« 本・砂戦争 知られざる資源争奪戦 ①(2020/11)・石弘之 | トップページ | BS世界のドキュメンタリー 前編 SAND IS THE NEW GOLD 〜世界を巻き込む砂の争奪戦〜 »

2023年11月 2日 (木)

本・砂戦争 知られざる資源争奪戦 ②(2020/11)・石弘之

Photo_20231102092001


第四章 砂マフィアの暗躍
第五章 白砂青松はどうしてできたのか
第六章 今後の砂問題
あとがき
参考文献

 

第四章 砂マフィアの暗躍
◇ サルデーニャ島の砂泥棒
14本のペットボトルに砂を入れて、3000ユーロの罰金!
こんなものはささやかなものであるが………
可愛らしい!
が「砂マフィア」が問題である!
・吸引ポンプ
・パワーシャベル
・ブルドーザー
・ダンプカー
・買収、脅し………

◇ 都市化の進むインド
中学の頃、インド2億、中国7億と習った!
今や両国とも14億人である!
食料に住むところはどうするのかと思ったが………

・都市に人口が流入している!
・2018年 世界で33都市が人口1000万である!
インドはデリー、ムンバイ、コルカタ!
・ムンバイ アジア有数の金融センター
・建設用骨材の量は 2020年 14億3千万トン!

◇ 砂マフィアの暗躍
構成員は?
・ギャング
・出資者
・土木建設業者
・採掘労働者
・運搬車両の運転手
・政治家
・警察
・中央・地方の役人

需要があれば犯罪は尽きない!
今後の都市の発展がある!
河底の砂を引き上げるが、だんだん水深が深くなる?
それでも足らずに輸入に転じる!

◇ ジャーナリストにとってもっとも危険な国
インドである!
・2018年だけで28人殺されている!
警察もヤル気がない??

◇ 抹殺された人びと
48人のインド人記者が殺害されている!
読んでいると嫌になる!
・灯油で焼かれ、自殺で処理される!
・ダンプカーに追突されて死亡! 事故と言い張る!
・目撃者がいても自殺である

失業した農民に採掘させる!
人手には事欠かない!
集中豪雨に融雪で被害が大きい!
砂を大量に採掘されて水の流れが変わり、被害が大きくなる!
【同じ価値観を共有する国なのか??】

◇ アフリカの砂をめぐる紛争  ガンビア
アフリカは成長真っ盛りである!
各地で砂紛争が起こっている!
ガンビアを例に出している!
岐阜県ほどの国に230万人が住む!
ガンビア川の異常採掘で水位が下がり海水が逆流する?
政府は金が欲しい! 武力衝突になる!
アフリカは奥地に採掘場があり、違法を把握できない!!

◇ ナイジェリアの発展
ここも急速な発展である!
首都ラゴス 1950年 人口32万人!
・2000年 720万人
・2025年の予測は1580万人
・2050年 3263万人
・2100年 8830万人

が決まり切ったことだが、外周部はスラムである!
・交通渋滞
・排ガス
・ゴミ
・汚水  水質悪化!
で砂は?
陸砂の枯渇で湖底の砂を採掘する!!
子どもたちがバケツを持って潜り砂を取ってくる!
中東にも輸出されている!
・2018年 採掘禁止だが………

◇ 住民を分断する砂採取 ケニヤ
首都ナイロビである!
人口である!
       ケニア  ナイロビ
・2017年  4970万人 440万人
・2050年  8500万人 1425万人

で、マクエニ群キロメーで殺し合いがある!
ここの川に目を付け、河原や浅瀬の砂を掘りつくし、
堤防を破壊し水位を下げて川底から砂を採掘し、
地下水の水位が下がり、井戸が枯れて生活できない!
これを見逃している警察を襲撃である!

◇ シンガポールの発展
独立当時189万人が564万人である!
ウルトラモダン!
ビルが立ち並ぶ!
雑多な民族!
・マレー人
・福建人
・広東人
・華人
・インド人

・1964年 マレー連邦から追放
・1965年 独立
ただし強権国家である!
事実上の世襲である!
以下罰金??
・同性愛
・煙草のポイ捨て
・公共トイレの流し忘れ

◇ 世界最大の砂輸入国に
世界のトップクラスの石油取引、精製のハブになる!
シンガポールは悪く言われない?
埋め立てなどと、ビル開発でどれだけ砂を使っているのか?
工業用地拡大!
が各国が砂の輸入制限、禁止に走る!
シンガポールは砂の国家備蓄をしている!
砂が戦略的資源だと理解している!

◇ 禁輸に踏み切った3カ国
◆ インドネシア 砂の宝庫か?
取り締まり強化であるが、島がどれだけあるのか?
監視の目が行き届かない!
ここら等は賄賂もあり十分に取り締まれていない!
自国の砂確保も大変と思うが………

◆ カンボジア?? 環境破壊がひどい!!
漁業への影響がひどい!
だいたい砂をどれだけ採掘したかのデータがない!
漁民が生活のために採掘する?
ここも汚職がはなはだしい!

◆ マレーシア 
・2018年 すべての砂の輸出を禁止する!
ここも役人の不正があるようだ?

◇ メコンデルタの危機
漁民と採掘業者の殺し合いがある!!

ドナウ川流域の主な国!
・ドイツ
・オーストリア
・スロバキア
・ハンガリー
・クロアチア
・セルビア
・ブルガリア
・ルーマニア
・モルドバ
・ウクライナ
上流で何かあれば下流の国が影響を受ける!

ナイル川 何かすればエジプトが宣戦布告と見なす!
豊穣なナイル川の利権を守りたい!

でメコン川である!

Photo_20231102092801

・チベット高原
・雲南省
・ミャンマー・ラオス国境
・タイ・ラオス国境
・カンボジア
・ベトナム
・南シナ海
4100キロある!
・砂の乱堀
・相次ぐ上流のダム建設
・水上交通路を広げる浚渫事業
・川岸のインフラ、住居

生物多様性! アマゾンに次ぐ!
・哺乳類 430種
・両生類・爬虫類 800種
・鳥類 1200種
・魚類 1100種
・植物 2万種
上流より肥沃な土地を運び込んでいる!
ここも各国が砂を乱獲、川の荒廃が目立つ!
農業に漁業が続けられなくなり、都市に出るが、スラムか?
ベトナムは砂の輸出国である!
どうも管理出来ていないようだ!
賄賂も横行である!
小競り合いが続く………

◇ 中国のダム建設
何処までなのかよく分からない?
・2017年 7ヶ所のダム完成
・現在11が操業中
・14基が建設中
・ラオス国内で債務の罠で140のダムの建設を許可

要は中国ダムで水量の半分が堰き止められている!
ダムの放流により川沿いが崩壊する!
中国に求めるが拒否!
・補償
・ダム建設の取りやめ

・2020年 干ばつ時に放流!
地域民に与える影響を考慮してである?
100基を超えるダムが稼働すれば97%の豊潤な土壌の供給が断たれる!
中国の思うがままか??

 

第五章 白砂青松はどうしてできたのか
◇ 砂と日本人
風土が日本人を作る??
白砂青松??

・江戸時代初期  日本の人口は1200万人
・享保年間    3000万人
米の需要が高まる!
耕地の拡大がある!

◇ 土木技術の発達
武田信玄の「信玄堤」
全国で新田開発が進む!
・江戸初期は1800万石
・中期は2500万石
・後期は3000万石
大小の飢饉はあるが………

◇ 森林消失が生み出す砂
◆ 緊縛効果  根を張ることによって土壌を縛り付ける!
地表の土砂が流れ出すのを防ぐ!

◆ 雨滴衝撃  雨で地表面の表土が洗い流される!

が木があれば落葉によって「雨滴衝撃」が防げる!
森林が伐採されると、効果は薄れ、
河川への土砂の流出が増える!
これで海岸まで土砂が流れて砂浜になる!
新田ブームで砂浜が広がる!
・能代砂丘
・荘内砂丘
・内灘砂丘
・鳥取砂丘
・玄海砂丘
増えた土砂で飛砂の被害が広がる!
土砂は河川に堆積すれば土石流や洪水を起こす!
新たに開発された耕地では洪水の被害が広がる!
新田開発にブレーキがかかる!
治水対策になり、森林の開発を制限する!
・草木の根の掘り取り禁止
・水源の荒廃地の植林
・河川敷の耕作禁止
・焼き畑の禁止
【現在の政治はそこまで考えているのかと?】

◇ 燃料材が森を奪った
「本・黒田官兵衛目薬伝説 目の神、鉄の神、足なえの神」
鉄、足なえ、片目と結びつく話が紹介されている!
鉄、製鉄にしろ鉄を鍛錬する時破片が飛ぶ!
これが目に刺さり失明する人も多かったようだ!
タタラの火を見て目を痛め、鞴を踏むことにより片足を痛めた!

製塩に製鉄で薪炭を大量使用になる!
製塩では塩山を巡り赤穂では争いがある!
静鉄でははげ山が出来る!
掘り崩された山は大量の廃土を生み出す!
これが又洪水を引き起こす!!

◇ 庄内砂丘の飛砂との戦い  山形県
強風により飛砂被害は多くなる!
江戸時代中期、庄内藩では防砂林を植樹する!
これに成功する!
ヤル気の問題か??

◇ 森が戻った新屋村  秋田県
秋田県 総延長263キロ!
半分が砂浜!
新屋村の被害がひどい!
これを一藩士が植樹に挑む!
そして成功、700万本のクロマツが茂る!!

◇ 新潟砂丘
70キロで、最大幅10キロ!
竹や葦で編んだ簀立てを砂丘にめぐらし砂の移動を止める!
その後ろでグミ、クロマツを植えて育てる!
地元農民の奉仕もあり成功する!!

◇ 全国に広がる海岸林
・1667年 陸前高田  高田松原
東北の大震災で全滅??

・1681年 津軽藩  屏風山海外林造成
・1970年 松くい虫により壊滅的被害

・1670~80年 出雲藩 荒木浜で植栽
・400年前  唐津藩 「虹の松原」
・1627年  高知藩・入野松原
・1667年  盛岡藩 高田海岸
・1684年  駿河池新田
・仝     薩摩藩 吹上浜
・1734年  沖縄・那覇藩 海岸林造成
戦前は美しかったと!

◇ 松と日本人
「松」は「日本国民の木」だと!
歌にも歌われる!
使い道はマツヤニ!

森林への流れがある!
・コケ・地衣類
・ヒメジョオン 1年草
・ススキ  多年草
・松、コナラ
・ブナ、タブノキ
「遷移」 森林の変化
「極相林」 安定した森林
マツは中継ぎ??
現在は人が管理するので維持できているが、
手を抜けば衰退する!!
マツは限定的か??

◇ 砂浜が消えていく
白砂  九十九里浜!
今は無残だと!
砂の供給量は減少し、砂浜は後退している!
海岸線の管理がバラバラだと!
・海の中 「水産庁」
・海岸線 「国土交通省」
・防風林 「千葉県林業事務所」
法律は
・森林法
・海岸法
・湾岸法
・漁港漁場整備法
・河川法

砂を補給する「養浜」を実施しているが………
浜を見ていると「日本沈没」が絵空事ではなくなると!

◇ 変わる日本の海岸風景
日本の海岸線の延長は≒3万5295キロ!
世界第6位??
・自然海岸  53%
・半自然海岸 13%
・人工海岸  33%

高度成長では、大量の砂にコンクリートが必要になる!
・埋め立て
・ダム
・コンビナート
・道路
・波消しブロック

自然海岸が消えて、海水浴もすたれる!
砂浜が狭められる!
・湘南  海岸の浸食が増えている!
・鎌倉の4つの海水浴場 稲村ケ崎の海水浴場は閉鎖
・小田原市 御幸の浜 砂浜は200メートルの幅があったが、石ころだらけである!

◇ 台無しになった砂浜
三保の松原  「白砂青松」
世界遺産の宇治さんを構成する25から外すように言われる!
波消しブロックの撤去などで復活する!

和歌山県白浜 白良浜 
同じく砂の補充が出来ずに、白い砂を「養浜」するが………
砂はオーストラリアから14万トン輸入する!

◇ 増える砂需要
首都圏の私鉄は「ジャリ電」から発展した!
・1960年後半 良質な河川骨材はほとんど枯渇する!
しかし問題は残る!
・河床面の低下!
・水質汚染
・ダンプカーの騒音
結果首都圏から静岡などに向かうが同じ繰り返しか?

・山砂  古い河川敷から掘り起こす
・陸砂  水田の地下から取る
・砕岩・砕砂  岩石を爆破?

「海砂」 採掘で漁場が荒れる!
塩分濃度で強度が下がる!
実際に下がる!
海砂採掘も禁止になる!!

◇ 川砂が戻ってきた
川砂採掘禁止で半世紀、土砂の堆積量が戻って来ている??
キチンと使えば再生可能だと!
日本はインド、インドネシア、アフリカと違い需要は落ちている!
・1990年 9億4900万トン!
このうち半分は以上は「砕岩」
・2016年 3億6800万トンでピーク時の4割!

川砂は
・1979年 1億トン
・2016年 1200万トン

セメントは
・1990年代 9000万トン~1億トン
・近年は 6000万トン

砂は
・2019年 125万トン輸入 ピーク時に比べて1/3
オーストラリア、ベトナム、マレーシアで中国は輸出禁止!

◇ 波消しブロックの蔓延
・1961年 フランスから製造特許を買い国産化!
これは良かったのか??
・海岸の醜悪化が始まる
・人工構造物と波消しブロックが当たり前

「アレックス・カー 犬と鬼 知られざる日本の肖像」
日本批判である!
【知っていることを書く!】
「戦後日本が失ったもの 風景(日本の風景)・人間・国家・東郷和彦」
これに出て来る! 嫌になったが………
アレックスカーは、アメリカの東洋文化研究者!
日本は底が浅いのか?
第一部、第1章が、国土―土建国家となっている!
道路は総合芸術と言う政治家がいる!
題名の、犬と鬼は韓非子からとっているそうだ!
絵師曰く 「犬馬は難く、鬼魅は易し」
そこらにいる犬などありきたりのものは難しく、想像上の物は易しい!
と言う意味だそうだ!
鬼魅は、コンクリート・鉄・ガラス・技術に例えられる!
犬馬は、地味な投資と文化と自然と環境の保護!
コンクリートは総合芸術と言った政治家!魑魅魍魎の世界か?
東北の震災で、防波堤を造る。すぐに土建屋が儲かる話になる!
コンクリートだ!先行きに希望が持てなくなる!
日本はブレーキがないと言う。やり始めたら止まらない!

海岸が何処も同じになる!
官僚にとっては美味しい仕事である!
波消しブロックも問題は多い!!
・美しい風景を消している
・生態系への悪影響
・砂の流出が早くなる
・実際に波消しブロック除去になっている
・新海岸法 環境にも配慮する!!

◇ ダムに堆積する砂
何でも維持管理が必要である!
ダムは水と共に土砂も堰止める!
堆砂である!
多目的ダムには「余水吐き」特別な排水口がある!
「洪水吐」 大量に排水する!

ダムは設計時に100年分の堆砂を計算する!
高度成長期は、排水口など考えていない!
溜まり過ぎである!
排水口もなく沈んだ水はどす黒い??
今後、老朽化の維持管理に堆砂をどうするのか??
大きな負担になる!!

◇ 森林飽和と砂浜
日本は戦後森林復活を図る!
それは成功するが、自由化で外材が使われて、労働力不足で放置される!
人工林が太る!
土壌が安定する!! 土砂が流れない!
海岸への土砂供給が減った犯人は砂利採掘やダムもあるが、
流れ込む土砂の量が減っている!

天橋立はモロに影響を受けている!
弓なりの地形を保つために砂を入れたりしている!!

ウミガメは産卵に砂浜に来る!
かっては年間700回の上陸が今では50回??
絶滅危惧種である!
・漁場の混獲
・レジャーによる砂浜の攪乱
・照明
対策は?
・砂を投入 産卵場を作る
・波消しブロックの移動

 

第六章 今後の砂問題
◇ 水も空気も砂も
安全と水はただ?? 日本人である!
日本も世界も水不足である!
「化石水」
親に備蓄されている人類最後の水資源である!
リビアが無駄に使ったりしている!
アメリカの化石水も枯渇が心配されている!

水だけではない?
・空気 インドや中国は息苦しい!
新鮮な空気を売っている!
・魚 世界的に人口増で不足気味である!
乱獲に温暖化で限界に達しかねない!
深海魚まで店頭に並ぶ?
が生態系は分からないが………
・森林資源 喪失により自然災害が増加で大規模山火事!
感染症も無関係では無いと!!

「地球は資源の収奪によって自然を危機的状況に追いやられ、
 持続不可能な状態に陥っている」

◇ 世界人口の楽観論
「河合雅司 未来の年表 人口減少日本でこれから起きること」
悲観論である!

・2100年 世界人口は109億人!
仝反対意見は88億人だと!
それにしても多い!
人口が半減する国は?
・日本
・スペイン
・イタリア
・タイ
・ポルトガル
・韓国
・ポーランド
・中国

「からっぽの惑星 邦訳2050年世界人口大減少」
・2010年 70~80億人

大した違いは無いと思うが………
女性の高等教育化である!
それは出産率が減少する!
昔は育たない人間も多く、死亡も多かった?
が今は死なない!
人口増は都市に流れ、インフラ整備に砂が必要である!
・中国
・インド
・インドネシア
・マレーシア
・ベトナム
・アフリカ
・中東

インドネシアは、投資額も多い!
・25の空港
・発電所

インドはインフラ整備に鉄道、高速道路
中国はダム!
いずれも目白押しである!

この説が信憑性がある!
生態学者ギャレット・ハーディン!
「コモンズ」
牧草地に勝手に放牧すれば、草が食べつくされて家畜が飼えなくなる!
つまり管理が必要だと!
「資源に限りのある地球で、自由に子供を生む権利はない!」
中絶を支持する!

◇ 廃建材の再利用
日本の鉄筋コンクリートの法定耐用年数は47年!
通常のマンションは50~60年!
日本はリサイクルが進んでいる!
建築廃棄物の再資源化は97.2%!!!
アスファルトもリサイクルである!

◇ ガラスの浜
ガラスの原料は砂である!
ガラスを砕き、角を取れば危険ではない!
世界で使われている!
・長崎県大村市 
・フロリダ州
・ニュージーランド
・カリブ海
日本のガラスのリサイクル率は70%前後!!

◇ 新たな骨材の素材
・石炭の灰??
・廃プラスチック
・ココナッツの殻
・不燃ごみ  道路用

◇ 地球をスイカにみたてるなら
「ヴィンス・バイザー 砂と人類」
資源を貪欲に使っている!
その結果は?
・生物多様性を減少
・二酸化炭素の排出
・砂、水、魚の枯渇

「ユヴァル・ノア・ハラリ サピエンス全史」
人類の活動は自然の法則を超えた?
有り余る物資??
無いところには無い??

ブラジル・アマゾンの先住民族!
その日に食べるモノしかとらない?
乱獲を恐れている!
そう言うことも必要か??

スイカの赤い実を食べつくし、白い部分をかじっている状態か??

◇ オーバーシュート・デー
・2050年までに、一次的な原材料の需要は世界で2倍になる?

オーバーシュートデー
私たちの使う資源の量が、地球が1年間で再生可能な量を上回ってしまう日を指す!
毎年 国際NPO団体Global Footprint Network によって計測・設定され、
国ごとのデータも発表し、2020年の日本のオーバーシュートデーは5月12日!
先食いしている??
残された日を消費している?
借金生活???

 

あとがき
著者は「砂」には思い入れがある!
・砂の乱獲
・利権
・環境破壊

日本は高度成長したが、自然は貧しくなった……
日本人も目覚める時だと!
2020年 著者は傘寿を迎えている!

 

参考文献

 

砂戦争 知られざる資源争奪戦・石弘之

 

« 本・砂戦争 知られざる資源争奪戦 ①(2020/11)・石弘之 | トップページ | BS世界のドキュメンタリー 前編 SAND IS THE NEW GOLD 〜世界を巻き込む砂の争奪戦〜 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

エネルギー・原発・資源」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

アジア (インド・東南アジア)」カテゴリの記事

アフリカ」カテゴリの記事

中国 (モンゴル)」カテゴリの記事

中東」カテゴリの記事

台湾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・砂戦争 知られざる資源争奪戦 ①(2020/11)・石弘之 | トップページ | BS世界のドキュメンタリー 前編 SAND IS THE NEW GOLD 〜世界を巻き込む砂の争奪戦〜 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ