« 本・「新型コロナ」「EV・脱炭素」「SDGs」の大ウソ 武器としての理系思考II ②(2022/4)・武田邦彦 | トップページ | 本・天下人の軍事革新 ②(2023/4)・本郷和人 »

2024年4月 9日 (火)

本・天下人の軍事革新 ①(2023/4)・本郷和人

Photo_20240408052701

群雄割拠の戦国時代、並み居る武将たちを従え、天下統一を成し遂げた織田信長、豊臣秀吉、徳川家康!
彼ら天下人は、いかにして軍事的・政治的勝利を収めるに至ったのか?
本書は、三人が成し遂げた軍事革新を明らかにして、戦争と統治の本質に迫るものである!
具体的には、織田軍の革新性、長篠の戦いで鉄砲よりも注目すべきこと、
秀吉の奇策や大軍移動を可能にしたシステム、なぜ秀吉はデスクワークを重んじたのか、
家康の性欲を減退させるほど苦しめた武将とは、家康の幕府防衛構想………
戦国時代はどのように推移し、終焉したのか? その答えがここにある!

 

著者も書き過ぎか??
内容はダブル??
洗脳しようとしている?
石高による動員数である!
言い方が、そう思わないですか?
結論を読者に判断させる??
金融機関みたい???
内容は下記の通りである!! ① ②と分けて紹介する!!

 


はじめに
序 章 戦国時代の真実
第1部 織田信長 戦国時代に革命をもたらした発想と行動


第2部 豊臣秀吉 史上初の兵站システム、桁違いの規模とスピード
第3部 徳川家康 戦わずして敵を屈服させる、最大の軍事革新
終 章 なぜ天下を取れたのか

 

はじめに
蒲生氏郷である! 好きな武将である! 知っている話は多い!
・陣屋で博打を奨励した? 緊張感を維持できる!
・秀吉が「蒲生氏郷の兵10万と、織田信長様の兵5千が戦えば、勝利するのは織田軍である
 蒲生側が織田兵4千の首を取っても、信長様は必ず脱出しているが、
 逆に織田側が5人も討ち取れば、その中に必ず氏郷の首が含まれているからだ。」と語った
・諸氏を酒宴に招く時に、自分で風呂を沸かして入れた
・家臣への恩賞として「蒲生の名字」と「郷」の偏諱を与えている! 前田利家にたしなめられる?
・西村左馬允は手加減せずに、一度ならず二度も氏郷に勝つが、西村の正直に感じ加増される!
・「銀の鯰尾の兜をかぶり、先陣するものがいれば、そいつに負けぬように働け」
 その銀の鯰尾の兜をかぶるものとは氏郷自身である!

蒲生氏郷は指揮官である!
戦場の鑓働きをしたのか??
そんなのは「槍才蔵」に任せておけばよいと!

源頼朝に義経、北条義時がそんなことしたか?
和田義盛か?? 八幡太郎義家、鎮西八郎為朝!
「三国志」の時代は、呂布、関羽らがいた!
楚の項羽!  自ら戦う!

鎌倉後期から戦法が変わる?
元寇がある?
ローカルから世界標準に変わる???
集団戦である!
兵站のことを考えるなら経済も政治も必要である?
軍事指導者は軍事革新が必要になる?
三人の軍事革新を明かにする!

 

序 章 戦国時代の真実
〇 軍事力とは経済力
・信長 父から貰った津島湊に熱田湊を押さえている!
楽市楽座に南蛮貿易!

・秀吉 経済交通の要所、鉱山を押さえ、南蛮貿易も盛ん!

・家康 250万石の財力に、金山銀山を抑える!

〇 合戦を変えた鉄砲と足軽

第一 室町時代は権力が不安定
・1467~77年 応仁の乱の始まり??
・1493年 明応の政変  これが戦国時代の始まりだと!!
第二 経済の成長に技術力の向上 金銀の産出、農業生産力の向上!
第三 地方勢力の台頭
第四 合戦の規模が大きくなる!

軍事の在り方が変わる!
・武士以外の戦闘員
・集団戦
・鉄砲の登場

〇 史料は信用出来ない!?
奥州17万騎???
それだけいてなぜ負けたのか?

・壬申の乱 両軍2~3万とあるが、実際は1/10で2,600??
・富士川の合戦 平氏7万? 実際は4千!
・承久の変 幕府19万??
せいぜい1万5千?  朝廷2700??

・太平記  幕府軍100万が千早城包囲、正成1千??
・湊川の戦い 足利兄弟50万 正成700????
・応仁の乱  両軍30万も京で戦えたのか?
実情は?????

〇 兵力10倍の常識
中国は10倍が暗黙の了解??
・赤壁の戦い 曹操83万?
・保元の乱  清盛300騎、義朝200騎、源義康100騎!
1日でかたがつく!

・明徳の乱  両軍で1万??

〇 信長と信玄がカチン子で戦ったら?
家臣だけではなく土豪に地侍も徴用する!
100石当たり2.5~3人?
石田三成≒20万石? 関ヶ原では6千と言われっる!

信長
・尾張  57万石
・美濃  60万石
・伊勢1/2 30万石
≒150万石

信玄
・甲斐、信濃60万石

信長は家康が同盟国である!
決戦にならない?

〇 集団戦法の始まり
一騎打ちが主流の戦いを変えたのは??
源義経??
水主梶取 操縦員を殺さない暗黙の了解があった!
これを殺して勝利する?

元寇である!
日本のローカルな戦いは、世界標準に通じない!
集団戦法が重視される!!

〇 致死率が高い一番槍
南北朝時代に一騎打ちはすたれる!
集団戦になる!!
・打ち物騎兵
・弓は歩兵の武器に
・なぎなたに変わり槍
戦いは
・矢合わせ 鉄砲
・槍合わせ
・槍を持った騎馬隊の突撃
・歩兵の突撃

先鋒 名誉とされるが死亡率も高い!
が武士の誉れである!
関ケ原の合戦で先鋒は福島正則!
が井伊直政が徳川が先鋒をと、忠吉と抜け駆けする?

〇 戦国武士の本質
「御恩と奉公」 生きているのか?
河越合戦! 日本三大奇襲攻撃の一つである!
北条氏康VS上杉憲政・上杉朝定・足利晴氏
8千VS8万 一桁違う………
これに北条が勝つ?
負けた方は家来にして欲しいと!
計算ずくで動いて、忠誠心はあるのか?
鎌倉武士は身命を賭している!

藤堂高虎は8人の主人に仕えている!

〇 世界最大の鉄炮生産力・日本
鉄砲の三大生産地!
・堺
・根来
・国友
世界最大の鉄炮生産力がある!
それだけの技術力があった!

鉄砲は長篠合戦で活躍した??
信長は三間半槍も作る! 6.4mもある!

〇 小大名は消え、大大名が残った
戦闘も常態化し、常備軍が必要になる!
ただし経済力が必要!
1年中合戦が出来る!
要は小大名は生き残れない!
次々消えていく!!

〇 なぜ戦争は起こるのか
・明確な目的
・大義名分
・相手に勝る武力

戦争は先に起こそうとする側が有る!
勝敗は何によって決まるのか?
川中島の合戦である!
謙信は北信濃の豪族が助けを求めたので戦った?
この目的が達成されれば謙信の勝ちである!
実情は武田の損害は大きいが、謙信の目的は達成できなかったので、
信玄の勝ちか???

〇 合戦の終わり方
「決着」と「勝敗」は違う!
負けた場合はどうなるのか?
・自刃
・処刑、断首
・島流し

自刃は
・播磨三木城 別所長治
・因幡鳥取城 吉川経家
・備中高松城 清水宗治

流刑は
・真田親子  九度山
・宇喜多秀家 八丈島

負ければすべて失う! 過酷なものである!!!

 

第1部 織田信長 戦国時代に革命をもたらした発想と行動
〇 なぜ絶対権力者になれたのか
織田家は内部対立がある!!
信長は??
・信秀の三男 一族の傍流?
・信秀は実力者で42歳で死ぬ!
・19歳で跡を継ぐ! 大うつけと言う!!
・美濃の道三の娘を正室に迎える!
・一族と争い、弟・信勝と争う!
・2度の戦いで信勝を殺す!
・信勝には柴田勝家、林秀貞が付き、信長には佐久間信盛、前田利家らである!
・信長を支持しなかったので、諫言できない!
・縛りもなく自分の考えで行動する!

〇 信長を救った三人の家臣
金ヶ崎の退き口で浅井に裏切られて撤退する!
逃げ出す!
殿は、木下秀吉、池田勝正、明智光秀である!
これに成功する………
家康にも知らせていなかった??

〇 不可解な軍事行動
果たして撤退は必要だったのかと??
著者の石高による兵力の検証である!
信長は?
・尾張、美濃  60万石
・伊勢北部   30万石
・近江北部   10万石 計160万石で4万の兵!
これに徳川がいる!

朝倉は越前50万石1万2千で、浅井が2千?
1万5千か?
逃げる必要があったのかと??
信長も編成途中なので逃げた??

〇 「間に合った」秀吉と光秀
経歴も不確かであったが、3人は成功した!
著者は「間に合ったと」????
命を懸けて評価される!!

〇 信長に好かれた男
誰か??
松永弾正である!!
2度裏切る!
先を見る能力がある??
そうなのか?
梟雄であり、信長に常人なら出来ぬことを3つもやった?
・主家の乗っ取り
・足利義輝を殺害
・東大寺大仏殿を焼く

好きな武将の一人である!!

〇 信長の能力評価基準
信長は武功を立てねば認めない!
・万見重元
・塙直政
いずれも優秀な官僚!
大事にされない?
戦場に出して死ねばそこまでである?
ちょっと冷たいが………

〇 抜擢は下剋上を生む
世襲?
朝倉家は重臣の子供が必ず重臣に慣れない??
戦国武将は抜擢人事をしない??
信玄は名家に養子として送り込む?
馬場信春がそうである?
しかし抜擢にはリスクがある??
荒木村重、松永弾正、明智光秀…………
世襲はそのリスクを軽減できると!!

〇 30年後の追放
六角氏の分国法「六角氏式目」
家臣の権利はこうして守る?
家臣あっての大名だと!
が信長はその意識に欠ける!
30年間我慢して追放する!
・佐久間信盛
・林秀貞
時機を選んで追放した!
使い道が無くなり追放した!!!
【松永弾正、荒木村重らは戦った? この二人は素直に追放された?】
【信長に見る目があった! 追放しても反乱まで行わない!】

〇 桶狭間の戦いは奇襲ではない
桶狭間の8年前に、鳴海城の山口教継が今川に寝返る!
その後、山口親子を殺し、岡部元信を送り込む!
信長は鳴海、大高城の奪回を目指して5つの砦を置く!
5つの砦は撒き餌?

著者の持論か?
石高で動員数を見る!
・今川 駿河15万石、遠江25万石、三河30万石の70万石!
そこから1万5千??
・信長 尾張57万石の70%として、1万か?
義元も分散して5千??
これも真実かどうか分からない?

奇襲か? 正攻法か??
どちらにしてもここがチャンスと信長は攻めて勝つ!
非凡な才能である!!
2度と奇襲作戦はしていない!!

〇 織田軍の規模
・1562年 清洲同盟!
信長は美濃攻略である!
美濃三人衆の裏切りで岐阜を落とす!
本拠地を小牧山から岐阜に移す!

・1568年 上洛
柴田勝家、佐久間信盛、森可成、丹羽長秀、木下秀吉である!

〇 最初の天下人は信長ではない!?
「三好長慶」だと!
現在信長は特別な戦国大名でない!
学者と言うものは………
著者は東大出である!
細川重男 出身大学を見下されて何度も馬鹿にされたと!
新しい学説は手柄になるのか???

証拠が無くても良い!
そんなこと後世に残せないと???
明智の子孫と立花京子は時間の無駄か??

三好長慶は京を抑えたが、数千の兵である!
著者の言う通り、やはり信長は特別だと!
特別でなければ戦国時代を終わらせていない!!!

〇 天下統一より自国ファースト
例えば
・毛利は中国、
・島津は九州
・長曾我部は四国
・北条は関東
皆地方で自国ファーストである!
朝倉義景も越前から出て来ない!
やはり信長は特別だと!!

〇 信長包囲網の真実
信長包囲網の主導できる人間はいない?
第一次包囲網 金ヶ崎の撤退時、朝倉、浅井、三好三人衆、六角、顕如
志賀の陣である!

第二次包囲網 信玄西上 朝倉、浅井、三好三人衆、六角、顕如、延暦寺、
三好義継、松永弾正、足利義昭………

第三次包囲網 足利義昭が鞆に逃れる!
毛利、上杉、石山本願寺………

〇 「戦国時代の終わり」はいつか
・1573年 足利義昭追放!
【鞆に逃れ、鞆幕府を開く?? 止めてくれんかのう??】
・1576年 安土城建設
以後各個撃破である!
・1577年 謙信死亡
・1580年 石山本願寺と和議
・1582年 武田氏滅亡

・関ヶ原と言う説は無いのか???
・1615年 大坂夏の陣!

〇 信長が一向一揆を敵視した本当の理由
信長は徹底して皆殺しである!
堺屋太一が書いていた、世界にあって日本にないもの?
・本格的な籠城戦
・ゲリラ戦
・計画的な皆殺し
ただ例外がある! すべてに信長が絡んでいると!

・伊勢長島
・越前一揆
殺しまくっている!!

「どうする家康」
寺では歩き巫女、千世が煽っている!!
進むものは王土極楽!!
退くものは無限地獄!
みんな武器を持って集まれ!!
現実に集まる?

この時代、「村落」は「惣村」に発展する!
一向宗はこれを取り込む!
「死ねば極楽浄土に行ける」

要は、一向宗を恐れる!!
一向宗は天下人を認めない?
所詮相容れない存在である!!

〇 武器と弾薬の独占
鉄砲の有効性である!
信長は?
・砲術家の橋本一巴を召し抱える!
・国友を専属化する!
・1559年 上洛!
堺、大津、草津の支配権を貰う!
鉄炮、硝石などの交易、ルートをモノにする!
敵に渡るのを制限出来る!!

〇 軍事スペシャリストの育成
信長は既成ではなく、自前の親衛隊を作る!
足軽隊を作るが、最初に導入したのは太田道灌!
家臣を城下に集め、常備軍を作るが、経済官僚も必要になる!

〇 富の源泉
「楽市・楽座」
「楽」 自由
「市」 交易・売買
「座」 商工業者の同業組合

これは信長が最初でない!!
各地でやっているので信長では無いと!
しかし信長は各地で行った!
これが経済力と軍事力を生むことになる!

〇 長篠の戦いの革新性は、鉄炮より○○にあり
・1575年 設楽原で織田・徳川と武田が激突!
馬防柵! 夜戦築城である!
最強と言われた武田の騎馬隊の突撃を阻止する!
塹壕、空堀、植林で防御を高める!
千挺か3千挺の鉄砲で狙い撃ちする!
武田1万5千 織田・徳川3万7千!
普通なら撤退する!
信長は攻撃するように仕向ける!
鳶ヶ巣山砦を酒井忠次が攻撃する!
武田は攻撃せざる得ない!
鉄砲の威力を見せつけたが、著者は野戦築城を評価する!!

〇 方面軍の編成
・1575年 信忠に家督を譲る!
それまでに方面軍を作っている!
・1573年 織田信忠軍団 川尻秀隆、森長可
・1575年 北陸方面軍  柴田勝家、佐々成政、前田利家
・1576年 大阪方面軍  佐久間信盛、松永弾正
・1577年 中国方面軍  羽柴秀吉、宇喜多秀家
・1579年 畿内方面軍  明智光秀、細川藤孝、筒井順慶
・1582年 関東方面軍  滝川一益
・仝    四国方面軍  織田信孝、丹羽長秀

・1578年 荒木村重は有岡城にて突如、信長に対して反旗を翻す!
村重も方面軍である!  畿内??

信長は本拠地を変えている!
勝幡、那古野、清洲、小牧山、岐阜、安土………
・1575年 17ヶ国
・本能寺の変前は、30ヶ国!

〇 本能寺の変がもたらしたもの
・1582年 天目山の戦で武田滅亡!
本能寺の変で混乱するが秩序はあったと思われる
・信長残党狩り
・難を逃れるために御所に押し掛ける
・神君伊賀超え?
・各方面軍は撤退! 北陸はまとまっていた!
・光秀も土民の襲撃で死ぬ!
・世情はアナーキーな無秩序状態になる!

〇 カリスマ支配の限界
信長はカリスマ支配で、信長の器量、名声で保たれる!
信長への反乱!
・弟 信勝
・織田家内部抗争
・松永弾正
・荒木村重
・明智光秀

追放は??
・佐久間信盛
・林秀貞
・安藤守就

光秀が失敗していても誰かが裏切る??
・柴田勝家
・徳川家康
・羽柴秀吉

秀吉、家康が死んでも無秩序にはならなかった!
信長の代わりは誰も出来ない!
異彩を発している!!!

 

天下人の軍事革新 ①・本郷和人

 

« 本・「新型コロナ」「EV・脱炭素」「SDGs」の大ウソ 武器としての理系思考II ②(2022/4)・武田邦彦 | トップページ | 本・天下人の軍事革新 ②(2023/4)・本郷和人 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

室町時代」カテゴリの記事

戦国時代」カテゴリの記事

江戸時代」カテゴリの記事

 上杉氏(越後・謙信他)」カテゴリの記事

 中国 (毛利・宇喜多他)」カテゴリの記事

 九州 (島津・竜造寺・大友他)」カテゴリの記事

 会津 (蒲生氏郷・保科正之他)」カテゴリの記事

 徳川家康 (徳川関連)」カテゴリの記事

 戦国武将(武将)」カテゴリの記事

 明智光秀 (明智・細川)」カテゴリの記事

 東北 (政宗他)」カテゴリの記事

 武田氏(甲斐・信玄他)」カテゴリの記事

 織田信長 (織田関連)」カテゴリの記事

 豊臣秀吉 (秀吉関連)」カテゴリの記事

 黒田官兵衛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・「新型コロナ」「EV・脱炭素」「SDGs」の大ウソ 武器としての理系思考II ②(2022/4)・武田邦彦 | トップページ | 本・天下人の軍事革新 ②(2023/4)・本郷和人 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ