« 本・戦国の地政学 地理がわかれば陣形と合戦がわかる ②(2017/11)・乃至政彦 | トップページ | 映画・イコライザー THE FINAL 2023 »

2023年10月10日 (火)

スロヴァキアからの便り!! 民衆の実感???

Photo_20231010224701

先日、スロヴァキアの知り合いに、親露保守派が勝利したことで連絡した!
日本でも、ニュースで流れていた!
・ドイツのニュース!
・日本の報道番組!
現地の生の声である! 納得する!!!

正直、まさかって、感じもしましたけど、お年寄りや隠れ支持者が多かった??
18歳以上の若者の投票で、若い人はまずFicoを選ばない???
と言っても全体の23%で与党で連立??
スロバキア人は協力し合うのが下手ですし、前回の選挙はそれで空中分解した???

ロシアの味方をしているのではなく、EUのやり方をスロバキアは負担に感じている!
プラハではマクドナルドの販売機もウクライナ語!

ウクライナ人はドイツやスウェーデンを目指して、
中にはスロバキアで休憩して無料で保護を受けて、数ヶ月したら国に戻る人も多い!
命からがら逃げてきた人もいれば、仕事探しにふらっと出てきた家族もいて、
住居など国から補助が出ますから、工場などは普通に働けば、スロバキア人よりも手元に多く残るのでは
【これはどこの国も感じている!】


うちの田舎町でさえ、ウクライナナンバーの車は
新しくてBMWとかRV車とか、高級車ばっかり??

プラハから週末はウクライナ向けのバスが3台は出て、
出稼ぎして、週末はウクライナに戻る???
【だいたい反発を買うようなことをするなと? どこも裕福ではない!】

先月は、ハンガリーとスロバキアの国境に150人以上の難民がやって来て、
ハンガリーが難民の尻を叩いてスロバキアに移動させてるのが問題になった?
特に、ジプシーが多く住む地域で、失業率も高いし、難民がそこに留まる申請をするなら拒否してはいけない!
で、ハンガリーとの不仲がますます深まる???
【スロヴァキアにハンガリー語を喋る40万の人がいる!】
【チェコ・スロヴァキアであればそう問題では無かったが、スロヴァキアになり目立つ?】


都会はもうウクライナ人がいて当たり前で、
ブラチスラヴァの携帯アプリで呼ぶタクシーは、ほとんどウクライナ人ドライバー??
EUの言いなりになっていると感じ??
首都に住む人は支援をするのが当然で国際派、リベラルで、
実際にウクライナ人が周囲に大勢いて、生活の一部として馴染んでいる???
地方の爺さん、婆さんの声を上手く利用したのか???


ただでさえ支援疲れがある!
1年半以上経っているが、どうなるのか??
ウクライナ勝利はあり得ない?
だいたいもう別れた方が良いのではないか?
・西部  西側のウクライナ
・中部  ウクライナで中立で独立!
・東部  ロシアに割譲
と言っても二つの自治国か? 4州か???
だいたい今さら東部がウクライナに戻れるのか??
・クリミア半島 分割??

停戦になっても殺し合いが始まる??

ウクライナはヨーロッパ最貧国??
東部の人間は今は両方のパスポートを持っている!
親ロ派はウクライナに戻りたいと思うのか?
何事も終わりの方が難しい!
復興の事を思うと気が遠くなる………

中東の難民に、ウクライナの避難民はヨーロッパは受け入れられない!
そう思っていると、イスラエルである!
何処も早く停戦すべきだと!!

1944年 サイパン島玉砕! マリアナ沖海戦で負ける!
この時降伏していたら戦死者は100万人!
ここから200万人死んでいる!
原住民の死者も多い!
これらは無かった??
・ソ連の満州侵攻
・シベリア抑留
・東南アジアの飢餓に虐待
・インパール作戦
・沖縄決戦
・東京空襲
・特攻
・朝鮮半島分割
・中国共産党政権

何処も戦争は止めるべきである!!!

 

« 本・戦国の地政学 地理がわかれば陣形と合戦がわかる ②(2017/11)・乃至政彦 | トップページ | 映画・イコライザー THE FINAL 2023 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

スロバキア」カテゴリの記事

ロシア (バルト3国 コーカサス ウクライナ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・戦国の地政学 地理がわかれば陣形と合戦がわかる ②(2017/11)・乃至政彦 | トップページ | 映画・イコライザー THE FINAL 2023 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ