« 本・壬申の乱と関ヶ原の戦い なぜ同じ場所で戦われたのか ➀(2018/2)・本郷和人 | トップページ | 本・言わなきゃいけないプロ野球の大問題-巨人はなぜ勝てなくなったのか?(2019/5)・広岡達朗 »

2024年3月 7日 (木)

本・壬申の乱と関ヶ原の戦い なぜ同じ場所で戦われたのか ②(2018/2)・本郷和人

Photo_20240307213401


第三章 関ヶ原の戦い(1)その構造
第四章 関ヶ原の戦い(2)歴史的意義
終 章 歴史が転換する時

 

第三章 関ヶ原の戦い(1)その構造
◇ 将軍権力の二元論
・主従制的支配権  政治権力
・統治権的支配権  「奉公」と「御恩」

鎌倉時代は統治権的支配権
足利尊氏、直義は分担する!
尊氏 軍事
直義 政治

それらが足利義満の頃には一つにまとまる!

◇ 「都」と「鄙」
室町時代は明らかに分かれていた!
・「都」 将軍が支配 先進地帯  京  中部、近畿、中国、四国
・「鄙」 鎌倉公方  後進地帯、田舎  東北、関東、九州

鄙では有力な地方の有力な武士が守護になる!
・甲斐  武田
・下総  千葉
・豊後  大友
・薩摩  島津

都は足利一門である!
・細川、斯波、畠山、………
・一門ではないが、土岐、赤松………

応仁の乱は都の都の守護大名の争いである!
乱後、鄙の守護大名は戦国大名化する!
・秀吉の時代、蒲生氏郷は伊勢松阪12万石から、会津42万石に抜擢!
最終的には90万石と言うが、氏郷は喜ばない!
「こんな田舎では天下争奪時、何も出来ない」
・信長の時代、滝川一益は上野50万石になるが、喜ばなかった!
・秀吉は家康を256万石で関東に追い払う??
・織田信雄は、伊勢・尾張にこだわり、命令拒否で取り潰される!

◇ 関ヶ原の合戦
・本戦
・東北   上杉VS最上
・京・大津 京極VS立花宗茂 
・九州   黒田VS大友
それ以外もある!
・信濃  真田VS徳川
・伊勢
・伊予

では誰と誰が戦ったのか??
・東軍  徳川家康 
 大阪を支配下に置き、秀頼をいつでも殺せる状態
・西軍  毛利輝元? 石田三成? 著者は豊臣秀頼?
 家康の首を取る! 機内に入れない!

「司馬遼太郎 関ヶ原」
これは興奮した!!
その本から関ヶ原の知識を得た!
今では大分修正が入ったが………

◇ 石田三成の戦略は?
・小牧長久手の戦いで家康を臣従させた戦いを参考にする!
・家康の首が絶対条件では無い?
・岐阜城は一日で落城?
【こうなると直江兼続の長谷堂城攻めがだらしない】
・三成は、大垣城、南宮山、松尾山を考える!!
・関ヶ原になる!

◇ 家康の戦略は?
・豊臣家の乗っ取り? 言いがかりをつける?
・前田利長の謀反を言い立てる
・上杉景勝の謀反を言い立てる  
・言いがかりで諸将を見極める?
・戦争を欲し、豊臣家の秩序を破壊する!
・すでに恩賞の約束をしている??
・上杉討伐に付き添った諸将は最初から家康に従うつもりである!

◇ 三成の戦術は? 失敗??
・細川藤孝に田辺城 500ほどの兵に15,000の兵を向けた!
 はんぶんでも7,8000の兵である!
・京極高次の大津城に、立花宗茂、小早川秀包のエースを派遣した!
 二人とも戦意が高く、猛将である!
・島津義弘の夜襲の進言を受け入れなかった!
・鳥居元忠の伏見城には、小早川秀秋、島津義弘が援軍で入ろうとしたが………
・小早川秀秋は西軍とは言えない!!
・大谷吉継は笹尾山に向けて土塁を造っている!
・吉川広家は動かない? 家康は確信している!
・ドイツから来たメッケル少佐は、布陣を見て西軍の勝ちと論じた!
・小早川秀秋の裏切りで勝負あった!
・三成が生き延びれば、大阪城籠城と言う選択肢はあった!
 立花宗茂、小早川秀包、田辺城攻撃の残党、敗残兵、
毛利輝元の軍と合わせて50,000の兵はある!
 西軍に戦うエネルギーは無かった!!

 

第四章 関ヶ原の戦い(2)歴史的意義
◇ 戦後処理
輝元は騙されたのか?
所領安堵されると!!
黒田長政、福島正則が交渉である!
書面にはどこにも所領安堵は書かれていない?

◇ 誤解されている福島正則
酒飲みだったようだ?
改易された時は、家臣は引く手あまただった?
荒くれ大名??
改易されたので、好きに言われる!

◇ 幕府の成立時期!
・徳川幕府 席ガラで勝利した1600年か? 〇
 征夷大将軍の1603年か?
・鎌倉幕府
 1192年 征夷大将軍  イイクニ
 1185年 守護を任命  イイハコ 〇
 1180年 鎌倉入り
・室町幕府
 1388年 征夷大将軍
 1338年 建武式目    〇

あまり意味が無いと思うが………

◇ 家康の査定 ① 戦功重視 裏切りは許さない
小早川秀秋は事前に家康と密約があった?
脇坂安治、朽木元網、小川裕忠、赤座直保!
脇坂安治は家康に連絡を取っていたが、2家は取り潰し、1家は減封!
勝ちが見えてからの裏切りは許さなかった!
・福島正則  清州24万石~安芸・備後半国の49万石
・小早川秀秋 筑前35万石~備前52万石
・京極高次  近江大津6万石~若狭小浜92,000石

ここには出ていないが山内一豊 遠江掛6万石~土佐20万石?
戦場での槍働きは無いが、城を家康に差し出したから???

◇ 家康の査定 ② 一族に甘い
・家康次女・督姫  池田輝政 
・家康三女・振姫  蒲生秀行 亡き後浅野長晟
・秀忠次女・玉姫  前田利常

みんな優遇されているが………
蛍大名?? 妻の身分で出世する???

◇ 家康の査定 ③ 家臣に厳しい
・榊原康政  加増ゼロ
・本多忠勝  息子に加増
・鳥居元忠  加増は無かったが、時間をかけて加増される!
・井伊直政  高崎12万石~彦根18万石 最終35万石
 徳川の戦法は井伊と外様の藤堂である!!
 直政亡き後、直継が継ぐが、弟直孝に変わる!
 直継は上野の安中で3万石になる!

◇ 家康の査定 ④ 敵にも甘い!?
・長束正家  切腹
・前田玄以  安堵されるが改易
・増田長盛  改易 大阪に陣で切腹
・浅野長政  最終的に福島正則改易後、後に入る!
 一族から忠臣蔵が生まれる!

毛利家はなぜ生き残れたのか??
「司馬遼太郎 関ヶ原」
この計数に明るい三成にすれば、毛利の領土を削ら無ければ、
恩賞の土地が無いと!
どうも潰す気だったが、吉川広家が自分に与えられる長門、周防2カ国を、
毛利本家に譲った!!
ここらの家康は詐欺師であるが………
結局吉川広家は岩国3万石になる!!
関ヶ原での毛利秀元は合戦を見ている!
もし毛利の大軍が参戦していたらの思いがある!!
その為吉川広家にはきつかったようだ………
そうなれば長宗我部も参戦するはずである!
吉川広家は黒田官兵衛、長政と仲が良い!!!

◇ 家康の査定 ⑤ 東北と九州の軽視
上杉景勝は家康小山着陣時夜襲を行わなかった?
家康撤退時、追撃しなかった?
最上領を攻める!!
この時期、戦国時代の再来と見て領土拡張に走った!!
・最上義光  加増
・伊達政宗  少しの加増
・上杉景勝  30万石に減封 生かしたと??
東北はどうでもよかった??

九州も同じである?
・黒田官兵衛  長政に加増
・加藤清正   小西行長領を貰う
・島津義弘   本領安堵 攻めるには損害が多い?

家康は家名を残すことにより恩を売った!
上杉、毛利、島津………
佐竹もそうなのか??
・血縁を大事にする
・家臣に厳しい
・外様を優遇
・東北、九州は寛大

譜代には政治を担当させた!
政治と経済を分けたと??

◇ 家康は何故江戸で幕府を開いたのか?
・秀吉の朝鮮出兵の失敗!
・外交から内政重視に変わる!
・東北地方を開発したい! 江戸が都合が良い!
・つまり重商主義から重農主義へ

著者は政治の江戸と、経済の大阪に分かれて成長したと!
大阪都構想は、正しい???

 

終 章 歴史が転換する時
戦いから見えるもの??
◇ 壬申の乱
・「天皇」が生まれる
・国外重視から国内重視
・「日本」の国号を使う
・東の国境が定まる

◇ 青野ヶ原の戦い
・武士の世が生まれる
・将軍権力が確立

◇ 関ヶ原の戦い
・統一国家になる
・外交重視・重商主義から内需拡大へ
・関東・東北の開発が進む
・都が今日から江戸へ! 東に移る!

この後、不破の関は重要ではなくなる!
徳川の防衛ラインは??
・伊勢・藤堂、彦根・井伊で迎え討つ
・福井城に親藩
・尾張・名護屋城を築く
・箱根 小田原城
・越前、美濃、尾張が防衛ラインであると!!

日本もヨーロッパに比べると穏やかである!
こう言う場合は世襲が定着するようだ!
・多神教国家である!
・宗教的弾圧も無い???

◇ 日本は外圧で動く?
・白村江の戦いで負けて危機を感じる
・黒船来襲
・元寇
・朝鮮出兵

東の反乱分子が西へ攻める時に、不破の関、関ヶ原で戦いが起こる!

◇ 天皇は必要か??
・木か金て作れと言った高師直でも、逆に必要性を認めていた!
・天皇は仏教や振動の頂点に達している!

◇ 幕府の置かれた場所は何の理由があるのか??
・鎌倉幕府 一定の発展は出来たが都に劣る?
・室町幕府 なので尊氏は京に幕府を開く
・徳川幕府 東国中心の国造りを行った!

上方の元禄文化、江戸の化政文化が花開く!
関ヶ原が起こる可能性は無くなる!
東の劣等性が西の優等生に挑むことは無くなると!!

◇ 太平洋戦争? 日本は分かれる??
長引けば日本は朝鮮半島のように分断されていた???
その場合は不破関、愛発関、鈴鹿関が38度線か???
京都を首都とする象徴天皇制日本国と、
東京を首都とする共産党書記長の、東日本人民共和国に分かれる!!
この想像は無理がある!!!

 


壬申の乱と関ヶ原の戦い なぜ同じ場所で戦われたのか ②・本郷和人

« 本・壬申の乱と関ヶ原の戦い なぜ同じ場所で戦われたのか ➀(2018/2)・本郷和人 | トップページ | 本・言わなきゃいけないプロ野球の大問題-巨人はなぜ勝てなくなったのか?(2019/5)・広岡達朗 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

室町時代」カテゴリの記事

平安時代」カテゴリの記事

戦国時代」カテゴリの記事

江戸時代」カテゴリの記事

鎌倉時代」カテゴリの記事

 上杉氏(越後・謙信他)」カテゴリの記事

 中国 (毛利・宇喜多他)」カテゴリの記事

 九州 (島津・竜造寺・大友他)」カテゴリの記事

 会津 (蒲生氏郷・保科正之他)」カテゴリの記事

 四国 (長宗我部他)」カテゴリの記事

 大谷吉継」カテゴリの記事

 徳川家康 (徳川関連)」カテゴリの記事

 戦国武将(武将)」カテゴリの記事

 東北 (政宗他)」カテゴリの記事

 真田一族」カテゴリの記事

 石田三成」カテゴリの記事

 織田信長 (織田関連)」カテゴリの記事

 藤堂高虎」カテゴリの記事

 豊臣秀吉 (秀吉関連)」カテゴリの記事

 黒田官兵衛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・壬申の乱と関ヶ原の戦い なぜ同じ場所で戦われたのか ➀(2018/2)・本郷和人 | トップページ | 本・言わなきゃいけないプロ野球の大問題-巨人はなぜ勝てなくなったのか?(2019/5)・広岡達朗 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ