« 本・日本史を疑え ①(2022/5)・本郷和人 | トップページ | 本・明鏡古事―中国人物列伝 古事は今を知る鏡(1993/11)・伴野朗 »

2024年4月 2日 (火)

本・日本史を疑え ②(2022/5)・本郷和人

Photo_20240402043001


第4章 鎌倉時代
第5章 室町時代
第6章 戦国時代
第7章 江戸時代
あとがき

 

第4章 鎌倉時代
〇 東国の武士たちはなぜ流人の頼朝を担いだのか
武士は実力を重んじる!
その鎌倉武士が何故頼朝をリーダーとしたのか?
頼朝は、負けて領地も家来もなく、兄弟も死ぬか離れている!
看板があり、神輿には良い??

著者の本では飽きるほど出てくる!
千葉常胤は、義家の末っ子・義隆の息子、頼隆を育てていた!
頼朝に味方する時に差し出している!
頼朝と頼隆をはかりにかけた??
いざと言う時に頼隆を立てる、保険である!
求めたのは、自分達の土地を保証してくれるリーダーが頼朝だった!

頼朝はどのような力を持っていたか?
・1180年 旗上げ 石橋山の合戦で負け、房総で再起する!
 味方が多く集まり、富士川の合戦で勝つが、上洛には反対される!
 まずは東国で、常陸・佐竹を攻める!!
 
・1181年 後白河上皇に和平の使者を送る! 平家拒否!
・1183年 自ら土地を分配・新恩給付を進める!

まず関東の武士の土地の保証を行う!
朝廷との交渉、外交が出来ることを示した!
義経の処遇で揉めるが、朝廷との交渉は頼朝の一本化を目指す!
官位もかってに貰うなと!
これを理解出来なかったのが義経!

・1185年 時政を都に送り守護、持統の設置を認めさす!
・1190年 奥州藤原氏を制し上洛する!

東国武士を統制し、朝廷とも窓口を一本化し、
朝廷との距離を十分に取り、自分達の存在を正当化させる!
この統率力と外交力が求められたと!!


〇 「幕府」をどう捉えるかで成立年が変わる
いいくにつくろう!! 1192年!
が、最近は疑問視されている!
征夷大将軍に任命された年である!
この征夷大将軍が問題である!
・1194年には止めている!
・頼家の1202年に征夷大将軍に任官する!
・8年空位であるが何も困らない!
・征夷大将軍自体実態が伴わない!
・朝廷にとって東国はどうでもいい! 税だけ納めてくれればよいと!
・征夷は朝廷から与えられたものだと!
・将軍就任=幕府成立 天皇こそが日本の中心だと!

現在は1185年説が採用されている!
守護・地頭の設置権である!!
しかしこれも朝廷が認めたということで、1192年と変わらない?
著書は1180年派で、少数意見だと!
10月6日 鎌倉に入り、軍事政権を確立した日だと!!


〇 どうして源氏将軍が絶えたのに鎌倉幕府は続いたのか
三代将軍が暗殺されるが、後継の子供がいない!
候補者はいる!
阿野全成、その子供、頼家の遺児、特に公暁!
帯に短したすきに長し???
この暗殺時、黒幕がささやかれたが、調査は行っていない!
将軍なしでの主役は東国武士だと!

朝廷はこの状態を元に戻すべきだと!
「治天の君」後鳥羽上皇である!
敵代天皇の中でもトップクラスの実力を持つ!
これを元に戻そうとした??
まず何をしたか??
・武士団の強化 西面の武士を組織する!
・西国の有力御家人の切り崩し
・実朝の取り込み

実朝を優遇する!
・最上級の官位を与える
・和歌の教師を付ける
・次期将軍を親王将軍とする
【実朝の名付け親でもある】

が、実朝が暗殺される!!
そんなところに、親王をやれるかと??
将軍は「御恩と奉公」には必要だと!
次善の策で、摂関家から三寅を鎌倉に下向させる………


〇 鎌倉後期の天皇は名君ぞろい
承久の乱で負け、朝廷も窮する??
なんせ全面降伏である!
武力を破棄し、政治でも幕府の下に立つ!
天皇の人事に干渉される!
後鳥羽上皇の直系を排除される?

天皇は「徳」に目覚める!
人びとに行政サービスを行う!
「訴訟決断」
九条道家が主導する! 四代将軍の父親である!
特に「雑訴の興行」
一般の土地争いを裁判で解決する!

賢帝と評価される!
・花園天皇
・後宇多天皇

武力で負けているので、徳をアピールする必要がある!
天皇家も、持明院統と大覚寺統に分かれ、競争意識が働いたようだ?


〇 御成敗式目はなぜ必要になったのか
「徳政」に影響を受けたのが北条泰時!
承久の乱後、六波羅に留まる!
京文化に接する!
・1230年 寛喜の大飢餓で、伊豆、駿河の領民に米を配る!
「撫民」の思想である!

・1232年 「御成敗式目」を制定する!
誰にも分る形でルールを作る!
当初の51ヶ条から追加される!! 問題はあるが………
とりあえず法が必要だと!
競争が良い方面に働く!!


〇 元寇は本当は避けられた?
北条時宗は救国の英雄??
子供の頃はそう信じた!!
今では外交オンチで、日本に神風が吹くと思わせた責任者である!!
果たして海を越えてわざわざ攻撃してくるのかと!

・1268年 フビライから国書が来る!
これは丁寧なものだったと!
要は国同士交わろうと!!
ただし受けいられなかったら軍を送ると!
この国書は朝廷に送られるが、幕府が自分たちがやると!
それで使者をもてなおさずに、返書も書かない!

元寇の前、1年ほど日本を見た「趙良弼」 6回差遣されている!
レポートがある! 日本を攻めるなと!
・獰猛で礼儀知らずである
・山水が多く、田畑を耕すのに向いていない
・海風派予測不可能で軍船を差し向けるのは危険
底なしの深い谷を埋めるようなものである!

日本は無視である!!
・1274年 文永の役 あっさり撤退である! 神風ではない!
翌年、元から使者が来る!
この使節団を鎌倉に連行し、斬首する!
恐るべき外交オンチだと!!
著者は「救国の英雄」ではなく「亡国の暗君」と言う??
たまたま撃退出来た!
鎌倉が指示した石垣もちゃちなものだった??
避蹴られた元寇であると!!

この時期パンデミックは無い!
奈良時代には藤原四兄弟が天然痘で死ぬ!
・752年 奈良の大仏建立!
・1858年 ペリー艦隊来航でコレラが発生する!
中世の日本は発生していない! 外圧レベルが低かったと!!


〇 「銭」に負けた得宗専制
「徳政」と「徳政令」
朝廷の「徳政」は、一般人のトラブル解決である!
幕府の「徳政令」は、御家人の借金を棒引きにする?

日本は銭はつくれず、宋の銭を使う!
清盛の時代に貨幣経済は進むが、頼朝の時代で停滞する!
御家人は土地を担保に金を借りるしかないと!
これを保護するのが「徳政令」か??

・1285年 霜月騒動!
著者は御家人同士の争いではなく、
「御家人ファースト」VS「オール日本」
平頼綱VS安達泰盛!!
これは安達泰盛が負けるが、平頼綱も自害に追い込まれる!!
何より「得宗家」は一番偉いのである!
武士のための政権が、得宗家のための政権になる!
この時、幕府は滅亡に向かう!!


〇 名字に「の」が入らなくなった理由
ヤマト王権では「氏姓制度」を導入する!
・氏 蘇我、物部、大伴………
 血族で世襲する! 平氏、源氏、藤原氏  
 源頼朝  みなもとのよりとも
 源尊氏  みなもとのたかうじ

・性 臣、連、造  朝廷内の身分を表す!

鎌倉時代に「の」が入らない家を表す「苗字」が登場する!
平広常、平常胤、平義澄………
家が本拠としている地名!!
上総広常、千葉常胤、三浦義澄である!
「血」より「家=財産」が重視される!

鎌倉時代に「一子相続」が定着する!
相続には、分割相続、遺言相続もあり地方によって違う!
もっとも分割するにも土地が無くなる………

鎌倉幕府では、執権より得宗が上になるようだ!!!

 

第5章 室町時代
〇 鎌倉幕府を倒したのは後醍醐天皇ではない
「鎌倉殿の13人」で、よく本を読んだが分かったことがある!!
まず後鳥羽上皇は、失敗したとはいえ周到な計画があった!
流石歴代トップクラスの天皇だと!

歴史で習った時は、後醍醐天皇は有能な天皇だと??
そうでもなさそうである!!
たまたま倒幕に成功した???
その後の新政のプランはあったのか???
・1324年 正中の変
・1331年 元弘の変
後醍醐天皇が仕掛けたクーデターもずさんだったと!!
そもそも後醍醐天皇は、中継ぎの天皇である!
確たる基盤もない!!
その権力を保ちたいがために、倒幕を企てた!
貴族も後醍醐天皇を避けたようだ!

それが倒幕に成功するが、次々に離反される!
護良親王、尊氏である!!
自分がやることが先例になる!
土地は全て天皇が領有の決定権を持つ!
一所懸命の武士が従うのか??
そう言う人材もいない!! すぐに逃げ出す!!

鎌倉幕府を倒したのは足利尊氏!!
何故反旗を翻したのか???
要は、御家人たちの支持を鎌倉幕府は失っていた!
武士たちが求めたのは「朝廷政治」ではなく、
「もっとましな鎌倉幕府」である!

尊氏にリーダーの素質があった!!
今なら武士は付いてくると!!
新田義貞の鎌倉攻めに、尊氏の嫡男が合流!
手柄は4歳の嫡男に報告する!!
新田では人は動かない??
この現実を、後醍醐天皇は見ない??


〇 尊氏兄弟の引き裂いた「京都の二つの顔」
・1338年 足利幕府成立??
征夷大将軍に任じられた年!
鎌倉幕府と同じなので、そうとはいかない??

・1336年 建武式目の制定! ここが幕府成立であると!!
ただ幕府を何処で開くか?
北条は悪い政治をしたので滅んだが。鎌倉が悪いわけではない!
みんなが移したいのであれば移そう??

足利直義  京は朝廷に近い! 鎌倉に戻ろう!
が、京に向かうことになる!
足利体制は??
・尊氏 軍事
・直義 行政

兄弟は対立する!
・1350~1352年 観応に擾乱!
朝廷と経済で対立する!
経済では商人からも税を取る!
土地からは限界があると!!


〇 南北朝はなぜ50年あまりも続いたのか
尊氏は光明天皇を擁立する 北朝 持明院統!
後醍醐天皇は吉野で自分が正当な天皇だと 南朝 大覚寺統!

・1350年 足利直義が南朝に降伏する!
・1351年 尊氏も和睦し、北朝を廃する!
直義を制し、尊氏は北朝を復活させる!
南朝は最初の5年間で兵力を失う!
要は、正統性を不安定にして依存させる??
・1392年 南北朝統一 三代将軍義満である!!


〇 細川頼之がつくった「義満1392年体制」
義満を養育したのが細川頼之!
政権内の二グループ!
・尊氏派 朝廷融和派 細川、赤松、京極、一色
・直義派 朝幕分離派 斯波、山名、大内、土岐

足利義満 細川頼之は「室町王権」公武合体である!
・1391年 大内氏の内紛に介入する!
・さらに京都の完全は悪である!
・東国の切離し!
・南北朝の合一!

義満の死後、四代将軍義持は全てひっくり返す!
後ろ盾は、直義派の斯波義将である!
あまりに人間的ではないかと!!


〇 応仁の乱は尊氏派vs直義派の最終決戦だった
応仁の乱は、尊氏派VS直義派である??
・東軍 尊氏派 朝廷融和派 細川、赤松、京極、一色(西軍へ)
・西軍 直義派 朝幕分離派 斯波、山名、大内、土岐
とは言いながら、単なる主導権争いである!
10年あまりダラダラ戦い今日は荒廃した!

在地の武士がのし上がる!
応仁の乱の主要なメンバーは戦国大名として残っていない!
細川ぐらいか???

 

第6章 戦国時代
〇 戦国時代とは何か
足利幕府の滅亡は???
・1573年 信長に足利義昭が京を追われた!
・1568年 信長の入京

戦国時代は、古文書に日記などが少ない!
歴史書も「信長公記」「甲陽軍鑑」などの軍記物しかない?
ルイスフロイス「日本史」が信頼出来る??

戦国時代の開始は??
・1467年 応仁の乱
・1493年 明応の政変
細川政元が十代将軍義稙を廃し、義澄を将軍にする!
東国では、古河公方で鎌倉に公方がいない!
八代将軍義政が一人派遣する! 堀越公方である!
ここも後継者争いがある!!
義澄は堀越公方の息子である?
またこの時期、伊勢新九郎が争いを納めようとするが………
守護大名??
・鎌倉時代 兄貴分
・室町時代 親分

守護大名は足利将軍の代理であり、幕府の後ろ盾がある!
戦国大名は自分の力で支配する?

応仁の乱で京都で戦っている守護大名は戦国大名になれなかった?
二軍の守護大名は地方にいたので戦国大名になれた!
・駿河 今川
・甲斐 武田
・薩摩 島津
・豊後 大友

守護代が戦国大名になる!
・出雲  京極氏が尼子氏に
・越前  斯波家が甲斐氏の下の朝倉に
・尾張  斯波家が織田氏の下の織田に


〇 「信長=普通の戦国大名」説に反論する
信長は天下を目の前にした!!
信長の天才性、独創性がある???
・比叡山焼討ち
・足利将軍の京都追放
・楽市楽座

が、これに疑義を呈している?
・楽市楽座は他の大名もやっている!
・比叡山の焼討ちも手順を踏んでいる?
・将軍や天皇の権威を重んじている!
・「天下布武」の「天下」は畿内で、全国を目指していない!
要は確信的な武将とは言えない???
では天皇を殺せば確信的なのか???
松永弾正は将軍を殺しているが、革新的なのか?
弾正は確かに普通ではないが、革新的と言うより陰謀じみている??
「天下」は畿内だけなら、毛利、長曾我部、上杉、武田と敵対したのは??
いずれ小田原北条とも敵対する???
主君を殺した光秀は革新的だったのか??
定説は疑うべきと言うが、研究者のマスターベーションである!
「本能寺の変の真実???」
これほどつまらない本は無かった!!
救いはブックオフで100円だった………
割りと沢山出ているが、誰か買い占めて売ったのか??

小和田哲男が伊達政宗について書いていた!
本拠地を変えたと!!
武田、上杉、小田原北条、毛利、長曾我部、大友、島津、竜造寺………
本拠地は変えていない!
この変えることが重要なのか?
著者も清州、小牧山、岐阜、安土と本拠地を変えた異例さに注目している!
配下の武将もである!
・北陸 柴田勝家
・関東 滝川一益
・四国 信孝に丹羽長秀
・中国九州は 秀吉に光秀か??

・道、流通網を重視する! 経済面で考える!
・比叡山焼討ちも交通の要所を確保するためだと!
・信長は三好長慶と変わらない? 著者は否定する!
ただ前例があると言うなら、何故天下を取らなかったのか??


〇 信長最大のライバルは一向宗だった
堺屋太一が書いていた!
世界史にあって日本史にないもの!
・本格的な籠城戦
・計画的な皆殺し
・ゲリラ戦
日本史の例外は、織田信長!
どれにも絡んでいると言うか、積極的である!
一向宗である!! どれにも主役である?

・家康は戦う
・謙信は途中から手を握る
・信玄は融和的である
伊勢長島、越前、石山本願寺!
徹底的に戦う!
この過程で毛利水軍とも戦っている!

信長VS一向宗は異なる組織原理のぶつかり合いだと!!
信長は秀吉、光秀を取り立てているが、他には例が無い??


〇 西国大名のグローバル度
・薩摩 島津  九州統一
・中国 毛利  天下に色気を出すなと! 中国自体豊かである!
 石見銀山がある! 秀吉に奪われるが………
 
西国にはキリシタン大名が多い!
東国にはいない?
要は、西日本、九州は、外圧=グローバル度が高い!!!

 

〇 秀吉はなぜ家康を潰さなかったのか
朝鮮侵攻で20万の兵を集めた!
何故潰さなかったのか?
天下統一までは家康の協力が必要だった!

秀吉のやったことは有効だった!
・検地
・度量法の統一
・刀狩り
・「惣無事令」
・朝鮮侵攻も明の力が落ちていたと?
 ただ朝鮮の民衆のや明を過小評価していた!!
これは驚きだが、ゴア、マニラ、台湾にも服従と入貢を求めている!

秀吉は秀長が亡くなり身内で頼れる人がいなかった!
そうなれば実力者・家康に頼ざるえない!
そこで家康を潰さなかったと??
飛躍し過ぎると思うが………

 

第7章 江戸時代
〇 江戸時代 近代から見るか、中世から見るか
「カムイ伝」
・身分制度に縛られる
・女性の地位は低い
・飢餓
・農民は一揆で鎮圧されて処刑される
そう言う時代か??
ここでカムイ伝が出てくるとは??
そうなれば、何をやっても取り潰せない「日置藩」の秘密も書くべきだと?
当然、家康が新田の末かも書くべきだと思うが………

900年(86万町歩)から400年経った14世紀(96町歩)まで、田はほとんど増えていない!
17世紀初め(163万町歩)になり、18世紀(297万町歩)になる!

・出羽 32万石が150万石
・陸奥 160万石が300万石

人口は、
・飛鳥時代に600万人
・1600年 1200万人
・幕末で 3000万人

これだけの人口が養える時代になった!!


〇 「1603年幕府成立」説を疑う
またまた出てきている!
征夷大将軍に任じられた年である!!
著者は関ヶ原の合戦のあった1600年を
この戦後に、取り潰し、加増、減封、転封をおこなっている!
つまり天下人である!

研究者はこだわる!
豊臣が滅びるまで「二重公儀体制」だった??
「鞆幕府」と同じであると思うが………

朝鮮半島に日本の抵抗組織が上海にあったと!
勝ち組を狙っていた!
アメリカに一蹴されたようだが……


〇 徳川幕府の名君と暗君
徳川の長子相続は、名君が出にくい!
頼朝は三男でありながら母の身分で後継者になった!
しかし先に生まれたら後継者である!
この場合、女性の地位は下がる!
大奥をつくったのは徳川幕府である!
江戸幕府は、世継ぎを生めば実家も取り立てられる!
全国的に長子相続になる!!

徳川幕府の名君は??
・吉宗
享保の改革!
足高の制!
御三卿家を創設

・綱吉
捨て子禁止令

・家斉
「神輿は軽くてパーがいい」
側室40人 男子26人 女子27人!
実績はこれだけか??

・慶喜
人気は無いが………

徳川の家臣団は?
新井白石の分類!
・武勲の家  家格が高い 徳川四天王
・輔弼の家  政治を行う 本多正信

領国配置は??
西に備える? 毛利に島津か??
・安芸広島 浅野長晟
・備前岡山 池田輝政の子孫
・近江彦根 井伊家
・伊勢津  藤堂家(最後に裏切るが)

秀吉は実務、経営の際を評価する!
加藤清正も新田開発、治水工事を評価している!
遠征のロジェスチックは実務官僚が担当する!!


〇 「鎖国はなかった」説を外圧理論で考える
佐藤優が書いていた!
鎖国時代の交易??
・長崎 オランダ
・琉球 中国
・対馬 朝鮮半島
・ロシア??

何事も抜け道はある!
それを鎖国は無かったとは………
当然情報収集は行っている!

・1633年 第一次鎖国令 渡航禁止と日本人の帰国禁止!
・1636年 第四次鎖国令 貿易に関係ない外国人と妻子の国外追放
・1637~38年 島原の乱
・1639年 第五次鎖国令 ポルトガル船の入港禁止

鎖国が無かった説では、ペリー来航の衝撃は説明出来ない!
明治維新に繋がっている!!


〇 幕府を滅ぼした「働かないおじさん」問題
常備軍はコストがかかる!
戦いで死亡者が出れば、経費削減になる!
この戦いが無いことが、250年以上続き幕府は滅んだと!

島原の乱以降、大リストラをすべきだったと!
そうすれば失業者があふれかえることになる!
米本位制も問題だと?
赤字が必至だったようだ!
江戸の三大改革は、倹約である!
財政システム自体が破綻するシステムだった!!

・毛利  専売制の緩和と、金融業!
・島津  琉球との密貿易
加賀藩も密輸か??

武士の世が終わったのは??
・1869年 戊辰戦争が終わる!
・1871年 廃藩置県
・1874~76年 佐賀、神風連、秋月、萩の乱
・1877年 西南戦争!
ここで武士は姿を消した………
鎌倉幕府から700年で終わった………

 

あとがき
・作業1 史料を読みこなす訓練?
・作業2 データを駆使して新しい提案を行う!

そうして史実を再現する!
還暦で若手研究者を自称している???

 


日本史を疑え ②・本郷和人

 

« 本・日本史を疑え ①(2022/5)・本郷和人 | トップページ | 本・明鏡古事―中国人物列伝 古事は今を知る鏡(1993/11)・伴野朗 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

室町時代」カテゴリの記事

幕末」カテゴリの記事

平安時代」カテゴリの記事

戦国時代」カテゴリの記事

江戸時代」カテゴリの記事

鎌倉時代」カテゴリの記事

 徳川家康 (徳川関連)」カテゴリの記事

 戦国武将(武将)」カテゴリの記事

 織田信長 (織田関連)」カテゴリの記事

 豊臣秀吉 (秀吉関連)」カテゴリの記事

源平合戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・日本史を疑え ①(2022/5)・本郷和人 | トップページ | 本・明鏡古事―中国人物列伝 古事は今を知る鏡(1993/11)・伴野朗 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ