« 本・日本史を変えた八人の将軍 ②(2020/2)・本郷和人・門井慶喜 | トップページ | 本・感染症の世界史 ②(2018/1)・石弘之 »

2024年3月22日 (金)

本・感染症の世界史 ①(2018/1)・石弘之

Photo_20240321005202

地上最強の地位に上り詰めた人類にとって、感染症の原因である微生物は、ほぼ唯一の天敵だ!
医学や公衆衛生の発達した現代においても、日本では毎冬インフルエンザが大流行し、
世界ではエボラ出血熱やデング熱が人間の生命を脅かしている!
人が病気と必死に闘うように、彼らもまた薬剤に対する耐性を獲得し、
強い毒性を持つなど進化を遂げてきたのだ!
40億年の地球環境史の視点から、人類と対峙し続ける感染症の正体を探る!


石弘之
1940年、東京都生まれ  東京大学卒業後、朝日新聞社に入社
ニューヨーク特派員、編集委員などを経て退社
国連環境計画上級顧問、東京大学・北海道大学大学院教授、ザンビア特命全権大使などを歴任
この間、国際協力事業団参与、東中欧環境センター理事などを兼務
国連ボーマ賞、国連グローバル500賞、毎日出版文化賞を受賞

 

著者の本は読むようになったが、大変ためになる?
自然環境?
賢くなったと思う!!
砂、火山と読んでいる!
今後も読んで行きたい!!
内容は下記の通りである!! ① ②と分けて紹介する!!

 


はじめに
感染症年表
WHOによるパンデミックのフェーズ
第1章 新型コロナウイルスの世界的大流行
第2章 人類の移動と病気の拡散
第3章 微生物という地球上の巨大ファミリー
第4章 人類の攻防 ヒトは微生物に1勝9敗


第5章 人類と共生する微生物
第6章 なぜインフルエンザは毎年流行するのか
第7章 広がる危険な感染症
第8章 感染症と日本人
第9章 感染症は社会を変えた
石弘之さんインタビュー 「感染症と人類の攻防は未来永劫続くでしょう」

 


はじめに
過去に繰り返された感染症の大流行から生き残った
「幸運な先祖」の子孫だと!
ただ感染症も生き残った幸運な子孫だと!

◇ 感染症年表
・紀元前430年 ギリシャ アテネの疫病10万人
・165年~180年 アントニヌスの疫病 350~700万人
・541年~542年 地中海 ユスティニアヌスのペスト 2500万~1億人
・735年~737年 日本 天然痘 100万人
・1347年~1351年 ヨーロッパ ペスト 2000万~3000万人
・1520年  メキシコ 天然痘 800万人
・1665年~1666年 イギリス ロンドンの大疫病 ペスト 10万人
・1770年~1772年 ロシア ペスト 10万人
・1889年~1890年 ロシア ロシア風邪 100万人
・1918年~1920年 スペインかぜ 5000万~1億万人
・1957年~1958年 アジアかぜ 100万人
・1968年 - 1969年 香港かぜ 100万人
・1981年  エイズ 3200万人
・2009年  新型インフルエンザ 1万8500~28万人
・2019年  COVID-19 新型コロナウイルス感染症 176万人

◇ WHOによるパンデミックのフェーズ
フェーズ1 パンデミック間期 ヒト感染のリスクは低い
フェーズ2          ヒト感染のリスクはより高い
フェーズ3 パンデミックアラート期 ヒト・ヒト感染はないか、極めて限定される
フェーズ4    ヒト・ヒト感染が増加している証拠がある
フェーズ5    かなりの数のヒト・ヒト感染あることの証拠がある
フェーズ6 パンデミック期 効率よく持続したヒト・ヒト感染が確立

 

第1章 新型コロナウイルスの世界的大流行
2019年 武漢発のコロナウイルスはなぜここまで世界に感染したのか?

Lecture 1 世界を巻き込んだコロナ・パンデミック
「COVID-19」 武漢ウイルスを命名する!
中国は認めない?? この発表の遅れが感染を広めた!
・2020年1月14日 日本で発症! 中国に忖度したから………

40数種類のコロナウイルスでヒトに感染した7番目もウイルス!

Lecture 2 新型コロナウイルスはどこから来たの?
「華南海鮮市場」
が、発症源?? と言われている!
タヌキ、ハクビシン、ジャコウネコ、ヘビ……
コウモリもか?
要は中国人は何でも食べる?

このウイルスは発症以前に見つかっている!
・2019年3月 スペイン バルセロナ
・仝11月   ブラジル フロリアノポリス
・仝12月   イタリア ミラノ、トリノ
・5年前    中国奥地
実情は???

Lecture 3 強毒性のコロナ3兄弟
10年のサイクルで起こっている!
・SARS    2002年  8439人  812人
・MERS    2012年  2494人  858人
・COVID-19  2019年  8080万人 176万人 桁が違う!

都市の過密化が原因だと!!
コロナウイルスの歴史は1万年!

Lecture 4 ネアンデルタール人と新型コロナ
ネアンデルタール人のDNAが現人類に受け継がれていると!
この「幸運な先祖」の子孫が守ってくれていると!

が逆にある遺伝子が重症化リスクを高めていると!
この遺伝子を受け継いでいると!
・ヨーロッパ  16%
・南アジア   50%
・東アジア   4%

イギリスは、バングラデシュ出身者の2倍高いと!!

 

第2章 人類の移動と病気の拡散
約20万年前、アフリカで誕生した現生人類の祖先は、世界へ移動!
微生物、小動物もお供した!

Lecture 1 太古の人類の移動と、意図せざるお供
・約20万年前 人類は誕生
・5~6万年前 世界に出る………
その時にお供がいる!
・言語、技術、神話、音楽、信仰
・ネズミ、ゴキブリ、ダニ、シラミ、ノミ、寄生虫
・細菌、ウイルス、原虫、カビ類

微生物は宿主とともに進化する!!
シラミは頭に住んでいたが、衣服に住むようになる?

Lecture 2 遺跡からも見つかる感染症の跡
見つかるのは??
・糞石 縄文時代
・ミイラ
鞭虫、異形吸虫類、毛頭虫類

定住化により、古典に結核、コレラの記述がある!
藤原四兄弟も感染症に!!

Lecture 3 シルクロードは病気も運んだ
漢VSローマ!
この交流で、感染症も運ばれる!
漢は?
最盛期の人口は6500万人
6世紀末には4500万人で衰退になる!

ローマは?
マルクス・アウレリウスの時代 コレラ 300万人死亡!
東ローマ ユニティにアヌス帝 3000~5000万人死亡!

これが8世紀半ば続いたペスト・パンデミックの「第1波」
ペストの自然宿主はキリギスにいたマーモット!!

Lecture 4 中世を席巻したペストの流行
これを生物兵器と言う研究者もいる??
十字軍はペスト菌を持ち帰ったと??
・14世紀 「第2波」ペスト流行
・チンギスハンはローマが200年かかったのを20年で築く!

 

クリミア半島のカッファは、はモンゴルが包囲するが、
ペストが発生!
その死体を城壁内にほり込む!
ペストが広がる!

感染拡大は?
・中世農業革命  人口増加に異常気象
・不衛生な都市

Photo_20240321004901

映画 デビル・クエスト ペスト流行時である!

検疫はペスト流行の置き土産!
ヴェネツィアは船員を隔離し、病気でないことを確認する!

Lecture 5 断続的に続くペストの大流行
ペストの大流行!
・第1波 541~750年  エジプト~地中海、ヨーロッパ北西部
・第2波 1331~1855年 中央アジア~ヨーロッパ、中国
・第3波 1855~1960年 中国~インド、ヨーロッパ、アメリカ西海岸、日本

この3回の大流行は、遺伝子を調べると、中国が起源!!

Lecture 6 新大陸の悲劇と天然痘
・1980年 天然痘絶滅宣言!
天然痘にハシカは一定の人口が無ければ生き残れない!
新大陸に天然痘が持ち込まれ、猛威を振るう!
・サント・ドミンゴ島 40年で100万人が数百人に!
・アステカ帝国  2500万人が100万人に
・インカ帝国   壊滅的打撃

天然痘、ハシカ、インフルエンザ………
ただし梅毒は新大陸から持ち込まれた???
という説もある!!

Lecture 7 患者が差別にさらされたハンセン病
日本でも訴訟が続いている!!
・紀元前2000年 人骨に痕跡が見つかる!
人の移動と共に世界に広がる!
・1940年代 治療薬が開発される!
現在も患者は多いと言う!

最初は東アフリカから中東にかけて発生したと!

日本は強制隔離、不妊手術も行われた!

Lecture 8 19世紀を象徴する感染症、コレラ
・コレラ インドベンガル地方の風土病!
・1817~1823年 大流行! 
・以降7回の大流行!

テムズ川を水源とする利用者が感染している!
飲み水が原因!

日本ではコレラを祟りと信じ、
神の使いとされる狼の毛皮でのお払いが流行!
その為に、ニホンオオカミが捕殺されて絶滅した!!

Lecture 9 感染症史、最大の非劇、スペイン風邪
当時の世界人口は18億人!
1/3~半数が感染!
5000万~1億人死亡!

スペインは濡れ切れであるし、誰もスペイン発症とは思っていない!
・カンザス州
・フランス説
・中国人労働者
いずれにしても生物兵器ではない!

薬のデマに注意が必要!
「消毒剤」を飲めば「コロナ」は治る?????

Lecture 10 日本でも猛威を振るったスペイン風邪
・1918年4月 台湾巡業の力士3人が死亡
・仝10月 日本に上陸  25万7362人死亡

・1919年 再流行 12万7666人 

集団免疫が出来て収束する!!

 

第3章 微生物という地球上の巨大ファミリー
1/10,000のウイルス、細菌、原虫の微生物が、
身体の中に入り増殖して感染症を引き起こす!!

Lecture 1 感染症は微生物が引き起こす
3つに分類される微生物!
・ウイルス
・真核生物  真菌、原虫  マリアナ   
・原核生物  細菌、DNA  バクテリア  536種

大きさ

Photo_20240321004802

人に病気を起こす病原体は
・ウイルス 216種
・菌類   307種   
・細菌   536種
・原虫   66種   
・寄生虫  267種
計 1415種

Lecture 2 3x10³⁰個ウイルスが地球を覆う
・2006年 ウイルスに感染するウイルス発見

赤ん坊は、半分父系であり、母親にとっては異質なものである!
母親の免疫系により生きて生けない??
これを守っているのがウイルスだと!

RANウイルスの一種 レトロウイルスは、
自分の遺伝子を別の生物の遺伝子に組み込み、
進化の原動力になっている!

巨大ウイルス

Photo_20240321004801

 

Lecture 3 戦いの収束は4パターン
4つのパターン!
類型
・ウイルスに敗北   ラッサ熱
・ウイルスが敗北   天然痘
・和平関係      ヘルペスウイルス
・果てしなき抗争   インフルエンザ、

変異もあり永遠に続く!!

Lecture 4 耐菌性、抗生物質の危険性
以前医者に行った時に、言われた!
抗生物質の行き着くところまで行っている!
それに耐える菌が出てくると!!
731部隊! これも耐菌性のある菌を作ろうとした???

細菌も生き残りを図るために変身する??
いたちごっこになっていると!!

必要のない抗生物質は飲まない!
医師の指示通り正しく飲む!!

Lecture 5 薬漬けの家畜の危険性
これは納得である!
畜産や養殖でも抗生物質が多用されている!
問題は
・抗生物質漬けのものを食べる
・排泄物 肥料にもなる 土壌に抗生物質が溜まる!
・接触

WHOは
・1997年 資料添加を禁止
・禁止   EU
・継続   中国、アメリカ、日本………

抗生物質から生き残った耐性菌は、耐性のない菌にも、
「耐性遺伝子」を渡し、耐性菌へと変身させる!!

タミフルも、従来の汚水処理では完全に処理できず、
河川に流れ込む!
水鳥がこの河川のエサを食べると、抗体のあるウイルスになる可能性があると!!

 

第4章 人類の攻防 ヒトは微生物に1勝9敗
どんな生物も「子孫を残す」ために生き延びようとする!
人類が克服したのは「天然痘」だけで、大半は戦いの渦中だと!!

Lecture 1 新たに出現する動物由来の感染症
動物と共有する人の感染症!
・犬 65種 狂犬病………
・牛 55種 ハシカ、天然痘、結核、ジフテリア
・羊 46種 リフトバレー熱
・豚 42種 百日咳
・鴨 インフルエンザ
・猫 
・小鳥 オウム病
家畜は病気の温床である!

アフリカでは野生動物が食料のために殺されている!
狩りや、解体時の血液で感染する!
中国は禁止しても「上に政策あれば下に対策あり」
どうしても食べると!!

Lecture 2 もっとも人を殺した生き物は「蚊」
50年以上前では、日本脳炎の予防接種があった!
蚊である!

・歴史の登場  BC1万年前から8000年
・語源     イタリア語 「悪い空気」
・現在     年間40万~100万が死亡

マラリア!
赤道直下の国!
アフリカ、東南アジア、インド、中東………
日本も戦争中に病死している!

アレキサンドロス大王も、マラリアで死亡か??

Lecture 3 気候変動と感染症の深いかかわり
今から50年前は、冷害を教えられた!
その為に飢饉なる!!
冷害に強い品種は収穫量が少ない??
そう言うことを教えられたが………

今や温暖化でそう言うことは言わなくなったし、減反である!
・2014年 デング熱
蚊が仲介する!
ヒトスジシマカ?
これが東北地方まで進出する?

アフリカ ナイロビでもマラリアが発生する!

Lecture 4 森林の消失が微生物を人に近づける
新感染症は、
・環境破壊
・人口拡大
・経済拡大
・森林の伐採や開墾
・都市の膨張
自然のシステムが各地で崩壊!

森林破壊で野生動物が追い出される!
そこで人類と接触し、感染する!
霊長類も食用になっている!!

Lecture 5 ポリオは征服寸前
天然痘は根絶!
・2020年 野生株のポリオが残るのは、パキスタン、アフガニスタン!
が、ワクチン由来のポリオウイルスは残っている?
・ナイジェリア
・コンゴ
・フィリッピン………

ワクチン由来である?
想定外か??

安全な水とトイレで撲滅できると!!

 

感染症の世界史 ①・石弘之

 

« 本・日本史を変えた八人の将軍 ②(2020/2)・本郷和人・門井慶喜 | トップページ | 本・感染症の世界史 ②(2018/1)・石弘之 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

紹介、情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・日本史を変えた八人の将軍 ②(2020/2)・本郷和人・門井慶喜 | トップページ | 本・感染症の世界史 ②(2018/1)・石弘之 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ