« 本・歴史で読み解く! 世界情勢のきほん ①(2023/10)・池上彰 | トップページ | 南光南天二人会 神戸朝日ホール 2024年1月13日(土) 13:00開演 全席指定 4,000円 »

2024年1月12日 (金)

本・歴史で読み解く! 世界情勢のきほん ②(2023/10)・池上彰

Photo_20240112005601


第5章 「我が国はヨーロッパではない」 新しい同盟関係を模索するイギリス
第6章 「EUを支えるのは我が国だ」 戦争を反省し欧州のリーダーとなったドイツ
第7章 「我々は我々の道を行く」 世界を動かすグローバルサウス
第8章 「もはやアメリカの裏庭ではない」 日本と縁の深い南米の大国ブラジル
第9章 「我々は神の国だ」  世界一を自負するアメリカ
参考・引用文献

 

第5章 「我が国はヨーロッパではない」 新しい同盟関係を模索するイギリス
我が国はヨーロッパではない
大英帝国が世界を文明化したのだ
世界の共通語をつくったのはイングランドだ

◇ 世界の注目を受けた「戴冠式」
・2023年5月6日 チャールズ王子の戴冠式!
モノが違う!!
まだ世界中に領土がある!!
EU離脱で、TPP加盟を申請する!

◇ イギリスの国王が国家元首の国々
・英連邦 59ヶ国 インド、」南アフリカ、世界の1/4!
・英連邦王国  英連邦の15ヶ国 オーストラリア、ニュージーランド
英国国王が国家元首の国!

◇ イギリスは連合王国
サッカー、ラグビーの試合で、イギリスとは言わない!
ユニオンジャックもない!
だんだんわかって来て、イギリスの国旗の由来も分かった!
・イングランド
・スコットランド
・ウエールズ
・北アイルランド
イングランドが征服した??

イギリス人は
・UK ユナイテッド・キングダム
・「ブリティッシュ」と呼ぶ!
正式名称は「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」

◇ なぜ日本ではイギリスと呼ぶのか
中国語で「英吉利」と表記!
又、ポルトガル語やオランダ語の読み方である!
アイルランドはカトリックである!
ここへプロテスタントが多数移住した!
アイルランド独立時、プロテスタントはイギリスに留まる!
今に続く「北アイルランド問題」である!
【宗教、民族は統一できない???】
・ロシアの民族移動の争い!
・アルメニア、アゼルバイジャンの領土問題
・ロシアの自治国の多さ
・中国の漢人の移住で地元民族と対立!
 チベット、新疆ウイグル、内モンゴル………

アイルランド人とイングランド人は人種では同じではないかと思うが………

◇ ヘンリー8世の領土拡大
・16世紀 イギリスは領土拡大に奔る!
イギリス文化を広めることが文明化になる!
思い上がりか??
第二次世界大戦で国力低下!

◇ イギリスの首相はインド系
リシ・スナクイギリス首相 インド系でヒンズー教徒!
夫婦で2383億円の資産がある!
庶民ではない??
経済は、金儲けに詳しい???

◇ ロンドンの市長はパキスタン系
実際こうしてみれば多様性がある?
イスラム教徒! 人権派弁護士!!
苦労が多そう………

◇ 世界の中心はイギリス
日本が真ん中の世界地図はスタンダードでは無い! 日本用である!
イギリスが真ん中である!
それからすれば日本は極東になる!

Photo_20240112013701

・1763年 グリニッジ天文台の台長が緯度と経度を決める!
緯度は赤道が中心である!
経度はグリニッジ天文台を起点とした!
・1884年 国際子午線会議で決定する!
この時、世界標準時も決まる!

◇ イギリスは、いまも「情報大国」
日露戦争の勝因は、イギリスの情報網の力があった!
今も衰えたとはいえ、世界最高水準か??
エニグマを解読している!

◇ 機密情報を共有する「ファイブ・アイズ」
「政府通信本部」
世界の通信を傍受、盗聴している!
これを共有しているのが「ファイブ・アイズ」
・アメリカ
・カナダ
・オーストラリア
・ニュージーランド
・イギリス
英語圏である!
日本も加盟の機会が有りそうであるが、止めた方が良い!
日本から漏れる!
実力派議員が権限もないの知ろうとする!
「俺を誰やと思っている」
絶対にある!!

AUKUS! 軍事同盟である!
A オーストラリア
UK  イギリス
US  アメリカ

MI6、MI5!! 侮れないと!!!

◇ 「ゆりかごから墓場まで」
イギリス国民全員が無料で医療サービスを受けられる!
国民保健サービス!
これは旅行中の外国人にも適用される?
北欧より進んでいる??

◇ ECに加盟し、EUから脱退
「イギリスは欧州大陸の付属品ではない」
ジョーク?? 都市伝説??
・2021年1月 EU離脱!
揉めに揉める!!
イギリスいじめもある!!

◇ 戦争をなくすという理想から始まったEU
西ドイツがフランス国境に近い炭田を採掘、鉄鋼業を復活させる!
これにフランスが反対、これを周辺国がなだめる!
「欧州石炭鉄鋼共同体 ECSC」が発足!
・西ドイツ
・フランス
・ベルギー
・オランダ
・ルクセンブルク
・イタリア
「ベーシック6」である!

その後「欧州共同体 EC」が発足!
イギリスはこの時点で参加!
これがEUへと発展!
通貨統合も果たす!!
これでヨーロッパは戦争が無くなる??

◇ EU加盟の副作用
アイルランドに行った時、ガイドさんが面白い話をしてくれた!
社会保障について喋っている!
アイルランドも出稼ぎに来る人が多い!
バルト3国とかポーランドとから来るそうだ!
ポーランドからは往復100ユーロぐらいであるそうだ!
神戸~東京の新幹線より安い!
こういう人が失業しても、社会保障の金は出るそうだ!
どのような場合かはよく分からないが、週に200ユーロでる!
となれば100ユーロで帰れるので、100ユーロは生活費に使える!
自分たちの税金が無駄に使われていると感じている!
イギリスも同様だろう!!

要は気に入らない!
仕事も奪われる!!
病院も我々の税金である!
魚の問題もある!
アイスランドは自国の漁場を守っているが、
イギリスはEU各国が荒らしに来る?
ブリュッセルの官僚の命令を聞かなくてはならないのか?
これらを解消するためのEU離脱である!!

◇ EU離脱でイギリスの経済は混迷
離脱後は??
・ガソリンスタンドにガソリンが来ない? 運転手が移民が多い!
・スーパーマーケットに新鮮な野菜が並ばない? 関税で野菜が輸入し難くなる!
・介護施設の人手不足? なり手が移民!! 
・金融の中心地から外れる!

欧州から独立出来たが、欧州抜きでは存続できない??
実際にどうなのか?
再加盟の話題が多いが………

◇ 北アイルランド問題の発端はヘンリー8世
ヘンリー8世?
離婚のためにカトリックから独立、イングランド国教会を設立!
教会収入を自分のものにする!
修道院を国有化する! 大地主である!

アイルランドはカトリックである!
イングランドから弾圧される!
「ジャガイモ飢饉」 多数死ぬがカトリックを守る!!

◇ アイルランド独立戦争が勃発
・1919~21年 アイルランド独立戦争!
・1922年   自治を認められる!
・1949年   独立

しかし北部はイングランド国教会の影響が強く、イギリスに残る!
・カトリック  「IRA アイルランド共和軍」
・プロテスタント「アルスター義勇軍」
余りの死傷者の多さに嫌気がさす??
・1998年 ベルファスト合意」
北アイルランドに自治政府をつくる!!
【ミンスク合意みたい?】

◇ EU離脱で北アイルランド問題が再燃??
この紛争は双方のEU加盟で収まっていた?
・国境の復活  これは無い
・南北の行ききは自由
・北アイルランドと本土の一体性が薄れる!
予想されたことであるが………

「シーパワー」の国は海を通じて大陸との関係を強化するものだと!
イギリスは自らたち切った???
そこに苦悩がある!!

イギリス情勢を理解する基本
□ 英連邦56ヶ国、英連邦王国15ヶ国
□ 首相はインド系、ロンドン首相はパキスタン系
□ イギリスは連合王国 16世紀にヘンリー8世が領土拡大
□ 情報力は衰えていない
□ EU離脱で欧州から独立出来たが、掲載的に低迷!
  「北アイルランド問題」が再燃!

 

第6章 「EUを支えるのは我が国だ」 戦争を反省し欧州のリーダーとなったドイツ
ドイツあってこそのEU
過去を反省することで存在を認められてきた
東西分割の後遺症もあり、極右の台頭などがある!


◇ 「理想の欧州人」とは
完璧なヨーロッパ人とは??
・イギリス人のように料理が上手で????
・フランス人のように車の運転マナーが良く
・ベルギー人のようにいつでも対応可能で
・フィンランド人のようにおしゃべりで
・ドイツ人のようにユーモアがあって????
・ポルトガル人のように技術が得意で
・スウェーデン人のように柔軟性があって
・ルクセンブルグ人のように有名で
・オーストリア人のように我慢強くて
・イタリア人のように落ち着いていて??
・アイルランド人のようにしらふで
・スペイン人のように謙虚で
・オランダ人のように気前がよくて???????
・ギリシャ人のように片付け上手で
・デンマーク人のように慎重で

アジア人もある??

◇ ドイツで起きた「クーデター未遂事件」
これは信じがたい事件だった!
この時代に、「クーデター」
「ハインリッヒ13世」
極右テロ組織「ライヒスビュルガー」
・連邦議会襲撃
・首相、大臣、各政党の党首を拘束、殺害!
・ドイツ帝国復活
・ハインリッヒ13世を国家元首に??
よく成功すると思ったと!!

クーデターは、
地方政府、政党、官僚、警察、企業、労働組合、宗教団体、利益団体、報道機関、
その他コミュニティーを掌握する??
がドイツでこれができるのか??

◇ 全国286か所で「祖国防衛部隊」を組織化
これを用意周到と言うのか??
・1871~1918年まで存在したドイツ帝国!
【第二帝国か?】
現在のドイツはまがい物で、真の伝統あるドイツ帝国を復活させる!

◇ 陰謀論者「Qアノン」はドイツにもいる
この章、馬渕睦夫が好きそうだが………
・Qアノン  政府の事情に通暁している
・ディープ・ステイト  闇の政府
・コロナ? ワクチンにマイクロチップが入っている??

マスク着用もディープ・ステイトだと??

◇ 「ライヒスビュルガー」は現体制に不満を持つ人たち
・ヒトラー称賛
・反ユダヤ
・反イスラム
・反難民
各国の極右集団!!

◇ ナチスへの反省が現代のドイツになった
しかし各国も相当弾圧している!
ドイツの几帳面な国民性!
佐藤優が書いていたが、オランダも相当几帳面にやった!
だから「アンネの日記」が必要だと!
東欧も協力している!
アウシュビッツには600万人!
しかしアイヒマンである!
命令を実行しただけである???
そんなことができるものか??

見て見ぬふりでも共犯か??
西と東では違う!
西ドイツ
・1952年 西ドイツとイスラエルで、440万人に483億1200万ユーロ賠償する!
・2000年 政府と企業が167万に44億ユーロ支払う!

【日本とは状況が違う!!】

◇ 歴代首相や大統領が過去を謝罪
・1970年 ブラント首相はポーランドのユダヤ人慰霊祭で祈る
・1985年 ヴァイツゼッカー大統領の議会での演説
「過去に目を閉ざす者は、現在にも盲目になる」
・2019年 ポーランド侵攻から80年後、シュタインマイヤー大統領が式典に参列!
ポーランド語で謝罪する!

◇ ナチスの犯罪に時効なし
・2022年 101歳のもと親衛隊の下級隊員を逮捕、禁固5年
・同年   97歳の女性秘書にも有罪判決!
徹底している!!

◇ ホロコースト否定は言論の自由にあらず
ナチスのユダヤ人虐殺は無かった?
そう言う話もよく聞く??
ドイツ政府はこうした言動を違法とする法律を制定する!
・ホロコースト否定
・アウシュビッツにガス室は無かった

こう言うことをすれば犯罪である!
・本の作成、印刷、流通
・著者、翻訳者、編者、出版社、書店、2冊以上保有している者

◇ 教育現場でも徹底
・高校でナチス関係の歴史は1カ月かけて徹底的に学ぶ!
・右手を斜め前方に挙げる挙手は、ナチス式として禁止!
・「躓きの石」???

◇ 旧東ドイツでは徹底しなかった
人口も少なく、戦犯追及だと人がいなくなる!
ソ連はプロパガンダである??
・労働者は悪くない
・共産主義はいかにナチスと戦ったが?
・イスラエルはアメリカの支援を受ける敵!
・外国人に対する警戒が厳しい!!

◇ ドイツを包含するEU構想
ドイツを取り込む! 2度の世界大戦を起こしている?
存在感は群を抜いている!
ドイツに戦争を起こさせないために取り込む!!
地図ではEUの中心にドイツが鎮座している!
通貨マルクは圧倒的に強い!!
マルク高である!!

◇ マルクを捨ててユーロを進めた
ドイツはマルクを捨て、ユーロを進めた!
ユーロはドイツの存在が強い!!
ドイツもユーロでメリットがある!
マルク高を避けれる!
ドイツにとって通貨安になる!
輸出に有利である!!

◇ 多数の難民を受け入れたドイツ
・2015~16年 120万人がドイツへ向かう!
難民が最初に着いた国で難民申請を行う!
イタリア、ギリシャ………
遭難の記事がよく出るが………
待遇の良いドイツで向かう………

【ハンブルグでスリにあった!】
地下道で向こうから近づいてきて離れる!
その時にポケットからカメラを抜かれた!
奥さんが見ていて分かった!
この時大声を出した!
結局走って逃げられたら終わりだったが、止まった!
それで取り戻せたが………
恐らく難民か???
ドイツも大変である!!

◇ なぜドイツ人は難民を歓迎したのか
ドイツは難民を受け入れる!
かってロマ人を強制収容所に入れた!
こう言う歴史を学んでいるので、受け入れに寛容である!!
・生活費支給
・難民キャンプ
・ドイツ語教育
労働力不足のために受け入れる!!

◇ 右翼政党「ドイツのための選択肢」が最大野党に躍進
ドイツだけではないが………
何故難民が優遇されるのか?
旧東ドイツには低所得者が多い!
不満も多く、「反移民・難民」の右翼政党が躍進する!
・2017年 「ドイツのための選択肢 AfD」が国政で議席を得る!
得票率5%を初めて突破し議席を得る!

メンケル首相 キリスト教民主同盟は大きく議席を減らす!

◇ 極右の台頭は旧東ドイツ顕著
AfDは支持率を伸ばす!
・2023年 17~19%の支持率である! 高い!!
「温暖化対策で化石燃料から脱却することで多大なロスを生じている」
AfDは旧東ドイツで支持が高い!!
ナチスへの教育の差か???

◇ 「欧州のイスラム化」に反対する政治団体ペギータ
民族主義的政治団体!
「西欧のイスラム化に反対する欧州愛国主義者」
・治安の悪化はイスラム教徒や移民が原因だ
・ドイツはイスラム教が多数派になる!
東ドイツの不満がある!

西ドイツは西側のトップクラスである!
東ドイツも東側のトップであるが、差があった!
結局は西ドイツの吸収統一だと??
上から目線で見下されている反感もある!

◇ 原発全廃に踏み切ったドイツ
・1986年 チェルノブイリ原発事故
・2011年 東日本大震災の原発事故!
メンケル首相は
「日本人ですら対応出来ないような事故が起こる可能性のある
 原子力発電所は全廃する必要がある」
全廃に舵を切る!!
ロシアから天然ガスを輸入する予定が、ウクライナでダメになる!!
苦労しているが………


ドイツ情勢を理解する基本
□ ナチスの所業を反省し、対策を講じてきたことを評価されている!
□ 欧州統合はドイツに戦争させないためにある!
□ ユーロはドイツマルクがあるから存在感があり、ドイツもメリットがある
□ 西が東を上から目線で見るので反感がある
□ 2015年 100万人の難民を受け入れる

 

第7章 「我々は我々の道を行く」 世界を動かすグローバルサウス
もう開発途上国と呼ばせない
GDPは世界の4割ある
アメリカ、ロシア、中国に肩入れしない我が道を行く

◇ G7広島サミットに招かれた8か国
8か国は
・オーストラリア
・韓国
・インド
・インドネシア
・ベトナム
・ブラジル
・アフリカ コモロ  アフリカ連合
・クック諸島  太平洋諸島フォーラム
取り込みを図りたい!!

◇ 手分けしてアフリカと中南米を訪問
岸田総理! アフリカへ
・エジプト
・ガーナ
・ケニア
・モザンビーク

林外相!  南米へ
・トリニダード・トバゴ
・バルバドス
・ペルー
・チリ
・パラグアイ

資源目当てである!
もっとやるべきだと!!

◇ 「南北問題」という用語が発端
富める北に貧しき南!
遅れた南?? 搾取された恨みがある!

第一世界、第二世界、第三世界!
・第一世界 アメリカ、西ヨーロッパ
・第二世界 ソ連、東欧諸国
・第三世界 インド、インドネシア 南の国と重なる!

今や、グローバルサウスのGDPは世界の4割!

◇ 「第三世界」を宣言したバンドン会議
・1955年 インドネシア・バンドン
「アジア・アフリカ会議」
「非同盟中立」
インド ネルー首相が主導!
参加は?
・インドネシア  スカルノ
・中国  周恩来
・エジプト ナセル
当時の世界人口の13億人の有色人種の国際会議で、29ヵ国参加!
現在は インドモディ首相が主導している!

◇ ロシアのウクライナ侵攻で注目を集めた
自国ファースト!
ロシアのウクライナ侵攻の非難決議に、棄権する!
よく言えば「自国ファースト」
悪く言えば「漁夫の利」
ロシアの資源が欲しい!

◇ 過去にソ連の支援を受けた国々
善意でソ連も援助したわけではない!
・ベトナム ベトナム戦争
・インド  中国との対立
・中東 アラブ諸国
・南アフリカ  黒人勢力を支援

◇ 2つの陣営の獲得競争続く
中国、アメリカ、ロシアと自国陣営に引き入れようとする!
これに対して「自国ファースト」で応えているのが現状か?
「債務の罠」もある!!


グローバルサウス情勢を理解する基本
□ 「第三世界」 これからは「アジア・アフリカの時代」
□ グローバルサウスを主導しているのは、インドのモディ首相!
□ 過去にロシアから援助を受けた国が多い! インド、ベトナム、南アフリカ………

 

第8章 「もはやアメリカの裏庭ではない」 日本と縁の深い南米の大国ブラジル
南米諸国を率いるのは我々だ
「非核地帯」を世界初で作り上げた
アメリカの言いなりにならない
「地球の肺」アマゾンを守るのも我々なのだ
【どうも違うように感じるが………】


◇ 日本に日系ブラジル人が多いわけ
日本の労働力不足であるが、文化摩擦は困る!
そこで日系ブラジル人である!
と言っても外見は日本人でもブラジル人である!

群馬県大泉町は「ブラジリアンタウン」と称されている!
10人に一人はブラジル人だと! 

◇ アメリカが日本人移民を排斥
19世紀末 日本は貧しく働く場所を求めてアメリカに向かう!
・1882年 「中国人労働者移民排斥法」
代って日本人が多数移住する!

・1924年 白人労働者の怒りで新たな移民法!
アジア系人種はアメリカ国民になる資格がない!
「黄禍論」
日露戦争で勝利した日本への警戒感がある!

◇ ブラジルが日本人移民を積極的に受け入れた
要はここも労働力不足である!
しかし奴隷労働である!
騙しである??
【調子のよい話は裏がある?】
・1908年 第一陣781人出発!
逃げ出す人もいるが成功者も出て来る!

◇ 「勝ち組」と「負け組」の悲惨な対立
人は信じたいものを信じる!
見たいものしか見ず、聞きたいことしか聞かない??

ブラジルは連合国側である!
日系人も分かれる??
・ブラジル語ができる  日本は負けている「負け組」
・日本語のみ  大本営発表を信じる   「勝ち組」
これが対立する! 勝ち負けの表し方もおかしいが?
殺人事件に発展する??
ホンマの話かと思う!!

◇ 日本の支援で農業大国に
セラード ブラジル中央部の高原地帯!
ここを日本と協力して大豆の生産地点に変える!
・1979年 「日本・ブラジル・セラード農業開発協力プロジェクト」
不毛の土地を農地に変える!
それで熱帯雨林を伐採して農地に変えようとする??
問題であり、現実に焼いているが、前大統領は黙認??

◇ 「地球の肺」と呼ばれるアマゾン
アマゾンの森林資源は、減らさないことが重要である!
現大統領は森林資源の保全に積極的である!!

◇ 南米の盟主を目指すブラジル
・1995年 「南米南部共同市場 メルコスール」
関税撤廃!

・2023年 ルラ大統領 南米11カ国の首脳を集める!
共通通貨の新設の議論を行う!
南米版のEUを創設したい!!
南米最大の経済規模を誇り、南米の結束の音頭取りたいが……
アルゼンチンがどう動くか???

◇ 「BRICs」の意味とは
「BRICs」
最後のsは小文字で複数形!
がこれをSとし南アフリカだと!
厚かましいが………
4ヶ国は人口も多いが、南アフリカは5500万である!
これに参加する国がある!
・サウジアラビア
・アラブ首長国連邦
・イラン
・アルゼンチン
・エジプト
・エチオピア
他に20ヶ国以上参加を希望している!!

◇ 世界を勝手に二分した「トルデシリャス条約」

Photo_20240112011001

スペイン、ポルトガルで世界を二分する??
・1494年 結ばれる!!!
・1500年 ポルトガルがブラジルに上陸!

◇ 核開発をアルゼンチンと共に中止
・1962年 キューバ危機
ブラジルは国連に「ラテンアメリカ非核化決議」を提唱!
「ラテンアメリカ核兵器禁止条約 トラテロルコ条約」
・核兵器と発射装置の製造、受領、貯蔵、実験を行わない!
・1967年 調印
当時の核保有国5ヶ国に条約締結国に、
・核兵器を使用しない
・威嚇も行わない

・1991年 アルゼンチンと「グアダラハーラ条約」を結ぶ!
核の平和利用である!
同時に「ブラジル・アルゼンチン核物質計量管理機構 ABACC」を創設!
お互いを監視できる!
相互管理である! これは有効のようだ!!

◇ ブラジルでも議会襲撃
ボルソナロ大統領にトランプは似ている??
・コロナをただの風邪だと?
・ともに感染する!
・大統領選の負けを認めない!
・議会を襲撃??
・大統領就任式に参列しない!!
・国内の分裂を進ませた??
ブラジルは電子投票制度が導入されている「デジタル大国」

◇ 「民主主義を守れ」のデモ
サンパウロでは「民主主義を守れ」のデモである!
・農業大国
・鉄鉱石に海底油田
・南米の盟主を目指す?
・国内の分断、分裂に悩んでいる!!


ブラジル情勢を理解する基本
□ 大半はスペイン語圏でブラジルはポルトガル語圏 
□ 高原地帯セラードに日本の協力で大豆の一大生産国に変える
□ 南米も共通原価を導入しようとブラジルが提案している
□ キューバ危機でラテンアメリカ核兵器禁止条約を主導、南米は非核地帯になった
□ 大統領選を電子投票にする「デジタル大国」

 

第9章 「我々は神の国だ」  世界一を自負するアメリカ
「神の国」「ピューリタンが建国した国」
紙幣のもコインも「我々は神を信じる」と書かれている
自国を守るために遠くの国で戦うのだ

◇ 「中絶」が選挙の争点になるアメリカ
・1973年 人工中絶の権利を認める?
・2022年 判断を覆す!
中絶禁止ではなく、憲法がなにも言及していない!
ミシシッピ州の15州を超えた中絶禁止を合憲とした!
つまり各州で判断すると!
その結果、ケンタッキー州、ミズーリ州など13州で禁止!
レイプでもダメである!
テキサス州は中絶した医師も最高終身刑になる?
オクラホマ州は医師、支援した個人に団体も訴えられる!

◇ 宗教が政治に影響を与えている
中絶は??
・共和党  反対
・民主党  賛成
ただし中間選挙で中絶が争点となり、女性票が民主党に流れた?
反対派は「中絶を胎児に対する殺人」と受け止める宗教保守勢力が強い!
「宗教国家」である!

◇ 人口の1/4が厳格なキリスト教徒「福音派」
「妊娠するかどうかは神の決定で、人間の意志で中絶は認められない」
厳格なキリスト教徒「福音派」
紙幣にもコインにも「我々は神を信じる」

◇ アメリカが「神の国」となった歴史とは
「清教徒  ピューリタン」
学校で習った時は清らかなと誤解した!
プロテスタント 厳格なカルヴァン派の影響を受けて、
イングランド国教会を改革しようとする!
「ピュアだな」「純粋だな」
これは弾圧される!
メイフラワー号でアメリカに上陸!
ここで天然痘を持ち込み、先住民が死に土地が手に入る!
「神が土地を与えてくれた」
「自分たちは神から祝福されている」
【中国と変わらない???】

・1845年 ジャーナリスト ジョン・オサリバン!
「神が与えた大陸全体を所有するのは、明白な使命である」

◇ 領土拡大への道 ➀ メキシコから領土を奪う
明白な使命のため、メキシコ、テキサスを侵略!
入植者を送り込み、独立を宣言、自国領へ!!
・1836年 テキサス共和国 独立
・1845年 テキサス共和国併合
・1847年 メキシコシティ占領
・1848年 「グアダルーペ=イダルゴ条約」
カルフォルニア、ニューメキシコをアメリカに割譲!!
【人のこと言えるのか???】

◇ 領土拡大への道 ② 米西戦争を経てキューバを保護下に
「米西戦争」
・1895年 キューバ スペインからの独立を宣言!
・1898年 アメリカの戦艦「メイン号」爆沈??
アメリカの陰謀説もある!
この戦争に勝ち、キューバ、フィリピン、プエルトリコ、グアムを獲得!
帝国主義そのものである!!

◇ 「政教分離」は「国教」を禁止したもの
アメリカは国教を定めていない!
「政教分離」であるが、皆がキリスト教徒が前提である!!!

◇ 「進化論」の教育を禁止したことも
かってテネシー州など13州で進化論は教えられていない!
「聖書」に書いていないことは事実でない??
・1925年 テネシー州で進化論を教えた教師が逮捕される!
無罪になるが「進化論」の是非は問われない!
・1967年 ようやく進化論禁止を廃止!

南部の州では、進化論の掲載されている教科書は採用されにくい!!

◇ 奴隷制を前提にアメリカは建国された
・1787年 憲法! 差別?
・インディアン 人口として計算されない
・黒人奴隷 白人の3/5として計算?
いくら多数派でも、3/8でしか計算されない??

◇ 「独立宣言」でも黒人は差別されていた
「すべての人間は生まれながらにして平等」
これには黒人奴隷は含まれていない!
トマス・ジェファーソンも数百人の奴隷を所有していた!

◇ リンカーンの「奴隷解放宣言」
・1863年 南北戦争の最中に「奴隷解放宣言」を発する!
奴隷がいなくなると、南部の大規模農場で働く人間がいなくなる!
抜け道を探し、囚人に仕立てて働かす!
奴隷の時は「私有財産」でそれなりの配慮があったが、
囚人ではそれは無い!
形を変えて差別は存在する!!!

◇ 「黒人に投票させるな」
ジョージア州は共和党支持である!
・2020年 トランプはバイデンに負ける!
これは黒人が大量に投票したからだと?
で投票に制約を設ける!
・郵便投票 請求者のみに送る? 全員ではない!
・投票用紙回収箱の削減  行き難くする
・本人確認のために免許提出  黒人は持っていない

◇ ジム・クロウ法の現代版
露骨な差別?? ジム・クロウ!
・19世紀半ば 白人が黒く塗って白人の偏見による「黒人らしさ」を強調する!
この名称を冠した法律!
要は黒人が投票に行けなくする!
・読み書き出来なければ門前払い
・知能テスト これは白人も合格しないかも?

要は「黒人が投票できない」という法律で、投票できないようにする!
・2045年 白人の人口が半分を割る恐怖があると!
白人の支配する国を維持したい!!

◇ 「銃を持つ自由」を大切にする国家
憲法の解釈である!
個人の銃を持つ権利を認めるか、否定するか?
・2008年 最高裁が認める!
これを後押しするのが「全米ライフル協会」
資金援助が凄い!!
銃規制を主張する議員にはライバルをぶつける!

トランプは小学校の銃乱射で「先生にも銃を持たせるべきだと」
著者言うように、銃乱射は続きそうである!!!

◇ 自国を守るために遠くの国で戦争
ロシアは緩衝国を求めている!!
アメリカは大きな島国である!
島国が自国を防衛するには、緩衝地帯を置く!
それが朝鮮半島、満州支配になる!
ウクライナと同じである!

アメリカは?
・メキシコ侵略
・キューバ
・グアム
・フィリピン
塔く離れた場所に拠点を置く!!
・朝鮮戦争
・ベトナム戦争
・湾岸戦争
・アフガニスタン戦争
・イラク戦争

謀略も多い!!
・パナマ運河確保
・グレナダ侵攻
・チリの社会主義政権打倒

まずはアメリカを理解することが重要であると!!


アメリカ情勢を理解する基本
□ 科学技術大国でありながら、進化論を否定する人がいる「宗教国家」
□ 建国からメキシコ、スペインとの戦争で領土拡大
□ アメリカ憲法は奴隷制を前提として制定された
□ 黒人差別の背景は白人が多数派でなくなる恐れがある
□ 自国を守るために塔く離れた場所の基地がある! 沖縄、グアム!

 

参考・引用文献

 


歴史で読み解く! 世界情勢のきほん ②・池上彰

 

« 本・歴史で読み解く! 世界情勢のきほん ①(2023/10)・池上彰 | トップページ | 南光南天二人会 神戸朝日ホール 2024年1月13日(土) 13:00開演 全席指定 4,000円 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

イングランド(イギリス)」カテゴリの記事

ドイツ」カテゴリの記事

中南米」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・歴史で読み解く! 世界情勢のきほん ①(2023/10)・池上彰 | トップページ | 南光南天二人会 神戸朝日ホール 2024年1月13日(土) 13:00開演 全席指定 4,000円 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ