« 本・黒石(ヘイシ)―新宿鮫 Ⅻ(2022/11)・大沢在昌 | トップページ | 本・黒幕の日本史 ②(2023/4)・本郷和人 »

2024年2月21日 (水)

本・黒幕の日本史 ①(2023/4)・本郷和人

Photo_20240222095801

「ウラからオモテを操った人物」「重要な役割を果たしたが、陰に隠れた存在」
そんな16人を並べてみると、日本社会の力学が浮かび上がる!
人気歴史学者が歴史の闇に光をあてる!

 

黒幕と言うと悪いイメージがある!!
日本人は黒幕、軍師が好きである!
「籌を帷幄に運らし、勝ちを千里の外に決す」
山本勘助、諸葛孔明!
がそんなものはいない??

ここに16人の名前がある! 特に知らないが……
第一章 宇多天皇 オモテがウラになる時代
第四章 中原親能 下級貴族、鎌倉へ行く
第五章 極楽寺重時 京都に学んだ幕府の御意見番
第六章 海住山長房 承久の乱に反対した実務派貴族
第七章 平頼綱 肥大化した側近エリートの末路
第九章 三宝院賢俊 「錦の御旗」を持ち帰った尊氏の密使
第十章 細川頼之 室町王権の設計者
第十一章 三宝院満済 将軍への意見を突き返した「黒衣の宰相」

細川頼之、三宝院満済は著者も良く取り上げている!
「黒幕」と言う感じであるが………
読んでいて楽しい内容である!
内容は下記の通りである!! ① ②と分けて紹介する!

 


はじめに
第一章 宇多天皇 オモテがウラになる時代
第二章 信西 天才学者を「黒幕」にした世襲の壁
第三章 北条政子 架空のクーデターでライバルを蹴落とす
第四章 中原親能 下級貴族、鎌倉へ行く
第五章 極楽寺重時 京都に学んだ幕府の御意見番
第六章 海住山長房 承久の乱に反対した実務派貴族


第七章 平頼綱 肥大化した側近エリートの末路
第八章 北畠親房 正統を追求しつつ上皇を拉致
第九章 三宝院賢俊 「錦の御旗」を持ち帰った尊氏の密使
第十章 細川頼之 室町王権の設計者
第十一章 三宝院満済 将軍への意見を突き返した「黒衣の宰相」
第十二章 黒田官兵衛 「軍師官兵衛」といわれるが……
第十三章 千利休 茶の湯と政治
第十四章 高山右近 前田百二十万石を救った「影のブレーン」
第十五章 伊奈忠次 家康から過小評価された民政家
第十六章 西郷隆盛 「維新の英雄」のウラの顔
おわりに

 

はじめに
地位と実権が別々であれば黒幕が存在し易い?
・「ウラの存在でありながらオモテを動かした人物」
・「地位と実権、実績に大きなずれがある人」
・「重要な役割を果たしたが目立たない存在」
内容は? 著者の独断か??
・ぬゑみたいな存在か? 第二章 信西 天才学者を「黒幕」にした世襲の壁
・いなければ鎌倉幕府は? 第四章 中原親能 下級貴族、鎌倉へ行く
・著者おすすめ 第十章 細川頼之 室町王権の設計者
・意外な   第十四章 高山右近 前田百二十万石を救った「影のブレーン」
・評価が低い 第十五章 伊奈忠次 家康から過小評価された民政家
・意外な黒幕 第十六章 西郷隆盛 「維新の英雄」のウラの顔

知らない名前で面白かった??
・第六章 海住山長房 承久の乱に反対した実務派貴族
・第七章 平頼綱 肥大化した側近エリートの末路
・第九章 三宝院賢俊 「錦の御旗」を持ち帰った尊氏の密使

気になっていたがよく分かった!!
第五章 極楽寺重時 京都に学んだ幕府の御意見番

 

第一章 宇多天皇 オモテがウラになる時代
「寛平の治」
菅原道真らと登用し天皇親政を行う!
天皇は軍事的リーダー?
後の後鳥羽上皇である!
古代の女性天皇はそれなりの理由があった!
天皇から子供へ引き継ぐが、子供が若い時、他の皇族に奪われたくない!
そのため成人するまでのピンチヒッターである?
持統天皇である!!
が異質な存在が孝謙天皇である!
どういうわけか、道鏡を次期天皇にしろと?
つまり天皇は自分が決めると言う、強い天皇だった??
ここから著者の推測である!
・女性天皇は避けよう
・強すぎる天皇は要らない

藤原氏にとって天皇は子供の方が良い!
自由にできる!
55代・文徳天皇から4代、藤原氏の娘が母親である!
宇多天皇は異質である?
・母が藤原氏ではない
・臣籍降下の経験がある、ただ一人の天皇だと!
又、藤原氏のもとで養育されていた!

阿衡事件?
平安時代前期に藤原基経と宇多天皇の間で起こった政治紛争!
関白に任じる詔勅を基経が形式的に辞退した後、天皇は改めて基経を「阿衡」に任じたが、
基経は、中国の古典では「阿衡」は名ばかりで実権のない職を指すと抗議し、一切の公務の遂行を放棄した!
要は誰のおかげで天皇になれたのか??

ここで藤原道真が仲裁に入る!
基経亡き後、道真は出世し改革が進むが、道真は嫉妬を買う!
太宰権師に左遷される!
言いがかりである!
この時、宇多天皇は道真をサポートできなかった?
醍醐天皇は藤原氏の娘を貰う!
以降71代・後三条天皇(藤原氏の娘ではない)まで藤原氏は天皇の外戚の地位を保つ!
170年である!
摂関政治は凋落する!
天皇に寄生していて、政治のシステムが構築できなかった?
オモテの天皇がウラの藤原氏に挑戦し、道真と敗れた!!!
表裏は表裏一体???

 

第二章 信西 天才学者を「黒幕」にした世襲の壁
鳥羽上皇、後白河上皇の側近で絶大な力をふるう!
世襲の壁に出世を阻まれる!
が能力は高い!!!

主家前は藤原道憲! 藤原南家!
いかに優秀でも先は限られる!!
信西の妻が鳥羽上皇の第4皇子・雅仁親王の乳母に選ばれる!
後の後白河上皇である!
当時は評価されていない??

出家と遁世???
出家 僧侶になるが社会的つながりはある! キラキラした衣装!
遁世 完全に縁を切り世捨て人になる? 黒衣

・1144年 出家して信西になる!
・1155年 近衛天皇が16歳で急死!
後継者争いに女の戦いがある!!
・待賢門院  崇徳・後白河の母
・美福門院  近衛天皇の母
結局ワンポイントで雅仁親王・後白河天皇を立てる!
・1156年 鳥羽上皇死去!
崇徳上皇が不満である!
ここで信西は武力解決に走る!
保元の乱である!
信西は目指したもの!
・天皇親政
・摂関家の弱体化
・平家を武家のパートナーと見なす!
それに必要なものは?
・律令の復活
・武力
・徳のある君主 後白河?????

その後白河は自己保身に長けている!
・平清盛
・木曽義仲
・源義経
・源頼朝

結局、「お気に入り」が権力の元である!
無能な「お気に入り」にとって代られる??
売れた家により「黒幕」にならなければ権力を発揮できなかった?
「黒幕らしい黒幕」

 

第三章 北条政子 架空のクーデターでライバルを蹴落とす
著者の政子の評価は??
・冷静
・冷酷

「慈円 愚管抄」
これによれば、京も鎌倉も女が支配している?
京は、卿二位 藤原兼子
鎌倉は北条政子! 尼将軍である!

政子については計算されていると??
・嫉妬深い?
・息子二人を亡くした母親? 娘二人も!
・尼将軍?

著者が実朝の墓の歌碑を紹介している!
「物いはぬ四方のけだものすだらにも あはれなるかなや親の子をおもふ」
モノ言わぬ動物も親は子を思うものなに………

要は北条の人間だと!!
・頼朝が側室を持つことを許さない! 自分一人が源氏の妻である!
・息子よりも北条を選ぶ?
・頼家は乳母比企で育てられた!
・比企を排除、息子も排除か??
・義時が亡くなり、伊賀の局・泰時より、自分の息子・政村を執権にしようとした!
・鎌倉の陰謀めいた時に登場する、三浦義村を説得? 恫喝してことを収める!
・他家の女が権力握ることを阻止!

北条政子と卿二位・藤原兼子で宮将軍を画策する!
院政期はルールがないのでやりたい放題?
特に女性と僧侶が口を出す!
ルールが定まると口を出せない?
北条政子と卿二位・藤原兼子はそう言う時代だったか??

承久の乱以降、院政が変わる!
後鳥羽上皇の敗戦で「政治の刷新」に着手する!
伝奏、女官が行うが、忖度がある!
都合の悪い情報を伝えない!
そうさせないシステムを作る??
幕府は天皇家を大覚寺系統と持明院系統に分け、支配しようとする??

 

第四章 中原親能 下級貴族、鎌倉へ行く
頼朝が亡くなり頼家が継ぐが、合議制になる!
実際に機能したのか???
鎌倉殿の13人の内訳は??
◇ 文官  絶対に必要な人材!!
大江広元 公文所別当 政所別当
中原親能 公文所寄人 政所公事奉行人 京都守護
二階堂行政 公文所寄人 政所令別当 政所執事
三善康信 問注所執事 頼朝の乳母?
◇ 侍所別当
梶原景時 侍所所司 侍所別当 播磨・美作守護 失脚(梶原景時の変)
和田義盛 侍所別当 建暦3年 滅亡(和田合戦)
◇ 乳母の関係者? 力もある!!
八田知家 常陸守護  没落
比企能員 信濃・上野守護 乳母 謀殺(比企能員の変)
北条時政 伊豆・駿河・遠江守護 追放(牧氏事件)
北条義時 寝所警護衆 江間四郎義時!
◇ 頼朝が流された当時からの家来
安達盛長 三河守護  病死 後に北条べったりか?
◇ 義朝の時代から源氏と関係が深い
三浦義澄 相模守護  正治2年 病死 宝治合戦で滅亡
◇ よく分からない?????
足立遠元 公文所寄人 消えていく………

この文官が絶対に必要な人材だった!!
大江広元 公文所別当 政所別当
中原親能 公文所寄人 政所公事奉行人 京都守護
二階堂行政 公文所寄人 政所令別当 政所執事
三善康信 問注所執事 頼朝の乳母?

中原親能!
下級貴族で京では見通しが暗く、関東に下る??
義朝は関東で、波多野家で世話になる!
ここで義朝は次男・朝長を生む!
平時乱後死ぬが、棟梁の資格があった!
この波多野家に入り込む!
実際に頼朝に協力している!
この時は関東で字が読める人間は多くない!

範頼の軍勢に同行する!
つまりロジェステックを担当する!
日本ではこれが重要視されていない!

この文官が重要だと!
・公文所の別当 公文書の作成、訴訟
・政所の別当  守護・地頭
守護、地頭の設置も中原親能の献策と言う!
この4人の文官の働きが重要である!

承久の乱では、追悼の対象となった
中原親能、三善康信は主戦論を唱える!
「直ちに出撃すべきと」
文官も鎌倉幕府にかける!!!


第五章 極楽寺重時 京都に学んだ幕府の御意見番
北条は分家が多い!
得宗に抵抗する分家も多い!
・極楽寺家
・名越家
・常盤家
・塩田家
・政村流北条氏
・伊具家
・甘縄家
・佐介家
・時房流北条氏
・大仏家
これ以外も多い!
名越は義時の次男・朝時であり、反得宗である?
重時の母は比企の娘である!
重時は泰時に忠実である! 浄土宗に帰依する!
撫民??
義時が亡くなり、泰時が鎌倉に戻る!
代わりに重時が、六波羅探題として17年間京に赴任する!
浄土宗の教え!
「人間は生きるうえで罪を犯すことは避けられない、だから仏にすがるのだ」
だから
「百姓をいたわれ、徳もあり、罪もあさし」
百姓をいつくしむ!!

重時は日蓮に批判される!
日蓮は誰でも批判するが………
・1242年 泰時死亡
息子・時氏が亡くなっており、孫・経時が4代執権!
・1246年 時頼が後継者!
しかし状況は悪い!
・名越光時
・4代将軍 九条頼経
・三浦泰村

そこで重時を呼び戻そうとするが、三浦泰村が反対!
・名越光時を出家に追い込み
・4代将軍 九条頼経を京に帰す
・九条道家も申し次から外す!
・宝治合戦で三浦一族を滅ぼす!
それで重時を呼び戻す!
時頼は重時の娘を貰い、時宗をもうける!
撫民政策を支える!
もっと広く知られてよいと!!!
【ベストオブNo2か??】

 

第六章 海住山長房 承久の乱に反対した実務派貴族
こう言う名前は知らないが………
三宝院満済も著者の本で知った名前であるが………
・法然の原型に尽力?
・承久の乱で後鳥羽上皇を諫めた?

藤原北家の出身で、中級の実務貴族だと!
・御曹司コース
・実務家コース
見ただけで意味が分かる?

・摂政・関白 摂関家
・大臣家 
・羽林家 近衛少将、近衛中将、大納言
そう言う序列があり、守られている!
が院政期は上皇に仕える実務貴族が必要になる!
長房は関白・九条兼実、親幕派に仕える!
倒幕計画に反対する!
実務の黒幕と言える!!

法然は一般民衆を救いたい!
字も読めない民衆である!
信じろと! 「南無阿弥陀仏」と唱えれば救われる!
こうなれば嫉妬を買う!
・1207年 承元の法難!
法然は土佐に流される!
土佐は、伊豆、安房、常陸、隠岐、佐渡と並ぶ思い流刑地だと!
長房は引退後出家する??
海住山寺を継ぐ!
ここで減刑を依頼する!
熊谷直実!
「あはれ穢土ほどに口おしき所あらじ。 極楽にはかゝる差別はあるまじきものを、談義 の御こゑもきこえばこそ」
平等思想を表す?
法然は讃岐に変更になる!
土佐と讃岐は同じではない! 讃岐は瀬戸内で直ぐに京に帰れる?
法然は讃岐でも布教する!
親鸞は越後である!
そうしたのは長房の力か???

 


黒幕の日本史 ①・本郷和人

 

« 本・黒石(ヘイシ)―新宿鮫 Ⅻ(2022/11)・大沢在昌 | トップページ | 本・黒幕の日本史 ②(2023/4)・本郷和人 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

平安時代」カテゴリの記事

戦国時代」カテゴリの記事

鎌倉時代」カテゴリの記事

 戦国武将(武将)」カテゴリの記事

源平合戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・黒石(ヘイシ)―新宿鮫 Ⅻ(2022/11)・大沢在昌 | トップページ | 本・黒幕の日本史 ②(2023/4)・本郷和人 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ