« 本・破壊戦 新冷戦時代の秘密工作 ①(2020/12)・古川英治 | トップページ | 本・東国武将たちの戦国史 「軍事」的視点から読み解く人物と作戦 ①(2015/11)・西股総生 »

2023年10月24日 (火)

本・破壊戦 新冷戦時代の秘密工作 ②(2020/12)・古川英治

Photo_20231023235901


第四章 デマ拡散部隊の暗躍
第五章 プロパガンダの論理
第六章 サイバー攻撃の現場
第七章 コロナ後の世界
おわりに
脚注

 

第四章 デマ拡散部隊の暗躍
1. ネット工作のトロール工場
◇ 情報工作への窓
サンクトペテルブルク!
「ビジネスセンター??」
ここへ著者はインタビューに行く?
1日24時間385日、ネット上で世論工作を行う!
当然門前払いだと!

ここで作戦に従事した人間にインタビューする!
全部話したわけでは無いと思うが………
・トロール  ネットスラングで呼ばれる数百人の工作員がいる!
・偽名、架空の人物
・ブログ、政治風刺画、映像制作部…………
・美女を装う? 美女の写真を掲載し注意を引く?
・ネムツォフ暗殺は、ロシアの評判を落とすための自作自演?
・やっている人間の政治的意識は低い?
・大半は生活のためと割り切る?

◇ 「人工芝」を植える
IRA インターネット・リサーチ・エージェンシー
ロシア政府に近いとされ、ロシアによるSNSを用いた世論操作を行った「オリギノのトロール工場」?
フィリピンやアメリカにも送金している?
「草の根運動」 効果がある?
現在はラジオではなく、インターネットの時代!
各国において、不安の種 人工芝を植える作業??


2. プーチンの料理長
◇ トロール工場の黒幕
出た!!!
アメリカはIRAの指導者として、エフゲニー・プリゴジンを挙げる!
「プーチンの料理長」
やり過ぎているのか??
「民間軍事会社 ワグネル創設」
GRU出身者が多い?
・プーチンの裏の仕事の実行者?
・アフリカ派遣で資源の権益を確保?
・ウクライナ侵攻に、囚人を使う!
クーデター騒ぎを起こす!!
2023年 暗殺される!
一連の暗殺のリストか??

◇ 狙われたフィンランド記者
女性記者 イェシカ・アロ!!
フィンランドは7万人のロシア系住民がいる!
これらの保護と言ってロシアは侵攻しかねない??

記事発信後、個人攻撃が始まる?
・NATOの工作員
・ロシア人差別者
・脳障害を持つパラノイア
・薬物取引にかかわっている

中国のことわざ??
・一人が町に虎が出たといっても信じられないが、
三人までがそう言うと、聞いた人は信じる!
嘘や噂も多くの人が言えば、本当のこととして信じられるようになってしまう??

アロも友人に信用されなくなったようだ?
アロは逆境に燃える??


3. トランプの勝利に貢献した北マケドニアの街
◇ グーグル翻訳でデマ作成
北マケドニア??? ベレス!!
いまや言語がグーグル翻訳で自由である??
英語が分からなくても、翻訳でどうとでもなる??
特殊技術ではない??
真偽も分からない記事でも捏造できる??
トランプ選挙に介入する!
生きていくためにやる!!
次の大統領選まで仕事は無いのか?
内容なんてどうでもいい??
・メンケルはトランプに借りがある
・最高裁、オバマケアを憲法違反と宣言
・ニコール・キッドマン トランプを歴代最高の大統領と

◇ 稼ぎを伝授した男、大金を稼いだ男
「トランプの勝利を助けた男」
ミルコ・チェセルコスキー!
サイト立ち上げに協力するが、でっち上げの指導はしていない!
要は、マケドニアの若者にはこれくらいしか仕事がない!

ベレス!
なぜロシア寄りになったのか???


4. 大物の正体
◇ 大物の正体
ベレスの大物「トライチェ・アルソフ!」
嫌がるのに無理やりインタビューする!
マケドニア人がアメリカの政治を変えた??


5. USA Really?
◇ トロール工場の引っ越し
トロール工場なんていずればれる??
・移転
・分散
・新たな立ち上げ
進化する!!!

ロシアを貶める情報に対しては、ロシアは黙っていられない!!

◇ 「目覚めよ、アメリカ人」
「USA Really」
ロシア人によるアメリカニュースの報道機関!
情報分野の第三次世界大戦は始まっている!
戦争を始めたのは我々ではない!
ロシアは欧米に比べて検閲も少なく、ジャーナリズムの論理も優れている?
と言いながら著者は例を挙げる!
・トランプ支持の黒人、刺される!
・アリゾナ州で盗まれた投票用紙を農民が発見
・民主党、女性有権者を旧名で登録の疑い

ガーナにナイジェリアから黒人差別の投稿!
プリゴジンが黒幕か??

 

第五章 プロパガンダの論理
1. ロシア人記者の告発
◇ メディア統制のからくり
ロシア民間大手テレビ局 ベルリン特派員 コンスタンチン・ゴールデンツバイク!
「狂ったプロパガンダに加担したことをお詫びします」
要は欧米を憎む報道である!
・ウクライナ兵がロシアの3歳児を磔
・10歳の少女がウクライナの砲撃で死亡

著者はインタビューする! よくやる!!
報道する内容を指示される?
・ドイツのメンケルはアメリカの手先だと!
・ロシア支持のドイツの政治勢力を大きく取り上げろと?

LGBTの人権侵害で、ソチ冬季オリンピックを欧米首脳が参加み送りである?
「正体を実現しようと努力している??」
プーチンは?
「屈辱的に参加を懇願するような真似はしない」

◇ 記者の自主検閲
忖度と言うのか??
当然あり得る!
・2015年 アウシュビッツ解放70周年記念!
ポーランド政府はプーチンを招待しない!!
これに対してロシアは?
「収容所を解放した国の指導者、プーチンを呼ばないとは恥ずべきことだと!」
【独ソによるポーランで分割、カチンの森もあるが………】

式典のロシア代表! 誰も聞いていないが………
・ウクライナはガス料金をロシアに支払わなければならない!
・ウクライナはネオナチが横行している!

記者は、プーチンは緊張緩和に動かない、といったらクビ!
罵声を浴びる?
・裏切り者
・地獄に落ちろ
・二度とロシアに戻るな
【これが日本だったら、在日、帰化人】


◇ 家族がゾンビに
ロシアの記者がいてウクライナに取材に行ったようだ!
そこで現実を見る!
ロシアの言っていることと違う!
がそれを母親に言っても信じて貰えない!
著者の知人も同じである!
リベラルな友人も完璧に洗脳されている?
・ウクライナのネオナチによるテロ
・アメリカの陰謀

プーチン大統領になってから規制がかかるようになる!
抗議のデモは、金を貰って参加している??

コンスタンチン・ゴールデンツバイクは父親を連れてベルリンの
ナチスの時代1933~45年の展示を見る!!
これをロシアに重ねる? 重なって見える??

 

2. RT編集長の怒り
◇ 国営トップへへの接触
・2017年 {RT}編集者 マルガリータ・シモニャンに直接取材を申し込む!
受け入れられる?
安倍首相との関係もある!

記事用の写真は指定される? 普通であるが………
気の強い、憎たらし気な表情である!

2_20231024000401

Photo_20231024000401


◇ RT編集長の反論
スプートニク ロシアの通信社 ロシア国外での展開を担っている!
ワクチン、放送局、衛星と忙しい!!

反論は???
・嘘は欧米である?
・ロシア記事が嘘と言うなら、詳細な証拠を示せ!
・情報機関が信用出来るのか?
・別の視点が必要だと!
・RTの予算は政府から? ならNHKはどうなるのか?
・絶えず屁理屈の応酬である?
・信じれるかどうかは必要ではない???
・中立報道の時代は終わった???


3. 「煙幕、煙幕、煙幕」
◇ マレーシア機撃墜事件
マレーシア機撃墜事件! MH17便!
ロシアはやったことをやっていないと?
事件後の発表!
➀ ウクライナの戦闘機がMH17近くを飛行している?
② Bukはウクライナ支配地にある?
③ ウクライナ軍のBukが事件現場近くに移動していた!

ロシアはウクライナのやったことだと?
・戦闘機による撃墜
・Bukによる撃墜
マレーシアの元首相 マハティールはロシア擁護!!
がロシア国民は信じる!!
【人は信じたいものを信じる!】
ロシア国民はウクライナの仕業と思っている!
そう言うニュースしか聞いていない??

フェイクニュースが乱れ飛ぶ!
これを「ベアリングキャット」が暴いていく!
公開情報である!

ロシアは結果を聞いても、
・ロシアの攻撃の根拠が示されていない?
・ロシア提出の証拠は無視されている?
・ロシアは調査から外されている?
【詐欺を泥棒が調べる???】

これはどういうことか??
・陰謀論にあらゆる情報を流しまくる!
・主張が矛盾、偽装だとお構いなしである!
・真実を見えなくする?
・ミスを侵せばともかく「煙幕、煙幕、煙幕」

◇ 「真実なんて存在しない」
ロシアの狙いは??
➀ 不都合な真実を隠すためのダメージコントロール
② ロシアの優位性の誇示
③ 欧米社会の分断による政治混乱の誘発!

ロシア人以外の識者のコメントは?
・事件そのものがでっち上げ
・ロシアは協力しようとしているのに西側が拒否
・証拠は何も示されていない

テレビが消えて、ソーシャルメディアが唯一の情報源になる!

・1916年 ドイツ「リサ事件」
ロシアのテストケース!
ロシア系の13歳の少女リサが難民に拉致されて暴行を受けた??
事実無根と分かるが、ロシアは味を占める!!

フランス・マクロン大統領が、同性愛者説??
事実無根であるが、面白がって広がる?
対策は規制か??
ロシアのプロパガンダの本質は??
「真実は存在しない、なんでも可能だ!!」

 

第六章 サイバー攻撃の現場
1. ウクライナが実験場
◇ インフラ麻痺
・2017年6月27日 ウクライナで公共機関のコンピューターにウイルスが増大する!
・ウクライナ憲法記念日の前日である!
・政府、企業のコンピューター10%が感染!
・空港、電力会社、携帯電話会社が打撃を受ける
・クレジットカード決済が不能
・3000の銀行店舗が一時閉鎖
・チェルノブイリ原発の放射線監視システムの一部停止

世界65ヶ国の被害は100億ドル近い??
世界を狙ったわけではなく、ウクライナを狙ったら世界に広がった?
ウクライナに敵対的な国は1つしかないと!!
ロシアのサイバー攻撃はウクライナだけでは無いと!!

◇ 世界初のサイバー停電
・2015年 ウクライナ西部イワノフランキフスクで
世界初の電力会社へのサイバー攻撃!
手動切り替えで切り抜ける?
が、高度なシステムを持つ欧米や日本ならどうなのかと?
相当苦しい??

これはロシアの実験だと?
ウクライナはまだNATO加盟していない!
ええ実権台だと??
コンピューターウィルスNotPetyaによる攻撃は実験の総仕上げだと?
会計システム「M・E・DOC」に侵入時、どんな細工をしたのか??
要はロシアも情報機関から末端までありとあらゆる組織が参加していると!!
【2022年はウクライナは学んでいると!!】


2. 元KGB・元ハッカー
◇ ハッキングは簡単だ
著者はロシアの元ハッカーとも知り合いである!
Kを紹介している!
・2016年頃、アメリカ政府や政党機関は無謀だと!!
サイバー攻撃の証拠は100%掴めない?
ロシアのサイバー攻撃の実態は??
・FSB、GRUはサイバー部隊を持っている!
・プーチンは現在の戦いの主流は情報戦とサイバー戦と認識している!
・工作員を訓練し、手法もテストしている
・犯罪集団のハッカーたちも戦力にしている!

ハッカーの言い分がある!!!
・ロシアは防御しているだけだ、ウクライナ弱体化は当然である!
・イランの核施設のサイバー攻撃はアメリカとイスラエルである!
・ロシアは大国を維持する!
・が汚職が蔓延し、ジョージア、ウクライナに侵攻している!
・ロシアに魅力がないので離れる??
・それはアメリカが煽るからだと!

噛み合わない???

◇ Kの置き土産
Kに友人を紹介して貰う!
記者なら記事を調べる!
その友達もヤバそう?
「FSBが絡む話は決して真実が明らかになることはないと!!


3. カスペルスキーの曇ったガラス
◇ ロシアよりの分析
ロシア屈指の情報セキュリティー会社カスペルスキー社!
アメリカの機密文書を盗んだ疑いがある!
CEOにインタビューする!
・2017年のウクライナのサイバー攻撃!
身代金目当ての犯罪集団だと!!
ロシア関与を認めない!!

◇ 「共謀はでっちあげだ」
要は情報機関などと共謀しない!
はっきり言い切るが………
言い訳じみている??
・サイバー空間で国と国の戦争を見たくない!
・ウクライナのようになる?
・各国が賢明であることを信じたい!!
カスペルスキー社は、アメリカ、ヨーロッパが警戒している!
アメリカは全面禁止である!


4. ダークパワーの本領発揮
◇ 防御に限界
ロシアのサイバー攻撃は?
・2007年 エストニア
解放者のソ連兵の銅像を撤去に報復でサイバー攻撃をかける!
これでサイバー対策拠点を創設する!

・2008年 ジョージアに「ハイブリッド戦」を仕掛ける!
・2014年 ウクライナ侵攻
・2016年 アメリカ大統領選挙に介入
・2017年 フランス大統領選介入
・2018年 GRUの「26165」部隊が攻撃!
・OPCW 化学兵器禁止機関
・反ドーピング機関
・平昌オリンピックハッカー攻撃

・2020年 コロナワクチン開発研究所を攻撃?
・仝  東京オリンピックへのサイバー攻撃!

アメリカも対抗するが………
・工作員の起訴
・「前方防衛」 より攻撃的!
・金融資産の凍結
・入国禁止措置

◇ 攻撃にさらされる民主社会
サイバー空間ほどダークパワーの本領が発揮される場はない?
・2019年 ロシアの電力網に対するオンライン攻撃をエスカレート!
要は、反撃の脅威を示し、思いとどませる?
いずれ核軍縮と同じで破滅を避けるために、
サイバー空間でも交渉せざる得ないと!!

 

第七章 コロナ後の世界
1. 中ロ発インフォデミック
◇ 分断工作の好機
中ロは兄弟国か??
武漢ウィルスは欧米を混乱させるチャンスだと??
スプートニクの記事!
「アメリカやNATOの生物研究所は、中国周辺にいくつもある!
ロシアは「アメリカの生物兵器だ」

・1983年 ロシアはエイズウィルスをアメリカが作り出した!
50ヶ国以上で拡散!
感染拡大で各国の不安を招くプロパガンダである!
EUはイタリアに反応していない!
イタリアを助けているのは、中国、ロシア、キューバである???
【中ロが代償のない援助をするか???】

◇ 反米むき出しの中国
中国報道官 趙立堅!
・ウイルスはアメリカが持ち込んだと!
・驚きの新事実 ウィルスはアメリカ起源か?

中ロは信頼出来るか??
ロシアは!
・カチンの森事件もナチスのせいにした!
・マレーシア航空機撃墜もウクライナのせいだと!
・コロナも欧米の分断に利用する!

中国は?
・マスクなど医療支援に対して感謝の投稿が並ぶ??
マッチ・ポンプか??
自動投稿の可能性も?
本格的にプロパガンダに乗り出す?
【ロシアと中国のニュースは解説が必要か?】

2. 台湾が恐れるシナリオ
◇ 歴史家の警告
ニーアル・ファーガソン スコットランド生まれ!
中国の対応を間違った対応だと?
この時点は台湾が成功している?
・2003年 SARSの流行で大打撃を受けた経験を生かした!
が、フェイクニュースを流される?
病院でマスクが無料配布? 住民が殺到して混乱する?

この時、WHOテドロス事務局長は、台湾を目の敵にした?
「台湾から差別や攻撃を受けている」
これに対して台湾人から陳謝するという書き込みがある?
わざわざ健康保険証を添付している!
中国の手口と言う!!

不安な要素が、台湾と南シナ海だと!


3. 「超限戦」の開花?
◇ 中国の圧力、スパイ疑惑
やりたい放題である!
・香港の一国二制度破棄
・オーストラリア 靴のウラに付いたチューインガム?
コロナ発症の武漢検査要求で、貿易で報復を受ける!
・5G排除

20年前に書かれた「超限戦」
25種類にも及ぶ戦闘方法を提案し、
通常戦、外交戦、国家テロ戦、諜報戦、金融戦、ネットワーク戦、法律戦、心理戦、メディア戦!
このような戦争の原理として、全方向度、リアルタイム性、有限の目標、無限の手段、非均衡、
最少の消耗、多次元の協力、全過程のコントロールと支配!

世界に中国人は多い!
戦力として利用される!!
現に「習近平」は協力せよという指令を出している??
【日本の対策は?? 不安である??】

◇ 「パクス・シニカ」の誘い
日本には媚中派の財界人、政治家、学者、メディアが多い!
中華連邦の一員になるのが日本の幸せだと!!

・2023年 中ロは完璧に中国がリーダーに見える!!
プーチンも見てられない??
世界は二極化する!!
米中か??
中国の専制的な国家を希望する国も多い??
・デジタル化
・5G
・医療支援
・中国型顔認証付の監視カメラ

ロシアは中国との同盟に踏み切るか?
悪夢である!
国境も変わる??
プーチンが深刻な試練に直面したら、なりふりかっまていられない?
中国の属国になる?
ロシアも危機は持っている!!
がヨーロッパにとっては「中ロの結託が最悪のシナリオだと」
西側は中ロのダークパワーへの防御を固めなけれはならない!

 

おわりに
北方領土問題!!
期待はされたが、何も解決しない!
・2015年 ドイツメンケル首相!
「プーチンのクリミア併合を見逃せば、中国もアジアで同じことをやる」

ロシアの歴史は陰謀論で溢れ、真実になることは稀だと!

著者はこれだけの人間とインタビューしている!
恐らく危険人物と思われている?
現場の記録としては


破壊戦 新冷戦時代の秘密工作 ②・古川英治

« 本・破壊戦 新冷戦時代の秘密工作 ①(2020/12)・古川英治 | トップページ | 本・東国武将たちの戦国史 「軍事」的視点から読み解く人物と作戦 ①(2015/11)・西股総生 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

ロシア (バルト3国 コーカサス ウクライナ)」カテゴリの記事

中国 (モンゴル)」カテゴリの記事

台湾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・破壊戦 新冷戦時代の秘密工作 ①(2020/12)・古川英治 | トップページ | 本・東国武将たちの戦国史 「軍事」的視点から読み解く人物と作戦 ①(2015/11)・西股総生 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

カテゴリー

無料ブログはココログ