« 本・東国武将たちの戦国史 「軍事」的視点から読み解く人物と作戦 ①(2015/11)・西股総生 | トップページ | 2023年ドラフト会議! ロッテ吉井監督は耐えている!! »

2023年10月26日 (木)

本・東国武将たちの戦国史 「軍事」的視点から読み解く人物と作戦 ②(2015/11)・西股総生

Photo_20231026032501


第六章 山本菅助の虚実 伝説の闇に消えた辣腕の傭兵隊長
第七章 越山 孤高の軍神、関東平野に立つ
第八章 永禄十二年の武田軍関東侵攻 もっとも戦国的な戦い
第九章 武田勝頼の苦闘 盛者必滅の宿命を背負った悲運の勇将/
第十章 小田原の役ー関東百年帝国の終焉
あとがき
参考文献

 

第六章 山本菅助の虚実 伝説の闇に消えた辣腕の傭兵隊長
◆ 存在が疑われていたが、今は存在が確認されている!
「井上靖 風林火山」
この影響がある!

◆ 日本人は軍師が大好きである!!
漢の高祖劉邦が建国の功臣張良を評した言葉から
「籌を帷幄に運らし、勝ちを千里の外に決す」
諸葛孔明! 神のごときである!
日本は、片目、ちんば、小男?
まるで山本勘助、菅助である!

◆ ただ信玄、謙信、信長、秀吉、家康らに軍師なんていたのか?
そんなもの必要ない!!
本多正信は相談役?
信玄は情報収集を行う!
他国からの旅の承認などから話を聞き、
見聞を広める!!
信長のことも集めるが、実際は分からない??
うつけもの??
信秀が廃嫡していない?
信秀ほどの人間が廃嫡していないのには理由がある?
実際、斎藤道三は会見して考えを変えた??
見る人間が見なければ分からない?

◆ 発見された文章からは?
・足軽大将
・信玄から密命を受ける
・使者として派遣される
能力は必要である!

◆ 足軽の任務は? 
一般には農民兵と思われているが、非正規兵だと?
応仁の乱で大量動員された?
傭兵である?

北条の足軽の任務は?
➀ 略奪放火
② 城郭などの普請
③ 交通路の監視と封鎖
➃ 前線へ派遣する援軍
風魔小太郎のような特殊部隊もいる!
この時代、鎗が重要視される!
スイス長槍部隊??
槍衾で武士に対抗出来ると?
山本菅助はこの任務に就いていた??
著者の例えでは正社員ではなく、有能な契約社員だと!

◆ 甲陽軍鑑!
高坂弾正、その甥の春日惣次郎。小幡景憲で完成した?
少し脚色もある………

◆ 山本菅介とは??
第4次川中島の合戦で戦死
キツツキ戦法!
これは現地で出来ないと実証されているようだ?

山本菅助は?
・作戦参謀ではない?
・そのそのそんなものはいない?
・軍配者? 日時、方角、吉凶を占う!
その可能性戦いと言うが、どうかな?
当時は呪術が信じられていた?
山本菅助の本当のことは分からない?
何物だったのか???

 

第七章 越山 孤高の軍神、関東平野に立つ
◆ 著者は北海道生まれ!
関東の空は明るいと?
越後も暗い??

◆ 越後守護代長尾為景の次男として、春日山城で誕生
庚寅年生まれのため虎千代
母は栖吉城城主長尾氏の娘とされる!
信玄より9歳、氏康より15歳若く、信長より4歳上!
春日山城下の林泉寺に入り、名僧天室光育禅師から厳しい禅の修業と文武の道を学ぶ!
深い学識や厚い信仰心、和歌、琵琶、能はこのとき培われたと

越山の実績である!
・1530   享禄3  越後守護代長尾為景の末子として、春日山城で誕生!

寅年生まれのため、幼名は虎千代!
・1536   天文5  兄・晴景が家督を相続 父為景が病死
・1548   天文17  18歳で家督を継ぐ!
用兵家として期待される! 政治面は?

・1549   天文18  山内慶政が謙信に救援依頼!
これから8年後、越山が始まる!
その間の問題は?
➀ 国衆同士の争い
② 北信濃 信玄侵略による支援要請
③ 上洛 中央からの特権を期待
・1553   天文22  実際に2000の兵で上洛している!
・1556   弘治2   出奔 本当に嫌になった! 大熊朝秀出奔!
・1557   弘治3   信玄と3回目の対峙!
・1559   永禄2   5000の兵で再度上洛! 義輝から御内書を貰う!
権威付けになる??

・第1次越山  1560 永禄3 関東管領上杉憲政の関東帰城の大義名分を掲げ厩橋城へ!
・第2次越山  1561 永禄4 破竹の勢いで関東平野を蹂躙し、北条氏康の小田原城を攻める!
山内上杉家を相続し、関東管領に就任!
第4回川中島の合戦 信玄の弟・信繁と山本勘助が戦死!

・第3次越山  1562 永禄5 北武蔵、下野制圧
・第4次越山  1563 永禄6 小田氏、佐野氏を攻める
・第5次越山  1565 永禄8 下房臼井城攻略
・第6次越山  1566 永禄9 上野金山城攻め
・第7次越山  1566 永禄9 北条高広離反
・第8次越山  1567 永禄10 佐野氏を帰服させる 本庄繁長が謀反 越後に戻りこれを鎮圧
・1568  永禄11 信玄駿河侵攻 甲相駿同盟が崩れる!
・第9次越山  1569 永禄12 越相同盟
・第10次越山  1570 元亀元 宿敵である北条氏康と和睦、氏康の七男の氏秀を養子とし、法号謙信を称す
・第11次越山  1571 元亀2 北条氏康が死去 北条氏政が越相同盟を破棄し、武田信玄と和睦
・1573   天正元 武田信玄が病死
・第12次越山  1574 天正2 上野侵攻
・第13次越山  1574 天正2 関宿城救援失敗
・第14次越山  1575 天正3 沼田城の防御強化
・第15次越山  1577 天正5 短期間
・1578  天正6  謙信死す

◆ 越山の大義は??
越山は制限がある!
➀ 謙信の軍勢は寄り合い所帯! 家臣だけではない!
② 兵站
③ 季節 秋には越山し翌年4月に帰る?

謙信は義に生きる!
そう言う評価である!
領土的野心をもたなかった??
よく家臣がついて来たなと?
単に制圧しただけで領土化していない!
骨折り損のくたびれ儲け??
でも無いようである!
➀ 外征により版図が広がる!
② 頼ってきた客将を家臣化出来る
③ 内乱を防げる
➃ 用兵家としての才能を示せる!
⑤ 略奪が出来る! 城を落とせば人買い市が立つ?

◆ 謙信の批判は?
・衆道  珍しいことではない!
・生涯不犯
・結婚すとすれば相手は?
国内から迎えると内乱のもとになる?
周辺諸国からも無理か?
父も亡くしている?

・大酒飲み  酒に逃げた???

 

第八章 永禄十二年の武田軍関東侵攻 もっとも戦国的な戦い
◆ 信玄の進出は??
・1546 天文15  河越夜戦
・1554 永禄12  甲相駿三国同盟成立!
氏康は関東へ、信玄は信濃へ、義元は三河・尾張へと侵攻できる!
・第9次越山  1569 永禄12 信玄三国同盟破棄!
信玄は小田原城に迫り、三増合戦で北条軍を撃破!
越相同盟!

◆ 三国同盟の破綻
・1541 天文10  信玄 父信虎追放  
仝 氏康家督を譲られる!

・1559 永禄2  氏康は氏政に家督を譲る!
氏康は、山内憲政、扇谷朝定と対立している!
この時期比較的平穏で、氏康は家督を譲る!
信玄も内政に力を入れる!

◆ 桶狭間の合戦!
・1560 永禄3 桶狭間の合戦で義元が死ぬ!
この時期信玄は頭打ち??

・信濃侵攻も頭打ち!
・関東も頭打ち!
・ここで南の進出を決める! 

◆ 義信粛清!
義信は今川義元の娘を妻を貰っている!
親・今川である!
義元亡き後、氏真が継ぐ!!
が今川を滅ぼしたと言うことで評価は低い!
蹴鞠に和歌
滅ぼした後継者は何処もそうか??
・勝頼
・氏真
・信長の息子
・秀頼

武田の親・今川派が粛清され、義信も自害になる!
今川に室を送り返す!
同盟破棄か??
氏真は謙信に近づく!

信玄は家康に駿河分割を、氏真には三河侵攻を持ちかける!
結局、駿河侵攻である!
海を手に入れる!
氏康は越相同盟に舵を切る!

◆ 信玄は四面楚歌??
・関東の情勢も良くない
・秋山信友に伊奈から二股方面へ
・信玄は掛川に迫る
・氏康は水面下で家康に接する!
・駿河から北条の介入を排除できない!

◆ 信玄の戦略!
上野経由の侵攻!
目的は駿河専有
目標は北条軍で、小田原攻略!
これの解釈は??
一 信濃、西上野で兵力が集中できる
二 同時多発侵入で北条の兵力配置が混乱、抵抗が低い!
三 広範囲の侵入で北条の動員を混乱させる

信玄の相手は、河越夜戦の勝者・氏康である!
下手なことはせず、地道に戦う!
名人戦である! 下手に動いた方が負け??
この時北条領内は相当荒らされたようだ?

信玄は野戦を欲し、三増合戦になる!!
信玄の勝ちであるがどれほどのものだったのか?
十分な打撃を北条に与えていないようだ!

◆ 戦国大名にとっての戦争とは
信玄は駿河から北条に手を引かせたい!
その為の戦いである!
氏政は謙信に不信感を抱く!
同盟により戦略が変わる!
信玄は駿河を領有できる!
北条は元の位置に戻る!

氏康が亡くなり、越相同盟が破棄される!
北条は武田と同盟を結ぶ!
信玄は関東を荒らすのを止める!
それなりに上手く行くが、信玄に残された時間は1年である………
誰も知らない…………

◆ 外交と戦争!
この時は外交的駆け引きが多い!
・武田信玄
・北条氏康・氏政
・今川氏真
・上杉謙信
・徳川家康
・織田信長………

「敵の敵は味方」
「遠交近攻」
「近攻遠攻」???
「近郊近攻」 甲相駿三国同盟? それぞれの近くを攻める?

◆ RMA(劇的革新)がもたらしたキャンペーン
足軽・雑兵が戦力の中心!
兵種別編制の軍?
戦国時代には階層構造が明確になる!
・戦略
・作戦
・戦術
・戦技
永禄十二年の武田軍関東侵攻 もっとも戦国的な戦いと評している?

◆ 軍隊は非生産的組織である!
アメリカ海兵隊は非営利組織として最強である!

戦国時代は軍隊を養う食料が必要である!
つまり他国の資源で自国の食料を賄う?
永禄年間の武田がそうであったと!
消耗を伴う謙信との戦いは避け、旧暦の8~10月の収穫期に侵攻する?

戦国大名も食べさせなければならない!
侵攻により略奪、放火されても元に戻るしかない?
が、足軽と言う方法もある!
結局は軍事政権である!

RMAで獲得された軍事力により地方で勝ち抜いて、
全国規模の戦いに進出する!
【武田、北条、上杉………】

 

第九章 武田勝頼の苦闘 盛者必滅の宿命を背負った悲運の勇将
悲運の武将か? それとも凡将か???
「新田次郎 武田勝頼」
これは面白かった?
・北条氏政の飯に2度汁をかけた?
・今川氏真の蹴鞠?
・織田信長の子供?
・徳川秀忠
二代目は良く書かれない??

◆ 勝頼は?
・1546 天文15 母は諏訪頼重の娘、名前は伝わらない!
諏訪御寮人と言う!
井上靖は由布姫と名付けた!
その小説を書いていた時、「由布院」にいた??

・信長より12歳
・氏政より8歳
・家康より4歳 
以上が年長!
・景勝は9歳若い!

側室は反対もあったが、諏訪の明晰を継がせるために了承された?
諏訪四郎勝頼! 諏訪家の頼を付けている?

武田の外交方針は変わる!
・謙信とは敵対している!
・三国同盟
・仝破棄  今川義元死亡後
・越相同盟 後に北条とは再同盟
・家康と駿河分割!
・信長と通婚 勝頼に信長の姪を貰う?

甲相駿同盟破棄で、駿河侵攻!
これに後継者・義信が反対し、自害におこめられる!
そこで後継者に勝頼の名前が挙がる!
次男は僧、三男は夭折!

・1571 元亀2 北条氏康が死去 北条氏政が越相同盟を破棄し、武田信玄と和睦
・1572 元亀3 信玄上洛?? 三方ヶ原で家康惨敗!
上洛ではなく、三河・遠江の勢力拡大か?

・1573  天正元 武田信玄病死
隠してもすぐに広まる! 信玄死す!
家康は長篠城を手に入れる!

◆ 勝頼の当主就任??
信玄の遺言は勝頼の息子・信雄に継がせる!
勝頼は「陣代」であると!
3年間死は秘匿せよと!
【このこと自体不透明である? 何か意味があったのか?】

勝頼は攻勢に出る!
高天神城を落とす!
浜松城も焼く!
2代目は宿老と対立する??
武田家四天王も残っている!!
が勝頼は新しい家臣を重視する!
・長坂釣閑斎
・跡部勝資

◆ 長篠合戦へ
・1570 元亀元  三方ヶ原合戦
・1575 天正3  長篠合戦
5年で情勢は変わっている!
当時徳川の動員力は7,000人?
武田は18,000人ほどか??
この時期信長も三好の残党を掃討し余裕がある!
≒3万の兵で救援に来る!

勝頼は15,000を決戦に投じる!
3,000は長篠城包囲である!

信長は長篠城救援を出し、落城される前に決戦を行う!
勝頼にしても長篠城は囮か? エサである!
鳶ヶ巣砦を、酒井忠次に攻撃させる!

鉄炮千丁か、3千丁か?
徳川の援護のために供出する!
設楽ヶ原で両軍が対峙する?
【新田次郎はこの時の兵を現場を見て、15,000VS7,000ではないのかと?】

◆ 勝敗の分岐点は?
・鉄砲が主役ではなかった??
・武田
長篠城を囮にして、織田・徳川をおびき寄せ決戦に持ち込む!
宿老と対立はしていた!!
双方に意思の疎通が無かった!!

・信長
決戦を行うという意思が有利に働いた!
全軍を投入し、打てる手を次々打った!
が信長は僥倖で兵を集中できた! 多量に!

・勝つべくして勝った????

◆ 勝頼の再建と凋落!!
生き残り!!
・武田信豊
・武田信豊
・穴山信君
・小山田信茂………

戦死!!
・山県昌景
・内藤昌秀
・馬場信春
・土屋昌続
・真田信綱・昌輝
・原昌胤
・甘利信康……… 他に多数!

いくら言いつのっても戦力低下である!
遺族の相続を決め、外交で勝利を宣言する!

が、信長の叔母の岩村城も、秋山信友が捕らえられる!
信玄の宿老達がいなくなった?
勝頼からすれば、煙たい存在の宿老を「在庫一掃」できた?

勝頼はその分、足軽などで賄おうとする!
鉄炮重視である!

・1578  天正6  謙信死亡!
後継者争いがある!
景勝VS景虎!
ここで勝頼は景虎を支持すれば、武田、上杉、北条の、
越甲相三国同盟で信長に対抗出来る??
が景勝の黄金攻勢に屈した!
著者の推測は、越甲相同盟では勝頼は北条の下になる!
信長と家康の関係になる?

甲相同盟の破綻!
氏政は信長に近づく!
勝頼は?
・北武蔵、上野への侵攻! 真田昌幸?
・高天神城は徳川に攻められる!
・信長と関係改善を図るが拒否される!
・新府上の築城
・高天神城玉砕 武田の評判が落ちる!
・1582 天正10年 木曽義昌 織田に通じる!
・穴山信君 裏切る
・織田の攻撃で、信濃高遠城 勝頼の弟 仁科五郎信盛が玉砕!
【1日で落城 細川幽斉の田辺城、高橋紹運の岩屋城の例もあるが?】

・小山田信茂に裏切られる!
・新府城から武蔵へ逃げようとするが全滅!
・北条の姫も自害! 
【敵に嫁に出せばこう言う運命か?】
【ただ佞臣と言われていた・長坂釣閑斎に跡部勝資の最後を共にする】


◆ 勝頼のIF??
・北条は武田に苦戦している!
・勝頼はそれなりに指導力を発揮している!
・最大の転機は、「長篠」ではなく「御舘の乱」
この対応を間違ったと?
氏政の配下で立て直すべきだった??
もっと問題は信玄の対応である!
三国同盟の対応!
後継者の問題!
一人で揉ましている?
北条は氏康と氏政と繋いでいる!
信長は早くに信忠に家督を譲っている!
が、両方とも死んでおかしくなった??
信玄は義信亡き後、きちんと勝頼を後継者にすべきだった!
信勝を後継者に??
事情があったと思うが、間違っていた!!
信玄、宿老衆の責任は重い!!!


第十章 小田原の役 関東百年帝国の終焉
小田原北条 5代100年の王国!
家督争いが一度も無かった・
中学生の頃、「五公五民」と習った!
小田原北条は、「四公六民」だったようだ!
民の事を考えている!!

◆ 北条の勢力は??

Photo_20231026034101

Photo_20231026035101

主城 小田原城を支城が囲む!
実質的には、伊豆、相模、武蔵が「本国城」である!
・一族 玉縄、滝山、鉢形
・譜代 小机、江戸
・外様 津久井、松山、忍
「衆」と呼ばれる軍団を持つ!
千人までの規模である!
この王国は進んでいる!
維持するための官僚制も発達している!

◆ 織豊政権と関東
・1582 天正10年 織田政権の傘下に入る意思がある!
もっとも武田が簡単に滅びると思っていなかった??
「本能寺の変」
北条は滝川一益を攻撃し追い払い、同じ考えの家康と衝突!
和議が成立し、北条は上野、徳川は甲斐、信濃を取る!
両者にとって良い条件である!

・1584年 天正12年 小牧長久手の合戦 徳川に味方する!
北関東の反北条勢力 佐竹、宇都宮、佐野と北条は「沼尻の合戦」がある!
秀吉は北条を敵とみなす!

◆ 開戦不可避
・1587 天正15年 北条は大規模な動員令を発する
いったんは氏規が上洛! 融和になる?

・1589 天正17年 上野沼田上の帰属問題、名胡桃城奪取、氏政の指示!
秀吉の開戦決意!
穏健派、強硬派は交渉上の立場の違い!
下手に降伏できない!
ましてや攻撃を公言している!
開戦決意である!

◆ 国家総動員法と国民兵
ただ挑発された兵は二流であるので、それなりの場所に配置する!
最前線には無理である!
足軽らがいる!

北条は謙信、信玄の攻撃に耐えた?
・謙信 武蔵の国衆が謙信に付いたため籠城を選択した!
・信玄 温存し後世のタイミングを計っていた!

では秀吉への評価は??
一 圧倒的な動員力がある
二 多方面からの同時進行が可能である
三 主力は東海道から進軍する
四 北関東の反北条勢力が侵攻の可能性がある
その為に各支城を整備する!
【が、兵力分散になる?】

◆ 秀吉は?
短期決戦所望である!!
補給の問題もある!
長期になれば何が起こるか分からない?
だいたい寄せ集めで利で繋ぎとめている!
ナポレオンはロシア遠征で引き込まれて負けた?
北条の選択は正しい??
が北条は「箱根決戦」を策す!
ここで勝てば、関東の諸城を失っても構わない??
その為の小田原城への兵の集結である!
鉢形城主 氏邦が帰城する!
上野は捨てられないと!

◆ 前哨戦
德川、織田信雄が先鋒!
補給は上手くいっていたのか??

山中城に北条も力を入れる!
前哨戦である!
これに犠牲を顧みず攻撃し落城させる!
氏規の韮山城は持ちこたえる!

箱根決戦は瓦解!
小田原城攻防戦になる!!

◆ 総構え 全長9kmに及ぶ!
人数の問題もあり、これは有効だと!

◆ 秀吉の挫折
小田原城攻めを躊躇する?
犠牲が大きい?
石垣山城の突貫工事!
秀吉は攻撃が上手くいっていると示さなければならない!
政治的パフォーマンス?
・北関東、奥羽の諸大名を呼び寄せる!
・能や茶会を開く

北方支隊 前田利家、上杉景勝は上野から侵攻する!
こちらは抵抗もあるが順調である!
秀吉は犠牲を問わず攻撃させ小田原城は丸裸になる!

北条は?
・内通者が出る
・八王子城から首と女性の捕虜が送られてくる!
・石垣山城が姿を現す!
・伊達政宗が秀吉に帰順する!

◆ 開城と戦後処理!
・切腹 氏政、氏照、大道寺政繁、松田憲秀
・助命 氏直、氏規

家康が関東に配置される!
が北条の統治システムをそのまま利用できたようだ?

北条を支えたのは??
・先進的合理的な統治システム
・順当な「家の継承」
・常に上方の情勢と連動していて、それなりに対処している
・北条が豊臣に勝つ可能性は少ない!
・秀吉の人海戦術に対応出来なかった?
・秀吉の戦略眼の優秀さ!
・豊臣政権は、秀吉個人の力である??
・死後、崩壊する!

 

あとがき
現場感覚!
現代の人間が戦国時代を正しく書けるのか?
サッカーの試合も現地とニュースで見るのは違う!
個人の考察に分析であるので、上記の差があると!!

 

参考文献

 


東国武将たちの戦国史「軍事」的視点から読み解く人物と作戦 ②・西股総生

« 本・東国武将たちの戦国史 「軍事」的視点から読み解く人物と作戦 ①(2015/11)・西股総生 | トップページ | 2023年ドラフト会議! ロッテ吉井監督は耐えている!! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

室町時代」カテゴリの記事

戦国時代」カテゴリの記事

 上杉氏(越後・謙信他)」カテゴリの記事

 北条氏(小田原・早雲他)」カテゴリの記事

 徳川家康 (徳川関連)」カテゴリの記事

 戦国武将(武将)」カテゴリの記事

 武田氏(甲斐・信玄他)」カテゴリの記事

 織田信長 (織田関連)」カテゴリの記事

 豊臣秀吉 (秀吉関連)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・東国武将たちの戦国史 「軍事」的視点から読み解く人物と作戦 ①(2015/11)・西股総生 | トップページ | 2023年ドラフト会議! ロッテ吉井監督は耐えている!! »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ