« 本・「戦国策」の知恵 ①(1989/8)・市川宏 | トップページ | 本・「合戦」の日本史 : 城攻め、奇襲、兵站、陣形のリアル ①(2022/3)・本郷和人 »

2024年2月16日 (金)

本・「戦国策」の知恵 ②(1989/8)・市川宏

Photo_20240215234201


4 蘇秦と張儀    口舌もまた力なり
5 呂不韋と秦王たち 千金、天下を動かす
6 李斯と韓非    絶対者の影として
あとがき
参考書目
関連年表

 

4 蘇秦と張儀    口舌もまた力なり
まだ20代の頃に感動した!!  何に???
「揣摩の術」??????
相手を思うがままに操る術?? そんなものがあるなら………
このころは夢があった??? 長じるにしたがって夢が無くなった!
ただこの中国の古代の本を読むにしたっがて、その人間学に興味を持った!
合従連衡という言葉は自民党の総裁選の時、聞いたと思う!
意味が分からなかったが、分かってみると面白い!!
「説客」 口先三寸で取り入る????
この「秦」をめぐる争いは大好きである!!
「刺客・荊軻」もいる………

〇 縦横の術
戦国七雄? 秦、燕、趙、韓、魏、斉、楚………
蘇秦は、鬼谷先生に教えられる!
「縦横の術」
七雄の内、秦が強力になる!
そうなればどうするのか??
合従 秦に対して6カ国が連合して当たる!
連衡 パックス・秦と言うべきで、秦を盟主で立てる!

現在の中国に対して、アメリカ、オーストラリア、日本、インドと連携している!
合従か?? 合従連衡を略して「縦横」と言う!!!

〇 都の田舎者  蘇秦
鬼谷先生の弟子に、蘇秦と張儀がいる!!
弁舌に蘇秦は、ずば抜けた才能を発揮する!
自身を、都の田舎者と言う! コンプレックスでもあったのか?
修行の後、売り込みのために各地に行くが、落ちぶれて故郷に帰る!
そこで相手にされない……… 物をつくるのがまともな商売である!
「口舌」???? まともな仕事ではない??
蘇秦の目標は、莫大な財産と、至高の地位である!
書物の中から唯一の財産を掴む!
眠くなれば、錐で太ももを刺す………
そして1年「揣摩を出」
「揣摩憶測」 一種の読心術???

〇 合従作り
そうして遊説に乗り出して行く!
「秦」へ行くが相手にされない???
ここでは当然、連衡策を勧めた????
受け入れらずに、燕、趙、韓、魏、斉、楚をまとめて合従策に出る!
つまり、己を認めてくれるところの案を出す!!
秦に対抗するために、6カ国をまとめる!!
かの有名な言葉で挑発する!
「むしろ鶏口となるも牛後となるなかれ」
故郷に帰れば、手のひらを返した状態になる!!

〇 合従くずし
張儀である! 蘇秦と同じようにえらい目に合う!
疑われて拷問に遭うう………
「吾が舌を見よ、なお在りやいなや」
喋れれば、どうにでもなると!!
不遇時に、兄弟弟子の蘇秦に助けを求めるが、冷遇される!
そのまま出奔し、秦に行く! 合従くずしである………
この張儀に援助を与える人間がいる!
これが蘇秦の命令を受けている??
蘇秦の目的がある!  そのための援助である?? 
そんな話、出来過ぎである??
目的を察する!!!

〇 蘇秦の期待
まだ合従論は基盤が危うい!
蘇秦は秦に攻められることを恐れる???
そうなった時に、張儀に期待する!!
が張儀は秦の政策に反対する???
遠謀がある!  どうなってもいいように手を売っている!
策士核に溺れそうである!!

〇 繕いの日々
しかし七雄も一枚岩ではない?
対立もある!!
まとめ役の蘇秦が非難される!
「国を売り歩く詐欺師だと」

〇 蘇秦の死
蘇秦は、「燕」の王の母親と関係がある!
「斉」へ行き、殺される!
ここも遠謀があったと言う???
死後の世界を演出する!!
策士と言うより、全身策が染みついている!!

〇 分断工作
蘇秦亡き後、合従はまとめ役がいない!
張儀の合従くずしが始まる!

〇 エール
張儀は蘇秦の死を最大限に利用する!
策士策士を知る!
二人は裏で結びついている??
考え過ぎであるが………
蘇秦は自分の死を生かす!
燕のスパイだった蘇秦の合従論を信用出来るのか??
犯人を捕まえて、反合従のプレゼントを張儀にする???
「口舌の徒」としての仲間意識がある???
類は類を呼ぶ!!

〇 まぼろし
秦が統一したのは百年後である!
出る釘は打たれる???
王が代わり状況は一変する!!
嫌われ出奔し、すぐに死ぬ………
現在にも通用する、強大な敵に対応する方法!
後世に残る、合従連衡を残した二人は満足であろう………


5 呂不韋と秦王たち 千金、天下を動かす
〇 邯鄲の夢
「邯鄲」 趙の都である!
「趙」は「秦」に大敗して、40万が捕虜になり、240名を残して生き埋めにされる!
長平の戦いである!! 秦の白起将軍、常勝将軍である!
この生き埋めの人数は20万とも言う!
ここに運命的に三人の男女が集まる!
呂不韋 商人
秦の王室からの人質   
とびきりの美女

〇 奇貨居くべし
「奇貨居くべし」 宮城谷昌光で読んでいる!
こうなると血は水よりも薄しか??
呂不韋は秦の人質を見てひらめく!!
奇貨居くべし!!! 奇貨とは、珍しいもの、めったにない商品である!
「火焔太鼓」か??
先に利益が見込めるので買う!!  先物取引か?
秦の王室からの人質は、異人?? 子楚と言う!
これを王にする?? 国の半分が儲けである………
ここからドラマは始まる………

〇 配当は国半分
「秦」の安国君の華陽夫人は子供がいない!
ここに、呂不韋は目を付ける!
子楚を王にする???

〇 絶頂の不安
呂不韋は全財産をつぎ込む!
華陽夫人の不安につけ込み、その身の危うさを教える!
子楚を後継者にして婦人の地位を守る!
実際には、後継者の可能性はゼロに近い!!

〇 波乱の種
子楚を後継者に成功する………
邯鄲での宴会がある!
ここで子楚は美女を見る!
踊り子か?? 要は呂不韋の女である!
この時に、呂不韋の子供を身ごもっていた??
子楚は納得している!
「趙」から家族を連れて「秦」に帰る!
6年後、昭王が死ぬ………

〇 疑惑
子楚が即位するが、3年後に死ぬ!
政が後を継ぐ!!
呂不韋と踊り子の子である???
呂不韋は「相国」になる!!
我が世の春か???

こうなると陰謀がどこまでだったのか??
呂不韋と踊り子が毒殺した?????
いろいろ想像出来る………
最大の益を得るのは???
呂不韋 とびきりの美女???
政はこの時期では………

〇 王の父母として
王室の後継者争いが耐えないのは、母親が権限を保ちたいからか!
呂不韋は、亜人との仲を清算したい??
政も、もう子供ではないと!!
太后に男を与える!  これに夢中になる???
嫪毐である!!! 宦官として送り込む???

〇 夢の終わり
太后は二人の子供を産んだ???
結局は、太后の子供と愛人の争いになり、愛人は敗れる………
呂不韋はもはや抵抗は無理と自害する………
太后は許されるが………
「映画・始皇帝暗殺」では子供は殺される………

〇 残されたもの
政には女の影がない??
子供もいたのだから女が嫌いではないが、名前は残っていない??

〇 絶対者へ
秦による統一がなされる!
戦国七雄は連衡策の勝利か…………
太古には、天皇、地皇、泰皇がある!
泰皇が最も尊い!
泰皇と、上古の帝を合わせて、皇帝とする!!
始皇帝で、二世、三世と続く………
度量法、字体、車軌などを統一する!
公共工事で道路整備を行う!!
死後の世界に、不老不死の探求になる!!!

〇 不死を求めて
方士たち460余名を生き埋めにする!
「焚書坑儒」
始皇帝陵  ここには行った! 感動の場であった!!
不老不死
「斉」の徐福が不老不死の薬を探しに行く!!
だまされたのか???

〇 塩漬け魚
そこまでしても死は訪れる………
50歳で死ぬ!
死を隠すために、運ぶときに塩漬け魚を配して腐臭をごまかしている!!


6 李斯と韓非    絶対者の影として
〇 遺体の発した詔書
始皇帝が死に後継者を選ぶ!
長子・扶蘇宛の「葬儀を主催せよ」
これを、宦官趙高が握りつぶす!!
改竄しようとする!!
扶蘇には蒙恬が付いている!!

始皇帝の死から2か月後、咸陽に戻った20歳の胡亥が即位し二世皇帝となる!
始皇帝の遺体は驪山の陵に葬られる………
趙高が権勢をつかみ、蒙恬や蒙毅をはじめ、気骨ある人物はことごとく排除される!
李斯と胡亥を協力させる!! 趙高は遺言を書き換える!!
扶蘇に自殺を命じる!!

〇 場所の哲学
李斯の生い立ちは不明である!
小役人からのし上がる………
人間、出世も場所を選ばなくてはならないと………
苦労したのは感じる…………

〇 遊学とめぐりあい
李斯は荀子み学ぶ!
もう一人の弟子が韓非子である!!
荀子と韓非子は、どちらかと言えども相いれない!!
どちらも「性悪説」である!
李斯はどちらも取り入れる????
要領がいいのか???

〇 寄らば大樹
荀子のもとを去る! 師との決別である!!
「秦」に入り、呂不韋に仕える!
呂不韋は、食客三千人と言う!!
その中で注目されなければならない!
風に乗ったタコである………

〇 李斯の危機
呂不韋は秦の人間ではない!
呂不韋は追放されて、他国の人間は信用出来ない!!!
李斯はこの危機を乗り越える!
余計に職務に忠実になる!

〇 『韓非子』秦へ
秦王・政が韓非子の著作に感動する!!
これを招こうとする!
韓非子が秦に来る!
これを李斯は恐れる?
韓非子が重用され、自分が追放されるかも知れない………

〇 抹殺
韓非子は李斯にはめられる………
そして自殺を勧告される………
李斯が勝つが………
因果応報である???

〇 墜落の恐怖
長年にわたる功績で、李斯は鼻が高くなる??
本人は気付いていないのか??
始皇帝に指摘される!!
始皇帝が亡くなり身の振り方を考える!
実務官僚としては優秀であった!
始皇帝が亡くなった時に、引退すべきだった………
趙高のクーデターに協力する!!

〇 帝王学なき帝王
二世皇帝は20歳で即位する!
「不義」「不孝」「不能」
「三逆徳」に悩まされる………
兄弟たちを殺す!!
陳勝・呉広の乱を皮切りに各地で反乱が起こる!
二世皇帝は趙高のみを相談相手にする!
誰も諫言出来ない!!
李斯は機会を待つが、趙高に読まれている………

〇 趙高との闘い
李斯は、あくどさでは趙高に勝てない!
趙高に罠を張られる!! 必死の上訴も取り上げれず、趙高にこれを見せる!
二世皇帝は「趙高がいなければ、李斯に謀られるところだった」
死んで当然か………

〇 墜落
李斯親子は殺され、「楚」の項羽が迫る!
情勢が不利になり趙高は仕しなくなる!
状況を見てクーデターを起こし、二世皇帝を殺す!
二世皇帝の兄の子、子嬰を「秦王」とする!
この場に及んでも、劉邦と国を二分しようと持ち掛ける!
趙高は一族とも子嬰の殺される!
始皇帝が出現して16年で「秦」は滅ぶ!!

 

あとがき


参考書目


関連年表

 

「戦国策」の知恵 ②・市川宏

 

« 本・「戦国策」の知恵 ①(1989/8)・市川宏 | トップページ | 本・「合戦」の日本史 : 城攻め、奇襲、兵站、陣形のリアル ①(2022/3)・本郷和人 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

名言格言」カテゴリの記事

中国 (モンゴル)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・「戦国策」の知恵 ①(1989/8)・市川宏 | トップページ | 本・「合戦」の日本史 : 城攻め、奇襲、兵站、陣形のリアル ①(2022/3)・本郷和人 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ