« 2023年 大河ドラマ どうする家康 第45回 二人のプリンス | トップページ | 本・リーダーに絶対役立つ韓非子 ②・(2017/1)守屋洋 »

2023年11月27日 (月)

本・リーダーに絶対役立つ韓非子 ①(2017/1)守屋洋

Photo_20231124235401

多くの企業トップがひそかに熟読していると言われる中国古典『韓非子』
「人間は利益によって動く動物である」という冷徹な人間観に基づくリーダー論は、
“人間不信の哲学”とも称される!

本書では、その魅力と現代に活かすべき叡智を、
著者独自のわかりやすい口語訳と解説で紹介!

「賞罰の権限を手放すな」「あえて白を黒と言い相手を試してみる」
部下を操り、組織を思い通りに動かす裏ノウハウ満載!

 

「マキャベリ」「韓非子」
大変楽しい! これからも読んでいきたい!!
内容は下記の通りである!! ① ②と分けて紹介する!!



まえがき
韓非とその思想
第1章 リーダー学の要諦
第2章 部下を操縦する7つの心得
第3章 組織管理の6つのポイント


第4章 トップが自滅する10の原因
第5章 仕える側の論理
第6章 現実を生きる人間学

 

まえがき
人間不信の哲学であると! 性悪説!!!
55篇であるが、全部が韓非の手によるものではないとされる!
日本人は論語が大好きである?
諸葛孔明も二代目劉禅に「韓非子」を読むように勧めている!

韓非とその思想
〇 人間不信の哲学
  「蛇と鰻は似ている」「芋虫と蚕は似ている」
  が、利益があれば人間は鰻にも蚕にも触る!
  人間を動かす者は、愛、思いやり、義理、人情でもない! ただ利益であると!
  固定観念や希望的観測を捨て去り、あるがままの人間を見据える!
  その目は覚めている!!!

〇 強者の組織管理
  韓非子の統治理論は?
  「法」「術」「勢」 
法家の思想家・政治家に、秦の商鞅、韓の申不害、斉の慎倒がいる!
これらを韓非子は参考にする!
  「法」秦の商鞅  法律は明文化し周知徹底する!
「術」韓の申不害 法の運用のノウハウで、見せるものではない!
「勢」斉の慎倒  権勢とか権限! 生殺与奪の権限を握っている!
  リーダーは孤独であり、それに耐えなければならない!!
  でなければトップの資格はない………

〇 韓非の生涯
  これだけの評判なのに、あっけない死に方である!
  時代は「七雄」の強国の時代である!
  「諸子百家」儒家、墨家、道家、法家の思想で「治国平天下」が論じられている!
  韓非子は「法家」である!
  韓に生まれ、身分は高い! 「性悪説」の「荀子」に学ぶ!
  どもりであり、著作により、みずからの理論を世に問うた………
  不遇だったが、韓の敵国、秦王政に招かれる!
  同学の李斯が、秦王制に仕えていて、韓非を貶め、自害に追い込む!!
  秦王制が治国に韓非子を参照にしたと!
  それにしても何故死ぬ前に性善説を信じたのか?
  韓非子も老いたのか???

第1章 リーダー学の要諦
1 部下を使いこなすコツ
〇 賞罰の権限を手放すな
  罰は与えたくない! が賞は与えたい! ええかっこする為であると??
  しかしそんなものではない!! 腹黒い部下は何をするか分からない!!
  リーダーの地位は、思いやりでも温情でも無く、賞罰の権限を持つことである!
  
〇 申告と実績の一致を求めよ
  「刑」と「名」 申告「名」と実績「刑」の一致を求めなければならない!
  申告したことを出来ない人間がいる!
  申告したこと以上をやる人眼もいる!
  凡人はやる人間を評価する………
  しかし申告と実績が一致しないのは問題だと!
  越権行為までして実績を上げることを許さない??
  「韓」の昭公が酒に酔って転寝をした……… それに風邪をひかぬように衣をかけた………
  このかけた本人と衣係を罰した! 越権行為だと!!!
  「形名参同」 厳格な勤務評定である!!
  部下は絶えず上司の地位を狙っている??
  そう思うと必要なものだと!!!

〇 トップは心のなかを見せるな
  トップの好みが分かると付け込んでくる!!
  「越王・勾践」は勇者を好んだが、国中に命を投げ出す者が続出した
  「楚の霊王」は柳腰の女性を好んだので、国中に痩せようとして餓死する女性が続出した
  「斉の桓公」は女色を好んだが、去勢して後宮の管理職になった!
        珍味を好むと知れると、料理人は自分の長男を蒸し焼きにして献上した!
  燕王・子かい は賢者と聞くと目がなかったが、重臣は自分を賢者に見せかけて国を奪った!
  トップが見透かされていた!
  「トップが好悪を見せなければ、部下はその生地を現わす!
   部下が記事を現わせば、トップは目をくらまされる事はない」
  「喜怒を色に形わさず」 いつもゆったり構えていろと!!!
  
  大久保利通は、島津久光に取り入るために、碁を習っているが………
 
2 トップの心すべきこと
〇 「術」を使えば、うまく治まる
  「術」の具体例は??  人の使い方か??
  「喜怒を色に形わさず」の下には、したたかな駆け引きが必要である!
  その駆け引きを「術」と言う!!
  
〇 上の好むところ、下これにならう
  またまた「斉」の桓公である! 
  紫の衣を愛用した! そうすると紫の衣の値段が上がる!
  管仲が答える! 紫のにおいが嫌いだと言えと!!
  紫の着物が消えた………
  「上ノ為ス所ハ、民ノ帰スル所ナリ」 左伝
  下のものは上のものを見習う
  「君子ノ徳ハ風ナリ、小人ノ徳ハ草ナリ」 論語
  上のものが徳を身に付けていれば、下のものは従うと!!

〇 仁義にこだわりすぎるのは考えもの
  「宋襄の仁」である! 「宋」の襄公である!
  敵が川を渡るまで攻撃を待ち、布陣を終えてから攻撃し、負ける!
  韓非子は批判する!
  直ぐに攻撃せよとの進言も聞かず、無用の情けをかけた???
  変な美学に殉じたので、本人は満足か??
  道徳主義も捨てなければならないときがある!!!
  「忙しい、忙しい」と、それがステータスと思っている社長も失格であると!!

〇 カナメをおさえていれば、それでよい
  トップたるもの細かなことまで覚えていなくてよい!!
  「魏」の昭王は自分で裁判をやりたくなって、孟嘗君に法律を勉強しろと言われる!
  引率垂範型のリーダーを否定している!
  カナメとは、賞罰の権限である! 細かなことまで気にしない???
  
〇 トップには二言はない
  晋の文公は、「原」を攻める! 10日と期限をきり、戦いの途中で引き上げる!
  「原」の住民は、文公は約束を守る人だと降伏する!
  部下の進言を跳ねのけている!
  これを見て、「衛」の国も降伏した!!
  武士に二言はない??? トップは自分の言葉に責任を持たなければならない!!
  
〇 約束は守らなければならぬ
  「魏」の文公が山番の役人と狩りの約束をする!
  大風で中止にするのを、自分で伝えに行く!
  約束は守らなければならないと!!!
  
〇 善く吏たる者は徳を樹う
  孔子が「衛」の国の宰相を務めていた!  弟子の子皐が裁判官をやっている!
  そこで孔子は讒言により逃げる!
  足きりの刑にあっている門番が逃がしてくれる!
  かって子皐が裁判した男である!
  ただこの時、子皐は罪を軽くしようとした! それが門番にも分かっている!
  それが恩返しになった!
  孔子は言う!!
  「立派な役人は徳の種をまき、そうでない役人は怨みの種をまく!
   役人は法を平らげるものだ!
   国を治めるものは、平らかにすることを忘れてはならない」
  諸葛孔明は信賞必罰の厳しい姿勢で臨むが、公平無私で、私情を挟まなかった!
  トップにえこひいきがあってはならない!

〇 一人の部下に任せては危ない
  「斉」の桓公である!
  管仲を国政の最高責任者にする!
  管仲ほどの人間ひとりに権力を集中になるので反対される!
  王の地位を脅かす存在になる!
  トップは部下の危険性を感じなければならないと!
  では何を頼りにするのか??  自分自身であると!!
  管仲は分割統治になるが、次善の策である!
  
〇 部下の忠誠をあてにしてはならない
  「晋」の文公は、弁当持ちと離れる! 
  一番中弁当持ちは弁当に手を付けなかった!
  弁当に手を付けなったほど律儀な男と言うことで、攻め取った原城を任せる??
  これを重臣は批判する!
  背むかないことに期待するのではなく、
  背むこうにも背むけない状態にするべきだと!! 術である!!
  
〇 相談する相手を選べ
  「魯」の国の季孫は人材を好んだ!
  客を接見する時に衣装を正す! これを怠り殺害される!
  「君子は極端を避けなければならない」 老子
  人材を集めながら、相談する時は人材に相談していない!
  「共におる相手は誰でも良い、共に謀る相手が肝心だと」
① 公的な場と私的な場では態度を変えなければならない! 無理はいつか破綻する!
② トップは側近が不可欠である! 
必要悪であるが遊び相手と相談相手は峻別しなければならない!
  
〇 側近のことばに惑わされるな
  「魏の文帝のときに、西門豹が県知事に任命される!
  清」廉潔白で私利私欲に走らず、側近に賄賂も贈らなかった!
  1年後報告書を提出し、成績不振で免職になる!
  再度チャンスを貰い、今度は税金を取りたてて側近に賄賂を贈る!
  今度は褒められるが辞表を出す!
  最初は王のために治めたが、2回目は側近にために治めて褒められた!
  辞表は受け取らない!
  側近や身内は身近にいるだけに始末に悪い! 慎重に対処する!!
  
〇 実情のうとかったら話にならぬ
  「晋」の重臣、韓宣子が、飼葉料を計上している割には馬が太らないと言う?
  実際に与えられていない? 見ているだけではダメだと!
  トップは黙ってにらみを利かせるのが良いが、実情をを把握しておく必要がある!
  問題は、取り巻きの存在である!
  情報は二重三重に確認する………
  
〇 底がなくては使いものにならぬ
  「韓」の昭公に堂谿公が言う!
  杯に、底のある瓦を使うか、底のない金を使うか・・
  臣下の言葉を洩らしてはいけないと!
  口の軽いトップは失格である!
  部下から見て自分の語ったことが直ぐに漏れると、うかつに進言出来ない!!
  
〇 猛犬やネズミをのさばえあせるな
  良い酒屋があるが流行らない!
  原因は猛犬と言う! 客が寄り付かない!!
  国にもこう言う猛犬がいて有能な人材をはばんでいる!
  またまた「斉」の桓公と管仲である!
  「国を治めるうえで、もっちに気に許せぬものは何か?」
  「社に巣くうネズミ」
  これは君主の側近と同じようなもの!
  臣下がやりたい放題していると! みんな猛犬である!!
  「おれについて来る奴は得をする! ついてこない奴は損をする!」
  側近を使いこなせるのか??
① 人物を見る目を養いふさわしい人間を登用する!
② 部下を操縦する「術」を身につける!
  
〇 人をたのまず自分をたのめ
  「魯」の国の宰相 公儀休は魚が好きである!
  国中のものが魚を送り届ける! が、受け取らない!
  受け取れば愛想も言い、便宜を図らねばならない!
  失脚すれば魚は貰えず今と同じに買うだけである!
  他人を頼らずに、自分を頼る!
  君主と臣下とでは明らかに立場が違う! お互いに自分の立場を守ることが肝心と!
  
〇 国を御するにも「術」が必要だ
  火事が起こり、一人をバケツを持って走らせても一人である!
  これに鞭を持たせれば多数の人間が消火活動する!
  聖人明君は自ら処理しない!
  馬も動かなくなっても、名御者がおれば馬は動く!
  馬車が国で、馬が権威である! 術を持たなければ混乱する!
  韓非子が言う!
  「下君ハ己ノ能ヲ尽クシ、中君ハ人ニ力ヲ尽クシ、上君ハ人ノ智ヲ尽クス」
  リーダーは仕事は自分の能力より、部下の能力を引き出すことにある!
  仕事は部下に任せたい!  そのためには「術」が必要である!!
  

第2章 部下を操縦する7つの心得
トップは7つの「術」を身につけなければならない!
1 部下の言い分を互いに照合して事実を確かめること
2 法を犯した者は必ず罰して威信を確立すること
3 功績を立てた者には必ず賞を与えて、やる気を起こさせること
4 部下の言葉に注意し、発言に責任を持たせること
5 わざと疑わしい命令を出し、思いもよらぬことをたずねてみること
6 知っているのに知らないふりしてたずねてみること
7 白を黒と言い、ないことをあったことにして相手を試してみること

1 部下の言い分を互いに照合して事実を確かめること
〇 結局は一人の意見に過ぎない
  「魯」の国の哀公が講師に聞く!
  何事もみなと相談しているが政治は上手く行かない!
  孔子が言う!
  明君は臣下の言葉を洩らさない!
  が、一人の重臣の意見に支配されている!
  この時点で情報を収集出来ずにトップの座を失っている!
  情報収集のパイプは多いほど良い!

〇 同格の者を噛み合わせるだけでは不十分
  「衛」の国の嗣君
  一人の臣下を重要視し、侍女を寵愛する!
  さらにもう一組を取り立てる!
  複数なら目が塞がれる事はない???
  単に権勢の等しいものを組み合わせた??
  余計に目は塞がれる………
  横だけはなく、縦の関係でも張り合わせる、縦横十文字のの組織管理である!
  部下にかばい合われ、共同戦線を張らればトップの地位は危うい!

〇 臣下の言い分を鵜呑みにすれば
  ここでは「町に虎が出た」であるが同じ話がある!
  「息子が人を殺した」
  どちらも3人が言うと、町に虎が出て、母親は息子が人を殺したという!
  「魏」の国の龐恭が太子と「趙」へ人質で行く!
  この時に魏王に虎が出た話をしていくが、帰国後目通りを許されなかった!
  反復の効果である………
  
2 法を犯した者は必ず罰して威信を確立すること
〇 水は弱々しく見えるから、溺死者が多い
  「鄭」の国の宰相 子産の遺言!
  火事はみんなが注意するのでやけどでは死ぬ人は少ない!
  水は弱々しく見えるのでかえって溺死者が多い!
  国民には厳しい態度で臨め! 下手に弱気になって溺死者を増やすな!1
  しかし弱気になり、徒党を組まれて鎮圧に時間がかかり後悔する!!
  組織管理には「巌」と「寛」がある!
  「巌」に片寄ると、心服されない!
  「寛」に過ぎると、甘えの構造が生まれる!
  要はバランスであるが、韓非子は「巌」に固執する!!!

  宋代の宰相の治国の要諦!
  一 人ヲ官ニス 適材適所
  二 賞ヲ信ニス
  三 罰ヲ必ニス
  信賞必罰が「巌」である!!

〇 法に抜け道をつくるな
  川で金がとれるが、盗みが多い!
  捕まれば死刑で、磔である!
  それでも盗みが絶えないのは、成功する例があるからだと!
  必ず殺されると分かると天下をやると言われても、貰えない!!
  法に抜け道をつくるなと!!!
  
〇 賞より罰則のほうが効果的だ
  またまた「魯」の国の哀公である!
  狩りで火を放つが、風の影響で火事になる!
  誰も火を消さずに狩りをしている!
  孔子が言う! 今は火事を止めることで褒めるではない!
  むしろ罰を与える!
  火事を消さない者は敵に降伏したものと同罪、狩りをしているものは密猟者である!!
  お触れが行き渡る前に火事は消える!
  
〇 情深いのは考えもの
  「魏」の恵王は、自分の評判を訊ねる!
  「慈恵な王だと」 これは良い意味ではない! 国を亡ぼす!
  「慈」情け深いことで、罪を犯した者も罰することは出来ない!
  「恵」施しを好むことで、功績のないものまで賞を与える!
  こじつけみたいな感じがするが、国を滅ぼすと!!!
  
3 功績を立てた者には必ず賞を与えて、やる気を起こさせること
〇 賞が約束されればやる気を出す
  「魏」の武侯は、呉起を秦との国境線に派遣する!
  小競り合いがあるが、策を講じてこれを討つ!!
  何度か策があるが、褒美が上がって行く!
  「期待値理論」
  一 成功の確率
  二 報酬の確実さ
  三 報酬の魅力度
  部下はやる気を出す!!
  
〇 親孝行すら恩賞で奨励できる
  ローマ時代の浴槽で、赤を壁で落としていたのを見て、事情を聞いて保護する!
  そうすると、それをマネする連中が増えた??
  洋の東西は同じで「宋」の国で親の喪に服してげっそりやせた人間がいる!
  この男を役人に取り立てたら、次の年に喪に服して餓死した人間がいる!
  親孝行すら恩賞で奨励できる?? 人は利で動く!!!!
  利でコントロールできれば思いのままに操れる!
  
〇 利益を見れば、だれでの勇者になる
  「蛇と鰻は似ている」「芋虫と蚕は似ている」
  が、利益があれば人間は鰻にも蚕にも触るり、怖さを忘れて勇者になる!
  
4 部下の言葉に注意し、発言に責任を持たせること
〇 集団のなかにおいたのではわからない
  「斉」の宣王は合奏が好きで、王のために演奏したいとして採用する!
  宣王が死に次の王は独奏を好む! 男は消える………
  「大勢に演奏させれば誰が上手いか分からない>」
「ひとりひとり演奏させればわかる?」  
  「二六二の法則」
  何も言わなくてもできる 二割
  指示すればできる    六割
  やる気も能力もない   二割
  ミソもクソも一緒にする平均主義への警告??
  
5 わざと疑わしい命令を出し、思いもよらぬことをたずねてみること
〇 トリックを使って震え上がらせる
  「周」の君主は、わざと玉の簪を無くしたことに役人に探させる!
  3日たっても見つからず、人を雇って探させる!
  当然出て来る! 役人を怒鳴りつける!
  部下に任せれることは任せ、緊張感を持たせる!!
  そのために思いもかけぬことを言う………
  
〇 思いもよらぬことを言って緊張させる
  「宋」の宰相は、秘書官に市場を見に行かせて牛車が一杯であることを知る!
  役人に、市場は牛糞で一杯だと言って、驚かす!!
  こんなことまで知っているのかと!!! 緊張はする………
  
6 知っているのに知らないふりしてたずねてみること
〇 知らないふりして部下の心を知る
  「韓」の昭候は人が悪い!
  爪を切り、一つを隠している! 探せと命令する!
  お側の一人が、自分の爪を切りあったと!!
  お側も信用出来ない!!
  この話、信長にもあったように思うが………
  「知リテ知ラズトスルハ、尚ナリ、知ラズシテ知レリトスルハ、病ナリ」 老子
  切れすぎるイメージを与えないために、「とぼけ」を演出する!
  
7 白を黒と言い、ないことをあったことにして相手を試してみること
〇 いるはずのない白馬がいた
  虎の話と同様である!
  「燕」の国の宰相 子之が側近言う!
  白馬が走って行った! 嘘である!
  一人だけ外へ走り、白馬だったと! 
  忠実でない人間を見つける!
  韓非子は言う! 人間は信用出来ない!
  徹底的に疑い、二重三重に確認する!!!
  
〇 逆のことを相手に告げる
  「囚人のゲームである」
  「鄭」の宰相 子産は、裁判で二人の囚人を引き離す!
  一方の言い分と逆のことをもう一方に話して、本当のことを知る!!
  
〇 サクラを使って不正を知る
  「衛」の嗣公は、部下を旅行者に仕立てて、関所で賄賂を渡す!
  この事実を関所の役人の問いただす!
  意地が悪いと思うが………


第3章 組織管理の6つのポイント
トップが警戒すべき六の「微」とは??
1 権限を部下に貸し与えること
2 部下が外部の力を借りること
3 部下がトリックを使うこと
4 部下が利害の対立につけ込むこと
5 内部に勢力争いが起こること
6 敵の謀略に乗せられること

1 権限を部下に貸し与えること
〇 権力者の近くにいるだけで金持ちになれる
  「斉」の宰相の靖郭君!!
  この人と一緒にいるだけで、話ししただけで金持ちになれる!
  ましてや権限を手に入れればどうなるのか?
  中国の皇帝制度の問題は、外戚と宦官である!!
  外戚は分かるが、何故宦官に権限が行くのか??
  たいがい揉めて、殺されているのも多い!!
  宦官を憎しみ抜いている重臣も多い!
  王との距離が近いし「茶坊主」的な存在になる!
  一種の必要悪である???
  
〇 部下は権限のある者になびく
  「楚」の宰相 州侯! 権限を握るや誰も文句を言わなくなる!!
  部下から見て恐ろしいのは権限を握った者!!
  名目上のトップは怖くない??
  
〇 家中の者がしめし合わせると
  「燕」の李季は妻に浮気されて、妻は男を逃がし、家中の者がしめし合わせ、
  幽霊として逃がす!!
  夫は悲惨であるが………
  
2 部下が外部の力を借りること
〇 夫婦でも利害が対立する
  妻が神にお祈りする!
  百束の布が欲しい! 夫が少ないのでは?
  これ以上貰うと、夫が妾をつくる??
  夫婦でも利害は違う?? 当たり前ではないか!!
  君主と臣下の立場も違う! それを理解しておかなければ足元をすくわれる!
  
〇 部下が手を組むとトップは危ない
  「魯」の昭公は、家老職3人が組んで昭公に対抗する!
  家老たちは王より3人が組んだ方が有利だと!
  トップの座は強固に見えるが意外にもろい!
  側近や重臣に背むかれると簡単にひっくり返る!!
  用人深さが必要だと!!!
  
〇 外国の力を借りて自分を有利にする
  「魏王」の臣下は、「韓」と仲が良く、兵を呼び込み、
  講和を図り、自分の立場をよくする??
  マッチ・ポンプ???
  
3 部下がトリックを使うこと
〇 門番におどらされた斉王
  「斉」の重臣の夷射が王に呼ばれて酒を飲む!
  ここで足きりの門番につらく当たる!
  門番はここに水を撒く!!
  王はここで小便の跡を見つける?? 一晩経っているが分かるのか??
門番は夷射の立っていた場所に夷射が立っていたと!
  王は誅殺する………
  
  トップが賞罰の適用を誤るケースは??
  一 人情にほだされて、えこひいきに走り、自分を納得させる!
  一 誤った申告による判断!
  人の恨みの買う怖さがある!!
  
〇 王の力を借りてライバルを倒す
  「楚王」は側室がいる! そこへ新入りが来る!
  これを蹴落としたい? 口元を隠せとと忠告し、王にた王の体臭が嫌いのようだと言う!
  これに引っかかり王は新入りの鼻をそぐ!  
  韓非子は言う!
  敵は外だけではない! 内部にもいる? 愛する人もそうである!
  
〇 主君をおとしいれた男
  「中山」の国の冷や飯くらいの王子の家臣である!
  密かに二心を抱き、策を講じて王子を王に殺させる!!
  
4 部下が利害の対立につけ込むこと
  本能寺の変での最大の利益を得たのは??
  秀吉と言われる………
  が、果たして首謀者か???
  臣下に損害を与える事件が起こると、利害の反するものを探し出す………
  
〇 火事で利益を受けるのはだれか
  放火事件があり、犯人が分からない!
  商人を捕まえると、犯人だった!
  利益を受けるのだろう………
  
〇 後釜をねらっている者がくさい
  湯浴の湯の中に小石が入っていた………
  この係がいなくなれば後継者が決まっていた!
  自分が成れると小石を入れた………
  韓非子は言う! 事件の紛糾には利害関係の違いに目を向ける!
  
〇 真犯人は別にいる
  「晋」の文侯の焼肉に髪の毛が入っていた?
  料理人は証言するが、犯人ではない!
  陥れようとした下位のものだった………
  
5 内部に勢力争いが起こること
〇 後継者争いは内紛のもと
  「楚」の成王は太子を変えようとする!
  噂を確認するために王の妹を招き粗末に扱う!
  ここで妹が変えられると太子をののしり、反乱に成功し、王は自害する!
  後継者争いはトップの態度にかかっている!!
  秦の始皇帝、漢の高祖劉邦、唐の太宗、清の康熙帝……
  
〇 争いのタネはつきない
  「君主が女色を好めば、愛称たちが我が子を後継者にしたいので、
   太子の地位が不安定である! 男色を好めばその男が実権を握り、
   宰相の地位が不安定になる!」
  
6 敵の謀略に乗せられること
〇 謀略に乗せられた魯の哀公
  「魯」が孔子を大臣にして政治が見違える!
  「斉」の景公が頭を悩ます!
  孔子を失脚させる………
  「魯」の哀公には女歌舞伎団を送り、孔子には高位高禄で招くと!!
  孔子は諫めるが、不興を買って、「魯」にいられなくなると!
  その通りになる………
  謀略にのせられるトップは失格か???

〇 ニセ手紙で人を殺す
  「晋」の叔向は「周」の萇弘を失脚させようとニセ手紙を置く??
  これは誰でもやるのか?? 毛利元就にイギリス情報部???

 

リーダーに絶対役立つ韓非子 ①・守屋 洋

 

« 2023年 大河ドラマ どうする家康 第45回 二人のプリンス | トップページ | 本・リーダーに絶対役立つ韓非子 ②・(2017/1)守屋洋 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

名言格言」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

中国 (モンゴル)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2023年 大河ドラマ どうする家康 第45回 二人のプリンス | トップページ | 本・リーダーに絶対役立つ韓非子 ②・(2017/1)守屋洋 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ