« 本・侠骨記 (1991/2)・宮城谷昌光 | トップページ | 本・日中友好侵略史 ②(2022/9)・門田隆将 »

2024年1月21日 (日)

本・日中友好侵略史(2022/9) ①・門田隆将

Photo_20240122180501

対日工作は70年前から始まっていた!
ランの花、有名女流作家、創価学会、日本の権力闘争、贖罪意識、巨大市場………
あらゆるルート、あらゆる手法を用いた「友好」という名の「侵略」を明らかにする!!

 

門田隆将
作家、ジャーナリスト 1958年高知県安芸市生まれ
中央大学法学部卒業後、新潮社に入社
『週刊新潮』編集部に配属、記者、デスク、次長、副部長を経て、2008年4月に独立
『この命、義に捧ぐ―台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』で第19回山本七平賞受賞

 

門田隆将である!
よく読んでいる! 「根本博」が良かった!!
好き嫌いは激しいだろう………
中国がいかに日本に入り込んでいるか?
媚中派というのは、そんなに多いのか?
・日本学術会議
・公明党
著者は敵が多いし、NHKには呼ばれない!
が、これだけ書くのも大変と思う!
内容は下記の通りである!! ① ②と分けて紹介する!!

 


はじめに
プロローグ
第一章 始まった「対日工作」
第二章 自民党工作のスタート
第三章 公明・創価学会への中国工作
第四章 権力抗争はこうして始まった
第五章 世界の流れが変わった
第六章 もう一人のキーマン
第七章 「中国」巡って政界大動乱
第八章 日華断交は可能なのか


第九章 「椎名特使」をめぐる攻防
第十章 台北の怒りと混乱
第十一章  「丸裸」だった日本
第十二章  始まった「日中友好絶対主義」
第十三章  世界を驚愕させた人権弾圧
第十四章  変貌する中国
第十五章  ハニートラップの凄まじさ
第十六章  「破壊者」登場の悲劇
第十七章  不可避だった「米中激突」
第十八章  「友好」に躍った五十年
エピローグおわりに
参考文献

 

はじめに
安倍元総理狙撃事件から捜査は進んでいるのか?
統一協会だけが悪者で、殺人者に対する報道は少ない!
無いに等しい!
ただ統一教会に恨みがあると!!
この母親に対しても、マスコミは追及しない!!
身内の弁護士が喋っている!
この殺人犯に情状酌量をと言うアホがいる!

個人的意見だが、これは騙す方より騙される方に問題がある!
先祖の供養?? そんな重要な人物なのか??
それに金がかかること自体信じられない?
免罪符か??

著者は黒幕説である??
この犯人、どう見ても自分の考えがあるとも思えない!
ボーとしている? 覇気も感じられない!!
奈良県警の警備のずさんさを言う!
普通、元首相が狙撃されたのだから、責任を感じて死をもって償う人がいてもいいと思うが………
著者の意見は、どう読んでも中国黒幕か?
中国最大の危険分子が「安倍晋三」

「ABCD包囲網」 この「C 中国」を「J 日本」に変える?
対中包囲網である! オランダと言うのが面白いが…………

日本の政界、財界、官界、学界、マスコミは、中国の対日工作がある!
自民党ですら8割が親中勢力と言う!
呉越同舟か???
・二階俊博  パンダ5頭か?
・福田康夫  中国を友人と呼び、友人の嫌がることはしないと!
・河野太郎?
・秋元司(自民党)
・今井尚哉(菅義偉内閣、内閣官房参与)

・2019年 日中友好議員連盟
会長  二階俊博(自由民主党/衆議院議員)
副会長 岡田克也(立憲民主党/衆議院議員)
海江田万里(立憲民主党/衆議院議員)
北側一雄(公明党/衆議院議員)    マキャベリスト??
志位和夫(日本共産党/衆議院議員)  止めてくれんかの!
古川元久(国民民主党/衆議院議員)
福島みずほ(社会民主党/参議院議員) どうしょうもない! 本当に元人権派弁護士???
幹事長 甘利明(自由民主党/衆議院議員)  こいつもおかしい? 信玄が泣いている!
事務局長 小渕優子(自由民主党/衆議院議員)
顧問 山口那津男(公明党/参議院議員) やっぱり!!

自由民主党 ここに高市早苗の名前があれば面白い!!
後藤田正純
西村康稔
野田聖子

日本共産党
市田忠義
小池晃  やっぱり! ただし中国をあんなもの共産党ではないと!
穀田恵二
田村智子

立憲民主党
辻元清美  どうしょうもない

二階俊博  人の話を聞かない!!
気に入らなければ答えない!!
安倍晋三元総理も大変だったと思う…………
で、日中正常化50周年である!!

 

プロローグ
・1972年 田中角栄の日中正常化!
問題は「台湾」
中国は、台湾との断交を要求する!

終戦時、蒋介石「威徳報怨」
「徳を以って恨みに報いよ」
これにより、志那派遣軍、在留邦人100万が無事帰国できた!
賠償金も放棄である!
シベリア抑留のソ連とはえらい違いである!

台湾は日本への怒りが民衆にまで広がる!
椎名悦三郎特使を拒否!
自民党青年部所属 松本彧彦のわずかな縁で訪台する!

産経新聞の取材に応じ、国交正常化50年を迎えた日中関係と台湾について語った!
日本と台湾は1952年の日華平和条約以降、円満な関係を築いていた。
それだけに、台湾にとって日中国交正常化は日本の裏切り行為にほかならなかった
台湾と断交した直後、私は自民党職員として台湾に飛んだ
在留邦人に危害が及んだり、台湾海峡で日本船舶が拿捕されたり、
対抗措置が取られるのではという不安が渦巻いていた
しかし、台湾からの報復は全くなく、その後、大地震など災害発生時に互いに救助隊や義援金を送り合う!
国交があってもうまくいかない国があるのに、国交がなくてこんなに親密なのは不思議なものだ?

日本の右翼も反対で台湾に来る!
車に閉じ込められる??
以降、中国につけこまれ、放浪され続ける??

 

第一章 始まった「対日工作」
西園寺公一(きんかず)
当然公家である! 公家と言うのは無責任な存在なのか?
近衛文麿と親しく、尾崎秀実とも交流がある!
徹底した平和主義者??

「対日工作担当 廖承志」
この二人が結び付く!
最初から西園寺公一がターゲットである!
上流階級で各界に顔が効く??
親中派? 平和主義者? 騙すのは簡単である?
しょせん苦労知らずの公家である??

・1958年 北京に住む!
・その前年 長崎国旗事件!
右翼が国旗を引きずり下ろす!
罰金刑で済んだものを、中国はぶり返し問題にする!
日本人引き上げ事業を注視する?
この頃からそんなことをやっていた?
どうも背後に台湾政府がいると?
それで強硬になる!

中国は日本の政権、自民党とパイプが欲しい
廖承志は江戸っ子!
早稲田OB!
後に、廖承志の対日工作を支える!
【うちはシスイの導術 相手に操られいることを感じさせず操る】
といってもあくまで「日中友好」と信じている?
廖承志は「情」に訴え出る!
金銭的なことはあまりやるなと?

自民党への工作は、2人の議員を狙う!
・石橋湛山
・松村謙三
どちらも影響力がある!
この人選に、西園寺公一がお墨付きを与える!

 

第二章 自民党工作のスタート
・1957年 76歳の松村謙三が訪中団を連れて北京に降り立つ!
中国の国運を賭けた自民党工作のスタートである!
訪中団の中に、田川誠一の名前がある! 新自由クラブで知っている!
新自由クラブ代表、進歩党代表、リベラル派、進歩主義派の代表的な政治家!
この訪中団が親中派の中核になる!

松村の趣味が「ランの花」 「碁」
ただし素人ではない? 玄人である!
攻略法が見つかる?
「碁」は中国である! いくらでもいる!
碁うちの中では最も地位が高い「陳毅」を選ぶ!
「ラン」は「朱徳」大物である!!
【中西輝政言う 中国は孫子の国である?】
【日本兵法の師である??】

完璧に日本は負けている!
がこの時、松村謙三は、言うべきことは言っている!
著者が言うのだからそうなんだろう!
後の政治家は「おっしゃるとおりです」

村松謙三 富山県南砺市 著者が訪ねる!
ランの話になる!
松村記念会館がある!
「友誼長在 廖承志 1983年春」
永遠の友情、ずっと友だち、昔からずっと親友の関係、末永く続く友情!

廖承志の次のターゲットは「公明党」
【著者は公明党に嫌われる?】

 

第三章 公明・創価学会への中国工作
公明党に目を付けたのは、日本では国会で質問できる!
中国共産党は賢いのか??
有吉佐和子を取り込む?
読んだことがない? なにかうさん臭いところがある?
「複合汚染」 科学的根拠は無しに広まる?
文化人、作家には左翼思想が多い!
映画、演劇、文学、ジャーナリズムは左翼の牙城か??

有吉を通じて池田大作へ影響力を及ぼしたい!
2年後、学生部の総会で「日中国交正常化提言」を行う!

・1968年 両国の日大講堂に1万数千人の学会青年部が集まる!
池田会長が言う 「日中国交正常化提言」
日本との戦争状態は終わっていない!
解決し、国交を樹立すべきだと?
3年後、竹入委員長が訪中、「日中国交回復五原則」を持ち帰る!

公明党が「中国代弁者」になっているのは、
半世紀以上前の「対日工作」によるもので、
周恩来、廖承志の学会工作は見事に成果を上げたと!!!
【これを書いているときに、池田大作名誉会長が亡くなった! 95歳!】

 

第四章 権力抗争はこうして始まった
日中正常化は学生時代だった!
この時、佐藤後継で、三角大福の争いであった!
これに中曽根康弘が絡む!
日中国交正常化は、田中で無ければ出来ないと、中国が言う!
個人的には興奮するタイプで無いので、国交正常化で何が変わるのかと思った?
今でも、北朝鮮と国交回復して何が良いのかと思っている!

政治家は名前を残したい??
福田赳夫と田中角栄は違い過ぎる!
エリートと雑草!
が、苦労はどちらもしている!
角栄は逮捕もされ、官僚を使いこなしのし上がっていく!
アメとムチ? アメの方が得意なのか?
「日本列島改造論」である!
「コンピューター付きブルドーザー!

池田総理退陣! 佐藤栄作が後継者になる!
長期政権である!
政界の寝業師 川島正次郎!
【YouTubeのプロレスを見ていたら、コミッショナーとして川島正次郎が出ている?】
自らはトップを狙わない? 本多正信か??
田中角栄に目を付ける!
佐藤3選で、福田赳夫を後継である!
これを防ぐのに、佐藤4選を実現!
沖縄返還がある!
道筋をつけて福田にやらせようとしたが、
川島、角栄が佐藤総理の手でと!
それで4選になり、3年後、福田赳夫VS田中角栄が確実になる!
ところが4選10日後、川島が急死!
・外務大臣 福田赳夫
・大蔵大臣 田中角栄
次期総理は中国が握っている??

繊維問題がある!
ニクソンが自主規制を求める!
これに対し、角栄は反対意見を封じ、2千億円の補償で規制する!
当然、ニクソンは田中を信頼する!
本当の話かと思ってしまうが………

 

第五章 世界の流れが変わった
・1969年 中ソ武力紛争!
ようやく西側に、中ソ対立の激しさが伝わる!
中国は、核の避難訓練まで実施されている!
アメリカは喜ぶ?
・ソ連から中国を攻撃すればどうなるかと
・ベトナム戦争終結に中国の力が必要

キッシンジャーが深く潜航する!
どちらも失敗は許されない??
中国にとっての重要事項は台湾である!
アメリカは曖昧戦略を取る??
「直ぐにではなく、順を追って決める」
「約束したが、約束を守るとは言っていない???」

国連である!
日本はニクソンショックに、緊急ドル防衛発表!
中国加盟に台湾追放!
これにどう対応するのか?

公明党竹入委員長は参議院の代表質問!
3週間前に中国を訪問? どう言ってよいのか?
国交回復のための5項目!

第一 一つの中国論 北京が正式な代表
第二 台湾は中国の内政問題
第三 虚構の上に置かれた日台条約の廃棄を明らかにする
第四 領土を放棄した日本は、この問題に介入しない
第五 国連に常任理事国を与え、唯一の代表国だと!

公明党は完全に中国の傀儡である!
著者は、佐藤栄作を褒めている! さすがの答弁だと!
が自民党内も意見が分かれる!
台湾派 石原慎太郎もいる!
アメリカは台湾のために動く!
・加盟国を排除するには2/3以上の賛成が必要「需要事項指定決議案」
・中国と台湾と両方残す「二重代表制決議案」
佐藤総理はアメリカと共に、共同提案国になる!

・1971年10月25日 運命の日である!
どうも日本は多数派工作を真剣にやったようだ!
台湾は日本に感謝した……… 真剣にやったようだ!
日本は3票足りないと! アメリカは楽観的だった!
結果59VS55? 負ける!
飛び上がって喜ぶ共産圏とアフリカ?
そして台湾は退席する!

 

第六章 もう一人のキーマン
日本もややこしい?
黒幕、フィクサーが一杯いる!
木村武雄! 今この本で何者か分かった!
良く名前は出ていたと思うが?
郷土の先輩・石原莞爾を師と仰いでいる!
中国人が大好きである!

要は廖承志と結びついている?
「石原莞爾 世界最終戦争論」がテキストか??
中国では、陸軍から退去を命じられる!
理想論か??
アメリカと日本が世界最終戦争を争う!
これを木村武雄は抱いていた??
その為に中国とインドネシアが重要だと!
ランドパワーとシーパワーを手に入れる!
しかし盟主は日本である??

佐藤栄作では日中は無理である!
なので角栄である!

多くの政治家にとって、日中国交正常化は巧妙心をくすぐる?
「俺がやったんや」

「石原莞爾分骨記念碑」
今の中国をこの子弟が見ればどう言うかと??

 

第七章 「中国」巡って政界大動乱
「いな垣」 無縁の世界である!
花街・柳橋!
ここに秘密の会合がある!
1972年5月9日 ここに何者か? 人が集まる!
それを早坂茂三が報告する!
田中グループ旗上げである!
肝入りは、木村武雄!!
70人、代理を含むと81人!

沖縄復帰記念式典!
佐藤栄作の晴れ姿である!
ポスト佐藤である!!
「日本列島改造論」
別に角栄が書いたわけではない?
口述?? 角栄の言葉をまとめる!
がこれが総裁選の援護になると?
ベストセラーである!
角栄は日中を前面に立てて勝利する!!
総裁選史上、最大の買収合戦である!
【選挙資金 三木派 指で挟める、福田派 手のひら、田中派 背に担ぐ?】

 

第八章 日華断交は可能なのか
日中の問題は、まとまっていない?
艦艇に押し掛ける、親台派に右翼!
石原慎太郎もである!
言い分は?
・日華条約を忘れたのか
・中国共産党と国交正常化をなぜ急ぐのか
・蒋介石の「以徳報怨」を忘れたのか

永田町が中国・台湾の代理戦争の様相をなしていたと!
中国は、大平正芳にターゲットを絞る!
「中国上海バレエ団」
廖承志の腹心がメンバーで、大平正芳との会見に成功する!
中国は勝負をかける??
大平は台湾の会見要請は断っていた?
中国の思うつぼ??
「日中国交正常化協議会」

大平は日中正常化で、日華断交を言う!
が、切り捨て反対も根強い!
蔣介石に対する恩義がある………

戦時賠償の問題がある!
一体いくらになるのか??
ここで中国は公明党を使う!
公明党に招待状を出す! 竹入委員長である!
「藤原弘達 創価学会を斬る」
これを出版妨害する??
池田大作の国会招致??
これを、竹入委員長は角栄に泣きついて収めて貰う?
当時、角栄は弱気になっていた!

竹入委員長の回想録は池田大作の逆鱗に触れる!
要は日中国交正常化は俺がやった??
結局竹入は学界から去る!

周―竹入の会談!
第一 中国は日米安保にふれない
第二 佐藤―ニクソンの共同声明にはふれない
第三 日華条約 正当と言わずに合法と言って欲しいと!
言葉のお遊びか??
日本はそこが問題になる!
日台条約を不法、不当と言えば日本では問題になると!

中国は台湾問題は譲れないと!
しかし田中訪中は実現したい!
最後に賠償権の放棄を言う!
これで竹入は役目を果たせた!
ただ、角栄が訪中しないといえばハラを斬らなければならない?

ただ尖閣はあいまいなままだと!
脅しか??  中国はいつまでもこのままではいないと!
・いずれ追い越す?? 実現している!
・ぐずぐずしていたら賠償金を含めて正常な交渉になると!

竹入は帰国後、角栄と大平に報告する!
田中は訪中を決断する!
竹入は腹を切らなくてよくなった?
中国の「復交三原則」
一 中華人民共和国が中国を代表する、合法政府である
二 台湾は中国の不可分の領土である
三 日華平和条約は不法無効であり、破棄されるべきである
賠償金は譲っても、台湾は譲れない?

「先に国交正常化ありき」が中国に手玉に取られた?
結果、台湾の交渉拒絶になる!!
話し合いも出来ない!!

 

第九章 「椎名特使」をめぐる攻防
自民党青年部所属 松本彧彦!
台湾の専門家??
大平正芳に呼び出される!
台湾と台湾人が好きである!
台湾で金門島にまで行っている?
がまだ若造である! それほど危機感がある!
大物は親台派が多いので頼めない!

人生にこう言うチャンスは二度とない!
親分に勧められる!
台湾のターゲットは?
・蒋経国
・張群  蒋介石の側近

培ってきた人脈が生きる!
張群に会う!
長い時間をかけて、誠心誠意訴える!
最後にアッと思う!
日本語でねぎらわれる!
翌日、特使受け入れの連絡がある!
推名特使である!!

 

日中友好侵略史 ①・門田隆将

 

 

« 本・侠骨記 (1991/2)・宮城谷昌光 | トップページ | 本・日中友好侵略史 ②(2022/9)・門田隆将 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

中国 (モンゴル)」カテゴリの記事

台湾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・侠骨記 (1991/2)・宮城谷昌光 | トップページ | 本・日中友好侵略史 ②(2022/9)・門田隆将 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ