« 本・日本共産党と中韓 左から右へ大転換してわかったこと ②(201506)・筆坂秀世 | トップページ | 本・刺客列伝(1995/12)・伴野朗 »

2024年2月 4日 (日)

本・玉人 (1996/7)・宮城谷昌光

Photo_20240204231301


著者の小説世界の奥行きの深さを示す珠玉の中国古代短篇六篇!
人生の豊かさとはかなさ、男と女の生の艶やかさと不思議さを描く!


はかない幻想的な小説集である!
著者らしい内容か???
内容は下記の通りである!!




風と白猿
桃中図
歳月
玉人


〇 雨
時代は晏嬰か??
魯の叔孫豹??
兄に疎まれて国を出る!
斉へ亡命するが、途中で女に会う!!
これも幻想的である!!
この女は神か??
一夜のはかなさがある………

斉へ行き、国佐を頼る!
認められて娘を妻にする??
天が落ちてきて、圧殺されそうになる!
助けられる……… 「牛と言う男??」
夢である………
が、記録している!
孟丙、中壬の男子を産む!
妻は他家に嫁いでいたが、引き取る!!

そうして一夜の女が子供を連れて会いに来る!
子どもは「牛」
引き取る!!

季札に言われる!
叔孫豹はまともな死を得ることが出来ないと!!
牛の策謀が始まる………
孟丙を殺す!
中壬を追い出し、叔孫豹を餓死させたときに殺す!
庶子が後継者になるが、自由に出来る??
が、庶子が討つ!
逃げるが、孟丙、中壬の子供に殺される!!
牛の首、雨に融ける………
叔孫豹は夢を見た………


〇 指
宮廷内の女の争い??
子朝に疾!
疾の女を幸せにする指!!
疾は女が好きである!
貴族は何度でも結婚する!
今の妻より家格が高ければ、前の妻は正妻の座を降りる?
子朝に娘を貰う!
当時は貴族の妻は、妻には侍女が付く!
これが第二夫人になる!
それが当たり前だった!
どちらも美しい………
子朝の娘を貰うのに、二人を実家に帰そうとするが帰らない!
そこで空き家に住ませて通う………
疾は黄金の指を持っている!

子朝の娘は子朝そのものである!
が第二夫人の妹はそうではない?
溺れる………
が再び嫁を貰う! 権力者が変われば嫁が変わる??
この妹も住ませる!
3人の愛人がいる!
これを知られて、攻撃されようとするが………
ただ何の益もない? のであきらめる!
亡命し、やがて帰国するが、3人の愛人と一緒である!!
これは幸せな人生なのか………


〇 風と白猿
斉の首都に、謎の男、原々斎がいる!
田朌将軍が訪ねるが、本にだと見抜かれる!
相談がある?
妻が消えた……… 風にさらわれた………
その家を調べて、同じ例がないか調べる!

家に毛がある!
白く光る大きなもの??
白猿???
風の日にさらっている………
毎年のようにさらわれている!
が、今年は二人である???
将軍の妻は時期が違っている!!
風となると、グライダーか???

原々斎の祖父は墨子??
えらい名前が出て来た………
墨子もグライダーを作っている………
田朌将軍は、白猿族と戦う!
巨大な白猿を殺す!
妻と消えた娘はそこにいる!!
妊娠している?

種を明かせば、妻が家宰の子を宿している!
これがばれれば父は討伐される!
それを隠すための狂言誘拐か??
そして妊娠は白猿と言うことにする………
原々斎は名探偵か???


〇 桃中図
李秀! 商人の息子で身体が弱い!
苦平が従僕である!
病気ゆえの苦労がある!
店を継げるのか??
二人の姉は、まるで性格が違う!
大きな桃の木がある!
これに魅かれる………
神木か???
そこから地図が出る!
桃の木の家の者は、桃の木に自分の行く先を置いておくと!
姉が探している!

桃の木に健康を貰う!
苦平は離れて商売で成功する!
成功の基は地図である!
秦の始皇帝に絡んでいる?  黄金虫か???
李秀は家業を傾けさせる………
苦平が現れて援助を申し出る!!
そして桃の木を見守りながら余生を送る………


〇 歳月
小娥!!!
船で商売している商人の娘!
護衛に、段居貞がいる!
長女をめあわせ様とするが、体調不良である!
小娥は兄が出来ると喜ぶが、姉は亡くなる!
しかし小娥を貰いたいと!!
幸せは続かない………
賊に襲われてみな殺しに会う!
父も夫も死ぬ………
が、小娥は生き残る!
生きる望みを失うが、夢で父と夫の亡霊から犯人の名を聞く!
老人に事情を離し、仏の道に進めと言われる!
尼僧に教えを乞い、犯人の名前を言う!
それがまわりまわって分かる!
ポーの世界か?? 暗号を解く??
何故ここで暗号なのか???

男として生きる!
そうして神がめぐり合わせたのか、犯人にたどり着く!
役人に知らせて、捕まえさせて財宝が押収される………
そうして修行の道に戻る………
何と言う人生なのか???


〇 玉人
李章武! 女性に人気がある!!
その友人の崔信!

李章武は、華州で美しい女性に会う!!
女性に魅かれて宿に泊まる!!!
運命の人か???
子婦を妻にしようとする!
そして妻にする???
老僕が身元を調べる!!
夫がいるが病気のようだ!
死を待つことはしない!
快癒を祈り、その後に妻とすると!
「玉人」と呼ぶ!

長安に帰らなければならない! 仕事である!
妻に後で来るように言う!
が、9年後妻の家に行く???
4年前に亡くなっている……
李章武を恋い、食事をとらずに、眠らず、やまいが高じる………
家で宝石を見つける!!
天上の至物と!! この世のものではない!!
子婦がもたらした………

 

玉人・宮城谷昌光

 

« 本・日本共産党と中韓 左から右へ大転換してわかったこと ②(201506)・筆坂秀世 | トップページ | 本・刺客列伝(1995/12)・伴野朗 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

中国 (モンゴル)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・日本共産党と中韓 左から右へ大転換してわかったこと ②(201506)・筆坂秀世 | トップページ | 本・刺客列伝(1995/12)・伴野朗 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ