« 本・謙信×信長 手取川合戦の真実 ①(2023/5)・乃至政彦 | トップページ | 本・謙信×信長 手取川合戦の真実 ③(2023/5)・乃至政彦 »

2024年1月17日 (水)

本・謙信×信長 手取川合戦の真実 ②(2023/5)・乃至政彦

Photo_20240117071401


第二章 織田信長という男

 

第二章 織田信長という男
第一三節 弾正忠信秀の台頭
◇ 勝幡城主・織田信秀
・永正18年 1511年 誕生!
尾張の守護は斯波氏!
守護代織田氏の一族で、尾張下四郡を支配する守護代「織田大和守家」に仕える庶流として、
清洲三奉行の一家で弾正忠を称した家を継いでいた!
津島を支配し裕福である!
もう一つは、上四郡を支配する守護代「織田伊勢守家」 岩倉城を主城とする!

◇ 那古野城主・織田信秀
・天文7年 1538年 信秀は那古野城に移転、父、信貞死去!
それまでは今川氏豊が居た!
尾張守護・斯波義達は、守護代織田伊勢守を内倒す!
尾張から駿河に逆侵攻し、失敗!
次の守護代は大和守・織田達勝で、信秀はその奉行!
信秀はやり手である!
独力で今川勢力を追い出し、熱田をモノにする!

ここに三河の内紛がある!
対外一族兄弟の対立である!
三河は?
・松平清康 信秀の弟 信光の守山城を囲む
・松平信定 信秀の姉が嫁いでいる
・天文4年 1535年 守山崩れで清康が殺される!

「司馬遼太郎 国盗り物語 信秀はマメな男だと」
三河、美濃に出兵している!
財力もある! 全国屈指か??
・伊勢神宮外宮の選管費用寄附
・禁裏の修理にも寄附
津島、熱田が金のなる木なのか???


第一四節 信秀の病死と信長の相続 
◇ 古渡城主・織田信秀
・天文4年 1535年 信秀は那古野城を信長に譲り、古渡城に移る!
三河を攻め、美濃から帰蝶を信長の嫁に迎える!
この頃、病気で動きが鈍い!
死期を感じている???

◇ 末森城主・織田信秀
・天文17年 1548年 その頃末森城に移る! 
信秀は居城を変えている!
・勝幡城  経済的拠点と地盤を固める
・那古野城 今川を追放した後の現地固め
・古渡城  信長の後見のため
・末森城  今川対策

◇ 大名重臣としての拠点移転
信秀の居城移転は、重臣としての移転である!
大名ではないと!

城には?
・防衛地点で、戦時のみ使用
・政治の中心地
末森城は後者で信勝が入る!
【信勝 昔は信行と思ったが】

◇ 守護代奉行・織田信長の誕生
信長を信秀は放任か??
教育したもようは無い??
肉体と兵士は激しく鍛えた!
武辺者になる??
しかし信秀は亡くなり独自の路線を取る!!


第一五節 又代・織田信長の尾張統一戦
◇ 失脚を狙われる又代・織田信長
信秀が亡くなると、織田から離れる武将も多い?
鳴海城主・山口教継が今川に奔り、戦うが引き分け?
同僚 坂井大膳が信長攻撃!
これには勝つ! 初勝利か?

◇ 村木砦攻め
・天文22年 1553年 信長と道三の会見!
ここで道三は信長を認める!
「うつけではない??」
人が良いのか信長を後見し、兵を送る!
村木砦を攻めるが留守兵を置かずに全軍で攻撃する!
留守兵は道三が派遣する?
泥棒に留守させる??
でも無く、背後を考慮に入れなくてよいと!!
1日で勝負あり?
援軍は美濃に帰る………

【噂など当てにならない! 見る人間が見なければ分からない!】
【信玄も考え込む! 何より信秀が廃嫡していない?? 見込みがあるからか?】

◇ 第一次清州攻め
尾張は? 対立している?
・守護  斯波義統
・守護代 織田勝秀 
・又代  坂井大膳

守護は清州に監禁されていて、信長が解放に向かうが出来なかった??

◇ 守護・斯波義統の暗殺と第二次清州攻め
・守護代 織田勝秀 
・又代  坂井大膳
斯波義統殺害を実行する!
警護の侍は切腹!
嫡男は信長のいる那古野へ奔る!
信長は清州城を攻める………
守護代は一挙に衰退する………

◇ 清洲への移転
信秀の弟 叔父信光を守護代は内通させる!
信光はこれに乗り、信長に報告?
・天文24年 1555年 乗ったふりをして逆襲!
守護代 織田勝秀は自害 
又代  坂井大膳は逃亡
信長は清州城に、那古野城に信光を入れる!!

◇ 実弟・織田信勝との確執
・天文24年 1555年 守山城の信光の弟 信次が入る!
この家臣が無礼な武士を殺し、死体を見て青ざめる??
信長の弟 秀孝である!
まず弟・信勝が守山城を攻撃する!
何か野心があった?
信長も駆けつけるが遅れる!
信次は行方不明! 信光の責任を問わないので不問か?
「従者を連れず、一騎で駆け巡るとは理のあることとは思えない」
それで収めた???
守山城を信勝は欲しく攻めるが抵抗が激しく、
新たな城主に、信長の異母兄・秀俊を送り込む!

◇ 度重なる身内の不幸
・天文24年 1555年 織田信光が不審死?? 暗殺か?
・弘治2年  1556年 斎藤義龍、長良川の戦いにて父の斎藤道三を討ち取る!
こういう時期に信勝を信長の代わりに立てようとする!
守山城主 織田秀俊が家臣に殺される!
全面戦争になる! 信長VS信勝!

◇ 実弟殺害による尾張平定
「稲生合戦」
信長700VS信勝1,700?
信長圧勝で、母土田御膳は信勝放免を願い出る!
信長23歳!

・弘治3年  1557年 斎藤高政が信勝にチャチャを入れる?
翌年から不穏な動きを行う?
信長はもはや国主である!
信勝は清州に招かれて殺害される!
この後、御隠居へ????


第一六節 斯波義銀と今川義元の協心
◇ 尾張平定後の守護・斯波義銀
・永禄2年 1559年 信長上洛!
尾張守護に斯波義銀を擁立!
今川と織田には緊張関係がある!
義元は三河に安定政権を築きたい!
斯波義銀を交渉相手に選ぶ?

◇ 主従関係の破綻
斯波義銀は信長を頼る!
が、今川を見て今川の方が良いと感じる??
この判断を誤ると、滅亡である!
斯波義銀には信長は「うつけ」に見える!
となれば義元に通じるほうが安全か?

・永禄3年 1560年 この前後に義銀幽閉、追放になる!

◇ 斯波義銀の計略と追放
吉良???
名門が絡む陰謀か?
三河の吉良氏、石橋忠義らと共謀し、今川軍を海路で尾張に引き入れる!
未然に防がれて首謀者は追放!!
この陰謀は大事件だと???

◇ 信長の守護追放の年次はいつか
この年号はいつなのか??
桶狭間合戦の翌年??
同年と見る!!
かりにも守護を追放である!
義元を打ち取りは大きな事件であり、
どさくさに紛れて追放した!
桶狭間後、信長は駿河に侵攻しなくて、美濃を攻める!
美濃の方が危険度が高い???


第一七節 桶狭間合戦の勝因と敗因
◇ 今川義元の作戦
著者による新たな解説である!
・尾張守護職 斯波義銀が政変を企んだ!
リアルに考えて信長は義元に勝てない!

義元の作戦は?
・兵力1万? 最大4万5千?? 補給を考えるとどうなのか?
【マーチン・ファン・クレフェルト 補給戦 
ヴァレンシュタインからパットンまでのロジスティクスの歴史】
これは面白かった!
このような本は書かれないのか?
・今川義元の西上
・信玄の上洛
・謙信の越山
・織田軍団の中国、四国、北陸、関東への攻撃!

・尾張大高城を救出、海路を使い尾張北部に侵攻!
・尾張一向宗と美濃の延暦寺系僧兵団と清州を衝く!
・斯波勢が同調する?
これはバレる! 義銀の家臣が漏らす??
信長は行軍中の義元を奇襲することを考える!
勝負をかける!!

◇ 桶狭間合戦の経緯
義元は桶狭間山(現在地不明)で休憩!
兵は≒3千??
信長は最前線「中島砦」に移動、桶狭間山に突撃を考える!
左右の者が反対する!
信長は??
「運は天にありと知らぬか、不利になれは退き、敵の背を見て襲えば崩せる!
 敵の首は討ち捨てよ、勝てば末代までの名誉となるぞ」

もう一つ別動隊を先行させている!
そして襲撃させている!
ここに豪雨が降る!
今川山地に居たので上から撃ち落とせる?
が豪雨で鉄砲が使えない!!

◇ 鉄炮使用の可否
信長勝利は?
・別動隊の陽動作戦
・豪雨で今川の一部武具と施設が使えなかった
【何よりも信長の決断力ではないか? 偶然と思えない?】

◇ 佐久間信盛の別動隊
佐久間信盛と言うのが面白い?
この別動隊は、信長に佐久間信盛が披露している!
ただし「信長公記」には記述がない!
佐久間信盛は後年追放されている!
なので、忖度して削除した???

◇ 信長勝利の要因と『甲陽軍鑑』の証言
軍鑑にも桶狭間の記述がある!
佐久間信盛の挑発に乗り、敵味方の判断がつきにくい状況で、
信長が乱入したと!

◇ 太田牛一の誤記の謎
太田牛一は斯波義統の家臣で、義銀と共に信長に仕える!
義銀と信長が主君?
細川藤孝、光秀と同じ立場か?

「信長公記」
桶狭間の合戦は?
・史実  永禄3年  1560年
・誤記  天文21年 1552年???
8年ずれている?

◇ 太田牛一が桶狭間を8年ずらす理由
天文21年は信長と義銀の関係は良好である!
要は旧主義銀への対応である!!

◇ 桶狭間最大の戦犯・斯波義銀
記憶違いと言うことは無いようだ!
天文21年は信長と義銀の関係は良好である!
しかし事実を書くと、義銀は最大の戦犯になる??
旧主思いなのか??
不慣れな嘘を言う!!
しかし足利義昭については、義理もなく裏切りを容赦なく書く!!


第一八節 美濃平定前の第一次上洛作戦
◇ ブランドゼロからの対外戦略
信長は対外政策を見直す!
・家康である! 同盟を結ぶ!
・美濃へ侵攻!
・守護を追放している! 一から信頼を作る?
・永禄6年 1563年 清州から小牧山に拠点を移す!
・永禄7年 1564年 織田信清を滅ぼす!

◇ 謙信と信長のファーストコンタクト
・永禄7年 1564年 謙信に接触する!
この時期は謙信の方がはるかに上である!
飛騨の三木良頼が仲介している!
信玄の侵攻に苦しみ謙信と結んでいる!

謙信から見れば「奇貨居くべし」である!
・義元を討ち果たした! 謙信がやりたいことである!
・甲相駿三国同盟を潰した!
・31歳
・信玄対策に有利になる!!
・信長の息子を謙信の養子に?

◇ 武田信玄と織田信長の接触
どうも信玄の方が先に関心を持つ?
尾張天永寺の天沢和尚に聞く?
・朝夕馬に乗る
・鷹狩り、弓、蹴鞠、鉄炮、剣術修業
・舞は幸若舞の「敦盛」を舞う
・小唄は「死なうハ一定、しのび草には何をしよ、その一定かたりのこすよの」

・永禄8年 1565年 信長は信玄の元に死者を送る!
勝頼に姪を嫁がす!
これは成功に終わるが、謙信との養子縁組は不首尾に終わる!

◇ 足利義輝の横死
・永禄8年 1565年 足利義輝殺害される!
旧臣細川藤孝が信長に上洛を依頼!

この時期に信長は花押を使う!

Photo_20240117072501

麒麟の「麟」字を象った???

信長の上洛は、美濃に近江の六角氏がジャマ!
藤孝らが動き講和??
・永禄9年 1566年
義昭は尾張、美濃、三河、伊勢の4ヶ国の軍勢を率いて上洛??
この第一次上洛は破綻する!!


第一九節 美濃制圧と義昭の美濃入り
◇ 絵に描いた天下餅の第一次上洛作戦
信長は大和の柳生宗厳に上洛の延期を伝えている!
美濃に侵攻する!
単なる手違いか??
大計画は絵に描いた餅になる??

◇ 織田信長の稲葉山城制圧
・永禄10年 1567年 稲葉山城制圧 
・永禄11年 1568年 義昭は朝倉が動かず信長に再度依頼する!
謙信も期待している??

◇ 第二次上洛作戦の布石
岐阜城に名称を変え「天下布武」の印文を使い始める!
藤孝は信長に使者を出す! 光秀である!
信長は謙信に協調して幕府再興に尽くしたいと!
両者の関係は良好である!

◇ 義昭・信長ともに動く
信長は上洛の連絡を行う!
・朝倉 不快 来ない
・浅井 快諾
・六角 拒否
敵がはっきりし上洛!
六角を粉砕!
謙信にも順調と連絡!
「天下之儀御馳走」を実行して欲しいと!!

◇ 「天下布武」の意味
・天下取りの野望!  これではないと言うのが主流になりつつある???
・幕府の権威を示す!
何か信長を矮小化している!

印文は自分のキャラクターを伝えるもので、
どうこうすると言うことではない?
当時は
・自分の下の実名  晴信、義元
・神様の名称    帝釈天
・心意気を示す   宝在心

北条「禄寿応穏」
平和な世の中を約束する言葉??
異論もある?

意匠である?
・謙信 獅子
・氏康 虎
・信玄 龍

「天下布武」を普通に読んで、
「天下に我が武を行き渡らせる」

天下は日本全国の意味か??
そう言う例は多い!
吉川元長が山中鹿介と「天下無双」と評価している!
中国地方であるが日本一と言う意味で良い!!
難しく考える必要はない???


第二〇節 第二次上洛作戦の成功
◇ 第15代将軍の誕生
・永禄11年 1568年 上洛!
義昭は征夷大将軍に就任!
義昭は信長に与えようとする?
・近畿管領
・副将軍
・三職之随一・勘解由小路家督  
・斯波氏の家職 武衛
・将軍家の旗と紋に用いる「桐」と「引両筋」の使用
当然の報酬か??

◇ 天下を望んでいたわけではない
幕府の参政意識はない!
生殺与奪の権は握っている!
さっさと美濃に帰国する!
美濃の統治の方が重要だと!!

◇ 三好三人衆らとの戦いに勝利した将軍
・永禄12年 1569年 1月 雪である!
三好三人衆などの抵抗勢力1万が攻めてくる!
雪で動けないと踏んでいる!
幕府方2千人!
とりあえず三好三人衆らは退く!
信長は直ぐに京に戻る!
二条御所を改築する!
が、幕府では話にならないと、妙覚寺に殺到する!
信長がいる!
人間正直なものである!!

◇ 畿内管領にならなかった信長と、関東管領になった輝虎
謙信は関東管領は失敗だった!
自身の戦いを私戦ではなく公戦と出来たが、自由な活動を制限される!
ただ関東諸士の意見で断れない??

信長は義昭一人に断ればよい?
役職に就けば謙信のようになる??
おかげで自由に動けたと!!


第二一節 幕政から逃れるための「殿中御掟」発布
◇ 「殿中御掟」作成の背景
・永禄12年 1569年 「殿中御掟」作成!
これは信長が義昭をコントロールするためだと??
そんなことはない!

◇ 信長の幕府への思い入れ
信長は私利私欲でなく、一命を捨てても将軍のために尽くした???
傀儡など考えていないと??

◇ 現代人にまで忠義を疑われる
報われない男だと??
「殿中御掟」はコントロールするものではなく、
幕府の基本的規定を明文化することだと!
機能回復に努めた??
が、やはり幕政に制限を与えるものだと!!!

◇ 「殿中御掟」の文章
9ヵ条ある!
一 普段から将軍近くで忠勤するのはこれまで通り、御部屋衆・定詰衆・同胞以下の者たちとすること
二 公家衆・御供衆・申次の者は、将軍の御用に応じて参勤すること。
三 惣番衆の面々が常勤すること  
四 幕臣が従者を将軍のお側近くに出仕させる場合、当番衆に就かせて、
交代で高給を得るように堅く申し付ける もし交代制を守らない場合、その藻の罪を問うこと
五 将軍のもとへ直接、訴訟を持ち寄るのは停止とする
六 奉公衆が出した結論に異を唱えないこと
七 将軍御前で行われる決済は、幕府の定めた式日に従うこと
八 当番の取次を無視して、都市が変わるたびに別の担当へ書類を提出することのないようにすること
九 諸門跡の坊官・山門の衆徒・医師と、陰陽師の輩などをみだりに祗候氏てはいけない
  追記として将軍に呼ばれた御足軽・猿楽はその限りでない!

そういうことが慣例化していた???
つまり利権が絡む??

◇ 「殿中御掟」を作った信長の真意
信長の心中は??
・幕府の権威が無いので、訴訟など畿内の実力者に持っていく例が多い!
三好政権である!
将軍を頼り、三好を頼る???
納得出来なければ納得するまでやりかねない!
・将軍に持ち込んだのが間違いだと! 別の担当者に持ち込もう!
・将軍の考えは間違っている 諫めて貰おう
信長もなりかねないと!
間違っても自分のところに持って来るなと!!

2日後の1月16日、信長はさらに以下の7か条を追加する 調べてみた!!
一 幕臣が 寺社本所領を押領することを停止すること
二 請取沙汰を停止する事
三 喧嘩口論の禁止、違反する者は法をもって成敗する。これに合力するものは同罪
四 理不尽に催促する事の禁止
五 将軍が訴訟を直接取り扱う事を禁止
六 もし訴訟をしたいのであれば奉行人を通すこと
七 占有地については関係を把握して差配すること
おかしくはないと思うが………

◇ 板挟みに苦しんだ信長
禁裏御大工惣官職??
要は誰を大工の棟梁にするのか?
義昭が認定するが、朝廷が異を唱える!
どちらも言い分がある?
あちら立てればこちら立たず?

謙信も訴訟問題で嫌になる?
これを避けるために「殿中御掟」を作成した??
幕府への意見は義輝、義昭政権のルールの従ってくれと!

◇ 幕府から政権運用を託された信長
信長は伊勢を攻める!
北畠具房に信長の息子を養子に入れる!
幕府は畿内政治を単独で動かすことの限界を感じて、
信長に政権を渡すことを考える!

・永禄13年 1570年 
「足利義昭・織田信長条書」
調べてみた!!
「第一条、諸大名らに御内書で命令をすることがある場合、まずは信長にその旨を告げること 御内書には信長の書状も添える」
「第二条、これまでの御下知はすべて無効とし、改めて考え直してから決めること」
「第三条、将軍に忠節を尽くす者に恩賞や褒美を与えたいが、土地が無いという場合は、信長に命令してくれれば分国から提供しよう」
「第四条、天下のことは信長に任せたのだから、誰であっても将軍の意思をうかがう必要はない。信長の意思どおりに行うこと」
「第五条、天下は鎮まったのだから、将軍は朝廷に関する儀式を油断なく行うこと」

義昭に相談される!
「私ではもう無理です」
で信長は
「天下之儀、何様ニも信長にお任せ置かれ」
後年、謙信にも同じこと行う!
しょせん有力大名頼りである!
幕府が自主性を発揮することはないと!!

◇ 信長、五ヶ条の条書を作成する
光秀、朝山日乗である!
一 将軍が御内緒を諸国へ発する際は、まず信長に下命して書状を添えてさせること
二 これまでに出された将軍の御下知は全て無効とし、御思案し定め直されること
三 幕府に忠節を尽くした者に恩賞・褒美を与える土地がない時は、
信長の分国の中から提供するのでご下命なされること
四 天下のことは、いずれも信長に委任された以上、のだから、
誰であっても将軍の裁可を得るまでもなく信長が意思どおり行うのを認めること!
五 天下が御静謐となったのだから、朝廷のことはいつも怠りなく行うこと

これをどう見るか??

◇ 幕府から信長への政権移譲があった
政権委任の返事と言う!
信長も受けるには条件を付けた!
これが「五ヶ条の条書」だと!!
【どうなっているのか??】


第二二節 将軍主導の金ヶ崎合戦と姉川合戦
◇ 将軍主導の浅井討伐作戦
この戦い、将軍義昭も参加予定だった?

◇ 足利義昭と織田信長の連合政権
諸大名に上洛を依頼する!
が、朝倉義景は来ない!
浅井長政も来ないが、茶々の件もあり安心している??

◇ 金ヶ崎合戦を生き延びる
朝倉攻めが始まるが、長政が裏切る!
松永弾正、荒木村重と同じく成算があって裏切る!
その判断は間違いかもしれないが………
並みと違うのは、さっさと逃げた!
信長の復讐戦である!!

◇ 野洲河原合戦
六角承禎との合戦で、信長勝利である!
この合戦前に「瓶わり柴田」がある!
真偽は不明!!

◇ 織田信長、小谷城を攻めて失敗する
小谷城を攻めて早々と撤退?
将軍が延期だと?
三好三人衆などの動きである?
要は動けない??
結局姉川には来れなくなる……

◇ 姉川合戦勃発
・朝倉 8千
・浅井 5千
織田、徳川は??
ともあれ信長の勝利である??
浅井朝倉の勢いは失墜する!

「言継卿記」も当てになるのか??
噂を書いているに過ぎないのでは???

◇ 姉川合戦における信長の特徴
・元亀元年 1570年 姉川合戦
当時は合戦日を申し入れする??
宣伝戦である??
信長は義昭の参加無くして勝利した!
が、幕府陣営の勝利に位置付けたようだ!!

 

第二三節 信長の比叡山焼討ち
◇ 近衛前久の反幕府連合結成
この男、陰謀めいた話に必ず登場する!
謙信の越山を支援して、京に帰り謙信と不仲になる!
京から大阪本願寺に逃げる?
この間、関白は二条晴良になる!
義昭と結びつきがある?

壮大な計画を立てるのが好きだと??
「第一次信長包囲網」
【誇大妄想狂か???】
近衛前久が裏でうごめく!!

◇ 志賀の陣勃発
・元亀元年 1570年 姉川合戦の翌々月 
摂津で三好三人衆が挙兵!
義昭・信長6万VS三好三人衆3万?
ただし雑賀、根来衆に本願寺の門徒が三好三人衆に援軍!

またまた朝倉、浅井、六角、比叡山が、近江坂本に迫る!
宇佐山合戦 織田大敗!

志賀の陣!
信長・近江坂本VS連合軍・比叡山!
信長窮地である!!

◇ 低姿勢な交渉
朝倉・浅井・比叡山!
これに関わっていると、三好三人衆、本願寺、雑賀、根来が向かって来る?
伊勢も長島の一向一揆がある!
家康は南近江で六角と交戦中!

しかしこの時期は信長は下手に出ている!
【耐える時は相手の足裏まで舐めるのか?】

比叡山に懇請する!
・信長に味方すれば、もとの領土をすべて返す
・どうしても味方できなければせめて中立よ保ってほしい
しかし転んでもただで起きない??
「もし敵につくなら延暦寺をことごとく焼き払う」
2ヶ月も対陣していると、大自然の問題がある!
雪である!!

◇ 豪雪による停戦
12月である! 補給の問題もある!
信長は朝廷に仲裁を依頼する!
信長は朝倉との私戦として扱う!
義昭も無責任である!
他人事か??

義昭、二条晴良包囲網は、第一次織田包囲網に塗り替えられる!
近衛前久はおとなしくなる………
豪雪の停戦など次の戦いの準備期間である!!!

六角は姿を消す!
本願寺は無事の状態であり、信玄は本願寺に近づく!
利用できる??? 流石と言うべきか??

◇ 第二次織田包囲網の始まり
元亀2年 1571年 信長は敵の排除に乗り出す!
・佐和山城を攻め降伏させる
・伊勢の長島一向一揆を攻めるが苦戦
・下坂本を焼き払う!
・比叡山は黄金500を贈り収めようとするが………
信長である! 『信長公記』では
「山本山下の僧衆、王城の鎮守たりといえども、行躰、行法、出家の作法にもかかわらず、
天下の嘲弄をも恥じず、天道のおそれをも顧みず、淫乱、魚鳥を食し、
金銀まいないにふけり、浅井・朝倉をひきい、ほしいままに相働く」

流石と言うべきか!

◇ 比叡山炎上
元亀2年 1571年9月12日 信長比叡山焼討ち! 
これはどの程度だったのか?
3万の兵で攻撃する!
3千人は死んでいる!
400の学堂が焼失する?
第一次織田包囲網から義昭が離脱し、独力で比叡山とかたを付けた??
比叡山天台座主 曼殊院覚恕!
信玄が近ずく………


第二四節 幕府崩壊と信長の困惑
◇ 織田信長の誤算
信長は公的な立場にいない!
延暦寺の遺領で幕府と対立する!
光秀に坂本を与え築城させる!
延暦寺につながる知行地は、将軍、幕府が行う!
これに光秀が手を付ける!
過失のようだが、光秀は信長をかばう!

◇ 光秀が引責するも義昭と対立
光秀の立場も微妙である!
・細川藤孝の中間
・将軍の御足軽衆
・信長に能力を認められて坂本を与えられる!

が幕府にご無体なことを命じている!
ただ信長は光秀を助けるために義昭に意見書を提出する!
この状況下で信玄の西上がある!

◇ 信玄死後の信長
早々と信玄死亡である!
耐えた信長の報復が始まる!
美濃 安養寺!
信玄に協力する!
ただし人質を信長に出している!
が、信玄の死で反織田作戦は破綻!
・元亀4年 1573年 信長は安養寺の人質全員殺害!
磔か??

義昭は山城槙島城に立てこもった義昭を追放!
謙信は義昭が信玄に呼応して反徳川連合に参戦したことを知ってからは、
義昭に失望している!

◇ 織田信長の異見十七箇条書
最初十五ヶ条??
これは将軍に問題点を明示して是正を求めた!
17ヵ条にアップデートさせたと!
ちょっと調べてみた! かってに抜粋する!
・信長に対して内密に事を進めるのは宜しくないと思います
・義昭様は幕府の忠臣に対しては恩賞を与えず、身分の低い新参者に恩賞を与えておられます
・何の落ち度も無いのに、全く恩賞を受けられない者達が信長に泣き言を言ってきます
・諸国から金銀を集めているにも関わらず宮中や幕府のためにお役立てにならないのは何故でしょうか。
・明智光秀が徴収した金銀をその地の代官に預けておいたところ、
その土地は延暦寺領だと言って差し押さえになったような行いは不当です
事実を並べている感じである!!

◇ 魔王信長の誕生
義昭挙兵で信長は恭順姿勢を示すが、義昭は拒否!
信長の娘を送り返す!
融和路線は絶たれて義昭攻撃である!
義昭は、紀伊→堺と動き、信長と交渉する!

信長は義昭追放後、朝倉義景を滅ぼし、続いて浅井長政も滅ぼす!
公的なバックもなく戦い続けて、勝ち続けなければならない!
敵は容赦なく叩き潰すことになる!
魔王信長の誕生である!!

◇ 信長の見せしめ
・天正2年 1574年 正月
浅井久政、長政、朝倉義景の髑髏を金箔塗りにしう、
身内の酒宴で飾る???
もっともこう言うことはこの時だけだったようだが………

同じく長島の一向一揆に対し降伏を許さず、根切りせよ!
一度降伏を願い出て、再度離反している!
信長の行為は理解出来る??
実際に長島一向一揆は殺しまくり、2万を焼き殺す!!
本願寺についても「大阪根切」を行う??

・天正3年 1575年
越前平定で府中で2千人殺す!
実行者は秀吉と光秀!
【効率的に殺しまくる??】
信長自身と言うより、環境のなせる出来事か?
それにしたら大きい!!!

 

謙信×信長 手取川合戦の真実 ②・乃至政彦

 

« 本・謙信×信長 手取川合戦の真実 ①(2023/5)・乃至政彦 | トップページ | 本・謙信×信長 手取川合戦の真実 ③(2023/5)・乃至政彦 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

戦国時代」カテゴリの記事

 上杉氏(越後・謙信他)」カテゴリの記事

 北条氏(小田原・早雲他)」カテゴリの記事

 徳川家康 (徳川関連)」カテゴリの記事

 戦国武将(武将)」カテゴリの記事

 武田氏(甲斐・信玄他)」カテゴリの記事

 織田信長 (織田関連)」カテゴリの記事

 豊臣秀吉 (秀吉関連)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・謙信×信長 手取川合戦の真実 ①(2023/5)・乃至政彦 | トップページ | 本・謙信×信長 手取川合戦の真実 ③(2023/5)・乃至政彦 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ