« 本・終わらない戦争 ウクライナから見える世界の未来(2023/9)・小泉悠 | トップページ | 本・安倍首相の「歴史観」を問う ②(2015/7)・保阪正康 »

2023年12月23日 (土)

本・安倍首相の「歴史観」を問う ①(2015/7)・保阪正康

Photo_20231223230101

「軍服を着た首相」への危惧
安倍首相はかつての軍事指導者に酷似している
―現代史研究の第一人者が、戦争と統制に突き進む現政権と、
日本社会にはびこる歴史修正主義に根源からの異議を申し立てる
いまこそ昭和史の教訓を活かさなければならない
慰安婦問題を「戦場と性」という視点から再考する瞠目の書き下ろしも収録!

昭和史研究の第一人者が安倍首相にいだく危惧?
戦後70年の談話に歴史の教訓は活かされるか?
あえて異をたてざるを得ない私の決意!
従軍慰安婦問題で指弾された朝日新聞の、
第三者委員会のメンバーとして同問題の報道を目の当たりにし、
報告書には盛り込めなかった慰安婦問題の本質を書き下ろす
「軍隊と性」「戦場と性」の問題にも深く言及する!!

 

著者の本は、半藤一利と共によく読む!
敗戦後に問われる戦争指導の責任追及をかわすため書類を焼く!!
著者は昭和史の実証的研究のため、残された史料を発掘し、
延べ4000人の人々から直接聞き書きを行っている!
近年目につく事実を歪曲・曲解し、自分たちの立場に都合の良いように歴史解釈を図る、
いわゆる歴史修正主義の動きはゆゆしき事態であると??

 

安倍晋三を批判するのは、著者と池上彰??
歴史修正主義者たちが権力と一体化している風潮???
世界的に注目を集めるそのステイトメントを前に、
昭和史研究の第一人者があえて首相の立ち位置に異を唱える???
言い過ぎとも思えるが、そう言うところはある!!
内容は下記の通りである!!  ① ②と分けて紹介する!!

 


軍服を着た首相 まえがきに代えて
第1章 謙虚に史実と向き合うということ 戦後七十年と安倍政権の歴史観
第2章 戦後民主主義の崩壊の中で 「戦時体制」にどう抗うべきか


第3章 昭和史のかたち 歴史の教訓から現在を解読する
第4章 慰安婦問題試論 「軍隊と性」をめぐる歴史的検証について

 

軍服を着た首相 まえがきに代えて
安倍晋三に批判的なのは、著者に池上彰か?
どちらも言いたいことを言っている?
最近池上彰はブッシュjrを愚かと書いている??
安倍晋三もそのように言っている?
自分の言葉で語るメンケル首相を褒める!!

2015年 安倍晋三が進めた安全保障政策!
「私が中心」
批判されているのは?
・侵略に学問上の定義はない
・首相として国のために命を捨てた人を追悼するのは当たり前
・憲法は占領憲法、押し付け憲法
・わが軍は………
・国民の生命と財産を守るのは首相の職務
・国家の安全を揺るがす事態か否かは首相の判断

開き直り!!!
軍人が黙れと言ったのと同じ!
その軍人は・
第一 皇国2600年、戦って負けたことがない皇軍は………
第二 まともに立論されていない
第三 軍事学は身につけたが社会科学、人文科学は身につけていない
これを、安倍晋三に重ねる!
「形容句」
「立論不足」
「耳学問」

第1章 謙虚に史実と向き合うということ 安倍首相への不安
第2章 ジャーナリズム論
第3章 昭和史を見つめる目
第4章 慰安婦問題

2015年である!!!
安倍晋三は生存している時期である!!

 

第1章 謙虚に史実と向き合うということ 戦後七十年と安倍政権の歴史観
◆ 著者と池上彰は同じようなことを言っている!
レベルが同じような人間は考えること、思うことは同じなのか??

昭和20年8月14日の日本を上空から偵察した米軍は驚いたという!
降伏が決定し、爆撃を控えたにもかかわらず、日本各地で炎が舞い上がっている!
その理由は後から知ることになるが、軍部の命令により戦争史料が徹底的に焼却されていたのである!
もちろん、敗戦後に問われる戦争指導の責任追及をかわすためである!

「映画 日本のいちばん長い日 岡本喜八」
この映画の冒頭のシーンがこれである!
書類を焼いている!
確かに煙が沢山立っていた!
これが全国で繰り広げられた??

戦争犯罪人を裁くと言われて、証拠隠滅を図る!
これに関しては、今、太平洋戦争で日本は貢献した??
そう言う老人も多い??
では何故証拠隠滅を図ったのか??
要は犯罪と意識していた!!

そう言う話は、著者が多く紹介している!


◆ で安倍総理である!!
書類の破棄に、黒塗りか??
批判されても仕方がないが………

歴史修正主義者!
歴史の再定義や再解釈の言説を指す用語で、一般に否定的・批判的な意味合いを込めて使用されることが多く、
特に第二次世界大戦に関わる戦争犯罪・戦争責任に関わる議論で、
それを否定または相対化する言説を指して歴史修正主義という用語が使用される!

都合の良い主張などを取り上げて、「侵略などしていない」
または「アウシュヴィッツ」なんて無かった!!

安倍晋三の靖国神社参拝??
各国で批判される!
中韓は当然である!!
アメリカも批判する!
【しかし批判する国は、それほど立派な国かと?】
【第二次世界大戦後の国際秩序を潰す?】
【しかしそれをやっているのは中露ではないかと思うが?】


◆ 「戦間期の思想」
・1904~05年 日露戦争の屈辱を取り戻すと!
樺太に北方4島である! 取り返す!そんな事を考えていた??

・ナチスドイツもヒトラーが第一次世界大戦の屈辱を果たそうとする!

で日本である!
第二次世界大戦後、戦争もせず戦間期の思想を持たなかった!
が靖国などで日本は持とうとしていた!
日本は反省などしていないと! 中韓である!!
こう言うことを日本は考慮しない?
中国に言われっぱなしである!
【ただし日本の識者はそれさえ戦争につながると?】


◆ 昭和の検証
著者の分類
・初期  敗戦まで
・中期  終戦からワシントン条約
・後期  それ以降
この検証が何より重要だと!

昭和には32人の首相がいた!
・東條英機
・吉田茂
・田中角栄
共通点は、牢屋に入ったことがある?
ただ田中角栄の逮捕は間違いだった!
アメリカの要請だった??
国策捜査?
キッシンジャーがロッキード事件は間違いだと!

安倍晋三は靖国とアーリントン墓地は同じだと?
これは国政の違いではないか?
ただもっと調べてから言うべきだった?


◆ ナショナリズム
・上からのナショナリズム
国威、国権の発揚!
官僚、軍人………

・下からのナショナリズム
共同体に伝わる道徳、規範、倫理、郷土愛!

兵の数が多くなり、戦死者も多い!
それは泣かずに、お国のために死んだと喜色を浮かべる?
こうやって純粋なナショナリズムが潰される!


◆ 以下の話は良く紹介している!
・日清戦争、日本の農民兵は休憩中朝鮮の農民の手伝いをする!
善意である!
向こうも分かるのでお礼にと分けてくれる!
こう言う人間性がお互い失われてくる!!

・軍事指導者の子息は死なない?
戦場へ行くのは庶民である!
軍事指導者が戦死するのはたまたま運が悪かった?
だから息子が要れば今なら防衛大学校に入れて高級将校になれと!
戦死しているのは陸大出身ではない!

イギリスの王族に貴族は逃げない!
戦争には行く!
日本は伏見宮のように、開戦前に役職から外す?
東條英機!
逆らうと息子を戦場に送ると!
日本の皇族は行かせない??
戦争の内情がバレる??

【沖縄特攻の伊東長官 息子が護衛機で後に特攻!】
【南雲忠一、レイテの西村祥治も親子とも戦死】
【ドイツ・デーニッツ提督は息子2人、娘婿が戦死!】
【アメリカ・キンメル提督は息子1人戦死で、キングは残りの息子を陸に上げた!】


◆ 大本営政府連絡会議 太平洋戦争を決定したメンバー!
出席者は?
政府!
・議長は内閣総理大臣 東條英機
・外務大臣  東郷茂徳
・大蔵大臣  賀屋興宣
・陸軍大臣  東條英機
・海軍大臣  嶋田繁太郎
・企画院総裁 鈴木貞一
統帥部からは
・参謀総長  杉山元
・参謀次長  田辺盛武
・軍令部総長 永野修身
・軍令部次長 伊藤正一

この10人、東條英機がダブっているが決定する!
軍部主導である!
外務大臣は開戦日を知らなかった?
終戦は?? 勝つまでやる??
ドイツ頼りか??
・バトル・オブ・ブリテンで負けている
・独ソ戦 モスクワ攻略失敗!
やりたくて仕方がなかった??
「猪瀬直樹 昭和16年夏の敗戦」
各界の俊英を集めて検討させる!
ほぼ推移を読み、輸送船の壊滅、ソ連参戦まで予測した!
東條英機も知っている?


◆ 本土決戦!
3年8ヶ月を分ける!
第一期 開戦から昭和16年6月まで  ミッドウェー海戦
第二期 18年5月まで  山本五十六戦死
第三期 19年7月まで  サイパン陥落
第四期 20年3月まで  硫黄島陥落
第五期 終戦まで

狂気じみている!

【ここからは思うことである!】
兵は輸送船に乗せられて沈められ戦死!
戦わず、無駄死に?
「大内建二」が詳しい!
アメリカは兵の輸送に客船を使う!
兵に対する配慮がある!
が、日本は何も無い???

ミッドウェー海戦までは日本は勝っていた?
サンゴ海海戦もポイントで言えば買っている!
ガタルカナルでは海軍の損害はほぼ互角?
つまり負けている!
兵もガタルカナル島は撤退させたが、損害ははるかに多い!
玉砕! 損害は一方的である!
ペリリュー島、硫黄島は敵に損害を与えたが、
サイパン、沖縄は住民が死に過ぎている!
人命を何とも思っていない!!!

兵力を集中できる本土で敵に損害を与えて講和??
開戦時の腹つもりはどうなったのか???
だいたい本当に撃退できると思ったのか??
「大西瀧治郎」 決定的に評価が下がったが………
あと2千万特攻に出せば向こうが嫌になるはず???

「太平洋戦争のif 絶対不敗は可能だったか?・秦郁彦」
この本土決戦である!
「9 日本本土決戦となれば 犠牲者は数千万人? 檜山良昭」
著者がイラストを付けている!
女性教師が小学生を引き連れて地雷をかかえて戦車に向かう!
見ていて嫌になるが………

アメリカはドイツを撃破したヨーロッパの精兵を送り出す??
これはどうかなと?
実際ヨーロッパの兵にとっては戦争は終わった?
ここで又日本に行けとなると問題が多い!
日本は子供にまで戦闘させて、アメリカに全滅するまで戦う!
そちらの被害が嫌なら講話しろ????


◆ シビリアンコントロール
アメリカのシビリアンコントロール?
「谷光太郎」が書いていた!
軍事に偏りがちな軍人を、経済界で成功した人物に指導させる!
第二次世界大戦 アメリカ海軍長官は新聞王ウィリアム・フランクリン・ノックス!
日本は素人は黙っていろと!

かけ声の大きい人、正論を言い募る人、そう言う人が上に立つ組織?
・天皇のために死ぬのは当たり前だと!
・臆病者!
直ぐに名前が挙がるのは、石川信吾に辻政信!!


◆ 安倍政権
・弾圧立法の運用
・官民挙げての暴力
・国定教科書の軍事化
・情報発信の一元化化

権力は不安である!!
・共産主義者
・自由主義者
・宗教家
・右翼、思想右翼、神道右翼………

面白い話を載せている!
カンボジアを思い出す!
眼鏡をかけていたらインテリで殺される??

で日本である!
共産主義者大嫌いな人が捕まる!
・編集長なので共産党の本は読む
・賛成なのか
・大反対です
・ちょっとは良いと思っただろ
それで逮捕である!
治安維持法に引っ掛ける!

戦争反対を言えば、家族に嫌がらせを行う!
その人間の会社に行って、なんであんな奴雇うのか?
・自殺
・亡命
・面従腹背
【LGBTと同じではないか?】


◆ 著者の結論
あの戦争を政治や思想でなく、当たり前の人間の目で見る!
謙虚に史実と向き合う!!

 

第2章 戦後民主主義の崩壊の中で 「戦時体制」にどう抗うべきか
◆ 陸パン
1934年10月,陸軍省新聞班が,パンフレット『国防の本義と其の強化の提唱』を通じ,
「国防強化のためには,経済機構などを改革する必要がある」として,
その方策を発表,配布し,問題化した事件!
政党,言論界は強く反発し、軍は釈明し,政党も反撃をやめたが,
満州事変 (1931) 以後,軍は政治的発言を強めるようになった!

著者は言う、好戦的、自己陶酔に満ちている!
「国防の本義を明かにし其強化を提唱し、
以て非常時局に対する覚悟を促さんがために配布する」

「たたかひ」こそが皇国の使命であり果たすべき重責だと!
昭和陸軍の、この時期の戦争観を示している!

美濃部達吉は具体的に反論し、報復される!
歴史に学ばないものは歴史に報復される!


◆ 国民の劣化が始まる!
著者の教訓!
第一 美辞麗句の持つ恐ろしさ
第二 国民が受け入れた
第三 暴力的現象が生まれた!

安倍晋三である! 言葉の押し付け?
・日本を取り戻す
・積極的平和主義
・侵略に学問上の定義はない
・首相として国のために命を捨てた人を追悼するのは当たり前
・憲法は占領憲法、押し付け憲法
・美しい国
要は、陸パンとの共通点が多い??


◆ 戦後民主主義!
・2013年4月28日 独立を回復した日で、式典を行う!
これを歴史修正主義者の式典か?
戦争には「戦争」と「政治」の両面があると!

20年8月15日 戦闘で敗れた!
27年4月27日 サンフランシスコ講和条約の日に「政治」で敗れた! 
東京裁判の絞首刑の7人は戦士だと??
53年 A戦犯を合祀した松平永芳宮司の歴史観である!
【信じられない話である! ではBC級で処刑された軍人は?】
【昭和殉難者として祀られている??】

安倍晋三はこの歴史観に浸っている??
・憲法改正案
・集団的自衛権
・教育現場への介入
・NHKに私的交際のの人脈を送り込む
・村山談話、河野談話に不満

非正規労働者が増えている・
軍事体制へと傾斜しようとしている??
⑴ 戦後民主主義の時代は終わりつつある
⑵ 国民意識の変化が企図されている
⑶ 政治的論戦の内容が著しく劣化した
これを自覚せよと!!
阿部批判は続く…………
特定秘密保護法案の審議の時間の短さ?
議員の質の低下??
チェックできる長老??
・後藤田正晴
・伊東正義
・前尾繁三郎
・宇都宮徳間
・河野洋平???
今はいない!
野党が審議に応じならどんどん進め!!
多分、麻生太郎のことだろう?
これにはジャーナリズムへの批判でもある!

この原因に小選挙区制があると???
確かにこれで政治の腐敗は無くなる??
反対者は抵抗勢力、守旧派??
著者はこれを元に戻すべきだと??

小沢一郎! 諸悪の根源か??
期待した人間がバカ見た??
切磋琢磨して選挙し選ぶ???
政党を変わってもなんとも思わない??
政治家の質が落ちた???
れいわ新選組??
N党??

著者は「戦間期の思想」を持たないことだと!
つまり復讐である!!
スターリンは日露戦争の復讐で凝り固まっていた??
【恐らくプーチンもソ連邦崩壊の復讐心で生きていた?】
日本はそんなこと思わず進み、100年持たすことだと!!

終戦後100年は2045年! 2050年が目標か??


◆ メディアとファシズムの危険な関係
まず戦前のメディアである!
国家は国民を一正方形の枠内に閉じ込める!
・弾圧立法の運用
・官民挙げての暴力
・国定教科書の軍事化
・情報発信の一元化
大本営発表はその典型だった?
国家の宣伝機関!
偽りの情報を流していた??
記者はそれが当たり前と思っていた!!
国家の要求に協力させる!!

国民の知る権利をメディアが代行する!
そうなれば新聞は「購読料」ではなく、「代行料」「委託料」とすべきだと!
著者のメディア論である?


◆ メディアの抵抗者?
桐生悠々!!!
・信濃毎日新聞の論説委員
・1933年 関東防空大演習を笑う
・不買運動を起こされる 国家に
・名古屋で「他山の石」を発行する!
・「不屈」「抵抗」

清沢洌
・「暗黒日記」 書けないことを日記で残す!

誰でも出来るものではない?
権力と対峙し、ゆきすぎを監視するメディアを育てなければならないと!!

 


安倍首相の「歴史観」を問う ①(2015/7)・保阪正康

 

« 本・終わらない戦争 ウクライナから見える世界の未来(2023/9)・小泉悠 | トップページ | 本・安倍首相の「歴史観」を問う ②(2015/7)・保阪正康 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・終わらない戦争 ウクライナから見える世界の未来(2023/9)・小泉悠 | トップページ | 本・安倍首相の「歴史観」を問う ②(2015/7)・保阪正康 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ