« 本・「合戦」の日本史 : 城攻め、奇襲、兵站、陣形のリアル ①(2022/3)・本郷和人 | トップページ | 渡る世間に鬼はいるし、いない??? »

2024年2月18日 (日)

本・「合戦」の日本史 : 城攻め、奇襲、兵站、陣形のリアル ②(2022/3)・本郷和人

Photo_20240218234601


■第三章 城  城攻め・籠城・補給・築城
■第四章 勝敗  勝利に必要な要素とは
あとがき


■第三章 城  城攻め・籠城・補給・築城
◇ なぜ城攻めをするのか
① 徳川秀忠  関ケ原の合戦時、中山道を35,000の兵で進む!
信州上田城を攻める! 街道の外にある!!
真田は約3,000の兵である!
秀忠は関ヶ原に急ぐ! 抑えの兵を置いて無視すればよかった??
が、果敢に攻めた!
何故なのか??
意地としか考えられないが………

② 前田利長  関ケ原の合戦時、金沢から南下する!
・小松城  丹羽長重
・大聖寺城 山口宗永

小松城は街道から離れていて攻め難い!
ここは素通りして次の大聖寺城は攻める!
1日で落城させる!
攻め易い城は攻めて、難しい方は残した!!
賢明な判断だった………

③ 源頼朝  常陸金佐城を攻める!!
佐竹である!
旗揚げに成功して関東を支配下に置くために攻める!
城と言ってもただの小山であると!
別にスルーしても良いが見せしめのために攻める?
佐竹氏も源氏である!
甲斐の武田もである!
足利、新田、木曽にもいる!!
叩いておく必要があった!!

城攻めはそこに生かしておけない敵がいるからだと!!!
前田利家、源頼朝は攻めて正解で、秀忠は誤っていたと!!


◇ 城郭とは何か
日本の城は城壁が無い!
ヨーロッパに中国はある!!
どちらも攻城用の兵器が発達する!
映画ではよく見る!
例えば「ロード・オブ・ザ・リング」
「ゲーム・オブ・スローンズ」
「キングダム・オブ・ヘブン」
これ等で城攻めは見る!!
投石器、攻城塔!
日本は必要としなかった?
城壁など無かった?
造る気になれば造れた!

中国は遊牧民族、モンゴルなどの侵攻がある!
撃滅戦も多い!

著者の解説!
モンゴル対策の防塁のお粗末さ! 日本はぬるい!!
人間の背丈ぐらいの高さに石を積んだだけだと!
堀も無い!!  粗末なものであると!!
外国に攻められたことも無かったからか??
元寇以降、一騎打ちから集団戦に変わる!

鎌倉時代は落城が早い!
籠城なんてとんでもない!
小規模な拠点である!

楠木正成は、赤坂、千早城で城を防御地点と使い、
有効だと示した!

最初に石垣を積んだのは織田信長だと!!
小牧山城である!
領土が広がるにつれて、拠点とする城が多くなる!

城も発達する!
山城から、平山城、平城となる!!
平城になると、防御も考えなければならない!

領国を治める城を攻めれば、その地帯が自国のものになる!
川中島の海津城がそうである!
謙信は奪えなかったが………

国境沿いの城! 境目の城!
海津城もそうである!!

武田と徳川の境目の城、高天神城!
信玄も落とせなかった? 手を出さなかった??
この城を勝頼は落とす!
街道沿いでも、城下町でも、田畑も無い!
どちらかと言うと重要な城ではない!
が勝頼は意味があると占領した!
城とは?
①  敵対する相手自身が守りを固めている居城
②  周囲に城下町などが発展した領地一帯を統治するための城
③  敵国とも国境を固める境目の城
城を攻めるのは?
①  敵の命を奪うための城攻め
②  経済的な利潤を奪うための城攻め
③  敵の領土に侵攻するために行う城攻め


◇ 籠城とは何か
籠城すると、攻める方は3倍、出来れば5倍は欲しい!
となると食料の問題がある!
秀吉は兵站を断つ!
・播磨  三木城 干し殺し
・因幡  鳥取城 飢え殺し
・備中  高松城 水責め

小田原北条!!
小田原城は城下町を城内に持っている!
再生産が可能だと!
【では城壁があったのか?】

上杉謙信も武田信玄も撤退した!
謙信10万、信玄3万と言う!
この数字もどうかなと思うが………

が秀吉は進んでいる???
城内の士気を下げる!
「石垣山城」を短期間で築く!
自分達より技術が進んでいる?
そう言う思いをさせ、士気を下げる!


先に出てきた、高天神城!! 山城である!!
ここは城下町ではない!
掛川城がそれを担っている!

この高天神城を勝頼は落とす!
慢心になる! 俺はやった!!!
が翌年長篠の戦いで負ける!
高天神城は孤立する!!
勝頼は?
救援に出れば信長と戦わなければならない!
ほっておけば信を失う!
信長は、高天神城の降伏を許さない!
武田をおびき出す???
勝頼は救援を諦め、落城する!!

「人は城、人は石垣、情は味方、仇は敵」
勝頼は新府城で籠城を考える!
が、家臣らは見捨てる!!
天目山で自害する!
高天神城に固執し過ぎた??
境目の城を守るより、本領を守ることを考えるべきだった………


◇ 「本城+1」の戦いとは何か
領国には本城がある!
それに領国支配の城、境目の城がある!
重要な拠点に兵は集中する!
小さく分散しても、各個撃破されるだけだと!!

◆ 信玄の西上作戦!!
山県昌景 先発 3,000
信玄   本隊 22,000
ここで信玄は亡くなったので目的は分からない!
・上洛
・設永との直接対決
・勝頼のために、織田・徳川を叩く
謙信を一向一揆で動けなくしている!
海津城の高坂昌信も参加している!

家康は?
浜松城が本拠地で、その前の二股城に兵を置く!
「本城+1」
二股城は「+1」になる!
ここが籠城で2ヶ月信玄は手間取る!
信長の救援が間に合う!
;家康  8,000
・信長  3,000
計11,000
・武田25,000
こうなれば11,000VS25,000で、籠城なら何とか戦える?

が、信玄は浜松城を無視する???
無視された家康は激怒!
三方ヶ原の戦いになるが、信玄の挑発に家康が乗った??

真相は分からないが、25,000の補給は??
常識であれば、11,000をほっとけない!
抑えの兵が必要である!
15,000は欲しい!!
となれば残りの10,000か15,000では何も出来ない?
やはり信玄は背中を見せて家康を挑発し、家康も乗ったと!
家康は大敗し浜松城に逃げ帰る!

信玄は亡くなるが、この時生きていればどうなったのか?
著者の推測である!
・野田城
・吉田城
・再度浜松城攻撃
・家康を降伏させるか、討ち取り、遠江を手に入れる!
・三河 信康を打ち取り、勝頼に任せる!!

◆ 上杉の最上攻め
小山評定で家康は引き上げる!
上杉は??
・小山着陣時 夜襲
・小山撤退時 追撃
・江戸攻撃
どれも取らずに、最上領へ侵攻した!
要は自国の領土拡大に走った?
【関ヶ原が長引くと考えた? 徳川も無傷ではない】
【上杉の領土拡大に走る】

山形城を攻める!
山形城の前に「長谷堂城」がある!
「+1」である!
時代遅れの難攻不落でもない城である!
ここを直江兼続が攻める!
落とせない!! ダラダラ攻めたのか??
関ヶ原が終わった連絡は入った時点でも落ちていない?
これに関しては?
・兼続が無能だったから
・西軍が負けたた場合を考えていた?
著者は兼続の能力を疑っている??
長谷堂城からの撤退は成功させている?
会津120万石から米沢30万石に減封される!
家臣を皆連れて行ったので、貧乏藩になったと!!
兼続の評価は著者から見れば低い???


◇ 兵站が勝敗の鍵を握る
山本七平が書いていた!
実体験であるが、馬を使っていた!
餌、肥料など補給は??
ましてや糞尿は?? 黄害だと書いていた!
「ロジスティクス思考とは何か 戦史から解明する戦略的物流革命 谷光太郎」
日本のええ加減さがある!
現地調達か?

「マーティン・ヴァン・クレヴェルト 補給戦 何が勝敗を決定するのか」
これは面白かった!!
日本版は無いのか???

明治の陸軍は兵站を考えていた!!
昭和の陸軍である!!
インパール作戦の牟田口廉也!!
畳の上でこの男が死ぬのは許せない!
「願望さえ持っていれば勝てる!!!」
「必勝の信念」
「断じて行えば鬼神も避く」
「他に類を見ぬ創意」
「潑溂たる指揮」

馬や牛を輸送に使う!!
モンゴルじゃあるまいし牛馬の扱いに慣れていない!
殺して食料にして食べる??
自分が考える分けではない!!

「NHKスペシャル・戦慄の記録  インパール」
見ていられなかった………
要は兵站を考えていない!!!

秀吉の兵站!
キチンとしている!
・三木城では、自軍のために金を出して米を買う
・【鳥取城では米を金を出して買う? 城内の米も売られる】

小田原城攻めに、謙信、信玄は失敗している!
秀吉は成功している!
兵站の問題か??
・四国攻め
・九州攻め
・小田原攻め
・奥州攻め
・朝鮮出兵
・家康の会津討伐
秀吉には補給のプロが付いている!
三成、長束正家、増田長盛らの官僚がいる!

明治以降、兵站は軽視されて、「神風」「奇襲」が強調されている!!
著者は秀吉を褒める!
築城、兵站の理解が深いと!!


◇ 築城戦を考える
秀吉は人使いが上手い!!

◆ 秀吉の野戦築城 ① 賤ケ岳の戦い
川中島の合戦は、武田の啄木鳥戦法は無理だと実証されている?
秀吉の大返しは2度ある!

・賤ケ岳の戦い  大垣大返し
・天王山の戦い  中国大返し

賤ケ岳の大垣大返しは、実証されている!
馬の速度や考えていて、出来たようだ!
1日のことである??

お互いに陣地戦になり、こうなると先に手を出した方が負け??
秀吉が留守を狙い、佐久間盛政が攻撃する!
直ぐに引き上げなければならないが、居座ったために秀吉が大返しである!
秀吉の実行力を褒める!!!

中国大返しは??
知る限り、実権はやっていない??
本当にどうだったのか??
やって欲しいが………

◆ 秀吉の野戦築城 ② 小牧長久手の戦い
陣地戦なのは変わらないが、賤ケ岳と反対になる!!
秀吉が動く!
池田輝政・元助、森長可らが攻撃し戦死する!
家康の方が一枚上手か?
秀吉は、兵站、野戦築城戦においても長けていたと!

 

■第四章 勝敗  勝利に必要な要素とは
◇ 合戦の勝敗を改めて考える
勝ち負けはどうやって決まるのか?
鎌倉時代は一騎討で、大将が討たれれば負けか??
大将は後ろで全体を見ている?
普通はそうである!
が、蒲生氏郷は「銀の鯰の尾」 銀色のとんがり帽子みたいな兜である!
こう言う兜は、目標になりやすい!
が大将がいないと、不安になる?
だから目立つ兜でここにいると安心させる!

大将に討ち死には少ない!!
・桶狭間の戦い  今川氏真
・沖田畷の戦い  竜造寺隆信
・戸次川の戦い  長宗我部信親
これ等は例外か??

・厳島の戦い   陶隆房
指揮系統が分散されると、統制が取れずに負ける!!!


◇ 敗戦は指揮系統の崩壊によって引き起こされる
情報伝達、指揮の徹底!!
連絡網がいる! 母衣武者であるが………
プロシア参謀本部ではないが、参謀が的確な指示をする!
軍が大きくなればどうしても軍を分ける!
この時、各軍に付けられた参謀が判断する!

ナポレオン戦争!
・ガルダ湖畔の戦い  20,000VS50,000
・ドレスデンの戦い  135,000VS214,000
・ライプニッツの戦い 195,000VS365,000
動員される兵も一桁違う!!
プロシア参謀本部が力を発揮した!

◆ 関ケ原の合戦
徳川方には、本多平八郎忠勝、井伊直政が監視、伝達に走る………
・小早川秀秋は西軍だったのか??
・この裏切り時、西軍は三成を戦場から離脱させれなかったのか?
・そうすれば大阪城で籠城と言う戦術が取れた
・大谷吉継は裏切りを予想し、土塁を積んでいた!
・が、脇坂安治らの裏切りまで想定していなかった!

西軍の敗北は指揮系統を維持出来なかったことにある!!

◆ 三増峠の戦い
武田信玄VS北条
信玄の駿河侵攻!
小田原城を攻め、引き上げ時に北条が襲いかかる!!
左翼の大将が討ちとられるが、代わりに指揮を執り、崩れなかった!
No2が機能した!!

戦国時代の指揮系統の乱れは、負けに繋がると!!!


◇ 農民たちの士気を上げる
戦っているのは生身の人間!
兵士は石高により決められる!
40万石で1万人!
農民も使われる?
セミプロである!!
この農民兵をどう戦わすのか?
撤退時、逃げる時にまとまって逃げる方が安全である??
逃げる時は、落ち武者借りに会う!
退却時は死者が多くなる!!
主君のために死ぬ??
農民には通じない!

・戦いは数である
・軍事とは経済である

生身の人間が戦う!!
つまり「人間とは何か」
どんな舞台装置を造れば、死を超越して戦えるのか?
それは何なのか???
宗教、政治、経済、文化、死生観、価値観………

戦場にいた人間は殺し合いなどしたくない??
著者は生身の人間は殺し合いなどしたくない!!
「合戦のリアル」は「人間のリアル」である!

 

あとがき
著者は格闘技のファンか??
著者にも貧弱とは言え野生の働きが秘められている!

戦いを悪とは決めつけず、自分の内なる闘争本能を理解し、
過去の合戦を科学的に分析することが必要だと!

 


「合戦」の日本史 : 城攻め、奇襲、兵站、陣形のリアル ②・本郷和人

 

« 本・「合戦」の日本史 : 城攻め、奇襲、兵站、陣形のリアル ①(2022/3)・本郷和人 | トップページ | 渡る世間に鬼はいるし、いない??? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

戦国時代」カテゴリの記事

 上杉氏(越後・謙信他)」カテゴリの記事

 中国 (毛利・宇喜多他)」カテゴリの記事

 九州 (島津・竜造寺・大友他)」カテゴリの記事

 北条氏(小田原・早雲他)」カテゴリの記事

 四国 (長宗我部他)」カテゴリの記事

 徳川家康 (徳川関連)」カテゴリの記事

 戦国武将(武将)」カテゴリの記事

 武田氏(甲斐・信玄他)」カテゴリの記事

 織田信長 (織田関連)」カテゴリの記事

 豊臣秀吉 (秀吉関連)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・「合戦」の日本史 : 城攻め、奇襲、兵站、陣形のリアル ①(2022/3)・本郷和人 | トップページ | 渡る世間に鬼はいるし、いない??? »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ