« 南光南天二人会 神戸朝日ホール 2024年1月13日(土) 13:00開演 全席指定 4,000円 | トップページ | 本・米中開戦前夜 習近平帝国への絶縁状 ②(2022/12)・クライド プレストウィッツ・古森義久 »

2024年1月14日 (日)

本・米中開戦前夜 習近平帝国への絶縁状 ①(2022/12)・クライド プレストウィッツ・古森義久

Photo_20240115122101

習近平の独裁が強化された中国!
中国通のアメリカの重鎮と反中ジャーナリストが中国封じ込め戦略をリアルに語る!
日米両国は明確な敵として派遣行動をどう潰すか?
中国通のアメリカの重鎮と反中ジャーナリストが中国封じ込め戦略をリアルに語る2020年秋、
独裁体制を固めた習近平国家主席!
今後、台湾への軍事侵攻が本格化する危機が高まる!
一方中国経済は、不動産バブルが崩壊、ゼロコロナ政策の悪影響で、
世界第2位=巨大経済の破綻が目前に迫っている!
今後、暴走することが予想される中国に対し、
「アメリカは大統領も議会も、もはや甘い顔を見せない、逃げ道を作らせない
民主主義国vs独裁国家という文明の戦いに臨み、中国とその属国のロシアに対し、
本気で戦う姿勢を見せている」
と著者は言う!
本書では40年間、米中関係をウォッチしてきた日米を代表する二人の有識者が、
歴史の真実を明らかにし、日米が連携して中国を潰す大戦略を語り尽くす!

 

中国の問題である! 今やどうにもならない???
各国に支持者がいる!
日本にも山ほどいそうである!
媚中派? 親中派???
評論家も、学者も、メディアも、財界も、政治家もである!
著者は中国に嫌われている?
逆に、李登輝総統とは親しい!
古森義久の本はよく読んでいる!
中国にとっては、嫌な人間と思うが………
共産党政権を守ることが何より重要である!!
内容は下記の通りである!! ① ②と分けて紹介する!!

 

➀ 
はじめに   古森義久
第一章 台湾で米中戦争が起きるか
第二章 世界的に危険性が高まる中国
第三章 中国国内の真実・弾圧の実態とは


第四章 中国の脅威に揺らぐ日本
第五章 インド太平洋での覇権獲得工作
第六章 日米両国がモンスターを生んだ
第七章 アメリカの戦略、日本の針路
エピローグ 長年の中国ウォッチャーから読者へ

 

はじめに   古森義久
アメリカは対中関係では意見が一致しているようだ?
ロシアのウクライナ侵攻!
世界は独裁者に振り回されている!
悪の枢軸!!
三カ国とも西側の論理が通用しない!
中国は、台湾に尖閣である!
米中開戦前夜とも言う!
双方はなぜ敵対するのか?
その為の対談である!!!

 

第一章 台湾で米中戦争が起きるか
〇 実質的な意味がない「一つの中国」原則  クライド プレストウィッツ
70年間別の国である!
朝鮮半島もである!
今さら一緒になってどうする気か??
東西ドイツは、ドイツだから何とかなった??
朝鮮も韓国は上から目線である!
連邦制にして北朝鮮の生活レベルを上げる?
一緒になれるわけが無い!!
「労多くして功少なし」

台湾も同じである!
「一つの中国」は共産党にとっては確信的利益だと???
ペロシ下院議長が訪台である!
アメリカNo3である! 意味が違う?
いつも思うが中国の反応はやり過ぎである!
「火遊びをするものは自ら火傷する」
「断固拒否する」
趙立堅報道官は最近見ない! 寂しいが………
ペロシ米下院議長の台湾訪問前には
「中国内政への干渉であり、中国軍は決して座視することなく、断固たる対抗措置を取る」
「過去にはオーストラリア人兵士がアフガニスタン人の少年の喉にナイフを突きつけている合成画像を
自身のSNSに投稿した」
「実験室からの流出は極めて不可能」
「米国は起源問題の政治化、道具化、武器化を直ちにやめ、他国への中傷と責任転嫁をやめ、
自国に存在する各種の疑問点に知らぬふりするのをやめ、国際社会の正当な懸念に早急に応えるべきだ!
感染疑いのある自国の初期患者のデータを積極的にWHOと共有し、
フォート・デトリックや世界中の生物実験室の状況を公開し、責任ある説明をすべきだ」
自分のセリフに酔っていた??

アメリカは訪台で、
・台湾支援の揺るぎないコミットメントを示す
・台湾とアメリカの支援がかってなく重要である
・世界が独裁か、民主主義の選択に直面する今、
2,300万の台湾市民とアメリカの連携が重要である!

中国は?
・アメリカ非難 「一つの中国」に反する!
・台湾を支持するという明確な意思表明であると!!
・中国を挑発し、台湾海峡の平和を破壊した! アメリカは自ら代償を払わなければならない!
・いつもながらの大演習である! 良い訓練になる!!
航空機66機、艦艇14隻、ミサイル11発を撃ち込む!

ペロシ議長はサンフランシスコのチャイナタウンが選挙区である!
ここは台湾系、香港系、中国本土の元民主家が多い!
ペロシは自身人権派でもあるし、超リベラルで反トランプである!
必然的に反中国である!
習近平に水をぶっかけた???
【中国も習近平に洗脳されている!】


〇 8月の中国大演習の無法ぶり  古森義久
ミサイル発射でもどこに落ちようが知らぬ顔である!!
堂々と言う!
・台湾独立の外部の介入を阻止する能力を確認した?
・この演習で早期統一の有利な戦略的状況を形成した??
・台湾海峡に中間線は存在しない!

これにより、4日間台湾は封鎖された状態になる!
これを見て台湾侵攻は、武力統一から方針を変えている!
・上陸作戦は多大な犠牲を伴う!
・台湾を隔離封鎖、経済面の屈服を目指す!
・脅迫や威嚇で住民を挫けさす!
・封鎖となればアメリカも対応し難い??


〇 米軍と対峙できるほど強くなった中国軍  クライド プレストウィッツ
26年前は手も出なかった!
がいまや同等、圧倒的な戦力である!
シュミレーションでもアメリカは勝てない場合もある???

一時は台湾から自主的に併合を求めてくるかも………
そんな期待を習近平は持つが………
・2016、2020年 蔡英文総統が勝つ!
中国人ではなく、台湾人と自覚する!
・2027年 台湾侵攻でもアメリカ軍を阻止できる自信がある!

中国の軍拡は想像を絶している?
公表の国防費で、30年で50倍??
・近代化を進める!
・兵員では米軍を上回る
・ロケット軍、サイバー攻撃
・艦船も上回っている
・F16、F22、F35に対抗する戦闘機を保持している!
・ジブチに基地を保有、各国の艦船の監視も行う!
・「真珠の首飾り」


〇 台湾をめぐる米中対立はますます険しさを増す  古森義久
ペロシ訪台もややこしい!
バイデン大統領が問題である!
痴呆?? 失言? にぎやかな人である!!
・ペロシ訪台に難色を示す!! 媚中派はどこにでもいる!
・これで中国は反対をエスカレートする!
・議会の超党派が団結する!
・が中国は年中行事だと? あまり重要視しない??

アメリカの台湾支持が強固になった理由!
⑴ 台湾への圧力がひどくなったこと
⑵ インド太平洋構想で台湾は重要である!
⑶ 台湾の政治的、経済的な機能の拡大

しかしあいまい戦略もある?
当面攻撃はかけないだろう!

ソ連の軍事挑発に、アメリカも応える!
ミサイル巡洋艦2隻を台湾海峡を通過させる!
議会も台湾支援で、民主主義を強調して中国を怒らせる!
ますます対立は激しくなる!!!

 

第二章 世界的に危険性が高まる中国
〇 中国共産党はどんな世界の実現を目指しているのか  クライド プレストウィッツ
・2013年 習近平 「九号文件」発表!
否定しなければならない事とは?
「西側の憲法に立脚する民主主義」
「人権の普遍的価値の宣伝」
「市民社会の宣伝」
「新自由主義の宣伝」
「西側の報道の宣伝」
「歴史的ニヒリズムの宣伝」
「改革開放に耐する疑念」

以上は、排除しなければならない!
要は、西側の民主主義ではなく、
「中国の特色ある共産主義統治」には、
民主主義、自由主義、人権主義は敵である!

対立の背後にはイデオロギーの対立がある!
香港の約束も反故にし、民主主義、人権主義を抹殺する!!
「一国二制度」は目障りか???


〇 中国主導で社会主義的な国際秩序作りへ  古森義久
「韜光養晦」 鄧小平!
中国の対外政策を形容する以前は、聞き慣れないものだった!
「韜光」の本来の意味は名声や才覚を覆い隠すこと、
「養晦」の本来の意味は隠居すること
「一般には、爪を隠し、才能を覆い隠し、時期を待つ」

◆ 騙しに成功している??
対外的に何を目指すのか?
・香港の一体化
・台湾併合
・南シナ海の諸島の奪取、制圧
・東シナ海進出
・尖閣諸島奪取
・アメリカの放逐

・2018年 「中央外事工作会議」
習近平の世界統治方針!
・グローバルな統治の道を指導し、世界への影響力を増大する
・自国の主権、安全保障、発展利益を守り、グローバルなパートナーシップ関係のよりよい輪を作る!
・多くの開発途上国を天然の同盟国として中国の特色ある社会主義外交思想を作りあげる
・「一帯一路」「AIIB」をさらに発展させる
・誰にとってもウィン・ウィンでなければならない!
新しい国際秩序の構築宣言だと??
人権、自由、法の統治は明記されていない!!


〇 アメリカは共産党政権にとって最大の敵  クライド プレストウィッツ
◆ アメリカへの浸透は?
・統一戦線工作部
・中央宣伝部
・国際連絡部
・人民解放軍 中国友好連絡会
・中国共産党 人民対外友好協会 外交部
・孔子学院

アメリカには30万人の留学生がいる!
孔子学院でアメリカを洗脳する!
影響力を行使する!
・中国人がアメリカで政治、安全保障、歴を研究するのは自由だが、
逆はさまざまな制限をかける!

・中国内のアメリカ企業にチベット、ウイグルの発言を控えさせて、
違反した場合は制裁を与える!

・アメリカ国内の中国住民向けの新聞を廃刊、買収する!
共産党に忠実な中国語、英語新聞を発刊する!

・高度技術を盗み出す!
・メディアを使い洗脳
・アメリカに自由に付け込み、学生を引き抜き、買収する!
・千人計画

◆ 最も恐ろしいのは自己検閲!
自分で言動を抑える!
エズラ・ボーゲルは鄧小平の一代記で自ら天安門事件を削除した!
まるまる日本に当てはまる!!!
【研究費による買収は???】


〇 経済安全保障上の敵としての中国  古森義久
「千人計画」 調べてみた!!
◆ 海外から優秀な研究者を集める中国の人材招致プロジェクト!
少なくとも44人の日本人研究者が関与している!
日本政府から多額の研究費助成を受け取った後、中国軍に近い大学で教えていたケースもある!
多額の研究費などが保証され、研究環境が日本より魅力的だと!
【ハニートラップもある?】
13人に渡った科研費の総額は約45億円に上る!
◆ 米国は千人計画について
「機微な情報を盗み、輸出管理に違反することに報酬を与えてきた」(司法省)などとして、
監視や規制、技術流出防止策を強化している
海外から一定額以上の資金を受けた研究者に情報の開示を義務づけているほか、
エネルギー省は同省の予算を使う企業、大学などの関係者が外国の人材招致計画に参加することを禁止した
◆ 日本では現在、千人計画への参加などに関する政府の規制はなく、実態も把握できていない!
44人の中には、中国軍に近い「国防7校」に所属していた研究者が8人で、
5人は、日本学術会議の元会員や元連携会員!!
【古森義久と門田隆将の対談では、学術会議をくそみそである!!】

アメリカは警戒している!
FBI長官の報告非難!
具体例が並ぶ!
・ハーバード大学 チャールズ・リーバー
・オクラホマの石油会社 ホンジン・タオ
・テキサス  シャン・シー
・ハオ・ザン
・オハイオ  チン・ワン、サイモンソー・テンアン
・ジョージア エモリ―大学  シャオジャン・リ
一例と思う!!
日本は?
有村治子議員が懸念を呈する!
ここで出てくる!! 日本学術会議!!
軍事目的の研究はしないと言いながら、中国では堂々と実行する!
内弁慶の最たるものか??
政府も把握していない!!

アメリカの関与!! 終わりになる!!
思うようにならないので、関与を止める??
オバマ政権末からトランプ政権である!
・インド・太平洋でアメリカに代る!
・中国が自由化するとの考えが間違っていた
・中国の成長はアメリカからの簒奪による
・中国の政策に従わせるために、経済面での報酬に懲罰を与える!
債務の罠である!
・南シナ海で中国の拠点つくりが自由航路に危険を及ぼす!

【しかしトランプが言うか???】

 

第三章 中国国内の真実・弾圧の実態とは
〇 共産党独裁国の秘密の扉  古森義久
中国では国家主席などがどうやって選ばれるか誰も分からない?
・2015年 国家安全法
「国家分裂、政権転覆などの行為を処罰する」
どうとでも解釈できる!
朝起きてみれば新しい法律が出来ている!
軍事となると分からない!

・2019年末 新型コロナ、何も分からない!
日本とアメリカ、韓国もだが、武漢からの観光客が第1号である!
日本と韓国は習近平を招くため、中国に忖度した!
つまり防止できたかもしれない!
以降も隠蔽した………

中国共産党の目的は?
「自己の支配の継続こそが最高至上の目的」
天安門事件は、その為に共産党が弾圧を命じた!
常時国民の監視を行う!
国民に情報を選ぶ権利はない!

中国経済は無敵と思われた・
が不調である!
親型コロナ対策である!
各国は中国でのサプライチェーンを減らす?
ディカップリング  切り離し!!


〇 中国経済の二大特徴  クライド プレストウィッツ
中国のWTO加盟はアメリカが後押しした!
中国は市場経済のように見えてそうではない??
中国の主要な経済のエンジンは「輸出」と「海外からの投資」
・海外の大企業などが中国に生産拠点を置く
・工業製品を製造、輸出
・国内でも消費される
中国が豊かになり、グローバリゼーションに加われば普通の国になるだろう!
と期待があり、WTO加盟も後押しした?
【アメリカはイラクでもドイツと日本のように廃墟から復興すると?】
【失敗が多い!】

日本とシンガポールから学ぶ!
・政府と企業が一体になり経済運営を進める!
・特定の産業を強くするために国が全面支援する!
ただし日本は製造拠点が解説されることを嫌った!

そう言うことで、中国の企業は国有と言ってよい!
ファーウェイもそうである!!


〇 中国共産党・マネジメントの実態  古森義久
どんな企業でも共産党委員会がある?
14億人の住民は、9,200万と言う共産党員に指導される!
共産党は弾圧はためらわない!
・民主活動家への弾圧
・法輪功の弾圧
【こんな国へ布教に行くかなと思うが?】

共産党員は汚職もあるが、優秀な人材が多い!

全国人民代表会議  国会ではない!
ましてや行政、立法、司法が独立していない!
では何なのか??
習近平思想??
よく分からない!!
全人代の出席者も共産党が選ぶ!!


〇 一枚岩の強大な組織  クライド プレストウィッツ
世界最大の力を持つのは、中国共産党の書記長!
「中国にとっては共産党統治の継続が最重要」
なので共産党中枢には、御機嫌を取る??

◆ 共産党中央委員会の下には? 一極集中である!
・各省共産党委員会  31
・各市同委員会    665
・軍委員会      2.478
・町委員会      41,838
・村委員会      78万

◆ 中央組織部は共産党の中堅幹部以上を常時監視している!
習近平は野望がある!
・中国の夢
・中華民族の偉大な復興
新たな中華帝国である!
「中国製造2050」
中国が世界一になる!!
国内の中国化を進める?
・チベット
・新疆ウイグル自治区
・内モンゴル
・香港
中国へ帰属!!
・中国共産党化
・漢民族化
・言語、宗教、文化、歴史を奪う!!


〇 弾圧されるチベットの真実  古森義久
◆ まずチベットである!
・共産党は無神論である!
・チベット人のアイデンティティを捨てさせる!
・チベットに漢民族を移住、チベット民族を少数派にする!
・チベット語の使用の制限
中国の案内で訪問しているので、都合の良いところしか見せない!

アメリカは超党派でチベット擁護である!
・2015年 リチャード・ギアが議会で証言
・2020年 チベット政策支援法


〇 ウイグル人に対する非人道的弾圧  クライド プレストウィッツ
◆ ウイグルである!
個人的には「福島香織」で教えられている!
メチャメチャやないか??
ここはイスラムである!
・漢民族化
・中国化
・イスラム教への信仰を抑える!
【豚肉を食べさせる】
・言語は、漢語で教育
・文化を否定
・風習も変えさせる
・強制収容所で再教育
・強制不妊手術
・一帯一路の重要地点
・ウイグル人監視に高度技術を使用、 欧米の技術である!
・スマホにアプリを入れて動向を調べる!
・スマホを使わなくなった場合
・ガソリン購入に異常あった場合
・正面から入らず裏口から入った場合?

アメリカは日本と違う!
堂々と非難する!
【臓器移植が抜けている???】


〇 高度テクノロジーによる超監視社会  古森義久
具体的手法である!
・GPSで所在確認
・顔面認識
・声紋鑑定
・高性能ビデオで個人家庭内の宗教信仰監視
・遺伝子認定

自国民も対象である!
・人工頭脳
・情報テクノロジー
・量子コンピューター
・自走車両………

「社会信用システム」
「個人の信用情報が、数値として管理」
「個人の家庭環境、勤務先、交友関係、日々の行動」などを手に入れて、
その個人情報を元に「独自の方法)」で計算して、数値化し管理する!
人工知能も使う!

「防火長城」
国内インターネットの監視、検閲システム!
徹底的にやる………


〇 国防費より多い国内治安維持費  クライド プレストウィッツ
そこまでやると金もかかる?
国防費より国内治安維持費の方が多い!!
中国の統計??
・国防費  1,700億ドル
・維持費  1,970億ドル
中国国民が敵である!
・集会を禁じる
・相互の連絡を抑える
・外国の情報を与えない
・ネガティヴな言葉の検閲
・台湾独立
・天安門事件

監視内容でマイナスになるのは?
・交通違反
・遅刻
・クレジットカードの延滞………

罰則は?
・給料や休暇の削減
・公立病院、学校の利用の制限

ハト作戦??
本物のハトに見えるドローンを飛ばし監視する!

特殊なヘルメットをかぶらせ、感情をスキャンする!!!
【金が余っている???】

 


米中開戦前夜 習近平帝国への絶縁状 ①・クライド プレストウィッツ・古森義久

« 南光南天二人会 神戸朝日ホール 2024年1月13日(土) 13:00開演 全席指定 4,000円 | トップページ | 本・米中開戦前夜 習近平帝国への絶縁状 ②(2022/12)・クライド プレストウィッツ・古森義久 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

アジア (インド・東南アジア)」カテゴリの記事

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

中国 (モンゴル)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南光南天二人会 神戸朝日ホール 2024年1月13日(土) 13:00開演 全席指定 4,000円 | トップページ | 本・米中開戦前夜 習近平帝国への絶縁状 ②(2022/12)・クライド プレストウィッツ・古森義久 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ