« 本・驃騎将軍の死(1989/7)・伴野朗 | トップページ | 本・日本史を疑え ①(2022/5)・本郷和人 »

2024年3月31日 (日)

本・中国・反骨列伝(1997/11)・伴野朗 本・中国・反骨列伝(1997/11)・伴野

Photo_20240402041201

春秋戦国の時代、反骨精神の塊・田単は「いつか国が自分を必要とする」と信じて疑わなかった!
好機到来! やがてそれは現実のものとなる!
兵法に明るい彼は次々に奇策を放ち、ついに斉の救世主にまで登りつめた!
その彼が、苦戦を強いられる。 万策尽きた果ての戦略とは…
国を救った男・田単を始め、筋金入りの反骨漢・蘇武、
眉目秀麗の天才・文天祥など、中国の歴史に輝く反骨漢七人の生涯!


伴野朗の短編集はよく読んでいる!
宮城谷昌光と共に読んでいる!
短く人物を紹介しているので助かる…………
愚兄賢弟???
ウチは賢兄愚弟だったが…………
内容は下記の通りである!!


国を救った男 田単  でんたん
直言の士   袁盎  えんおう
雁書     蘇武  そぶ
愚兄賢弟   諸葛瑾 しょかつきん
義骨の士   楊阜  ようふ
書聖の素顔  王羲之 おうぎし
正気の歌   文天祥 ぶんてんよう


〇 国を救った男 田単 でんたん
斉の始祖は、太公望呂尚である!
桓公の時、管仲を起用する!
田氏は陳からの亡命である………
斉王は、威王、宣王、湣王と続く………

田単はついていない??
臨淄で役人をしている? 小役人か?
すりに遇った婦人の財布に毒蜘蛛が入っている!
ウソである……… が犯人は捕まる!!
臨淄は、諸子百家が集まる! 稷下の学士!!

楽毅と言う言う男がいる!!
趙の武霊王に仕える! 胡服騎射である!
戦車から騎馬戦に変える………
武霊王が死に、小国燕に行く!
斉が燕を攻める!
燕の昭王は賢者を集めたい!
郭隗が自分を取り立てよと!
郭隗程度で召し抱えられるのか??
「隗より始めよ」の故事になる!!
これを聞いた楽毅は、燕に行く!
そして昭王に仕える!
斉討伐である!!
趙、韓、楚、魏、秦、燕の連合軍を率いる!
楽毅は徹底的にやる! 臨淄を奇襲する!
田単は一族と逃げる!
即墨に逃げる!
湣王は暗殺されている!
息子の法章が生きている!
楽毅は斉を収めて、即墨も包囲している!
自滅を待つ………が情勢が変わる!!
燕の将王が死に、恵王が立つ!!!

田単は待ったかいがある!
恵王は楽毅を嫌っている! 
田単はしめたと、流言をまき散らす!
即墨が恐れるのは楽毅が変わることだと!
要は楽毅が手を抜いてくれている落ちない???
恵王は楽毅が王になりたいと疑い、楽毅を更迭する………

田単は策を講じる! 死に物狂いで戦わすために………
◆ 鳥が降りて来るように仕向ける!
◆ 師となる人間を選ぶ! 神秘性を持たせる!
◆ 捕虜が鼻をそがれて戦うこと恐れる!
燕は鼻をそがれた捕虜を並べる! 死ぬ気で戦う!
◆ 墓を暴かれて先人を辱められたくない?
燕はそのようにする!
◆ 即墨が降伏した時に見逃して欲しいと大金を燕に渡す!
敵を油断させて、自国の兵、民を死ぬ気で戦わせる!

法章が即位するが、田単が斉王になるつもりかと???
楽毅は趙に亡命する………


〇 直言の士 袁盎 えんおう
袁盎???
子どもの頃から思ったことを言う!!
漢の時代である!
宮城谷昌光の「花の歳月」がある!
この話であるが、袁盎は出てこなかったが………
劉邦の後継者である!
呂后が簒奪し、死ぬ!
文帝が皇帝の座に就く!
辺境に飛ばされている!
劉恒であるが、呂后から侍女が送られてくる!
宦官のミスで竇氏が送られる?
二男一女を産む!
呂氏一族抹殺の後、皇帝に推挙される!
何より竇氏が無害なのが良い!
兄の推薦で郎中になる!
直言の士である!

呂氏排除の功がある周勃を文帝に直言する!
周勃にとっては陥れられる言葉である………
流されて謀反のうわさが流れるが、袁盎が調べて無実を証明する!

文帝の弟に驕慢な振る舞いが多い!
袁盎はこれを罪に問うことを勧める!
が、文帝は聞かない!!
それでも袁盎は諫言を続ける………
波乱万丈である!!
直言を聞く人間もいる!
呉楚七国の反乱もある!!

文帝が亡くなり、景帝が立つ!
この後継者に弟が色気を出す!
揉める元なので、太子を立てるように直言する!
恨みを買う…………

季心の名前が出て来る!
季布の弟で、義侠の士として知られる!!

弟、劉武は後継者の目がまったく無くなる!!
袁盎への恨みが現実になる!
刺客を放つ!!
が、刺客が袁盎の評判を聞き会ってみる!
良い評判である!!
暗殺をする気が無くなる………
そして狙っている暗殺者がいると!!
そしてその刃に倒れる!!!


〇 雁書 蘇武 そぶ
蘇武は三兄弟である! 真ん中である!
父は大将軍青に従い匈奴戦を戦う!
蘇武は尊敬している!
兄と弟は潔く自刎する!

暴れ馬の件で、李陵と出会う!
蘇武も敵がいる!
部下が賄賂を貰っている???
うわさであるが、犯人が分かっている………
武帝がこれを見ている!
蘇武は使えると!!
が、この時に助けた衛律が濡れ布を着せられて、匈奴に亡命する!
武王が激怒する!
匈奴も王の交代がある!!
この時の使者として蘇武が匈奴の元へ行く!
匈奴にも漢人がいる!
降伏して匈奴に仕えている漢人も多いようだ………
蘇武を匈奴側に取り込もうとするが、蘇武はなびかない………

李陵が兵を率いて匈奴戦に臨むが、力尽きて捕虜になる!
非難されるが、司馬遷がこれをかばう!
武帝は司馬遷に宮刑に処する!!
それをバネに「史記」を書く??
李陵は匈奴に軍事を教えている?
実際に教えたのは別人であるが、一族皆殺しに会う!
李陵は匈奴の一員として生きる………

蘇武は耐える!
死んだと思われるが、雁に手紙を付ける!
これが漢に届き、蘇武解放の使者が立つ!
あくまで死んだと言うが、雁の手紙が証拠である!
19年ぶりに帰国する!!
雁書の由来である!!
李陵はあくまで匈奴として死ぬ!
帰国のチャンスもあったが………


〇 愚兄賢弟 諸葛瑾 しょかつきん
諸葛孔明と比べられると…………
有能ではあるが、有能さのレベルが違う……… ???
3人兄弟の長兄である!
諸葛瑾は弟と分かれて、孫権に仕える!
同じく魯粛も抱えられる!
魯粛は周瑜と親交を結んでいる!
子産と季札の仲!! 
縞紵? 絹の帯と麻の袋!
お互いに贈りあう………

諸葛瑾は長史となる! 重要な職種である!
この時代の説客、縦横家は例えばなしが多い!!
それで説得する?
される方もされる方である!!
故事に詳しく、納得させる話をする?
聴く方が聞く耳を持たなければ終わりである!

臥龍?? 劉備が孔明を迎えに行く!
三度訪ねる?? 三顧の礼???
これはあったのか?? どうもないと言うのが最近の研究のようだ………
天下三分の計を提案する!!

劉備と孔明は、水と魚の関係である!!
兄弟の対面は、赤壁の戦い前に実現する!
外交である! 何処と同盟を結ぶのか??
強力な曹操に対してどうするのか?
戦うのか? 屈するのか??
孔明は孫権を挑発する??
孔明のシナリオ通りに進む……… 
諸葛瑾は自分の無力を感じる!!
口先三寸で、劉備と孫権の同盟を結ぶ!
諸葛瑾は劉備の元に交渉に行く!
愚直なまでの態度に劉備は感激する!
誠心誠意交渉する………

こういう場合は必ず内通のうわさが出る!
ましてや兄弟である!!
陸遜がうわさを消す!!
ことわざである!
「三人、市虎を成す」
町に虎が出る?
一人なら問題外!
二人なら半信半疑?
三人なら信用する!!!
要は信用するなと言うことである!
三人口をそろえれば、いない虎も町に出て来る!
孫権は諸葛瑾を信頼する!!

劉備は関羽の復讐戦に立つ!
諸葛瑾は思いとどまるように手紙を書くが………

劉備は負けて、その後死ぬ………
孔明が立つが、孔明も死ぬ………
諸葛瑾は孫権に忠実に生きるが、子は三人とも誅殺される!
この章、反骨ではなく硬直ではないか???


〇 義骨の士 楊阜 ようふ
天水郡の人は「三頭龍」と呼んだ!
希望の星である!
楊阜、伊奉、趙昂の三人?
中原では袁紹と曹操が戦っている!
問題はどちらが強いかではない!
どちらが勝つかである!!
楊阜の意見!
袁紹は、法を遵守しないし、策略好きで決断力が無い!
曹操は、雄大な才能、遠大な知略、決断力があり、法は守り、
精鋭揃いで、果断さがある!

曹操の動きに、関中の群雄が動揺する!
関中同盟を結成する!
馬超らである!!
曹操自ら西征する!
叛乱があり引き上げるが、楊阜は進言する!
読みが当たる!!
籠城になるが、援軍は来ない??
趙昂が籠城し、援軍を求めて脱出する?
その前に脱出して捕まり、救援は来ないと言えと!
実際は来ると言って処刑される………
同じような話はあるものである!!

降伏しようとする! 楊阜は諫めるが………
馬超は和議を受け入れて、約束を破り首を刎ねる!!
楊阜は馬超に復讐したい!!
反馬超統一戦線を造る!!
馬超は結局追い出される!
妻子は殺される! 腹いせに趙昂の息子を殺す!
楊阜は曹操に評価される!
劉備と堺を接し、劉備の元に走った馬超らが攻めて来る!
曹操は曹洪を派遣する!
勝利の宴で曹洪は騒ぐ!
女にだらしがない!
これを諫める!!

楊阜は出世する???
諫言し続ける…………
対立もある………
正論は何時も用いられるとは限らない………
明帝は楊阜の意見を退ける………
楊阜は官を辞して病死する!
財産はほとんど残していない!!


〇 書聖の素顔 王羲之 おうぎし
名筆家と言うのか?? 書聖である!!
唐の時代である! 二代目太宗!
「蘭亭序」
曲水の宴がある!
一首が出来なければ、流れくる盃の酒を飲む!
生田の森とは違うかも………
ここで酔って書く??
これを太宗は盗ませる!!

五胡十六国!
五胡は??
匈奴・鮮卑・羯・氐・羌の異民族で、華北である!
これを取り戻したい!!
北伐である!

三国志を制したのは魏の司馬懿の一族である!
西晋であり、武帝である!
他人の意見に引きずられる!
有名なのは後宮1万人と言う!
より取り見取りである!!
羊の止まったところで降りる!
要は羊を止めるために店の入り口に塩を盛ることの元になる?
人間の乳で育てた豚は美味???
そう言うことをやっていると!!
王羲之は高い精神を堅持するために書を選ぶ!!
青々とした池が黒ずむぐらい墨をする??
集中する!!

王羲之の一族は内紛がある!
政治に対する考えがある!!
秦は法家の商鞅を用いたが、二世で滅んだ!
厳しくすればよいものではない!
官位と名声があがる一方で、生来の病弱は病気の百貨店のようになる!
足のしびれ、腰痛、腫物、胸焼け、食欲不足、発作、全身の痛み、歯痛………
北伐にこだわるが許されない!
どうも政治的抗争に巻き込まれるが、逃れる!
愛想をつかしたしたのか??
腐敗と虚飾に満ちた世界から逃れる!!
気ままな生活を送る………
竹扇を売っている老婆に文字を書いた!
こんな落書きしたらなお売れない!
彼の呼称を言えと言われて売れば売れる!
後日老婆が沢山の竹扇を持ってきたが取り合わなかった…………
面白いエピソードである!!!


〇 正気の歌 文天祥 ぶんてんしょう
文天祥は節義を貫き通す精神のすがすがしさに感動する!
◆ 厳顔  三国志の劉璋の将!
◆ 嵇紹  西晋の恵帝に仕える!
◆ 張巡  安碌山の乱に活躍!
◆ 顔常山 安碌山の乱に活躍!

この国のために死ねるか??
南宋である!
北宋最後の皇帝は、絵画と書にすぐれていた?
政治に関心がなく、国は滅んだのか??
芸術家として生きるべきだった???
時代はモンゴルである!

文天祥は20歳で科挙にトップ入学する!
1206年 テムジンはクリルタイで皇帝の座に就く!
1219年 西征を開始!
1227年 西夏を滅ぼし、金への親征前に亡くなる!
モンゴルは末子相続である! が三男オゴディが継ぐ!
1234年 金を滅ぼす!
     息子グユクが継ぐ!
     次にモンケが継ぐ!
     中国はフビライに、フラグに西征を命じる!
1257年 モンケは南宋に親征する!

ここで文天祥は呂文煥に会い、意気投合する!
朝廷には、賈似道がいる!
書画のコレクターである! 視る眼も持っている!

文天祥は、宦官を斬れと上奏する!
即日解任される………

モンケが亡くなり、フビライとアリクブカが争う!
アリクブカは遊牧的であるが、土地支配のフビライが勝つ!
文天祥は辞めては召し出される!
南宋は賈似道の思うままである!
5年の包囲で呂文煥は降伏する!
が、フビライに厚遇される!
大勢は決したが、文天祥は戦う!
旬国の士なのか??
フビライは文天祥を帰順させようとしたが叶わず、処刑する!
「正気の歌」が紹介されている!
日本にも影響を与えている!!
祠を建て、文丞相祠と称す!
まさに反骨の士か…………

 

中国・反骨列伝・伴野朗

 

« 本・驃騎将軍の死(1989/7)・伴野朗 | トップページ | 本・日本史を疑え ①(2022/5)・本郷和人 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

中国 (モンゴル)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・驃騎将軍の死(1989/7)・伴野朗 | トップページ | 本・日本史を疑え ①(2022/5)・本郷和人 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ