評価する!
加藤清正も新田開発、治水工事を評価している!
遠征のロジェスチックは実務官僚が担当する!!


〇 「鎖国はなかった」説を外圧理論で考える
佐藤優が書いていた!
鎖国時代の交易??
・長崎 オランダ
・琉球 中国
・対馬 朝鮮半島
・ロシア??

何事も抜け道はある!
それを鎖国は無かったとは………
当然情報収集は行っている!

・1633年 第一次鎖国令 渡航禁止と日本人の帰国禁止!
・1636年 第四次鎖国令 貿易に関係ない外国人と妻子の国外追放
・1637~38年 島原の乱
・1639年 第五次鎖国令 ポルトガル船の入港禁止

鎖国が無かった説では、ペリー来航の衝撃は説明出来ない!
明治維新に繋がっている!!


〇 幕府を滅ぼした「働かないおじさん」問題
常備軍はコストがかかる!
戦いで死亡者が出れば、経費削減になる!
この戦いが無いことが、250年以上続き幕府は滅んだと!

島原の乱以降、大リストラをすべきだったと!
そうすれば失業者があふれかえることになる!
米本位制も問題だと?
赤字が必至だったようだ!
江戸の三大改革は、倹約である!
財政システム自体が破綻するシステムだった!!

・毛利  専売制の緩和と、金融業!
・島津  琉球との密貿易
加賀藩も密輸か??

武士の世が終わったのは??
・1869年 戊辰戦争が終わる!
・1871年 廃藩置県
・1874~76年 佐賀、神風連、秋月、萩の乱
・1877年 西南戦争!
ここで武士は姿を消した………
鎌倉幕府から700年で終わった………

 

あとがき
・作業1 史料を読みこなす訓練?
・作業2 データを駆使して新しい提案を行う!

そうして史実を再現する!
還暦で若手研究者を自称している???

 


日本史を疑え ②・本郷和人

 

2024年4月 1日 (月)

本・日本史を疑え ①(2022/5)・本郷和人

Photo_20240402043001

日本史は何の役に立つのか? 
丸暗記を脱却し、「時代の変化はなぜ起きたのか?」を考えることで、歴史は何倍も面白くなる!
人気の歴史学者が明快に語る「史料」の読み方、「史実」の確かめ方、そして「定説」「最新学説」の疑い方!
「定説」も「最新学説」も一から見直そう! 
45のクエスチョンで日本史を総ざらい!
人事、経済、組織、リーダー、国際環境  古代から近世まで「時代を動かす力」がわかる!
自分の頭で歴史を考えたい人への絶好の水先案内!
キホンのキから歴史の醍醐味まで、本郷日本史の決定版!

 

最近は著者の本をよく読んでいる!
いつも疑っている!
奥州17万騎?
鎌倉19万騎?
兵力を疑えは、いつも書いているが、この本では無いと??
いつも著者は何をしているのか??
中世の専門家がと思うが………
内容は下記の通りである!! ① ②と分けて紹介する!!

 


第1章 日本史を疑ってみよう
第2章 古代
第3章 平安時代


第4章 鎌倉時代
第5章 室町時代
第6章 戦国時代
第7章 江戸時代
あとがき

 

第1章 日本史を疑ってみよう
〇 日本史は何の役に立つのか
暗記して何が面白いのか?? 面白いと思うが………
・未知を相手にする学問
・残された史料を元に考える

何故事件は起きたのか?
史実を知る?
歴史の流れを考える
疑う!!

「定説」は少なくない!!
「定説=正解」とは限らない!!
「歴史の見方=解釈」が変わる!
戦前は皇国史観!
戦後は唯物史観!
どちらも逆らえない!!
その道の大家が反論を許さない?
「定説」を疑う!
が「定説を覆す最新の研究」も鵜呑みに出来ない?
これが真実だ!!
「本能寺の変」
これが真実だと言う子孫の本ほど下らなかった!
出版社も問題である!

「歴史の流れ」を考えることは、今の世界を考えるのに役立つと!!


〇 歴史用語を疑え
多くは後世に作られた??
「貴族」は使われていなかった!!
・「貴」 三位以上
・「通貴」四五位
以上が殿上人!

「公卿」「摂関家」「清華家」らは当時も使われていた!

「幕府」 江戸時代から使われる!
「柳営」と言われていた??
ただ「幕府」は武家政権を表すのに便利である!
結局3つしかない!
鎌倉、室町、江戸で、同じものでは無いと!!

個人的な理解だったこと!
・鎌倉 執権
・室町 管領
・江戸 老中
同じものだと教えられたがそんなものでは無かった!!


〇 「史実」とは何か 史料の使い方、疑い方
著者は1221年から1333年の史料を読み、それを活字にする!
日本は史料が多く残されている?
これが問題である??
・日記は書ける人間が限られるので限定される!
・後世に読まれることを意識して書かれる場合がある!

大きな寺社は史料を秘していたが、よく焼かれて消失している!
信長のおかげで読まなくても良い史料が減ったと!!

トップシークレットほど記録に残さない!
足利将軍のくじ引き!!
これは本当か??
八百長と言うのが著者の意見である!
「三宝院満済」 高僧で著者の本にはよく登場する!
これが主導したと??
中世の日記は、人に読ませるものであったと!!
自分のやった儀式の手順なども書かれている!
秘密は書けない!! 書かないことは嘘は書いていないが真実ではない!
くじは「八幡様の神意だ」とみんなを納得させるためにある???

【本能寺の変の黒幕は南蛮勢力??】
【こんな記録は残せないから記録は無いと?】
【そう言う風に利用されるのはどうかなと思うが………】


〇 日本史は何でできているか
史料もランクがある!
・一次史料  古文書、古記録、
古文書は?
手紙、詔書、勅旨、
 下文、下知状、律令、御成敗式目など法令、訴訟、
 相続の譲り状、売券、借用書

古記録は?
日記、忘備録!
 
・二次史料 一次資料を基に書かれる!
 日記、
 日本書紀、続日本紀、日本後紀、日本三代実録(六国史)、
 大鏡、今鏡、水鏡、増鏡、吾妻鏡
 軍記物
 平家物語、太平記、曽我物語、栄花物語、梅松論
 水戸光圀は太平記を参考に大日本史を書いた!

【信長公記、甲陽軍鑑、愚管抄が出ていないが………】


〇 真の差出人は誰だ
例えがある!!
A社の社長がB部長に命じて、C社の社長への手紙を書かせる!
その時にC社のD部長に手紙を書く!
こういうことが古文書にはある!
差出人が3人いる場合もある!
これは注意が必要だと!!!


〇 こんなところにも「歴史解釈」が
日本の時代!
飛鳥、奈良、平安、鎌倉、室町、安土桃山、江戸と地名である!
イギリスは王朝名である! ウィンザー朝………
中国もか? 秦、漢、隋、唐、宋、元、明、清!
夏、商、周はともかく、春秋戦国、五代・十国時代は???

日本は、万世一系と言う建前に、実際の政権のあった場所で示した!
安土桃山? 桃山は実際伏見である!
伏見の桜に対抗して、桃の花で対抗した??
室町? 京都と言わないことがミソか???
今は東京か???
中国は?? 


〇 時代の変わり目をどこで見るか
新井白石による「天下九変五変説」
九変は?
・藤原良房、摂政就任
・藤原基経、関白就任
・冷泉天皇の時代の外威、藤原氏の専制
・後三条・白河両天皇による親政
・白河上皇による院政
・後白河上皇、鎌倉と天下兵馬の権を分かつ
・後堀河天皇時代の北条氏の支配確立
・後醍醐天皇による建武の新政
・足利尊氏による光明天皇立位

五変は?
・鎌倉幕府成立
・承久の乱
・室町幕府の開設
・織田豊臣政権
・当代(江戸幕府)

後醍醐天皇が京を捨てた時に、天皇と朝廷の時代は終わったと!!


〇 日本史の流れを押さえる四つの視点
著者の四つの視点は??
・どこまで日本か  地理的枠組みの変化
・外圧とグローバル性  国際環境と安全保障上の脅威
・メインプレーヤーは誰か  天皇、貴族、武士、農民、町人へ 経済の発展と統治の広がり
・実力か世襲か  それぞれのメリットとデメリット


〇 「この国のかたち」は時代によって変わる
日本列島が一つの国と言えるのは豊臣秀吉の時代からである?

・古代  畿内、瀬戸内海、博多??
・鎌倉時代  東国、朝廷、奥州藤原氏の三国状態
・足利時代  東国切離し 勝手にやれと!!
 北条早雲が伊豆で拠点を築いたのも偶然ではないと!
・戦国時代  甲斐、越後、駿河に王が、九州中国は朝鮮半島、東南アジアに、
 スペイン、ポルトガルとつながりを持つ


〇 外圧にも「レベル」がある
著者の分類!
・レベルⅠ  ほぼ無風
・レベルⅡ  社会のあり方に多大な影響
・レベルⅢ  国の存亡の危機

レベルⅢは3回だと!!
① 663年   白村江の戦い
② 1854年  黒船
③ 1945年  敗戦

・レベルⅡは白村江の戦いから平安時代!
・戦国時代  レベルⅡからⅢに向かう
・秀吉    レベルⅢへ向かう
・家康    レベルⅠに戻す
・清盛に室町幕府は  レベルⅡ寄りのレベルⅠ??

では元寇は?? 鎌倉時代で解説がある!
危機と言うより、幕府の無能だと???


〇 日本の歴史は「プレイヤー」拡大の歴史
誰が権力に参加しているのか??
・古代政権  天皇家、物部氏、蘇我氏、渡来人、僧侶
・平安期   東国に武士が誕生! 平将門!! 源氏に平家!
・貨幣経済が発達し、商人層が台頭する!
・戦国時代  堺・博多の商人、千利休!
無名の町民に農民!

リーダーの資質も去るものながら、誰に支持されたか?
・源頼朝   鎌倉幕府を武士たちが望んだ!
・足利幕府  鎌倉幕府よりましな政権を武将が望んだ!
 後醍醐天皇よりましだと??


〇 世襲のメリット実力のメリット
実力の世界では敵が多い! 恐れられる!!
織田信長は包囲網を作られた!
足利義昭、信玄、朝倉、浅井、本願寺………
他には毛利、上杉………
三好、松永………
ナポレオンもほぼ敵だらけである!
イギリス、プロシア、オーストリア、ロシア、スウェーデン………

トラブルや権力闘争のたびに武力を用いたら、コストがかかると!!
実力以外の秩序は、世襲だと??
家柄の古さや前例こそ優先されれば、継続するほど累積し、予測可能だと!
世襲原理にも一理あると!!
が、実力のない権威は有効なのか??
尊氏、信長、秀吉、家康は実力があったので権威が有効だったと!

権威が通じなくなる時は、時代が変化している!
戦国時の天皇は在位が長いと!
・後土御門天皇  36年
・後柏原天皇   26年
・後奈良天皇   31年
代替わりする金が無い??
天皇の権威も影響力を持ち得ないと!!

 

第2章 古代
〇 史料が少ない古代史を読み解くには
「日本書紀」
「六国史」
「古事記」
ヤマト王権の自画像?
史料が乏しく、比較できない!

・中国、朝鮮の史料
・「木簡」
・法隆寺などの史料??


〇 ヤマト王権のフランチャイズ戦略
・中国の史書「漢書」の「地理志」に「倭」と言う地域がある!
 紀元前1世紀! 100余りの小国
・「後漢書」の「東夷伝」 倭の奴国
 光武帝から印を与えられる!
・「魏志」の「倭人伝」 邪馬台国 30カ国の連合体
 
ヤマト政権は早ければ3世紀に奈良県を中心に成立した!
著者は、大陸・半島との関係が重要だと!
ここから技術などを得ている!
・仏教
・遣隋使
・統治システム

となれば、近い九州が有利である!
が攻められる危険性も高い!
そう言う意味では、畿内の奈良盆地が有利なのか??

「宋書」の「倭国伝」
・478年 倭王武が宋の皇帝に送った上奏文がある!
東に55ヶ国、西に66ヶ国、北に95ヶ国を平定し、
中国に使者を送っている!

この時の武器は、中国文明だと!
道鏡や剣??
古墳も全国に広がる!

柵封体制のヤマト版??
著者はヤマトと書く!
意味がある!
地方豪族と言っても知れている?
グループ?
大陸経由の文物にテクノロジーを見せる!
そうして連合を組む??
そんなやり方で勢力圏を広げると!!


〇 「日本」をつくった警戒レベルMAXの外圧
外圧との緊張関係が続く!
高い警戒レベルの脅威にさらされてきたと!!


・4世紀末から5世紀  朝鮮半島に兵を出す!
・高句麗から攻撃を受けた百済はヤマト王権との関係を深める!
・隋、島に攻撃される!
・660年  百済が滅亡
・663年  朝鮮で塔に大敗
・唐との関係修復を図るが………
・668年 飛鳥から近江に都を移す!
・673年 天武天皇即位、死後持統天皇で改革に乗り出す!

「天皇」「日本」は天武天皇の時代に成立した!
中国や朝鮮と違う存在だと!!
・法隆寺の再建
・伊勢神宮の整備
・中国の文化を取り入れる! 先進性を認めている!
・天皇の継承が兄弟ではなく、親子になった?
・現在に続く元号「大宝」を制定する!

結果、外圧=変化=あたらいい国家体制の再構築!
この原型が出来たと!!


〇 壬申の乱は「日本」を二倍に広げた
天智天皇の死後、後継者争いがある!
弟・大海人皇子と大友皇子が争い、大海人皇子が勝つ!
天武天皇である!
古代、福井から岐阜の西橋で三重に至るラインから西は「関東」である!
「五畿七道」の原型を整える!
関東を意識し、東国を発見した??
日本は二倍の広さになる???


〇 律令体制を税金問題として考えてみよう
律令??
「公地公民」
土地は「公」 天皇のもので、民も天皇に属する!

「班田収受」
民に口分田が与えられ、かわりに祖庸調と言う税を納める!

「三世一身法」
新しく開墾した土地は、本人、子、孫の三代に限り認める!

「墾田永年私財法」
開墾地を永久に私有できる!

著者は、いつも通り疑っている??
はじめから機能していなかった??
・誰が律令を運用するのか
・普通は時代が変わると追加変更があるが、それが無い!
・漢文で難しいが、読める人間は限られている!
・「班田収受法」 人口、個人情報、土地の情報管理?
 果たして出来たのか???

税とは? いつの時代も変わらない??
1 取れるところから取る!
2 民を太らせてから絞る! 一定の保護を与える?
3 民が太ることを目的とする! そのための税である!

役人はタテマエでも守ろうとする?
そうなれば実際に土地で揉めた時、国に返せと??
この時、在地領主は国司を黙らせるためより上位の中央貴族や、
大寺社に助けを求める!

実情とかけ離れた」律令は、理念=タテマエは近世まで影響したと!!


第3章 平安時代
〇 朝廷は全国を支配できていたか 「面」の支配と「点」の支配 
「面」の支配と「点」の支配??
「面」の支配は、日本全体としては豊臣秀吉、徳川家康で成し遂げられたと!
鎌倉幕府が支配したのは?
・相模、伊豆、武蔵、駿河
・上総、下総、安房、下野、上野
東国だけである!!
その他は、軍事拠点を「点」として支配する!
それを「線」で繋ぐが、線も大した道ではない!!

坂上田村麻呂は東北を制したか?
・791~794年  10万人
・801年     4万人
・803年
三回にわたり蝦夷征伐に行くが………
著者の推測では、点、要所を支配しただけではないかと?
引き上げれば元の木阿弥か?

メチャメチャ言っているが、未開地の調査探検か、
威力偵察、現地民の不満の慰撫と沈静化か???
この時期、東北の平定などは不可能であると???


〇 貴族の地方放置が武士を育てた
894年 はくし 覚えやすかった!!

空海、最澄が一緒に行っている!
この時、橘逸勢も行っている!
日本の三大名筆家の二人まで行っている!
空海、嵯峨天皇、橘逸勢!!
吉備真備も派遣されている!!

・894年 菅原道真は中止を建議する!
・907年 唐滅亡!
この時期は唐から学ぶものは無いと??
著者は、もはや日本に攻めて来る力は無いと!
この時期、摂関政治が開始される!
北家が勝ち残る!
天皇の外威として200年近く、朝廷を牛耳っている!

当時の貴族の学問は?
・文章道  漢文学、歴史学
・明経道  儒学
・明法道  法律
・算道   算術

道真は宇多天皇に、実力で登用されている!
宇多天皇は、母親が皇族出身である!
藤原氏では無いと!!
それもあるが、道真は左遷される!!


〇 貴族の地方放置が武士を育てた 平将門の乱を再評価する
東国に朝廷とは別の体制が生まれる可能性があったと!!
平将門である!
何処までのビジョンがあったのか??

貴族は地方を統治などしていなかった!
搾取し放題である??
国司が派遣されるが、一定額を納めればあとはやりたい放題である!
4~5年で、取りたい放題だと!
当初は貴族が自ら国司として赴くが、
任地に送り込む下級の官人を目代と言う!
頼朝が旗上げ時狙ったのが、目代である………

この時に武士が生まれる!
京ではのし上がれないので、田舎に行く!
源氏に平氏である!!
平氏が先に関東に行く!
三浦氏、上総氏、千葉氏、畠山氏、北条氏………
その中で成功した平氏で、伊勢・伊賀に拠点を移したのが伊勢平氏!
平清盛が出てくる!
その時空いた地に源氏が入る!!

平氏は桓武平氏である! 当たり前である!
平氏は3つの層に分かれる?
第一 都の貴族
第二 都で食いはぐれ地方に移る
第三 地方に土着して在地領主となった、貴族とは呼べない!

将門は第二のタイプ!
将門は「新皇」 新しい天皇として名乗りを上げる!
関東八カ国に勢力を広げる!
下野、上野、常陸、上総、下総、武蔵、安房、相模!
頼朝と重なるが………

将門を倒したのは藤原秀郷!
東国武士であるが、この意味は小さくないと!!


〇 実はもろかった摂関政治
摂関政治は天皇の外威になることか??
この場合、男の子を生まなければ意味が無いと!!
だったら複数の娘を送り込み、正室、側室を全部藤原氏で占めたら………
200年続く!!
この間に藤原氏を母に持たない天皇は、宇多天皇だけである!
確率は高い………
・1068年 藤原氏と関係のない後三条天皇が即位した!
時代は摂関政治から院政に移る!
藤原本家に女の子が、一人しかいない?
要は、女の子に恵まれて、男の子を生んだからと言う、偶然に頼ったと!
脆弱な権力基盤しかない………

・1069年 延久の荘園整理令
正しくない荘園は没収される!
これで藤原氏は1/3失う!
これに危機を感じた在地領主は考える!!
摂関家も大寺社も当てにならない!
天皇の上は??
上皇である!!
これが院政を支える!!
上皇は内親王に荘園を分ける?
当時の結婚は??
女の元に男が通う!
母親重視である!

鎌倉武士!
AからBと言う妻を迎える!
AとXが争うとBは必ずBに味方しなければならない!
【では北条義時の姫の前は比企である??】
【宝治合戦で毛利季光は三浦から妻を貰い三浦に味方する??】

摂関政治は母方の外威が力を持つ!!
院政は逆に父方である!
そう言う根本的な変化があったと!!


〇 「武者の世」が到来した理由
・1156年 保元の乱 武者の世が来たと!!
源氏と平氏である!
源氏は「戦争が得意だが政治は下手」
河内源氏であるが、不祥事が続く!
保元の乱では崇徳上皇に付き処刑される!
義朝は関東に戻り地盤の回復に努める!

伊勢平氏の祖は維衡!
将門を討った貞盛の子である!
その息子、忠盛は諸国の国司を歴任!
日宋交易、瀬戸内の海賊を取り締まり、降伏したものを配下に加える!!
忠盛の子が清盛!!

・清盛 大金持ちの御曹司
・義朝 失敗続きで、東国で一からやり直し

政争には武力を持ち込まない!
暗黙の了解か??
これを信西が破る!!
軍事的に有利になり、保元の乱に勝利した!!
義朝は勝利するが、清盛に差を付けられる!!

平治の乱は?
信西・平氏VS藤原信頼・義朝

清盛は武士なのか?
平氏政権は最初の武士政権か??
・清盛は二条天皇の乳母を後妻に迎える
・後白河院や摂関家とも縁戚関係を築く
・娘は安徳天皇を生む

治承・寿永の乱は?
源氏VS平氏ではなく、
在地領主VS朝廷政治???
武士たちは平氏排除ではなく、自分達の在地権力を確立することだったと???

 


日本史を疑え ①・本郷和人

2024年3月20日 (水)

本・日本史を変えた八人の将軍 ①(2020/2)・本郷和人・門井慶喜

Photo_20240321002101

将軍がわかれば、日本史がわかる?
日本史のなかで、700年にわたり政権の座にあった武家!
その中心である将軍が日本史におよぼした影響について、
将軍8人と将軍にならなかった2人から読み解いていく?
鎮東将軍、征西将軍などさまざまな将軍があるなかで、
なぜ征夷大将軍だけが武家の棟梁とされ、幕府を開くことができたのか?
将軍権力(軍事と政治)はどのように変化していったのか?
そして、彼らは日本史をどう変えたのか?
中世政治史を専門とする東大史料編纂所教授と、
『家康、江戸を建てる』などで知られる直木賞作家が、
知識と想像力の限りを尽くして、命題に迫!!

 

8人の将軍である!
鎌倉時代は頼朝しかいない!
頼家、実朝は変や乱では面白いが………
そうなると足利も話題が少ない!
くじ引き将軍、義政、義輝、義昭??
徳川は、秀忠、家光、綱吉もいるが!
西郷隆盛まがトリである!!
将来、何百年後かに、征夷大将軍は復活するのか??
そんな事を考えるが………
内容は下記の通りである!! ① ②と分けて紹介する!!

 


はじめに  松本清張にも聞かせたかった(門井慶喜)
序   将軍とは何か
第1章 坂上田村麻呂 すべてはここから始まった
第2章 源頼朝 頼朝が望んだのは征夷大将軍ではない!?
第3章 足利尊氏 うかがい知れない英雄の心中
第4章 足利義満 最大の権力者が求めたもの


第5章 織田信長と豊臣秀吉 将軍権威を必要としなかった覇者
第6章 徳川家康 今も影響を与え続けている家康の選択
第7章 徳川吉宗 幕府中興の祖がなしえなかったこと
第8章 徳川慶喜 英明か、凡庸か。勝利者か、敗残者か
第9章 西郷隆盛 近代最初の将軍であり、封建制最後の将軍
結   将軍が日本史に果たした役割
おわりに  歴史学の限界と、法則からの跳躍  本郷和人

 

はじめに  松本清張にも聞かせたかった(門井慶喜)
松本清張が言う!
「なるほど学者というのは知識はあるが、文章が下手だ!
 ああむつかしく書くのでは大衆へは届かない」

渡部昇一!
「どんな良いこと書いても、読んでもらわなければ意味が無い」

そう言うことであれば、池上彰である!
くどいほど繰り返す!
これは分かっているような顔をしている人の為か?
今さら聞けない人の為か??

松本清張、作家である!!
「知識は少々劣るが、大衆に耳を傾けせさせる能力は上だ??」
この場合の学者は、歴史学者である?
が、小和田哲男が嚆矢かと思われるが、両方兼ねている??
本郷和人がそうであると???

はじめには、提灯記事から始まる!

 

序 将軍とは何か
何も知らない時は、一番偉いと思っていた!
まず朝廷から貰う!
では朝廷より上にある??

・征夷大将軍
・鎮東将軍
・征西将軍
・鎮守府将軍
それに大臣?
どちらが上か??

「将」 「ひきいる」「もちいる」
「師」 軍を率いる!

日本では「将 しょう」「勝 しょう」
語呂合わせか? 日本は大好きである!
太平洋戦争末期、長野県に大本営を移そうとした!
長野県 信濃 信州 神州???

武家に信仰されたものに「勝軍地蔵」
「愛宕権現」
直江兼続の兜の「愛」は「愛宕権現」の「愛」
鎌倉時代から江戸時代は「将」が使われる!
明治維新はその否定であるので、「師」が使われる!
その為に「師」を使う! 「大元帥」

中国は将軍が多いが格がある!
・大将軍
・驃騎将軍
・車騎将軍

五世紀 倭の五王の「武」
宋から「安東大将軍」に任じられる!

坂上田村麻呂は軍事的将軍であると!!
坂上田村麻呂が征夷大将軍として東北に遠征した時は、
広大な地域に、陸奥、出羽しかなかった………
伊豆や安房でも一国である??
「越」 大きすぎて分ける
・越後
・越中
・越前 さらに加賀、能登、若狭、越前と分ける!

東北に関東は未開の地だった………
将軍には何より兵士を戦う気にさせる、士気を上げることを求められる!
この件については面白い話がある!
家康と秀康が相撲見物していたら、大騒ぎになり収拾がつかない?
この時、秀康が立った!
立っただけで騒ぎが収まった?
この才を戦場で発揮されれば……… 家康は恐れた………

司馬遼太郎が書いていたが、征韓論!
朝鮮半島遠征軍の指揮官に、板垣退助を考えていた?
将軍の才能はやってみなければ分からない!!

幕府は学術用語!
中国では将軍が遠征して、幕を張って軍務を取り扱う!
これを「幕府」という!
日本は「柳営」という!
なので後鳥羽上皇は「北条義時を討て」と命じた!
「鎌倉幕府を討て」とは言えない??
同じことだが………

 

第一章 坂上田村麻呂  すべてはここから始まった
坂上田村麻呂(757~811)
渡来氏族・東漢氏をルーツとする、軍事部門を得意とする!
・797年 桓武天皇より征夷大将軍に任命され遠征する!
それまでに、薬子の変を鎮圧する!
これが810年! と言うことは、1年足らずの征夷大将軍か??

本郷和人がいつも言う! 古代日本は一つでない!
西国中心で、関東、東北が日本になるのはかなり後だと!

遠征軍の兵站は?
国衙が担当する? 県庁である!
しかし現地担当である!
将軍の役割は、兵に分け前を分配する!
略奪や暴行が出来たから、遠征を成し遂げることが出来る!
コンスタンティノープル陥落時、3日間の略奪を許したと!

坂上田村麻呂が遠征するまで、朝廷軍は連戦連敗である!
アテルイ軍はなぜ強かったか?
まず地元である!
ウクライナが勝負出来ているのは、欧米の武器もあるが、愛国心である?

国民の不満をそらすために遠征する!
よくあるが………
将軍も一騎打ちの必要は無く、政治力が求められる!
悪源太義平、鎮西八郎為朝…………
坂上田村麻呂は、アレクサンドロス大王の小型か??
この時期、東北はゴールドラッシュである!
奥州藤原氏が滅んで平泉はさびれる!
これは金が枯渇したからか………

「軍神」ではない???
門井慶喜説??
・思想型   時間をかけてじっくり行う
・ウイット型 考えないで対応する
冒険や探検は、思想型では失敗すると!
アテルイを書くつもりのようだが…………

 

第二章 源頼朝  頼朝が望んだのは征夷大将軍ではない!?
◇ 河内源氏
頼信→頼義→義家→義親→為義→義朝→頼朝→頼家→実朝
義家は、前9年の役、後三年の役で関東の武士と主従関係を結ぶ!
が、義親、為義の時代に関東の武士は主従関係を解消する!
義朝は関東に下り、再度源氏と主従関係を結ぶ!

義仲、義経は征夷大将軍を要望したが、頼朝は大将軍を要望した!
大将軍の方が上であるが、坂上田村麻呂の征夷大将軍の方が縁起が良いと!
が、頼朝にとっては大した意味は無かった?

鎌倉幕府の成立は?
・1180年 頼朝挙兵
・1183年 平家都落ち、木曽義仲入京
・1184年 頼朝が問注所を設置する 義仲滅亡
・1185年 平家が滅亡する(敵対武家勢力の消滅)。
・1189年 頼朝が源義経とこれを匿った奥州藤原氏を滅ぼす
・1190年 頼朝が右近衛大将に任じられる
・1192年 後白河上皇崩御 頼朝、征夷大将軍に任命される

いいくにつくろう 1192年が、現在1185年となっている!
現状では4つあるそうだ………
・1180年 頼朝挙兵
・1185年 平家が滅亡する(敵対武家勢力の消滅)。
・1190年 頼朝が右近衛大将に任じられる
・1192年 後白河上皇崩御 頼朝、征夷大将軍に任命される

最近、鞆幕府を聞く!
どうでもいいことと思う! だいたい幕府とは言わなかったのでは??
こう言うのを、日本学術会議は言わないのか?
2月11日は建国記念日としてふさわしくない?
どうでもよいと思うが………
学者、研究者のマスターベーションか??

・室町幕府 1336年
・江戸幕府 1603年
要は基準が無い!
鎌倉幕府の成立は1192年とすべきである!
そうすれば「いいくにつくろう」で覚えやすい!
学者も一般人のことを考えるべきだと????

門井慶喜は頼朝を書くなら政子を書くと!クイーンメーカーである?
承久の変で、御家人たちを焚きつける!!
尼将軍である! ただ、永井路子が書いているが………

頼朝は、一人一人に言う!
「お前だけが頼りだ」
そんなものはバレる!!
政子は大ぜいに言うと!!

頼家と実朝は??
あまり長く書けない!
「山岡荘八 徳川家康」 全26巻!
親父が好きだったが…………
読んでみたが、全然面白くなかった!!
「司馬遼太郎 覇王の家」ぐらいが丁度よい!!それに面白い!!!
「隆慶一郎 影武者家康」もいい! 新田の末のかけらも出て来ない!!

頼朝は??
在地領主の利益を朝廷と調整する!
その役割は源氏の嫡流で、都に育った、官位を持つ頼朝にはうってつけだった?
本郷和人は、頼朝以外でもなれたのではないかと?
佐竹、小笠原、武田、平賀、木曽………
そうなると、本郷和人が批判する「織田信長は特別ではない」と同じになるのではないか?

北条政子とのカップル!
伊豆の小土豪の娘であり、離縁しなかった?
それで関東の仲間だと認めて貰った??
頼朝は恩には報いている!!

関東は土地争いが絶えない!
関東の武士は読み書きができない?
が土地争いで読み書きが出来るようになった??
自分の土地だと、根拠を説明しなければならないと!!

頼朝落馬の真相は??
陰謀論で語れば………
長生きしたらどうなっていたか??
・直ぐ滅びた?
・幕府は安定する?

親王将軍の価値は??
朝廷から貰う官位官職が欲しい??
・高貴な血が尊重される!
・神輿は必要だと!

鎌倉幕府存続の理由は?
北条氏、義時と泰時の力が大きいと!
将軍になろうとしたら「北条の謀反だと」
御家人たちがまとまり、北条を攻める?
政権に必要なものは??
・権力の確立
・利害の調整
この二つの機能は矛盾するが………
利害の調整は自分が引き下がり調整する!
幕府は三代に人を得ると上手くいく?
・鎌倉幕府  北条泰時
・室町幕府  足利義満
・江戸幕府  徳川家光

創業と守成!!
どちらが難しいか??
これは堺屋太一が書いていた!
貞観政要「創業と守成いずれが難きや」
唐の2代皇帝・太宗が300年続く唐帝国の礎を築いたが?
「一大事業を成し遂げること(創業)と、
その後に体制を維持し続けること(守成)と、
どちらが困難だろうか?」
答えは、いずれも難しい??
この話は載せていないが………

日本リーダーは、「あの人が上に来るとしっくりいくな」
そう言う特徴がある!
頼朝は御家人の力で創業し、文官を起用した!!

 

第三章 足利尊氏  うかがい知れない英雄の心中
将軍になれる家と、なれない家?
清和源氏 足利、平賀、佐竹、武田………
新田が入っていないが………
足利は将軍になったが………

北条氏は将軍に慣れないが有力御家人を潰し、
源氏一門も粛清する!
平賀を滅ぼす!
平賀幕府、佐竹幕府、武田幕府になっていたかも………
徳川幕府は新田幕府か???

家康が秀吉より先に死んでいたら………
・豊臣政権が続いた??
・秀忠が幕府を開いた? これは無い??? それより秀康は?
・前田、蒲生が天下を取った?
・伊達政宗の目は無い?? 「言うだけ番長」???

足利は??
北条は特別扱いである??
足利の正室は北条の得宗一門である!
・泰時  泰氏
・時頼  頼氏
・貞時  貞氏

こんな話は載せない!!
足利家時「わが七代の孫にわれ生まれ替わり天下を取るべし」
義家-義国-足利義康(足利氏初代)-義兼-義氏-泰氏-頼氏-家時!
家時がまさに7代目の子孫に当たるが、
「いまだ、その時ではない」
家時は「わが命をつづめて三代の中にて天下をとらしめ給へ」と八幡大菩薩に祈って腹を切る??
三代後が尊氏か??
後付と言う??

うじうじ尊氏???
又司馬遼太郎になるが、大気が天下を取らせる??
秀吉もそうだが、大盤振る舞い出来る!
家康も秀吉より石高は多い………
1/6の山名氏もいる!

優柔不断で決められない尊氏!
陰で支える直義!
後醍醐天皇は楽観的である!
後鳥羽上皇のような綿密な計画はない!
僧兵頼りで、後白河上皇の時代に戻っていると!
朝廷の下に武士が来る!
後醍醐天皇捕縛に尊氏は命じられるが、裏切る!!
そして高氏から尊氏に変わる!! 「尊」を貰う!!
後醍醐天皇は、親王を天皇にしていて、それで鎌倉をコントロールできると!

中先代の乱を鎮圧し、恩賞を与えるが、
後醍醐天皇は謀反と見なして、新田義貞に討伐を命じる!
うじうじして動かない??
直義が先に行くが負ける! 
軍事の尊氏、政治の直義??
箱根竹ノ下で新田義貞を破る!
この後が日本史を変えたと!
直義は鎌倉に帰ろうと!
尊氏は京に行くと!
しかし尊氏は、新田義貞と北畠顕家の連合軍に負ける!
九州に逃げる! が武士は離れない!
負けたのみ尊氏を見捨てず押し立てる!
再度攻め上がり、湊川の戦で楠木正成、新田義貞を破る!
楠木正成は自害。後醍醐天皇は新田義貞と比叡山に逃げ込み、尊氏に降伏する!
貴人はそう言うものか?
尊氏に降伏し、新田義貞を見捨てる………
この時「帝徳」が無いから負けたと!
後醍醐天皇は「武士は俺の言うこと聞いていればいいんだ」
これでは勝てないし、人は付いて来ない?

楠木正成と名和長年は後醍醐天皇が発掘され優遇される!
忠誠心があったと!
尊氏側に付く選択肢もあった………
戦術家としては一流か?
籠城戦を戦っている!

尊氏は後醍醐天皇の勢力を一掃!
北朝(持明院統)の天皇を擁立する!
建武式目を制定し、2年後征夷大将軍になる!
出家して仏門に入る??
軍事的崔御能があって勝っているのにである!!
「うじうじ」??

尊氏は京で、貴族が「領地を返してくれと」
だから直義に「言わんこっちゃない」
脳学者の意見がある!! あまり興味はないが………
尊氏の父親は北条から正室を迎えている!
側室は上杉清子は西国出身で、尊氏に英才教育を施した??
京を選んだのは、尊氏にとってそれしか選択肢が無かった?
本郷和人は貨幣経済と言う!!

この時期、東北は日本になっている!
征夷大将軍の意味が亡くなっている?
大将軍である!
・奥州総大将
・奥州管領
・奥州探題
・そこから出羽探題が出来る!
京から離れているので、奥州はやりたい放題か?
三代将軍義満の時に、鎌倉公方に任せて、京から切り離した!
では鎌倉時代はどうだったのか??

武士の変化!
御家人は鎌倉時代初期は、国会議員ぐらいで、後期になると県会議員ぐらい?
土岐頼遠が光厳上皇に矢を射る!
直義は処刑する! 当然である!
が、武士からは良いように言われない!
「貴族の犬」???

室町武士と江戸武士の違いは??
・室町時代 実質一方
・江戸時代 忠義 主従関係を維持するために精神性が強調される!

「忠」「孝」 中国である!
父親が牛を盗んだ時、息子はどうする?
・法家  父親と言えども役所に付きだす
・儒学  父親をかばう
日本は両方重要である? 独自の理屈であると!

尊氏は武家政権を倒す?
倒幕だが、倒朝ではない!
「観応の擾乱」
ここで直義を失い、高師直も失い、自分でやらなければならなくなる!
うじうじ尊氏か???

 

第四章 足利義満  最大の権力者が求めたもの
三代目は苦労していない?? 創業の苦労である!
が、ここで能力のある人間がいなければ続かない!
義満は生まれながらの将軍である!
大きな仕事をしている! 明徳二年~四年に集中している!
1391年~93年である!
「いいくにつくろう」から200年経っている!
・有力大名の粛清による幕府権力の確立
・南北朝合体
・日明貿易

将軍権力の完成!
奉行人と奉公衆!
・奉行人 政治・裁判などの文官!
・奉公衆 幕府の直轄軍 3,000人と言う! 多いと!

① まず有力大名の力を削ぐ!
・明徳元年  土岐康行の乱
・明徳二年  山名一族を討伐 1/6の11ヵ国を治めている!
・応永六年  大内義弘の乱
② 天皇
・明徳三年  南北朝の合一
③ 税!
土倉役に酒屋役!
土地収入が少ないために、日明貿易に傾斜する!

美術プロジューサーでもある!
それが金閣寺であると!
銀閣寺とどう違うのか??
「花の御所」

歴史を分けると、古代、中世、近代になる!
室町時代は中世になる!
ところが建築史では、中世は金閣寺と銀閣寺の間で分かれる?
・金閣寺  古代 寝殿造 義満(頼朝の再来)
・銀閣寺  中世 書院造 義政(清盛の再来)

京都を好み権力者、嫌う権力者!
・好むのは 平清盛、足利義満、豊臣秀吉
 御所の西側に建物を建てる
・背を向けるのは 源頼朝、徳川家康
 東側に建てる!

武家の棟梁で、征夷大将軍と太政大臣になったのは、義満が初めてである!
武家と貴族を支配したのは、義満が初めてだと!
天皇を差し置いて、「日本国王」を名乗る!

どうしても出てくる話し??
義満は天皇家を乗っ取ろうとしたか??
息子義嗣を天皇にしようとした?
天皇家と将軍を足利で押さえる??
小説のネタにはなる!
なる前に義満は亡くなるが、これもそうさせないために殺された????
実際はどうなのか??

「易姓革命」
日本では起っていないと!!
勝ち残ったものがトップに立ち、誰も文句が言えない状態!
それは、ガッツが無いからだと???
なぜガッツ?? 根性は??
それが日本では世襲が強い理由か?

中国、ヨーロッパは外敵がある!
守るためには強い王朝が必要である!
代えようとする?
リーダーは能力が必要! 家柄や血統ではないと!!
モンゴルの過酷な環境ではリーダーが無能であれば生き残れない!
日本は温暖な気候で農耕を行い、外国からの脅威もない!
幸せな国か??

現在の将軍のイメージは義満の時に出来上がる!
軍事力を背景に、文治政治を行う!
それの再生産を行ったのが義政だと!
ただ義政は、政治・経済・軍事では評価されない!
室町時代には将軍が空位である期間があったが、
江戸時代は日をずらしても空位を作らなかった!
政治に傾いていると!
「室町殿」
どうも天皇と将軍のバランスがある!!
将軍の力が、公判ではどのようなものだったのか?

義満は征夷大将軍を辞職し「大御所政治」を行う!
これは室町幕府存続に大きかった?
生まれながらの将軍・義満にとっては、将軍た大したものでは無いと!

 


日本史を変えた八人の将軍 ①・本郷和人・門井慶喜

 

2024年3月19日 (火)

本・戦国武将の選択 ②(2021/4)・本郷和人

Photo_20240321000301


第6章 執権北条氏、粛清政治の手法 戦国前夜1
第7章 「大義名分」がない中世武士の感覚 戦国前夜2
第8章 利休は強欲だから秀吉に殺されたのか
第9章 「利休七哲」と徳川大奥
第10章 武将の名から人間関係が見える
第11章 家康と「信康切腹」と「長篠」

 

第6章 執権北条氏、粛清政治の手法 戦国前夜1
鎌倉幕府は質素倹約である!
朝廷は贅沢であると!
平清盛はその中間!!
交易が盛んになる!
がそれが継承されたのは、室町幕府である!

鎌倉幕府は「苛酷かつ陰惨」
北条氏か?
隙を見せれば即失脚、誅殺である!
北条氏内部での争いも多い!

元寇時、時宗は「名越時章」を誅殺する!
後で無実と分かり、実行犯5人を斬首する!

貞時は時村を殺し、実行犯12人を斬首する!
北条氏の得意技である!!

頼朝は決まった側室を置かなかった!
なので男は二人だけである!!
政子が嫉妬深かったとは言え、時政の子供多さは??
関東の武士を束ねるのに、必要だった??
旗揚げ以来の妻であると!!

政子は当時としては晩婚である!
子供は全部死ぬし、頼家は自ら殺す!
実朝に子供が出来ないので側室を勧めた??
「お前が言うか」
よく分からないと???

北条は伊豆の小さな土豪だった??
① 旗揚げ時、小数の兵しか用意できなかった!
② 系図がしっかりしていない?
③ 時政が官職についていない!
それが承久の変では19万騎である??
この数字はともかく、強大である!!

まず政敵を落とす!!
時政が陰謀をめぐらせる!!
・梶原景時!
・曽我兄弟の仇討ち時政か?
クーデター説がある!!
頼朝を殺し、範頼を将軍にする??
実際に、大庭景義、岡崎義実は失脚する?
立証は難しいが、後に範頼は誅される!!

 

第7章 「大義名分」がない中世武士の感覚 戦国前夜2
第5章での戦国武将で兄弟の争い!
・毛利元就
・今川義元
・織田信長
・伊達政宗
・足利尊氏
・大友宗麟
弟が兄を立てたのは、豊臣秀長、武田信繁か?
結束を謳われた島津四兄弟も義久と義弘の間は微妙だった………

義経を討ったのも普通のことである?
頼朝は北条氏以上に大事にしたのが比企家!
頼朝の乳母であり、流人時代に援助されている!
頼家の乳母でもあり、範頼、義経の正室は比企の血を継いでいる!

当時は比企の勢力は北条を上回る!
それではと陰謀である!
頼家が重病になり比企をおびき出して殺す!
仁田常忠である!
比企一族は滅亡するが、頼家が回復するが
後の殺されて、真相を知る仁田常忠も誅される!

日本は白兵戦が主流?
そんなことは無い!
・弓矢  鎮西八郎為朝
・大力  組打ち 畠山重忠
畠山重忠は鎌倉武士の鑑である!

北条義時は「江間義時」である!
「鎌倉殿の13人」では13人の紹介で、江間義時と名乗る!!
北条の跡継ぎでは無かった!
牧の方の生んだ政範が後継者である!
「時」が付かない?
政範は16歳で亡くなる!
時政は義時の次男・朝時を後継に、平賀朝雅を将軍にしようとする!

武蔵をめぐり、畠山と平賀が対立する!
どちらが頭になるかである!

時政が、畠山の謀叛をでっちあげて滅ぼす!
無実と分かり、責任を押し付け稲毛重成と榛谷重朝を誅殺する!
そのまま実朝を殺害し、平賀朝雅を将軍にしようとする!
これは無理があり、時政は隠退、平賀朝雅は討たれる!
義時は北条の跡継ぎになる!!

史料は誰が得したかで読む!
【そうなると本能寺の変で得をしたのは?? 秀吉か??】

北条時政引退で、義時は丸儲けである!!
畠山重忠の遺児がいたが殺している?
畠山重忠を持ち上げることにより、時政を悪者にして、
義時を持ち上げる!
時政追放も仕方がなかったと!!

「力が全てある」
鎌倉武士の強要は高くない!!
旗揚げ時、頼朝は大庭景親に言われる!
「昔は昔、今は今、恩こそ主よ」

承久の乱で、朝敵・義時を御家人たちが支持した!
義時は、新しい「東国の王」になる!!

 

第8章 利休は強欲だから秀吉に殺されたのか
秀吉と信長・家康は違う!
何が?? 家柄? 後記の出かそうでないか??
憧れか??
自己満足のため高貴な女が欲しい!
名前の明らかな側室は?? 6人挙げると………
・淀どの  お市の方の娘
・三の丸どの  信長の娘
・姫路どの   信長の弟・信包の娘
・まつの丸どの  京極高吉の娘
・三条どの  蒲生氏郷の姉妹
・加賀どの  前田利家の娘

普通主君の娘を側室にするかなと!!
家臣と言うか、親友でもある前田利家の娘!
蒲生氏郷も思い切った??

芸術家の処罰!
・足利義教と世阿弥  流罪
・秀吉と山上宗二   断首
。家康と吉田織部   切腹

利休は強欲だった!
・売僧?? あくどい商売をしている?
・鳫の塩引きなどより銀を送れと!
ただし切腹後に、無実と言うのは無理がある!!
恐くて秀吉が悪いなんて言えるのか??

まず大和の大名と言えば??
・筒井順慶
・松永弾正
・豊臣秀長
秀長と利休は仲が良い??
秀長と興福寺は対立している!
利休を悪く言っているのは、興福寺である!!
敵の敵は味方!!
敵の友は敵!!
この評価は疑ってみるべきであると!!

 

第9章 「利休七哲」と徳川大奥
「利休七哲」
・蒲生氏郷
・細川忠興
・古田重然
・牧村利貞
・高山右近
・芝山宗綱
・瀬田正忠

蒲生氏郷である!
著者も人が良くない!
蒲生氏郷と大島優子を比較する!
大島優子なんて名前だけ知っていて顔も知らない!
著者はミーハーなのか??
要は何をやってもそつが無いと!!
先頭に立って進む武将である!
イメージとしては、ナポレオン旗下のネイ将軍か??
サーベルを振るって突撃する将軍である!!

信長にも秀吉にも優遇されている!
もっとも信長の娘を貰っていて、氏郷亡き後、秀吉は手を出そうとした??
側室・三の丸どのは信長の娘である!

最終、会津90万石になるが、褒美が先で実績があとから付いてくる??
が、世間は納得している!
氏郷ならば………

氏郷は「鯰尾兜」? 「燕尾兜」??
どちらでもよいが………

牧村利貞の娘が「おなあ」さん!
著者の本ではよく出てくる!
おかげで名前を思えた??
6歳で前田利家に引き取られる!
前田利長の養女となり、前田直知へ嫁ぐ!
離縁されて膳を学ぶ!
縁あって蒲生忠郷の家臣、町野幸和に嫁ぐ!
が内部抗争で失脚し、浪人となり江戸に行く!
知識と教養を付けてスカウトされる!
スカウトしたのは春日局である!!

将軍家光は30過ぎても世継ぎがいない!
あなあさんは自分の孫を側室として送り込む!
三成の血を引いている??
家光は男色の傾向がある??
12歳の時に、家光33歳で男装させて近づける??
【この男装の話は本当なのか? 馬鹿にしている?】
娘を生むが、本人は健康を害しなくなる!

 

第10章 武将の名から人間関係が見える
武田大膳大夫源晴信!!
・武田   家の名前
・大膳大夫 朝廷から貰った役職名
・源    かばね
・晴信   いなみ

平安時代に鎌倉時代は?
太郎、次郎、三郎………
次の代は、次郎の三男なら、次郎三郎、
四郎の次男は、四郎二郎!!
では家康の影武者、世良田二郎三郎は??
親は次男で、本人は三男か??

官職で、通称の代わりになる! 勝手に付けている??
二階堂四郎が官職を手にして、二階堂左衛門少尉になる!
子供は、長男が左衛門太郎、次男が左衛門次郎となる?

かばねは姓! 名字と同じ!
代表は、「源平藤橘」
「かばね」+「いなみ」の時は、「の」を入れる!
ふじわらのみちなが」

何か都合よくごまかされている?
「豊臣」は「かばね」で家は「羽柴」
そうなるな………
豊臣政権ではなく、羽柴政権??
「かばね」は形がい化していると!!

地方は地名を家名として使い始める!
平家でも、三浦、上総、千葉………
中央では?
藤原本家は「近衛」と「九条」
「近衛」から鷹司!
「九条」から「二条」と「一条」

「ふじわらのていか」
「ふじわらていか」でいいじゃないかと?
と研究者は決める???
「の」が入る意味が分かったが………
恐らくすぐに忘れるが………

「偏諱」
「通字」
・北条は「時」
・足利「義」
・徳川「家」
・織田「信」………
家臣に対しては「一字」与える!
「偏諱」と言う!!

・室町時代の細川家!
将軍の偏諱プラス「元」「之」
・伊達家
 将軍の偏諱プラス「宗」
・豊前大友家
 大友義鑑 家臣に「鑑」プラス通字
 大友義鎮 家臣に「鎮」プラス通字
・武田信玄 「晴」「信」を与えられずに「昌」を使う!
 山県昌景、内藤昌秀、土屋昌続、武藤昌幸(真田)
・信玄の親父 武田信虎 「虎」を与える」!
甘利虎泰、春日虎綱………
・蒲生氏郷  蒲生の姓と「郷」を与える!!

徳川家康は元は松平元康で、「元」は今川義元からである!
今川家から離れる時に家康になる! 「元」を捨てる!
新田一門の「得川」から「徳川」に!
ただしこの「いなか大名」は藤原氏と思い込んでいた??
源家康でなければならないが…………
無理やりこじつけるが………

 

第11章 家康と「信康切腹」と「長篠」
華陽院!
家康の母の母! 祖母である!
三河・仮谷城主 水野忠政の妻!
松平清康と華陽院の婚儀があった!
略奪結婚である!! 年齢に問題があるようだが………
水野忠政との間にお大ら4人、清康との間に女子を生む!

ここで「九尾の狐」 ナルトである??
平安時代後期、玉藻前と呼ばれる美しい娘が鳥羽上皇の寵愛を受けた!
上皇は健康を害し、「九尾の狐」と分かる?
下野の那須にいることが分かり討伐隊が出る!
三浦義明、千葉常胤、上総広常らである!
悪女の代表、「妲己」の正体が「九尾の狐」???
著者のお遊びがある!

家康の正室・築山殿と信康である!!
両者とも殺される!!
築山殿と井伊直政の父はいとこ同士??

桶狭間の合戦ご、今川家から自立する>
二人は人質である!
これを人質交換で取り戻す!
この時期は家康の女性関係はあまりなかったようだが………
・1562年 信長と家康は同盟を結ぶ!
「清須同盟」
信康と徳姫は9歳で結婚する!
・1567年 家康は浜松城に移り、信康に岡崎城を譲る!
・1579年 信康切腹! 21歳である!

二俣城に「信康堂」があった!
ここで切腹した?
岡崎次郎三郎信康! の旗がなびいていた!!
次郎三郎??
著者の解説なら、家康は次男で、信康は三男???

十二ヵ条の徳姫の訴状がある!
武田家との内通などである!
酒井忠次が信長に弁明し無かったと!!
それで切腹である!!
これについては色々な小説のネタがある!!
家康がそう望んだ???
が結果がある!
① 酒井忠次の冷遇 徳川四天王でも下になる!
② 徳姫は女子を残して実家に帰るが、家康は冷遇する!

家康の後家好み??
子供の年齢を並べる!
・信康  1559年 築山殿
・亀姫  1560年 築山殿
・督姫  1565年 西郡局
・秀康  1574年 お万の方
・秀忠  1578年 西郷の局

もっと多くてもよさそうであるが………
家康の後家好みは本当か??
晩年のリストがある!!
・1590年 48歳 お梶の方 13歳
・1594年 52歳 お万の方 15歳
・1597年 55歳 お夏の方 17歳
・1600年 58歳 お梅の方 15歳
・1609年 67歳 お梅の方 13歳
ロリコン親父では無いか??

信康が切腹刺されたのは??
要は武田である!
長篠の戦いで武田は大敗する!!
兵数が全てではないが、大いに越したことはない!!
鉄砲は有利ではあるが、絶対ではないと!
信康は武田に近づいた!
大賀弥四郎事件!
武田に内通し、極刑になる!
勝頼は長篠を落として織田と徳川の分断を図る!
これに信康が絡んだ証拠を信長は掴む??
ちょっと陰謀論にはまり過ぎている!!!

 


戦国武将の選択 ・本郷和人

 

2024年3月 7日 (木)

本・壬申の乱と関ヶ原の戦い なぜ同じ場所で戦われたのか ②(2018/2)・本郷和人

Photo_20240307213401


第三章 関ヶ原の戦い(1)その構造
第四章 関ヶ原の戦い(2)歴史的意義
終 章 歴史が転換する時

 

第三章 関ヶ原の戦い(1)その構造
◇ 将軍権力の二元論
・主従制的支配権  政治権力
・統治権的支配権  「奉公」と「御恩」

鎌倉時代は統治権的支配権
足利尊氏、直義は分担する!
尊氏 軍事
直義 政治

それらが足利義満の頃には一つにまとまる!

◇ 「都」と「鄙」
室町時代は明らかに分かれていた!
・「都」 将軍が支配 先進地帯  京  中部、近畿、中国、四国
・「鄙」 鎌倉公方  後進地帯、田舎  東北、関東、九州

鄙では有力な地方の有力な武士が守護になる!
・甲斐  武田
・下総  千葉
・豊後  大友
・薩摩  島津

都は足利一門である!
・細川、斯波、畠山、………
・一門ではないが、土岐、赤松………

応仁の乱は都の都の守護大名の争いである!
乱後、鄙の守護大名は戦国大名化する!
・秀吉の時代、蒲生氏郷は伊勢松阪12万石から、会津42万石に抜擢!
最終的には90万石と言うが、氏郷は喜ばない!
「こんな田舎では天下争奪時、何も出来ない」
・信長の時代、滝川一益は上野50万石になるが、喜ばなかった!
・秀吉は家康を256万石で関東に追い払う??
・織田信雄は、伊勢・尾張にこだわり、命令拒否で取り潰される!

◇ 関ヶ原の合戦
・本戦
・東北   上杉VS最上
・京・大津 京極VS立花宗茂 
・九州   黒田VS大友
それ以外もある!
・信濃  真田VS徳川
・伊勢
・伊予

では誰と誰が戦ったのか??
・東軍  徳川家康 
 大阪を支配下に置き、秀頼をいつでも殺せる状態
・西軍  毛利輝元? 石田三成? 著者は豊臣秀頼?
 家康の首を取る! 機内に入れない!

「司馬遼太郎 関ヶ原」
これは興奮した!!
その本から関ヶ原の知識を得た!
今では大分修正が入ったが………

◇ 石田三成の戦略は?
・小牧長久手の戦いで家康を臣従させた戦いを参考にする!
・家康の首が絶対条件では無い?
・岐阜城は一日で落城?
【こうなると直江兼続の長谷堂城攻めがだらしない】
・三成は、大垣城、南宮山、松尾山を考える!!
・関ヶ原になる!

◇ 家康の戦略は?
・豊臣家の乗っ取り? 言いがかりをつける?
・前田利長の謀反を言い立てる
・上杉景勝の謀反を言い立てる  
・言いがかりで諸将を見極める?
・戦争を欲し、豊臣家の秩序を破壊する!
・すでに恩賞の約束をしている??
・上杉討伐に付き添った諸将は最初から家康に従うつもりである!

◇ 三成の戦術は? 失敗??
・細川藤孝に田辺城 500ほどの兵に15,000の兵を向けた!
 はんぶんでも7,8000の兵である!
・京極高次の大津城に、立花宗茂、小早川秀包のエースを派遣した!
 二人とも戦意が高く、猛将である!
・島津義弘の夜襲の進言を受け入れなかった!
・鳥居元忠の伏見城には、小早川秀秋、島津義弘が援軍で入ろうとしたが………
・小早川秀秋は西軍とは言えない!!
・大谷吉継は笹尾山に向けて土塁を造っている!
・吉川広家は動かない? 家康は確信している!
・ドイツから来たメッケル少佐は、布陣を見て西軍の勝ちと論じた!
・小早川秀秋の裏切りで勝負あった!
・三成が生き延びれば、大阪城籠城と言う選択肢はあった!
 立花宗茂、小早川秀包、田辺城攻撃の残党、敗残兵、
毛利輝元の軍と合わせて50,000の兵はある!
 西軍に戦うエネルギーは無かった!!

 

第四章 関ヶ原の戦い(2)歴史的意義
◇ 戦後処理
輝元は騙されたのか?
所領安堵されると!!
黒田長政、福島正則が交渉である!
書面にはどこにも所領安堵は書かれていない?

◇ 誤解されている福島正則
酒飲みだったようだ?
改易された時は、家臣は引く手あまただった?
荒くれ大名??
改易されたので、好きに言われる!

◇ 幕府の成立時期!
・徳川幕府 席ガラで勝利した1600年か? 〇
 征夷大将軍の1603年か?
・鎌倉幕府
 1192年 征夷大将軍  イイクニ
 1185年 守護を任命  イイハコ 〇
 1180年 鎌倉入り
・室町幕府
 1388年 征夷大将軍
 1338年 建武式目    〇

あまり意味が無いと思うが………

◇ 家康の査定 ① 戦功重視 裏切りは許さない
小早川秀秋は事前に家康と密約があった?
脇坂安治、朽木元網、小川裕忠、赤座直保!
脇坂安治は家康に連絡を取っていたが、2家は取り潰し、1家は減封!
勝ちが見えてからの裏切りは許さなかった!
・福島正則  清州24万石~安芸・備後半国の49万石
・小早川秀秋 筑前35万石~備前52万石
・京極高次  近江大津6万石~若狭小浜92,000石

ここには出ていないが山内一豊 遠江掛6万石~土佐20万石?
戦場での槍働きは無いが、城を家康に差し出したから???

◇ 家康の査定 ② 一族に甘い
・家康次女・督姫  池田輝政 
・家康三女・振姫  蒲生秀行 亡き後浅野長晟
・秀忠次女・玉姫  前田利常

みんな優遇されているが………
蛍大名?? 妻の身分で出世する???

◇ 家康の査定 ③ 家臣に厳しい
・榊原康政  加増ゼロ
・本多忠勝  息子に加増
・鳥居元忠  加増は無かったが、時間をかけて加増される!
・井伊直政  高崎12万石~彦根18万石 最終35万石
 徳川の戦法は井伊と外様の藤堂である!!
 直政亡き後、直継が継ぐが、弟直孝に変わる!
 直継は上野の安中で3万石になる!

◇ 家康の査定 ④ 敵にも甘い!?
・長束正家  切腹
・前田玄以  安堵されるが改易
・増田長盛  改易 大阪に陣で切腹
・浅野長政  最終的に福島正則改易後、後に入る!
 一族から忠臣蔵が生まれる!

毛利家はなぜ生き残れたのか??
「司馬遼太郎 関ヶ原」
この計数に明るい三成にすれば、毛利の領土を削ら無ければ、
恩賞の土地が無いと!
どうも潰す気だったが、吉川広家が自分に与えられる長門、周防2カ国を、
毛利本家に譲った!!
ここらの家康は詐欺師であるが………
結局吉川広家は岩国3万石になる!!
関ヶ原での毛利秀元は合戦を見ている!
もし毛利の大軍が参戦していたらの思いがある!!
その為吉川広家にはきつかったようだ………
そうなれば長宗我部も参戦するはずである!
吉川広家は黒田官兵衛、長政と仲が良い!!!

◇ 家康の査定 ⑤ 東北と九州の軽視
上杉景勝は家康小山着陣時夜襲を行わなかった?
家康撤退時、追撃しなかった?
最上領を攻める!!
この時期、戦国時代の再来と見て領土拡張に走った!!
・最上義光  加増
・伊達政宗  少しの加増
・上杉景勝  30万石に減封 生かしたと??
東北はどうでもよかった??

九州も同じである?
・黒田官兵衛  長政に加増
・加藤清正   小西行長領を貰う
・島津義弘   本領安堵 攻めるには損害が多い?

家康は家名を残すことにより恩を売った!
上杉、毛利、島津………
佐竹もそうなのか??
・血縁を大事にする
・家臣に厳しい
・外様を優遇
・東北、九州は寛大

譜代には政治を担当させた!
政治と経済を分けたと??

◇ 家康は何故江戸で幕府を開いたのか?
・秀吉の朝鮮出兵の失敗!
・外交から内政重視に変わる!
・東北地方を開発したい! 江戸が都合が良い!
・つまり重商主義から重農主義へ

著者は政治の江戸と、経済の大阪に分かれて成長したと!
大阪都構想は、正しい???

 

終 章 歴史が転換する時
戦いから見えるもの??
◇ 壬申の乱
・「天皇」が生まれる
・国外重視から国内重視
・「日本」の国号を使う
・東の国境が定まる

◇ 青野ヶ原の戦い
・武士の世が生まれる
・将軍権力が確立

◇ 関ヶ原の戦い
・統一国家になる
・外交重視・重商主義から内需拡大へ
・関東・東北の開発が進む
・都が今日から江戸へ! 東に移る!

この後、不破の関は重要ではなくなる!
徳川の防衛ラインは??
・伊勢・藤堂、彦根・井伊で迎え討つ
・福井城に親藩
・尾張・名護屋城を築く
・箱根 小田原城
・越前、美濃、尾張が防衛ラインであると!!

日本もヨーロッパに比べると穏やかである!
こう言う場合は世襲が定着するようだ!
・多神教国家である!
・宗教的弾圧も無い???

◇ 日本は外圧で動く?
・白村江の戦いで負けて危機を感じる
・黒船来襲
・元寇
・朝鮮出兵

東の反乱分子が西へ攻める時に、不破の関、関ヶ原で戦いが起こる!

◇ 天皇は必要か??
・木か金て作れと言った高師直でも、逆に必要性を認めていた!
・天皇は仏教や振動の頂点に達している!

◇ 幕府の置かれた場所は何の理由があるのか??
・鎌倉幕府 一定の発展は出来たが都に劣る?
・室町幕府 なので尊氏は京に幕府を開く
・徳川幕府 東国中心の国造りを行った!

上方の元禄文化、江戸の化政文化が花開く!
関ヶ原が起こる可能性は無くなる!
東の劣等性が西の優等生に挑むことは無くなると!!

◇ 太平洋戦争? 日本は分かれる??
長引けば日本は朝鮮半島のように分断されていた???
その場合は不破関、愛発関、鈴鹿関が38度線か???
京都を首都とする象徴天皇制日本国と、
東京を首都とする共産党書記長の、東日本人民共和国に分かれる!!
この想像は無理がある!!!

 


壬申の乱と関ヶ原の戦い なぜ同じ場所で戦われたのか ②・本郷和人

2024年3月 6日 (水)

本・壬申の乱と関ヶ原の戦い なぜ同じ場所で戦われたのか ➀(2018/2)・本郷和人

Photo_20240307213401

古代最大の内戦・壬申の乱、室町幕府を確立させた中世の戦闘・青野ヶ原の戦い、
近世最大の会戦・関ヶ原の戦い

三つの戦いがいずれも同じ地(不破=青野ヶ原=関ヶ原)で行なわれたのはなぜか?
また、その結果が歴史を大きく動かしたのはなぜなのか?
この謎解きに、中世政治史を専門とする著者が挑む
考察の過程で、天武天皇が始めた「固関」の意図について、新説を導き出した
歴史の醍醐味を味わえる、スリリングな一冊

 


はじめに
序 章 なぜ関ヶ原(不破)だったのか
第一章 壬申の乱
第二章 青野ヶ原の戦い


第三章 関ヶ原の戦い(1)その構造
第四章 関ヶ原の戦い(2)歴史的意義
終 章 歴史が転換する時

 

はじめに
関ヶ原の古戦場!
疑問点がある??
1 桃配山に家康の兵の居場所はあったのか? 要は狭い??
2 石田三成VS黒田長政・細川忠興はどう戦ったのか?
3 宇喜多秀家VS福島正則は?
4 大谷吉継の陣から小早川秀秋の陣が見える!
  かなり距離があると思うが………
  司馬遼太郎 裏切りを見えぬ目で見たと!

壬申の乱     天武天皇の勝利
青野ヶ原の戦い  後醍醐天皇の敗北
関ケ原の戦い   徳川幕府

なぜこの地で戦うのか?
この戦いで、歴史が変わったと???
決まったと言うべきか???

 

序 章 なぜ関ヶ原(不破)だったのか
◇ 「固関」 律令時代のの朝廷の儀式!
京で何かあった時に、防衛のために関所を固める!
三ヶ所ある!
・越前 愛発関
・伊勢 鈴鹿関
・美濃 不破関

仮想敵は東にいると!!
つまりここから東は、関東と呼ぶ!
東海、中部も関東!!
関西は関東に対して作られ、それまで「上方」と言っていた?

著者の持論がある!
古来日本は一つではなかった?
現在の常識で考えるのでおかしくなる??

明治維新、明治の元老は中国をライバル視し、
日本もそれに負けない歴史があることにする!
そのため神武天皇が紀元前660年に即位したことにする?
・神武天皇 127歳
・崇神天皇 120歳
・垂仁天皇 140歳
でっち上げか??

◇ 秦の始皇帝!
いつも思っていたが、あれだけの広大な領土をどうやって命令を、
法律を行き渡らせるのか??? 読み書きできるのか??
言葉の違いもある!!

日本は中国ほどの広大な領土ではないが、どうやって支配したのか?
自分のまわりにしか興味がない?
古代の日本は隋や唐から学んで日本的にアレンジした律令で国を造った!
土地の私有は無かった!
全て天皇のものだった??
著者は全国津々浦々に支配は及んでいないと??

古代の中国からの玄関は、博多!!
なので瀬戸内の博多~大和、京へのルートがメインだった?
現在の東京~大阪ルート化?

◇ 西は先進で、東は遅れている?
当然文字など読めない?
西と東は当然対立する!
豊かな西国に、荒々しい東国が衝突する!
東から西へ攻める?
そこが不破、関ヶ原だと!!

◇ 著者の戦争の定義と目的??
①  誰と誰が戦うのか?
②  戦争を起こした側はどちらか?
③  何のための戦争か?

戦争には金がかかる!
得られるものは、かかる費用より少なければ戦争は起きない??
普通はそうだが、独裁者であればそうはならないと思うが??
意地がある???

19世紀以降は、敵の大将を討ち取っても勝利にならない!
それ以前は大将を取れば勝った?
・織田信長  今川義元
・毛利元就  陶晴賢
これは敵の大将を討ち取り勝ち!
取れなかった場合は?
・川中島の戦い 引き分け?? 武田の勝ち??

応仁の乱は?
日本を二分した割には印象が薄い!

・山名宗全 土岐氏、大内氏
・細川勝元 赤松氏、京極氏

「呉座勇一 応仁の乱」
では引き分けだと!
著者の分析は?
・山名氏の70年前のリベンジ
・室町幕府の実権を握る
・瀬戸内の交易の支配権を握る
将軍の無力さが暴露されて、実権を握ったのは細川氏!
つまり細川氏の勝ちだと!!

◇ 当時の人口と動員兵力??
よく言われる、奥州藤原氏17万騎???
それにしてはあっけなく滅んだ!!
だいたい人数なんて当てになるのか??

関ケ原の合戦では、20万と言われる兵は疑問が持たれていない………
日本の人口は?
・600年   600万人
・1600年  1,200万人

・1180年 源頼朝20万人VS平維盛7万人!
一桁違っているのでは??
著者の分析は??
・関ケ原  万単位
・青野ヶ原 千単位
・壬申の乱 百単位

◇ 不破 関ヶ原!
東から京へ攻めて来る時に通るのが関ヶ原?
西が防衛ラインをつくる!
地形に合わせる?
結局、突破できれば東の勝ち!
関ヶ原は、東の家康が防衛ラインを破ったので勝ちであると!!

 

第一章 壬申の乱
◇ 672年 天智天皇の崩御後、長子大友皇子と
天智天皇の弟、大海人皇子が争い、反乱になる!

著者の分析!
・645年 乙巳の変!
 中大兄皇子が中臣鎌足と、蘇我蝦夷、入鹿親子を滅ぼす!
 大化の改新で天皇集権体制が整う!
・663年 白村江の戦い 日本は朝鮮半島から撤退
・668年 天智天皇測位
・672年 天智天皇の崩御
 大海人皇子は身の危険を感じる!
 要は権力争いか??
 政敵は殺せ!!
 逆に、相手、大友の皇子を滅ぼせば勝てる!

大海人皇子は吉野へ逃げる!
近江朝廷と戦う!
では戦いの目的は??
・近江朝廷の所在を変えたい
・同時に体制も変えたい

・672年 朝廷は美濃・尾張の人の供出を命じる!
 これは大海人皇子討伐用か??
 大海人皇子は美濃の領地で兵を集める!

鈴鹿と不破をふさぐ!
兵は3,000と言いう!
著者は一桁間違っていると??
関ヶ原に本営を置く! 自分の領地がある!!
近江朝廷は百済救済で疲弊している!
尾張の国宰は2万の兵を、大海人皇子に帰順する!
不破の関が閉鎖されているので、仕方なく帰順した???
大海人皇子はこの国宰を戦い後、殺している?
信用していなかった?

西国は白村江の戦いで疲弊し、兵が集まらない!
大海人皇子の戦略は??
第一 自分の領地が美濃にある
第二 ここで兵を集める
第三 不破の関を塞ぐ

大海人皇子は物部雄君を称賛する!
戦闘行為には加わっていない!
・美濃・尾張で人を集めている情報
・吉野から美濃までの脱出ルートの確保

戦いは??
・大和方面
・琵琶湖東岸
・瀬田橋の戦い
・近江大津宮の攻略 大友皇子自害!

天武天皇は即位後、不破、鈴鹿、愛発に関所を置く!
この関が原が重要だと、著者は主張する!!

◇ 673年 天武天皇即位!
・「大君」から「天皇」に変る!
・神話が作られて、天皇の超越性の理論武装が行われる!
・仏教と神道を両輪とする王権の確立!
・東国への勢力拡大!
・「日本国」の国号も生まれる!
・遣唐使を廃止する!(これはのちに再開する)
・東からの敵に備える!!

 

第二章 青野ヶ原の戦い
◇ 1338年 青野ヶ原の戦い!

◇ 北畠家
・北畠親房 「神皇正統記」を書く!
・北畠顕家 親房の嫡男!
・北畠家は源道親に遡る  頼朝と渡り合う!
・土御門家、久我家、堀川家、中院家が起こる!
・久我家は久我美子の成果!
・中院家の分家が北畠家!

天皇家の家督の問題がある!
後鳥羽上皇は承久の変に敗れる!
幕府は後鳥羽上皇の血筋を天皇に就けたくない!
これからアクシデントが重なり、御嵯峨天皇になる!
北畠家は天皇の側近になる!

御嵯峨天皇から系統が分かれる!
・兄 後深草天皇  持明院統  北朝
・弟 亀山天皇   大覚寺統  南朝

後醍醐天皇は大覚寺統(南朝)である!

後醍醐天皇と北畠親房は相容れない?
・後醍醐天皇  武士を認めない
・北畠親房   武士と協調する


◇ 北畠親房・顕家は奥州に左遷される!
・1335年 尊氏と戦うために奥州の軍を率いて京に向かう!
・1336年 京都で両軍が戦い、尊氏は敗走!
 が、奥州には尊氏派の武士が多い!!
 尊氏は京を再占領する!
 北朝の天皇を担いで室町幕府を開く!
 後醍醐天皇は吉野で南朝を立ち上げる!
・1337年 顕家は本拠地を・移す!
・1338年 鎌倉を30万騎? 50万騎で進軍する???
 それこそ兵站は??
 鎌倉から美濃まで3週間の速度である?
 【これは著者の言う通り信用出来ない?】

◇ 青野ヶ原の戦い
両軍の勢力は分からない?
北畠軍には北条の残党も加わっている!
・北畠軍 結城宗弘
・尊氏軍 高師直

護良親王! 
悪党を支配下に治める!
楠木正成らである!
後醍醐天皇は権限を与えない!
不安があった? 自分にとって代る可能性がある??
結局、悪党は離れ、著者は高師直の下に走ったと??
高師直が言ったとされる??? どうもそう言う考えのようだ!!
これは著者は挙げていない?
「王(天皇)だの、院(治天の君)だのは必要なら木彫りや金の像で作り、生きているそれは流してしまえ」
これは書いている!!
「土地は実力奪え、文句を言われたら俺が何とかする」
悪党も高師直の下に集まる??
【個人的には好きな武将である!】
【変わっている人間なので、松永弾正、斎藤利三らのファンである】

美濃守護の土岐頼遠! 実力派であるが………
笠懸の帰りに行き会った光厳上皇の牛車に対して、
下馬を命じられるが、酒に酔った勢いに任せて
「いんだと? 『いぬ』のことか 犬ならば射てくれよう」
流石に断首されているが………

◇ 青野ヶ原の戦いの結果は?
著者の見解は、京へ行けなかった北畠顕家の負け?
目的は京への進軍である!
出来ていないから負けだと!
美濃を抜けずに、伊勢、伊賀、大和に行く!
ここで高師直に負け、吉野に行けず、堺自害、戦死と言う!

北畠親房は関東に逃れて「神皇正統記」を書く!
博学だと!
関東での再起は失敗し、後醍醐天皇が亡くなり、吉野に帰る!
後村上天皇と一時的には京を占領するが負けて吉野に戻る!
病死するが、顕家の死の果実をものにした………

「飛鳥尽きて良弓蔵れ 狡兎死して走狗烹らる」
高師直らも殺される!!

◇ その後………
尊氏の勝利であるが、尊氏側も内部で揉めている!
北朝の勝ちだが、負けた方が南朝を担ぐ!
使い道があった………

北畠家は戦国大名になる!
具教は信長と対立、塚原卜伝に従事し「一の太刀」を伝授される!

「神皇正統記」は後世
の歴史に影響を与えた!
天皇の正当性である!!

明治政府は南朝の正当性を主張する!
ところが明治天皇は北朝である!
と言うことは令和天皇も北朝か??
この回答は「神皇正統記」にある!
つまり、三種の神器を持つ天皇が正式な天皇だと!

著者は、三種の神器は複数あると??
① 後醍醐天皇が恒良親王に持たせた神器
② 後醍醐天皇は足利尊氏に降伏し、持っていた三種の神器を北朝の光明天皇に渡す
③ 嫌だと言って吉野逃げ「朕の持っている三種の神器こそ本物だと」

そして著者の主張は
「正式な天皇が持っている三種の神器こそ、本物の三種の神器である」

草薙剣は壇ノ浦の戦いで海に沈む………
今上天皇は草薙剣に代る剣を持っている!
熱田神宮には神宝として、草薙剣がある!
八咫鏡も伊勢神宮にもある?
本物はどれか???



壬申の乱と関ヶ原の戦い なぜ同じ場所で戦われたのか ➀・本郷和人


2024年2月22日 (木)

本・黒幕の日本史 ②(2023/4)・本郷和人

Photo_20240222095801


第七章 平頼綱 肥大化した側近エリートの末路
第八章 北畠親房 正統を追求しつつ上皇を拉致
第九章 三宝院賢俊 「錦の御旗」を持ち帰った尊氏の密使
第十章 細川頼之 室町王権の設計者
第十一章 三宝院満済 将軍への意見を突き返した「黒衣の宰相」
第十二章 黒田官兵衛 「軍師官兵衛」といわれるが……
第十三章 千利休 茶の湯と政治
第十四章 高山右近 前田百二十万石を救った「影のブレーン」
第十五章 伊奈忠次 家康から過小評価された民政家
第十六章 西郷隆盛 「維新の英雄」のウラの顔
おわりに

 

第七章 平頼綱 肥大化した側近エリートの末路
得宗家で台頭したのは「身内人」
側近グループである!
・1284年 平頼綱は身内人の最高位 内管領になる!
日蓮は幕府内の争いを批判する!
「城等 安達泰盛」「平等 平頼綱」 日蓮でも分かる?

安達泰盛は御家人トップである!
外戚VS側近! よくある話か??

・1274年 文永の役
・1281年 弘安の役
元寇で撃退するが、恩賞の土地がない!
安達泰盛が担当するが………
拳固で戦った武士を全部御家人にする!
第3回戦があるかも知れない??
源氏性将軍の復活も考える!
惟康親王に源惟康になって貰う?

これに平頼綱らは反対!
得宗家の否定、無力化につながると!
平頼綱は御家人の借金を棒引きにする徳政令を出している!
実際に安達泰盛が勝っていれば秀吉、家康の国家体制に近いものになっていた!

・1285年 霜月騒動 
平頼綱圧勝! 安達泰盛派は討ち取られる!
宝治合戦など常に先制攻撃の安達が油断した??

平頼綱は現体制維持派である! そうでなければ生き残れない!
が、安達泰盛は現体制を変更しても組織の利益を出そうとする!
が先制攻撃を許すとは………
ただこの争いは多くの御家人にとっては現状維持が良い?
その結果は平頼綱勝利か??
・1293年 平頼綱は独裁に走りやりたい放題か?
9代執権貞時の刺客に倒れる!!
【自業自得か?? 出る釘は打たれる???】

 

第八章 北畠親房 正統を追求しつつ上皇を拉致
信西と似ているが、下級貴族ではない!
羽林家上級貴族である!
「神皇正統記」を書く!
承久の乱以降、幕府は後鳥羽上皇の系統を排除しよとした!
後鳥羽上皇の兄の系統
86代・後堀河天皇、87代・四条天皇!
ここで断絶!
幕府は忠成王を推薦!
気に入らず83代・土御門天皇の子、邦仁王を皇位に就ける!
89代・御嵯峨天皇である!
これで北畠家が浮上する!
御嵯峨天皇の後継をめぐって分かれる!
・持明院統 北朝
・大覚寺統 南朝

・1318年 後醍醐天皇即位!
万里小路宣房、吉田定房と共に重用される! 三房??
親房はもともと後宇多天皇に仕えて横滑りで、武家容認である!
後醍醐天皇に干される??
親房は、顕家について後醍醐天皇の皇子義良親王(後村上天皇)と関東に行く!
軍才もあり、尊氏を追い出し、南朝の司令官になる!
関東を転々とし、この間に「神皇正統記」を書く!

・1339年 後醍醐天皇崩御、後村上天皇即位!
吉野に戻り南朝の司令官になる!
・1350年 足利兄弟が対立する! 観応の擾乱!
義直は南朝に帰順する!
尊氏は親房の条件を丸呑みする!
尊氏のいないスキに京を攻める!
攻められないように、尊氏は北朝を切り捨てたが……
約束違反であるが………
が逆襲されて吉野に帰る!
この時、北朝の3人の上皇と、直仁親王、三種の神器を持ち去る??
・1354年 北畠親房は亡くなる!
強引で解釈も自由に変える!
天皇も強引に正当化する?

 

第九章 三宝院賢俊 「錦の御旗」を持ち帰った尊氏の密使
北朝の3人の上皇と、直仁親王、三種の神器を持ち去る??
その苦境を打破したのは、三宝院賢俊!
三宝院賢俊は日野氏出身で、日野氏は持明院統だけに仕える!
が、三宝院賢俊は足利尊氏と関係が深い!

南北朝の戦いは分り難い!
・1333年 後醍醐天皇が隠岐から脱出! 足利尊氏が離反
鎌倉は新田義貞に攻められて北条は滅亡!
・1335年 「中先代の乱」 北条時行の乱!
尊氏は討伐に行き、「征夷大将軍」を要求するが拒否される!
それでも恩賞の約束をして乱を収める!
後醍醐天皇は「建武の新政」を始める!

後醍醐天皇は、幕府、武士政権を認めない!
武力は持たないので、ただ権威に頼る!!
武士はただ命令されたことをやればよいと!
・1336年 尊氏討伐を命じるが、後醍醐天皇は比叡山に逃れる!
北畠親房と顕家が上洛!
尊氏は九州に下るが、室泊(室津)で対策を考え
「錦の御旗」を得るために、
大覚寺統の後醍醐天皇に対抗する、持明院統を担ぐ!
【神輿は軽くてパーが良い】
光厳天皇との窓口は、三宝院賢俊!
格が上がる!
光厳天皇は息子の後光厳天皇を即位させるが、
「三種の神器」
「神器の鏡の入っていた唐櫃を見つけ、それを神器に見立てて天皇にする」
この案を出す!! 本物かどうか分からない???
いかさまか??

三宝院賢俊は、上皇の権力装置を室町幕府に移したと!
黒幕にふさわしそうである!
実家の日野家は、大物・日野富子がいる!!

 

第十章 細川頼之 室町王権の設計者
鎌倉幕府 農業が基盤
室町幕府 商業・交通の中心
朝廷との距離の差は大きい!
尊氏と義直の対立の繰り返しが室町幕府だと!

細川頼之である! 有能か?
足利義満に信頼されて、「室町王権」のグランドデザインを描いた!

義満の元服の役目を細川頼之は一人で担当する!
足利義満は細川頼之に育てられ、貴族としての教育も受けて出世する!
貴族としての教育は、儀式である!
義満は、明の皇帝から日本のトップとお墨付きを貰う!
日明貿易で儲ける!
武士も貴族も自分の部下にする!

頼之と対立したのは直義波!
斯波、山名!
人間的な対立である!!!

・1379年 「康暦の政変」 細川頼之失脚!
実力者 細川頼之は復権する!
細川頼之の著者の評価は高い!!
室町幕府のプランナーである!
① 明徳の乱  山名氏清を討つ
② 南北朝の合一 交互にはならない!
③ 東日本を切り離す
④ 幕府の京都支配の徹底 土地債務の裁判権に課税権を幕府直轄に置く!
過大な評価か??

・1392年 細川頼之死去!
出る釘は打たれる???
細川頼之亡き後、四代将軍義持の後ろ盾は、
反細川の斯波義将である!
義満の政策をひっくり返す!!!
室町幕府はこの繰り返しか??

 

第十一章 三宝院満済 将軍への意見を突き返した「黒衣の宰相」
義持が亡くなり、五代将軍の息子も亡くなり、弟4人からくじで決める!
これを手配したのが、三宝院満済 黒衣の宰相!
六代将軍義教である!
これを著者は、八百長だと! 満済がくじを用意した!!

醍醐寺を構成する寺院、三宝院の門跡を継ぐ!
「満済准后日記」をつけている!!

で、義持が亡くなり次期将軍は誰が決めるのか??
毛利家の家臣 志道広良は毛利隆元に「君は船、臣は水」と言う!

平家物語に、荀子の一節!
君は舟、臣は水、水よく舟を浮かべ、水はまた舟を覆す」

つまり家臣が決める??
能力と、母親で決まっているが、あとくされの無いようにくじにした??
実力者である?

この時、あらゆる仏教界で地位を得ている!
無かったのは「准后」
これがくじ引きの後与えられる!!
状況証拠はある!!!
六代将軍義教「申次」

「鎌倉公方」である!
鎌倉公方は持氏!
将軍家に色目を使う! 我こそは?
将軍に会いたいと!
起請文を書けと!
鎌倉にいる京都扶持衆に勝手に手を出すなと!
が守護大名は会えばいいじゃないかと?
が満済は拒否する!
それぐらいの権限が満済にはある!

義教は恐怖政治を敷く??
・1435年 満済死去! 生きているうちは歯止めが効いたが……
貴族も武士も弾圧し、島流し、所領の没収、暗殺である!
日野氏らの中堅実務貴族を弾圧!
59人の公卿、3人の神官、11人の僧侶、7人の女房が処罰される!
・1438年 鎌倉公方と戦争! 持氏を自害に追い込む!
・永亭6年 1434年 嘉吉の乱! 赤松満祐に暗殺される!

 

第十二章 黒田官兵衛 「軍師官兵衛」といわれるが……
黒田家は小寺家の家臣!
例えがあるが、面白い!
兵庫の姫路の地元企業 小寺産業に勤める官兵衛専務、
名古屋の織田カンパニーと広島の毛利カンパニーが進出!
官兵衛専務は織田カンパニーと提携を主張する!
織田に目を付けられて、秀吉率いる中国事業部に出向させる!
小寺産業が提携を破棄し、倒産!
織田カンパニーに入社し、社長が急死!
秀吉が後を継いで、官兵衛は経営戦略室長に収まる!
メチャメチャ分かり易い!

竹中半兵衛と並ぶ軍師だと!
軍師?? 
秀吉にそんなものが必要だったのか?
それよりアドバイザーではないか?
秀吉の意をくんで、確実に実行する!

本能寺の変で中国大返しである!
この時に実行力を発揮する!!
毛利との講和、中国大返しに山崎の合戦!
賤ケ岳の合戦、北条征伐後は用済みか??
これ以降は実務の世界になる!
秀吉は子飼いを実務に就ける!
石田三成、増田長盛、長束正家…………
最後に勝負をかける??
関ヶ原合戦である!
西の関ヶ原を戦うが、家康に評価されない!
魂胆がミエミエか???
秀吉配下で、竹中半兵衛、蜂須賀小六、秀長といた時が輝いていた??

 

第十三章 千利休 茶の湯と政治
堺の3人の茶人
・今井宗久  銀山、鉄炮、弾薬
・津田宗及  石山本願寺とのパイプ
・千利休   海産物
秀吉は千利休を選ぶ!!

秀長が大友宗麟に言う!
「内々のことは宗易へ、公儀のことは私に相談してくれと」

著者の持論、「申し付ぐ権力」
・1591年 千利休失脚!
秀吉が排除したい!
新しいシステムが生まれて利休は邪魔になる!
つまり三成らである!
朝鮮出兵になり、システム化された大量動員の時代になる??

 

第十四章 高山右近 前田百二十万石を救った「影のブレーン」
意外な名前であるが………
キリシタン大名である!
棄教せずマニラで死んだ?
キリシタン大名は多い………
黒田官兵衛、大友宗麟、蒲生氏郷………
荒木村重に仕え、反乱時信長に仕える!
本能寺の変では光秀の与力でありながら秀吉に付く!
・1585年 明石船上城6万石 城跡は田んぼのど真ん中?
・1587年 バテレン追放令! 秀吉はマイルドな対応をする!
これに官兵衛、蒲生氏郷らは従うが、高山右近は拒否!
大名の地位を捨てる!
前田利家に引き取られて、客将として1万5千石!
戦場にも出る!
・1598年 秀吉死去
・1599年 利家死去
ここから右近が黒幕になる?
家康はまず前田家に謀反の噂をまき、前田討伐である!
ここで前田は屈服、母親を人質に出す!

前田家も内紛はある!
利家側近は親豊臣か??
利長側近は親徳川か?
この時に右近が動いたと?

名城、高岡城の縄張りも行っている!
要は重要人物で25年前田家で過ごし、
最後は信仰に生きた??
が、毛利も上杉も減封になったが、前田は100万石になった!
これは右近の力だった!!!

 

第十五章 伊奈忠次 家康から過小評価された民政家
家康はケチだった???
そんなことはない!!
武断派に行政派がいる!
武断派は、四天王がいる!
本多忠勝、榊原康政、井伊直政らで10万石以上貰っている!
行政は他の人間は少ない!
本多正信、大久保長安、伊奈忠次、松平正綱………
いずれも小禄である! テクノラートか?

伊奈家は一向一揆で家康に逆らい復帰後信康に仕える!
信康自害で堺に逃げる!
本能寺の変で復帰!
・1590年 家康関東移封で代官頭を務める!
利根川の付け替え工事! 治水工事を担当する!
撫民の思想を持っていた!

大久保長安!
立場上、相当な悪???
石高は3万石? だから不正蓄財に走った??
死後、遺体は掘り返されて磔!
息子7人は切腹!

秀吉は文官、三成に増田長盛にも20万石近く与えている!
違いがある!!
伊奈忠次はかっての領土では慕われて、伊奈神社も建立されている!
「最初の民生家」

 

第十六章 西郷隆盛 「維新の英雄」のウラの顔
相当なワルか???
誠実な人格者???
薩摩藩邸にゴロツキを雇って狼藉を働かさせる!
「大政奉還」後に挑発する!
幕府も薩摩藩邸を攻撃する!
どうしても戦争したい!
・1866年 戊辰戦争始まる!
慶喜を切腹させろと!
が江戸城無血開城になり、東北がターゲットになる!
奥羽列藩同盟?
長岡藩 河合継之助の開戦に至る!
高潔な人格を持ち、陰謀家でもある!

 

おわりに
高校の教員は、教科書は原則覚えろと!
要は暗記である!
結縁史観 「歴史の主人公は名もなき庶民である」
【ではなぜマルクス、レーニン、スターリンの名前は残り、銅像が立つのか?】

著者は面白くしたが、文科省に日教組か??
必要ないと?
だから面白くなく、歴史を覚えない??
個人的には歴史は小説などで覚えて、著者のような研究者に修正して貰っている!
誰が教科書を社会人になってまで読むかと思うが………

 


黒幕の日本史 ②・本郷和人

 

2024年2月21日 (水)

本・黒幕の日本史 ①(2023/4)・本郷和人

Photo_20240222095801

「ウラからオモテを操った人物」「重要な役割を果たしたが、陰に隠れた存在」
そんな16人を並べてみると、日本社会の力学が浮かび上がる!
人気歴史学者が歴史の闇に光をあてる!

 

黒幕と言うと悪いイメージがある!!
日本人は黒幕、軍師が好きである!
「籌を帷幄に運らし、勝ちを千里の外に決す」
山本勘助、諸葛孔明!
がそんなものはいない??

ここに16人の名前がある! 特に知らないが……
第一章 宇多天皇 オモテがウラになる時代
第四章 中原親能 下級貴族、鎌倉へ行く
第五章 極楽寺重時 京都に学んだ幕府の御意見番
第六章 海住山長房 承久の乱に反対した実務派貴族
第七章 平頼綱 肥大化した側近エリートの末路
第九章 三宝院賢俊 「錦の御旗」を持ち帰った尊氏の密使
第十章 細川頼之 室町王権の設計者
第十一章 三宝院満済 将軍への意見を突き返した「黒衣の宰相」

細川頼之、三宝院満済は著者も良く取り上げている!
「黒幕」と言う感じであるが………
読んでいて楽しい内容である!
内容は下記の通りである!! ① ②と分けて紹介する!

 


はじめに
第一章 宇多天皇 オモテがウラになる時代
第二章 信西 天才学者を「黒幕」にした世襲の壁
第三章 北条政子 架空のクーデターでライバルを蹴落とす
第四章 中原親能 下級貴族、鎌倉へ行く
第五章 極楽寺重時 京都に学んだ幕府の御意見番
第六章 海住山長房 承久の乱に反対した実務派貴族


第七章 平頼綱 肥大化した側近エリートの末路
第八章 北畠親房 正統を追求しつつ上皇を拉致
第九章 三宝院賢俊 「錦の御旗」を持ち帰った尊氏の密使
第十章 細川頼之 室町王権の設計者
第十一章 三宝院満済 将軍への意見を突き返した「黒衣の宰相」
第十二章 黒田官兵衛 「軍師官兵衛」といわれるが……
第十三章 千利休 茶の湯と政治
第十四章 高山右近 前田百二十万石を救った「影のブレーン」
第十五章 伊奈忠次 家康から過小評価された民政家
第十六章 西郷隆盛 「維新の英雄」のウラの顔
おわりに

 

はじめに
地位と実権が別々であれば黒幕が存在し易い?
・「ウラの存在でありながらオモテを動かした人物」
・「地位と実権、実績に大きなずれがある人」
・「重要な役割を果たしたが目立たない存在」
内容は? 著者の独断か??
・ぬゑみたいな存在か? 第二章 信西 天才学者を「黒幕」にした世襲の壁
・いなければ鎌倉幕府は? 第四章 中原親能 下級貴族、鎌倉へ行く
・著者おすすめ 第十章 細川頼之 室町王権の設計者
・意外な   第十四章 高山右近 前田百二十万石を救った「影のブレーン」
・評価が低い 第十五章 伊奈忠次 家康から過小評価された民政家
・意外な黒幕 第十六章 西郷隆盛 「維新の英雄」のウラの顔

知らない名前で面白かった??
・第六章 海住山長房 承久の乱に反対した実務派貴族
・第七章 平頼綱 肥大化した側近エリートの末路
・第九章 三宝院賢俊 「錦の御旗」を持ち帰った尊氏の密使

気になっていたがよく分かった!!
第五章 極楽寺重時 京都に学んだ幕府の御意見番

 

第一章 宇多天皇 オモテがウラになる時代
「寛平の治」
菅原道真らと登用し天皇親政を行う!
天皇は軍事的リーダー?
後の後鳥羽上皇である!
古代の女性天皇はそれなりの理由があった!
天皇から子供へ引き継ぐが、子供が若い時、他の皇族に奪われたくない!
そのため成人するまでのピンチヒッターである?
持統天皇である!!
が異質な存在が孝謙天皇である!
どういうわけか、道鏡を次期天皇にしろと?
つまり天皇は自分が決めると言う、強い天皇だった??
ここから著者の推測である!
・女性天皇は避けよう
・強すぎる天皇は要らない

藤原氏にとって天皇は子供の方が良い!
自由にできる!
55代・文徳天皇から4代、藤原氏の娘が母親である!
宇多天皇は異質である?
・母が藤原氏ではない
・臣籍降下の経験がある、ただ一人の天皇だと!
又、藤原氏のもとで養育されていた!

阿衡事件?
平安時代前期に藤原基経と宇多天皇の間で起こった政治紛争!
関白に任じる詔勅を基経が形式的に辞退した後、天皇は改めて基経を「阿衡」に任じたが、
基経は、中国の古典では「阿衡」は名ばかりで実権のない職を指すと抗議し、一切の公務の遂行を放棄した!
要は誰のおかげで天皇になれたのか??

ここで藤原道真が仲裁に入る!
基経亡き後、道真は出世し改革が進むが、道真は嫉妬を買う!
太宰権師に左遷される!
言いがかりである!
この時、宇多天皇は道真をサポートできなかった?
醍醐天皇は藤原氏の娘を貰う!
以降71代・後三条天皇(藤原氏の娘ではない)まで藤原氏は天皇の外戚の地位を保つ!
170年である!
摂関政治は凋落する!
天皇に寄生していて、政治のシステムが構築できなかった?
オモテの天皇がウラの藤原氏に挑戦し、道真と敗れた!!!
表裏は表裏一体???

 

第二章 信西 天才学者を「黒幕」にした世襲の壁
鳥羽上皇、後白河上皇の側近で絶大な力をふるう!
世襲の壁に出世を阻まれる!
が能力は高い!!!

主家前は藤原道憲! 藤原南家!
いかに優秀でも先は限られる!!
信西の妻が鳥羽上皇の第4皇子・雅仁親王の乳母に選ばれる!
後の後白河上皇である!
当時は評価されていない??

出家と遁世???
出家 僧侶になるが社会的つながりはある! キラキラした衣装!
遁世 完全に縁を切り世捨て人になる? 黒衣

・1144年 出家して信西になる!
・1155年 近衛天皇が16歳で急死!
後継者争いに女の戦いがある!!
・待賢門院  崇徳・後白河の母
・美福門院  近衛天皇の母
結局ワンポイントで雅仁親王・後白河天皇を立てる!
・1156年 鳥羽上皇死去!
崇徳上皇が不満である!
ここで信西は武力解決に走る!
保元の乱である!
信西は目指したもの!
・天皇親政
・摂関家の弱体化
・平家を武家のパートナーと見なす!
それに必要なものは?
・律令の復活
・武力
・徳のある君主 後白河?????

その後白河は自己保身に長けている!
・平清盛
・木曽義仲
・源義経
・源頼朝

結局、「お気に入り」が権力の元である!
無能な「お気に入り」にとって代られる??
売れた家により「黒幕」にならなければ権力を発揮できなかった?
「黒幕らしい黒幕」

 

第三章 北条政子 架空のクーデターでライバルを蹴落とす
著者の政子の評価は??
・冷静
・冷酷

「慈円 愚管抄」
これによれば、京も鎌倉も女が支配している?
京は、卿二位 藤原兼子
鎌倉は北条政子! 尼将軍である!

政子については計算されていると??
・嫉妬深い?
・息子二人を亡くした母親? 娘二人も!
・尼将軍?

著者が実朝の墓の歌碑を紹介している!
「物いはぬ四方のけだものすだらにも あはれなるかなや親の子をおもふ」
モノ言わぬ動物も親は子を思うものなに………

要は北条の人間だと!!
・頼朝が側室を持つことを許さない! 自分一人が源氏の妻である!
・息子よりも北条を選ぶ?
・頼家は乳母比企で育てられた!
・比企を排除、息子も排除か??
・義時が亡くなり、伊賀の局・泰時より、自分の息子・政村を執権にしようとした!
・鎌倉の陰謀めいた時に登場する、三浦義村を説得? 恫喝してことを収める!
・他家の女が権力握ることを阻止!

北条政子と卿二位・藤原兼子で宮将軍を画策する!
院政期はルールがないのでやりたい放題?
特に女性と僧侶が口を出す!
ルールが定まると口を出せない?
北条政子と卿二位・藤原兼子はそう言う時代だったか??

承久の乱以降、院政が変わる!
後鳥羽上皇の敗戦で「政治の刷新」に着手する!
伝奏、女官が行うが、忖度がある!
都合の悪い情報を伝えない!
そうさせないシステムを作る??
幕府は天皇家を大覚寺系統と持明院系統に分け、支配しようとする??

 

第四章 中原親能 下級貴族、鎌倉へ行く
頼朝が亡くなり頼家が継ぐが、合議制になる!
実際に機能したのか???
鎌倉殿の13人の内訳は??
◇ 文官  絶対に必要な人材!!
大江広元 公文所別当 政所別当
中原親能 公文所寄人 政所公事奉行人 京都守護
二階堂行政 公文所寄人 政所令別当 政所執事
三善康信 問注所執事 頼朝の乳母?
◇ 侍所別当
梶原景時 侍所所司 侍所別当 播磨・美作守護 失脚(梶原景時の変)
和田義盛 侍所別当 建暦3年 滅亡(和田合戦)
◇ 乳母の関係者? 力もある!!
八田知家 常陸守護  没落
比企能員 信濃・上野守護 乳母 謀殺(比企能員の変)
北条時政 伊豆・駿河・遠江守護 追放(牧氏事件)
北条義時 寝所警護衆 江間四郎義時!
◇ 頼朝が流された当時からの家来
安達盛長 三河守護  病死 後に北条べったりか?
◇ 義朝の時代から源氏と関係が深い
三浦義澄 相模守護  正治2年 病死 宝治合戦で滅亡
◇ よく分からない?????
足立遠元 公文所寄人 消えていく………

この文官が絶対に必要な人材だった!!
大江広元 公文所別当 政所別当
中原親能 公文所寄人 政所公事奉行人 京都守護
二階堂行政 公文所寄人 政所令別当 政所執事
三善康信 問注所執事 頼朝の乳母?

中原親能!
下級貴族で京では見通しが暗く、関東に下る??
義朝は関東で、波多野家で世話になる!
ここで義朝は次男・朝長を生む!
平時乱後死ぬが、棟梁の資格があった!
この波多野家に入り込む!
実際に頼朝に協力している!
この時は関東で字が読める人間は多くない!

範頼の軍勢に同行する!
つまりロジェステックを担当する!
日本ではこれが重要視されていない!

この文官が重要だと!
・公文所の別当 公文書の作成、訴訟
・政所の別当  守護・地頭
守護、地頭の設置も中原親能の献策と言う!
この4人の文官の働きが重要である!

承久の乱では、追悼の対象となった
中原親能、三善康信は主戦論を唱える!
「直ちに出撃すべきと」
文官も鎌倉幕府にかける!!!


第五章 極楽寺重時 京都に学んだ幕府の御意見番
北条は分家が多い!
得宗に抵抗する分家も多い!
・極楽寺家
・名越家
・常盤家
・塩田家
・政村流北条氏
・伊具家
・甘縄家
・佐介家
・時房流北条氏
・大仏家
これ以外も多い!
名越は義時の次男・朝時であり、反得宗である?
重時の母は比企の娘である!
重時は泰時に忠実である! 浄土宗に帰依する!
撫民??
義時が亡くなり、泰時が鎌倉に戻る!
代わりに重時が、六波羅探題として17年間京に赴任する!
浄土宗の教え!
「人間は生きるうえで罪を犯すことは避けられない、だから仏にすがるのだ」
だから
「百姓をいたわれ、徳もあり、罪もあさし」
百姓をいつくしむ!!

重時は日蓮に批判される!
日蓮は誰でも批判するが………
・1242年 泰時死亡
息子・時氏が亡くなっており、孫・経時が4代執権!
・1246年 時頼が後継者!
しかし状況は悪い!
・名越光時
・4代将軍 九条頼経
・三浦泰村

そこで重時を呼び戻そうとするが、三浦泰村が反対!
・名越光時を出家に追い込み
・4代将軍 九条頼経を京に帰す
・九条道家も申し次から外す!
・宝治合戦で三浦一族を滅ぼす!
それで重時を呼び戻す!
時頼は重時の娘を貰い、時宗をもうける!
撫民政策を支える!
もっと広く知られてよいと!!!
【ベストオブNo2か??】

 

第六章 海住山長房 承久の乱に反対した実務派貴族
こう言う名前は知らないが………
三宝院満済も著者の本で知った名前であるが………
・法然の原型に尽力?
・承久の乱で後鳥羽上皇を諫めた?

藤原北家の出身で、中級の実務貴族だと!
・御曹司コース
・実務家コース
見ただけで意味が分かる?

・摂政・関白 摂関家
・大臣家 
・羽林家 近衛少将、近衛中将、大納言
そう言う序列があり、守られている!
が院政期は上皇に仕える実務貴族が必要になる!
長房は関白・九条兼実、親幕派に仕える!
倒幕計画に反対する!
実務の黒幕と言える!!

法然は一般民衆を救いたい!
字も読めない民衆である!
信じろと! 「南無阿弥陀仏」と唱えれば救われる!
こうなれば嫉妬を買う!
・1207年 承元の法難!
法然は土佐に流される!
土佐は、伊豆、安房、常陸、隠岐、佐渡と並ぶ思い流刑地だと!
長房は引退後出家する??
海住山寺を継ぐ!
ここで減刑を依頼する!
熊谷直実!
「あはれ穢土ほどに口おしき所あらじ。 極楽にはかゝる差別はあるまじきものを、談義 の御こゑもきこえばこそ」
平等思想を表す?
法然は讃岐に変更になる!
土佐と讃岐は同じではない! 讃岐は瀬戸内で直ぐに京に帰れる?
法然は讃岐でも布教する!
親鸞は越後である!
そうしたのは長房の力か???

 


黒幕の日本史 ①・本郷和人

 

2024年1月24日 (水)

本・武士とは何か ②(2022/10)・呉座勇一

Photo_20240125090601


16 足利尊氏「この世は夢のごとくに候」
17 北畠親房「一命を以て先皇に報い奉る」
18 一条経嗣「愚身ひとえに諂諛をもって先となす」
19 山名宗全「例という文字をば、向後は時という文字にかえて御心得あるべし」
20 細川勝元「正体無き者は王とも存ぜざる事なり」
21 斎藤道三「山城が子供、たわけが門外に馬を繋ぐべき事、案の内にて候」
22 今川義元「自分の力量を以て国の法度を申し付く」
23 毛利元就「ただただ三人御滅亡と思し召さるべく候」
24 上杉謙信「信玄ははかりごとある人にて、法師武者を大勢仕立ておかれ候」
25 織田信長「日向守働き、天下の面目をほどこし候」
26 明智光秀「仏の嘘をば方便と云い、武士のうそをば武略と云う」
27 森蘭丸 「父が討死の跡にて候えば坂本を賜れ」
28 豊臣秀吉「秀吉若輩之時、狐と成て、信長公の幕下の属す」
29 黒田長政「今になりて、我らが分別、鑓先にあり」
30 徳川家康「万一負け候わば、弔い合戦すべしと人数を揃え上って能く候わん」
31 石田三成「大将をする者は命を全うして、後日の合戦右心に懸る也」
32 真田信繁「忠義に軽重無し、禄の多少によるべきや」
33 伊達政宗「奪うべき時期だに身に授からぬ天下なれば望みなし
終 章 中世武士から近世武士へ
主要参考文献

 

16 足利尊氏「この世は夢のごとくに候」
戦前は逆賊?
そんなものなのか!
それほど後醍醐天皇は正しいのか?
北条時行の「中先代の乱」
足利直義が敗走!
尊氏が救援に向かう!
征夷大将軍を求める!
単に戦いの都合である!!
が後醍醐天皇は自立を恐れて与えないが、出陣する!

尊氏は関東を治め棄教しようとするが………
が新田義貞、楠木正成を破り講和になる!
三種の神器の返還!
に対して後醍醐天皇は??
・太上天皇の尊号を贈られ
・息子が皇太子に
・京で上皇として生活できる
・院政をひける

尊氏は隠遁しようとした!
この行為は後醍醐天皇に伝わらず、三種の神器を渡しながら、
偽物と言い吉野に走る………
南北朝である!
これを読むと、混乱は避けられた??
が、いずれ対立する!!


17 北畠親房「一命を以て先皇に報い奉る」
北畠親房は「建武の新政」から政界に復帰している!
「神皇正統記」
顕家も活躍する!!
南朝の忠臣とされる!
官位で武士を釣る??
理由は分からないが、南朝に尽くした!!


18 一条経嗣「愚身ひとえに諂諛をもって先となす」
義満の天皇家簒奪!
これは「北方謙三」で知った!!
これは戦前から唱えられていた??

「准母」
義満の正室 日野康子である!
後小松天皇生母が危機になり、
義満は生母の代わりに「准母」を立てるべきだと!
一条経嗣らは忖度して、日野康子を推挙する!
実際に生母が亡くなり准母になる!
義満は「准父」になり、太上天皇になることだと?

一条経嗣らはのらりくらりかわした??
「准母」だけは認めた………
天皇家の危機は脱した!!
【実際に簒奪しようとしたのか???】


19 山名宗全「例という文字をば、向後は時という文字にかえて御心得あるべし」
著者には「応仁の乱」がある!
図書館で予約件数250か?
ただし在籍が20冊以上ある!
こうなれば予約は20件ぐらいになる?

山名宗全!
何事も前例で自説を強調する!
これからは「例」を変えて「時」を使えと!
「例」はその時の「例」である!
時代により変わる?
だから武家に天下を奪われた??
私のような賤しいものが高貴な方と対しているのは「時」である!

6代将軍義教が赤松満祐に暗殺される!
この討伐軍に参加する!
どうもクーデターを起こす!
下剋上の申し子??
保守的なところもあり、
古典的教養も備えている!
家柄や身分が重要な時代から実力本位の戦国時代に移行する、
過度軌を象徴する人物だと!
【ダラダラと応仁の乱で京を破壊した??】


20 細川政元「正体無き者は王とも存ぜざる事なり」
細川勝元ではない!! 息子である!!

「明応二年 1493年 明応の政変」
応仁の乱後、この明応の政変で幕府は止めを刺された!
この仕掛人である!
10代将軍 義稙と不仲である?
義稙が京を留守した時、日野富子と組んでクーデターを起こし、
義澄を新将軍に擁立する!
義稙逃亡!
政元は実力者である!

この時期幕府は金がない!
天皇崩御、新天皇即位の費用が出せない?
出さないのか?
政元は、
「即位式など無駄である、即位式を行っても実績が必要である!
 現状でも『王』と認めている! だから大金を投じて大掛かりな儀式は必要ない」
自身も家臣に暗殺される!!


21 斎藤道三「山城が子供、たわけが門外に馬を繋ぐべき事、案の内にて候」
「司馬遼太郎 国盗り物語」
これは親父の本棚から探して読んだ!
メチャメチャ興奮した!
もう冷めているが………

親子二代の国盗りだと!
歴史的には創作だと言うことが多い??
・油売り
・義龍は道三の実子ではなく、頼芸が実父
・「まむし」も坂口安吾が捜索した!

逆に本当なのは??
・正徳時の信長との会見
・たわけ??
道三は自分で信長を見て判断した!
「信秀ほどの武将が廃嫡していない」
「信玄は信長の日常生活を聞いて考え込んだ」
要は見る目のある人間しか分からない?
「英雄、英雄を知る」


22 今川義元「自分の力量を以て国の法度を申し付く」
桶狭間の合戦である!
果たして尾張侵攻の今川義元の目的は??
桶狭間の戦いも変わって来ている!
・奇襲
・兵力

要は今川義元は戦国武将だと!
「守護使不入」
有力寺社が徴税を拒否できる??
しかし義元は
「自力で法を定め領国を統治しているので、無効だと」
軟弱ではないと!!


23 毛利元就「ただただ三人御滅亡と思し召さるべく候」
元就の実像は残っている!
手紙が多く残っている!
「謀多きは勝ち、少なきは負ける」
これを実践したのか??

息子たちへの不満がある!
後継者 隆元への不満!
「無才無器量」
吉川元春、小早川隆景が弟である!
不満があり元就に手紙で訴える!
その返事を書いている!

三子教訓状!! 14箇条からなる!!
第一条  毛利の苗字を末代まで廃れぬように心がけよ。
第二条  毛利の二字を疎かにしてはならぬ
第三条  三人の間柄が少しでも分け隔てがあれば、とも滅亡すると思え
第四条  隆元は元春・隆景を力にして、すべてのことを指図せよ
第七条  亡き母、妙玖の供養も三人が仲良くすることと!


24 上杉謙信「信玄ははかりごとある人にて、法師武者を大勢仕立ておかれ候」
武田信玄の項目みたい??
「甲陽軍鑑」
どうも本物のようだ?
内容は別であるが………

著者は、本能寺の変で「立花京子」「明智………」を批判していた!
どちらも好きではない?
今回は井沢元彦である??
井沢元彦は、考えてみればおかしいじゃないですか?
そんなことあり得る??
そう言う言い方が多いと思う??
最近は読んでいない?? 【疲れる??】

甲陽軍鑑だけでなく「山本勘助」も実在を疑われていたが、史料で確認された!
川中島合戦 啄木鳥戦法!
これは出来ないと実証されている?
【夢が無くなる】
それでも他に史料が無いので使われる??
謙信、信玄の一騎打ち??
信玄には影武者がいた??
「甲陽軍鑑」の内容は確認されていないが、
無理やり使っている???


25 織田信長「日向守働き、天下の面目をほどこし候」
革命児?? 改革者??
・鉄砲三段撃ち
・兵農分離
・楽市楽座………

鉄砲三段撃ちは否定されている!
鈴木慎哉、藤本正行である! 著作を読んでいる!

兵農分離も完全ではない!
同様に「楽市楽座」の以前からあったと!
でも信長は上手く利用した!!

信長は世間体を気にし、空気を読む!
「外聞」「諸人」「世間」
本当かな??

佐久間信盛への弾劾状の追放理由!
・丹波は明智光秀が平定し、天下に面目をほどこした!
・羽柴秀吉は数カ国で比類ない功績を上げた!
・池田恒興は小禄ながら短期間で花熊を攻略し、これも天下の称賛を得た!
・柴田勝家は彼らの働きを聞き、すでに越前一国を領している身ながら、
天下の評判を気にかけて、今春加賀に進撃し、一国を平定した!
しかるに、五年間石山本願寺と戦かわず無駄に過ごした!
天下も面目を失った!


26 明智光秀「仏の嘘をば方便と云い、武士のうそをば武略と云う」
個人的には好きな戦国武将である!
要は出自もよく分からない!
庶民からは慕われる!
「仏の嘘を方便と言い、武士の嘘を武略と言う、百姓は可愛きことなり」『老人雑話』
天下を狙ったのか??


27 森蘭丸 「父が討死の跡にて候えば坂本を賜れ」
森蘭丸とは……… 武将と言うには実績がない!
光秀の敵??

初めて知る話である!
信長は蘭丸を光秀の娘の婿にしようとした!
が光秀は断り、忠興に与える!!
信長の縁談を断れるのか?

・森蘭丸   永禄8年(1565年)~天正10年(1582年6月21日)
・ガラシャ  永禄6年(1563年)~慶長5年(1600年8月25日)
・忠興と結婚 天正6年(1578年)
何時の話か??

まずガラシャは美人だったのか?
蘭丸も美男だったのか?
信長と男色関係は??

蘭丸は信長に父の遺領 志賀郡を望むが光秀領である!
取り上げる分けに行かずに縁談??
森可成は坂本で戦死している?
戦死は最大の戦功だと!!


28 豊臣秀吉「秀吉若輩之時、狐と成て、信長公の幕下の属す」
秀吉も出自は分からない?
説が多過ぎる??
乞食もしていた?
天皇のご落胤??
劣等感と自負心??
親類も家臣もいないが、のし上がる??
秀吉若輩之時、狐と成て、信長公の幕下の属す」

鶴岡八幡宮に参拝し、頼朝木像に言う!
「我と御身は共に微小の身から天下を平らげた!
しかし御身は天皇の後胤であり、父祖は関東を従えていた!
故に流人の身から挙兵しても多く者が従った!
我は氏も系図も無いが天下を取った!
御身より我の勝ちなり
しかし御身と我は天下友達なり」


29 黒田長政「今になりて、我らが分別、鑓先にあり」
関ヶ原では活躍した?
小早川秀秋を裏切らさせ、毛利も動かさなかった?
出典を研究すると、本当かなと!
秀秋が逆に徳川に襲いかかったら?
これを長政は、今さら知るか、戦うだけだと!!

家康の秀秋に対する「問鉄砲」は??
どうもなかったようだ………


30 徳川家康「万一負け候わば、弔い合戦すべしと人数を揃え上って能く候わん」
徳川は兵を二分した!
家康と秀忠である!
どちらが本軍なのとよく言われるが………
秀忠は中山道を行き真田を攻略する!
予定通りである!
家康は江戸を動かなかったが、正則らが岐阜城を攻めたので、出陣した!
秀忠にも急ぐように連絡した!
この使者が遅れ、あわてて秀忠は向かうがバラバラで向かう??
遅れて家康に叱責される!
榊原康政がとりなした?? どうもそれは無さそうである!
叱責の理由は、もし家康が敗れれば弔い合戦になのに、バラバラで来るとは?
流石と言うべきか!


31 石田三成「大将をする者は命を全うして、後日の合戦右心に懸る也」
「司馬遼太郎 関ケ原」
このイメージは大きい!!
個人的にはここから始まり、著者たちにより修正されて行った??
・かくまった百姓に罪が及ばないように突き出せた?
・戦い敗れて、東軍諸将に、もう一戦しようと生き延びたと!

司馬遼太郎では捕らえられて諸将の反応がある!
・細川忠興  会釈して通り過ぎる! 正解か?
・福島正則  罵倒のし合い!
・小早川秀秋 三成に罵倒される!
・黒田長政  勝敗は時の運と慰めて、自分の羽織をかける?

まず福島正則は、三成の言い分はもっともだと!
罵倒などしていない??

黒田長政である! 司馬遼太郎では最後のイメージ作りの演技に入った??
どうもそうでもなさそう………
【夢が無くなる………】

江戸時代から何も佞臣というイメージだけではなく、忠臣のと言われていたようだ?


32 真田信繁「忠義に軽重無し、禄の多少によるべきや」
確かに活躍したが、そんな大物ではない??
個人的には子供の頃、白戸三平の漫画に惹かれた??
真田忍群??

実戦は??? しょせん信濃の小領主である!
大阪の陣で徳川から「信濃一国」の条件を示された!
あり得ない話である!
誘いはあったが果たして条件は???
反徳川というべき家である!
兄信幸の、昌幸の幸を「信之」と変えている?
信濃の大名を何処に持って行くのか??
ついでに言うと、後藤又兵衛も同じような話があるが………


33 伊達政宗「奪うべき時期だに身に授からぬ天下なれば望みなし」
うわさが絶えない政宗である!
遅れてきた戦国武将?
したたかである!
絶えず陰謀をめぐらせている??
・小田原への参陣の遅れ? 家督争い?
・蒲生氏郷と葛西大崎一揆を平定するが、政宗自身が一揆を煽動!
・上杉領の旧領6郡49万石の領土の自力回復を許す旨の書状「百万石のお墨付き」
・大阪の陣でも疑われる??
なんやかんやと忙しい!
家康危篤時、謀犯を疑われて秀忠の軍が伊達領を攻める??
その時家康の見舞いに行き、誤解を解く?
最後の戦国武将か?


終 章 中世武士から近世武士へ
◆ 武士は京で生まれた?
関東などは傍流、セミプロだと!
がその傍流が主流になった?

◆ 「武士道」
ひたすら主君に尽くす?
中世では、畠山重忠の項で否定されている!
御恩と奉公!
見限ることは当たり前だと!
江戸時代とは違う!!

◆ 頼朝の時代………
河村義秀は、弓馬の達人で平氏方の大庭景親に従って石橋山の戦いで源頼朝を破る!
義秀もまた河村郷を没収されて大庭景義の預かりとなり、斬刑を言い渡される!
10年も経って義秀を密かに匿ってた大庭景義の推薦で流鏑馬神事に参加!
頼朝は斬首を命じたはずだと機嫌悪くなる!
が、義秀は全て達成したため頼朝もその罪を許す………
景義の進言があり、旧領の河村郷も還付する!
そう言う例が多いようだ!!
名誉感情がある!!

◆ 報復の連鎖! 「やられたらやりかえす」
チェチェン共和国みたいである!
報復の連鎖を回避するには?
・第三者による調停
・徹底的な殲滅
殺しの、そうした例は多い!
・清盛が頼朝を助けた
・頼朝は義経の男児を殺している
・頼朝は木曽義高を殺している
・頼朝旗上げ時、三浦は和田と戦っている!
和田合戦で三浦は遺恨、復讐した!

◆ 武士の教養!
平安時代は騎射出来ればよかった??
が、鎌倉幕が成立し武士も勉強しなければならない!
鎌倉時代の武士は字も読めない!
代筆屋もいたのか??
譲り状に遺産相続もある!
仮名しか読めない??

◆ 室町時代も変わらない?
応仁の乱も面子の問題か??

◆ 戦国大名
武士たちの一揆! 盟約、連合!
紛争を平和的に解決する!
がこれは戦国大名の分国法・裁判に変わる!!

喧嘩両成敗である!!
⑴ 喧嘩は理由を問わず、両者とも死罪
⑵ 攻撃されても自重する、さすれば非があろうとも勝訴である!

自力救済の論理を自力救済否定の論理が凌駕した時、
中世が終わり近世が始まる!!

◆ 太平の世の武士
・中世   主従関係は絶対ではない 離脱出来る!
・江戸時代 忠義を尽くす相手が主君個人から「御家」に変わる!
江戸時代に武士は牙を抜かれる!
覚醒は幕末になる………

 

あとがき
「名言」「名セリフ」を読み解く!
【創作が多いが………】
これが武士の本質的な問いにつながる!
歴史の新しい楽しみ方を発見してもらえれば、
これに勝る喜びは無いと!!

 

主要参考文献

 


武士とは何か ②・呉座勇一

 

2024年1月23日 (火)

本・武士とは何か ①(2022/10)・呉座勇一

Photo_20240125090601

平安後期から戦国時代にかけて、政治・社会の中心にいた中世武士!
源義家から伊達政宗まで、中世武士の行動原理に迫る!
日常的に戦闘や殺生を繰り返していた彼らのメンタリティーは、
『葉隠』『武士道』で描かれた江戸時代のサラリーマン的な武士のものとはまったく異なっていた!
忠義よりも領地とメンツが大事!
史料に残された名言、暴言、失言を手がかりに、知られざる中世武士の本質を読みとく画期的論考!

 

著者、名言殺しか???
著者の本もよく読むが、ファンである??
夢が大分崩れたが………
エピソード、逸話は当てになるのか?
誰が何のために紹介するのか?
史料を読むのも慣れているのだろうが大変である!

抜けている武将も多い?
・武田信玄
・北条早雲
出して欲しいのは??
・松永弾正
・三浦義村
大変楽しい内容である!!!

 


はじめに
1 源義家 「降人というは戦の場を逃れて、人の手にかからずして、後に咎を悔いて首をのべて参るなり」
2 平時忠 「この一門にあらざらん人は、みな人非人なるべし」
3 藤原定家「紅旗征戎、吾が墓の上に懸けよ」
4 平清盛 「頼朝が首を切りて、わが墓の上に懸けよ」
5 源義経 「関東において怨みを成すの輩は義経に属すべし」
6 源頼朝 「日本国第一の大天狗は更に他の者に非ず候か」
7 畠山重忠「謀反を企てんと欲するのよし風聞せば、かえって眉目というべし」
8 源実朝 「源氏の正統、この時に縮まりおわんぬ」
9 北条政子「その恩、既に山岳より高く溟渤より深し」
10 北条義時「君の御輿に向いて弓を引くことはいかがあらん」
11 後鳥羽上皇「およそ天下の事、今においては御口入に及ばず」
12 北条泰時「兄の思う所、建歴・承久の大敵に違うべからず」
13 竹崎季長「虚譚を申し上げ候わば、勲功を捨てられ候て首を召さるべく候
14 金沢貞将「我が100年の命を捨て、公の一日の恩に報いる」
15 後醍醐天皇「朕が新義は未来の先例たるべし」


16 足利尊氏「この世は夢のごとくに候」
17 北畠親房「一命を以て先皇に報い奉る」
18 一条経嗣「愚身ひとえに諂諛をもって先となす」
19 山名宗全「例という文字をば、向後は時という文字にかえて御心得あるべし」
20 細川勝元「正体無き者は王とも存ぜざる事なり」
21 斎藤道三「山城が子供、たわけが門外に馬を繋ぐべき事、案の内にて候」
22 今川義元「自分の力量を以て国の法度を申し付く」
23 毛利元就「ただただ三人御滅亡と思し召さるべく候」
24 上杉謙信「信玄ははかりごとある人にて、法師武者を大勢仕立ておかれ候」
25 織田信長「日向守働き、天下の面目をほどこし候」
26 明智光秀「仏の嘘をば方便と云い、武士のうそをば武略と云う」
27 森蘭丸 「父が討死の跡にて候えば坂本を賜れ」
28 豊臣秀吉「秀吉若輩之時、狐と成て、信長公の幕下の属す」
29 黒田長政「今になりて、我らが分別、鑓先にあり」
30 徳川家康「万一負け候わば、弔い合戦すべしと人数を揃え上って能く候わん」
31 石田三成「大将をする者は命を全うして、後日の合戦右心に懸る也」
32 真田信繁「忠義に軽重無し、禄の多少によるべきや」
33 伊達政宗「奪うべき時期だに身に授からぬ天下なれば望みなし
終 章 中世武士から近世武士へ
主要参考文献

 

はじめに
日本は武士の世が長い!
隣国は文官優位である!
この武家政権がなぜ続いたのか?
「武士とは何か」

武士発生論!
ここにもマルクス主義の階級闘争史観の思い込みがある!
・上層農民が武装説
・源平藤橘出身

「名言」「名セリフ」
「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し、急ぐべからず」
これも明治時代に作られた?
ほとんど史実ではない名言が多い!
その中から武士の意識の歴史的変遷が見える!

 

1 源義家 「降人というは戦の場を逃れて、
人の手にかからずして、後に咎を悔いて首をのべて参るなり」

「NHK大河ドラマ どうする家康」
義元の元康から家康に改名するが、家は義家の家のようだ?
武家の棟梁と言う!
「河内源氏」

・前九年の役
父頼義と安倍時頼を滅ぼす!
清原武則を味方にしている! これが大きい!
武則の息子武貞は、安倍氏に従った藤原軽清の妻と再婚する!
・実子    真衡
・妻の連れ子 養子 清衡 
・妻との子  家衡

真衡に子供が生まれず、後継者争いが起きる!
義家は真衡に味方するが病死!
清衡と家衡が争い義家は清衡に付く!
苦戦であるが、朝廷の命を無視し家衡を滅ぼす!
清衡は藤原清衡となり、奥州藤原家の祖となる!
義家は奥州の支配を諦める!
恩賞も無かった……
後に頼朝が平家、奥州藤原氏を滅ぼす………
義家の執念か??


2 平時忠 「この一門にあらざらん人は、みな人非人なるべし」
「人非人」
現在では「人の道に外れたことをする人、人でなし」
原義は仏典の「八部衆」
・天衆
・龍衆
・夜叉衆
・乾闥婆衆
・阿修羅衆
・迦楼羅衆
・緊那羅衆
・摩睺羅伽衆の8つを指す。

公家でありながら、武家との清盛と組んだ?
どうも時忠に対するやっかみから来ていると!


3 藤原定家「紅旗征戎、吾が墓の上に懸けよ」
歌人である!
平維盛が東国遠征に行った時、日記の書き込みである!
日記は「明月記」 19歳~75歳まで付けられている!
戦乱のことは書かないと!
・無責任
・芸術至上主義
【どちらも自己満足の世界か】
19歳で書き加えたのが表題である!
がこれはもっと後世に書き加えられた?
こう言うことに関心がない人間にはどうでもよいと!
この時期、定家は家族の看病で満足に日記を書けない!
治承・寿永の内乱を書けなかった?
その悔しさが「戦乱に興味がないので書かない」
何というのか………


4 平清盛 「頼朝が首を切りて、わが墓の上に懸けよ」
清盛は頼朝を助ける!! 事情は義母が助命を願った?
それは無いのでは??
伊豆へ流す………
20年後、頼朝は牙をむく!!
富士川合戦で平家惨敗!
清盛は病に倒れる!
「仏事供養は無用である、頼朝の首をわが墓の上に供えよ」
これも真偽の説がある!

反乱の中心は頼朝である!
木曽義仲、武田信義は頼朝に呼応していない!
あくまで平家は頼朝打倒である!
実際に言ったとしても納得出来ると???


5 源義経 「関東において怨みを成すの輩は義経に属すべし」
義経は頼朝に鎌倉入りを禁じられた!
「腰越状」 真偽の意見がある!
「関東において怨みを成すの輩は義経に属すべし」
・貧しさの中でたくましく育った野生児
・流浪の勇者
・この生い立ちが嘘くさい??
・「五位尉」に頼朝の承認もなく受任した? 考えにくい!“
・越越状の作成の経緯が様々ある?
後世の偽作だと!!

「頼朝に恨みがある者は、俺についてこい」
北条氏全盛時に書かれた歴史書である!
源氏の滅亡を必然とする説明のためだと!
義経は自分の軍理的才能に自信を持っていた??
がそれは「鎌倉殿の代官」と言う権威に依拠していると!


6 源頼朝 「日本国第一の大天狗は更に他の者に非ず候か」
実戦経験はあるのか?
将の将たる器か??

平家滅亡後後白河上皇は頼朝、義経対立時、
義経に頼朝追討の「院宣」を与えた!
が義経に応じるものはまったくいなかった?
あっけなく敗退!
後白河上皇は「院宣」は脅されて出したと?
【後鳥羽上皇と同じく貴人はそんなものか?】
これに対して、頼朝は「日本一の大天狗」と応酬する!

結論は、大天狗と後白河上皇をあざけったので、
後白河上皇はその場しのぎの対応が多く、政治能力は低い!!


7 畠山重忠「謀反を企てんと欲するのよし風聞せば、かえって眉目というべし」
三河武士と言えば本多平八郎!
鎌倉武士は畠山重忠!

本多忠勝は主君のために死ぬことが忠義だと?
ひたすら主人のために忠義を尽くす!
それが江戸時代の武士道である!

中世武士は違うと!
畠山重忠の代官が不正を働いた!
が本人は関係ないというか、自分は忠誠を誓っている!
そのままになる………
中世では不当な扱いを受けた主君に使えるのは腰抜けだと!
仕えるに値しない主君には謀叛も許される?
「謀叛の噂は名誉なことだと」
自身の最後の戦いでさわやかに死ぬ!!


8 源実朝 「源氏の正統、この時に縮まりおわんぬ」
自身で源氏将軍が終わる?
それを前提で行動する!
近衛大将への任官を望む!
諫められるが、将軍家の家格を上げるために必要だと!
これは創作か???

実朝は自分の死を予測していたと!
他にも例がある!

和田合戦では陣頭指揮を執った?
中国に渡るために巨船を造り失敗する!
どうも北条氏が実権を握っていたと言う!
幕府支配を正当化している!!

橋の修理など現実的な対応をしている!
和歌と官位昇進に熱中する神頼みの人物は、
「吾妻鏡」によってもたらされた虚像だと!


9 北条政子「その恩、既に山岳より高く溟渤より深し」
尼将軍! 強い女!!
子供は志半ばで死に、頼朝の弟も死んでいる!
血にまみれている??

承久の乱である!
御家人を前に政子が檄を飛ばす!!

三代将軍実朝が暗殺されて、摂関将軍三寅が京から来る!
これに反発する勢力もある!
北条支配に反発も多い!
ここを後鳥羽上皇がつく!!
義時追討である! これで反義時勢力を離反させたい!

御家人を前に政子が演説する!
頼朝への奉公を、幕府への奉公にすり替えた?
父時政を追放している!
猛女である???
その発言には重みがある…………


10 北条義時「君の御輿に向いて弓を引くことはいかがあらん」
後鳥羽上皇の北条義時追討令!
義時の追討である! 幕府ではない??
これに御家人は反撃する!
北条政子の演説である!
泰時は18騎で出発する!
この決断が勝利につながる!
最終的には3方向から19万騎と言う??

逸話は色々あるが、泰時は義時に尋ねる!
もし後鳥羽上皇が出陣してきたらどうするのか?
その時は恭順しろと???
この逸話は公家側の願望だと!

関ケ原に秀頼が出陣したら?
と同じifであるが、苦戦はした??
が、倒幕は不可能ではなかったと!

結果から導かれた逸話か??


11 後鳥羽上皇「およそ天下の事、今においては御口入に及ばず」
歴代トップの実力を持つ!
文化人で武人である!
承久の乱!
負けた理由は??
認識が甘かった?
上皇に付いた武士も弱すぎた?
敗北を認め「院宣」を出す!
ただし責任を武士に押しつける?
これも結果から導かれた逸話か??
結果、天皇の決定権も幕府が握る!
後鳥羽上皇の血統は外されるが………
本郷和人は日本史の転換点だと!


12 北条泰時「兄の思う所、建歴・承久の大敵に違うべからず」
「御成敗式目」を制定する!
義時の後継者である!
伊賀局の陰謀もあったようだ………

武士も読み書きできるものが少ない!
分るようにしたい!
公正、公平な裁判を受けれるようにする!

実際公正なようであった!
この時代は母親の身分が問題になる!
泰時の母親は身分が高くない!
弟・朝時、政村の方が身分が高い??
それだけに苦労している!
義時が亡くなった時、遺領をほとんど相続していない!
執権で十分だと!
身内に敵対勢力がいる!

・評定衆創設による集団指導体制の導入
・御成敗式目による法の支配
権力基盤の弱い泰時の苦肉の策だったと???


13 竹崎季長「虚譚を申し上げ候わば、勲功を捨てられ候て首を召さるべく候
絵画で後世に名を残した?
自身は戦闘員なので、その場面を描いている!
自慢話である!
全体の大局観には欠ける?
「蒙古襲来絵詞」
この史料は価値がある?

竹崎季長は所領を持たない貧乏武士だと!
元寇をチャンスと見た!
食い詰め牢人だと!
文永の役は、鎌倉武士の勇戦だと!
「自主撤退」でも「神風」でも無いと!

竹崎季長は鎌倉に向かう!!
恩賞を獲得したい??
この時の絵も参考になようだ?
必死で安達泰盛に食らいつく!
恩賞ではなく名誉の問題だと?
泰盛は根負けする!
ごね得か???


14 金沢貞将「我が100年の命を捨て、公の一日の恩に報いる」
太平記は三部構成である!
第一部
後醍醐天皇 善
北条高時  悪

北条一門は数が多い!
それに悪で描かれていない!
むしろ奮闘したと!
・極楽寺流
・名越流
・大仏流
・金沢流………

金沢貞将! 奮闘する!
敗戦前に高時のところに行く!
「両探題職」のいずれかに指名すると!
感謝し、32歳で討ち死にする!

この両探題は、執権、連署を表す!
空白の執権職を与えると? 17代執権?

北条一門は「義を思う武士」と評価する!
逆に足利尊氏を「武士の風上にも置けないやつ」
これには納得する!!


15 後醍醐天皇「朕が新義は未来の先例たるべし」
「新儀」
当時は先例主義を基調とする!
新しいことに取り組むのは「非法」に通じる!
今先例も始めた時は「新儀」だったと?

「建武の新政」
このあたりになると、北条から天皇に変わったかと言って何が違うのか??
「王政復古」
マア、そんなに革新性があったのか?
「朕が新義は未来の先例たるべし」
そんな革新性があったのか?
評価する、しないと分かれる??
結局は負けているし、反抗もされている??
【時代が要求しなかった?】

 


武士とは何か ①・呉座勇一

 

 

その他のカテゴリー

古代史 奈良時代 室町時代 幕末 平安時代 戦国時代 江戸時代 鎌倉時代 アイルランド アジア (インド・東南アジア) アフリカ アメリカ (カナダ・メキシコ) イタリア イングランド イングランド(イギリス) オセアニア オランダ オーストリア ギリシャ スウェーデン スコットランド スペイン スロバキア チェコ デンマーク トルコ ドイツ ノルウェー フィンランド フランス ポルトガル ポーランド ロシア (バルト3国 コーカサス ウクライナ) 中南米 中国 (モンゴル) 中央アジア 中東 台湾 名言格言 朝鮮半島  上杉氏(越後・謙信他)  中国 (毛利・宇喜多他)  九州 (島津・竜造寺・大友他)  会津 (蒲生氏郷・保科正之他)  北条氏(小田原・早雲他)  四国 (長宗我部他)  大谷吉継  徳川家康 (徳川関連)  戦国武将(武将)  明智光秀 本  明智光秀 (明智・細川)  東北 (政宗他)  武田氏(甲斐・信玄他)  真田一族  真田幸村 本  真田幸村 紀行  石田三成  織田信長 (織田関連)  藤堂高虎  豊臣秀吉 (秀吉関連)  黒田官兵衛  黒田官兵衛 本 インテリジェンス・国際情勢 エネルギー・原発・資源 コンサート テレビ番組 事件 山本五十六(第二次世界大戦前から) 政治・政局 映画 時事 書籍・雑誌 源平合戦 独り言(よもやま話) 科学 紹介、情報 経済・政治・国際 落語 金融 鎌倉殿13人 源平合戦

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ