« 本・沈黙の王(2017)・宮城谷昌光 | トップページ | 本・中国歴史散歩 ②(1994/8)・伴野朗 »

2024年2月24日 (土)

本・中国歴史散歩 ①(1994/8)・伴野朗

Photo_20240224205501

中国を舞台にした数々の傑作を書き続ける作家が贈る待望のこぼれ話集!
庫出しエッセイ最新便!


著者の短編集は多い!
この当時は理解しがたったが、今は良く分かる!
宮城谷昌光から中国史に入って行き、今、読み直している本が多い!
この本は、その短編の元になるエピソードが多い!
内容は下記の通りである!! ① ②と分けて紹介する!!



異聞『三国志』
ある邪馬台国考
戦国の四君
美女ありき
大航海の時代
黄龍物語
刺客列伝
盗掘の話
二人の孫子
魔性の皇帝
求法曹玄玄奘
北京原人のこと
万里の長城
龍の話


華佗とその弟子
南海の風雲児
洋上後援会から
中国唯一の女帝
世祖フビライと元寇
国士無双
鑑真和上の謎
李白と杜甫の喧嘩
隋園食単
司馬遷に感謝

 

 

〇 異聞『三国志』
著者は、吉川英治の三国志に興奮したようだ!
個人的には吉川英治は合わない!
親父がファンだったが………
柴連三国志で理解した!
たいそうに書き過ぎと思ったが………
そうして時間が経ち、宮城谷昌光で読んだ!
これは興奮した!!!!

建軍の父と言われた朱徳が孔明を批判する?
疑問視している………

「赤壁の戦い」
孔明が冴える!
火攻めに、矢を魏から貰う??
風を起こす………

が、実際は風土病で戦えなくなった??
そう言う、ミイラが見つかる!

「三顧の礼」
あったかなかったか???
青二才に三回も来るかと??
「出師の表」には参加生きたと書かれているが………


〇 ある邪馬台国考
著者は九州説のようだ………
魏志倭人伝と言う名称はない!
「東夷伝」 陳寿の執筆は三世紀末で、1100年代に印刷されている!
この間に誤字、脱字がある??
発掘は急がない!!

「三角縁神獣鏡」???
日本で見つかるが中国には無い!
ただし「景初4年」の年号が入っている!
が、景初3年である!
景初4年なんか無い!
それこそ日本でつくられたと言う証拠だと!
ロマンが無くなる………


〇 戦国の四君
斉・孟嘗君
趙・平原君
魏・信陵君
楚・春申君
数千人の食客を抱える!!

◆ 斉・孟嘗君
「鶏鳴狗盗」
泥棒に鳴き声は上手な食客がいる!
小柄で醜い???

◆ 趙・平原君
食客・毛遂! 活躍する!
義侠心にとんでいる!!

◆ 魏・信陵君
虎符を奪う!

◆ 楚・春申君
女にだらしがない??

士は己を知る者のために死す!!
義を重んじ、義のためには己の命を平然と投げだす!!


〇 美女ありき
四大美女??
◆ 西施  大根足
◆ 王昭君 撫ぜ肩
◆ 貂蝉  耳が大きく反り返っている! 架空の人物!
◆ 楊貴妃 ワキガ

趙飛燕姉妹! 著者が薦める???
どちらも美しいが、最後は悲劇的である!!


〇 大航海の時代
鄭和である! 宦官にならされる!!

Photo_20240224205201


鄭和の船は全長150ⅿ、幅62ⅿ!
本当に造れたのか??
どうも事実らしい!!
鄭和船団    8000トン級の船、62隻、27,800人!
コロンブス船団 250トン、3隻、88人!
違いが分かるが………

7度に及ぶ大航海でである!
ジラフ?? 麒麟のことか??
体は鹿に、日詰は馬に、頭上に一角あり、五採の毛をはやし、
生草を履まず、生物は食せず!!

永楽帝にジラフ、麒麟を献上している!
鄭和の記録は残っていない!
死後、大遠征の計画があり国庫の破綻と宦官の台頭を恐れた、
兵部職方司郎が、膨大な報告書、資料を焼く!!
不運である!!


〇 黄龍物語
黄河である!  膨大な砂を吐き出している?
日本の総面積は37万平方キロ!
黄河は20万平方キロの土地を造成している!
黄河下流は、治水ではなく、治泥だと!!
「暴れ黄龍」と言う!
黄河についてのことわざ!
◆ 70年に1度大洪水、30年に1度小洪水がある!
◆ 龍神が暴れて水が増えても、過ぎれば怖くない!
◆ 30年東へ、あとの30年は西に流れる!
◆ 3年に2回、10年に9回干ばつが来る!

黄河に起源は、三皇五帝になる!
帝尭の時、鯀が治水を行うが失敗する!
鯀の子の禹に命じる!
成功する!!

黄河を破壊したのが、明末の周王と、蒋介石である!
目先にこだわっている!


〇 刺客列伝
司馬遷を褒める!!
◆ 刺客と言えば荊軻である!
始皇帝暗殺は失敗する!
◆ 高漸離は筑を使い目を潰されながら始皇帝を狙う!
◆ 呉王闔閭もいとこを暗殺している!
伍子胥が専諸を推薦し、成功する!
◆ 聶政?? 韓の厳仲子の依頼で、宰相の侠累を暗殺する!
◆ 漢の傳介子は楼蘭の安帰を暗殺する!

著者は呂太后がまともに死んだのが気に入らずに、
殺した威夫人の妹を刺客としている!
本当のことと感じそうであるが………

刺客・予譲は言う!
「士は己を知る者のために死し、女は己を説ぶ者のために容る」


〇 盗掘の話
盗掘と言えばエジプトのピラミッドか??
中国は歴史が長い!
なので遺跡、古墳が多い!
もう分らなくなっている………
良く発見されるようだが、すでに盗まれている例も多い!
この盗んだものを売るルートがあるようだ!
よほど好きな人間がいるのか??

新疆ウイグル自治区 トルファン ベゼクリクの石窟寺院!
壁画がはがれている!
ルコックのドイツ隊によって奪われる!
スタインのイギリス隊によって奪われる!
盗掘にも深い歴史がある………


〇 二人の孫子
孫武と孫臏である!!
ひとりかと思われたが、発掘で竹簡が見つかり、二人の実在が証明された1
呉・孫武82編
斉・孫臏89編

◆ 呉・孫武
呉王・闔閭の愛妾を訓練し、命令を聞かないと殺す!
◆ 斉・孫臏
こちらの方はエピソードが多い!
競馬で、上、中、下の馬を相手の馬を合わせて充てて、2勝1敗にする??
ライバル龐涓の罠に陥り、足を切られて斉に行き、復讐を図る!
孫子の兵法は新たな脚光を浴びている!!


〇 魔性の皇帝
庶民から皇帝の位についたのは、劉邦と朱元璋!
日本では、秀吉である!
朱元璋は、劉邦をお手本にする!!
朱元璋はライバルがいる!
蘇州の張士誠と、湖北の陳友諒!
師と仰ぐ劉基が参謀か??
堺屋太一によれば、朱元璋は過去の王朝の滅亡の調べて、それを排除した!
「狡兎死して、走狗烹られ、飛鳥尽きて、良弓蔵められ、敵国敗れて、謀臣亡ぶ!」
劉基も粛清する!
後継者を決める!

長男・標、か四男・棣か??
長男に継がせるが早世し、その子を立てる!
建武帝である!
大粛清が強行されて、15,000人を処刑する!
次は、30,000人を処刑する!
藍玉の乱では、15,000人が連座する!
功臣を殺し続けて、亡くなる!
建武帝が即位するが、四男・棣が攻める1
永楽帝である!
迎えうつ将軍が粛清されていない!
永楽帝は、建武帝の時代を消し去る……


〇 求法曹玄玄奘
著者は西遊記に夢中だったようだ!
大SF冒険小説の傑作か?
孫悟空の出生地は多い!
三蔵法師のモデルは、求法僧、玄奘である!
不撓不屈の精神力と行動力、凛々しい容貌、卓抜な頭脳、
抜群の語学力、爽やかな弁舌!
日本では、夏目雅子に宮沢りえである!
著者は違うと!!
著者の仕掛けは、マホメットの邂逅である!!
楽しいだろう………
18年ぶりに帰国する!
太宗に会う!
還俗して私を助けよ!
しかし仏門を第一に考える!
持ち帰った経典を翻訳する!
優秀な人間しかできない!
が一人が太宗の公女、人妻と不倫になる!
が、この不倫で処刑された男の名前を、撰述に残した!!
宮沢りえでは………


〇 北京原人のこと
50万年前の北京原人である!
画期的な発見である!
食人説もある!
大平洋戦争の開始時、日本は確保に向かうが無くなっている!
アメリカが持ち出そうとしていた??
行方不明になる………
著者は、林彪事件に記事を書き、非友好記者となっている!
そこで小説を書く!!
「50万年の死角」 乱歩賞を受賞する!
ただこの舞台の病院の緑の瑠璃瓦が本当にあるか??
小説を書くときは見ていない!
確認に行きホットする!!
あったようだ………


〇 万里の長城
東端は山海関である! 海と山に挟まれている!
明の将軍、徐達
西端は嘉峪関!
6千キロの人類最長の建造物である!
明末、遼寧の英傑ヌルハチがいる!
明に宣戦布告を行う!
山海関を守るのは、呉三桂!!
陳円円と言う、傾国の美女がいる!
李自成に攻められて明は滅んだが、山海関は健在である!
陳円円は北京にいる!
これを救うために、ドルゴンと取引する!
共に李自成を攻撃する!!
その条件で山海関を開く!
ドルゴンの20万の精鋭が無傷で山海関を超える!
呉三桂の一族は皆殺しに会い、陳円円の行方は分からない!
呉三桂は清に重要視されるが、後に反乱を起こし、鎮圧される!

万里の長城の起源は??
紀元前5世紀に小型の長城が築かれている!
遊牧騎馬民族の侵入を防ぐためと言う発想で長城の統廃を行う!
秦の始皇帝で、蒙恬将軍が担当する!
始皇帝は長城建設を行うが、この工事に駆り出された陳勝・呉広が蜂起する!
秦の滅亡になるのが皮肉だと!!


〇 龍の話
鳳凰、麒麟、龍………
龍は形がはっきりしている!
龍は81枚の鱗がある!
喉下の一尺四方の鱗が逆になっている!
逆鱗に触れるである!
81枚は9X9!!
龍の嫌いなもの!!
ササの葉と五色の糸!
鉄とムカデ!
好きなものは??
玉、燕の肉?
龍の出現は三皇五帝の、三皇の伏義の時代である??
龍にもランクがある!
◆ 蛟龍 鱗ある
◆ 応龍 翼ある
◆ 蚪龍 角ある
◆ 螭龍 角なき
九龍半島!
この地に住んでいた九匹の龍に由来する!
一国二制度の香港に、10匹目の龍が本土から来る!
亡くなった著者がこの現状を見れば何を思うか………

 

中国歴史散歩 ①・伴野朗

 

« 本・沈黙の王(2017)・宮城谷昌光 | トップページ | 本・中国歴史散歩 ②(1994/8)・伴野朗 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

古代史」カテゴリの記事

中国 (モンゴル)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・沈黙の王(2017)・宮城谷昌光 | トップページ | 本・中国歴史散歩 ②(1994/8)・伴野朗 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ