幕末

2024年4月 2日 (火)

本・日本史を疑え ②(2022/5)・本郷和人

Photo_20240402043001


第4章 鎌倉時代
第5章 室町時代
第6章 戦国時代
第7章 江戸時代
あとがき

 

第4章 鎌倉時代
〇 東国の武士たちはなぜ流人の頼朝を担いだのか
武士は実力を重んじる!
その鎌倉武士が何故頼朝をリーダーとしたのか?
頼朝は、負けて領地も家来もなく、兄弟も死ぬか離れている!
看板があり、神輿には良い??

著者の本では飽きるほど出てくる!
千葉常胤は、義家の末っ子・義隆の息子、頼隆を育てていた!
頼朝に味方する時に差し出している!
頼朝と頼隆をはかりにかけた??
いざと言う時に頼隆を立てる、保険である!
求めたのは、自分達の土地を保証してくれるリーダーが頼朝だった!

頼朝はどのような力を持っていたか?
・1180年 旗上げ 石橋山の合戦で負け、房総で再起する!
 味方が多く集まり、富士川の合戦で勝つが、上洛には反対される!
 まずは東国で、常陸・佐竹を攻める!!
 
・1181年 後白河上皇に和平の使者を送る! 平家拒否!
・1183年 自ら土地を分配・新恩給付を進める!

まず関東の武士の土地の保証を行う!
朝廷との交渉、外交が出来ることを示した!
義経の処遇で揉めるが、朝廷との交渉は頼朝の一本化を目指す!
官位もかってに貰うなと!
これを理解出来なかったのが義経!

・1185年 時政を都に送り守護、持統の設置を認めさす!
・1190年 奥州藤原氏を制し上洛する!

東国武士を統制し、朝廷とも窓口を一本化し、
朝廷との距離を十分に取り、自分達の存在を正当化させる!
この統率力と外交力が求められたと!!


〇 「幕府」をどう捉えるかで成立年が変わる
いいくにつくろう!! 1192年!
が、最近は疑問視されている!
征夷大将軍に任命された年である!
この征夷大将軍が問題である!
・1194年には止めている!
・頼家の1202年に征夷大将軍に任官する!
・8年空位であるが何も困らない!
・征夷大将軍自体実態が伴わない!
・朝廷にとって東国はどうでもいい! 税だけ納めてくれればよいと!
・征夷は朝廷から与えられたものだと!
・将軍就任=幕府成立 天皇こそが日本の中心だと!

現在は1185年説が採用されている!
守護・地頭の設置権である!!
しかしこれも朝廷が認めたということで、1192年と変わらない?
著書は1180年派で、少数意見だと!
10月6日 鎌倉に入り、軍事政権を確立した日だと!!


〇 どうして源氏将軍が絶えたのに鎌倉幕府は続いたのか
三代将軍が暗殺されるが、後継の子供がいない!
候補者はいる!
阿野全成、その子供、頼家の遺児、特に公暁!
帯に短したすきに長し???
この暗殺時、黒幕がささやかれたが、調査は行っていない!
将軍なしでの主役は東国武士だと!

朝廷はこの状態を元に戻すべきだと!
「治天の君」後鳥羽上皇である!
敵代天皇の中でもトップクラスの実力を持つ!
これを元に戻そうとした??
まず何をしたか??
・武士団の強化 西面の武士を組織する!
・西国の有力御家人の切り崩し
・実朝の取り込み

実朝を優遇する!
・最上級の官位を与える
・和歌の教師を付ける
・次期将軍を親王将軍とする
【実朝の名付け親でもある】

が、実朝が暗殺される!!
そんなところに、親王をやれるかと??
将軍は「御恩と奉公」には必要だと!
次善の策で、摂関家から三寅を鎌倉に下向させる………


〇 鎌倉後期の天皇は名君ぞろい
承久の乱で負け、朝廷も窮する??
なんせ全面降伏である!
武力を破棄し、政治でも幕府の下に立つ!
天皇の人事に干渉される!
後鳥羽上皇の直系を排除される?

天皇は「徳」に目覚める!
人びとに行政サービスを行う!
「訴訟決断」
九条道家が主導する! 四代将軍の父親である!
特に「雑訴の興行」
一般の土地争いを裁判で解決する!

賢帝と評価される!
・花園天皇
・後宇多天皇

武力で負けているので、徳をアピールする必要がある!
天皇家も、持明院統と大覚寺統に分かれ、競争意識が働いたようだ?


〇 御成敗式目はなぜ必要になったのか
「徳政」に影響を受けたのが北条泰時!
承久の乱後、六波羅に留まる!
京文化に接する!
・1230年 寛喜の大飢餓で、伊豆、駿河の領民に米を配る!
「撫民」の思想である!

・1232年 「御成敗式目」を制定する!
誰にも分る形でルールを作る!
当初の51ヶ条から追加される!! 問題はあるが………
とりあえず法が必要だと!
競争が良い方面に働く!!


〇 元寇は本当は避けられた?
北条時宗は救国の英雄??
子供の頃はそう信じた!!
今では外交オンチで、日本に神風が吹くと思わせた責任者である!!
果たして海を越えてわざわざ攻撃してくるのかと!

・1268年 フビライから国書が来る!
これは丁寧なものだったと!
要は国同士交わろうと!!
ただし受けいられなかったら軍を送ると!
この国書は朝廷に送られるが、幕府が自分たちがやると!
それで使者をもてなおさずに、返書も書かない!

元寇の前、1年ほど日本を見た「趙良弼」 6回差遣されている!
レポートがある! 日本を攻めるなと!
・獰猛で礼儀知らずである
・山水が多く、田畑を耕すのに向いていない
・海風派予測不可能で軍船を差し向けるのは危険
底なしの深い谷を埋めるようなものである!

日本は無視である!!
・1274年 文永の役 あっさり撤退である! 神風ではない!
翌年、元から使者が来る!
この使節団を鎌倉に連行し、斬首する!
恐るべき外交オンチだと!!
著者は「救国の英雄」ではなく「亡国の暗君」と言う??
たまたま撃退出来た!
鎌倉が指示した石垣もちゃちなものだった??
避蹴られた元寇であると!!

この時期パンデミックは無い!
奈良時代には藤原四兄弟が天然痘で死ぬ!
・752年 奈良の大仏建立!
・1858年 ペリー艦隊来航でコレラが発生する!
中世の日本は発生していない! 外圧レベルが低かったと!!


〇 「銭」に負けた得宗専制
「徳政」と「徳政令」
朝廷の「徳政」は、一般人のトラブル解決である!
幕府の「徳政令」は、御家人の借金を棒引きにする?

日本は銭はつくれず、宋の銭を使う!
清盛の時代に貨幣経済は進むが、頼朝の時代で停滞する!
御家人は土地を担保に金を借りるしかないと!
これを保護するのが「徳政令」か??

・1285年 霜月騒動!
著者は御家人同士の争いではなく、
「御家人ファースト」VS「オール日本」
平頼綱VS安達泰盛!!
これは安達泰盛が負けるが、平頼綱も自害に追い込まれる!!
何より「得宗家」は一番偉いのである!
武士のための政権が、得宗家のための政権になる!
この時、幕府は滅亡に向かう!!


〇 名字に「の」が入らなくなった理由
ヤマト王権では「氏姓制度」を導入する!
・氏 蘇我、物部、大伴………
 血族で世襲する! 平氏、源氏、藤原氏  
 源頼朝  みなもとのよりとも
 源尊氏  みなもとのたかうじ

・性 臣、連、造  朝廷内の身分を表す!

鎌倉時代に「の」が入らない家を表す「苗字」が登場する!
平広常、平常胤、平義澄………
家が本拠としている地名!!
上総広常、千葉常胤、三浦義澄である!
「血」より「家=財産」が重視される!

鎌倉時代に「一子相続」が定着する!
相続には、分割相続、遺言相続もあり地方によって違う!
もっとも分割するにも土地が無くなる………

鎌倉幕府では、執権より得宗が上になるようだ!!!

 

第5章 室町時代
〇 鎌倉幕府を倒したのは後醍醐天皇ではない
「鎌倉殿の13人」で、よく本を読んだが分かったことがある!!
まず後鳥羽上皇は、失敗したとはいえ周到な計画があった!
流石歴代トップクラスの天皇だと!

歴史で習った時は、後醍醐天皇は有能な天皇だと??
そうでもなさそうである!!
たまたま倒幕に成功した???
その後の新政のプランはあったのか???
・1324年 正中の変
・1331年 元弘の変
後醍醐天皇が仕掛けたクーデターもずさんだったと!!
そもそも後醍醐天皇は、中継ぎの天皇である!
確たる基盤もない!!
その権力を保ちたいがために、倒幕を企てた!
貴族も後醍醐天皇を避けたようだ!

それが倒幕に成功するが、次々に離反される!
護良親王、尊氏である!!
自分がやることが先例になる!
土地は全て天皇が領有の決定権を持つ!
一所懸命の武士が従うのか??
そう言う人材もいない!! すぐに逃げ出す!!

鎌倉幕府を倒したのは足利尊氏!!
何故反旗を翻したのか???
要は、御家人たちの支持を鎌倉幕府は失っていた!
武士たちが求めたのは「朝廷政治」ではなく、
「もっとましな鎌倉幕府」である!

尊氏にリーダーの素質があった!!
今なら武士は付いてくると!!
新田義貞の鎌倉攻めに、尊氏の嫡男が合流!
手柄は4歳の嫡男に報告する!!
新田では人は動かない??
この現実を、後醍醐天皇は見ない??


〇 尊氏兄弟の引き裂いた「京都の二つの顔」
・1338年 足利幕府成立??
征夷大将軍に任じられた年!
鎌倉幕府と同じなので、そうとはいかない??

・1336年 建武式目の制定! ここが幕府成立であると!!
ただ幕府を何処で開くか?
北条は悪い政治をしたので滅んだが。鎌倉が悪いわけではない!
みんなが移したいのであれば移そう??

足利直義  京は朝廷に近い! 鎌倉に戻ろう!
が、京に向かうことになる!
足利体制は??
・尊氏 軍事
・直義 行政

兄弟は対立する!
・1350~1352年 観応に擾乱!
朝廷と経済で対立する!
経済では商人からも税を取る!
土地からは限界があると!!


〇 南北朝はなぜ50年あまりも続いたのか
尊氏は光明天皇を擁立する 北朝 持明院統!
後醍醐天皇は吉野で自分が正当な天皇だと 南朝 大覚寺統!

・1350年 足利直義が南朝に降伏する!
・1351年 尊氏も和睦し、北朝を廃する!
直義を制し、尊氏は北朝を復活させる!
南朝は最初の5年間で兵力を失う!
要は、正統性を不安定にして依存させる??
・1392年 南北朝統一 三代将軍義満である!!


〇 細川頼之がつくった「義満1392年体制」
義満を養育したのが細川頼之!
政権内の二グループ!
・尊氏派 朝廷融和派 細川、赤松、京極、一色
・直義派 朝幕分離派 斯波、山名、大内、土岐

足利義満 細川頼之は「室町王権」公武合体である!
・1391年 大内氏の内紛に介入する!
・さらに京都の完全は悪である!
・東国の切離し!
・南北朝の合一!

義満の死後、四代将軍義持は全てひっくり返す!
後ろ盾は、直義派の斯波義将である!
あまりに人間的ではないかと!!


〇 応仁の乱は尊氏派vs直義派の最終決戦だった
応仁の乱は、尊氏派VS直義派である??
・東軍 尊氏派 朝廷融和派 細川、赤松、京極、一色(西軍へ)
・西軍 直義派 朝幕分離派 斯波、山名、大内、土岐
とは言いながら、単なる主導権争いである!
10年あまりダラダラ戦い今日は荒廃した!

在地の武士がのし上がる!
応仁の乱の主要なメンバーは戦国大名として残っていない!
細川ぐらいか???

 

第6章 戦国時代
〇 戦国時代とは何か
足利幕府の滅亡は???
・1573年 信長に足利義昭が京を追われた!
・1568年 信長の入京

戦国時代は、古文書に日記などが少ない!
歴史書も「信長公記」「甲陽軍鑑」などの軍記物しかない?
ルイスフロイス「日本史」が信頼出来る??

戦国時代の開始は??
・1467年 応仁の乱
・1493年 明応の政変
細川政元が十代将軍義稙を廃し、義澄を将軍にする!
東国では、古河公方で鎌倉に公方がいない!
八代将軍義政が一人派遣する! 堀越公方である!
ここも後継者争いがある!!
義澄は堀越公方の息子である?
またこの時期、伊勢新九郎が争いを納めようとするが………
守護大名??
・鎌倉時代 兄貴分
・室町時代 親分

守護大名は足利将軍の代理であり、幕府の後ろ盾がある!
戦国大名は自分の力で支配する?

応仁の乱で京都で戦っている守護大名は戦国大名になれなかった?
二軍の守護大名は地方にいたので戦国大名になれた!
・駿河 今川
・甲斐 武田
・薩摩 島津
・豊後 大友

守護代が戦国大名になる!
・出雲  京極氏が尼子氏に
・越前  斯波家が甲斐氏の下の朝倉に
・尾張  斯波家が織田氏の下の織田に


〇 「信長=普通の戦国大名」説に反論する
信長は天下を目の前にした!!
信長の天才性、独創性がある???
・比叡山焼討ち
・足利将軍の京都追放
・楽市楽座

が、これに疑義を呈している?
・楽市楽座は他の大名もやっている!
・比叡山の焼討ちも手順を踏んでいる?
・将軍や天皇の権威を重んじている!
・「天下布武」の「天下」は畿内で、全国を目指していない!
要は確信的な武将とは言えない???
では天皇を殺せば確信的なのか???
松永弾正は将軍を殺しているが、革新的なのか?
弾正は確かに普通ではないが、革新的と言うより陰謀じみている??
「天下」は畿内だけなら、毛利、長曾我部、上杉、武田と敵対したのは??
いずれ小田原北条とも敵対する???
主君を殺した光秀は革新的だったのか??
定説は疑うべきと言うが、研究者のマスターベーションである!
「本能寺の変の真実???」
これほどつまらない本は無かった!!
救いはブックオフで100円だった………
割りと沢山出ているが、誰か買い占めて売ったのか??

小和田哲男が伊達政宗について書いていた!
本拠地を変えたと!!
武田、上杉、小田原北条、毛利、長曾我部、大友、島津、竜造寺………
本拠地は変えていない!
この変えることが重要なのか?
著者も清州、小牧山、岐阜、安土と本拠地を変えた異例さに注目している!
配下の武将もである!
・北陸 柴田勝家
・関東 滝川一益
・四国 信孝に丹羽長秀
・中国九州は 秀吉に光秀か??

・道、流通網を重視する! 経済面で考える!
・比叡山焼討ちも交通の要所を確保するためだと!
・信長は三好長慶と変わらない? 著者は否定する!
ただ前例があると言うなら、何故天下を取らなかったのか??


〇 信長最大のライバルは一向宗だった
堺屋太一が書いていた!
世界史にあって日本史にないもの!
・本格的な籠城戦
・計画的な皆殺し
・ゲリラ戦
日本史の例外は、織田信長!
どれにも絡んでいると言うか、積極的である!
一向宗である!! どれにも主役である?

・家康は戦う
・謙信は途中から手を握る
・信玄は融和的である
伊勢長島、越前、石山本願寺!
徹底的に戦う!
この過程で毛利水軍とも戦っている!

信長VS一向宗は異なる組織原理のぶつかり合いだと!!
信長は秀吉、光秀を取り立てているが、他には例が無い??


〇 西国大名のグローバル度
・薩摩 島津  九州統一
・中国 毛利  天下に色気を出すなと! 中国自体豊かである!
 石見銀山がある! 秀吉に奪われるが………
 
西国にはキリシタン大名が多い!
東国にはいない?
要は、西日本、九州は、外圧=グローバル度が高い!!!

 

〇 秀吉はなぜ家康を潰さなかったのか
朝鮮侵攻で20万の兵を集めた!
何故潰さなかったのか?
天下統一までは家康の協力が必要だった!

秀吉のやったことは有効だった!
・検地
・度量法の統一
・刀狩り
・「惣無事令」
・朝鮮侵攻も明の力が落ちていたと?
 ただ朝鮮の民衆のや明を過小評価していた!!
これは驚きだが、ゴア、マニラ、台湾にも服従と入貢を求めている!

秀吉は秀長が亡くなり身内で頼れる人がいなかった!
そうなれば実力者・家康に頼ざるえない!
そこで家康を潰さなかったと??
飛躍し過ぎると思うが………

 

第7章 江戸時代
〇 江戸時代 近代から見るか、中世から見るか
「カムイ伝」
・身分制度に縛られる
・女性の地位は低い
・飢餓
・農民は一揆で鎮圧されて処刑される
そう言う時代か??
ここでカムイ伝が出てくるとは??
そうなれば、何をやっても取り潰せない「日置藩」の秘密も書くべきだと?
当然、家康が新田の末かも書くべきだと思うが………

900年(86万町歩)から400年経った14世紀(96町歩)まで、田はほとんど増えていない!
17世紀初め(163万町歩)になり、18世紀(297万町歩)になる!

・出羽 32万石が150万石
・陸奥 160万石が300万石

人口は、
・飛鳥時代に600万人
・1600年 1200万人
・幕末で 3000万人

これだけの人口が養える時代になった!!


〇 「1603年幕府成立」説を疑う
またまた出てきている!
征夷大将軍に任じられた年である!!
著者は関ヶ原の合戦のあった1600年を
この戦後に、取り潰し、加増、減封、転封をおこなっている!
つまり天下人である!

研究者はこだわる!
豊臣が滅びるまで「二重公儀体制」だった??
「鞆幕府」と同じであると思うが………

朝鮮半島に日本の抵抗組織が上海にあったと!
勝ち組を狙っていた!
アメリカに一蹴されたようだが……


〇 徳川幕府の名君と暗君
徳川の長子相続は、名君が出にくい!
頼朝は三男でありながら母の身分で後継者になった!
しかし先に生まれたら後継者である!
この場合、女性の地位は下がる!
大奥をつくったのは徳川幕府である!
江戸幕府は、世継ぎを生めば実家も取り立てられる!
全国的に長子相続になる!!

徳川幕府の名君は??
・吉宗
享保の改革!
足高の制!
御三卿家を創設

・綱吉
捨て子禁止令

・家斉
「神輿は軽くてパーがいい」
側室40人 男子26人 女子27人!
実績はこれだけか??

・慶喜
人気は無いが………

徳川の家臣団は?
新井白石の分類!
・武勲の家  家格が高い 徳川四天王
・輔弼の家  政治を行う 本多正信

領国配置は??
西に備える? 毛利に島津か??
・安芸広島 浅野長晟
・備前岡山 池田輝政の子孫
・近江彦根 井伊家
・伊勢津  藤堂家(最後に裏切るが)

秀吉は実務、経営の際を評価する!
加藤清正も新田開発、治水工事を評価している!
遠征のロジェスチックは実務官僚が担当する!!


〇 「鎖国はなかった」説を外圧理論で考える
佐藤優が書いていた!
鎖国時代の交易??
・長崎 オランダ
・琉球 中国
・対馬 朝鮮半島
・ロシア??

何事も抜け道はある!
それを鎖国は無かったとは………
当然情報収集は行っている!

・1633年 第一次鎖国令 渡航禁止と日本人の帰国禁止!
・1636年 第四次鎖国令 貿易に関係ない外国人と妻子の国外追放
・1637~38年 島原の乱
・1639年 第五次鎖国令 ポルトガル船の入港禁止

鎖国が無かった説では、ペリー来航の衝撃は説明出来ない!
明治維新に繋がっている!!


〇 幕府を滅ぼした「働かないおじさん」問題
常備軍はコストがかかる!
戦いで死亡者が出れば、経費削減になる!
この戦いが無いことが、250年以上続き幕府は滅んだと!

島原の乱以降、大リストラをすべきだったと!
そうすれば失業者があふれかえることになる!
米本位制も問題だと?
赤字が必至だったようだ!
江戸の三大改革は、倹約である!
財政システム自体が破綻するシステムだった!!

・毛利  専売制の緩和と、金融業!
・島津  琉球との密貿易
加賀藩も密輸か??

武士の世が終わったのは??
・1869年 戊辰戦争が終わる!
・1871年 廃藩置県
・1874~76年 佐賀、神風連、秋月、萩の乱
・1877年 西南戦争!
ここで武士は姿を消した………
鎌倉幕府から700年で終わった………

 

あとがき
・作業1 史料を読みこなす訓練?
・作業2 データを駆使して新しい提案を行う!

そうして史実を再現する!
還暦で若手研究者を自称している???

 


日本史を疑え ②・本郷和人

 

2024年3月21日 (木)

本・日本史を変えた八人の将軍 ②(2020/2)・本郷和人・門井慶喜

Photo_20240321002101


第5章 織田信長と豊臣秀吉 将軍権威を必要としなかった覇者
第6章 徳川家康 今も影響を与え続けている家康の選択
第7章 徳川吉宗 幕府中興の祖がなしえなかったこと
第8章 徳川慶喜 英明か、凡庸か。勝利者か、敗残者か
第9章 西郷隆盛 近代最初の将軍であり、封建制最後の将軍
結   将軍が日本史に果たした役割

 

第五章 織田信長と豊臣秀吉  将軍権威を必要としなかった覇者
「天下布武」とは??
この天下は??
・畿内周辺
・日本全国

信長は畿内の秩序回復を目指したと?
そうであればまず畿内の三好、細川、畠山を討伐したと!
丹波攻略も後に光秀に命じている!

ローマ帝国のローマは??
一大帝国からローマの周辺に縮んだ??
この天下も同じか??
日本全国から機内に縮んだ??
同じような意味か?? やはり全国である!!

信長は「井口」を「岐阜」に代えている!
周の時代「岐山」に都を置き、そこを拠点にして殷を滅亡に追い込んだ縁起のいい地名!
「岐山・岐陽・岐阜」という3つの地名を提案し、信長自身が選んだとされる!

年号も「元亀」が気に入らずに「天正」と改名している!
ここではないが「暦」の問題もある!

足利将軍は6代義教までは「討伐せよとの命令が届いている」
それ以降は流浪の将軍か?? 果たして将軍か??

・8代 足利義政  応仁の乱
・9代 足利義尚  近江で病没
・10代 足利義材・義稙 阿波・淡路と移り「島公方」  
・11代 足利義澄  近江亡命 堺幕府
・12代 足利義晴  近江亡命 桑実寺幕府
・13代 足利義輝  近江亡命 松永弾正に殺される
・14代 足利義栄  富田公方
・15代 足利義昭  追放 鞆幕府??

この鞆幕府とは、学者のマスターベーションか??

戦国時代の武将!
武田家四天王!
・馬場信房・信春 民部少輔・美濃守
・内藤修理亮昌豊
・山県三郎兵衛尉昌景
・高坂弾正左衛門尉、弾正忠昌信
素人であるが、美濃守は知っていたが、どう違うのか?
自分で名のっているだけだと! 違いは??
羽柴筑前守、明智日向守は朝廷から貰っている?
朝廷から貰っていない!
征夷大将軍に価値があったのか?
信長は実利を求めた?

信長は忙しい!! 
1575年の戦いは?
・4月 高屋城の戦い 三好康長を破る
・5月 長篠の合戦
・8月 越前の一向一揆攻め
・9月 越前・加賀に柴田勝家を、丹波に明智光秀を派遣
・11月 権大納言叙任、右近衛大将兼任 信忠に家督を譲る
1576年
・2月 安土城の築城開始
・4月 石山本願寺攻撃軍を派遣

信長に似ている現在人は??
・スティーブ・ジョブズ??
・イーロン・マスクは個人的な意見?
 部下に働くことを求める!

三職推任問題! どれか受けて欲しいと!
・太政大臣
・関白
・征夷大将軍
朝廷も忖度していると!
この1カ月後、本能寺の変が起こる!
どうも興味はなかったようだと???

現在の研究では、信長は普通の武将だと!
普通の人間が出来ることか??
・比叡山延暦寺焼討ち  生きていたら高野山も焼いていた
・一向宗の皆殺し
・石山本願寺攻め  普通ならとっくに妥協している

天皇家は、この時期一番危なかったと?
自分が天皇になろうとした??
恐らく、易姓革命も知っていたと!!
信長は政教分離を行った!!
それが最大の業績だった!!

安土城は見せる城である!
防御用の城ではないと!
清州、小牧山、岐阜、安土、次は大阪か??
水運事業が儲けになる!!
生き残ればどうなっていたか??


秀吉は信長の後継者か??
光秀の方がふさわしいと??
秀吉は信長の模倣か??
そうではないと?
信長なら朝鮮半島侵攻はあったのか??
それより京の再興は信長の事業を継いでいる!

征夷大将軍は源氏と言うのは、徳川の後付けのつくりだと!
秀吉もなる気ならなれていたと?
佐竹や小笠原の源氏もいた?
新田も源氏である!

秀吉は淀君の種は秀吉でないと落書きされて100人ぐらい殺している!
例えば源氏で無いとなんか言えば殺されるの間違いない!
誰も言わないと?
関白になり「豊臣」の姓を貰う!
甥の秀次に関白を譲り、大御所政治を行う??
豊臣秀頼は征夷大将軍に成れたか??
到底無理があるのでは………

 

第六章 徳川家康  今も影響を与え続けている家康の選択
新田義貞の末! 世良田、得川………
これは嘘っぱちと言うが………
しかし上野国・太田市は徳川発祥の地で町おこしをやっている………
この本には出て来ないが下記の本がある!!
「村岡素一郎著 『史疑徳川家康事蹟』 徳富蘇峰・主宰」
早く言えば、家康は成り替わったものだと??
偽物である! 世良田二郎三郎元信!!
これは南條範夫の「短編・願人坊主家康」「三百年のベール」が詳しい!
「戸部新十郎・戦国史譚 徳川家康」

これを生かした作品は「白土三平 カムイ伝」
「隆慶一郎 影武者家康」
なかなか面白いが………
徳川があれほどの身分を固定した理由である!!

関ケ原の合戦後の3年後、征夷大将軍になる!
家康が関東でなく、九州に流されていたらどうなるのか??
そう言う過程はあり得ないかも?
遅れていると言われる関東だから流した?
先進地帯の九州に流したら貿易立国になる??
秀吉がそんなことするかと??

関東では選択肢は二つ!
・小さいが完成された小田原
・大きいが未知の江戸
この選択は日本に影響を与えたと!!
東海地方は面積のわりに石高が少ない!
・駿河 15万石
・遠江 25万石
・三河 30万石 計70万石

・尾張一国で60万石

広大な江戸に惹かれた! 48歳である!
家康は健康オタクである?
が50歳を過ぎてからの子供が多い!
健康に自信があった?
49歳で死んだ信長は、十一男十女である!
北条も、時政、義時は子供が多い!
やはり有利である!! 秀吉を見れば分ると!

家康は藤堂高虎とウマが合う??
築城の名手である!
家康も若い時と比べて、土木技術は格段に進歩していると!
なので江戸の開発も進んだと!
江戸は伊奈忠次である!「家康、江戸を建てる」にも出ている!
家康はケチと言う!!
やり過ぎて大久保長安みたいになったら困る??
秀吉は大盤振る舞いか?? 増田長盛にも20万石である!

家康は「吾妻鏡」を整理する!
小田原・北条家から黒田官兵衛、長政から家康に渡ったと!
ではなく、家康が全国に人をやって集めたようだ!
学者にも学ぶ!
・藤原惺窩
・天海
・金地院崇伝
・ヤン・ヨーステン
・ウィリアム・アダムス

家康は歴史に学んでいる!!
学んだ初めての天下人だと!
なので敵対勢力、豊臣を滅ぼすまで安心できない!
秀頼の息子も処刑する!
頼朝の例がある

三家、御三家?
・将軍家
・尾張藩
・紀伊藩
水戸藩は紀伊藩の分家!!
秀吉は東海道に家康対策で、律義者を並べた!
ことごとく裏切ったが………

家康は??
・広島  浅野家
・岡山  池田家
・近江  井伊家
・伊賀・伊勢  藤堂家
・紀伊 最初は駿河  頼信
・尾張  義直
・箱根
ものの見事に似裏切ったのは藤堂家!!!
いざとなれば当てにならないのか?
それまで分からない??

南北朝正閏論???
南北朝正閏論は、南北朝時代において南朝と北朝のどちらを正統とするかの論争
閏とは
「本来あるもののほかにあるもの」
「正統でないあまりもの」

南朝が正統であるなら、北朝は閏統?
つまり現在の天皇は正統でない??
どうでもよいことだと思うが………
しかしこう言う話になると、暇なのかと思うが………

家康は統治システムを作る!
相続である!
竹千代を世継ぎとするエピソードは当てにならないが、
竹千代、家光を後継者にしたのは確かだと!
では春日局の話は??
儒学を重んじて、長子相続を堅固なものにするためだと!
家光までは、天下に号令する実績つくりの機関だったと!
大名も潰される!
が、4代将軍家綱から「人に優しい」政治を目指す!
保科正之が中心であると!

本郷和人は徳川幕府の成立は1603年でなく、1600年だと!
征夷大将軍に任命された時ではなく、小山評定で、
一同「家康様について行きます」
その時、主従関係が結ばれたと?
「家康とその仲間たち」から「家康とその手下たち」に変わったと!
それはそうだが、別に3年違える必要があるのか???

 

第七章 徳川吉宗  幕府中興の祖がなしえなかったこと
大名の跡取りは難しい!
・山内容堂!
嘉永元年(1848年)江戸で13代藩主・山内豊熈が死去する!
豊熈には嗣子がなかったため、実弟の山内豊惇が跡を継ぐが10日余りで急死し、
豊惇の後継としてまず候補に挙げられたのは長男寛三郎であったが、
病気のため擁立が見送られることとなった!
次に候補に挙げられた豊惇の実弟豊範も、まだ3歳と幼少であったため擁立は見送られ、
最終的に、南屋敷で部屋住の生活を送って豊信が、後継者として指名された!

これは幸運なのか??
徳川吉宗も、四男で部屋済みである!
長兄綱紀が死去、その後を継いだ三男頼職も病死!
22歳で第五代藩主を継ぐ!
その10年後、第七代将軍・家継が8歳で早世!
第8代将軍に就任!
これを幸運と言うのか??
これだけの話になると陰謀論がある!
まず兄二人は毒殺??
将軍家争いでは、尾張、水戸と対立する!!
伝奇小説にはもってこいである!!!

就任後、責任感を感じている!!
だから改革を進める!!
家臣も、将軍になれば美味しいことが多い!!
この本には出て来ないが、紀州から「御庭番」を連れてくる!
もはや将軍は飾りか??
システムが働く!!
「神輿は軽くてパーが良い」

醤油は関東でも作れるようになった!
酒は作れず、関西から下るのを待っていた!
まずい酒は受け入れられない、下らない!!

幕府も江戸城が燃えた時に、財政負担を考えて天守閣を再建しなかった!
将軍も軍事指揮官から政治家に変わる!
吉宗はよそ者になる!
当然旧勢力と対立する!
新井白石であるが、罷免されるが追放や処刑されることは無かった!

江戸時代の三大改革!!
・享保の改革  吉宗    幕府中興の英主(持ち上げている)
・寛政の改革  松平定信  聖歌は十分上がらなかった
・天保の改革  水野忠邦  失敗し、幕威を失墜させた

吉宗の注目すべき事績は
① 公事方御定書 成文法
② 足高の制 役職の石高を決めて在職中は足らなければ補填する!
③ 御三卿の設立 田安、清水、一橋! 皆吉宗の子か孫である!
吉宗は自身の後継者を選ぶとき、今一の長子・家重を選んで秩序を保ったと!!

外様大名に領地を与え、政治に参画させない!
逆に政治を行うものは領土が少ない!

天皇機関説ならず、将軍機関説!
制度の問題だと?
いてくれればよい???

吉宗は「米将軍」と言われた!
米価の安定に力を注いだと!!
それも限界がある!
当時、経済が分かっていたのは、田沼意次だと???

政治権力が崩壊する時は、内部崩壊だと!
大塩平八郎の乱がある!!
経済は進み、商人は自分の考えを持つ!
山片蟠桃!
自由経済政策を主張する!
商人も、紀伊国屋文左衛門や、淀屋辰五郎みたいなことはしない!
商売が世の中を良くする?
石田梅岩の心学!
幕府は、農本主義を採り、儒学を掲げて政治を行った!
吉宗は、農本主義のラストランナーであり、
それに則った改革を行い、幕府を延命させ、
太平の世を260年続かせたことが役割だったと!!

 

第八章 徳川慶喜  英明か、凡庸か。勝利者か、敗残者か
「神君家康の再来」
「家康以来の英傑」
水戸藩主斉昭の七男で、11歳の時一橋家を継いでいる!

尊王攘夷? 単なる祖国防衛である!
攻めて行こうとは言っていない!!

徳川家茂が将軍になったのは?
候補者は、家茂と慶喜!
・家茂  井伊直弼
・慶喜  松平春嶽、島津斉彬
世の期待は慶喜!
が、大老・井伊直弼が家茂を押す!
・井伊直弼は井伊直中の十四男!
父の死後、17歳から32歳までの15年間を300俵の部屋住みとして過ごした!
一生厄介者だったが………
弘化3年(1846年)、第14代藩主・井伊直亮(直中三男)の養嗣子となっていた
直元(直中十一男)が死去したため、
江戸に召喚され、直亮の養子という形で彦根藩の後継者に決定する!

「チャカボン 井伊直弼」
要は部屋住が長く、国学、和歌、茶、鼓もたしなむ!
幸運か、不幸か、藩主に就く!
政敵を倒す方向に向かう!
それが安政の大獄に至る!
「日米修好通商条約」を朝廷の意向を聞いた!
これが余計だったと!

慶喜は大政奉還を行った!
どうも「政権を返す」と言っても、朝廷は政治を行えないと高をくくっていた!
いずれ泣きついてくると!!
が、王政復古の大号令で慶喜の政権構想は否定される!

鳥羽伏見の戦いが始まる!
ポイントは二つ!
① 大阪城に入ったこと! 大阪城に入っては勝てない! 
② 自分だけ逃げた? どう見ても逃げたと!
「百才あって一誠なし」 そう言う評価のようだ!
 
天狗党では300人以上殺される!
天狗党と敵対したのが諸政党!
天狗党に負けて、天狗党の家族の家を放火する!
天狗党降伏後は、家族を殺して行く!
天狗党が復権した時には、諸政党の家族を殺して行く!
殺戮の荒野??

慶喜の敵前逃亡?
恭順後は一切弁明しなかった?
「貴人情けを知らず」
爵位がある!!
公爵、侯爵、伯爵………
・公爵 徳川、島津、毛利
・侯爵 御三家と15万以上の大名
・伯爵 御三卿と5万石以上の大名
朝敵でも差別されていない!
鎌倉、室町、江戸と、最後の将軍は殺されていない!
甘いと言うか、日本の歴史は穏やかだと!!

坂上田村麻呂は軍人で、最後の征夷大将軍・慶喜は政治家で将軍を降りたと!

 

第九章 西郷隆盛  近代最初の将軍であり、封建制最後の将軍
幕末、薩摩藩主・島津斉彬は慶喜を将軍に擁立する!
西郷隆盛はその命令で動く!
その15年後、慶喜を倒す側にいる!

西郷と似ている作家は??
太宰治???
外敵が無ければ力を発揮できない?
・禁門の変  長州藩
・幕府
・藩内では、島津久光

明治になり、外敵が無くなり、
・征韓論 朝鮮
・岩倉使節団 大久保利通に、岩倉具視

そうなれば生き生きすると?
ラスト・サムライ!
僧・月照と入水し、自分だけ助かる………
寺田屋事件! 同胞が殺し合う!

慶喜との違いは、命を捨てる覚悟があるかどうかだと?
西郷は自画像しか残していない! 写真は無い!

江戸城無血開城の下準備で、山岡鉄太郎の態度に共鳴し、
「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、仕末に困るものなり
この仕末に困る人ならでは、艱難を共にして国家の大業は成し得られぬなり」

西郷は守る人だと!
軍人と、政治家を経験している!

小御所会議! どう言う政権を作るか?
ここで山内容堂が、慶喜を呼ぶべきだと?
が球形でトーンが下がった??
西郷が後藤を通じて脅した??

状況に応じて行動が変わる!
岩倉使節団の時には、留守中「西郷内閣」で生き生きする!
・全国戸籍調査
・学制発令
・太陽暦の採用
・徴兵制発布
・国立銀行条例制定
・地租改正条例

征韓論!
出兵を主張したのは?
・板垣退助
・江藤新平
・後藤象二郎
・副島種臣
西郷は47歳で鹿児島に帰る!
長州は塩、薩摩は砂糖で儲けていた?
「薩長土肥」
語呂合わせ? 実際は「薩長」で、四字熟語の語呂合わせ?

士族の乱??
・佐賀の乱
・神風連の乱
・萩の乱
各個撃破である!
西郷はいつ死ぬか考えていた??
西郷は封建社会における最後の将軍だったと!
封建制が終わった………

 

結 将軍が日本史に果たした役割
将軍と幕府は相容れない??
      軍事  政治
・頼朝   50   50
・尊氏   尊氏  直義
・義満   一人に集約される
・慶喜   軍事が政治の中に入る

日本は穏やかである?
大虐殺もない!
が、太平洋戦争で、300万人も死ぬ!
・日清戦争 13,000人
・日露戦争 84,000人

研究者、学者は想像、創造に欠ける??
司馬遼太郎 作家として許される想像力?
どのように伝えたら歴史の面白さが分かるのか??

 

おわりに  歴史学の限界と、法則からの跳躍  本郷和人
歴史学者は人間の心理は補足出来ない??
それは小説家も分野か?

 


日本史を変えた八人の将軍 ②・本郷和人・門井慶喜

 

2024年2月22日 (木)

本・黒幕の日本史 ②(2023/4)・本郷和人

Photo_20240222095801


第七章 平頼綱 肥大化した側近エリートの末路
第八章 北畠親房 正統を追求しつつ上皇を拉致
第九章 三宝院賢俊 「錦の御旗」を持ち帰った尊氏の密使
第十章 細川頼之 室町王権の設計者
第十一章 三宝院満済 将軍への意見を突き返した「黒衣の宰相」
第十二章 黒田官兵衛 「軍師官兵衛」といわれるが……
第十三章 千利休 茶の湯と政治
第十四章 高山右近 前田百二十万石を救った「影のブレーン」
第十五章 伊奈忠次 家康から過小評価された民政家
第十六章 西郷隆盛 「維新の英雄」のウラの顔
おわりに

 

第七章 平頼綱 肥大化した側近エリートの末路
得宗家で台頭したのは「身内人」
側近グループである!
・1284年 平頼綱は身内人の最高位 内管領になる!
日蓮は幕府内の争いを批判する!
「城等 安達泰盛」「平等 平頼綱」 日蓮でも分かる?

安達泰盛は御家人トップである!
外戚VS側近! よくある話か??

・1274年 文永の役
・1281年 弘安の役
元寇で撃退するが、恩賞の土地がない!
安達泰盛が担当するが………
拳固で戦った武士を全部御家人にする!
第3回戦があるかも知れない??
源氏性将軍の復活も考える!
惟康親王に源惟康になって貰う?

これに平頼綱らは反対!
得宗家の否定、無力化につながると!
平頼綱は御家人の借金を棒引きにする徳政令を出している!
実際に安達泰盛が勝っていれば秀吉、家康の国家体制に近いものになっていた!

・1285年 霜月騒動 
平頼綱圧勝! 安達泰盛派は討ち取られる!
宝治合戦など常に先制攻撃の安達が油断した??

平頼綱は現体制維持派である! そうでなければ生き残れない!
が、安達泰盛は現体制を変更しても組織の利益を出そうとする!
が先制攻撃を許すとは………
ただこの争いは多くの御家人にとっては現状維持が良い?
その結果は平頼綱勝利か??
・1293年 平頼綱は独裁に走りやりたい放題か?
9代執権貞時の刺客に倒れる!!
【自業自得か?? 出る釘は打たれる???】

 

第八章 北畠親房 正統を追求しつつ上皇を拉致
信西と似ているが、下級貴族ではない!
羽林家上級貴族である!
「神皇正統記」を書く!
承久の乱以降、幕府は後鳥羽上皇の系統を排除しよとした!
後鳥羽上皇の兄の系統
86代・後堀河天皇、87代・四条天皇!
ここで断絶!
幕府は忠成王を推薦!
気に入らず83代・土御門天皇の子、邦仁王を皇位に就ける!
89代・御嵯峨天皇である!
これで北畠家が浮上する!
御嵯峨天皇の後継をめぐって分かれる!
・持明院統 北朝
・大覚寺統 南朝

・1318年 後醍醐天皇即位!
万里小路宣房、吉田定房と共に重用される! 三房??
親房はもともと後宇多天皇に仕えて横滑りで、武家容認である!
後醍醐天皇に干される??
親房は、顕家について後醍醐天皇の皇子義良親王(後村上天皇)と関東に行く!
軍才もあり、尊氏を追い出し、南朝の司令官になる!
関東を転々とし、この間に「神皇正統記」を書く!

・1339年 後醍醐天皇崩御、後村上天皇即位!
吉野に戻り南朝の司令官になる!
・1350年 足利兄弟が対立する! 観応の擾乱!
義直は南朝に帰順する!
尊氏は親房の条件を丸呑みする!
尊氏のいないスキに京を攻める!
攻められないように、尊氏は北朝を切り捨てたが……
約束違反であるが………
が逆襲されて吉野に帰る!
この時、北朝の3人の上皇と、直仁親王、三種の神器を持ち去る??
・1354年 北畠親房は亡くなる!
強引で解釈も自由に変える!
天皇も強引に正当化する?

 

第九章 三宝院賢俊 「錦の御旗」を持ち帰った尊氏の密使
北朝の3人の上皇と、直仁親王、三種の神器を持ち去る??
その苦境を打破したのは、三宝院賢俊!
三宝院賢俊は日野氏出身で、日野氏は持明院統だけに仕える!
が、三宝院賢俊は足利尊氏と関係が深い!

南北朝の戦いは分り難い!
・1333年 後醍醐天皇が隠岐から脱出! 足利尊氏が離反
鎌倉は新田義貞に攻められて北条は滅亡!
・1335年 「中先代の乱」 北条時行の乱!
尊氏は討伐に行き、「征夷大将軍」を要求するが拒否される!
それでも恩賞の約束をして乱を収める!
後醍醐天皇は「建武の新政」を始める!

後醍醐天皇は、幕府、武士政権を認めない!
武力は持たないので、ただ権威に頼る!!
武士はただ命令されたことをやればよいと!
・1336年 尊氏討伐を命じるが、後醍醐天皇は比叡山に逃れる!
北畠親房と顕家が上洛!
尊氏は九州に下るが、室泊(室津)で対策を考え
「錦の御旗」を得るために、
大覚寺統の後醍醐天皇に対抗する、持明院統を担ぐ!
【神輿は軽くてパーが良い】
光厳天皇との窓口は、三宝院賢俊!
格が上がる!
光厳天皇は息子の後光厳天皇を即位させるが、
「三種の神器」
「神器の鏡の入っていた唐櫃を見つけ、それを神器に見立てて天皇にする」
この案を出す!! 本物かどうか分からない???
いかさまか??

三宝院賢俊は、上皇の権力装置を室町幕府に移したと!
黒幕にふさわしそうである!
実家の日野家は、大物・日野富子がいる!!

 

第十章 細川頼之 室町王権の設計者
鎌倉幕府 農業が基盤
室町幕府 商業・交通の中心
朝廷との距離の差は大きい!
尊氏と義直の対立の繰り返しが室町幕府だと!

細川頼之である! 有能か?
足利義満に信頼されて、「室町王権」のグランドデザインを描いた!

義満の元服の役目を細川頼之は一人で担当する!
足利義満は細川頼之に育てられ、貴族としての教育も受けて出世する!
貴族としての教育は、儀式である!
義満は、明の皇帝から日本のトップとお墨付きを貰う!
日明貿易で儲ける!
武士も貴族も自分の部下にする!

頼之と対立したのは直義波!
斯波、山名!
人間的な対立である!!!

・1379年 「康暦の政変」 細川頼之失脚!
実力者 細川頼之は復権する!
細川頼之の著者の評価は高い!!
室町幕府のプランナーである!
① 明徳の乱  山名氏清を討つ
② 南北朝の合一 交互にはならない!
③ 東日本を切り離す
④ 幕府の京都支配の徹底 土地債務の裁判権に課税権を幕府直轄に置く!
過大な評価か??

・1392年 細川頼之死去!
出る釘は打たれる???
細川頼之亡き後、四代将軍義持の後ろ盾は、
反細川の斯波義将である!
義満の政策をひっくり返す!!!
室町幕府はこの繰り返しか??

 

第十一章 三宝院満済 将軍への意見を突き返した「黒衣の宰相」
義持が亡くなり、五代将軍の息子も亡くなり、弟4人からくじで決める!
これを手配したのが、三宝院満済 黒衣の宰相!
六代将軍義教である!
これを著者は、八百長だと! 満済がくじを用意した!!

醍醐寺を構成する寺院、三宝院の門跡を継ぐ!
「満済准后日記」をつけている!!

で、義持が亡くなり次期将軍は誰が決めるのか??
毛利家の家臣 志道広良は毛利隆元に「君は船、臣は水」と言う!

平家物語に、荀子の一節!
君は舟、臣は水、水よく舟を浮かべ、水はまた舟を覆す」

つまり家臣が決める??
能力と、母親で決まっているが、あとくされの無いようにくじにした??
実力者である?

この時、あらゆる仏教界で地位を得ている!
無かったのは「准后」
これがくじ引きの後与えられる!!
状況証拠はある!!!
六代将軍義教「申次」

「鎌倉公方」である!
鎌倉公方は持氏!
将軍家に色目を使う! 我こそは?
将軍に会いたいと!
起請文を書けと!
鎌倉にいる京都扶持衆に勝手に手を出すなと!
が守護大名は会えばいいじゃないかと?
が満済は拒否する!
それぐらいの権限が満済にはある!

義教は恐怖政治を敷く??
・1435年 満済死去! 生きているうちは歯止めが効いたが……
貴族も武士も弾圧し、島流し、所領の没収、暗殺である!
日野氏らの中堅実務貴族を弾圧!
59人の公卿、3人の神官、11人の僧侶、7人の女房が処罰される!
・1438年 鎌倉公方と戦争! 持氏を自害に追い込む!
・永亭6年 1434年 嘉吉の乱! 赤松満祐に暗殺される!

 

第十二章 黒田官兵衛 「軍師官兵衛」といわれるが……
黒田家は小寺家の家臣!
例えがあるが、面白い!
兵庫の姫路の地元企業 小寺産業に勤める官兵衛専務、
名古屋の織田カンパニーと広島の毛利カンパニーが進出!
官兵衛専務は織田カンパニーと提携を主張する!
織田に目を付けられて、秀吉率いる中国事業部に出向させる!
小寺産業が提携を破棄し、倒産!
織田カンパニーに入社し、社長が急死!
秀吉が後を継いで、官兵衛は経営戦略室長に収まる!
メチャメチャ分かり易い!

竹中半兵衛と並ぶ軍師だと!
軍師?? 
秀吉にそんなものが必要だったのか?
それよりアドバイザーではないか?
秀吉の意をくんで、確実に実行する!

本能寺の変で中国大返しである!
この時に実行力を発揮する!!
毛利との講和、中国大返しに山崎の合戦!
賤ケ岳の合戦、北条征伐後は用済みか??
これ以降は実務の世界になる!
秀吉は子飼いを実務に就ける!
石田三成、増田長盛、長束正家…………
最後に勝負をかける??
関ヶ原合戦である!
西の関ヶ原を戦うが、家康に評価されない!
魂胆がミエミエか???
秀吉配下で、竹中半兵衛、蜂須賀小六、秀長といた時が輝いていた??

 

第十三章 千利休 茶の湯と政治
堺の3人の茶人
・今井宗久  銀山、鉄炮、弾薬
・津田宗及  石山本願寺とのパイプ
・千利休   海産物
秀吉は千利休を選ぶ!!

秀長が大友宗麟に言う!
「内々のことは宗易へ、公儀のことは私に相談してくれと」

著者の持論、「申し付ぐ権力」
・1591年 千利休失脚!
秀吉が排除したい!
新しいシステムが生まれて利休は邪魔になる!
つまり三成らである!
朝鮮出兵になり、システム化された大量動員の時代になる??

 

第十四章 高山右近 前田百二十万石を救った「影のブレーン」
意外な名前であるが………
キリシタン大名である!
棄教せずマニラで死んだ?
キリシタン大名は多い………
黒田官兵衛、大友宗麟、蒲生氏郷………
荒木村重に仕え、反乱時信長に仕える!
本能寺の変では光秀の与力でありながら秀吉に付く!
・1585年 明石船上城6万石 城跡は田んぼのど真ん中?
・1587年 バテレン追放令! 秀吉はマイルドな対応をする!
これに官兵衛、蒲生氏郷らは従うが、高山右近は拒否!
大名の地位を捨てる!
前田利家に引き取られて、客将として1万5千石!
戦場にも出る!
・1598年 秀吉死去
・1599年 利家死去
ここから右近が黒幕になる?
家康はまず前田家に謀反の噂をまき、前田討伐である!
ここで前田は屈服、母親を人質に出す!

前田家も内紛はある!
利家側近は親豊臣か??
利長側近は親徳川か?
この時に右近が動いたと?

名城、高岡城の縄張りも行っている!
要は重要人物で25年前田家で過ごし、
最後は信仰に生きた??
が、毛利も上杉も減封になったが、前田は100万石になった!
これは右近の力だった!!!

 

第十五章 伊奈忠次 家康から過小評価された民政家
家康はケチだった???
そんなことはない!!
武断派に行政派がいる!
武断派は、四天王がいる!
本多忠勝、榊原康政、井伊直政らで10万石以上貰っている!
行政は他の人間は少ない!
本多正信、大久保長安、伊奈忠次、松平正綱………
いずれも小禄である! テクノラートか?

伊奈家は一向一揆で家康に逆らい復帰後信康に仕える!
信康自害で堺に逃げる!
本能寺の変で復帰!
・1590年 家康関東移封で代官頭を務める!
利根川の付け替え工事! 治水工事を担当する!
撫民の思想を持っていた!

大久保長安!
立場上、相当な悪???
石高は3万石? だから不正蓄財に走った??
死後、遺体は掘り返されて磔!
息子7人は切腹!

秀吉は文官、三成に増田長盛にも20万石近く与えている!
違いがある!!
伊奈忠次はかっての領土では慕われて、伊奈神社も建立されている!
「最初の民生家」

 

第十六章 西郷隆盛 「維新の英雄」のウラの顔
相当なワルか???
誠実な人格者???
薩摩藩邸にゴロツキを雇って狼藉を働かさせる!
「大政奉還」後に挑発する!
幕府も薩摩藩邸を攻撃する!
どうしても戦争したい!
・1866年 戊辰戦争始まる!
慶喜を切腹させろと!
が江戸城無血開城になり、東北がターゲットになる!
奥羽列藩同盟?
長岡藩 河合継之助の開戦に至る!
高潔な人格を持ち、陰謀家でもある!

 

おわりに
高校の教員は、教科書は原則覚えろと!
要は暗記である!
結縁史観 「歴史の主人公は名もなき庶民である」
【ではなぜマルクス、レーニン、スターリンの名前は残り、銅像が立つのか?】

著者は面白くしたが、文科省に日教組か??
必要ないと?
だから面白くなく、歴史を覚えない??
個人的には歴史は小説などで覚えて、著者のような研究者に修正して貰っている!
誰が教科書を社会人になってまで読むかと思うが………

 


黒幕の日本史 ②・本郷和人

 

その他のカテゴリー

古代史 奈良時代 室町時代 幕末 平安時代 戦国時代 江戸時代 鎌倉時代 アイルランド アジア (インド・東南アジア) アフリカ アメリカ (カナダ・メキシコ) イタリア イングランド イングランド(イギリス) オセアニア オランダ オーストリア ギリシャ スウェーデン スコットランド スペイン スロバキア チェコ デンマーク トルコ ドイツ ノルウェー フィンランド フランス ポルトガル ポーランド ロシア (バルト3国 コーカサス ウクライナ) 中南米 中国 (モンゴル) 中央アジア 中東 台湾 名言格言 朝鮮半島  上杉氏(越後・謙信他)  中国 (毛利・宇喜多他)  九州 (島津・竜造寺・大友他)  会津 (蒲生氏郷・保科正之他)  北条氏(小田原・早雲他)  四国 (長宗我部他)  大谷吉継  徳川家康 (徳川関連)  戦国武将(武将)  明智光秀 本  明智光秀 (明智・細川)  東北 (政宗他)  武田氏(甲斐・信玄他)  真田一族  真田幸村 本  真田幸村 紀行  石田三成  織田信長 (織田関連)  藤堂高虎  豊臣秀吉 (秀吉関連)  黒田官兵衛  黒田官兵衛 本 インテリジェンス・国際情勢 エネルギー・原発・資源 コンサート テレビ番組 事件 山本五十六(第二次世界大戦前から) 政治・政局 映画 時事 書籍・雑誌 源平合戦 独り言(よもやま話) 科学 紹介、情報 経済・政治・国際 落語 金融 鎌倉殿13人 源平合戦

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ