« 本・戦国武将の選択 ②(2021/4)・本郷和人 | トップページ | 本・日本史を変えた八人の将軍 ②(2020/2)・本郷和人・門井慶喜 »

2024年3月20日 (水)

本・日本史を変えた八人の将軍 ①(2020/2)・本郷和人・門井慶喜

Photo_20240321002101

将軍がわかれば、日本史がわかる?
日本史のなかで、700年にわたり政権の座にあった武家!
その中心である将軍が日本史におよぼした影響について、
将軍8人と将軍にならなかった2人から読み解いていく?
鎮東将軍、征西将軍などさまざまな将軍があるなかで、
なぜ征夷大将軍だけが武家の棟梁とされ、幕府を開くことができたのか?
将軍権力(軍事と政治)はどのように変化していったのか?
そして、彼らは日本史をどう変えたのか?
中世政治史を専門とする東大史料編纂所教授と、
『家康、江戸を建てる』などで知られる直木賞作家が、
知識と想像力の限りを尽くして、命題に迫!!

 

8人の将軍である!
鎌倉時代は頼朝しかいない!
頼家、実朝は変や乱では面白いが………
そうなると足利も話題が少ない!
くじ引き将軍、義政、義輝、義昭??
徳川は、秀忠、家光、綱吉もいるが!
西郷隆盛まがトリである!!
将来、何百年後かに、征夷大将軍は復活するのか??
そんな事を考えるが………
内容は下記の通りである!! ① ②と分けて紹介する!!

 


はじめに  松本清張にも聞かせたかった(門井慶喜)
序   将軍とは何か
第1章 坂上田村麻呂 すべてはここから始まった
第2章 源頼朝 頼朝が望んだのは征夷大将軍ではない!?
第3章 足利尊氏 うかがい知れない英雄の心中
第4章 足利義満 最大の権力者が求めたもの


第5章 織田信長と豊臣秀吉 将軍権威を必要としなかった覇者
第6章 徳川家康 今も影響を与え続けている家康の選択
第7章 徳川吉宗 幕府中興の祖がなしえなかったこと
第8章 徳川慶喜 英明か、凡庸か。勝利者か、敗残者か
第9章 西郷隆盛 近代最初の将軍であり、封建制最後の将軍
結   将軍が日本史に果たした役割
おわりに  歴史学の限界と、法則からの跳躍  本郷和人

 

はじめに  松本清張にも聞かせたかった(門井慶喜)
松本清張が言う!
「なるほど学者というのは知識はあるが、文章が下手だ!
 ああむつかしく書くのでは大衆へは届かない」

渡部昇一!
「どんな良いこと書いても、読んでもらわなければ意味が無い」

そう言うことであれば、池上彰である!
くどいほど繰り返す!
これは分かっているような顔をしている人の為か?
今さら聞けない人の為か??

松本清張、作家である!!
「知識は少々劣るが、大衆に耳を傾けせさせる能力は上だ??」
この場合の学者は、歴史学者である?
が、小和田哲男が嚆矢かと思われるが、両方兼ねている??
本郷和人がそうであると???

はじめには、提灯記事から始まる!

 

序 将軍とは何か
何も知らない時は、一番偉いと思っていた!
まず朝廷から貰う!
では朝廷より上にある??

・征夷大将軍
・鎮東将軍
・征西将軍
・鎮守府将軍
それに大臣?
どちらが上か??

「将」 「ひきいる」「もちいる」
「師」 軍を率いる!

日本では「将 しょう」「勝 しょう」
語呂合わせか? 日本は大好きである!
太平洋戦争末期、長野県に大本営を移そうとした!
長野県 信濃 信州 神州???

武家に信仰されたものに「勝軍地蔵」
「愛宕権現」
直江兼続の兜の「愛」は「愛宕権現」の「愛」
鎌倉時代から江戸時代は「将」が使われる!
明治維新はその否定であるので、「師」が使われる!
その為に「師」を使う! 「大元帥」

中国は将軍が多いが格がある!
・大将軍
・驃騎将軍
・車騎将軍

五世紀 倭の五王の「武」
宋から「安東大将軍」に任じられる!

坂上田村麻呂は軍事的将軍であると!!
坂上田村麻呂が征夷大将軍として東北に遠征した時は、
広大な地域に、陸奥、出羽しかなかった………
伊豆や安房でも一国である??
「越」 大きすぎて分ける
・越後
・越中
・越前 さらに加賀、能登、若狭、越前と分ける!

東北に関東は未開の地だった………
将軍には何より兵士を戦う気にさせる、士気を上げることを求められる!
この件については面白い話がある!
家康と秀康が相撲見物していたら、大騒ぎになり収拾がつかない?
この時、秀康が立った!
立っただけで騒ぎが収まった?
この才を戦場で発揮されれば……… 家康は恐れた………

司馬遼太郎が書いていたが、征韓論!
朝鮮半島遠征軍の指揮官に、板垣退助を考えていた?
将軍の才能はやってみなければ分からない!!

幕府は学術用語!
中国では将軍が遠征して、幕を張って軍務を取り扱う!
これを「幕府」という!
日本は「柳営」という!
なので後鳥羽上皇は「北条義時を討て」と命じた!
「鎌倉幕府を討て」とは言えない??
同じことだが………

 

第一章 坂上田村麻呂  すべてはここから始まった
坂上田村麻呂(757~811)
渡来氏族・東漢氏をルーツとする、軍事部門を得意とする!
・797年 桓武天皇より征夷大将軍に任命され遠征する!
それまでに、薬子の変を鎮圧する!
これが810年! と言うことは、1年足らずの征夷大将軍か??

本郷和人がいつも言う! 古代日本は一つでない!
西国中心で、関東、東北が日本になるのはかなり後だと!

遠征軍の兵站は?
国衙が担当する? 県庁である!
しかし現地担当である!
将軍の役割は、兵に分け前を分配する!
略奪や暴行が出来たから、遠征を成し遂げることが出来る!
コンスタンティノープル陥落時、3日間の略奪を許したと!

坂上田村麻呂が遠征するまで、朝廷軍は連戦連敗である!
アテルイ軍はなぜ強かったか?
まず地元である!
ウクライナが勝負出来ているのは、欧米の武器もあるが、愛国心である?

国民の不満をそらすために遠征する!
よくあるが………
将軍も一騎打ちの必要は無く、政治力が求められる!
悪源太義平、鎮西八郎為朝…………
坂上田村麻呂は、アレクサンドロス大王の小型か??
この時期、東北はゴールドラッシュである!
奥州藤原氏が滅んで平泉はさびれる!
これは金が枯渇したからか………

「軍神」ではない???
門井慶喜説??
・思想型   時間をかけてじっくり行う
・ウイット型 考えないで対応する
冒険や探検は、思想型では失敗すると!
アテルイを書くつもりのようだが…………

 

第二章 源頼朝  頼朝が望んだのは征夷大将軍ではない!?
◇ 河内源氏
頼信→頼義→義家→義親→為義→義朝→頼朝→頼家→実朝
義家は、前9年の役、後三年の役で関東の武士と主従関係を結ぶ!
が、義親、為義の時代に関東の武士は主従関係を解消する!
義朝は関東に下り、再度源氏と主従関係を結ぶ!

義仲、義経は征夷大将軍を要望したが、頼朝は大将軍を要望した!
大将軍の方が上であるが、坂上田村麻呂の征夷大将軍の方が縁起が良いと!
が、頼朝にとっては大した意味は無かった?

鎌倉幕府の成立は?
・1180年 頼朝挙兵
・1183年 平家都落ち、木曽義仲入京
・1184年 頼朝が問注所を設置する 義仲滅亡
・1185年 平家が滅亡する(敵対武家勢力の消滅)。
・1189年 頼朝が源義経とこれを匿った奥州藤原氏を滅ぼす
・1190年 頼朝が右近衛大将に任じられる
・1192年 後白河上皇崩御 頼朝、征夷大将軍に任命される

いいくにつくろう 1192年が、現在1185年となっている!
現状では4つあるそうだ………
・1180年 頼朝挙兵
・1185年 平家が滅亡する(敵対武家勢力の消滅)。
・1190年 頼朝が右近衛大将に任じられる
・1192年 後白河上皇崩御 頼朝、征夷大将軍に任命される

最近、鞆幕府を聞く!
どうでもいいことと思う! だいたい幕府とは言わなかったのでは??
こう言うのを、日本学術会議は言わないのか?
2月11日は建国記念日としてふさわしくない?
どうでもよいと思うが………
学者、研究者のマスターベーションか??

・室町幕府 1336年
・江戸幕府 1603年
要は基準が無い!
鎌倉幕府の成立は1192年とすべきである!
そうすれば「いいくにつくろう」で覚えやすい!
学者も一般人のことを考えるべきだと????

門井慶喜は頼朝を書くなら政子を書くと!クイーンメーカーである?
承久の変で、御家人たちを焚きつける!!
尼将軍である! ただ、永井路子が書いているが………

頼朝は、一人一人に言う!
「お前だけが頼りだ」
そんなものはバレる!!
政子は大ぜいに言うと!!

頼家と実朝は??
あまり長く書けない!
「山岡荘八 徳川家康」 全26巻!
親父が好きだったが…………
読んでみたが、全然面白くなかった!!
「司馬遼太郎 覇王の家」ぐらいが丁度よい!!それに面白い!!!
「隆慶一郎 影武者家康」もいい! 新田の末のかけらも出て来ない!!

頼朝は??
在地領主の利益を朝廷と調整する!
その役割は源氏の嫡流で、都に育った、官位を持つ頼朝にはうってつけだった?
本郷和人は、頼朝以外でもなれたのではないかと?
佐竹、小笠原、武田、平賀、木曽………
そうなると、本郷和人が批判する「織田信長は特別ではない」と同じになるのではないか?

北条政子とのカップル!
伊豆の小土豪の娘であり、離縁しなかった?
それで関東の仲間だと認めて貰った??
頼朝は恩には報いている!!

関東は土地争いが絶えない!
関東の武士は読み書きができない?
が土地争いで読み書きが出来るようになった??
自分の土地だと、根拠を説明しなければならないと!!

頼朝落馬の真相は??
陰謀論で語れば………
長生きしたらどうなっていたか??
・直ぐ滅びた?
・幕府は安定する?

親王将軍の価値は??
朝廷から貰う官位官職が欲しい??
・高貴な血が尊重される!
・神輿は必要だと!

鎌倉幕府存続の理由は?
北条氏、義時と泰時の力が大きいと!
将軍になろうとしたら「北条の謀反だと」
御家人たちがまとまり、北条を攻める?
政権に必要なものは??
・権力の確立
・利害の調整
この二つの機能は矛盾するが………
利害の調整は自分が引き下がり調整する!
幕府は三代に人を得ると上手くいく?
・鎌倉幕府  北条泰時
・室町幕府  足利義満
・江戸幕府  徳川家光

創業と守成!!
どちらが難しいか??
これは堺屋太一が書いていた!
貞観政要「創業と守成いずれが難きや」
唐の2代皇帝・太宗が300年続く唐帝国の礎を築いたが?
「一大事業を成し遂げること(創業)と、
その後に体制を維持し続けること(守成)と、
どちらが困難だろうか?」
答えは、いずれも難しい??
この話は載せていないが………

日本リーダーは、「あの人が上に来るとしっくりいくな」
そう言う特徴がある!
頼朝は御家人の力で創業し、文官を起用した!!

 

第三章 足利尊氏  うかがい知れない英雄の心中
将軍になれる家と、なれない家?
清和源氏 足利、平賀、佐竹、武田………
新田が入っていないが………
足利は将軍になったが………

北条氏は将軍に慣れないが有力御家人を潰し、
源氏一門も粛清する!
平賀を滅ぼす!
平賀幕府、佐竹幕府、武田幕府になっていたかも………
徳川幕府は新田幕府か???

家康が秀吉より先に死んでいたら………
・豊臣政権が続いた??
・秀忠が幕府を開いた? これは無い??? それより秀康は?
・前田、蒲生が天下を取った?
・伊達政宗の目は無い?? 「言うだけ番長」???

足利は??
北条は特別扱いである??
足利の正室は北条の得宗一門である!
・泰時  泰氏
・時頼  頼氏
・貞時  貞氏

こんな話は載せない!!
足利家時「わが七代の孫にわれ生まれ替わり天下を取るべし」
義家-義国-足利義康(足利氏初代)-義兼-義氏-泰氏-頼氏-家時!
家時がまさに7代目の子孫に当たるが、
「いまだ、その時ではない」
家時は「わが命をつづめて三代の中にて天下をとらしめ給へ」と八幡大菩薩に祈って腹を切る??
三代後が尊氏か??
後付と言う??

うじうじ尊氏???
又司馬遼太郎になるが、大気が天下を取らせる??
秀吉もそうだが、大盤振る舞い出来る!
家康も秀吉より石高は多い………
1/6の山名氏もいる!

優柔不断で決められない尊氏!
陰で支える直義!
後醍醐天皇は楽観的である!
後鳥羽上皇のような綿密な計画はない!
僧兵頼りで、後白河上皇の時代に戻っていると!
朝廷の下に武士が来る!
後醍醐天皇捕縛に尊氏は命じられるが、裏切る!!
そして高氏から尊氏に変わる!! 「尊」を貰う!!
後醍醐天皇は、親王を天皇にしていて、それで鎌倉をコントロールできると!

中先代の乱を鎮圧し、恩賞を与えるが、
後醍醐天皇は謀反と見なして、新田義貞に討伐を命じる!
うじうじして動かない??
直義が先に行くが負ける! 
軍事の尊氏、政治の直義??
箱根竹ノ下で新田義貞を破る!
この後が日本史を変えたと!
直義は鎌倉に帰ろうと!
尊氏は京に行くと!
しかし尊氏は、新田義貞と北畠顕家の連合軍に負ける!
九州に逃げる! が武士は離れない!
負けたのみ尊氏を見捨てず押し立てる!
再度攻め上がり、湊川の戦で楠木正成、新田義貞を破る!
楠木正成は自害。後醍醐天皇は新田義貞と比叡山に逃げ込み、尊氏に降伏する!
貴人はそう言うものか?
尊氏に降伏し、新田義貞を見捨てる………
この時「帝徳」が無いから負けたと!
後醍醐天皇は「武士は俺の言うこと聞いていればいいんだ」
これでは勝てないし、人は付いて来ない?

楠木正成と名和長年は後醍醐天皇が発掘され優遇される!
忠誠心があったと!
尊氏側に付く選択肢もあった………
戦術家としては一流か?
籠城戦を戦っている!

尊氏は後醍醐天皇の勢力を一掃!
北朝(持明院統)の天皇を擁立する!
建武式目を制定し、2年後征夷大将軍になる!
出家して仏門に入る??
軍事的崔御能があって勝っているのにである!!
「うじうじ」??

尊氏は京で、貴族が「領地を返してくれと」
だから直義に「言わんこっちゃない」
脳学者の意見がある!! あまり興味はないが………
尊氏の父親は北条から正室を迎えている!
側室は上杉清子は西国出身で、尊氏に英才教育を施した??
京を選んだのは、尊氏にとってそれしか選択肢が無かった?
本郷和人は貨幣経済と言う!!

この時期、東北は日本になっている!
征夷大将軍の意味が亡くなっている?
大将軍である!
・奥州総大将
・奥州管領
・奥州探題
・そこから出羽探題が出来る!
京から離れているので、奥州はやりたい放題か?
三代将軍義満の時に、鎌倉公方に任せて、京から切り離した!
では鎌倉時代はどうだったのか??

武士の変化!
御家人は鎌倉時代初期は、国会議員ぐらいで、後期になると県会議員ぐらい?
土岐頼遠が光厳上皇に矢を射る!
直義は処刑する! 当然である!
が、武士からは良いように言われない!
「貴族の犬」???

室町武士と江戸武士の違いは??
・室町時代 実質一方
・江戸時代 忠義 主従関係を維持するために精神性が強調される!

「忠」「孝」 中国である!
父親が牛を盗んだ時、息子はどうする?
・法家  父親と言えども役所に付きだす
・儒学  父親をかばう
日本は両方重要である? 独自の理屈であると!

尊氏は武家政権を倒す?
倒幕だが、倒朝ではない!
「観応の擾乱」
ここで直義を失い、高師直も失い、自分でやらなければならなくなる!
うじうじ尊氏か???

 

第四章 足利義満  最大の権力者が求めたもの
三代目は苦労していない?? 創業の苦労である!
が、ここで能力のある人間がいなければ続かない!
義満は生まれながらの将軍である!
大きな仕事をしている! 明徳二年~四年に集中している!
1391年~93年である!
「いいくにつくろう」から200年経っている!
・有力大名の粛清による幕府権力の確立
・南北朝合体
・日明貿易

将軍権力の完成!
奉行人と奉公衆!
・奉行人 政治・裁判などの文官!
・奉公衆 幕府の直轄軍 3,000人と言う! 多いと!

① まず有力大名の力を削ぐ!
・明徳元年  土岐康行の乱
・明徳二年  山名一族を討伐 1/6の11ヵ国を治めている!
・応永六年  大内義弘の乱
② 天皇
・明徳三年  南北朝の合一
③ 税!
土倉役に酒屋役!
土地収入が少ないために、日明貿易に傾斜する!

美術プロジューサーでもある!
それが金閣寺であると!
銀閣寺とどう違うのか??
「花の御所」

歴史を分けると、古代、中世、近代になる!
室町時代は中世になる!
ところが建築史では、中世は金閣寺と銀閣寺の間で分かれる?
・金閣寺  古代 寝殿造 義満(頼朝の再来)
・銀閣寺  中世 書院造 義政(清盛の再来)

京都を好み権力者、嫌う権力者!
・好むのは 平清盛、足利義満、豊臣秀吉
 御所の西側に建物を建てる
・背を向けるのは 源頼朝、徳川家康
 東側に建てる!

武家の棟梁で、征夷大将軍と太政大臣になったのは、義満が初めてである!
武家と貴族を支配したのは、義満が初めてだと!
天皇を差し置いて、「日本国王」を名乗る!

どうしても出てくる話し??
義満は天皇家を乗っ取ろうとしたか??
息子義嗣を天皇にしようとした?
天皇家と将軍を足利で押さえる??
小説のネタにはなる!
なる前に義満は亡くなるが、これもそうさせないために殺された????
実際はどうなのか??

「易姓革命」
日本では起っていないと!!
勝ち残ったものがトップに立ち、誰も文句が言えない状態!
それは、ガッツが無いからだと???
なぜガッツ?? 根性は??
それが日本では世襲が強い理由か?

中国、ヨーロッパは外敵がある!
守るためには強い王朝が必要である!
代えようとする?
リーダーは能力が必要! 家柄や血統ではないと!!
モンゴルの過酷な環境ではリーダーが無能であれば生き残れない!
日本は温暖な気候で農耕を行い、外国からの脅威もない!
幸せな国か??

現在の将軍のイメージは義満の時に出来上がる!
軍事力を背景に、文治政治を行う!
それの再生産を行ったのが義政だと!
ただ義政は、政治・経済・軍事では評価されない!
室町時代には将軍が空位である期間があったが、
江戸時代は日をずらしても空位を作らなかった!
政治に傾いていると!
「室町殿」
どうも天皇と将軍のバランスがある!!
将軍の力が、公判ではどのようなものだったのか?

義満は征夷大将軍を辞職し「大御所政治」を行う!
これは室町幕府存続に大きかった?
生まれながらの将軍・義満にとっては、将軍た大したものでは無いと!

 


日本史を変えた八人の将軍 ①・本郷和人・門井慶喜

 

« 本・戦国武将の選択 ②(2021/4)・本郷和人 | トップページ | 本・日本史を変えた八人の将軍 ②(2020/2)・本郷和人・門井慶喜 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

室町時代」カテゴリの記事

平安時代」カテゴリの記事

戦国時代」カテゴリの記事

江戸時代」カテゴリの記事

鎌倉時代」カテゴリの記事

 徳川家康 (徳川関連)」カテゴリの記事

 戦国武将(武将)」カテゴリの記事

 織田信長 (織田関連)」カテゴリの記事

 豊臣秀吉 (秀吉関連)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・戦国武将の選択 ②(2021/4)・本郷和人 | トップページ | 本・日本史を変えた八人の将軍 ②(2020/2)・本郷和人・門井慶喜 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ