« 本・戦争の日本中世史―「下剋上」は本当にあったのか ①(2014/1)・呉座勇一 | トップページ | 本・池上彰の日本現代史集中講義 ①(2023/9)・池上彰 »

2023年11月14日 (火)

本・戦争の日本中世史―「下剋上」は本当にあったのか ②(2014/1)・呉座勇一

Photo_20231113223801


第四章 武士たちの南北朝サバイバル
第五章 指揮官たちの人心掌握術
第六章 武士たちの「戦後」
終 章 “戦後レジーム”の終わり
参考文献
あとがき

 

第四章 武士たちの南北朝サバイバル
史料「高幡不動胎内文書」
本音が書かれている?
死に対する恐怖?
経費の確保!
・金を借りまっくている?
・携帯食料に、兵粮を届けて欲しい
・馬、武具の催促
届けるのにも人手がいるが……… 泥棒は??
具体的ね例が紹介される!
死が隣合わせである!
遺言状も一般化する!
当時の医術では戦傷で、戦士になる場合も多い!
文書を無くす、消失するなどの不明時は揉める!
横領もある!

この対策に相続がある!
第一 養子の早期選定
第二 嫡子だけでなく、嫡孫にも所領を譲る
第三 兄弟相続 が本来は単独相続が望ましい!

一族の対立もある!
そうなれば一族内部で、南朝、北朝に分かれる?
どちらが勝っても家は残る??
生き残りの知恵? 真田家か??
そんなきれいごとではなさそうである??
この当時は参陣するだけで所領安堵もあった???
よく分からない時代である!!

内乱は長期化する?
直義の死後、権力闘争に敗れた武将は、南朝に降伏する??
かなりエエ加減であるが………
尊氏も、直義打倒のために南朝に全面降伏する?
目的のためには手段を選ばない??
武士が裏切ったために余計に内乱が長引く?
敵味方が分からない!!

南北朝内乱は「武士の一揆」を生み出した?
「天下三分の計」???
・朝廷 南朝
・尊氏
・直義
たまたま後世から見てそうなっただけで、本人達は単に自己都合に従っただけ…………
所領のまわりがどちらに味方しているかで、去就が決まる???
こうなると遠征を嫌がり、地元の勢力拡大に走る………
これが「一円化」になると!!

そうは言っても、近隣で協力しなければならない状態もある?
これが、「契約」として明文化し、軍事同盟、危機管理システムになり、
「国人一揆」となる?
異論はあるようだが………
【国人一揆の解釈は違っていた??】

「一揆契状」は戦時立法?
非常時で成立する!!
「家」内部の対立が「戦争」で激化して「家」が滅びることを恐れる!!
「家」の団結を守るためである???

 

第五章 指揮官たちの人心掌握術
「軍勢催促状」
戦場に出て来て戦えと!!
催促なら丁寧過ぎるので、勧誘か??

乱世である! 指揮官の能力が無ければ部下は付いて来ない!
公家も戦う!!
歌を詠み、蹴鞠をしているのではない?
北畠顕家も貴族である!
陸奥である!! 「陸奥将軍府」
地方分権を主張する?
後醍醐天皇は兵がいない??
北畠顕家に無理を言う!
親父の北畠親房も当然公家である!
顕家戦死後、親房は陸奥に下り立て直しを図る!
戦後は評判は良くないようだが………
著者は親房を評価している!

九州の今川了俊!
親房から40年後、九州で同じことをやる!
足利義満から九州探題を命じられて、義満に疎まれて警戒される!
「狡兎死して走狗烹らる」
ではなかったようだ! 
島津はここでは絶えず裏切って、屁理屈を行っている?
結果、勝ち負けでは島津である…………
「お前に任せる」と言いながらはしごを外したようだ!

恩賞を与えると言っても、誰のものか分からない?
切り取りしだいである??
土地は有限である?
空手形でも夢を見させる?
大義名分を説く!!
・天下のため
・将軍家のため
・公方のため

大将は「信頼される」「頼りがいある」
利益誘導??
土地も配下の者に与えた方がよいことになる?
大将は配下の武士のために、敵の大将と交渉する?
そう言うことも求められる?

陸奥の北畠親房も反対勢力がいる!
「勧進」  物乞いと言う意味もある??
人々に仏の道を説いて勧め、善導すること
堂塔・仏像などの建立・修理のため、人々に勧めて寄付を募り、作善を促す!

その使いは、僧の姿で物乞いをして歩く??
「僧形の武士」
こう言う使者も軍功の対象になる?
調略と言った方が分かり易い!

情報戦は、大本営発表か?
味方を繋ぎ留めておくためには、出まかせ、大口も必要である??

 

第六章 武士たちの「戦後」
南北朝の内乱は九州から東北に及ぶ!
尊氏も九州から関東にまで転戦している!
北畠顕家も陸奥から京へ攻め上がって来ている!
補給??

足利尊氏は?
弟  足利直義
男子 足利義詮  二代将軍
男子 足利基氏  鎌倉公方
男子 足利直冬  直義に付く!

この一族の内紛はややこしいが、これが室町時代をつまらなくしている!
織田信長の息子は跡目を争った?
どちらも無能だったが、足利義詮、足利直冬は有能だったようだ!
だから凄惨な戦いになり、尊氏の存在感が増す!
・英文3年 1358年 尊氏死す!!
足利義詮が二代将軍である!
執事を細川清氏を充てる!

南朝の残存勢力と争う!
面白い例がある!
「自分に人間的魅力がある」
そう誤解して、兵が付いて来ない!!
こうなれば遠征は出来ない??
中央より、地方政権、自らの王国を築いた方がましだと!
お互い手詰まりになる!!

大内弘世は降伏? 帰順する!
山名時氏も帰順!
破格な待遇は、対等な交渉によるものか?
以降「守護家」の固定化になる!

・貞治6年 1367年 足利基氏死亡
同じく義詮死亡!
3代将軍 義満は10歳!
細川頼之が管領!

・応安元年 1368年 「応安大法」制定!
これは内乱終了とも言える!!

足利義満はやり手である!!
・康暦元年 1379年 細川頼之失脚!
代わって斯波義将が管領!

・嘉慶元年 1387年 土岐頼康死去!
内紛につけ込み分断を図る! 成功!

次は山名一族である!
全国で11ヶ国の守護で、「6分の1衆」と飛ばれる!
ここの内紛によりつけ込む!
後継者を義満の都合の良い人間を持って来る!
反主流派を取り立て、後に追放する!
要はこの手で京都周辺から実力者を除く??
「明徳の乱」

次は大内義弘!
が反乱を疑われる??
➀ 九州討伐を命じておきながら逆に自分を討伐しろと命じている!
② 分国を取り上げられる!
③ 遺児に恩賞が与えられていない!
➃ 自分を謀殺する噂がある!
【火の無いところに煙は立たない??】
「応永の乱」
義弘は戦死!
御所は「弱気をくじき、強気を助ける」

国人一揆は、「共に戦う」から「共に訴える」に変わったようだ?
義満に対する不満はある!
手口も汚いが、平和をもたらしたようだ!

金閣寺道営に資材と人間の供出を求めるが、
大内義弘は、軍事提供しているからと拒否!
時代の変化について行っていない???

 

終 章 「戦後レジーム」の終わり
「守護在京性」
今日に居れと!
ただ関東と九州は苦に留まれた!
「在国」 本国に居つづける………

「室町の平和」
遠国の自主性、半独立を容認する!
妥協の産物か??

・応永15年 足利義満死去!
次期将軍は義持!
親父と違うことをする??
【トランプみたいな奴か???】
日明貿易の中止などであるが、遠国対策は継続する!
そうでなければ持たなかった!!
諸大名を制御しようとしたようだ?
富樫満茂を側近に取り立てる!
が、トカゲのシッポ切りで、赤松持貞を取りたてる!
これも噂で切腹させる!

義持が亡くなり、義教が後を継ぐ!
畠山満家 何かと言うと「無為の儀」ハト派路線で治めようとする!
当然将軍と対立する!
足利義満が構築した「戦後レジーム」を守ろうとする!
遠国支配に対し ゆるやかな支配を認める??
が将軍義教は全国一律支配を望む!!
つまり「戦後レジーム」からの脱却!
関東でも対立する!
足利の身内の争いである!

室町幕府「終わりの始まり」
「関東栄亭の乱」
「大和栄亭の乱」
乱が多い時代である!
関東と大和の平定を成し遂げる?
得意絶頂か??
ますます独裁色を強める………

「嘉吉の乱」
赤松満祐である!
関東では「結城合戦」が起こり、結城城に籠る!
翌年落城!
ここで満祐は危機を抱く!
義教を招き殺す!
【比企能員か???】
クーデターであり、京都を武力制圧する?
失敗する…………
「犬死」とまで言われる!
後継の茶也丸は8歳!

赤松満祐は播磨、備前、美作で立てこもる!!
落城自害!!
茶也丸は義勝となるが病死!
弟三春、義政が継ぐ!
初期は真面目に政務をとる??
畠山持国、細川勝元と短命内閣が争う!!
義政は畠山持国を重視したが、亡くなり側近を育成する!
伊勢貞親!

伊勢VS細川!!
これは幕府なのか???

応仁の乱である!!
著者にはベストセラー 「応仁の乱」がある!
まだ読んでいないが………
簡単に記述してある!
・将軍の後継争いではない!
・1467年 義政の決定!
細川方の「畠山政長」を惣領の座から引きずり下ろす!
・山名方の義就を新棟梁に
・政長抗議で官僚職を辞し、山名宗全の娘婿、斯波義廉を据える
・乱の火付け役は、山名宗全!!
・これに対して細川勝元が反撃する!!

山名氏は??
・南朝側である!
・義満に明徳の乱で沈められる! 11ヶ国から3ヶ国になる!
・非主流派である?
・が復活する? 赤松氏の、播磨、備前、美作も手に入れる!
・娘(養女)を有力な大内教弘、細川勝元に嫁がせる!
・細川勝元との仲も良好??
・義政の側近は一掃され、政務に興味を無くす!

新興勢力・山名 VS 保守派・細川・畠山!
義政は、細川勝元を排除すべきだったと?
義政が勝元と政治ゲームを争い、宗全が漁夫の利を得たと?

この争いは??
・足軽  素性は??
・土一揆?
土民、一般民衆が主体で「徳政」を目指す!
傭兵的なものなのか?
主家が没落した下級武士や、牢人が参加する!
京の闇社会の人員補給源???

村の「集団的自衛権」
「七人の侍」
実際は自前の戦力を持っている?

勝者なき戦い!!!
応仁の乱の勝者は??
本郷和人 東軍 細川片か??
しかし後世が結果で判断するのもどうなのか??
・関ヶ原、大阪の陣らははっきりしている!
・川中島、小牧長久手などはどうなのか?

第一 守護在京性の崩壊
第二 守護家の凋落! 「下剋上」

「平和」
義教や義政は、関東や大和に対して軍事介入した!
これを非難する研究者もいる!
が妥協によって平和は、真の平和なのか?
かえって乱を招いた??

が、尊氏、幕府にはむかってきた大内、山内を許した義詮は、信念がないのか?
妥協により、側近を切り捨て「まずまずの平和」を得た??

話が飛び、憲法改正である??
著者が一発で二重丸になった??
都合よく考え過ぎか??
・保守派  アメリカに押しつけられた憲法?
・左派   戦後民主主義は生ぬるい、共産革命で打破??
湾岸戦争への反対声明で「平和憲法」を持ち出す!

平和主義の理念が日本国民にある??
そんなことはない??
・戦争はもうこりごりだと
・今の生活を守りたい
その程度のものなのか??

・アメリカに守られた平和が誇れるものなのか?
・「断固たる措置」 右翼か??
【日本は紛争を起こしていないからと免罪符みたいに言う??】
・恒久平和のための戦争?? 余計に戦争になる!!
【ロシアのウクライナ侵攻???】

平和を創造、維持するには、現実主義に立脚すべきだと!
日本の「平和主義」は現実より理念に傾いていると??
護憲派は「お花畑」「平和ボケ」と揶揄されることが多い!!
が、平和は不断の努力により保たれると言う緊張感がないと!!

 

参考文献
長い?? 多い???
読んだのは??
・細川重男  鎌倉幕府の滅亡
・鈴木眞哉  鉄炮と日本人
・西股総生  戦国の軍隊
・村松劭   ゲリラの戦争学
・マーチン・フォン・クレフェルト  補給戦

 

あとがき
「階級闘争史観」
日本はこれから脱却していない?
なんでも当てはめる??
最新作では「司馬史観」からの脱却を言う!!
とらわれるなと言うことか??

信用出来ないキャッチフレーズ!
・真相はこれだ
・今までの歴史観は古い
【例えば、「本能寺の変―431年目の真実」 時間の無駄だった!!】

 


戦争の日本中世史―「下剋上」は本当にあったのか・呉座勇一

 

« 本・戦争の日本中世史―「下剋上」は本当にあったのか ①(2014/1)・呉座勇一 | トップページ | 本・池上彰の日本現代史集中講義 ①(2023/9)・池上彰 »

室町時代」カテゴリの記事

 戦国武将(武将)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・戦争の日本中世史―「下剋上」は本当にあったのか ①(2014/1)・呉座勇一 | トップページ | 本・池上彰の日本現代史集中講義 ①(2023/9)・池上彰 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ