« 本・アメリカはなぜ安倍晋三を賞賛したのか ➀(2024/11)・古森義久 | トップページ | 本・宮城谷昌光全集 第1巻 短篇小説 宋門の雨(2002/11)・宮城谷昌光 »

2024年3月 1日 (金)

本・アメリカはなぜ安倍晋三を賞賛したのか ②(2024/11)・古森義久 

Photo_20240301110601


第五章 「失望」だけではなかった 首相靖国参拝
第六章 歓迎されたナショナリズム
第七章 日米関係の黄金時代
第八章 安倍晋三の「遺言」 核抑止・憲法改正・財政法

 

第五章 「失望」だけではなかった 首相靖国参拝
◇ 賛成もあった首相靖国参拝
靖国神社  東京都千代田区九段北にある神社
招魂社に起源を発し、明治維新以後の国家のために殉難した人の霊246万6千余柱を祀る!

・1869年(明治2年)に勅命により東京招魂社として創建
・1879年(明治12年)に現社名に改称された 旧別格官幣社
・1887年(明治20年)から陸海軍が管轄
・第二次世界大戦後、国家の管理を離れて宗教法人となる!

・2013年12月26日 安倍総理 靖国参拝!
反対は??
・朝日新聞などの左翼政権
・オバマ大統領
・中国
・韓国
問題は、朝日に中韓か???

「国家のために一命を捧げられた方々の霊を慰め、その事績を後世に伝えること」
朝日に中韓はいつも通り??
「日本の侵略戦争を正当化そ、美化する象徴だ」


◇ 無視された参拝当日の談話
「恒久平和の誓い」
要は無視される!! 改ざんされる??


◇ 中国の矛盾に満ちた糾弾
「日本のために尊い命を犠牲にした英霊に尊崇の年を表し、
 御霊安かれと手を合わせた」
「中韓の人を気付漬ける気持ちは毛頭ない」
「説明する機会があればありがたい」

世界の二大外相!
・ラブロフ外相
・王毅外相
直ぐに王毅外相が反論!
中国は徹底的に受けて立つ!
・1985年から 中国が反対!
それまでは何も言わない!!


◇ 「失望」と正反対の主張
オバマ政権「失望」
最近はアメリカも他国に介入することができない?

歴代の大統領が靖国参拝を批判していない!
リチャード・アーミテージ!
「中国のような非民主的な国からの圧力に屈してはならない!」
「日本は同盟国、批判は中国に味方すると言う、間違った印象を与える」


◇ オバマ政権「失望」の理由
第一 民主党リベラル派
第二 リベラル傾向の強い日本研究者の存在
第三 中国、韓国への支持! オバマ政権は特に強い!

どうも過剰な日本嫌い!
その裏返しの中国、韓国の配慮か???


◇ 非難するのは中韓だけ
ニュ-ヨーク・タイムス!
・日本の軍隊を世界に派遣できるようにしたい
・靖国もその一環である!
・アジアから反発されている!
・が、中韓だけである???
・他は静観である! 賛同とも………


◇ 「失望」への激しい反対論
・ジョージタウン大 ケビン・ドーク教授 日本留学経験あり!
・中国研究家    ラリー・ウォーチェル
・共和党      マルコ・ルビオ上院議員
・共和党重鎮    ジョン・マケイン上院議員

他国のことに干渉すべきでない!
安倍政権支持でもあるが、正論である!!

【中南米反米左派政権はどうなのか??】
【アメリカの正義を押し付けても従わない!!】


◇ 米歴代政権高官からも
民主党政権の高官!
・ランディー・シュライバー  クリントン政権中国部長
・ケビン・メア        オバマ政権日本部長

中国は利用している?? 【孫子の国である!】
・日本封じ込め
・日米離反
・国内治安の利用
・靖国参拝非難は放念し、アメリカの真の利益を考えるべきである!


◇ 米国の安倍支持は広がっていた
ペンシルバニア大名誉教授  アーサー・ウォルドロン!
叔父二人を日本との戦闘で失い、日本に対する反発もあったが、考えが変わる!
・ジョセフ・ナイ、カート・キャンベルの反対は間違っている!
・毛沢東! 「日本が中国で戦わなければ、政権は取れなかった」
・対日批判に利用しているだけだと!

ジョージタウン大 ケビン・ドーク教授 
・参拝=侵略戦争の美化ではない!
・靖国はA級戦犯だけではない! 平等に弔意を表している!
・中国は日本の弱体化を狙う! 無神論であり理解出来ない!
・アーリントン墓地には南軍将兵も埋葬されている

 

第六章 歓迎されたナショナリズム
◇ アメリカの変化
要は安倍晋三の評価の変化である!
対中関係の悪化がある!

リベラル派長老 トム・ラントス議員!
マイク・ホンダ議員に賛同していたが変わる!
憲法改正も賛同する!!


◇ 「イエスといえる日本」
安倍批判は少数とは言え声が大きい!!
安倍晋三はブッシュjr大統領からも支持されている!
保守派は支持である!

中国は自国民数千万人の死に責任を負うべきなのに、
外交武器に日本叩きを利用している!
アジアのほとんどの国は日本の投資を望んでいる?
中国の債務の罠より…………


◇ 米政権側に支持されていた
「戦後レジームからの離脱」
支持する担当者も多い!
安倍首相の業績
⑴  教育基本法の改正
⑵  改憲をにらんだ国民投票成立
⑶   防衛庁の省への昇格

更に!
・安倍晋三は強い印象を与えた
・対テロ闘争に協力
・国民主権の重要性を強調
・国際関与を深める
・「美しい国へ」評価される
・「戦後レジームからの脱却」は理解され難い面もあった


◇ リビー大統領補佐官との親交
チェイニー副大統領の首席補佐官!
保守本流で安倍晋三支持!
親日派!
安倍晋三は政権を離れて野党時代に支援の輪を広げたと!!


◇ ハドソン研究所での受賞演説
ハドソン研究所は安倍晋三への支援を続ける!
ハーマン・カーン賞受賞!
授賞式でアベノミクスを説明する!
第一の矢 前例のなかった金融政策
第二の矢 柔軟な財政投資
第三の矢 海外からの投資

インド太平洋の世紀を日米は引っ張って行く!
自由、民主主義、人権、ルールに基づく秩序である!!
日米同盟の「方務性の是正!
中国軍拡の懸念!!
積極的平和主義!!


◇ 「希望の同盟へ」
立憲民主党のアホな議員!!
英語だけ喋れて内容がないと言う、良い例である!
安倍晋三の英語を批判する!

・2015年 上下両院での「希望の同盟へ」演説!
安倍晋三は英語を勉強し、通じる英語だと!!
上下院は初めてだと!!

・戦死者への哀悼!
・硫黄島は激戦地でアメリカの死傷者が日本を上回っている!
・ここに関係者を呼ぶ!
・ローレンス・スノーデン海兵隊中将 23歳で硫黄島上陸
・進藤義孝国会議員 栗林忠道大将の孫
・戦後日本はアジア諸国民に苦しみを与えたことに反省
・地域の発展、繁栄への歩みを誇りに思う!!


◇ アメリカに対する評価の集大成
アメリカの協力でここまでこれたと! 感謝である!!
アジアの海である!
第一 国際法重視
第二 武力や威嚇を自己主張のために用いない
第三 紛争の解決は平和的手段で

「自由で開かれたインド太平洋構想」
「安全保障に日米安保」
「国際協調主義による積極的平和主義」

・2011年3月11日 東北の震災の「ともだち作戦」への感謝!

スピーチは元日経BP記者谷口智彦の才能が役立ったと!!


◇ 真珠湾攻撃75周年に
・2016年 ハワイでスピーチ!
「永劫の哀悼の誠」
「不戦の誓い」
「平和国家」

知らなかったが、被弾し帰艦を諦めて戦死した飯田房太中佐! 指揮官クラスか?
石碑を建てて貰っている!
これに感謝の意を伝える!
勇者と勇者の戦いだったと!
「和解の力」 日米友好の絆だと!!

【こう言う話は語られない! 故意に無視するマスコミも多い???】

 

第七章 日米関係の黄金時代
◇ 「シンゾーと私は波長が合う」
大統領選挙、トランプが勝つtとはほとんど思われていなかった?
木村太郎はトランプ氏勝利と言ったようだ??
安倍晋三も勝つとは思っていなかった??
が勝ちすぐさま手を打つ!!
単身トランプに会いに行く!

安倍晋三はトランプに二人には共通点がある??
トランプはニューヨークタイムズに、
安倍晋三はニューヨークタイムズと提携している朝日新聞に叩かれた??
そして勝った??
どちらもどちらである??
が、両国はかってないほど友好的だった!
ゴルフを誘うのは気が合う人間だと!
安倍晋三は誘われる!!

G7でもアメリカと他が対立すると安倍晋三が調整である!
「猛獣遣い」と言われていた??


◇ 「私が隣に立つだけで」
「アメリカ合衆国は偉大な同盟国の日本を100%支持します」
・2017年 日米首脳会談 トランプの自宅に安倍晋三は招待された!
そこで北朝鮮の弾道ミサイル発射である!
これに対して、安倍晋三は非難声明を出す!
この時に、トランプ大統領は記者会見に隣に立ち、冒頭のメッセージを発する!

選挙中は日本への批判を繰り返したが、180°変わる………

佐藤優が書いていたが、日米首脳会談は良く行われた!
これはスッタフが忖度し、大統領が会う人間を優先するからだと!!
鳩山由紀夫はオバマ大統領に相手にしてもらえなかった!!


◇ 大統領専用機に同乗
ここでは、緊密ぶりに特別な扱いが記述されている!
トランプ大統領も安倍晋三を褒めている!
大統領選用ヘリコプター 「マリーンワン」
大統領専用機      「エアホースワン」
搭乗する!! コックピットも見せて貰う!!
国際交渉の先輩として、中国、ロシア、韓国についてレクチャーする!


◇ 日米首脳会談、朝日の大誤報
・2017年2月10日 共同声明である!
本日,安倍晋三内閣総理大臣とドナルド・J・トランプ大統領は,
ワシントンDCで最初の首脳会談を行い,
日米同盟及び経済関係を一層強化するための強い決意を確認した!

訪日の招待
安倍総理大臣はトランプ大統領に対して本年中に日本を公式訪問するよう招待し,
また,ペンス副大統領の早期の東京訪問を歓迎した
トランプ大統領は,これらの招待を受け入れた

・日本防衛の誓約  尖閣諸島
・アジアの法に基づく国際秩序
・「武力による国際秩序の変更への反対」
・北朝鮮のミサイル抑止に、拉致被害者解決のアメリカの協力!
・「相互補完的な財政、金融及び構造政策」
・「力強い世界経済の維持、金融の安定性の確保及び雇用拡大の増大という利益を共有する」
・「環太平洋パートナーシップ(TPP)から離脱した点に留意

ここで日本の識者、評論家などへの非難である!“
いつものことだが朝日新聞!
自動車問題に為替問題!
出てきていない!!
ともかくトランプ批判が優先であると!!


◇ トランプ氏の日本批判
内容は?? 選挙前である!!
・TPP離脱
・日米貿易は不均衡
・日米同盟は一方的で不公正
・在日米軍は撤退しても良い
・日本は核武装しても構わない

日本、韓国と言う経済上の競争相手を見返りもなく守っている!
トランプの計算は、得か損である??
【サウジの記者の暗殺に、サウジが武器を買ってくれる良いお客さんだと! 黙認?】
要はもっと金を出せと??


◇ 「在日米軍撤退」の前提
日本は公正な負担をせよと!!
出来なければ米軍撤退で自分で国を守れと!
そして核武装しても構わないと!!
以降この話題にはふれていないようである!!
抑制、撤回である!!

ルイス・ルビー氏!
・日本叩きは時代遅れ!
・アジア最需要同盟国は日本!
・安倍政権は国内政治のリスクをとって日米同盟を重視している!
・中国、北朝鮮の脅威に日本は欠かせない!

しかしながら、日本の努力は求めている!!


◇ 安倍・トランプ関係の分析
相棒だと!!
トランプ大統領には、北朝鮮関係で信頼できる支持者がひとりいると!
メンケル首相、文在寅大統領が反対しても、安倍晋三は支持してくれる!

ニューヨークタイムズが友人同士だと!
電話会談もダントツか?
北朝鮮の6回目の核実験で
トランプ安倍は3回の電話対談
トランプ文在寅は1回だけだと!

安倍晋三の沈黙!
トランプ大統領の政策や言動に反対意見を述べないからだと!
両者とも保守主義でナショナリストだと!!


◇ 前向きの対米関係
著者の分析がある!
・安倍晋三はトランプ大統領との関係を努力して築いた
・トランプ大統領の発言にも同意し、信頼を得た
・予測困難で奇矯な言動のトランプ大統領を上手く誘導した
・安倍晋三はやるべきことをしたと!!

トランプ・安倍時代は日米の黄金期か??
・中国、北朝鮮の核から守る!
・金正恩に対しても譲らない!
・拉致被害者への援助
・自由で開かれたインド太平洋」

 

第八章 安倍晋三の「遺言」 核抑止・憲法改正・財政法
◇ レーガン銃撃事件との違い
安倍晋三狙撃の警備のええかげんさ!
見ていて情けなかったが………
あんな腐った目の人間に狙撃されるかなと!
SPも覚悟があったのか??
レーガン大統領狙撃と違い!
シークレットサービスの対応!
えらい違いだと!!


◇ 警備護衛の明白なミス
著者の疑問点?
第一 後方の警備がゼロだったのは?
第二 1発目と2発目の3秒に時間差があるが、何をしていたか?
第三 過去10間、銃などを作っているのなら何か情報が無かったのか?
第四 防弾チョッキを身につけなかったのか?


◇ 日本の反安倍
「安倍をぶっ殺せ」 
大江健三郎に山口二郎!! どちらも嫌いである!!
作家に学者??
単なる扇動屋ではないか??
ノーベル賞作家?? ありがたみも何も感じない!
【森喜朗の女性が入ると会議が長い? で辞任である! おかしいのではないか??】

反安倍、安倍嫌い、安倍叩きの識者、学者、評論家、政治家は多い!
個人的に嫌いな政治家は??
・志位和夫、小池晃
・枝野幸男、安住淳、辻本清美
・小沢一郎、二階俊博、山口那津男………

山口二郎、大江健三郎ら、反政府なら何をやっても許される!
安倍狙撃犯にも丈量酌量を??
アホな人間はどこにでもいる!


◇ 反国家勢力の過ち
反国家の左翼勢力??
第一 独立の在り方の反対
ソ連重視で全面講和の主張!
単独講和は不可だと!!

第二 日米安保の反対 非武装中立!
それが正義と言われていた??

【社会主義の核は良い核だと??】

共産党 小池晃? 時代も変わる!!
「あんなもの社会主義じゃない」


◇ 「自衛隊は悪」
志位和夫?? 全く信用出来ない!!!
自衛隊、天皇制!
あるものは利用する!!
国民の理解が得られれば潰す!!
最低の男か??

昔、自衛隊を違憲合法と言った社会党!!

大江健三郎! 読んだ人間は、申し訳ないが本当に理解しているのか?
・自衛隊は潰す!
・帝国主義に走るアメリカとの連帯に気を付ける!
・防衛大学生は日本の青年の恥だ!

野坂昭如! ただの酔っぱらい??
・自衛隊は悪であり、殺人集団

なぜそうなったのか??
・アメリカ占領軍の施策
・共産主義、社会主義のシンパシー
・共産主義は正義だと!! 平和愛好である!
【ソ連に北朝鮮が地上の楽園と思い行った人間も多い!】
・憲法改正で軍事大国になり、侵略を始める?
・徴兵制が復活する?
・ソ連中国に学べ!
・自縛自縛の半国家に置いておきたいと??


◇ 左翼の主張を広げた朝日新聞
戦後の日本は国家を悪とみなす!!
・国家の命令に従い国を滅ぼした国家への反発
・マルクス主義
・共産党と社会党の政治戦術としての「国家は悪」

これに安倍は戦う!
危機だから反撃も強い!
自分が潰される恐怖??
その恐れがある!!
それが「安倍を叩き切ってやる」
・右翼
・タカ派
・ナショナリスト
・軍国主義者
・保守反動


◇ 安倍氏の遺言
日本国民の多数は「普通の国としての日本」を支持した!
「異端」はまだ残り「憲法」だと!
亡くなる2ヶ月前に著者は対談している!
以下はその紹介だと!!


◇ 「自由で開かれたインド太平洋戦略」
中国は官製デモで圧力をかける!
インドは価値観を同じくする民主主義国家で歴史問題もない!
クアッドに繋がるが「媚中派 福田康夫」で後退!


◇ 核持ち込みスクープ
密約である!
秘密はばらされるためにある!!!
ライシャワー氏の暴露!!
【確信犯か???】


◇ ライシャワー氏の「暴露」
日本で暴漢に会い、輸血された! 問題があったが、日本人の血が入ったと!
「入唐求法巡礼行記」これを英訳し紹介した!
世界三大旅行記!!
『 大唐西域記 』 (玄奘三蔵、646年)
『 東方見聞録 』 (マルコ・ポーロ、1298年?)
『 入唐求法巡礼行記 』 (円仁、847年?)

日本の詳しく夫人も日本人である!
駐日大使で評判が良い!

非核三原則!
・製造しない
・保有しない
・持ち込まない

この「持ち込まない」が問題である!
核は日本の領土に上げないが、軍艦には積み込んでいる!
解釈の違い!
・日本   軍艦に積み込んで寄港もダメ
・アメリカ 陸揚げしなければよい
もはやそんなごまかしよりはっきりさせた方がよいと!!
この意見は正解だと思うが………


◇ 「いつか限界が来る」
安倍晋三は「核持ち込み」を質疑しようとしたら、
外務省に絶対やめてくれと言われる!
日本は国防を言うと「右翼」「軍国主義」と言われる!
なんせアメリカについては何を言っても許される国である??
中韓は、言うことを許されない!!


◇ 叩かれるほど燃えてくる
「女性国際戦犯法廷」
報道に介入したと叩かれる?
報道もどうかなと思うが………
ただ安倍晋三は叩かれれば燃えると!!


◇ 言論界は発言の責任を取らない
日米同盟はアメリカの戦争に巻き込まれると!!
しかし70年経っても巻き込まれていない!
逆に日本を攻撃すればアメリカが出てくると!!
抑止に立っている???


◇ 憲法の作成過程に大きな問題がある
朝日新聞の特徴!! 
識者に言わせる??
・徴兵制が始まる
・映画がつくれなくなる??
・枝野批判がある! 

憲法改正は???
・アメリカが8日で25人の素人が作った?
・76年前では合わなくなっている
・自分達の手で作る! コロナなどの緊急事態対策!!

【あれだけアメリカ批判で、憲法だけは変えない!】


◇ 台湾有事はカバーできる
日米安保は台湾有事はカバーできる!
米艦隊護衛は有効だと!


◇ 憲法9条と財政法第4条
アメリカは日本をカルタゴのようにしようとした??
財政法第4条は赤字国債の発行禁止である?
戦争につながると!!

これを共産党が質問する!
「財政法第4条」は戦前の反省に基づいたものだと!
それを理解しているかと?

健全財政の元だと!
戦争危険のの防止そのものではないと!

志位和夫は急迫不正の状態になったら自衛隊に戦ってもらうと???
漫画か???


◇ 自衛隊違憲論をなくす
現行の憲法、第9条にあらたに3項を付け加えて、自衛隊の存続を認める!
自衛隊違憲論をなくす!!
やはり「安倍さんだ」との声は無視できない!!

 


アメリカはなぜ安倍晋三を賞賛したのか ②・古森 義久 

 

 

« 本・アメリカはなぜ安倍晋三を賞賛したのか ➀(2024/11)・古森義久 | トップページ | 本・宮城谷昌光全集 第1巻 短篇小説 宋門の雨(2002/11)・宮城谷昌光 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

ロシア (バルト3国 コーカサス ウクライナ)」カテゴリの記事

中国 (モンゴル)」カテゴリの記事

台湾」カテゴリの記事

朝鮮半島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・アメリカはなぜ安倍晋三を賞賛したのか ➀(2024/11)・古森義久 | トップページ | 本・宮城谷昌光全集 第1巻 短篇小説 宋門の雨(2002/11)・宮城谷昌光 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ