« 本・中国・反骨列伝(1997/11)・伴野朗 本・中国・反骨列伝(1997/11)・伴野 | トップページ | 本・日本史を疑え ②(2022/5)・本郷和人 »

2024年4月 1日 (月)

本・日本史を疑え ①(2022/5)・本郷和人

Photo_20240402043001

日本史は何の役に立つのか? 
丸暗記を脱却し、「時代の変化はなぜ起きたのか?」を考えることで、歴史は何倍も面白くなる!
人気の歴史学者が明快に語る「史料」の読み方、「史実」の確かめ方、そして「定説」「最新学説」の疑い方!
「定説」も「最新学説」も一から見直そう! 
45のクエスチョンで日本史を総ざらい!
人事、経済、組織、リーダー、国際環境  古代から近世まで「時代を動かす力」がわかる!
自分の頭で歴史を考えたい人への絶好の水先案内!
キホンのキから歴史の醍醐味まで、本郷日本史の決定版!

 

最近は著者の本をよく読んでいる!
いつも疑っている!
奥州17万騎?
鎌倉19万騎?
兵力を疑えは、いつも書いているが、この本では無いと??
いつも著者は何をしているのか??
中世の専門家がと思うが………
内容は下記の通りである!! ① ②と分けて紹介する!!

 


第1章 日本史を疑ってみよう
第2章 古代
第3章 平安時代


第4章 鎌倉時代
第5章 室町時代
第6章 戦国時代
第7章 江戸時代
あとがき

 

第1章 日本史を疑ってみよう
〇 日本史は何の役に立つのか
暗記して何が面白いのか?? 面白いと思うが………
・未知を相手にする学問
・残された史料を元に考える

何故事件は起きたのか?
史実を知る?
歴史の流れを考える
疑う!!

「定説」は少なくない!!
「定説=正解」とは限らない!!
「歴史の見方=解釈」が変わる!
戦前は皇国史観!
戦後は唯物史観!
どちらも逆らえない!!
その道の大家が反論を許さない?
「定説」を疑う!
が「定説を覆す最新の研究」も鵜呑みに出来ない?
これが真実だ!!
「本能寺の変」
これが真実だと言う子孫の本ほど下らなかった!
出版社も問題である!

「歴史の流れ」を考えることは、今の世界を考えるのに役立つと!!


〇 歴史用語を疑え
多くは後世に作られた??
「貴族」は使われていなかった!!
・「貴」 三位以上
・「通貴」四五位
以上が殿上人!

「公卿」「摂関家」「清華家」らは当時も使われていた!

「幕府」 江戸時代から使われる!
「柳営」と言われていた??
ただ「幕府」は武家政権を表すのに便利である!
結局3つしかない!
鎌倉、室町、江戸で、同じものでは無いと!!

個人的な理解だったこと!
・鎌倉 執権
・室町 管領
・江戸 老中
同じものだと教えられたがそんなものでは無かった!!


〇 「史実」とは何か 史料の使い方、疑い方
著者は1221年から1333年の史料を読み、それを活字にする!
日本は史料が多く残されている?
これが問題である??
・日記は書ける人間が限られるので限定される!
・後世に読まれることを意識して書かれる場合がある!

大きな寺社は史料を秘していたが、よく焼かれて消失している!
信長のおかげで読まなくても良い史料が減ったと!!

トップシークレットほど記録に残さない!
足利将軍のくじ引き!!
これは本当か??
八百長と言うのが著者の意見である!
「三宝院満済」 高僧で著者の本にはよく登場する!
これが主導したと??
中世の日記は、人に読ませるものであったと!!
自分のやった儀式の手順なども書かれている!
秘密は書けない!! 書かないことは嘘は書いていないが真実ではない!
くじは「八幡様の神意だ」とみんなを納得させるためにある???

【本能寺の変の黒幕は南蛮勢力??】
【こんな記録は残せないから記録は無いと?】
【そう言う風に利用されるのはどうかなと思うが………】


〇 日本史は何でできているか
史料もランクがある!
・一次史料  古文書、古記録、
古文書は?
手紙、詔書、勅旨、
 下文、下知状、律令、御成敗式目など法令、訴訟、
 相続の譲り状、売券、借用書

古記録は?
日記、忘備録!
 
・二次史料 一次資料を基に書かれる!
 日記、
 日本書紀、続日本紀、日本後紀、日本三代実録(六国史)、
 大鏡、今鏡、水鏡、増鏡、吾妻鏡
 軍記物
 平家物語、太平記、曽我物語、栄花物語、梅松論
 水戸光圀は太平記を参考に大日本史を書いた!

【信長公記、甲陽軍鑑、愚管抄が出ていないが………】


〇 真の差出人は誰だ
例えがある!!
A社の社長がB部長に命じて、C社の社長への手紙を書かせる!
その時にC社のD部長に手紙を書く!
こういうことが古文書にはある!
差出人が3人いる場合もある!
これは注意が必要だと!!!


〇 こんなところにも「歴史解釈」が
日本の時代!
飛鳥、奈良、平安、鎌倉、室町、安土桃山、江戸と地名である!
イギリスは王朝名である! ウィンザー朝………
中国もか? 秦、漢、隋、唐、宋、元、明、清!
夏、商、周はともかく、春秋戦国、五代・十国時代は???

日本は、万世一系と言う建前に、実際の政権のあった場所で示した!
安土桃山? 桃山は実際伏見である!
伏見の桜に対抗して、桃の花で対抗した??
室町? 京都と言わないことがミソか???
今は東京か???
中国は?? 


〇 時代の変わり目をどこで見るか
新井白石による「天下九変五変説」
九変は?
・藤原良房、摂政就任
・藤原基経、関白就任
・冷泉天皇の時代の外威、藤原氏の専制
・後三条・白河両天皇による親政
・白河上皇による院政
・後白河上皇、鎌倉と天下兵馬の権を分かつ
・後堀河天皇時代の北条氏の支配確立
・後醍醐天皇による建武の新政
・足利尊氏による光明天皇立位

五変は?
・鎌倉幕府成立
・承久の乱
・室町幕府の開設
・織田豊臣政権
・当代(江戸幕府)

後醍醐天皇が京を捨てた時に、天皇と朝廷の時代は終わったと!!


〇 日本史の流れを押さえる四つの視点
著者の四つの視点は??
・どこまで日本か  地理的枠組みの変化
・外圧とグローバル性  国際環境と安全保障上の脅威
・メインプレーヤーは誰か  天皇、貴族、武士、農民、町人へ 経済の発展と統治の広がり
・実力か世襲か  それぞれのメリットとデメリット


〇 「この国のかたち」は時代によって変わる
日本列島が一つの国と言えるのは豊臣秀吉の時代からである?

・古代  畿内、瀬戸内海、博多??
・鎌倉時代  東国、朝廷、奥州藤原氏の三国状態
・足利時代  東国切離し 勝手にやれと!!
 北条早雲が伊豆で拠点を築いたのも偶然ではないと!
・戦国時代  甲斐、越後、駿河に王が、九州中国は朝鮮半島、東南アジアに、
 スペイン、ポルトガルとつながりを持つ


〇 外圧にも「レベル」がある
著者の分類!
・レベルⅠ  ほぼ無風
・レベルⅡ  社会のあり方に多大な影響
・レベルⅢ  国の存亡の危機

レベルⅢは3回だと!!
① 663年   白村江の戦い
② 1854年  黒船
③ 1945年  敗戦

・レベルⅡは白村江の戦いから平安時代!
・戦国時代  レベルⅡからⅢに向かう
・秀吉    レベルⅢへ向かう
・家康    レベルⅠに戻す
・清盛に室町幕府は  レベルⅡ寄りのレベルⅠ??

では元寇は?? 鎌倉時代で解説がある!
危機と言うより、幕府の無能だと???


〇 日本の歴史は「プレイヤー」拡大の歴史
誰が権力に参加しているのか??
・古代政権  天皇家、物部氏、蘇我氏、渡来人、僧侶
・平安期   東国に武士が誕生! 平将門!! 源氏に平家!
・貨幣経済が発達し、商人層が台頭する!
・戦国時代  堺・博多の商人、千利休!
無名の町民に農民!

リーダーの資質も去るものながら、誰に支持されたか?
・源頼朝   鎌倉幕府を武士たちが望んだ!
・足利幕府  鎌倉幕府よりましな政権を武将が望んだ!
 後醍醐天皇よりましだと??


〇 世襲のメリット実力のメリット
実力の世界では敵が多い! 恐れられる!!
織田信長は包囲網を作られた!
足利義昭、信玄、朝倉、浅井、本願寺………
他には毛利、上杉………
三好、松永………
ナポレオンもほぼ敵だらけである!
イギリス、プロシア、オーストリア、ロシア、スウェーデン………

トラブルや権力闘争のたびに武力を用いたら、コストがかかると!!
実力以外の秩序は、世襲だと??
家柄の古さや前例こそ優先されれば、継続するほど累積し、予測可能だと!
世襲原理にも一理あると!!
が、実力のない権威は有効なのか??
尊氏、信長、秀吉、家康は実力があったので権威が有効だったと!

権威が通じなくなる時は、時代が変化している!
戦国時の天皇は在位が長いと!
・後土御門天皇  36年
・後柏原天皇   26年
・後奈良天皇   31年
代替わりする金が無い??
天皇の権威も影響力を持ち得ないと!!

 

第2章 古代
〇 史料が少ない古代史を読み解くには
「日本書紀」
「六国史」
「古事記」
ヤマト王権の自画像?
史料が乏しく、比較できない!

・中国、朝鮮の史料
・「木簡」
・法隆寺などの史料??


〇 ヤマト王権のフランチャイズ戦略
・中国の史書「漢書」の「地理志」に「倭」と言う地域がある!
 紀元前1世紀! 100余りの小国
・「後漢書」の「東夷伝」 倭の奴国
 光武帝から印を与えられる!
・「魏志」の「倭人伝」 邪馬台国 30カ国の連合体
 
ヤマト政権は早ければ3世紀に奈良県を中心に成立した!
著者は、大陸・半島との関係が重要だと!
ここから技術などを得ている!
・仏教
・遣隋使
・統治システム

となれば、近い九州が有利である!
が攻められる危険性も高い!
そう言う意味では、畿内の奈良盆地が有利なのか??

「宋書」の「倭国伝」
・478年 倭王武が宋の皇帝に送った上奏文がある!
東に55ヶ国、西に66ヶ国、北に95ヶ国を平定し、
中国に使者を送っている!

この時の武器は、中国文明だと!
道鏡や剣??
古墳も全国に広がる!

柵封体制のヤマト版??
著者はヤマトと書く!
意味がある!
地方豪族と言っても知れている?
グループ?
大陸経由の文物にテクノロジーを見せる!
そうして連合を組む??
そんなやり方で勢力圏を広げると!!


〇 「日本」をつくった警戒レベルMAXの外圧
外圧との緊張関係が続く!
高い警戒レベルの脅威にさらされてきたと!!


・4世紀末から5世紀  朝鮮半島に兵を出す!
・高句麗から攻撃を受けた百済はヤマト王権との関係を深める!
・隋、島に攻撃される!
・660年  百済が滅亡
・663年  朝鮮で塔に大敗
・唐との関係修復を図るが………
・668年 飛鳥から近江に都を移す!
・673年 天武天皇即位、死後持統天皇で改革に乗り出す!

「天皇」「日本」は天武天皇の時代に成立した!
中国や朝鮮と違う存在だと!!
・法隆寺の再建
・伊勢神宮の整備
・中国の文化を取り入れる! 先進性を認めている!
・天皇の継承が兄弟ではなく、親子になった?
・現在に続く元号「大宝」を制定する!

結果、外圧=変化=あたらいい国家体制の再構築!
この原型が出来たと!!


〇 壬申の乱は「日本」を二倍に広げた
天智天皇の死後、後継者争いがある!
弟・大海人皇子と大友皇子が争い、大海人皇子が勝つ!
天武天皇である!
古代、福井から岐阜の西橋で三重に至るラインから西は「関東」である!
「五畿七道」の原型を整える!
関東を意識し、東国を発見した??
日本は二倍の広さになる???


〇 律令体制を税金問題として考えてみよう
律令??
「公地公民」
土地は「公」 天皇のもので、民も天皇に属する!

「班田収受」
民に口分田が与えられ、かわりに祖庸調と言う税を納める!

「三世一身法」
新しく開墾した土地は、本人、子、孫の三代に限り認める!

「墾田永年私財法」
開墾地を永久に私有できる!

著者は、いつも通り疑っている??
はじめから機能していなかった??
・誰が律令を運用するのか
・普通は時代が変わると追加変更があるが、それが無い!
・漢文で難しいが、読める人間は限られている!
・「班田収受法」 人口、個人情報、土地の情報管理?
 果たして出来たのか???

税とは? いつの時代も変わらない??
1 取れるところから取る!
2 民を太らせてから絞る! 一定の保護を与える?
3 民が太ることを目的とする! そのための税である!

役人はタテマエでも守ろうとする?
そうなれば実際に土地で揉めた時、国に返せと??
この時、在地領主は国司を黙らせるためより上位の中央貴族や、
大寺社に助けを求める!

実情とかけ離れた」律令は、理念=タテマエは近世まで影響したと!!


第3章 平安時代
〇 朝廷は全国を支配できていたか 「面」の支配と「点」の支配 
「面」の支配と「点」の支配??
「面」の支配は、日本全体としては豊臣秀吉、徳川家康で成し遂げられたと!
鎌倉幕府が支配したのは?
・相模、伊豆、武蔵、駿河
・上総、下総、安房、下野、上野
東国だけである!!
その他は、軍事拠点を「点」として支配する!
それを「線」で繋ぐが、線も大した道ではない!!

坂上田村麻呂は東北を制したか?
・791~794年  10万人
・801年     4万人
・803年
三回にわたり蝦夷征伐に行くが………
著者の推測では、点、要所を支配しただけではないかと?
引き上げれば元の木阿弥か?

メチャメチャ言っているが、未開地の調査探検か、
威力偵察、現地民の不満の慰撫と沈静化か???
この時期、東北の平定などは不可能であると???


〇 貴族の地方放置が武士を育てた
894年 はくし 覚えやすかった!!

空海、最澄が一緒に行っている!
この時、橘逸勢も行っている!
日本の三大名筆家の二人まで行っている!
空海、嵯峨天皇、橘逸勢!!
吉備真備も派遣されている!!

・894年 菅原道真は中止を建議する!
・907年 唐滅亡!
この時期は唐から学ぶものは無いと??
著者は、もはや日本に攻めて来る力は無いと!
この時期、摂関政治が開始される!
北家が勝ち残る!
天皇の外威として200年近く、朝廷を牛耳っている!

当時の貴族の学問は?
・文章道  漢文学、歴史学
・明経道  儒学
・明法道  法律
・算道   算術

道真は宇多天皇に、実力で登用されている!
宇多天皇は、母親が皇族出身である!
藤原氏では無いと!!
それもあるが、道真は左遷される!!


〇 貴族の地方放置が武士を育てた 平将門の乱を再評価する
東国に朝廷とは別の体制が生まれる可能性があったと!!
平将門である!
何処までのビジョンがあったのか??

貴族は地方を統治などしていなかった!
搾取し放題である??
国司が派遣されるが、一定額を納めればあとはやりたい放題である!
4~5年で、取りたい放題だと!
当初は貴族が自ら国司として赴くが、
任地に送り込む下級の官人を目代と言う!
頼朝が旗上げ時狙ったのが、目代である………

この時に武士が生まれる!
京ではのし上がれないので、田舎に行く!
源氏に平氏である!!
平氏が先に関東に行く!
三浦氏、上総氏、千葉氏、畠山氏、北条氏………
その中で成功した平氏で、伊勢・伊賀に拠点を移したのが伊勢平氏!
平清盛が出てくる!
その時空いた地に源氏が入る!!

平氏は桓武平氏である! 当たり前である!
平氏は3つの層に分かれる?
第一 都の貴族
第二 都で食いはぐれ地方に移る
第三 地方に土着して在地領主となった、貴族とは呼べない!

将門は第二のタイプ!
将門は「新皇」 新しい天皇として名乗りを上げる!
関東八カ国に勢力を広げる!
下野、上野、常陸、上総、下総、武蔵、安房、相模!
頼朝と重なるが………

将門を倒したのは藤原秀郷!
東国武士であるが、この意味は小さくないと!!


〇 実はもろかった摂関政治
摂関政治は天皇の外威になることか??
この場合、男の子を生まなければ意味が無いと!!
だったら複数の娘を送り込み、正室、側室を全部藤原氏で占めたら………
200年続く!!
この間に藤原氏を母に持たない天皇は、宇多天皇だけである!
確率は高い………
・1068年 藤原氏と関係のない後三条天皇が即位した!
時代は摂関政治から院政に移る!
藤原本家に女の子が、一人しかいない?
要は、女の子に恵まれて、男の子を生んだからと言う、偶然に頼ったと!
脆弱な権力基盤しかない………

・1069年 延久の荘園整理令
正しくない荘園は没収される!
これで藤原氏は1/3失う!
これに危機を感じた在地領主は考える!!
摂関家も大寺社も当てにならない!
天皇の上は??
上皇である!!
これが院政を支える!!
上皇は内親王に荘園を分ける?
当時の結婚は??
女の元に男が通う!
母親重視である!

鎌倉武士!
AからBと言う妻を迎える!
AとXが争うとBは必ずBに味方しなければならない!
【では北条義時の姫の前は比企である??】
【宝治合戦で毛利季光は三浦から妻を貰い三浦に味方する??】

摂関政治は母方の外威が力を持つ!!
院政は逆に父方である!
そう言う根本的な変化があったと!!


〇 「武者の世」が到来した理由
・1156年 保元の乱 武者の世が来たと!!
源氏と平氏である!
源氏は「戦争が得意だが政治は下手」
河内源氏であるが、不祥事が続く!
保元の乱では崇徳上皇に付き処刑される!
義朝は関東に戻り地盤の回復に努める!

伊勢平氏の祖は維衡!
将門を討った貞盛の子である!
その息子、忠盛は諸国の国司を歴任!
日宋交易、瀬戸内の海賊を取り締まり、降伏したものを配下に加える!!
忠盛の子が清盛!!

・清盛 大金持ちの御曹司
・義朝 失敗続きで、東国で一からやり直し

政争には武力を持ち込まない!
暗黙の了解か??
これを信西が破る!!
軍事的に有利になり、保元の乱に勝利した!!
義朝は勝利するが、清盛に差を付けられる!!

平治の乱は?
信西・平氏VS藤原信頼・義朝

清盛は武士なのか?
平氏政権は最初の武士政権か??
・清盛は二条天皇の乳母を後妻に迎える
・後白河院や摂関家とも縁戚関係を築く
・娘は安徳天皇を生む

治承・寿永の乱は?
源氏VS平氏ではなく、
在地領主VS朝廷政治???
武士たちは平氏排除ではなく、自分達の在地権力を確立することだったと???

 


日本史を疑え ①・本郷和人

« 本・中国・反骨列伝(1997/11)・伴野朗 本・中国・反骨列伝(1997/11)・伴野 | トップページ | 本・日本史を疑え ②(2022/5)・本郷和人 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

古代史」カテゴリの記事

奈良時代」カテゴリの記事

室町時代」カテゴリの記事

平安時代」カテゴリの記事

鎌倉時代」カテゴリの記事

 戦国武将(武将)」カテゴリの記事

源平合戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・中国・反骨列伝(1997/11)・伴野朗 本・中国・反骨列伝(1997/11)・伴野 | トップページ | 本・日本史を疑え ②(2022/5)・本郷和人 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ