« 本・噴火と寒冷化の災害史 「火山の冬」がやってくる ①(2022/8)・石弘之 | トップページ | 本・ナポレオンに選ばれた男たち 勝者の決断に学ぶ ①(2005/11)・藤本ひとみ »

2023年12月 5日 (火)

本・噴火と寒冷化の災害史 「火山の冬」がやってくる ②(2022/8)・石弘之

Photo_20231204173501


第三章 九州南部の縄文文化を崩壊させたカルデラ
第四章 悪夢の時限爆弾  破局噴火
あとがき
参考文献

 

第三章 九州南部の縄文文化を崩壊させたカルデラ
「隋」の正史「隋書」の「倭國伝」
阿蘇山が噴火とある!

1.巨大カルデラの島
◇ カルデラが重なる九州
カルデラ  火山の活動によってできた大きな凹地、
「釜」「鍋」という意味のスペイン語に由来し、カナリア諸島での現地名による!

Photo_20231204173901

グリーンランドの氷床コアから硫酸塩エーロゾルが検出されている!
・9万年前 阿蘇カルデラ
・2万9千年前 姶良カルデラ(あいら) 桜島がある!
世界的規模の噴火だった?

◇ 鬼海カルデラの巨大噴火

Photo_20231204175901

・7300年前に噴火で形成された!
大規模カルデラ噴火は過去1万年の内では世界最大規模で、
火砕流は九州南部にも到達し、九州南部の特異な縄文文化を壊滅させたと推測されている!
火山灰地層は農業に適さない!

◇ 九州南部にやってきた海洋民族
DNA検査の発達で、日本人の先祖が分かる?
・北方系縄文人
・南方系縄文人
南回りで海から日本に来る?
・1万1千年前 桜島から火山灰が噴火!
これにより地層の年代から遺跡の時代が分かる!

石斧! この分布がある!
多数発見されている! 同じものは??
・フィリッピン
・グアム
・八丈島………
黒潮に乗り日本に来た??

◇ 追われた先進縄文人
・1986年 桜島の火山灰の下から発見される「上野原遺跡」
9,500年前の集落跡があった!
ここでも火山灰の上と下では土器が違う?
旧式の土器に戻っている!
進んだ縄文人が噴火で姿を消し、別の縄文人がやってきた!

九州南部の縄文文化と、南太平洋の文化がつながっている?

◇ 壊滅した縄文文化
噴火で森林が喪失!
南方系縄文人は壊滅?
ではなく、生き残りが各地へ流れる!
石器が発見されている!
南方系縄文人は北方系縄文人と勢力を分け合ったかもしれない?

◇ 噴火が自然に与えた打撃
常緑樹が茂る豊かな照葉樹林が消える!
600~900年間 照葉樹林起源の植物酸体は見られない!
全滅ではない??
長い時間をかけて復活する??

◇ 共存してきた阿蘇カルデラ
阿蘇は頻繁に噴火している?
・2022年 噴火!
ススキ草原!
日本は草原をほっておけば森林になる!
常に野焼きが必要で、縄文時代から行ってきている!!


2.文明を崩壊させた火山噴火
◇ 世界を襲った異常気象
「4.2kaBPイベント」  4,200前の異常気象?
原因は?
・隕石の衝突
・火山噴火?
氷床コアからは噴火は確認されていない!
世界的に広がる!
・BC2200年頃 メソポタミアの王国消滅
・仝  中国 水田稲作文明が崩壊
・仝  三内丸山遺跡 集落が放棄

◇ ヘブライ人への迫害
エジプトは聖書の記述に頼る!
西アジアから、セム系ユダヤ人が移住?
ヘブライ人は力を付けるが、やがて迫害される!
モーゼが民衆を引き連れて集団脱出する!

◇ 出エジプト記
・BC16~17世紀 ミノア噴火!
津波、火山灰、降灰がある!
「十災」
・血の災い
・蛙の災い
・ぶよの災い
・あぶの災い
・疫病の災い
・はれ物の災い
・雹の災い
・いなごの災い
・暗闇の災い
・初子の死亡
これらはミノア火山噴火で説明が付くと??
ファラオはヘブライ人の出国を認めるが………
紅海が割れる………
「映画 十戒」

Photo_20231204175801

この年になると思う!
海の底が道路ではない!
岩や砂地、デコボコがある!
馬車で走って行けるのか?
聖書も評価は分かれる! 「甲陽軍鑑」「信長公記」と同じか?
・信用する  これも問題が多い!
・懐疑的
・折衷?? これは信用出来る、出来ない!

◇ ミノア噴火
・BC1600年 サントリーニ島噴火!
大噴火と言う! ちょっと想像しにくい!
地中海を覆いつくす!
・2年間気温が戻らない
・寒く雨の多い夏

◇ 古代地中海の文明が崩壊
ミノアは繁栄している!
多くの遺跡に埋蔵物が見つかる!
温水も引いている?
つまり火山に密着している??

◇ 噴火はいつ起きたのか
・BC1800~1200年までの幅がある??
・BC1628年 アラスカの爆発と干渉しあって確定できない!
確定していないが
・BC1610±14年
・BC1660~1613年

◇ 中国の王朝の衰退
中国 夏王朝! 末期に異変があった?
「史記」によると、夏王朝はBC1600±30年で重なる!
中国の王朝の滅亡は異常寒冷化が絡んでいる!!
・気候の寒冷化
・食糧難
・内乱、外敵

◇ アトランティス伝説
何の遺跡もない!
プラトンの創作と言うが、モデルがあったのでは??
プラトンが嘘を言うはずがない??
アリストテレスは一蹴しているが………
フランシス・ベーコン、ニュートンも参戦している!
候補地は?
・地中海 であれば遺跡は見つかる
・大西洋
・東南アジア スンダ海説
・インド
・南北アメリカ大陸

ナチス・ドイツはアーリア民族発祥の地とし、調査している?
もっとも「地球内部空洞説」も信じていたようだが………

著者は、プラトンが強大な国々の傲慢さを皮肉った寓話として、
アトランティスと言う架空の文明を作ったと!


3.タイムカプセルのヴェスヴィオ山
◇ にぎやかな国際都市
歴史上もっとも有名な火山 イタリア ヴェスヴィオ火山!
ポンペイを焼き尽くした!
・62年 激震が襲う!
2000年前の生活が蘇っている!
国際都市である!
【ここには行ったことがある】

◇ ポンペイ最後の日
・79年 噴火!
プリニー式噴火! 溜まったマグマが一挙に噴き出す!
市街は火山灰とがれきの山に埋もれる………

◇ プリニウスの書簡
この惨劇は17歳の青年 プリニウスが書き残した記録で後世に伝わる!
プリニウスは「プリニー式噴火」で名前が残る!

◇ 姿を現した古代都市
・1631年 ポンペイと共に埋没したエルコラーノの町は噴火で再度破壊される!
復興作業で、美術品や財宝目当てで掘る!
・1738年 ヘルクラネウム
・1748年 ポンペイ
遺跡が発見される!
・1861年 イタリア統一で、科学的な発掘がなされる!

発掘されて分る………
・風俗、生活、労働、娯楽、信仰………
・美術品
・街通り
・水道管
・公衆浴場
・レストラン
・市場
・19ヶ所の売春宿
・118軒の飲み屋 売春兼用!
・娼婦の一覧表

◇ 落書きだらけの街
壁の落書き!
広告もある??
ゴミ焼却場の跡は無いようだ……

◇ 生々しい犠牲者の姿
石膏を流し込めば人間が死んでいる?
人口は1万~1万5千人?
犠牲者は3360人??? 嘘臭いが………
復活には無理がある??

◇ ふたたび噴火の恐怖
ヴェスヴィオさんは、以降30回の噴火の記録がある!
ポンペイは現在2万6千人の人口である!
今後100年で噴火の可能性は27%???
噴火した場合は、79年を上回る被害だと!!
日本の富士山噴火報道に似ていると!!!

 

第四章 悪夢の時限爆弾  破局噴火
「石黒耀 死都日本」
破局噴火  超巨大噴火!!
霧島山系 久藤カルデラが30万年ぶりに噴火の設定??

1.破局噴火とは
◇ 爆発指数で測れない被害
火山爆発指数!
VEI 噴出物の量   状況     代表的な火山
0 ~10,000㎥ (非爆発的)  桜島
1 10,000㎥~ (小規模)
2 1,000,000㎥~ (中規模)  有珠山、御嶽山
3 10,000,000㎥~(やや大規模)
4 0.1㎦~    (大規模)  富士山、浅間山
5 1㎦~ (非常に大規模)イタリア ヴェスヴィオ山
6 10㎦~     (巨大) フィリッピン ピナトゥボ山
7 100㎦~   (超巨大)    阿蘇山、鬼界カルデラ
8 1,000㎦~   (非常に巨大) イエローストーン

日本は経験もなく、対策も立てにくい!
が、ほっておいて良いわけではない!!

◇ 過去の破局噴火
1700年後半、火山は世界で27万人以上が死亡!
以下の5つの火山である!
◆ 1815年 インドネシア タンボラ山
  インドネシアは火山が多い! ハンガリー、イタリアにも被害が及ぶ!
◆ 1883年 インドネシア クラカタウ島
  津波が多発! 美しい夕焼けが各地でみられる! ムンクの赤い夕焼けである!
◆ 1902年 仏領マルティニーク島 プレー山
  住民3万人が死亡! この地震でパナマ運河が、ニカラグアは火山が多いので、決まる!
  【そこにまた運河を作る? 中国援助でか??】
◆ 1985年 コロンビア ネバド・デル・ルイス山
  海抜5389mである! 死者2万5千人以上!
◆ 雲仙岳  後述

◇ 今後起きるかもしれない破局噴火
主たるもの6つ!!

◇ ① 阿蘇山カルデラ噴火
火山灰が日本全土を覆いつくす!

◇ ② イエローストーン国立公園
あちこちに温泉がある?
210万年前、130万年前、64万年前に噴火である!
いずれも破局的である!
・人類存亡の危機
・10億人の死亡者
・北米大陸荒廃
・地球の平均温度は10~12℃下がる
・寒冷化は6~10年続く
・アメリカの農業地帯は崩壊!

◇ ③ フレグレイ平野  イタリア
・1538年以来500年以上沈黙を保っている!
これは破局噴火になる!
3万7千年前、1万2千年前の噴火は、
ネアンデルタール人を絶滅させた??

◇ ④ 白頭山 北朝鮮・中国
朝鮮民族発祥の地??
・946年 巨大噴火! 影響は韓国、日本、中国、ロシアだけではなく、
世界に影響が出る!!!

◇ ⑤ 北太平洋
カムチャッカ半島からアリューシャン列島、アラスカは「火山の巣」である!
毎年何処かで噴火している!!

◇ ⑥ アイスランド
火山国であるが、火山の恩恵を被っている?
国内は人口も少ない!
それより火山灰がヨーロッパに流れ着く………

◇ リスボン地震
繁栄と衰退??
ポルトガルはスペインと世界を二分した!
・1755年 リスボン地震!
以降衰退する!
著者は日本が同じようにならないか心配している!
噴火は国内だけでなく、世界に被害を与えると!!


2.20世紀の火山災害と未来の危険
◇ 都市化が招く人為被害
人口密集地は危険地域である!
が、貧困層が都市に流れる!
過去30年で自然災害の死者は248万人、半数が低所得者!
所得の低い国ほど死者が多い!
天災は人災の色が濃くなっている………

◇ 大都市近傍の火山
日本 活火山と近い県庁所在地は?
1 鹿児島  桜島
2 山県   蔵王山
3 大分   鶴見岳

これに高齢化が問題になる!
災害弱者?

今後は都市人口が増加し、アジア、アフリカに集中する?

◇ ➀ 米国史上最大のセントヘレンズ噴火
シアトルから150キロのセントヘレンズ火山
・1980年 噴火!
この火山灰を記念に送ろうとする??
郵便だが封書から漏れて、自動手分け機が故障??

◇ ② 報道陣を巻き込んだ雲仙普賢岳
・1792年 噴火 日本火山史上最大の被害だった!
・1990年 198年ぶりに噴火! 火砕流など問題になる!!
報道陣の姿勢が問題になる!
・無理やりインタビュー
・立ち入り禁止地区に侵入
・報道ヘリが火山灰によりエンジン停止で不時着

◇ ③ 先住民を追い詰めたピナトゥボ噴火
・1991年 ピナトゥボ山噴火! ソ連邦崩壊!!
8万戸に10万人が家を失う!
先住民族アエタ族3万が非難させられ、伝統的社会は崩壊!

◇ ④ 狙われた観光地 御蔵山
死火山と考えられていたが、活火山に認定!
「休火山」「死火山」「活火山」の区別が変更される!
・1979年 水蒸気爆発
・1984年 地震発生
・2014年 噴火!
この避難命令を出さなかったことで法廷に持ち込まれている!
【醜い争いである?? 出されたらその通りに動くのか???】

◇ ⑤ カナリア諸島のラパルマ島のクンブレビエハ火山
・2021年 噴火 山林崩壊で津波の発生の恐れ?
怒らなかった!

◇ ⑥ 海底噴火と軽石騒動
・2022年 南太平洋トンガで海底火山噴火!
津波被害がある!!

◇ 日本周辺の海底火山
34ヶ所の海底火山がある!
噴火しなければ分からない!
・2021年 小笠原諸島 2つの新島が生まれて海没!
軽石が散らばる!

◇ ニオス湖 ケニア 静かな噴火
・1986年 噴火! 著者はケニアにいて調査する!
「湖水爆発」
二酸化炭素が漏れ出し、湖水は炭酸飲料水状態になり吹きだす!
二酸化炭素は重く、窒息死させる!
後に湖から二酸化炭素を抜く!!

◇ 科学不信の碑
避難命令はなかなか出せない!
・1914年 桜島「大正大噴火」
これは避難の問題があった!
「櫻島爆發記念碑」
鹿児島市立東桜島小学校の敷地内 碑文の内容は、前述の桜島大正大噴火の被害を伝えるものであるが、
この石碑は「科学不信の碑」として知られている!!

村長は何度も避難の必要性を問い合わせたが必要なしとの回答!

この碑である! 著者の抜粋である! 無念さが伝わる!!
大正三年一月十二日の桜島の爆発は安永八年以来の大災害で、
全島が猛火に包まれ、噴石が落下し、降灰が天地をおおい、その光景は凄惨を極め、八つの部落を全滅させ、
百四十人の死傷者を出した 
この爆発の数日前より、地震が頻発し、山頂には多少の崩壊が認められ、海岸には熱湯が吹き出し、
旧噴火口から白煙があがるなど、刻刻と容易ならざる現象があったため、
村長は何度も測候所に判断を求めた しかし
桜島は噴火なしという回答であったため、村長は残っていた住民に、狼狽して避難するに及ばないと伝達した

間もなく大爆発が起き、測候所を信用した知識階級の人がかえって災難にかかり、
村長一行は難を避ける場所もなく、各自海に飛び込み漂流中、
山下収入役、大山書記などはついに悲惨な最期を遂げるにいたった

本島の爆発は、古来の歴史にてらせば、後日また免れないことは必然である
住民は理論を信頼せず、異変を認知する時は、未然に避難の用意をすることをもっとも肝要とし、
平素から倹約・貯金し、いつ災害にあっても路頭に迷わない覚悟をしなくてはならない
ここに碑を建て、記録する

大正十三年一月 東桜島村

村長の恨みが伝わる! 
日本は火山国と自覚しなければならない!!

◇ 次なるポンペイは
・硫黄島 自衛隊しかいないが、津波が日本、中国に影響する!
・ナポリ ポンペイの可能性がある!
・コンゴ ニーラゴンゴ山

避難通告は難しい!
常日頃から住民と行政の信頼が重要だと!!


3.生態系は噴火からどう回復したか
◇ 回復の早い生態系
死の世界となした島はどのように復活したか??
・1883年 インドネシア クラカタウ島!
噴火後の調査では生き物はクモ一匹??
・1886年 26種類の植物 藻とシダ類
・1897年 64種類
・1906年 108種類
・1934年 271種類 アミニシキヘビも発見される!
・100年後 陸生鳥類30種、コウモリ9種、ネズミ2種、爬虫類9種、
昆虫600種、チョウ類39種!

どうやって来たのか??
・コウモリ、チョウ類は空路
・トカゲ、ヘビは海路
・ネズミ 流木に乗って
・植物は付着してくる??

噴火後、時間をかければ極端な被害から回復できると!
空中には、花粉、胞子、種子、小昆虫などが漂っている!
空中に漂う納豆菌から納豆も作れる?
日本航空が機内食として提供した???

◇ 救われたジャワサイ
サイの仲間は5種類! 絶滅危惧種である!
自然災害、密漁で絶滅?
2021年 75頭の生存が確認される!
他の固有種も確認される!
が、分散も必要だと!!

「改めて自然の生命力に驚かれた」

◇ セントヘンレンズ噴火の教訓
・1989年 セントヘンレンズ噴火
動植物が死滅?
では無く生き残っていた!
噴火前は286種の植物
・1994年 156種?
森林が回復するにつれ野鳥も戻ってくる!
大型獣も戻る??
「セントヘンレンズ山国定火山保全地域」
「生態系再生の実験場」である!!

◇ 海鳥の楽園「西之島」
噴火を繰り返している!
・2020年 島全体が溶岩と火山灰で覆われ、植物は姿を消す!
しかし、海鳥の生存が確認される!
自然の回復力は、たくましいと!!
火山灰を利用する鳥もいる………

◇ 歓迎されざる回復
ガラパゴス諸島は噴火も多い!
が在来種ではない、帰化植物だらけだと!
年間30万人が訪れる!
種子が衣服、靴、荷物に付着して持ち込まれる!
かっては、風、波、流木、鳥だが、今や人間か???

 

4.「予知」か「予言」か
◇ 噴火予知の現状
武田邦彦がよく言う! 研究には利権が絡む?
コウノトリの復活の件である!
させてどうなるのか? 
研究者の自己満足か?? 金儲けか??

阪神大震災、東北大震災、熊本地震、御嶽山噴火………
予測は出来ない?? 
が、起こらない東海地震の予測だけは進んでいる!
地震予知は3000億円つぎ込まれている?

◇ 御嶽山噴火をめぐる訴訟
東京大学 ロバート・ゲラー教授!
「地震予知は不可能であり幻想に過ぎない」
「出来ないと国民に伝え、想定外の事態に備えるように、
 国民と政府に伝える必要がある」
・2014年 御嶽山噴火!
遺族らが国に警戒レベルを、安心情報に据え置いたと訴える!
請求は破棄!
しかし居直る!
予知に失敗したと言われるが、そんなレベルだと!!
日本の遅れを指摘している!
アメリカ、イタリア、インドネシア、フィリッピンは監視組織があるが…………

◇ 成功した噴火予知
フィリッピンのマヨン山噴火 17世紀以降50回噴火している!
・1814年 噴火 1200人死亡
・1984年 避難命令を解除せず犠牲者は出なかった
・1993年 犠牲者が出る
・2000年 事前警告で避難
・2018年 避難で犠牲者は無し

インドネシア 
・1983年 チェロ島
・1988年 イベシ島
避難成功

メキシコシティ ポポカテペトル山
・2000年 2日前に予知 数万人の避難

ハワイ キラウエア噴火
・2018年 住民の避難成功

日本である!
・2000年 有珠山の噴火予知に成功 地震発生で予測
・1998年 岩手山 予兆があり予測するが噴火しなかった

噴火予知は難しい??
・場所
・時期
・規模
・様式
・推移
マア難しいと!!!

◇ 「専門家」にもの申す
この章、大変重要である!
湾岸戦争の時に、軍事評論家がこんなに多いのかと思った?
それ以来ニュースになれば専門家が出て来る!
・東北の大地震
・中国
・朝鮮半島
・アメリカ 大統領選
・コロナ
・政局
・経済
・日本学術会議
・統一教会
・ロシアのウクライナ侵攻
・中東 パレスチナとイスラエル
報道番組ごとに、同じメンバーで、はしごしている評論家もいる!
顔を見て見ないようにしている!
声が大きく、断定する人は今一か?
確定申告が大変か?

著者の指摘である!
「この問題の第一人者」
著者の顔見知りがいるようだが、何でこの人がと思うことが………
専門家の例である!
最初は海外から!
◆ ロシア チェルノブイリ原発
・1986年 チェルノブイリ原発 都市に作っても安全だと??
 事故後、大視察団が派遣されて、
日本の原発は安全で、職員の質も高く、あんな事故など起こらない!」

◆ 日本 阪神大震災
・1994年 ロサンゼルス ノースリッジ大地震!
 日本から大勢の「専門家」が視察! 日本はロサンゼルスとは違うと?
・1995年 阪神大震災 アメリカは「日本の地震で起こるはずのない事故が起こった」
・言い訳は「想定以上の地震力だった」

◆ 日本 福島の原発事故
・2011年 「津波は想定外」 いつもの言い訳か?

◆ 水俣病 郊外をもみ消そうとした専門家!
自然界のどこにでもある有機物質が原因だと!
・権力への忖度
・特定集団の権益擁護
・メディアへのおもねり

◆ 火山の権威 「南海トラフ巨大地震は2035∓5年の確立で起こる!
科学的根拠はない! 不安を煽っているがどうするのか?
報道番組も視聴率稼ぎで煽っているのか??
確率の根拠もない? 天気予報の確率とは違うと!

◆ ロバート・ゲラー  面白い人である!
日本は地震国でどこにでも起こる!
当面の地震対策として「想定外」を想定しておくしかない!!

◇ レジリエンス社会の構築
「想定外」
言い訳に過ぎないと思うが………
「レジリエンス」
・復元力
・回復力
・反発力

どう扱うのか?
・災害の最小化
・被害を乗り越える
・互いが助け合う

著者は世界各地で災害後の人間を見ている!
パニックを起こし泣き叫ぶ!
日本は冷静だと!!!

自然災害の人為化??
・高齢化
・インフラの老朽化
・築50年を超える、道路、トンネル、湾岸岸壁………

寺田寅彦!!
・地震の災害も1年も経てば大帝の人間は忘れる!
・この高価なレッスンも何もならないことになることはほとんど見えすいて居る!

 

あとがき
・1960年代  寒冷化??
【当時は東北の冷害が教えられていたが………】
現在は温暖化!
著者は噴火による寒冷化の専門家か?
500万年の歴史から見ると、寒冷化傾向であると!


参考文献

 

噴火と寒冷化の災害史「火山の冬」がやってくる ②・石弘之

 

« 本・噴火と寒冷化の災害史 「火山の冬」がやってくる ①(2022/8)・石弘之 | トップページ | 本・ナポレオンに選ばれた男たち 勝者の決断に学ぶ ①(2005/11)・藤本ひとみ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

アジア (インド・東南アジア)」カテゴリの記事

アフリカ」カテゴリの記事

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

イタリア」カテゴリの記事

オセアニア」カテゴリの記事

ギリシャ」カテゴリの記事

ポルトガル」カテゴリの記事

中南米」カテゴリの記事

中国 (モンゴル)」カテゴリの記事

朝鮮半島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・噴火と寒冷化の災害史 「火山の冬」がやってくる ①(2022/8)・石弘之 | トップページ | 本・ナポレオンに選ばれた男たち 勝者の決断に学ぶ ①(2005/11)・藤本ひとみ »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ