« 2023年 大河ドラマ どうする家康 第40回 天下人 家康 | トップページ | 本・破壊戦 新冷戦時代の秘密工作 ②(2020/12)・古川英治 »

2023年10月23日 (月)

本・破壊戦 新冷戦時代の秘密工作 ①(2020/12)・古川英治

Photo_20231023235901

暗殺、デマ拡散、ハッカー攻撃―次々と世界を揺るがす事件の背後を探るため、
著者は国境を越えて駆け回る!
偽サイトのトロール工場を訪ね、情報機関の高官にも接触!
時に身の危険を感じる状況の中で、見えてきた真実とは?
想像を超えて進化する秘密工作、その現状を活写する衝撃作!

 

古川英治  ジャーナリスト 1993年、日本経済新聞社に入社!
モスクワ特派員、国際部編集委員などを経て、2021年に同社を退社、フリーランスに!
同年12月からウクライナ人の妻とキーウに移り住み、ほどなくロシアによる侵攻に直面する
戦禍に暮らし、記者として当事者として、自由のために戦う民を見ている!

池上彰の書籍の参考文献にこの本があった!
その前に、ブックオフで買っていた!
流石と言うべきか??

割りときわどいことをしている??
命の危険も感じている??
現在もキーウに住んでいるのか?

著者は、予測していたことがある!
ロシアが中国の属国??
飲み込まれることを予測している!
ロシアのウクライナ侵攻で見ていてもプーチンは習近平に哀願している感じである??
内容は下記の通りである! ① ②と分けて紹介する!



はじめに
第一章 工作員たちの「濡れ仕事」
第二章 ロシアのプレーブック
第三章 黒いカネの奔流


第四章 デマ拡散部隊の暗躍
第五章 プロパガンダの論理
第六章 サイバー攻撃の現場
第七章 コロナ後の世界
おわりに
脚注


はじめに
・2020年 東京オリンピック関連にロシアがサイバー攻撃をかける!
著者は特派員としてモスクワに駐在し、ヨーロッパ各国をまわる………
ロシアの「ハイブリッド戦」
・プロパガンダ
・サイバー攻撃
・クリミア併合
・各国の選挙介入
・暗殺

◇ ロシアのダークパワー!
「まともな世界ならロシアは大国になれない、
しかし秩序無き生き残り競争なら、ロシアの方が使える手段が多く有利だ」

日本も狙われている!
・ロシアのスパイ事件!
・中国のコロナ騒ぎのフェイクニュース!

2015~19年の取材に基づいている!

 

第一章 工作員たちの「濡れ仕事」
1. 3つの猛毒事件
・2020年 アレクセイ・ナワリヌイ ノヴィチョク系で暗殺未遂!
・2006年 リトビネンコ 「ポロニュウム210」で暗殺 
・2018年 スクリパリ父娘暗殺未遂

プーチン大統領は国民に支持されている!
ソ連邦解体から立て直した?
プーチン大統領が批判されると、余計に国民はかばう!
スクリパリ父娘暗殺未遂では犯人は特定できたが、国営「TR」に出演して身元がバレる!
が居直りプーチンは?
「スクリパリは裏切りものだ、くそ野郎だ」
殺しをためらわない!!
一般国民は、欧米の陰謀だと思っている??


2. 15万人の工作員
若き頃は、KGB、GRUと知っていた?
恐い存在と思っていた?

イランには王制時代には「SAVAK」(サヴァク)という情報機関があった!
この組織がある限り王政が崩れることは無いと!
1979年のイラン革命後に「SAVAMA」という情報機関が出来た
SAVAKとSAVAMAの繋がりはよく分かっていない?
当初はSAVAKの要員を全て排除しようとしたが、
彼らをパージすると大打撃が予想された為に実際にはSAVAKの要員が多く雇用された!
佐藤優の言う、アナロジー?

KGBは分かれる?
・FSB 旧ソ連諸国
・SVR 対外情報局
これにGRUを加えると15万人が従事している?

GRUは存続し、強大な力を持っている!
「29155」エリート部隊! 相当やっているが表には出て来ない!
・スクリパリ毒殺未遂
・2016年 モンテネグロの親欧米政権に対するクーデター未遂!

◇ 部隊は二つ!!
・26165
・74455

その結果欧米は警戒する!
・トランプのプーチン宥和!
・マクロンのプーチン接近!
・プーチン 自由主義は時代遅れだ?
・反EU、反移民のポプュリズムの台頭!

外交官追放の報復合戦?
KGB出身者にお友達を要職に就ける!

◇ 「ユーコスの教訓」
ロシア石油大手ユーコスが2006年に巨額の脱税などの罪で破産宣告を受け、解体された事件!
ホドルコフスキー社長ら幹部が脱税などの罪で逮捕、起訴される前後から、同社に対する執拗な捜査が続いた!
解体により主な資産は競売を通じて国営石油ロスネフチに移った!
これにロシアは社長逮捕から解体まで1年以上かけ、欧米の対応を見る!
「誰もロシアを無視できないことが分かった」
「ロシアがファシズムに向かう可能性を過小評価してはならない」
2014年以降、欧米への工作が激しくなる!
NATOの東方拡大!
プーチンは過剰反応?
脅威を抱いている??


3. 北極圏での少し怖い体験
ロシア ムルマンスク州から難民がフィンランドに行く!
ここでインタビューしようとしたが上手くいかない?
中東に南アジアからの難民である!
高い金を払い、ここまで来るのにも犯罪組織も絡んでいる!!
みんな固く口を閉ざす!
当然脅されている! しゃべるな!!
そこで逆にフィンランドに入国した難民から話を聞く!

シリアから1万ドルむしり取られて5ヶ月かかって国境まで来る!
1万ドルも良く貯めこんでいる???
どうしてそれだけ貯めれるのか?
意外と裕福ではないのか??
要はロシアには行きたくない??
中国にも行こうとしない!!
難民の方にも問題がある!!


4. 市民インテリジェンス
調査機関「ベアリングキャット」
公開情報だけで1914年のマレーシア航空機撃墜をロシアからの、
地対空ミサイルと見破った!

ここにインタビューする!
スクリパリ事件の実行犯、2人の正体を見破る!
インタビューも嘘八百??
思うに、ロシアではそれでも通用するのでは??

ロシアの個人情報は取り易い?
29155部隊のメンバー21人を特定する!
これにより2017年7月から活動が停止された!
実際に何処まで情報が把握されているか心配だった!
それでも攻撃は続く………
ロシアは腹いせに「ベアリングキャット」を非難する!
それでも「ベアリングキャット」はやる!!!

 

第二章 ロシアのプレーブック
1. 美女とカネとポピュリスト
◇ ヨーロッパの右翼とは???
・中絶反対!
・安楽死反対!
・LGBTは反対!
・同性カップルのパートナーシップに反対!
・同性結婚、子育てに反対!
・代わりに核家族は男性と女性のペアによってのみ運営されるべきだと!
・非ヨーロッパ系移民の受け入れに反対!
・多文化主義に反対!
・結局は、外国人嫌悪とイスラム嫌悪である!
・プーチン礼賛!!!
中絶反対と言うのもおかしいが………
状況によるが、避妊していないのもおかしい???
無法図にセックスしまくって妊娠したから中絶と言うのもおかしいと思うが?

◇ ・2018年 イタリア人3人とロシア人3人のモスクワでの密談?
ヨーロッパの極右政党! 
・イタリア  同盟
・ドイツ   ドイツのための選択肢
・フランス  ルペン
・ハンガリー オルバン政権

イタリア人は
「新しいヨーロッパはロシアと親密で無ければならない」
ここでロシアは「同盟」に資金援助する!
300万トンの石油を割引して、その差額を「同盟」に横流しする!
これはすっぱ抜かれて、音声テープも公開される?
・2019年 欧州選挙を意識している!
それでも、サルビーニ政権は白を切る??
【浮気の現場を押さえられても、私がしていないと言っているのよ!】
【中ロはやりたい放題か?】

◇ オーストリア自由党!
ここも隠し撮りが公開される!
ロシア・マネーを選挙に使用しようとした?
辞任になるが、居直る!
「隠し撮りは情報機関に仕組まれたハニートラップだと!」

◇ ロシアの工作!
長期的である!
選挙で負けても、勝者が失敗すれば、次期にチャンスがある!
欧米のポピュリズムはロシアにとって都合が良い?
欧米諸国の分断を図る!
右翼政党を集めて協力体制を作る!
ラブロフ外相が言う!!
「ロシアが求めているのは、欧米主導の世界の後の秩序だと」
どの口が言う??
ソ連邦崩壊後30年経っていない!
この時期ロシアは高揚する!!
・トランプ大統領就任
・イギリスのEU離脱
ロシアは勝利に沸く???
かってのナポレオン撃退か???


2. 「シュレーダリゼーション」
ロシアの浸透は着実に進んでいる!

➀ ロシアのクリミア併合を支持し、対ロ制裁解除を主張!
② 「RT」などロシアの国営メディアへの出演者!
③ ロシアで行われる選挙に監視団として派遣されるもの!
④ ロシア主催のシンクタンクなどへの出演者!

もっとも古典的な方法??
飲む、打つ、買う?
ハニートラップはもっとも引っ掛かり易い!
【佐藤優が書いていた】
露骨なものではなく、交通違反で偶然逮捕される!
そこで見逃し、偶然のように出会い、簡単なことから始まり、
抜き差しならぬ関係になる!!
日本は甘いと言う!
結局自殺か言いなりになるしかない??

ロシア系の番組に出演させる!
金と汚職が最大の武器だと!

◇ ドイツ元首相 ゲアハルト・シュレーダー!
モロな媚ロシア派??
「シュレーダリゼーション」
ロシアに懐柔されることを言う!
パイプラインがウクライナ経由であればウクライナに中抜きされて、
使用料を払わなくてはならない!“
そこで「ノルドストリーム」である!
この旗振りはシュレイダーである!
首相退陣後、ロシア国営石油企業会長に就任?
首相時代から、プーチン擁護で批判じみたことは言わない!
【二階俊博か???】

◇ ロシアの浸透!
イタリア、オーストリアには深く食い込んでいる!
政財界に食い込んでいる!
・オーストリアを再選後、最初の外遊先に選ぶ!
・チェコスロバキア スクリパリ事件で、プーチン擁護!
選挙にも介入疑惑???
移民受け入れ推進者、小児性愛者、同性愛??

・マケドニア ギリシャが国名を承認しない!
現在は、北マケドニアで承認!
変更を阻止の工作? NATO加盟させないため!
資金援助に、財界人の取り込み!
やりたい放題か??


3. マフィア国家の構図
◇ トルコ
独裁者は独裁者を好む!
世界の独裁者!
・中国  習近平
・ロシア プーチン
・トルコ エルドアン
・北朝鮮 金正恩

・2016年 トルコでクーデター未遂! これで軍部は骨抜きになる!
トルコはNATO加盟で、EUには入れていない!
これが不満か?
エルドアン大統領はこれを利用する!
・トルコはアメリカの言いなりにならない!
・自ら民主的な国家を立ち上げた! EUは必要ない!

これはロシアに似ていると??

◇ 独裁制への誘惑??
プーチンへの絶対的な忠誠心!
「マフィア国家」に近い!
この求心力は、イデオロギーではなく、「カネ」だと!
プーチンは新興財閥を解体し、身内に分配する!

エルドアン、ハンガリーのビクトル・オルバンも同様の手段を取る
ロシアはFSB、GRUなど諜報機関だけでなく、
メディア、財界も協力する!
やらなければ殺される??
欧米はその度に制裁などかけるが………
こうあからさまに「ファミリー」と言われると…………

 

第三章 黒いカネの奔流
1. ロンドンの赤の広場
◇ 泥棒政治ツアー?? いくらかかるのか??
・2016年 イギリスEU離脱!
キャメロン首相辞任、メイ首相就任!
その時期に著者は「泥棒政治ツアー」に参加する??
各国の富豪が不透明な資金で購入した不動産の見学??
著者一人の参加だったようだ………
ロンドンのど真ん中!
・ロシア
・東南アジア
・中東………
腐敗の上に手に入れた財産で世界中に、
銀行口座に不動産を数多く持つ!!

◇ ロンドン市内の不動産
・赤の広場 ロシア関係の不動産
・停電街  投資物件として購入し住んでいない?
財産をロシアに置くことの不安がある!
何時没収されるか分からない!

◇ ロシアのコインランドリー
2010~14年 ロシアから最低200億ドルが欧米に流れる!
資金洗浄の仕組みである!
モルドバ、ラトビアの金融機関、法律事務所に多くのオフショア企業の取引も絡む!
がイギリスの経済はそれを歓迎している!
不正資金と分かっていてもである!
政党や政治家に献金もである!
政府が動こうとしない???
トランプがロシアの選挙介入を認めたがらないが、
EU離脱への干渉もイギリスは認めたがらない!
イギリスの欺瞞がある!!
【それほどロシアの浸透は激しい?】


2. パナマに透けたからくり
◇ プーチンの「国民との対話」
やらせはなはだしい!!
国民が不満を言う!
例えば道路である!
視聴者が訴えると、直ぐに工事が始まる!
拍手が沸く??
長々続き、「パナマ文書」になる!
不透明な取引を繰り返す複数の「オフショア企業」
プーチンの親友の名前が出て来る!
言い訳に終始する!!
アメリカの機関が絡んでいる!
と批判するが………
それもフェイクニュース??

◇ オフショア企業の複雑な取引
パナマ文書に対するプーチンの釈明?
・イギリス キャメロン首相批判にさらされる!
・アイスランド 首相辞任
がロシアでは報道されない?
ロシアの次期選挙を混乱させるのが目的だと!
がプーチンのまわりの人間が公表されるのを恐れる!
手口が書かれているが、桁が違う!
プーチンの個人資産は、700億ドルとも2000億ドルとも言われている??
日本円で10兆円か、30兆円???
よく国民が黙っている??
【ウクライナの戦費なんかどうでもなる??】
【プーチンのまわりには欲の皮が張っている人間の集まりか?】


3. マネロン銀行の実態
◇ アメリカ財務省の告発
・2018年 ラトビア3位の銀行が、マネーロンダリングで告発される!
各国の対策は鈍い!
アメリカがしびれをきたした?
後にこの銀行は自己破産になる!

◇ 不正取引が前提の銀行
著者はラトビアに行く!
ラトビアはロシア系が多い!
リガは神戸市と姉妹都市である!
ラトビアにも言い分がある!
・歴史的に東西の交易の仲介をする!
・銀行業務で1万人の雇用があり、4億ユーロのサービス収入を得ている!
・要は資金洗浄を容認している! 居直りとも言う!
・東からのマネーの執着はロンドン、スイスではないかと?
・アメリカの見せしめに選ばれた??
【あり得る??】

◇ 公然の秘密
居直りである??
ラトビアがマネロンの拠点なのは公然の秘密である!
ラトビアを潰しても、代わりはいくらでもある??
それほどロシアの浸透は激しいと!!
・1999~2017年までに、資金洗浄に違法行為は2兆ドル???
プーチンは冷笑的に見ている???


4. 投資家の闘い
◇ 米ロ首脳会議で名指しされた男
トランプは自分が大統領だったら戦争は起こらなかった???
自分の乏しい経験から言っても、そんなことない!!
・あの人が生きていたら?
・あの人が大統領(指導者)だったら??

鳩山由紀夫は、首相になった時に死んでいたら歴史の残る宰相になった??
反対の意味での歴史に残ったが…………

トランプはサウジのジャーナリストがトルコで暗殺された時、
サウジアラビアは武器を買ってくれるいいお客だと!!
それで不問である??

ロシアの選挙介入があっても、プーチンが否定すると真実と!
自分の思う通りに行かないと、フェイクニュースだと!

・2018年 ヘルシンキで米ソ首脳会議がある!
トランプはロシア支持を表明している??
【ロシアにエサをまかれると、トランプは尻尾を振るか?】

この時、ロシアの投資会社、ビル・ブラウダーの名前が上がる!

◇ 闘う資本家
ビル・ブラウダー!
・1990年代 ロシアに乗り込む! ロシアで最大の資本家になると!
・オリガルヒの不正を暴く!
・最初はプーチンと協力しているが、次第に険悪になり、国外追放!
・部下 マグニツキーは証拠を見つけるが、逮捕され獄中死!
・着服の証拠を見つけ奔走するが………

著者はインタビューしている!
アメリカでは「マグニツキー法」が成立する!
これが「グローバル・マグニツキー法」に発展!
プーチンは嫌がっている!!
首脳会議以後、ビル・ブラウダーと関係したとされる、
アメリカ人を発表する!!
【プーチンもトランプも嘘を平気で言う!!】

◇ プーチンのアキレス腱
最大の武器は「カネ」
プーチンと取り巻きの財産は欧米で保有されている!
ヨーロッパにかっては共産主義を輸出していたが、
現在は、犯罪、汚職、黒い金を輸出している!

ビル・ブラウダーは現実主義者か?
「ロシアは変えれない」
プーチンに付け込まれる「西側の倫理の欠如」がある!!

 

破壊戦 新冷戦時代の秘密工作 ①・古川英治

 

« 2023年 大河ドラマ どうする家康 第40回 天下人 家康 | トップページ | 本・破壊戦 新冷戦時代の秘密工作 ②(2020/12)・古川英治 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

ロシア (バルト3国 コーカサス ウクライナ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2023年 大河ドラマ どうする家康 第40回 天下人 家康 | トップページ | 本・破壊戦 新冷戦時代の秘密工作 ②(2020/12)・古川英治 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ