« 本・環境再興史 よみがえる日本の自然 ②(2019/9)・石弘之 | トップページ | 本・歴史を応用する力 ②(2019/3)・宮城谷昌光 »

2024年3月26日 (火)

本・歴史を応用する力 ①(2019/3)・宮城谷昌光

Photo_20240321022001

中国歴史小説の第一人者が、光武帝と呉漢、項羽と劉邦、商の湯王と周の文王の生涯をたどりながら、
ビジネスや人間関係における考え方のヒントを歴史からどう学ぶかを、
具体的に平易な語り口で解説する。
伊藤忠商事元会長、丹羽宇一郎氏との対談も収録。


宮城谷昌光は好きな作家である! 初めて読んだ時衝撃的だった!
個人的には、日本史は司馬遼太郎で、中国史は宮城谷昌光で理解している?
中国と言っての好きなのは三国志までである!
モンゴルは興味があるが、中国ではない!
日本史は、鎌倉時代に戦国時代である!
著者の本では、「長城のかげ」の「逃げる・季布」が好きである!
衝撃的な短編であった!!
こういう生き方をしたいと思ったが………
内容は下記の通りである!!

 


第1章 光武帝・劉秀と呉漢
第2章 項羽と劉邦


第3章 殷(商)の湯王と周の文王ー中国の智慧の原点
対談 この皇帝にしてこの臣下あり(丹羽宇一郎×宮城谷昌光)
あとがきにかえて 文学と歴史のあいだ


第1章 光武帝・劉秀と呉漢
〇 はじめに
中国の歴史!
夏王朝から殷(商)へ、周へと続く!
夏王朝は紀元前2070年と言う??
日本は石器時代???
遊牧民族かもしれない??

著者は殷ではなく商と言う!
「陰唇をきわめる」
殷は、さかんと読む!
中国では、商で統一されているのに、日本は殷と呼ぶ!!
商は、白い色が好きだと!!
最後の王は紂王である!
「酒池肉林」 王の快楽のためと言う!
こんなことをやるから滅ぼされると!
後で解説がある!

周王朝になる! 800年続く??
後半の500年は春秋戦国時代になる!
その後、秦の始皇帝の時代が始まる! 紀元前221年!
劉邦が漢王朝をつくる! 紀元前202年!
紀元後9年 新の王莽!

織田信長の「天下布武」
武力で天下を統一する! 
ではなく、天下に和平を布く!!
と解釈する???

〇 劉秀と「白衣の老人」
25年、後漢建国!
財界人は中国古典を読んでいる!!
松下幸之助、小林一三らである!
小林一三は、失敗も多かったが這い上がったと!!
「幽霊を見た」????
「幽霊を見た人は偉くなる」?????
「名を為す人の身には、かならず何か不思議なことが起こる」
劉秀は王莽に対して挙兵するが、万策尽きる!
この時、白衣の老人に会う!
「努力せよ」  一所懸命やれと!
この話、著者の「逃げる」にも同じような話がある!
季布が老人に出会い、道を教えて貰う………

〇 書きたかった光武帝
著者は、光武帝に劉秀を書きたかったようだ!!
「草原の嵐」で書く!!
人を赦し、恨みを残さない!!
① 銅馬と言う賊を許す! 単身会いに行き慰撫する!
② 「勁草」 勁い草?? 激しい風により、どの勁い草か分か!!
苦境に陥った時に、部下の評価が出来る!
③ 「望蜀」 「隴」と言う大きな国を手に入れる!
それでも「蜀」を欲しがる! 欲望にはきりがないと!

〇 呉漢という男
人が動いた時、自分も動かざる得ない!
自分も動く人に歴史書は必要だと!
呉漢はそういう人間だと?
動乱の時代に、劉秀を「正しい人」と判断した!
文字から学問に入らず、他人の話を聞いて学ぶ人は、処世術のバランスが良いと!
桂小五郎もそうなのか………

〇 リーダーのありかたとは
日本の話である!  名前は出していない!!
才気に走り過ぎて、上司にうとまれ左遷される!
それ以来、黙って人の話を聞くようになった!!
しれが人の信用を得た! 話を聞いてくれる人だと!
伊藤忠商事元会長、丹羽宇一郎が言う!
「部下を背中で教えて、背中で引っ張る!」
劉秀も呉漢もそうだった………
呉漢兵は強く、速い!
「疾こと風のごとく」である!!
自分の目で見て、現状を把握する!
賊になった人も、環境が違えばそうなっていないと?

マキャベリ!
「無名のときから準備しておく」
自分がその立場になった時に、どうするかを考えておく!!
将来を目指す人はと言うことか? 

〇 ことばの力
劉秀が生まれた時、部屋中に赤い光が満ちたと!
よくある英雄伝説化??
その時、稲の穂が実とたくさんつけたと!
それを「秀」と言う!
劉秀と名付ける!!
では明智光秀は???

P・H・ドラッカー!
「成功する人は言葉を大切にする」
「失敗する人は言葉を大切にしない人」
劉秀、呉漢は、言葉を大事にしたと!!


第2章 項羽と劉邦
〇 歴史の効力
本田宗一郎は、織田信長が好きである!
「論語」「孟子」は、「何かをしなさい」「何かをしてはいけない」
人数が限られているときは、この考えは役に立つ!!
しかし「このひとのようになりたい」
歴史上の人物が、師表として立ち上がる!
織田信長か? 上杉鷹山かあ…………
その中の一人に、漢の高祖・劉邦がいると!!

〇 劉邦という人
劉邦は農家に生まれ、平民で天下を取った!!
生年月日ははっきりしない!
2020年、中国では菅総理が注目されている!
秋田の地方出身である! そういうところが好感を持たれている!

劉邦は亭長になる!
呂雉と結婚する!  35歳???
47歳の時に、始皇帝が死ぬ!
この時のことは、良く書かれている!
呂不韋に趙高、李斯らがいる!!
自分の都合の良い皇帝を選ぶ???
始皇帝の遺言を書き換えている??
始皇帝の墓を新しくする! そのために人を集めて首都に行く!
その人間が行くまでに逃げ出す!
秦の法律は厳格であり、指定の人間を連れて行かなくても、逃げても処刑される!
そこで静かに逼塞する???
陳勝、呉広が同じく人間をひいていくが、大雨に会い間に合わなくなる!
どうせ死ぬならと、反乱を起こす!
劉邦の出身地も危なくなる!
ここで県令が劉邦を呼び戻し、反乱に当たらせる?
ここに蕭何と曹参がいる! 劉邦を呼び戻せと言っている!
成り行きで県令を殺して挙兵する!
家康が、三河・駿河・遠江の人間でまわりを固めて天下を取った!
劉邦も同じように出身地のまわりで人間を固めた!
ここで張良に出会う!!
軍師である!!!

〇 劉邦と張良の出会い
項羽のおじ、項梁が勢力を伸ばす!
劉邦は小戦力である!
兵を項梁から借りる??
故郷に劉邦に逆らう、雍歯がいる!
元親友であるが、逆らい逃げる!
この故郷を、賦役を免除して優遇するが、雍歯の逆らったところは許さない!
と言っても最後には優遇する!!
皇帝になった時、親孝行をする!!!

〇 項羽と劉邦
秦の名将 章邯がいる!
項梁は勝ち続ける!!
が、章邯を逃す………
この章邯が再起を図り、項梁を殺す!!
これが混乱を招く…………
章邯は項梁を殺しておけば、後は烏合の衆か??
ここで宗義を立てるが、項羽が気に入らない!
秦と争っている国が滅びれば、どちらも国力が下がる!
待ちの戦略か???
項羽は、宋義を殺す!!

〇 革命の起こし方
日本の明治維新!
吉田松陰、高杉晋作、久坂玄随、坂本龍馬、武市半平太らは死ぬ!
生き残ったのは、伊藤博文、山県有朋、井上薫………
大久保利通もいる!
結局さきがけは死ぬ!
陳勝、呉広が第一世代!
項梁が第二世代!
そして第三世代が天下を取る!!
項羽に劉邦か???
どうも一、二、三の順番があるようだ!!

〇 劉邦に続く人
劉備は劉邦の真似をした???
遊び人??  裏街道に通じている!!
儒教と、老荘思想がある!
劉邦は儒教が大嫌いである!
行儀が良いが、硬直化している!
老荘思想は逆である!
項羽は、文字など氏名が書ければよいと!
名門意識が強い!
劉邦は項羽より部下に対して正直だった??
劉邦は、とにかく人の話を聞き、速断すると!!!

〇 劉邦の失敗
関中に劉邦が突入する!!
項羽はそれを怒る!
劉邦は項羽が入れないように、函谷関を閉じて入れないようにする!
張良は止めるように言ったが聞かない!!
項羽は黥布にこれを潰せと!!
劉邦は謝りに行く!!
「鴻門の会」
劉邦は謝りに行く………
言い訳で項羽の許しを得るが、剣舞で殺されそうになる!
項伯が守ろうとする!!

項羽は秦の兵を20余万人を、一夜にして殺す!
生き埋めか???
一夜にして20余万人を生き埋め出来るのか??
兵糧が不足するからだと!!
秦の白起将軍は、長平の戦い、で趙括率いる趙軍を兵糧攻めに追い込み大勝した!
このとき20万余りに及ぶ捕虜の兵糧が賄えず、
反乱の恐れがあるとして少年兵240人を除く全てを生き埋めにした!!

司馬遼太郎が良く書いている!
大器が天下を取らせる!
足利尊氏である!
恩賞と罰則がある!
項羽は罰則が激しい!
ミスは許されない?
劉邦は、大盤振る舞いをする!
見せかけでもイメージは作れる!!
倫理書だけではなく、歴史書も大切だと!!

項羽の陣に、范増がいる!!
劉邦の危険性を見抜いている!!
が項羽は殺さなかった?
范増はここで項羽を見捨てた???
この話はフィクションと言う話もある!!

垓下の戦い!  四面楚歌である!
ここで虞美人は死ぬ? そして項羽も死ぬ!
自分に自信があり過ぎた???

〇 人間の本当の魅力とは
項羽は強い!!
項羽は戦えば勝つが、属将が負ける!
将軍が育たない??
負ければ処罰される!!
劉邦は強く命令しない!
なので部下が考えて行動する!
劉邦のように、人を信じる、信じるふりをする!
そうして考えさせることは重要だと!!
独創力、発想力が場を踏んで育つ!!
歴史書は、自立力、発想力を育てると!!

 


歴史を応用する力 ①・宮城谷昌光

 

« 本・環境再興史 よみがえる日本の自然 ②(2019/9)・石弘之 | トップページ | 本・歴史を応用する力 ②(2019/3)・宮城谷昌光 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

戦国時代」カテゴリの記事

 戦国武将(武将)」カテゴリの記事

 織田信長 (織田関連)」カテゴリの記事

中国 (モンゴル)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・環境再興史 よみがえる日本の自然 ②(2019/9)・石弘之 | トップページ | 本・歴史を応用する力 ②(2019/3)・宮城谷昌光 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ