« 2023年 大河ドラマ どうする家康 第44回 徳川幕府誕生 | トップページ | 本・戦国武将 虚像と実像 ②(2022/5)・呉座勇一 »

2023年11月20日 (月)

本・戦国武将 虚像と実像 ①(2022/5)・呉座勇一

Photo_20231120204101

織田信長は革命児、豊臣秀吉は人たらしで徳川家康は狸親父
明智光秀は常識人で、斎藤道三は革新者、石田三成は君側の奸で、真田信繁は名軍師
これらのイメージは何百年も前に作られたものではなく、戦後の通俗小説の影響を受けている
信長は戦前まで人気はなく、明智光秀が常識人という理解もなかった
時代毎に彼らの人物像と評価は変わっているのだ
最新研究に基づく実像を示すだけでなく、
著名武将のイメージの変遷から日本人の歴史認識の変化と特徴まで明らかにする!
彼らの虚像と実像を通して、江戸、明治、大正、昭和と、時代ごとの価値観まで浮き彫りにする!

 

時代ごとに評価、イメージは変わる!!
感心するぐらいよく読んでいる!
研究者とは言え嫌にならないのかと思うが??
著者の本は読むようになった!!
ベストセラー 「応仁の乱」は買ったがまだ読んでいない!
その他から読んでいる!!
「陰謀の日本中世史」
「日本中世への招待」
「頼朝と義時 武家政権の誕生」
まだまだあるので読んでいきたい!
昔、「司馬遼太郎は徳富蘇峰の焼き直しだと」
そう言うことを知ったが、今回で改めて納得したが、
夢が無くなる…………
しかし時代の情勢に左右されるのはよく分かる!!
大変面白く、楽しく読めた本である!!
内容は下記の通りであろ!! ① ②と分けて紹介する!!

 

■ 光秀=「温厚な常識人」は一冊のベストセラーがつくった
■ 油売りでも革新者でもなかった道三
■ 信長は将軍も天皇も尊重していた 
■ 秀吉の評価ポイントは勤王と海外進出 
■ 江戸時代にも三成肯定論はあった
■ 幸村は「軍師」ではなく「現場指揮官」だった
■ 司馬遼太郎の家康論は徳富蘇峰の受け売り!?
■ 歴史小説・ドラマの源流は“蘇峰史観”にあり! 
■ 「野心家・光秀」はなぜ定着しなかったのか?
■ 信長の「勤王」こそ「革命」だった!? 
■ 徳川政権への不満が生んだ秀吉人気 
■ 三成忠臣/奸臣論が見落としてきたもの 
■ 超人化していった真田幸村
■ 賞賛されていた家康の謀略

 


はじめに
第一章 明智光秀  常識人だったのか?
第二章 斎藤道三  「美濃のマムシ」は本当か?
第三章 織田信長  革命児だったのか?
第四章 豊臣秀吉  人たらしだったのか?


第五章 石田三成  君側の奸だったのか?
第六章 真田信繁  名軍師だったのか?
第七章 徳川家康  狸親父だったのか?
終 章 大衆的歴史観の変遷
あとがき
主要参考文献

 

はじめに
歴史好きの人は多い!
大半は歴史小説に歴史ドラマで歴史を学んでいる!
「歴史認識問題」
確かに、歴史問題は慰安婦、徴用工しか聴かない?
「自虐史観」 洗脳している感じではある!!
「大衆的歴史観」
日本の歴史はこう言うものだと?
娯楽小説などを通じて形成されたものが多い!
秀吉、家康らのイメージはそんなに違わない!
このイメージは、最近 司馬遼太郎により作られたものが多い?
が、実は男百年も前に作られたものがある?
時代ごとにイメージが変わる?
「大衆的歴史観」の変革を追うことは、日本人の価値観、自己意識、
日本人の理想化された自画像の変遷を明らかにすると!

【個人的には司馬遼太郎の影響を受けている! 人物描写にかけては最高ではないか】

 

第一章 明智光秀  常識人だったのか?
信長、秀吉、家康はよく読むが、必ず光秀は登場する!
本能寺の変もよく読んでいる! と言っても著者とは違う!
最近ものである!
が著者は文献、書状だけでない本まで読んでいる!!

自分で言うのもなんだが、小説、一般向けの研究者の本など多数である!
作家
司馬遼太郎、戸部新十郎、新宮正春、池宮彰一郎、堺屋太一、伊東潤………

研究者
著者、渡邉大門、小和田哲男、谷口克広、本郷和人、桐野作人
西股総生、鈴木眞哉、藤本正行………

時間の無駄は?
光秀の子孫?? 立花京子???

 

第一節 近世の明智光秀像
◇ 同時代の記録、日記などから分ることも多い!
実際に古典的常識を備えた常識人?
信長の改革路線に反発し「本能寺の変」を起こした??
・冷酷で恩知らずの策略家?
そう言う評価が同時代にある!
光秀の言った言葉が悪い!!
「仏の嘘を方便と言い、武士の嘘を武略と言う、百姓は可愛きことなり」

◇ 怨恨説!
江戸時代に登場する!
・饗応役を外された?
・同じく魚が腐っていた(これは信じられない)
・斎藤利三の処遇

時代とともに変わる??
恩義ある主君を裏切る?? あってはならない??
それより怨恨の方がリアリティがある!!

◇ 光秀=常識人・教養人?
・家康への饗応で不備があり、外される
・斎藤利三、那波直治を引き抜きで折檻される!
・丹波・近江を召し上げ、石見・出雲へ?
・恵林寺 快川紹喜が武田の残党の引き渡しを命じ、光秀が反対する

誇り高き男・常識人・教養人?
根拠は無いという!

◇ 逆臣と言う非難! それとも正義の人か?
丹波・近江を召し上げ、石見・出雲へ?
不満に思わず身を殺して主君に仕えるべし!
要は暴力をふるまわれても謀反して良いことにはならない!
亀山の北の山を「周山」と号する?
周の武王、殷の紂王、光秀、信長になぞらえて謀反の意志を込めたと!
日本は中国の故事から取っている話が多い!y
著者が言う! 時代の情勢、価値観などで評価が変わる!!

・温厚で礼儀正しい常識人?
・己の能力に自信を持つ野心家・

江戸時代には天下万民のため信長を討つ?
現代もそのイメージは復旧しているが、起源は江戸時代だと!!


第二節  近代の明智光秀像
◇ 儒教的主従観念の相対化
儒教にも暴君への反逆を正当化する考えがあり「放伐説」という!
日本では江戸時代は朱子学であり、放伐説を肯定している??
これは例外だと!!

◇ 小泉策太郎 ジャーナリスト!
光秀の名誉回復を図る!
主殺しではないと??
・上杉謙信は兄を追い出した!
・武田信玄は父を追い出した!
勝てば官軍!! 負けたから非難される!
【勝てば信長の悪行が並べ立てられる………】

光秀は?
・「謹厚堅忍」「温雅優容」
・信長の「猛烈果敢」な性格と「君臣長短相補」う関係だった!
・勇者であり教養があり過ぎる!

要は謀反が正当か否かである?
戦国時代に「仁義道徳は無い」
江戸時代は謀反になる! 主君を殺している!
が、明治になると、信長が暴虐である以上、光秀に理がある??
【信長が暴虐と言うのは事実か???】

◇ 山路愛山の野望説!
明治から大正のジャーナリスト!
結果論になる! 主君を追放!
・織田信長
・斎藤道三
・宇喜多直家
・長宗我部元親

主殺しを正当化はしないが、信長にも問題があったと!
が怨恨説ではなく、野望説を唱えた!!
その時代の現場感覚があると!!

◇ 徳富蘇峰の突発的犯行説
「近世日本国民史」
明快に分析する!!
・石見・出雲の国変えは創作だと!
・怨恨説?
・野望説? 計画性がない!!
・「猫に鰹節」 千載一遇のチャンスが転がってきた!
思わず手が出たと!!
分かり易く、うなずける!!

明智秀満、明智次右衛門、藤田伝五、斎藤利三、溝尾勝兵衛に打ちあけている??
これらの関係者はみんな光秀と同時期に死んでいる!
誰が漏らしたのか?? 他にはいないはずである!!
口にした以上絶対に漏れるとして、やるべきだと!!
やっても漏れているが………
この話は出て来ない! 出すにはええ加減な情報なのか?

 

第三節  戦後の明智光秀像
◇ 光秀=改革者??
戦後の社会情勢が大きい!
戦前が否定される!

◇ 高柳光寿の野望説!
光秀の怨恨説のエピソードを江戸時代に創作された嘘??
天下を望んだと!
これに刺激された小説も多く発行される………

◇ 司馬遼太郎の影響!
「国盗り物語」
この影響が大きい!
明智光秀の動機を、怨恨説としている!
・遠からず粛清されるとの自己防衛?
・諏訪の陣中で折檻される
・恵林寺焼き討ち
・石見・出雲への国替え
・性格の不一致
・比叡山焼き討ちを諫めた? 積極的に実行した?

これらの怨恨説は、本能寺の変の少し前である!
ほとんど否定されているが………
比叡山焼き討ちは11年前である!
10年以上恨んでいたのか??

大河ドラマの影響がある!!
「国盗り物語 光秀 近藤正臣」
この影響が大きい!
耐え忍ぶ光秀が印象付けられたと!!
【個人的には、麒麟がくる 長谷川博己が印象深いが………】

著者は、司馬史観の克服がが求められていると!

 

第二章  斎藤道三  「美濃のマムシ」は本当か?
第一節 近世の斎藤道三像
梟雄である??
松永弾正、宇喜多直家………
これは「司馬遼太郎 国盗り物語」の影響がある!!
油売りから美濃一国を奪い取る!

◇ 伝説は?
・松波庄九郎??  油売り? 笠張り?? 身分は低い!1
・京から美濃に下る
・土岐家の重臣 長井藤左衛門に仕え、西村と名乗る
・長井藤左衛門を殺し、長井新九郎と名乗る
・長井一族の内紛で、土岐頼芸に仲裁を求め、斎藤山城道三と名乗る
・娘婿に、頼芸の息子を取るが、毒殺、切腹させる!
・1550年 美濃を乗っ取る!

◇ 油売り伝説
江戸中期に出てくる!
灯油を売る!! 灯油?? 石油ではない??

◇ 斎藤道三・義龍親子の不和!
義龍の生母は??
司馬遼太郎はこの説を取っている?
頼芸の愛妾を道三が奪う? 与えられる??
この時に身ごもっていて男子を出産する!
義龍である!
これは土岐家の血を引くとして、下剋上を成功させた?
この「美芳野」は実在するのか?
この出自も色々あるようだ………


◇ 信長・光秀とのつながりは?
「聖徳時の会見」
道三と信長の会見!
これも作り話臭いが、「信長公記」の乗っているので無視できないと!
ただこれも伝聞情報である………

道三の信長の高評価がある!
遺言状 美濃一国の譲り渡し状である!!
これもニセ臭いと!!

江戸時代の、道三の評価は高くはないと!!


第二節 戦前 ・戦後の斎藤道三像
◇ 徳富蘇峰は?
依然として「悪党」イメージがある!
悪党であるが、赤手にて美濃の国主になった権略・度胸がある!
一定の評価している!
エピソードは取り上げている!
義龍は実子としている!

◇ 直木三十五 『斎藤道三殺生伝』
野心のため手段を選ばない!
実際長良川の戦いでも醜態をさらす!
これには信長は登場しない!

◇ 林信一 織田信長
ここでの道三は?
・武勇に優れ
・身分が低く
・教養も礼儀もない
・乱世にしか生きれない?
エピソードは採用している!

◇ 坂口安悟 「織田信長」「信長」
自由気ままな信長である!
松永弾正を老マムシと言う!
親友だと??
道三と信長の絆が重視される………

◇ 司馬遼太郎 国盗り物語
これは親父の本箱にあったのを読んだ!
強烈な印象だった!
が歳を取るにつれて夢が無くなる??
・道三と義龍が対決した時、義龍を土岐頼芸の種としている!
・美濃の国人は時と言うことで義龍に付く??
・要はそれほどの名君ではなかった??
・と言うが、年貢の減免、抜擢人事、楽市楽座の名君だと司馬遼太郎!
・信長の先駆者だと!

この国盗り物語りで道三像は確立する!!!
抜けきれない………
【麒麟がくる 大本雅弘も良かったが】


第三節 斎藤道三の実像
この事実を、司馬遼太郎が、執筆時公開されていなかった?

◇ 親子二代の国盗り!
・1958年 六角承禎条書!
親子二代の国盗りだと?
悪事の内容は変わらない?
道三の前半生は道三の父である??

【これを信じるなら、エピソードも信じるのか?】
【道三は子供の頃に父親と来たのか? 何歳か?】

義龍は改名するが、土岐と名乗っていない!
土岐頼芸も引き取らない!
六角承禎も義龍を親殺しと言い、道三と親子と言っている!
この時代で親子が争う場合、
・子が勝っても親は追放である! 武田信玄と信虎!
・親が勝つと子を殺す場合がある! 武田信玄と義信!

道三の善政も確実な史料は無いようだ!
司馬遼太郎が良く書き過ぎている??
・楽市の数を増やす
・町人を呼び込む
・町割も道三がした
・神社仏閣を誘致
・京都以東、もっとも繁栄した都会だと!!

これの評価から変わると!!!

 

第三章  織田信長  革命児だったのか?
ここのエピソードは信用できるのか??
信秀の葬儀での振る舞い!
これを見た筑紫の僧なにがしが言った?
「あれこそ国を持ちたる人よ」

信長はうつけか??
信玄は諸国の情報を集める!
信長は?
うつけと言われても本当なのか?
見る人間が見なければ分からない!
要は凡人が評価しても分からない??
だいたい信秀が廃嫡していない!
斎藤道三は実際に見て考えが変わった!
この話は印象深いが、著者はどう言うか???


第一節 近世の織田信長像
◇ 儒学者に批判された織田信長!
・甫庵信長記 知勇兼備の名将であるが、諫言を受け入れなかった!
仁徳があれば家臣は謀反しない
家臣の裏切りは君主の不徳だと!

◇ 新井白石 「読史余論」
「徳川史観」による信長批判
天性残忍だと!
「詐力」 いつわりと暴力!
信長は?
足利義昭を利用し棄てた?
光秀、秀吉も引き立てたが、
謀反され天下は秀吉が奪う!
信長、光秀、秀吉の3人とも乱世の梟雄だち!!
家康を名君と持ち上げる!!
徳川史観である??

◇ 絵本太平記 江戸時代のベストセラー
・知勇兼備で私心がない
・人を見る目はあるが、家臣の過ちを見過ごさない
・家臣の罪を何年もたってからほじくり返す
・狭量である!!

◇ 頼山陽  日本外史
・超世の才がある!
・尊王の志がある? 勤皇家???


第二節 近代の織田信長像
明治時代も秀吉の方が人気があった!


◇ 頼山陽  日本外史
・超世の才がある!
・尊王の志がある? 勤皇家???

◇ 山路愛山  
・人材の登用
・即断即決
・迷信、虚飾を排除をした合理性
・物事の本質を洞察する見識
・軍事的才能
・関所撤廃等の優れた政策

◇ 徳富蘇峰 「経世的勤皇家」論
旧社会を打破して、新社会を打出するに、最も適当なる、天の配剤!
蘇峰の信長論が現在に影響力を与えている!
天皇が国家の中心にいると!!!

信長を「平民主義」の実行者だと!
・信賞必罰
・身分、家柄抜きに有能な人物を抜擢した
・功あるものには報いた
・富国強兵政策を称賛する!
「詐力」というなら家康はどうか??

「帝国主義」
無意識の帝国主義実行者??
日露戦争後、中国に進出し帝国主義を加速することは正義だった!
織田、豊臣の時代は、日本が世界化する時代だった?
秀吉の朝鮮出兵で失敗で頓挫する!
要は、日本の帝国主義を肯定させるために持ち上げ、
鎖国政策をよく言わないと?

現代を理解するために歴史を学ぶ!
これは自分の政治的主張を正当化するために、歴史を利用する?
そう言うことになると???

◇ 田中義成 帝大の歴史学者
信長を革新者として捉える!!
・大砲小銃を用いる
・鉄張りの船を造る
・従来の戦術兵制を改革する
・室町幕府を滅ぼす!
・義昭追放は皇室をないがしろにした義昭の過失を弾劾しただけだと
・武家政治を否定して、皇室中心の政治を構想していたと???

◇ 戦時下の織田信長像
・児島徳弥  勤王精神があった
・奥野高広  勤王家であると?
・鷲尾雨工  天皇への崇拝と将軍への軽侮の落差が激しい
・吉川英治  天皇へを忠義を言う
これらは戦況も影響していると!!!


第三節 戦後の織田信長像
「勤王家像からの脱却」

◇ 坂口安吾
「死のうは一定、しのび草には何をしよぞ、一定かたりをこすよの」
人は生まれてきた以上は、死ぬ定めか?
何か残すことが出来れば、その「しのび草」をもとに、
後世の人は自分のことを思い出し、語り継いでくれる!

合理主義者の信長は描き切れない!
時代によっての価値観が違い、勤王家と比叡山などの矛盾を描かなければならない?
信長を英雄的に描きつつも、批判者を登場させる?
司馬遼太郎が使う………

◇ 司馬遼太郎  国盗り物語
革命家とする!
革新性と、残虐性が同居する??
革新者である???

これは他の小説に影響を与える!! 革命時のイメージである!!
・半村良    産霊山秘録
・津本陽    下天は夢か
・谷恒生    革命児信長
・池宮彰一郎  本能寺
・安部龍太郎  信長燃ゆ

◇ 信長は本当に改革者か?
否定されている??
・鉄砲の三段撃ち
・兵農分離を進めた
・楽市楽座??

むしろ既得権者と折り合いをつけたと!!

◇ 実は将軍・天皇を重んじた織田信長
信長と義昭の間には摩擦はあったが、基本的には協調関係にあった!
・姉川の合戦に出陣しようとした!
・三好三人衆との戦いには参戦している
・義昭が三方ヶ原以降、信玄に乗り換える?

朝廷とも敵対はしていなかった!
「NHK大河ドラマ 『麒麟がくる』の信長像は、近年の研究と親和性が高い」
信長の評価も時代を反映していると!!

 


第四章 豊臣秀吉  人たらしだったのか?
第一節 近世の豊臣秀吉像
◇ 江戸時代から庶民のヒーロー
「甫庵太閤記」 エピソードがある!
・普請奉行、薪奉行
・墨俣の一夜城 秀吉の活躍もある?
・草履を温める話は無いようだ………

「天道思想」
儒教、仏教、神道が交じり合っている、日本独自の思想!
要は、お天道様が見ている!

「絵本太閤記」
絶版になる!
実在事件の一枚絵を禁じる禁令である!
「太閤五女花見之図」である!
これは、佐久間信盛、柴田勝家の失敗後、豪語して行う!
いつものすじ書きである!
秀吉一人の智謀が目立つ!

「真書太閤記」 幕末である!
さらにエスカレートする!!」

◇ 新井白石 
「徳川史観」では秀吉を持ち上げると、
家康は簒奪者になり、体制批判を恐れる!
なので秀吉非難である!
・天下を取れたのは時運に乗ったに過ぎない!
・忠義の心を持たない!
・家康は仁徳のある偉大な為政者なので、徳川の世が続いている!
・天の報いで秀吉の天下は滅んだ!

◇ 徳川実紀
秀吉は陽気、合法磊落、快活は表向きの姿!
計算づくの行動だと!

◇ 朝鮮出兵否定論
沢山の否定論がある!
柏原益軒である!
戦争は?
義兵、応兵、貧兵、驕兵、忞兵とある!
仁徳ある為政者は、義兵、応兵のみを行う!
秀吉の出兵は、貧欲、驕慢、憤怒もとづく貧兵、驕兵、忞兵である!
大義名分もなく、自衛戦争でもなく天道の憎むところである!
秀吉が滅亡したのは自業自得である!!

◇ 朝鮮出兵肯定論
これは肯定と言うより、日本の武勇を知らしめたと!
要は負け戦と認識されていなかった??
なので称賛されたと??
肯定、称賛されても、大義名分は無さそうである!

【司馬遼太郎が書いていた! 何の利益も無かった?】
【朝鮮国土は荒れ、明は滅び、秀吉も滅んだと!】

◇ 「勤王家」秀吉像の形成
・本居宣長  日本外交は弱すぎる? 日本こそ世界の中心だと!
・頼山陽   秀吉顕彰  「勤王家」と捉える!!
天皇を無視した無視した明の無礼をとがめる?

◇ 幕末の攘夷論と秀吉絶賛
何か違和感がある??
・吉田松陰 秀吉を「勤王家」と見なす??

◇ 大槻磐渓 仙台藩の儒学者
挑戦出兵を絶賛する??
秀吉が若ければ明を「愛新覚羅」より先に滅ぼしていたと??
【日本は嫌われる??】
ましてや、秀吉を並べる??
フビライ、アレキサンダー大王、ナポレオン………
秦の始皇帝や、漢の武帝より上だと???
【当時の日本の世界情報は??】

秀吉絶賛である!!!


第二節 明治・大正期の豊臣秀吉像
明治維新後自由に評価される!
と言うより家康を貶める???

◇ 維新政府による顕彰と朝鮮出兵への関心
立身出世、攘夷、尊皇が称賛される!
特に朝鮮出兵である!

日本人には朝鮮蔑視観がある???
帝国主義政策を正当化するために使われる!

◇ 大森金五郎
日清戦争で、秀吉の二の舞を心配する!
が、勝利すると見方が変わる!
政府も顕彰に力を入れる………

日露戦争後、秀吉礼賛に拍車がかかる!
評価ポイントは、勤王に海外進出だと!!

◇ 山路愛山
秀吉評価である!
狂気説を明確に否定!
太閤と言えども一人で決定し、説得できるものではないtp
では開戦理由は???
「勝てると思ったから」
【分かり易い?? 歴史を学ぶ???】
【プーチンも勝てると思ったから侵攻した??】

朝鮮出兵に意義があった!!
・明と互角に争えた?
・中国恐れるに足らず!
・日清戦争の勝利の遠因になったと!!

◇ 徳富蘇峰
よく出てくるのは、それだけ重要だからか??
秀吉論を展開する!!
・勤王を強調する!“ 信長の打算的なものではない!
・現実的な外交論を展開する! 強硬路線ではない………
・秀吉の外交は拙劣だと?
・それでも朝鮮出兵を絶対的な損失言うべからずと!
・日本国民に自信を与えた………
・中国何するものぞ?
・朝鮮出兵を「海外留学」という!  


第三節 戦前・戦後の豊臣秀吉像
第一次世界大戦後、軍縮ムードで朝鮮出兵の礼賛は消えていく………

◇ 矢田挿雲  太閤記
朝鮮侵攻を耄碌した秀吉の愚行と!

◇ 読売新聞による秀吉の顕彰!
正力松太郎率いる読売新聞である!
その主催による「大陸進出の英雄 豊太閤展覧会」
徳富蘇峰、吉川英治ら7人である!
強引に持ち上げる!
国威発揚、戦意高揚、時局への迎合?

◇ 吉川英治  太閤記
親父に薦められたが、読めなかった!
同様に、「三国志」「宮本武蔵」もダメだった!
「太閤記なんてとんでもない」
それなら「神州天馬侠」と言われたが無理だった!
敗戦により当初の構想が破綻し、未完に終わる!

◇ 志賀直哉のエッセイ  戦後である!
秀吉の朝鮮侵攻を愚挙として教えられなかった?
秀吉の評価が変わる………

◇ 川口松太郎 俺は藤吉郎
勤王大名は嘘で、天皇にも国王にもなりたかった??
朝鮮侵攻を失敗だと!

◇ 山岡荘八  異本太閤記
朝鮮侵攻を失敗だと!

◇ 海音寺潮五郎  新太閤記
愚かさを批判している!
時代が変わった?
「壮図」と見なした時代から、賛美出来なくなる時代である!

◇ 司馬遼太郎 新史太閤記
家康が臣従した時点で終わる!
経済人のイメージである!!

◇ 秀吉は人たらし?
勤王家、大陸進出の英雄は消える!
これに関するエピソードは創作のようだ!
・蜂須賀小六との橋での出逢い
・その小六の野党の頭目
・竹中半兵衛の「出廬」を乞う
・美濃三人衆、稲葉良通、安藤守就、氏家直元を調略した
これらが創作だと!

家康が臣従する時、家康を秀吉が訪ねたのは事実であるが、
その時に、秀吉を敬ってくれと頼んだ??
これも分からない!!

播磨攻めで、別所長治、小寺政職らの離反を招く?
果たして人望があったのか?
【では信長は? 松永弾正、荒木村重、明智光秀の離反を招いている】
【光秀も丹波攻略で、秀吉と同じく離反されているが………】

◇ 山田風太郎  妖説太閤記
サイコパス的に描く!

 


戦国武将 虚像と実像 ①・呉座勇一

 

« 2023年 大河ドラマ どうする家康 第44回 徳川幕府誕生 | トップページ | 本・戦国武将 虚像と実像 ②(2022/5)・呉座勇一 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

戦国時代」カテゴリの記事

 徳川家康 (徳川関連)」カテゴリの記事

 明智光秀 本」カテゴリの記事

 織田信長 (織田関連)」カテゴリの記事

 豊臣秀吉 (秀吉関連)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2023年 大河ドラマ どうする家康 第44回 徳川幕府誕生 | トップページ | 本・戦国武将 虚像と実像 ②(2022/5)・呉座勇一 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ